11-01 Sat , 2008
不寛容ってなんだろう
もうすぐ11月4日が来る。

「え、何の日?」って思う人もいるだろうし「アメリカの大統領選挙の日でしょ」という人もいるだろうし「カリフォルニア州の『同性婚排除』の住民投票(Prop 8)の投票日だよね」って人もいると思う。

わたしは、、この中ではやっぱり「カリフォルニア州の住民投票、Proposition 8のこと」が気になる。で、「Prop 8 NO」でぐぐってみたらこのようなサイトを発見した。一方、「Prop 8 YES」でぐぐってみたらこのようなサイトを見つけた。このさ、ドメイン名が「protect marriage」ってのにちょっと「ゾッ」としたのは確か。。「婚姻を守る」ってどういう意味だろう?

「Prop 8 No」も「Prop 8 Yes」のサイトも両方とも自分ところで作っているCMをYou Tubeにして見れるようになっている。どーせ、見たら気分の悪くなるだろうと思ったんだけど、一応「Prop 8 Yes」のCMを一つだけ見てみた。英語でベラベラ喋ってるから、なんだかよく分からなかった。けど、そこのシーンは、母親と父親と子供、それから大家族と思われる家族、そういうのが映し出されていた。きっと「これが『正しい家族のあり方だ』」と言いたいのだろう。

一方、「Prop 8 No」のCMはいくつか見てみた。別に選んでみたわけじゃないけど、すごくシンプルなのが多かった。言ってることはすべては分からなかったが、「Prop 8 では学校に影響を及ぼさない」とか「これは差別であり、アンフェアだ」といった趣旨のものをたくさん見た。中でも印象的だったのがこれ。



ここに出てくる子供たちは、みんなレズビアンマザーや、ゲイファザーを持つ子供たちらしい。中には「4人の母親がいる」「3人のレズビアンと1人のゲイ」とかそういう風に聞こえたんだけど、聞き間違えてたかしら?(笑)とても屈託のない子供たちで、彼らがどんなに親から愛されているか、彼らも親を愛しているかが分かる。

もう一つは、まさに「同性婚もの」。これ見たら、ホント、泣きそうになった。ってそういうシーンや曲が使われてるのも一因だろうけど(^^;



しかし、なぜ「結婚する」ということ自体、みんなで決めなければならないのだろうか?結婚したい人はすべて、なぜ結婚できないんだろうか?「婚姻は男女のもの」と考えている人は、一体何が怖いのか?男同士、女同士で結婚したら、何か不都合があるのだろうか?一昔前までは「同性愛者はろくな人間ではない」「犯罪者」「子供を誘惑する」「精神障害者」等、めちゃくちゃなことを言われていた。いや、多分、「Prop 8」について「Yes」と言っている人たちは、まだこういうことを信じているのだろう。しかし、婚姻が認められたときのあのみなの喜ぶ姿や、カップルたちの幸せそうな顔、そんなのを見ていたら、自分まで幸せな気持ちにならないか?見てそう思うのはわたしが当事者だからなのか?「不寛容」という気持ちは、このような姿まで、単なる「恐ろしいもの」に写るのか?わたしには、分からない。

だいたい「不寛容」な彼らは、同性愛者のことを「選択して同性愛者になった」と思いこんでいる。じゃあ、自分は一体なんなのか?選んで異性愛者になったのか?なにも好きこのんで、生きづらい少数者になるわけがないじゃないか、どうしてそんなことが分からない?そう思う。

「Prop 8」について「No」のYou tubeを全部見たわけじゃないので(しかも英語だし。。。)、何とも言えないが、基本的に「同性同士の結婚」というよりも「結婚はすべての人のものである」「一部の人しか結婚できないのは不当である」という感じのYou Tubeが多いように感じた。これはおそらく「リベラルな考え」の持ち主に「同性同士の結婚を認める」というよりも「一部の人だけしか結婚できないというのは、おかしいんじゃないですか」と言った方がすんなり頭に入ってくるからだろう。

もうすぐ11月4日が来る。
わたしはこの「Prop 8」が否決されることを心から望んでいる。

voteno-box.gif

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

23:58 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-02 Sun , 2008
ETVワイド「LGBT」を見て
昨日の夜、9時半から2時間やった「ETVワイド LGBT」を見た。

まー、「ハートをつなごう ゲイ/レズビアン 第1弾、第2弾」「LGBT 第1弾」「性同一性障害 第5弾」の内容をそのまままた再放送した部分が、だいたい約半分以上で、ここからの後日談と新ネタが2つほど、という感じかな、内容は。関パレのときに取材に来てたって聞いたから、ちょっとはやるのかと思ってたら、なんと番組の最初にちょこっと使われただけだった(苦笑)あれじゃ、パレードの様子だって分からないよね、出てない人には。で、同じ内容のVTRを見さされて「あー、またこれ?」って正直思った。

ただ、これを見てはっきり分かったのね。「ああ、これはわたしみたいな『すれっからしな』同性愛者(性的少数者)はターゲットとしてないな」って。これはね、LGBT(性的少数者)のことを何も知らない人たち向け、それから今、自分が性的少数者かどうか悩んでいる人たち向け、の番組なんだな、と。それと、やはり「同性愛者であること」についてほとんど全くといって悩んでこなかった、わたしのような人間は、これを見ると「あ、なんかこのことに悩んでこなかったわたしって、何も言う資格がないのかな?」って感じてしまうのね。

悩む人間もいるし、悩まない人間もいるだろう。しかし、悩んでいる人間、過去に悩んだことがある人間は悩んでいることに対して何か言う「権利がある」。しかし、そのことについて悩んだことがない人間にとっては何も言う「権利がない」。それを強く感じてしまうのね。「そんなこと、悩む必要ないよ」って言うことすら言うことがはばかられる、みたいな感じかな。それって逆に「(悩んでこなかった)疎外感」みたいなのを感じてしまうんだよね(苦笑)

まぁ、番組の作りとして、まだ「LGBT」というのは、始まったばかりだから、「LGBT」という用語の説明からしなくてはならない、というのは分かる。しかし、見ていたらそれすらもしかしたら正確には伝わってないんじゃないの?って思わせる部分があった。それは「同性愛者」と「性同一性障害」の違い、のところで、上川さん(MtFヘテロ)と野宮さん(MtFレズビアン)についてのところだったんだけど、野宮さんが「レズビアン」ということを明確に言わなかったために(男性にも女性にも惹かれる、っぽいことを口にしていたような。その割にテロップには「レズビアン」って書いてあった)、そこにいた司会の町永アナ(この手の番組は初出演だったらしく、「初心者」ということになっていた)が、やっぱり明確に理解してないような感じだったのね。それがね、ちょっと気になった。「頭では理解できた」とあとで言ってたけど、ホントに理解したの?って。

ここんとこは、実はとても大切なところだとわたしは思うのよね。「同性愛」と「性同一性障害」ってのは、簡単に言ってしまうと「次元が違う」話なわけ。今、テレビに出ている性同一性障害の人って、ほとんどヘテロ(異性愛者)の人だと思うから、それはたまたまその人がヘテロであるだけなのに、一般の人は「同性同士で好きになることはおかしい→片方が性別を変えて、異性愛者のカップルになる」という図式の方が分かりやすいと思うのね。それは自分が同性愛者かな?と思った人でも「もしかしたら、自分は将来、異性に『性転換』したくなるのかな?」と思わせてしまうほど、この世の中って「男」と「女」の世界なのだ。だけど、「自分の性がどちらかであるか」というのと「自分がどちらの性を好きになるのか」はまた別問題なのだ。「初心者用」に番組を作っているのなら、そこら辺をもっと強調すべきだと思ったし、あの程度だと一瞬、頭が「???」にはなるとは思うけど、その後、なにもなかったようにスーッと番組が進んでいってしまったので、多分、今までそんなことを思ったことのない人にとっては、多分、あれは理解されてはいないと思う。

で、相変わらず「自分のことを同性愛者として認められなくて悩む」若者ばかりが出てきて、上にも書いたけど「性的少数者は一度は悩むもの」って固定されてしまっているのね。そこに「わたしは悩みませんでした」って人もいてもいいじゃないか、って思うんだけど、それをやると番組がグチャグチャになるからかなあ。悩んでいない人間は話になりにくいからかなあ。けど、実際、そんなに悩んでいない人間もいると思うんだよね。

なんかさ、悩んでる、悩んでる、ってずっと聞かされると「あー、なんてかわいそうな人たちなんだ」って思われるようでイヤなんだよね。。で、ちょっと番組の中で出てきたけどその「悩み」は、別に悩んでいる人の責任じゃないんだ、悪いのは「異性愛強制社会(とは実はあまり思ってないんだけどね、わたし(笑))」である「この世の中が悪い」んだよね、実は。性的少数者であるということは、本人の責任ではないんだから。なのに、やっぱり悩んでしまうんだよね。

ただ、これは、多分、どんな「性的少数者先進国」であっても、悩む人は悩むんだと思う。例え「同性婚」が認められている国だって、やっぱり自分が育っていく過程で「人とは違う」「(もしかしたら自分は)人からからかわれる存在である」と分かったら、それを隠したいと思うだろうし、人には相談できないと思うだろう。例え、LGBT青少年に対しての環境が整っていたとしても、本人がそこに行かなければ、その恩恵は受けられないのだ。既に「その場所に行く」ということが、その本人にとってどんなに怖いか。その怖さだけは、わたしは分かるつもりだ。だから、この問題って時代が進もうが何しようが変わらない問題だと思うのね、正直言って。「他の人に相談しよう」と本人が思えるまでは、やっぱりその人は「孤独」なんだよ。そして、そこのところは他人にはどうしようもないのだ。ま、わたし自身は悩んだことはないけど、だけど、やっぱり「自分と同じ同性愛者という人」に会うのはものすごく怖かった。

悩んでいる人は「同性を好きになるなんて、この世(この日本)に自分一人ではないか」と思ったりするらしいが、わたしの場合は、この世に同性愛者がいっぱいいることは分かっていたし、自分もそこに属する人間なんだな、ということは悩むことなくすんなりと理解した。が、自分と同じ同性愛者と会うまでに、何年かかっただろう?レズビアンのミニコミ誌を取るまでに数ヶ月悩んで、それから転送手紙で知り合った人に会うまで、実に半年の時間を費やしている。その間、やりとりは手紙だけ。電話さえ怖くて掛けられなかった。たった1度だけ、時間を決めて(それも手紙でね)、そして電話をしたことがある。そのときの緊張したことといったら。。。正直言って何を話したのかよく覚えてない(苦笑)けど、電話したあとで手紙で「やっと電話できたね!」なんて書いてたんだよ。向こうもホント、「初心者」だったんで、お互い、少しずつ、少しずつ近づいていった、って感じなんだよね。今の自分からすると、ホント、笑い話みたいな話だけどね。

だけど、今は昔よりは確実に他人と連絡を取りやすくなっているだろう。ネットの普及もあるし。わたしの時代はそのような情報に触れるには、ミニコミ誌を取るくらいしか選択の余地がなかった(もちろん、直接二丁目に行く手もあるけど、びびりのわたしにそんなことはできなかった(笑))けど、今はネットで簡単に検索できるし、探そうと思ったら、本当にいろんなサイトに出会えることができる。その点は、時代は確実に進歩したと言える。だから、問題は「自分の中の悩み」から外に出ることなんだよね。それはもう、悩んでいる本人次第でしかない。これは古今東西、共通していることだと思う。それは性的少数者が「少数者」である限りは仕方がないことだ。そして性的少数者は、どんなに頑張っても(?)多数派の中には入れないのだもの。だから「社会が悪い」といいつつ、その社会を変えるのはやっぱりすごく大変なことだと思う。そういう意味では「性的少数者が(一般の異性愛者と同じように)ありのままでいられる世界」なんてまだこの世の中には存在しないと思う。

ただそこで「悩んでない人」の存在も一方では「いる」ってことも明確にしておかなければならないんじゃないかなって思うんだよね。まー、まだ始まったばかりの番組にそこまで期待してはならないのかも知れないけど、わたしが悩んでなかったので、そこはものすごく気になるのだ。

んで、、わたしが一番気になったのが「ロールモデルがいない」と言った人。でもね。わたしの周りにはそれこそ十何年、って同性同士で一緒に暮らしている人が何人もいるし、十年まではいかないけど、わたしたちも含めて十年近く付き合って、そして一緒に暮らしている人もたくさんいる。そういうのが全く「見えてない」のね。だから「ロールモデルがいないから不安だ」ってことになっちゃう。そして本来は経験が豊かである左側に座っている人たちが「そんなことはないよ、何十年一緒に暮らしているカップルもいる」って言えばいいのに、そういうこと、一言も言わなかったんだよね(言ったかも知れないが、放送はされてないのは事実)。ここでさぁ、なんていうか「同じところグルグル現象」と言えばいいのか、上の世代と下の世代の分断、を感じるんだよね、わたし。上の世代は確かに何十年って一緒に暮らしているカップルがいるにもかかわらず、そういう人たちは既にこの番組には興味がない(笑)誰か、十数年、一緒に暮らしているカップルがでてくればいいのに、って思ったりするけど、そういう人たちは既に自分の生活がそれで安定しているから、別にこの手の番組を見ようなんて、さらさら思ってないし、多分、こういう番組の存在さえあまり知らないのではないかと思ったりする。

だけど、あそこの左側に座っている人たちは、中に十数年も一緒に暮らしているカップルの人の存在は絶対に知ってるはずなんだよ。本人たちはどうなのかは知らないけど。そういえば、あそこの左側に座っている人たちは、あまり自分たちのことについては触れないんだよね。付き合っている相手がいるのかすらよく分からない。しかし、あそこの場に座っているのならば、少なくともそういうことで悩んでいると分かったのならば、何か、言わなければならないのではないか?まさか「今からわたしたちと一緒に『ロールモデル』を作っていきましょう」ではないだろう。まぁ、あそこに座っていた人たちって、多分、わたしと同世代の人って上川さんくらいしか知らなくて、他はわたしより若い人たちだから、全体的に「あー、若いね」って思うんだよね(笑)

例えばわたしがあの番組に出演するとしたら?右側に座るのだろうか、左側に座るのだろううか?ってふと思うときがあるのね(別に出演するつもりもないし、その前に声もかからないだろうけどw)。そうしたら、若い人の中に入るわけないじゃん、って思うから、まず右側はあり得ない。とすると、左側しかないでしょ。しかし、左側に座っている人って、今までそれなりになんか活動してきた人たちで、なにも活動していないわたしがあの中に座れるわけはない。

しかしね。これは今後の話でもあるけれど、別に左側に座っている人は「この世界で有名な人たち」でなくてもいいと思うのね。同性カップル同士で十何年一緒に暮らしてきた、活動もなにもしていない普通の人を座らせてもいいと思うんだ。そうしたらより具体的に見える「ロールモデル」がいるじゃない?そして「いや、特に同性同士で住むことについては、なんてことなくて、多分、結婚している異性愛者のカップルと同じように暮らしてます」って言えば、「ああ、そうなのか」っていっぺんで分かると思う。そう、わたしたちの生活は、同性愛者だからと言って日々抑圧されて暮らしているわけじゃない。一般の異性愛者カップルと同じように幸せに暮らしている。

ただ、、問題なのは、何十年一緒に暮らしていようと、法的保障はなにもされないってこととか、男性同士じゃ住むところを探すのに苦労する、とか、病院で面会謝絶の時にはパートナーに会えないとか(病院とあとはその関係を親族がどう思っているかによるが)、そういう話はあるよ。本当はこれが一番重要な問題だとわたしは思っているから、この問題をなんとかしたいと思っているのだが、まぁ、所詮、この番組は「福祉番組」であり、この話を突然「人権番組」にするわけにはいかないとは思う。でも、多分、行き着くところは「人権」なんだとわたしは思っているけどね。

この時点でね、わたしは「ああ、この番組はわたしのような人間はターゲットにされてないな」って思うわけね。

例えば、「ゲイ/レズビアン 第2弾」で出てきたレズビアンカップルの話。後日談が出てきて、カナダで結婚をして婚姻証明書をもらった、という。「これは日本だとただの紙切れになるけれど、わたしたちの間ではただの紙切れじゃない」という。まー、そういう考え方もあるから、否定はしない。日本でも婚姻届に名前を書いてそれを役所には出さず保管している人だっているんだから。でも結局「わたしたちにとってはただの紙切れじゃない」ってのは、日本の婚姻届に名前を書いて判をつくのとほとんど変わらないじゃん。確かに同性婚が認められている国を旅行すれば、カップルとはみなされるけど、言っちゃ悪いけどそれだけの話だよね。

それだったら「なぜ、日本では結婚できないだろう?」っていう言葉が一言でも出てこないのか。日本では結婚できない、ということが既に「前提」になってないか。日本で結婚することに対して諦めてはいないか。わたしはつい、そう思っちゃうんだよね。。ただ、この問題を取り上げちゃったら「福祉番組」じゃなくなると思うけど(笑)

あと、前見たときには気がつかなかったけどね。「性同一性障害 第5弾」でやった、イギリスに語学留学した人の話をもう一回見ることになったわけだけど(笑)、ホストファミリーに「○○がいい人間だから受け入れた」って言われてるんだよねー(苦笑)そりゃ、ホストファミリーにとっては、性同一性障害の人であろうがなかろうが、ステイする人間がいい加減な人間だったら受け入れられないだろう。なんそれとごっちゃにしてないか??いい人間しか少数者は人に受け入れられないのか、というか、受け入れるという言葉自体が既に「上から目線」なんだよね。もうね、いい人間かどうかに関わらず、性的少数者って存在するのよ。だから、その人が「自分は性同一性障害(同性愛者)です」って言えば、その人の存在は拒否できないの。「受け入れる」「受け入れない」はまた別の次元の話。それはその人と自分の「関係性」に過ぎないから。どうもね、そこんとこをもう一回考え直した方がいいんじゃないの、当事者も、非当事者も、って感じがするんだよね。

なんといわれようが、同性愛者であるわたしは今、この世に存在しているの。

でも、それを全世界の人間に言って「受け入れられよう」とも思ってないし、「受け入れられるべきだ」とも思ってないの。だって、小学生じゃあるまいし「みんな、ケンカせずに仲良くしましょう」の世界じゃないでしょう、この世界。それにこっちだって友達は選ぶ権利があるのよ(笑)いつもいつも「選ばれる」だけじゃないんだよ。それをなんか間違ってない?って思うんだよね。

「この世に存在する」ことと「その人と仲良くやっていきたい」って思うのは、別問題なの。逆にわたしから「あなた、いい人間だからあなたの存在を認めてあげる」って言われたらむかつくでしょ?それと同じなの。確かにその人の人格にかかわらず、「性的少数者を受け入れられない人」も中にはいるでしょう。そのことはわたしたちは知っておかねばならないとは思う。けど、そういう人はそこまでの人。「あ、心の狭い人なのね」って逆にかわいそうに思ってあげましょう、って感じ。そういう人は、他の場面でも絶対に自分から世界を狭くしている人間だと思う。まー、それで本人が構わないのならそれでいいんだけどね。少数者だからって(憐れんで)受け入れてもらって「ありがとう」なんて涙する必要なんかないんだよ、本当は。

ただ、カミングアウトが当事者にとって難しい問題なのは確か。

友人にね、カミングアウトして受け入れられなかったとしても「しょうがないなあ、ま、そういうヤツだったのね」で済むけれど、親へのカミングアウトはそうではないから。親って一番カミングアウトしたい人間にもかかわらず、一番カミングアウトしにくい人間であり、そして、一回のカミングアウトでは通じない人間。

スタジオや録画で子供が「全く理解してない!」って言ってる人が何人かいたけれど、まさにそう(笑)もちろん親側もどうにか理解したいとか、しかし、頭では分かってても、、って部分はあると思う。やはり「親」として今まで自分の子供に接してきたのだから、自分のこと以上に心配するのは確かだったりするし、理解するための努力だってしてるのかも知れない。が、当事者に言わせると「あー、ここまで説明したのに、まだ分かってないんだ」って何回も何回も奈落の底に突き落とされる。肉親であるだけにそのショックは大きい。逆に親の方も「分かってない」と言われる度に混乱するだろう。ただね、当事者として言いたいのは、頭じゃなくて、心で分かって欲しい、と思うんだ。自分がもし、子供の立場だったら、と想像してみるのが一番だと思う。でね、これがやりやすいのは、やっぱ母親なんだよね。父親はなぜかそれができない。あ、これはうちの場合。

もううちは別件のこともあるし、既に分かって欲しいとかそんなことは思ってないし、今度いつ会うかなんてことさえも知らない。だから、諦めちゃった人間が言うべきことではないとは思うけど。親へのカミングアウトは本当に慎重にした方がいいと思う。確かに言ったら楽になる部分もある。けど、カミングアウトは1回では終わらないと思っておいた方がいい。そして、何回も何回も失望感に襲われると思う。それでも、例えば二人で幸せに暮らしている姿を見れば、少しは理解してくれるようになるのではないだろうか、と思う。親はなんだかんだいって、子供の幸せを一番に願うものだと思うから。

もちろん、親へカミングアウトしても全く問題なかった、って人もいると思う。そして、そういう人はこう言う話を聞くと「わたしにはカミングアウトに対しては語る資格はない」って思っちゃうんだろうな。。でも、そういう人もいるってことも世間に伝えるのも無意味なことじゃないと思う、わたしは。この世の中、いろんな人が存在するんだから。同性愛者だとしても、その人の生きざまはさまざまだし、周囲の環境もさまざまで、「一つの統一した同性愛者像」なんて存在しないのだ。そこのところがまだ、この番組は描き切れていない、と思う。これはまぁ、今後の課題なのかな。。この放送をどういう方向にしていきたいのかはわたしには分からないのだけれど。

あと。社会的な性、いわゆるジェンダーについて、社会に出たときにどう生きるか、という話もあったんだけど、これって、性同一性障害の人にとっては、確かに重要な問題だろう。なんせ、戸籍の変更をしていない限り、履歴書に書いてある「男性」「女性」と、今の自分の姿が、まぁ一般的に異なるんだから。そこのところをクリアするのは大変だと思う。いちいち説明しなければならないこともあるし、それにこの場合は企業側に選ぶ権利があるので、なるべくなら「不利」なことは言いたくないだろうし、企業側に「めんどくさい」と思われたくないってのはあるだろう。でもそれは、実はその本人の問題ではなくて、やっぱり「社会の問題」なんだよ。そういうところで「差別」されてはいけないのだ。だけど、そこには明らかに差別があって、今の日本は、そういう差別を規制する法律がない。そこが問題なんだよね。といいつつ、企業はいくらでも言い逃れできるとは思うので(男女雇用機会均等法ができても、男女の給与の差はあるのは事実だろうし、それに対して女性側が訴えても企業側は「本人の能力の問題」にするに決まっている。そこをどうやって裁判で勝つか、が問題だと思う)、言い逃れできないようなシステムを考えるべきだと思うのだけれど。。

でも番組で「性的少数者であるということなんか、吹き飛ばすくらいに『この人間を取りたい』と企業に思わせる実力を持った人間にならなくちゃいけないんだ」って言った人がいたけど、悲しいけどこれが現実なのかも知れない。

とはいえ、わたしの場合だと、まず、確かに就職活動のときは、いわゆる「リクルートスーツ」と言われるもので試験や面接に臨んだけど、「まー、仕方ないな」って感じだったし、それに、就職しちゃってからは、色の付いている(茶系統とか、コールテンとか)ジーンズで行ってて、本人は「まー、ジーンズだとは分からんだろう」と思ってたのに、周囲ではバレバレだった、とか(爆)それに、わたしは滅多に洋服を変えない人間だったけど、別に周囲からはなーんも言われなかった。仕事に関しては、入った途端に「つなぎ」を注文し、つなぎ着て、安全靴履いてっていう「現場ファッション」で仕事をしてたので(出張の時は)、男女差ってのを感じたことはなかったのよね。まー、わたしの場合は思いっきり特殊な分野だから、ってのはあったんだけど。。

あとは会社の人とは個人的に仲良くなりたいとは思ってなかったから(爆)、自分のプライベートな話はほとんどしなかったしね、野球を観に行った、という話以外は。会社の人に飲みに行くのを誘われても絶対に断わってたし、そんなのね、自分を押し殺してやりたくないことまでしなくていいのよ。あ、与えられた仕事はその代わりちゃんとやらなきゃいけないのは、社会人として当然のことだけれどもね。それ以外のことは、別に自分の思ったままにすればいいのだ。どうして周囲の目をそんなに気にしてしまうんだろう?って思ったよ。周囲の目なんか気にしなくても、自分が思ったまま突き進めば、周囲の人は「この人はこんな人なんだろう」って、もう何も言わないはず(笑)

そんで、そこんとこは職種によって違いはあるだろうけど、あまり「男らしさ」とか「女らしさ」って会社は求めないと思うんだよね。。それより仕事できる人間を求めてると思うし。んー、これはホント、企業によって違うだろうから何とも言えないんだけど。だけどわたしの経験から言ってしまうと「そんなに肩肘張らなくても大丈夫だよ」とは言いたいわけで。「自分が思ったように、やりたいことやってりゃいいじゃん」って(敢えてもう一回書くけど、与えられた仕事はちゃんとこなすのは当然のことだから。わたしが言っているのは、仕事以外のプライベートなことの話)。

わたしの場合、就職するのにものすごい制約があったんで、ホント「自分のやりたい仕事」じゃなく「なんとかして一人で食えるような仕事」でなおかつ「自分が受けられるところ」ってんで、実はその中にNHKも入ってました(爆)でも最初の試験か面接で落とされた(爆)まー、動機が思いっきり不純だったからなー。

てなわけで、やっぱりね、これってわたしのような人間向けの番組じゃない、ことがはっきりしたことは確かで。結局、このまま番組が進んでいったとしても「ハートをつなごう」が福祉番組である限りは、わたしが「あー、なるほど」とか「そうそう、そうなんだよね」って思えるような番組にはならないだろうなって思ったのよね。。。

テーマ:性的少数者(LGBTIQ) - ジャンル:日記

15:28 | (性的少数者)テレビのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-03 Mon , 2008
女だらけのところが苦手なわたしって
1日から3日まで、東京でWWE(ウーマンズ・ウィークエンド)をやっているらしい。

わたしの周りでも「参加する」って人が何人もいるし、昨日もマイミクさんの友達が、地方からWWEに参加するために東京に来ていて、それで会おう、ってことになってたんだけど、、その人たちが来る前に、夜も遅くなってきて、わたしの方はそろそろ終電が。。ってことになっちゃったんで、残念ながらお会いすることはできなかったんだけど。

結構いるのね~、WWEに行く人。聞くところによると100人以上参加者がいる、って話なんだけど、えー、わたしは実は女ばっかりのところに行くのがまだ怖い(笑)

「レズビアンなんでしょー、どうして~?」って思われると思うけど、女ばっかりのところに行くと、実はものすごく緊張してしまうのだ。。これって、多分、大学時代からずっと男性が圧倒的多数のところにいて、周りが男で自分一人が女、って環境に慣れてるのかも知れない。それに、わたしは男性は「性的対象」じゃないから、ってのもあるかも知れない。んー、周囲が男ばっかの方が実は楽。

女性ばっかのところはねー、なんていうんだろう、「ああ、わたし、周囲の人からどう見られてるのかしら」なんていらないことを思っちゃうのね。んー、もしかしたら、わたし自身が「性的対象として見られている」っていうことについて敏感になってしまうのかも知れないけど、それだったら、男性ばかりのところも、わたしがカミングアウトしない限り、その男性がヘテロの場合は、わたしはその人たちに対して性的対象に見られてるわけだけれど、それについては、なんにも感じないのよ。そんで、わたし、別にレズビアンばっかのところに行くのも苦手だけど、そうじゃない、いわゆるヘテロの女性だけのところに行くのもものすごい苦手なんだよね。

要するにわたしとしては「自分が性的対象としてみられるか、見られないか」って区別を付けているわけではなく、単に「女ばっかり」のところにいくと慣れてないから緊張するのよね。。で、女の人って割とグループになるじゃない?あれがねー、わたし、ものすごく苦手。だって、グループになったら気を遣わなきゃならないじゃない。何をするにしても、正直、みんな自分の意見があるんだかないんだかよく分からなくて、すごくイライラするし、だからといってわたしが「こうしましょう」って言えるかというと、一番最初に書いたように「わたしって周囲からどう見られてるのかしら」って思う気持ちが邪魔をして、ばしっとは言えないのよね。まぁ、それでも慣れてきた仲間とかには、言っちゃうんだけどね。そこまでに至る過程がねえ、、めんどくさくて嫌なのよね。

って協調性全然ない人みたいだけど、わたし(笑)

しかし協調性がないにもかかわらず「周囲の目が気になる」ってなんなんだろうね?別に周囲の人から「いい人」と見られたいとはちっとも思わないのだけれど、そんで別に「変な人」って思われても一向に構わないんだけど。。なんというか、それでもやっぱり気になるのはなんでかな。男ばっかりのところだったら、ホント、気が楽だし、周りからどう思われてるか、なんてことすら考えもしないのにね。。不思議だ。

女が好きなクセに、女性の「複雑な心理」というのが苦手でね。「何を考えているのかよく分からない人」が一番苦手で、逆に自分の考えをはっきり言う人とか、自分の意見を持っている人、の方が付きやすくて好き。

昨日、「Ronさんは、彼女以外の人に目が行ったりしないんですか~?」って言われたけど、わたし、単純にそういう場には行かないからまず「出会い」はないわな(笑)で、もしあったとしても、まず、そういう感情はわき上がってこないと思う。わたし自身は恋愛はとても苦手だし、もうこの歳になって、新しい相手に乗り換える気力もないし(爆)だから「ないない、100%ないよ」って言ったら「じゃ、彼女さんの方は?」って言われたから、「多分、彼女も同じなんじゃないの?」って答えておいた(笑)「ラブラブなんですねー」って言われたけど、うん、うちら、まだ(まだ?)、すごくラブラブカップルだよ(笑)

あのときは恥ずかしくて言わなかったけど、一日に何度もお互い「好き」って言ってるし(爆←でも、言わないと分からないじゃない?というのがうちらの考え方)、彼女は「ろんたこはわたしのもんだもん。どこにも行っちゃやっだー」って言われるよ、今でもよく(笑)だから「あのさー、ろんたこが他の人に好かれるわけないじゃん、こんなめちゃくちゃな性格してて、付き合えるのは○○さんだけだよー」って言ってる。うん、これ別にノロケじゃなくて本気。わたしはよく彼女がわたしみたいな人間が好きだな、って今でも思ってるし(一体、こんなわたしのどこがいいのだろう??)、それに、わたしは彼女から見捨てられたら、もう一人で生きるしかないと思ってるけど、彼女はきっとその気になれば、新しい相手は見つかるだろう。もっとも彼女の方も「もうそんな気力ない」と言ってるけど(笑)

ただ、最近、ちょっとずつ今まで会ったことのないレズビアンの人に会う機会があったりして、別方面で知り合いが増えつつあるのはいいかも知れない、とは思っている。女だらけのところは苦手だけど、少人数で会うのは大丈夫だし(笑)

だけど、今年何人かの人がWWEに行ってて、その感想を聞くと「ちょっと行ってみたい気はするかな」って気はするんだよね。だから、来年またあるとしたら、行くかも知れないけど、ま、それは来年のNLGRでHIV検査を受けて来ることができるかどうか、ってことと同じで、今のうちから覚悟を決めておかなければ。。(笑)

大げさだけど、ホント、血液検査はよほど覚悟を決めないとわたしは無理だし、女ばっかりのところに行くのも同次元でわたしにとっては同じなんだよね。。

ただ、だからといって、わたしはもう一生、女ばっかりのところは苦手なのは変わらないと思うけどねぇ(苦笑)

以前、就職が決まって、大学院の博士課程を9月いっぱいで中退したのだけれど、就職するまでの半年間、女ばっかりの職場でバイトしたとき、わたし、一言も話せずに黙々と仕事をし、昼ご飯は一人で食べにいき、結局、半年間、ほとんど誰とも話さなかった(話せなかった?)くらいだもの。ホント、「筋金入りの女の園苦手」なのよ、わたしって。で、就職してまた「男の中に女一人」になったら、すんげー楽だった(笑)もー、新入りなのに言いたいこと言ってたし。

一体、自分の中で何が違うんだろうねえ??不思議だ。。
15:46 | (性的少数者)自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-04 Tue , 2008
初めてパフナイトに参加した
いや、このパフナイトの企画「テレビに“虹”はどこまで映る?~NHKディレクターと話そう」ってのがあるって分かった時点で「んー、パフナイト、今まで行ったことはないんだけど、行ってみようかなあ~?」とは思ってたのね。彼女にも聞いたら「行きたい」ってことだったし。なんで、取り敢えずは行きましょ、ってことにしてたのね。

しかし、実はわたし、パフナイトに行くのって実は初めてだったんだわ(笑)
そして、シドニーから日本に帰ってきてから、この手のイベントに参加するのは初めてっていうか、確かにその前に「レインボー祭り」や「関西レインボーパレード 2008」には参加したけど、こういう、なんての?人の集まる場所って、レインボー祭りやパレードの方が人が集まるけれども(汗)、うーんと、なんていうかな、お堅いってのとはちょっと違うとは思うけど、ああ、部屋でやるイベント?(爆)

別に帰ってきてからこういうイベントを避けていたわけではなく、単に体の具合が悪かっただけなんだけど(ま、今もあんまりいい状態ではないけどさ)、「ハートをつなごう」の「ゲイ/レズビアン 第1弾、第2弾」「性同一性障害 第5弾」そして、あんまり関係ないけど「発達障害 第9弾、第10弾」、そして今回やった「ETVワイド LGBT」を見て、んで、見たら、全部その内容についてこうやって長々と感想を書き続けている。そうしたらさ、どんな人が一体、番組を作ってるのか興味あるじゃん。

だから行こうとしてたわけ。

そうしたら、前日の夜10時少し前だったかなあ~?ちょうどわたしが二丁目のcocolo cafeでメシを注文して食おうとしたその瞬間(でもないんだけどね、ホントは(笑))、パフナイトのスタッフやってるある人から突然電話がかかってきて。「Ronさん、明日のパフナイト、どうする?」って聞かれたんで「えー、行くことにしてるけど、彼女と一緒に」って答えたら「あー、よかった。それなら受付やってくれない?」って突然頼まれて、んで、パフナイトに初めて行く割には受付やっちゃったんだけどさぁ(笑)そのとき「受付の席からどんどん質問していいからー」なんて言われたけど、まー、正直言って、質問する気はなかった。うん、あの時点では。

で、開場時間である18時半ちょっと前に来てくれ、って言われてたので、その前にパフスペースの近くにあるモスバーガーで昼メシ食って(昨日、起きたら昼の12時だった)、それからなんか話してたら「あら、まあもうこんな時間!」ってんで、行ってみたら、既に何人か人が来ていて、わたしが来るまで臨時に受付をやってくれてた人がいて「ああ、ごめんなさい~(汗)もっと早く来ればよかったわ」なんて思いました。

んで、パフナイトは初めてだからさぁ。受付もまー、適当にお金もらって、そんでいろいろな団体からのフライヤーをまとめて渡してさ(だって、「ご自由にお取り下さい」じゃ、誰ももらってくれないんだもん(笑))、で、最初は靴袋があったんで「これに靴を入れてお持ち下さい」って言ってたんだけど、人が来る来る。なんで、あっという間に靴袋はなくなり、受付の前に紙を敷いて「靴はこの上に置いて下さい」になったんだけど、それでも置く場所がなくなってしまって、「すいません。靴は持っててください」とか、ええと、50人以上集まって、大反響だったのかな?わたし、初めてだったんで、よく分からないんだけど、そんな感じだった。だってさ、座るところもなくなっちゃって、最後には「すいません、後ろで立ち見しててください」の状態だったんだもの。。

で、わたしは「もらった金と人数をきちんと合うようにしなくては」と思い、金をもらった時点で人数のところに印をすぐに付けるようにして、混乱を起こさないようにそこだけには気を配った。あとでもらった金と人数が合わなかったら困るもんね。で、一段落付いたところで、何回か金額と人数のチェックをして、合っていることを確認した。

来てた人は知っている顔あり、知らない顔あり、、って当たり前だけど(笑)、始まる前にスタッフの人に「Ronさん、途中で受付変わってもらって、質問してくれていいからー」って言われたんだけど、わたしはその時点で質問する気はなかったし「ああ、大丈夫、大丈夫、変わらなくても平気だから」って答えたんだけど、わたし、そんなに最初から質問するように思えたのかよ!!(爆)

いやあ、19時から始まったのに、人が来る来る。最初のうちは、前でしゃべってる人の話が全部聞けなくて「あ、いいとこだったのに、人が来ちゃったよ」って感じで、何回か、何を話しているのか聞けなかったんだけどね。そのうち、だんだん人も来なくなって、落ち着いて聞けるようになった。

そうそう、NHKのディレクターさんは当初は「ハートをつなごう LGBT」とこないだやった「ETVワイド LGBT」の担当だった細見明日子さん1人って話だったんだけど、行ってみたら「ハートをつなごう 性同一性障害」と「ハートをつなごう ゲイ/レズビアン」担当の今村さんだっけ、その人も来ていた。

最初は司会の4人が、番組に対して意見を言ったり、質問したりって感じかな。わたしは最初の1時間はそうやって話して、あとの1時間は会場にいる人からの質問を受け付けるって聞いてたんで「あら、もう1時間過ぎたのにまだ、前で話してるじゃん」って思った。のと、昨日はどうも早稲田大学で学祭だった?早稲田駅近辺はものすごく人が多くて、それプラス、東京六大学野球で早稲田が優勝したのね。その優勝パレード(?)があったのか、突然、応援団の「コンバット」が流れてくる!をを!モノホンの早稲田の「コンバット」だよ!!ってわけで、振り付けは残念ながらJR東日本のはできないので(あの振り付けをマスターしてみたい!!)、普通の振り付けを受付で踊っていた(小さく)わたし。。やっぱ、あの曲が聞こえてくるとね。自然と体が動きますわー。しかし、早稲田だったらやっぱ「大進撃」だろーーー!!!と思ったけど、その後は「紺碧の空」だったかな。それからはパレードがどこかに行ったのか、それだけで終わったのか、音が聞こえなくなった。って何聞いとるねんっちゅー感じだけど(汗)、すみません。やっぱ、あの場であれが流れてきたら、社会人野球ファンのわたしとしては、そちらの方をつい、聞いちゃうでしょってわけで(汗)

えーと。詳しい内容は、いづれakaboshiさんがYou Tubeにアップするはずだから、そっちを期待していてください(爆)人が持つ感想って、人それぞれだから「えー、そんなことわたしは思ってなかったぞ」とか「ああ、そうそう、そうだよねー」ってのがあったけど、そうだな。「この番組を担当する前に、性的少数者に対してどう思ってましたか」という質問に対しては「本やドラマに出てくる人という認識で、そういう人はいるんだなと思っても、全然身近には感じたことがなかった」って言ってた。要するに、それってこの世界でもんのすごく一般的なことだよね。で「正直、知らないことがたくさんあって、それを聞いたら失礼に当たるのかどうか、ってことが分からなくて。。」とおっしゃってたけれど、多分、取材を受けた人は何を聞かれても「失礼な」って思わないと思うんだよね。それよりも「聞いちゃ悪いんじゃないか」と思って知らないままいるのよりは、「失礼かも知れないけど聞いちゃえ」って聞いてくれた方が、こっちとしては「ああ、こういうところが分からないのか」ということが分かってそっちのほうがより相互理解が深まると思うのよね。

ただ、わたしはこの気持ちはよく分かるんだ。わたしだって性的少数者ということ以外に、この日本に住む圧倒的多数の日本人のうちの一人だもん。既に「日本で日本人である」というのは、もう、そのこと自体それでものすごい権利を持った存在なのだ。だから、例えば日本国籍を持っていない、日本に住んでいる人に対しては「もしかしたら、こんなことを聞いては失礼になるのかも知れない」と思うと、やっぱ怖くて聞けないんだよ。で、わたしは性的少数者として「別に何を聞かれても、本当に分かりたいと思って聞く質問ならば、少々失礼な質問でも別に腹を立てるようなことはしない」と思ってるけど、他の人はそうじゃないかも知れない。なので、すごく身構えちゃう自分がいるのね。だから、NHKの人も多分、同じような気持ちなんじゃないかなと思う。けど、性的少数者に関しては、多分、取材を受けてるような人は大丈夫だと思うんだけどね(笑)

で、まめたくんが「テレビに出てる自分は本当はなんでもない人間なのに、テレビに出てある意味『特別な存在』になってしまうのがヤダ」っていうのを聞いて「そうだろうなー」と思ったり(でも彼は、NHKのディレクターさんたちにすごく愛されていると言うことも同時に感じた)、地方の性的少数者と東京のような都会に住む性的少数者の置かれた状況の違いとか、いろんな話が出てきた。そうそう「左側に座っている人たち」が、あまりにも政治がかっているんじゃないか、という話も。。(笑)あと、翔子さんの「わたしはレズビアンである前に人なんです!」発言には笑えた。。その通りよねー。あとはかるとさん(っていうか、名前変えたのよね、あの人。でもわたしにとってはかるとさんだからいいの←いいのか?)が「活動ってのは、一番最後に余裕があってやるもんで、活動をするために生きてるんじゃない」って言葉に納得。その際、彼は、用意周到に紙を用意してきていて、そこには「眠食遊働」(だったかなあ)って書いてあった。要するにこれを十分にやったあと、余裕があるなら活動をすればいい、ってね。ま、活動が主になって倒れて行っちゃった人、彼はたくさん見てきてるだろうからね。。で、わたしもそれには大賛成。できる人がやればよくて、やらなきゃといってやる必要は全然無いのだ。

んだけど、、わたしはもっと根本的なことが聞きたかった。誰か、わたしが抱いたような疑問をぶつけてくれれば、わたしはそれでよかったんだけど。。。誰もそういう話をしなかったので「じゃ、そちら側に座っている人でどなたか質問があれば」と言われたときに、最初は「ま、いいか」と思って手を挙げなかったんだけど(そのとき3人くらい手を挙げた人がいた)、「じゃ、他の人。。」って2番目に言われたとき、つい、手を挙げちゃった。。。そしたら「あ、Ronさんが手を挙げてる。じゃ、Ronさん」って当たっちゃった。。。

だから、スタッフの思惑通り(?)、受付から質問(苦笑)。まずは今までどんな番組を見てきたか、「ゲイ/レズビアンの第1弾、第2弾」「性同一性障害の第5弾」「LGBTの第1弾」それと「ETVワイドのLGBT」に加えて「発達障害の第10弾」を見ていることを告げる。ホントは発達障害は第9弾も見てたんだった。。orz

ま、いいや。そして「いくつか質問があります。まず1つ目。一体、この番組は、誰向けに作っているのですか。当事者向けなのか、そうでなく、性的少数者のことを知らない異性愛者向けなのか、それとも今、悩んでいる若い当事者向けなのか、それともわたしのような『すれっからし』の同性愛者なのか」と。その前に「ハートをつなごう」と「ETVワイド」は視聴者をちょっと違う対象にした、「ETVワイド」の方は「敢えて元に戻した」と話していたので「この二つの番組の視聴者の対象は違うものでしょうが」とは付け加えておいた。

そうしたら「実はそれが一番重要で、なおかつすごく難問で答えにくいが、まぁ優等生的な発言をすれば、NHKは皆さまの受信料で成り立っているので、一部のニーズではなく『皆さまのNHK』として受信料をもらっている方すべてが対象ですけどね」と答えられた。「え、それだと9割ノンケ向けで1割が当事者向けかよ」と心の中では思ったんだけど(苦笑)、その後「まあ、とは言っても、本当は回によって誰向けかを変えているつもりで作っていて、一貫して『誰向け』とは考えてはいない」と言うことだった。

「次に、レズビアンのカップルがカナダで結婚して婚姻証明書をもらったが、あの話の際に、なぜ『日本では結婚できないのだろう』という話になってもよかったのではないか。わたしは性的少数者の問題というのは、つきつめていくと『人権問題』にたどり着くと思う。しかし『ハートをつなごう』は福祉番組であり、一体、福祉番組ではどこの部分までカバーできるか、というか、やれる範囲だと考えているか」と聞いた。

それに対しては「確かに『ハートをつなごう』は福祉番組だけれど、その枠はないと考えている。もちろん同性婚の話だとか、同性パートナーシップの話など、そのような話も今後取りあげたいと思っている」と言われた。これについては、ちょっとびっくりした。福祉番組という枠内で作っているとばかり思っていたから。「では、アメリカへの取材などもやるつもりか」と聞いたら「できればやりたい」と超前向きな発言。ということは、諸外国のパートナーシップの話(それがどうやってできあがってきたか)なども中に入っている、ということか。これは、楽しみ楽しみ。日本と欧米諸国では背景が違いすぎて、日本はまた、違う方法でパートナーシップ法や同性婚問題などは解決しなければならないと思ってはいるが、性的少数者先進国についての情報は欲しいところだ。

「次に『ETVワイド』で『ロールモデルがないんです』と言ったとき、あの『左側に座っていた人たち』は誰も『そうではない。何十年って続いているカップルさんがいる』と言わなかったが、わたしに言わせると、自分の身の回りでも十数年一緒に幸せに暮らしている同性カップルは何組もいるし、決してロールモデルがないわけではない。ただし、世代が上になるほど、みなカミングアウトしているわけではないので、ただ『見えないだけ』で、実際はいるのだ。そういう意味で情報が下に伝わっていかない『世代間の分裂』を感じている。あれだとまるで過去には同性愛者は誰もいなくて、今、ボンと湧いて出たように感じるのだけれど、実際は昔から一緒に住んでいる人はたくさんいる。あの場の左側に座っていた人たちも、そういう人たちの存在は絶対に知っているはずだ」と言ったら、

「左側に座っていた人たちへの風当たりが強いようですが(笑)、あの場でははっきりしたことが言えなかったんじゃないでしょうか。NHKにも何十年一緒に暮らしているカップルさんからのメールをもらうこともあるし、決して上の世代が見えていない、ということはない」という感じの答えが返ってきたかな。

この「世代間格差(?)」というのは、結構話題になって、まぁ、今までが若い人を取りあげていたからだけど、そうでない世代も、もっと取りあげて、みたいな話にはなっていた(笑)

わたしの質問は以上。

でもね、実は立って発言しているときに、遅れてきた参加者がいて、途中、受付で「あ、1,000円です」とか言いながら、発言してたんで、あのときは頭が混乱してしまった。周囲からは笑われるし。。って、遅れてきた人が一番びっくりしたことでしょう。なんてったって、受付している人間が話してたんだから。ごめんなさいって言っても、もう誰か分からないわ(笑)

その後、どんどん「質問ありませんか」と言われる度に手が挙がる人が増えていき。終いには「9時までなので、言いたいことがある人だけサッと話してください」みたいなことになって、いやー、なんかね、熱かったよ、最後まで。いや、最後は会が終わってからも熱かった。会が終わったあとに「ここで何かイベントなどの告知をしたい方は前に来てしてください」って言われたんで、わたしは15日のイベントのことを話そうと前に行ったんだけど、そのとき、既に前に2、3人いたんで、つい、目の前にいたディレクターさんとあのときに話せなかったことでちょっと言いたかったことについて話してたんだけど(まだ話したりなかったのかよ!)、そのときに「ブログ、読ませてもらってます」と言われてびっくり!あらら。。ばれてるよ、わたし、みたいな(苦笑)って一体、どこでばれたんだろう???確かにNHKからのアクセスは何度も何度もあって「あ、見てるな」ってことは知ってるのよ、こっちも。だけどね、実はNHKのプロクシってどうなってるのかよく分からなくて、何人くらいわたしのブログを見ているのかは実は分からないのだ。「『ハートをつなごう』で検索かけると、上の方に出てきますよね」って言われて「あ、はい、実はそうなんです。。」みたいな(苦笑)いやー、わたしもよく分かんないんだけどさ「ハートをつなごう」でぐぐると、NHKの公式サイトの次辺りに出てくるんだよ。わたしはなんにもした覚えはないよ??でもさ、「ハートをつなごう、どんな番組だったんだろう」と思って調べてみて、わたしのを読んだらビビるよね、、「なんだよ、この番組!!」みたいなのばっかり書いてあってさ。だから、ぐぐってわたしの日記読んじゃった人には「ごめんなさい」なんだけど(苦笑)しかし、せっかく渡そうと思った名刺、結局渡さなくても済んじゃったよ。

その後、直接ディレクターさんと話したい人たちがたくさん来て、みんな語る語る(笑)

わたしも「いやー、ブログに感想書いてるから、NHKに直接また同じ意見のメッセージ書いてもいいのかなって思っちゃうんですよねー。それにあれ、1回に送れるのって1,000字までだから、すごく書きにくいし」って言ったら「続き」って書いて、何度も送ってくる人もいるそうだ。で、番組作ってる人はブログ検索して、読んだりしてるけど、ポータルサイトを作っている人は、送られたメッセージしか読まないし、送られたメッセージにブログ書いてますってURL書いても見ない可能性が多いから、多少、量が多くても直接NHK宛てに送って欲しいってことだった。んじゃ、わたしは今度からそうしよ(笑)

で、話ながら「あ、しまった。金の管理してないじゃん」と思ったんだけど、その後もなんかかんかで忙しく、、ごめんなさい、受付の任務は最後まで全うできませんでした。。。orz

その後はまだ話したりない人たちで近くのサイゼリアに。わたしたちも11時ちょっと過ぎまでいた。そこで、久々にゆっくり話せたまめたくんをいじって遊ぶ(爆)1年前の話を暴露~とか(爆)「ちょ、ちょっと、なんでそこまで覚えてるんですか!!」とか言ってたけど、ホント、まめたくんはいじられキャラなんだよね。そこが魅力的なんだけど、でも時に「こんなに表に出続けていて大丈夫だろうか」と思っているのも確か。だから、彼にはちょっと休んでもらいたかったりもするのだ、実は。上に書いた、かるとさんの「眠食遊働」じゃないけど、ホント、それをやってから、まだ余裕があるなら活動をして欲しい。そうじゃないと、走り続けていると絶対に疲れる。だから、ホントは誰か、彼がやりすぎていると感じていると思ったら「ちょっとは止まって休みなさい」って言う人が必要なのだ。ってわたしは個人的に前から「休め、休め」って言ってるんだけど、聞かないのよね、、、、(ってブログで公にしてやるんだからな!(笑))ま、休んで欲しい人は若干もう1名いることは確かなんだけど。。。ここでは敢えて書かないわ(笑)

ってわけで、初めてパフナイトに行った割には、やっぱり知り合いが多かったので、馴染んでしまったわたし。。あ、でもしかし、まめたくん以外のレインボーカレッジの人とは今まで、ほとんど話したことがなかったので、サイゼリアで少し話せて嬉しかったのでした。「ブログ読んでまーす」って人もいて案外、わたしの知らないところでブログ読んでる人、多い????やだわー。読んでたら、ちゃんとコメントなさい!!(命令)

んで、また若い人たち(っていうようになったのか、自分も。。。。orz)と話せる機会があったら嬉しいなあ、と思いつつ、彼女と一緒に家に帰ったのでした。

テーマ:性的少数者(LGBTIQ) - ジャンル:日記

22:19 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
11-05 Wed , 2008
オバマは勝った。が、
日本時間、11月5日午後11時30分現在。
カリフォルニア州、Prop 8(同性婚禁止)の住民投票は、開票率92.3%で、

賛成:5,019,930(51.9%)
反対:4,656,291(48.1%)

たったの約4%の差だ。

2000年の住民投票(Prop 22)の結果は確か、賛成61%だった。それが8年後にここまでの差に迫ることができたのだ。

が、しかし、可決されたことはほぼ間違いがないだろう。
アメリカの、それも一つの州の住民投票の結果に過ぎないが、それでも悔しい。悲しい。
これから、カリフォルニア州はどうなっていくのか、今はそれをただただ見守るだけだ。

しかし、今はなんと言っていいのかよく分からない。
悔しい、悔しい、自分では何もできないけれど、やっぱり悔しい。

なぜ同性愛者の結婚は、異性愛者の「支持」がなければいけないのだろうか。
何日か前に載せた「No on Prop 8」のYou Tubeで「あなたたちの結婚はわたしたちは投票しましたか?」と書かれていた(Did we vote on your marriage?)。

なぜ、同性同士と言うだけで結婚ができないのだろうか。
(もちろん、アメリカは結婚と宗教が結びついているので、背景は日本とは全然違うのは分かっている)

わたしたちはなぜ結婚することができないのですか?
わたしたちが結婚することによって、誰かの迷惑をかけますか?

人間は法の下で平等じゃないんですか?
人間は神の下で平等じゃないんですか?

悔しい、悔しい。本当に悔しい。

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

23:30 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
11-06 Thu , 2008
しばらくは後ろ向きで居させてくれ
今日はもう、気持ちがくさくさして、今もふて寝から目が覚めたところなんだけど。

「この気持ち、何かと似てる、以前も何度も何度もこんな感覚を持ったことがある。それは一体、なんだったっけ」って思ってたら、昼メシを買いにコンビニに行ったとき(最近、わたしの昼メシは実は、シュークリームだったりする(爆)。しかもペコちゃんの)、ある歌が浮かんできた。

それは。。協和発酵の焼酎、「かのか」のCM。

それですっかり謎が解けた。って、これだけしか書かなかったら、わけが分からない人の方が多分、多いだろうが、協和発酵はかつて、防府市に硬式野球部があった。わたしが中国地区の社会人野球を見始めたときは、そんなに強いチームだとは思わなかった。が、徐々に力を付けてきて、日本選手権の代表決定戦にまで出場するようになった。平成12年、協和発酵は第1代表決定戦に負け、第2代表決定戦にも負け、結局、日本選手権出場はかなわなかったはずだった、その時点では。

しかし、第2代表となった三菱自動車水島が、例の「リコール隠し」のあおりを受け、出場辞退、ということになった。そして、その代わりに協和発酵が日本選手権に出場することになった。

わたしはあのとき確かに三菱自動車水島の選手たちのことを思い「だったらなぜ、日本選手権の二次予選に出場させたのだ」というやりきれない思いがあった。現に、他の三菱自動車のチーム(岡崎、京都、川崎)は、二次予選に「出場辞退」したのだから(あの当時、中国地区が一番、日本選手権の代表が決まるのが早かったのだ)。

しかし一方、協和発酵が日本選手権に出場できることも、もちろん、監督、選手を始め、応援するものまでとても複雑な気分だろうが、わたしは彼らが大きな舞台で戦えることを喜んでいた。結果は1回戦敗退、だったけど。

だが、この経験が生きたのか、協和発酵は平成13年、自力で日本選手権の出場を勝ち取る。このときは日産自動車九州が相手だったが、最初、4点先制したものの、その後1回に7点取られたりして、結局8-14で負けた。

当時、わたしはなぜか協和発酵の監督さんやコーチの人と顔見知りになっていて(あんだけ球場に通えば、顔は覚えられるし、そしてその当時、それ関係のウェブサイトをやってて、いろいろ書いてたんで(笑)ある年の徳山大会の時に声かけられて以来、ちょっとしたことは話すようになってた)、平成14年の広島大会の時、その大会には出てなかった協和発酵の監督さんとコーチを見かけて「お、今年は気合いが入ってるなあ」なんて思っていた矢先。協和発酵、今季限りで廃部のニュース。愕然とした。ウソだろ、って何遍も思った。最近、ようやく強くなってきて、全国大会にも出場できる力を持つチームになったのに。。

その年の都市対抗野球大会は、予選の時点から、防府市(協和発酵)を心の中で応援していた(基本的には、予選の時点ではどこも応援していない、というのがわたしのポリシーだったんだけれども)。そして、防府市(協和発酵)が都市対抗中国地区予選第1代表を突破したとき、本当に嬉しかった。

もちろん、東京ドームで行なわれる都市対抗野球は観に行った、というか毎年観に行っていたけれどね、東京ドームには(笑)でも、その年は特別だった。第1回戦、対JR東日本東北。7-2で申し分のない勝ち方だった。だが2回戦、対NTT東日本のとき、先発の三瀬(NTT西日本中国野球クラブから補強、現ソフトバンクホークス)の制球が定まらず、、、確かに味方のエラーなどで「打ち取れる」と思ったものを出塁されたりして、ペースが狂ったのだろうが、その後、打たれるは、制球が定まらず四球連発だわ、で、1アウトも取れず3失点で、ノックアウト。チームメイトである伊藤(NTT西日本中国野球クラブから補強)に代えられた。

しかし、この1回の攻撃に一挙に4点入れられたのが響き、結局6-2で2回戦敗退。試合が終わったあと、わたしは人目をはばからずに泣いた。あのあと知り合いに会って「会わせたい人がいる」って言われて、すんごい情けない姿で会わせられたんだけど(苦笑)もう、めちゃくちゃ泣きまくった。

結局、協和発酵はその後、日本選手権を目指したんだけど、もう都市対抗で力が尽きたのか、早々に中国予選を敗退して、そして廃部になった。

このとき、打たれまくった三瀬が、次の年、自分のチームでまた戻ってくるとは夢にも思わなかったし、そしてその年限りでNTT西日本中国野球クラブも廃部になるとは思わなかったんだけどね。もっと言えば、三瀬がまさかドラフトで指名されてプロ野球選手になる、とともに、その年の新人王と最優秀救援投手になることさえも全く予想してなかったんだけどね。

世の中は不況で、自分の好きなチームがどんどんなくなっていき、そのたびにわたしは悲しく、悔しい思いをした。「なぜ?どうして?」と思っても、わたしはなんの力もなかった。何もする術がなかった。会社の野球を応援している人たちだって、会社が決めたことだから何も言えない。ましてやその会社と全く関係のないわたしは、ただただチームが目の前から消えていくのを見ているしかなかった。そして、最後の試合を観る度に、悲しく、悔しく、つらい思いをした。

この悲しみと悔しさが、昨日のProp 8可決に対する思いとよく似ていたんだ。

自分には何もする術がない。ただただ否決されるのを願うのみだった。しかし、Prop 8は可決され、わたしは自分が何もできないことについて、悲しくて悔しくて仕方がなかった。

もちろん、カリフォルニア州の同性婚の問題は、社会人野球チームの廃部と違って、まだまだ先がある。しかし、わたしはそれをただただ見守り続けるしかないのだ。それが今のわたしにはつらくてたまらないのだ。



この「かのか」のCMは、大阪ドームでよく、イニングとイニングの間に流されていたCMだ。これを見ると、当時の大阪ドームを思い出す。そして、東京ドームで号泣したことも思い出す。大好きだったチームをもう二度と観られない悲しさ。自分の力ではどうもできない悔しさ、悲しさ。そういう気持ちのすべてを思い出す。

結局この後、協和発酵は酒造部門を切り離し、アサヒビールに売った。現在の焼酎「かのか」はアサヒビールが売って、CMも違うものになっているらしい。

もう少し、このまま後ろ向きのままでいたい。後ろ向きのまま、これからカリフォルニアではどういう動きがあるのか、それを見届けたい。
20:44 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
11-07 Fri , 2008
ダウン
風邪、引いた。

昨日の夜頃からちょっと「あれ、喉が痛い?」って思ってすぐに葛根湯を飲んだんだけど、時既に遅しだったみたい。。

風邪の潜伏期間は1~3日だそうだから、4日から昨日までの間か。
「同性婚」のことでいろいろやきもきさせられたり、落胆したりしたから、それにつけ込まれたか(苦笑)

わたしは喉(鼻の奥)から風邪を引くパターンが圧倒的に多いのだが、しかし、それにしても風邪を引くのは久々かも。。熱は多分、出てこないと思う。出たとしても、そんなにはならないと思われる。

鼻が詰まって、くしゃみが出るんだけど。それに加えて頭がボーッとして、これは今日は一日中寝ているしかないんだろうな。

取り敢えず、葛根湯飲んで(もう効かないかな)、ドリンク剤飲んで、ビタミンC飲んで、食事を食べて、水分補給して、首にタオル巻いて、マスクして暖かくして今日は寝ます。

そうそう、今日は高校時代の友達の誕生日なんだけどな。
わたしの今までの友達の誕生日って7日、ってのが多いの、なぜか。今覚えているだけでも、3月、6月、9月、10月、11月にいる。でもって、11月は5日から8日までの間に、いやん、今の知り合いで7人も誕生日が固まってるわ(笑)7日を中心にして考えるので、その前後の人って忘れないんだよね(笑)

友達にメールしておきたいところだけど、どうしようかな。
病気して約1年前に既に日本に戻ってきているところから説明しないといけないから、めんどくさーい(苦笑)

寝よ寝よ(笑)
11:27 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-08 Sat , 2008
ひどくなったー(泣)
昨日はおとなしくして、夜も早く寝たつもり(なんだけど、結局彼女が来るまで寝付けなかったのよね)起きたら昨日にも増して鼻の奥と喉の奥まで痛くなってて、明らかに悪化していた。んー、こうなってしまったら、わたしにはもう打つ手はない。ってんで、近くの耳鼻科に行ってきたのよ、午前中。どうせ内科に行っても「風邪ですね、はい」って「PL顆粒」くらいしかもらえないことは分かってたし、今、総合感冒風邪薬を飲んでも効くわきゃない、って分かってたから、耳鼻科にしたのよ。

でも、うちから一番近くの耳鼻科って近くってなんと、一駅離れたところになってしまう!だから仕方なく電車に乗って行ったんだけどさ、もー、うちってなんでこんなに不便なところなのよ!!病人が電車に乗って病院に行くなんておかしいじゃないの!とかぶつくさ言いいながら、しかも一つ、電車をやり過ごしちゃうし、最悪。

土曜日だからか、今日の診察は午前中のみ。病院の中に入ると、、子供を連れたお母さんらしき人がいっぱい!時折大人も混じってたけど。。要するに、待合室には人がいっぱいで「あー、風邪、流行ってるのかなあ~」って思うほど思ったより人がいて。しかも、子供が動き回る、動き回る。スリッパも履かないかったり、床にゴロゴロ転がってたりして、きたねーなー、とか、ゴミ箱の上の蓋を取って、自分の母親のところに持ってきて、何度も「戻しなさい」って言われてるのに懲りずに持ってくる子供。みんな咳しまくり、鼻はずーずー。しかし、あんなに咳しまくったりしてるのに、子供は元気(?)だね。おかーさんの方が大変そうだったよ。。

って、余計なんか別の菌をもらってきてしまいそうで、本当、風邪を引いているときは病院には行きたくなかったんだけどね。ま、風邪を引いてないときには病院には行かないけど(笑)もう、待った待った。取り敢えず病院に着いたときにいた人は全部わたしより前、ってことでしょ。だから、長く待つとは思ってたけど。

その間は本を読んでて、で、しばらく経ってようやく名前が呼ばれたんで、診察室の中に入る。いや、そこの病院は初めてだったんで、どういう人が診てくれるのか全然知らなかったんだけど、おばさんの先生で、看護師さんもみんな同年代のおばさんって感じ。その人たちがみんなピンクの白衣(なんか変な日本語だけど)着てて、なんだかちょっと安心した。てーか、色の効果ってすごいねー。あれが全員白衣だったら、ものすごく冷たい感じする診察室だったと思うし、青でも同じだったかな。だから、なんとなく安心して診察室の中で、前の患者の処置をしているところを見てた。

前の患者はやっぱり子供で、お母さんに抱かれて診察台にいる。もう、ギャーギャー泣きっぱなし。そりゃ、あんな無味乾燥な棒だのをいろいろ突っ込まれるんだから、泣きたくなるのは分かるわな。けど、医者は手慣れた様子でいろいろガチャガチャやっていた。それが終わったら、次はわたし。

わたしさー、今、病院に行って薬飲んでるから、口で説明するより「お薬手帳」を見せた方が早い、と思って、最初に「はい」って手渡した。で、病気のことについて説明しようと思ったら「それよりこっちの質問に答えてくださいっ」と言われてしまった(汗)で「いつから、どうなったんですか」と言われ「一昨日の夜から、喉の奥が痛くて~、昨日は安静にしてたんですけど、今日起きてみたらひどくなってて~」みたいに説明した。で「今薬飲んでるみたいですけど、どんな病気ですか?」って言われたんで病名を言うが、分からんわな~。「どういう症状なんですか」って言われたから「口の中の感触が変で」とか、この病気さ~、ホント、一言じゃ表現しにくいし、話したとしても絶対に分かってくれないんだわ。だから適当に答えたけどね(←いいのか)。

で「じゃ、口開けてください」って言われたんで口を開けると、開口一番「これは、、、ひどい」って言われた。。orz「これで、ものが食べられますか?」と言われたので「はい。まー、痛いけど食べられます」って答えた。んで、舌をべーって出してください、とかなんかかんかいろんなことやられたあと、んじゃ、薬入れます、だの付けます、だの言われて、鼻の中になんか入れられたりした。「昨日来ればよかったのに」って言われたけど、そんなのあとの祭りだわ。わたしもここまで痛くなるとは昨日は思ってなかったし。

で「なんちゃら検査(検査の名前は忘れた)をしましたが、今、確かに喉が真っ赤になってます。それ以外に喉にぶつぶつができていて、これじゃ喉が痛いはずです。で、奥の方もそうなっているかどうか見てみましたが、赤くはなっていますけど、そんなにひどい状態ではなかったです」と言われた。で「栄養補給のために点滴を打った方がいいんだけど、もう12時過ぎてるから内科は開いてないしねー」って言われて、自分の口から食べられるって言ってるだろ!!みたいな感じ。ああ、土曜の午後になっててよかった。点滴なんて打ちたくないわよ!で「一応、抗生物質を出しておきます。本当はこう言う状態になったらステロイドが効くんだけど、今飲んでいる薬との飲み合わせがよく分からないので、月曜日にもう一回来てください。そのときに○○病院(わたしがいつも行ってる病院)の先生に聞いて、それでステロイドを出すかどうか検討します」って言われたんで「もし、今の薬を飲んで、よくなったら来なくていいですかぁ~?」って聞いたら「来てくださいっ!」って言われて、月曜日、行くこと決定。。。。orz

そのあと、診察台から降りたあとは吸入器で吸入して終わり。

受付で金を払うとき「今日はなんちゃら検査をしましたので、3,110円です」って言われて「えっ、そんなにするの??@@;」ってびっくりしたよ。。だって、いつもの病院だとせいぜい600円くらいなんだもの、診察費って。っていうか、一体、わたしになんの検査したんだー?確かに舌を何回か「出してくれ」って言われて「イーッ」って言って出したけどさ、あれが検査だったのか??

んで、病院を出て駅に戻るときに薬局を探したんだけど、ないのよ、これが。だから仕方なく、駅前のマクドに入って昼食食べて、それから駅の反対側にある薬局(ここにあるのは、電車の中から見てて前から知ってた)に行って、薬をもらった。そこでもまた「口腔異常感症」についての説明。薬剤師さんから「それは痛いんですか?」って言われて「いや、痛くはないんですけど」と答えると「それはよかったですね」って!!!そりゃ、確かに痛いのはつらい。それは右腕が痛かったときには、もう右腕要らないからぶったぎってくれ、と思うくらい痛かったし、痛いと何も考えることも、何をすることもできないのは分かる。けど、今の口の状態は痛くはないけど、気分が悪くて悪くて仕方ないのだ。。それを「よかったですね」と言われてわたしゃ、なんと答えていいのか分からなかったよ。。「てめえ、この状態になってみろ!」って言いたかったんだけど、まー、口で説明して分かってもらえる病気じゃないしねえ。っていうか、ホント、この病気って知られてないんだわ。でも、この世の中にはこの病気みたいに、あまり世の中に知られてないけど、治りにくくて本人がめちゃくちゃ不快って病気はいくつもあるんだろうなー。。

それから駅に向かったんだけど、あらま、また電車行ったばっかだよ。と思って待合室で待ってた。で、電車が来たから乗った。「次は~○○駅」って車掌さんが言ったんで「おいおい、違うだろ」と思ったら、本当に○○駅に着いた。あーあ、やっちゃった。反対行きの電車に乗っちゃったよ。。。orz

仕方なく、電車から降りて、反対のホームに行く。もう疲れてたんで、いい加減、早く帰りたいのにー、と思いつつ。電車が来たので「改札に近くの車両に乗ろうっ♪」と思って、一番前の車両に乗ったんだけど、駅に着いてみたら、それは反対側のホームの改札だった。。ってことで、ここでもまた必要以上に歩いて、もう全然頭が機能してないっていうか、やることやること裏目に出て、もう「わたしのバカバカバカ!!!!」って感じ。

そんなこんなで、家にやっとたどり着いて、医者から「よく寝ること」って言われたんで、さっきまで昼寝してた(笑)

明日は一日家にいるつもりだけど、月曜日はまた耳鼻科で、火曜日は病院。病院通いもホント、体力がいるよ。。そのためには早く風邪を治しておかなきゃ、ってのはどう考えても本末転倒なんだけどさ。
17:50 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-09 Sun , 2008
気分わる
今日、夕方、彼女と一緒に昼寝してたんだけど(彼女は「ぶっとい注射」はまだ打ってくれません。だから治りが悪いんだー←?)、珍しくわたしの電話が鳴った。うちは電話は彼女専用電話とわたし専用電話があり、そういうところは一緒に住みながら「別々」なんだよねえ~。

で、普通だと出ないんだけど(電話が鳴っても無視してる)、今日はもしかしたら掛けてくる人がいるかも知れないってんで出たんだけど。。。

出てみたら、父親だった。

しまった、出るんじゃなかった、と思っても後の祭り。。
今は、自分の身内に対して、この電話の他にはすべて電話もメールも「受信拒否」にしているから、この電話でしかわたしとはコンタクトを取ることは出来ないのだ。というか、ホントはこの電話も誰が掛けてきたか、あらかじめ分かるようにしておきたいのはやまやまなのだが、月に1本掛かってくるか来ないかの電話で、ナンバーディスプレイにするのは、金がもったいないので、この電話は基本的には取らないことにしてるわけ。

ま、要件があったみたいで、それは聞いたんだけど、それが終わってもまだ何か話したかったらしくなんか言ってたけど「もういいから」と言って途中で切った。

今は身内の声は誰の声も聞きたくない、まだ。特に父親の声は聞きたくない。

もう気分は最悪で、彼女に「電話が掛かってきたよう」と言って泣きついた。今、ようやく悪夢を見なくなってきてるし、忘れかけてたのに。。

彼女はよしよししてくれて、んでまた寝た。起きたあと「なんか珍しくいびきをかいて寝てたよ」って言われたけど、本人はそこまで深く寝た気はしなかったんだけどね。

あー、身内に不義理をするのは忍びないが、まだまだ頭が拒否しているのよ。今はまだ身体も治ったと言えないので、それ以外に気を使わねばならないのは、身体に直に響いてくるから。

悪いと思っていても、やっぱり「自分第一」だから仕方ないよねぇ。。っていい訳のように考えなければやっていけない自分がつらすぎる。なんとか自分を正当化したいんだけど、どう考えてもこれは正当ではないことは自分で分かっているので、余計につらい。でも、だからといって何事もなかったように接するのは、今は絶対に無理。

まだまだね、つらい思いを抱えているのですよ、病気以外にも。。。
ああ、気分が悪い。早く忘れ去りたい。
21:17 | (自分)肉親とのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-10 Mon , 2008
耳鼻科に行って髪の毛切った
って題名を見ると、耳鼻科で髪の毛切ってきたみたいだけど、別個の話です、もちろん。

耳鼻科は土曜日に言われたから、行ってきたまで。
なんちゃら検査というのは、どうやら「ハイパー検査」というものらしかったが、今回もこれ、やったんだよ!!で、領収書見たら前回が620点で今回が558点。領収書にはご丁寧に「1点は10円となります。」と書いてある。ってことは、、6,200円と5,580円の検査かよ。高っ!!

まーしかし「あ、こないだよりよくなってますね。喉の奥のぶつぶつも消えかかってますし、これはステロイドは飲まなくてもいいでしょう」と言われたので、まぁ一安心。なのに「明日も来れますか?」だって。明日は、病院の日だから行けないってんで「明日は来れません」と言ったら「んじゃあ、3日分の薬出しておきます」と言われたんで、あと3日くらい薬を飲みつづけたら、完治するのかな。

しかし、ここんとこ、何もしてなくて「清い関係」だったはずなのに、彼女もなんか昨日辺りから「喉が痛い」って言い出して、、「んなら一緒に耳鼻科行こうよ」って言って、一緒に行ってきた。わたしの次が彼女で、いろいろやってること見てたら、同じ検査やられてやんの。ここ、、もしかしてこの検査で食ってるのか??しかし、わたしの前の人はこの検査はしてなかったしなあ。

ってんで、わたしは今回も2千円以上払ってきたぞ。もう、あそこの耳鼻科行かない。高いもん。しかし、繁盛はしてるんだよなあ。。風邪の時期だからかなあ?

で、最近、髪の毛がねー、すげー短くしてたんで、中途半端に長くなったら、目もあてられなくなっちゃって。今まで外に出かけるときは、一応、ワックスって言うの?あれをベタベタと付けて、髪の毛引っ込めてた(?)んだけど、あれを付けないと、すんげーんだよ、ホントに。髪の毛が立っちゃって。で、外に出るたびに、なんかいろいろしなくちゃいけないのがめんどくさいので、仕方なく、寒い中、髪の毛も切ってきた。なんか、すげー短くなって、サルみたいになっちゃった(苦笑)(あ、サル、ごめんね(^^;)

まー、申年だから仕方がないか。(んなことないない)

ってんで、15日はサルみたいなわたしの顔が見られますので、どうぞ、パフスペースにお越し下さいませ(笑)

そういえば、気になる情報が入ってきた。
どうやら堺市で「BL(ボーイズラブ)本」を閉架したとかで、今、一部で話題になっているらしい。なんか、夏頃に、匿名の電話が掛かってきて「BL本はよろしくないから、図書館から撤去しろ」というものだったらしい。その後、議員がからんできて、そんで堺市の図書館は「BL本」と判定した5,499冊を閉架したとか?その中には栗本薫なんかの本も入ってるっていうから、結構BL関係に詳しい人がやったんだね、って感じがする。

んー、わたし自身、BL本ってのは読んだことがなく(マンガではよしながふみの「きのう何食べた?」くらいで、小説を読んだことは皆無)、なんでBL本を撤去しなきゃいけないのかというと、男性同士の絡み合いがあるから、有害図書になるんだって、撤去しろと言う人の言い分は。どうやらこれも「ジェンダーフリーバッシング」の一貫らしい。

なんでジェンダーフリーバッシングの人たちがBL本に目を付けたのか、よく分かんないんだけどね、BL本って、あんま好んでゲイの人が読んでるとは聞いたことないのよね。逆に「美少年(美男子?)だけしか出てこなくて、なんだよあれは!」って人の方がたくさんいる。。だけど、これは小説じゃなくて多分、マンガに対する意見だろうけど。んー、若い女性がBL本に夢中になってると、まさか女性同性愛者になると考えてるんじゃないだろうなー、、

んー、BL好きな人って、実際のゲイも受け入れられるって人もいるし、二次元の世界でしか受け入れられないって人もいるし、さまざまなんだけど。。それを撤去する目的がよく分かんないのよね。

あ、この情報の元ブログは

みどりの一期一会

なんだけど、14日までに署名を集めているらしい。「転送・転載歓迎」って書いてあるけど、ここの部分だけ転載しても、なんのことやら分からないので、転載はしない。

それより、話の発端ってのは(ちょっと長くなるけど。詳しいこと知りたい人は「堺市立図書館の書架から5499冊の図書が消えた!?/知る権利、表現の自由を守ろう!」を見てね(^^;)、

7月24日、北図書館へ利用者からの電話(男性)

7月25日、南図書館への電話(40代・男性)
同日、市議会議員(文教委員、自民党)から「有害図書?をどういう観点から購入しているのか」゜と問い合わせ。(市議が中央図書館に直接出向く)
同日、平成20年度第2回 図書館事業調整会議案件(6)その他
・ボーイズラブ(やおい本)の扱いについて購入、開架していることについての図書館としての公式見解を示す必要がある。

7月30日、市民の声メール(受信日7月30日)中央図書館・図書館に開架している本について
・テーマ・大量に開架されているBL

7月31日、市民の声メール(受信日7月31日)平成20年8月1日質問(中央図書館・BL図書を購入した趣旨や目的、購入した冊数および購入費を教えてください)
・テーマ・中央図書館の約束実行

8月8日、平成20度年8月 定例館長会議 7.BL資料の取扱いについて/選書について/冊数、金額/書庫入れについて/今後どうするのか

8月12日、市民の声メール(受信日8月12日)平成20年8月13日要望(中央図書館・図書館に大量開架されてあったBLを書架に収納することになった経緯を速やかにホームページに掲載してください)
・テーマ・書架のBL本の処分

8月15日、BL資料の取扱いについて

8月20日、平成20年度第3回 図書館事業調整会議 案件:BL本の取り扱いについて

8月29日、平成20度年9月 定例館長会議

9月3日、BL資料の取扱いについて(各図書館長宛通知)「BL資料の取扱いについて(案)」

8月末、堺市HP「市民の声Q&A」掲載

ってことになっており、この「市民の声Q&A」ってのが、

> 「BL図書を購入した趣旨や目的、またこれまでに購入した冊数及び購入費を教えてください」

って題で、中身は

> 一般に「BL(ボーイズラブ)」と称される少女向け男性同性愛の本が大量に開架されています。 ・・・すみやかにBLを換金し、他の有益な図書の購入費に当てるよう、強く強く要望いたします。

それを受けて堺市は

> ご指摘いただいた図書につきましては、出版されました初期には小説の一部として利用者からのリクエストを尊重し購入していた経緯がありました。・・・これらの図書は、青少年の健全な育成を図る観点から、中央図書館では閲覧室に展示せず書庫入れとし、特に請求があった場合に閲覧可能としておりました。しかしながら館によっては、ご指摘のとおり閲覧室に展示していた状況がありましたので、すみやかに書庫入れにいたしました。 今後は、収集および保存、青少年への提供を行わないことといたします。

って回答してる。これってさぁ、上の動きを見ると、7月25日に市議が図書館に行って「BL撤去しろ」と言って、市側がそれに対応したのがバレバレじゃん!ま、だから議員の力って本当はすごいものがあるんだけどね。。

で、この問いと回答を読むとやっぱり、市民の人(変な日本語)が問題としているのは「少女向け男性同性愛の本」で有害図書と見ているらしい。じゃ、男性同性愛者じゃなければいいのだろうか、ええと、今、堺市の図書館で「ハーレクインロマンス」で検索したら、2,273件もヒットしたんだが。。(苦笑)BL本は有害図書で、ハーレクインロマンスは有害図書じゃないんだろうか。もっとも、わたしはこの2つのジャンル、読んだことはないんだけど、まったく(苦笑)

BL本ばかりに目を付けて、ハーレクインロマンスに目を付けないってことは、やっぱ「同性愛」を問題としてるんじゃないのぉ~?って気がしてくるんだけど。。

ただ、この人たちは別に「性的指向による差別」を理由にこんなことしてなくて、ただ単なる「表現の自由」のために、公金の監査請求をしたらしい。でも、新聞はそう取りあげてくれなかったんだってさ(笑)

「ボーイズラブ」はだれにとって有害で不適切なのか?/新聞各紙の報道

んで、11月8日に 「堺市立図書館における特定図書排除に関する申し入れ書」(41名2団体)を提出し、そしてまた14日までに(ただし署名期限は12日24時まで)市民や議員、団体の署名を集めて、もう一回堺市に「申し入れ」をする予定らしい。

んー、わたしは、何回も言うけどBLって読んだことないから、よく分かんないのよね、この問題。でも、なんでBL本だけをターゲットにするの?って感じはするし、男性同性愛を見せるなとか読ませるな、って問題だとしたら、それはないんじゃないの?って思う。だったら、三島由紀夫の「仮面の告白」なんてのもダメだし、治ちゃんの「桃尻娘」だってダメでしょ、あとハーレクインロマンスも、あと、文芸書でも男女のSEXシーンとか、もっというと「恋愛もの」なんか全部撤去すればいいじゃない。夏目漱石の「こころ」なんざ、親友を裏切ったりなんだりですごい有害じゃないの?子供にはそういうのは読ませたくないんでしょ。だったら、図書館にはどういう本が一体残るんだろうね?きっと、すごーくためになる、楽しい本だらけになることだろうね!(爆)
22:41 | (性的少数者)本のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-11 Tue , 2008
リラックマの日、つーか、わたしゃ、事件を起こしそうな顔してますか
今日は「リラックマの日」、いや、もとい。「病院の日」だった。

で、最近は寒いので、専ら家の中でも長袖Tシャツを着てるんだけど、今日着ていったのはこれ。

P1020516.jpg


そう、前に着ていったリラックマの長袖Tシャツ。だいたい、長袖Tシャツってわたしはこれともう一つ、ガチャピンとムックがロッカーかヘヴィメタか知らないけど、それがプリントされたのしか持ってない(苦笑)まー、前にこれを着ていったときは、医師から「リラックマですね」と言われたけど、もうあれからは何も言われてないから、何も言いはしないだろうなー、ってか、もしまた「リラックマですね」と言ったら怖すぎっ!と思いつつ、行ったんだけど。

いやー、今日はなんか待った、待った。なんかね、今日みたいにすごく待つ日と全然待たなくて即診察室に入れる日があるんだけど、最近はなんとなく待つ日の方が多くなってきた感じがするってことは、商売繁盛してるのかしら、、ってことは、わたしと同じく苦しんでる人が結構いるってことよね。いつも複数の人が待っていたら「この人もわたしと同じように口の中が今も変なになってるのかな」って思うんだけど、見た目では分からないので、どのくらいその人が嫌な思いをしてるかなんか分からないよね。わたしだって、見た目は完全に普通だもんね。。

で、わたしの番が来て、いつものように医師が呼びに来た。「いやあ、待たせちゃってすみません」って言われたけど、まぁ仕方ないよね。。で、いつものようにリラックマグッズをチェックしたんだけど、新しいものは入荷(?)してないようだったが、なんか目に付いたのは、机に置いてあるノートPCのところにリラックマのメモ帳とその上にリラックマのなんていうんだろう、フィギュアみたいなの?こんな感じで置いてあった。

P1020796.jpg


あ、これはわたしのPCと適当に似たものを持ってきて置いただけだけど。この下のマッチ箱がリラックマのメモ帳で、その上に多分、なんかのオマケで付いてたフィギュアだと思うんだけど、リラックマの。それが、患者の方じゃなくて、自分の方に向いてんの。どうも患者じゃなくて自分が癒されたいのね~ってつい、思っちゃった(苦笑)だって、わたしなんか今日も「あんまりよくなった気がしない~」とかぶつくさ言ってたんだもん。んー、日によって状態がすごく変わるんだよね。今日はそれほどでもなかったけど、昨日はちょっと気分が悪くなるほど気になったし。で、全体として停滞気味なんだよね。なんで、医師の方もちょっと焦り気味?だった。「いやー、薬がなかなか思うとおりに効いてくれませんね。うーん」とか言ってて「リーマスって飲んだことあります?」って言われて「いや、ないです」と答えたんだけど、これを処方するのかと思いきや、前回、初めて飲み始めた「セレナール 5mg」が、毎食後1錠から2錠に変更になって、その代わり、今までずっと飲んでいた「レキソタン 2mg」がなくなった。まー、レキソタン、あんまり効いてないんじゃないかなーと思ってたからちょうどいいや。医師によると「コンサバな処方の仕方」なんだそうだ。あ、そう。コンサバですか(笑)手堅く行くと言いたかったのか?

あと、寝るときに飲んでいるメイラックスを2錠から1錠に減らして飲んでいいと前回言われたので、減らして飲んでいるが、減らしても大丈夫みたいだと言ったら、1錠に減った。

結局「治んねー、治んねー」って言ってきたわけだけど、ま、仕方ないよね。ホントに治ってないんだもの。。今、病院に行きだして5ヶ月くらい経ったところだけれど。。まー、一番始めに比べたらちょっとはマシになってきてるのかな?と思わないこともない。が、もしかしたら自分がこの状態に慣れちゃったんじゃないだろうか、もしかして、とも思ってもいるわけで。ホント、自分が今どうなってるのか、自分でもよく分からないんだよね。。

それで今日はお終いだったんだけど、やっぱりリラックマのことについては、何も言ってくれなかったわ~(ぐすん)

その後、新宿に行ってヨドバシとかいろいろな店に行ってみたんだけど、な、なんとリラックマのトレーナーを売っているのを発見!思わず買ってしまった。。。別にわたし、リラックマ好きでもなんでもないのにー(泣)

P1020794.jpg


もうちょっと寒くなってきたら、今度、これ着て病院に行きます(爆)って一体、なんなんだよ。。金、もうないっつーのに。。

で、そうそう。ヨドバシと高速バスセンターを挟んだところよりももっと奥の方をふらふら歩いてたら、警官が集団で立ってた。なんかいやぁな予感がしたのだが。。。なんと、声を掛けられた!「すみません。わたしは新宿警察署の○○(名字忘れた)というものですが、今、年末の重点警戒態勢(だったかな)に入ってまして、もしよろしければご協力願いたいのですが」と言われたので、別に警官にあれこれ問われてもやましいことはなーんもない、一市民のわたしは「はあ、別にいいですけど」と答えたら、「じゃあ、こっちに」と言われ、道の端の方に行かされた。で「かばんの中を拝見させていただきたいんですが」と言われ「はいはい(なんでも見てくれよ、どうせやばいものなんか入ってないんだからさ←心の叫び)」と中身を見せた。「お勤め帰りですか」と聞かれたので「いや!病院帰りです!」と答える。ジーンズ穿いてて、勤め帰りなんて、どういうこっちゃ。

で、かばんの中にはその日もらった薬だの、ヨドバシで買ったものだのが入ってて、それとともに今、再読してる「同性婚―ゲイの権利をめぐるアメリカ現代史 (世界人権問題叢書)」がカバーなしでそのまま入ってたんで、「同性婚」って表紙が見えて、ちょっとばかり恥ずかしかったが、まぁ「同性婚」なんてあんまり一般的な言葉じゃないし、それより「同性愛って何?」って方がよっぽど恥ずかしかったかも。まぁ、その類の本だと、外に持って出る際は、だいたい、カバー掛けてるんだけどさ。この本は、そのままでもあんまりわからないだろうと思って、掛けてなかったのよね。

警官は、わたしのかばんの中をまさぐりながら「刃物とか、ええと、ええと、、、、」と何か言いたいだけど、何を言いたいのか忘れてしまってたようなので、わたしが親切に「ナイフですか?」と聞くと「そうです、そうです、十手ナイフ(?、もしかしたら十字ナイフ??どっちかよく分からなかった)とか持ってませんか?」って聞くから「持ってません」って答えたのに、それでもしつこく「ここの中身を拝見させてもらいます」って、カバンを開けたところに小さい透明の入れるところがあるんだけどさ、

P1020797.jpg


ここの中を開けて中に何が入ってるかを確かめてたんだけど、あの、、そのナイフってこういうところにありそうな小さなものなの?わたしは刃物、持ち歩いてないんで(当たり前)、よく分からないんだけど。。それだったら、わたしゃ、あのとき言わなかったけど、かばんの中に入れてたペンケースの中にカッターナイフが入ってる可能性の方がよっぽど高いよ。わたし、あのときペンケースを開けさせられるかと思ったもん。

というか。わたし、今まであそこを通ってて、既に3回くらい警官から声を掛けられて持ち物調査されてるんだけど。わたしって、なんか事件を起こしそうな顔をしてるわけ????この、善良な一市民がさ!!(ぷんすか)

警官はホントにやばそうな人に対して声を掛けているのか、それとも声を掛けやすい人に声を掛けているのか、そこんとこがよく分かんないんだけどね。ホント、むかつくむかつくむかつくむかつくむかつくむかつく!!!!!

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

22:30 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
11-12 Wed , 2008
本日、頭痛の日
どうも最近、前日に無理をすると、朝起きたときに頭が痛くなってるような気がする。
関パレのときなんか、家に帰ってきて2日連続、朝起きたとき頭が痛かったもんね。
それも偏頭痛だから律儀に右、左と交互で。

今日は左側。

わたし、なぜか偏頭痛は右側より左側の方が治りにくくて、いつもだったら最初は師範市販の頭痛薬を飲むのだが、今回は苦しみを長引かせたくなかったので、最初から偏頭痛薬を飲んで、それからまた寝た。起きたらもう15時だったから、結構寝たのよね。。

起きたら治ってた。

まー、それで済んだからいいのはいいんだけど、あまり偏頭痛薬に頼りたくない。。
病院で処方されないと買えない薬だし、それになんて言ったって高いしねー。

んー、風邪の方は治りつつあるけど、まだ朝起きると喉が痛いし、もうちょっとかな。

今日は早く寝よう。というか、ちょっと早く寝る生活を続けてみようかな。
といっても、夜型人間のわたしにとっては、夜早く寝るのは結構難しいことだったりする(苦笑)
20:25 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-13 Thu , 2008
また今日も頭痛。。
なんか、今日も起きたら頭痛だった。しかも、今日は右じゃなくて、昨日と同じく左側。

おかしいなあ~?昨日は外に出なかったのに、なんで頭が痛くなるんだろう。
もしかすると、火曜日から薬が変わったからかな?確かに「セレナール」をぐぐってみると、副作用で「頭痛」って出てくるんだよね。。。

もしかしたら、耳鼻科でもらった薬とバッティングしてるんじゃないかと思って、今日は耳鼻科でもらった薬は飲まなかったんだけど。

でも明日もまた、朝、頭が痛かったら、病院に電話してみよう。明日ってまだ金曜日だもんね。

しかし、頭が痛いとホンマ、やれん。明日朝、頭がまた痛かったらと思うと、なんか今日は怖くて眠りたくない気持ち。。

風邪を引いて以来、気分がどうも滅入ってしまって、元気があまりない。
そういうときに、マイミクさんから教えてもらった、これ!
もう、今日はこれ、聞きまくりでんがな(爆)



これだよこれ!これが聞きたかったのよ~!!
もう、もんのすごく懐かしくって、一緒に歌いまくってる。「ミス花子」だとばかり思ってたら「ミス花子とじゃんぷあんどじゃんぷ」って人たちが歌ってたのね。以前、大阪に行く前にちょっと書いた「好っきやねん」。なんか、誰かがつい最近、You Tubeにアップしてくれてたようで、とても嬉しい限りです。

しかし「新宿のオカマよりもミナミのオカマの方がテクニシャン」って、一体、どういうシュチュエーションなんだろう?中学生の時分は、言ってること自体分からなかったけど、今は別の意味でよく分からない。。「ウリ専」のことを言ってるのかしらん?でもウリ専はノンケが多いって聞くしなあ。。とか、余分な知識が邪魔をして、意味が分からなくなってます(爆)一体、この「オカマ」って一体誰を指してるんだろう??ハッテン場での話かなあ~、、??

つくづく、この曲って、小学生とか中学生が歌う歌じゃないよね~(笑)

> 川崎のお風呂よりも 雄琴のお風呂の方がステキ

なんかさ、絶対「銭湯」のことかと思ってたよ(爆)
つか、川崎は東京じゃないから!!
東京ディスにーランドが東京にないようにさ。
ってあの当時はまだ、東京にはディズニーランドがなかったよね、多分。。

はぁ。。これ何回も聞いて、ちょっとは元気出そう。
20:47 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-14 Fri , 2008
いよいよ明日開催、「Ronとakaboshi直撃トーク 001」(ってあんのか、002(笑))
いやー、参った。

今朝も大頭痛で目が覚めて、、偏頭痛の薬を2回、飲んじゃった。今まで大抵1回で効いてて、2回もこれを飲んだことがなかったので、ちょっとショック。しかも3日連続して左側が痛いし、なんか、普通の偏頭痛とはちょっと違うって感じ。頭の痛さは偏頭痛の時とほぼ同じ感じなんだけど。。

なので、彼女に病院に電話してもらう。しかし、、主治医は今日は出張とのことでいなかったらしい。取り敢えず、セレナールを2錠から1錠に戻してレキソタンがあったら、それを飲んでと言われたらしいが、実はレキソタン、前、心療内科に行ってたときに多量にもらいながら全然飲んでないのがあったんだけど、つい、こないだ「もう飲まないよね」と思って捨ててしまったのだった!ってことで、レキソタンの残りって1錠しかなく、、仕方ないから、半分に割って、朝と昼に飲んだ。これでレキソタンはなし。

「(セレナールとレキソタンは)同じような薬だから、(レキソタンを中断したことによる)禁断症状ってのは考えにくい」と言われたらしいが、もし禁断症状だったら、明日以降もこの頭痛続くの??って感じで、すげーヤなんだけど。。

で、月曜日にもう一回電話してくれと言われたらしい。

うーん。正直、寝るのが怖いです、わたし。明日はイベントをやるってのに、もし明日も頭痛で死んでたらどうしようって、、ホンマ。ということで、明日、いよいよ、

「Ronとakaboshi直撃トーク 001」、開催します!!

いやー、イベントの告知をしてから、11月4日にカリフォルニア州の同性婚禁止の住民投票(Prop 8)が可決されてしまい。。わたしはそれ以降、なんだか体調がおかしくなってしまってるんだけど(風邪を引いたり、頭痛がしたり)、ホンマに明日は大丈夫なんか、と思いつつ。Prop 8の可決を受けて、また新たに3人の一言を追加。

-------------- 告知文ここから --------------
既婚者ゲイに聞く!~「同性婚する」ってどんな感じ?

ケーキ画像


いよいよ開催日が15日(土)に迫ってまいりました。
この間、カリフォルニアでは住民投票により
再び同性婚が禁止になり、事態は流動的ですが
イベントは予定通りに開催します。

この事態を受けて、ゲストと聞き手3者の
新たなコメントを紹介します。

「大統領選挙より気になっていた、
カリフォルニア州の「Prop 8」(同性婚禁止の住民投票)。
結果は、5%の差で可決されてしまった。
その結果を見て、何も出来ない自分がとても悔しくて悲しかった。
それ以来、ずっと後ろ向きの自分がいる。
そして、もう少し後ろ向きのままでいたい。
後ろ向きのまま、
これからカリフォルニアではどういう動きがあるのか、
それを見届けたい。」
■by Ron 『ろんちゃんのテキトー日記』
http://rontako.blog39.fc2.com/←前回もそうだけど、これはここのURLです(笑)

「結婚したいと願う同性愛者の選択肢が
再びカリフォルニアで無くなった。
結婚懐疑派の僕ですら、そのニュースには
怒りの感情が湧いた。それが何故なのかを考えたい。」
■by akaboshi 『フツーに生きてるGAYの日常』
http://akaboshi07.blog44.fc2.com/

「8月に結婚したと思ったら、2ヶ月半後に、
住民投票でとんでもない結果が!
マジョリティーの多数決とマイノリティーの保護と言うのは
同レベルで論じられないと思います。
Prop 8成立後、いろんな動きが起こっていて、
かたずを飲んで見守っています。」
■by 中村彰(今回のゲスト)

★Ronとakaboshi直撃トーク001
既婚者ゲイに聞く!~「同性婚する」ってどんな感じ?
11月15日(土)15:00開場/15:30開始
会費:500円です。
ぜひパフスペースへ!
http://www.pafspace.com/
-------------- 告知文ここまで --------------

いやあ、ホントのこと書くと、akaboshiさんから「イベントも近づいてきたし、今の心境を一言お願いしまーす」ってメールが来たときに、どう書こうかすごく迷ってさ。って言うのは、わたしの今の心境は11月6日に書いたこと、あのままだからさ。だけど「日本選手権で流れていた協和発酵のかのかのCMを見たときの感覚」って書いても誰も分からないからさ~(苦笑)だから、上のような文章になったんだけど。でも、本人の感覚としては、やっぱり「協和発酵のかのかのCMを見たときに、思い出す感覚」なんだよ、本当は。

正直言って、明日、頭が痛くならないか、これが一番の心配のタネ。そして、、連日、頭が痛くてパーになってたんで、明日のイベント、どうやって進行させるんだろうとか、そんなこと、今んとこ全然考えてなくて、どういう話になるか、自分でもまったく分からないってところが何となく怖い(^^;この手の司会をやるってのもホント、初めてのことだしね。

ってわけで、いろいろ不安のタネを抱えつつ、明日を迎えます。

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

16:40 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-15 Sat , 2008
「Ronとakaboshi直撃トーク 001」、無事終了~!
いや、一番心配してた「今朝、起きたら頭が痛かったらどうしよう」問題は、頭が痛くならなかったので、ひとまず安心。というか、やっぱり「セレナール」を一日3回2錠ずつ、ってのが原因だったらしい。この量を倍にしたことによって、出てくる副作用って考えるとなんだか怖い。といいつつ、副作用が出てくるってことは、ちゃんとそれなりに頭に作用してるんだよね。。なんて、つくづく思ったりして。

なのになんで病気の方は治らないんだろうなあ~、、、

ま、そんなわけで、今日は無事「Ronとakaboshi直撃トーク 001~既婚者ゲイに聞く!~同性婚するってどんな感じ?」のイベントが終了した。いやー、ホント、頭痛のことしか考えてなかったんで、正直、このイベントをどういう感じで進めようかとか、何を質問しようとか、ほとんど考えてなかったのよね(苦笑)

終わった今「あれー、なに話したっけ」などと思ってるわたし。果たして来てくれた人たちは楽しんでくれただろうか?と思っている。いや、ホントはね、何人くらい来るのか、蓋を開けてみるまでまったく分からなくて、で、思った以上に人が来てくれて、実はびっくりしてるんだった。中には熱心にメモ取ってる人もいたし、、な割りに、わたし、なんか話したっけ、って感じ。

いや、話しましたよ、当然。ただ、なんか話がものすごく堅い話になっちゃったかなと。もうちょっと軟らかい話もたくさんしたかったんだけど(爆)、まずね、日本の結婚システムとアメリカの結婚のシステムがものすごく違うものだから、そこら辺の説明とかね、してもらったりしたわけなんだけど。。

結局出てくるのは、「同性婚をした感じ」ではなく、結婚したことによってもらえる権利保障の方に話が行ってしまって、相手が病気になって面会謝絶になったら、、とか、なんかそんな話ばかりしてたような気がする。

逆にわたしが新鮮だったのは、そこに来てた割と高齢ノンケ夫妻(あ、夫妻ならノンケなのは当たり前か(笑))が「同性愛者ってみんな『純愛』なんですね」って言ったこと。異性愛者の世界だと、今はそうでもないけど時期が来たら「結婚しなくちゃ」ってんで、お見合いをして、好きでもない相手と結婚するってことがあるよねー、そういえば(もしかしたら、今はそれは過去形なのかも知れないけど)。

いや、同性愛者に対して「純愛」だの「ピュア」だのって言われているのは、何となく知っていたけど、自分からすると「えー、異性愛者の恋愛と大差ないよ」って思ってたけど、そう言われてみるとそうだな、みたいな。

あ~、わたし「純愛」やってたんだ

って改めて思ったのでした(爆)

来てくれた人は、楽しめたかなあ~?ってちょっと不安。

ただ、終わってから、行きたい人はみんなで近くの「サイゼリア」に行ったんだけど、結構、いろんなところでいろんな話が盛り上がったようで、あの後、わたしらと一部の人除いては、姐さん含めて二丁目の「ゲイも入れるビアンバーに行く」と言ってたんで、今まで全然繋がってなかった人たちに「出会いの場」を提供したことは、やった本人としてはとてもよかったと思ったし、そして嬉しかった。わたしも誘われたんだけど、ここ数日、頭痛で戦ってた疲れで、ちょっと勘弁してもらいました。ってホントは行きたかったんだけどね。

ってわけで、今ごろみんな、二丁目で盛り上がっているところでしょう(笑)

わたしゃ、疲れたんでもう寝ますです。。

しかしホント、快く「出る」と言ってくれた姐さんと、あと来てくれた人には感謝です!

どうもありがとうございました。

で、akaboshiさん、ホントに「002」もある、、、のかな?(爆)

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

22:17 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-16 Sun , 2008
ふと、思い出した、初めてカミングアウトした人のこと
今日、ふと思い出したんだ。

初めてわたしがカミングアウトした人のこと。なんで思い出したのかは自分でもよく分からない。

その人は、わたしがまだ学生をやってた頃か、もう就職決まって学校中退した後だったか、カープ(もちろん、広島東洋カープのこと)の大ファンだった頃に知り合った人だ。チャットで。

多分、わたしよりちょっと年上の女の人だった。

その頃のカープの掲示板とか、カープのチャットって、結構ラジカルな人が多くて、身内批判はバリバリやるわ、カープを愛してるんだかけなしてるんだかよく分からない状態だったけど(笑)、とにかくみんな手放しで球団のやることに賛成したりはせず。一人一人意見持ってて、すんごい濃い密度の話を毎晩のようにしてた。

大部分が男性だったけど、わたしを含め、数人、女性がいた。そして東京に住んでいるのは、わたしとその人だけ。チャットでみんなと意気投合し、結構会ったりしてたんだよね。

で、個人的なメールもたくさん、やりとりしてた。
なんかとっても複雑な人で、みんなと会ってるときはバカ騒ぎするんだけど、本当は自分の内面に孤独を持っているような人だった。彼女はわたしを信頼してくれて、わたしも彼女を信頼していた。で、つい、カミングアウトしたんだよね。んー、初めて「この人には言っても分かってもらえる」って思ったんだ。で、実際なんてことはない「あ、そうなの」って感じで。

それからも付き合いは普通に続いた。

その後、わたしは就職するために地方に行き。それでもメールのやりとりは続いてた。就職一年目のあるとき、その彼女がうちに遊びに来る、って言った。「うん、いいよ、遊びに来て」ってわたしも言って、多分、秋頃にうちに泊まりに来た。

一緒に球場に行ったりした、と思う。本当はほとんどのことは既に忘れちゃってるんだ、今は。

でも一つだけ強烈に思い出すシーンがあって。

それは、どういうときだったろう。服を着替えるときだから、朝だったのか、寝る前だったのか。

その人はわたしの前でなんのためらいもなく、洋服を脱ぎ始めた。そのやけに白くてほっそりした脚をわたしは見てしまって。別に「襲いたい!」とは思わなかったんだけど(爆)、なぜかものすごくドギマギしてしまって、今でもそのシーンだけが目に焼き付いている。

別にその人のことは好きってわけじゃなかった。それに向こうは完全ノンケって知ってたし。何を起こす気もせず、そして当然何も起こるわけがなかった。

ただ、それだけのことだったのに、それ以来、わたしは彼女のことが重くてたまらなくなった。。。

向こうは東京に帰ってからも、今までどおりにメールをくれた。だけど、わたしはなぜか返事を送る気がしなかった。

何回かメールは来たんだ。そして最後に「メールアドレスが変わりました」ってメールでその人からのメールは途絶えた。

今、考えてみてもなぜわたしが突然、彼女のことを重く感じ始めたのか、やりとりをわざと途絶えさせるためにメールの返事を送らなかったのか。考えてみてもまったく分からない。

でも、あの白くてほっそりした脚のことは、今でもうす暗いカーテン越しの明かりとともに、今でも鮮明に思い出す。

こうして、わたしは初めてカミングアウトした人から逃げ出した。

それをね、今日、なんでか突然、思い出したんだよね。。

今はどうしてるだろう、あの人。。
でもゴメン、やっぱり知りたくないよ。あなたが今、何をしているかなんて。
21:48 | カミングアウト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-17 Mon , 2008
電話した
今日は月曜日。

起きてから割とすぐに病院に電話した。月曜日だから主治医は忙しくしているかと思いきや、すぐに電話口に出てくれた。あれ?月曜の午前中って初診で忙しくないのかな。。

金曜日、わたしが頭が痛くて狂っているときに、彼女が病院に電話したことは、もう主治医には伝わっているらしかった。「金曜日に薬を元通りに戻すように言われましたが、レキソタンは手持ちがなくて、今は朝、昼、晩、テトラミドとセレナール1錠を飲んでます。頭痛は土曜日から治まりました」と言ったら「あ、じゃあ、それをそのまま飲んでいてください」と言われたので「次の診察日前に、今すぐにそちらに行かなくてもいいんですか」と聞いたら「はい。次の診療日まで、それでいいです」と言われた。

まー、それでいいのなら、そのままにするけどさ。

だったら、今までレキソタンを飲んでた理由が分からないよねー。わたし、あれ、飲んでても全然効いてないんじゃないかとは思ってたけど(苦笑)。

次の診察日までは、病状の劇的な改善ってのはなさそう。。
うーん、いい加減、この状態もつらいんだが。

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

21:20 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-18 Tue , 2008
「東京」へのこだわり
わたしは生まれは東京じゃないけど(笑)、生後3ヶ月くらいで母親の実家から家に戻ってきた、いわゆる「東京育ち」の人間である。

小学校の時から、新宿や渋谷に一人で行くこともあったし(ただ、新宿や渋谷が本当に身近になったのは、高校卒業してから、予備校時代からだった。それまでの学校はすべてバスか徒歩圏内だったので)、親と一緒に新宿で買い物することもあったし、新宿や渋谷、池袋などは「あって当たり前」のものだった。

近所は有名人とか芸能人が結構住んでて(といっても、うちの本当の近所、でなく、隣がねー、ちょうど「高級住宅街」だったのね)、「ここ、○○んち」とか「ここ、△△の社長んち」とか知ってたし、芸能人が普段着姿で買い物をしてるところなんて、腐るほどとは言わないけど、そこそこ見てて「あ、あの人、テレビに出てる姿は割と普通体形なのに、実際はものすごく華奢なのね~」とか親が言ってたし、ドラマのロケなんか、そこら中であった。住んでたところは「七曲署」の近所だったりする(爆)あ、でも「七曲署」自体はどこにあったのかは知らない。って、あの番組もよくできててさ。刑事が走る、で、角を曲がる。曲がった先は、、「え?なんで七曲署に着いてるの?」てなことになってる(爆)

まー、そういうことが「普通」な環境ではあった。

でもね、あるとき思ったのね。「わたしは東京で育ちながら、東京のことはなんにも知らない!」って。「東京人としての誇りがない」とか勝手に感じていて(爆)

てのはですね、わたしが好きだった(過去形?)バンド、「パール兄弟」ってのを浪人時代に知り。その中のサエキけんぞう(呼び捨て(笑))が、千葉県千葉市出身だったのね。で、彼は前の前のバンド(少年ホームランズ)では「メロウ野郎 in 津田沼PARCO」とか、あとはパール兄弟時代では「トロン岬」(近未来の千葉と船橋の中間辺りの情景描写をした曲。とは言っても「近未来」って実は'80年代のことだったりするのだー!「198X」って歌詞があるの)とか、こうなんというか非常に「千葉」への愛着とこだわりを感じさせるもので。

「じゃあ、わたしはこれから東京にこだわってやろう!」と思って、それ以降、しばらくは「東京」にものすごくこだわってた時期があった。といっても、何にこだわってたかというと、まずは「東京」が出てくる曲!「東京音頭」から「大東京音頭」、森進一の「東京物語」(小津安二郎の映画ではないです(笑))とか、あとは遠藤賢司の「東京ワッショイ」、近田春夫&ハルヲフォンの「電撃的東京」(実はこのCDの中に「東京物語」がカバーしてあんの。だから、わたしはこの「東京物語」を本家本元の森進一が歌ってるのは、実は見たことない)とか、とにかく「東京」が出てくる曲を探しまくった。

あとは、、「東京タワー」。
んとね、わたしの大学が東京タワーの割と近く(と言っても、歩いて1時間くらい)だったんですわ。なので、1ヶ月に1度は東京タワーに行く!という目標で、ま、ほとんど達成してなかったと思うんだけど、大学時代はよく東京タワーに行った。んで、別に展望台には昇らないのね、金かかるから(爆)

何をしていたかというと、4階の「政府公報館」で国が作ったテレビ番組見てたり(「よみがえるガラス瓶」ってのがお気に入りのプログラムでした(爆)要するにガラス瓶をリサイクルする話)、「時の動き」をもらって帰ったり、あー、あと「東京電力」のコーナーも4階の一角にあって、手でペダルみたいなのを回して、一定時間(多分1分間)のうちに、どのくらい発電できるか?というゲームコーナーがあったんだけど、それで遊んでたり。要するに、金をかけずに東京タワーで遊んでたってことで。2階の土産物屋さんも、買わないけど、よくぐるぐる回ってたりしたなあ~。ホント、変な東京土産があるんだよねー、あそこって。あ、そうそう「東京タワー鉛筆」は買ったなあ。

ってもう、そのときは東京タワーが好きで好きでたまりませんでしたね(笑)

「東京育ち」てーと、あんまり地元意識ないんじゃないかなって思ったりもするんだけど、やっぱわたしは自分が育ってきた三多摩(これって、要するに都下のことなんだけど)にはすごく誇りを持ってるのね。あと、自分がずっと住んでた「市」に対しては、やっぱ今でも特別な思いはあるね。結構特徴がある市だったので(笑)「人口密度が都下では2番目に高い!」とか、わけ分からんことで自慢してたりしました。「人口密度が高いのはいいことなのか」は別としてね(笑)「市の木」とか「市の花」とか覚えたりね。結構「郷土愛」は強い方なんだよね。。

だから、親が自分の地元に戻ったとき「親がいるところが故郷だ」って言われたときにはめっちゃ、むかつきました(苦笑)だって、わたしにとって、親の地元がわたしの故郷なわけないじゃん!わたしはそこに住んだことなんてないんだからさ。

もう、わたしたちが住んでいたところは、別の人が住んでるけど、でもやっぱわたしはあそこでずっと育ってきたんだよね。そういう意味で「実家」が移動してしまったわたしは、ちょっとつらいところはあるんだよね。

東京でずっと育ってきたって誇りはやっぱ失いたくないよな~って思う。東京が地元の人って、あまりそういうこと考えないみたいだけどね。逆に「故郷がある人は羨ましい、東京は故郷じゃない」って言う人もいるけど、東京だって十分、故郷になり得る、と思う。江戸っ子でもなんでもないけどね~。下町のことは行ったこともないし、都電なんかも乗ったことないし。。んだからわたしはあくまでも「東京都下出身」ってことを強調したい、なんて。偉そうに(爆)

ただ、、2年間住んだ、大阪も好きなんだけどね(笑)しかもここも本当のコテコテの「大阪」ではなく、いわゆる「北摂」になるんだけどね~。当時中学生だったわたしにとっては「梅田駅」が行動範囲の南限でした(爆)
23:51 | 過去の自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-19 Wed , 2008
もうクリスマスの季節かよー(汗)
いや、人の日記を読んでるとね、クリスマスの話題なんか出てきてるのは確かだから「知って」はいた。けど、外を歩いていても、わたし自身はそういうことにはまったく「気がつかなかった」。なので、わたし自身はまったく「実感が湧いてなかった」。

だけど、今日、彼女とちょっとお出かけして、ま、ファストフード店なんかに入ってメシ食ってたんだけど。「BGM」がクリスマスソングになってることに、初めて気がついた。うわー、もう今年も終わりかよって気が急にしてきた(汗)

まーとは言えども、まだ1ヶ月以上あるんだけどさぁ~。

なんか「今年一年、何やったんだろう?」って思うと怖いね。
確かに今年の前半はほとんど死んでたみたいだけど。で、病気とともに年を越しそうでイヤなんだけどさぁ~。。

ただ、去年の今ごろに比べるとかなりマシにはなってきてるか。。

あ、最近、なんだかあれやこれやで結構忙しい日々を送ってたんだけど、昨日一気に片が付いて。

んで、最近、珍しく寝付きも悪くて、んでも前みたいに「寝た気がしない」とも感じてなくて。なんだか変な感じだったんだけど、昨日は今までの疲れが一気に出たのか、寝付きもよかったし、途中で起きた覚えもなく。なんか久々、そう、1年ぶりくらいに少しだけ「寝た気」がした。

1年前のねー、12月頃から急に眠れなくなっちゃったんだよね。中途覚醒がひどくて。急に寝付きも悪くなって。いや、悪くなるどころか、まったく眠れない日が何日も続いたときは「なんで身体はこんなに疲れてるのに眠らせてくれないんだ!!」って自分を責めてたんだけどさ。まー、責めても眠れはしないやね。

ホント、眠れることとか、熟睡できることって、それだけで幸せなんだよなー、ってつくづく思った。というか、今でも思ってる。「疲れているので一日中寝てました」というのを読むのがどんなに辛かったことか。。「眠れるだけでも幸せなんだよ」ってどんなに思ったことか。。

んー、去年のことを思い出すと、日本に帰ってきてもだんだん病状が悪くなっていく頃だから、思い出したくないな。ホント、去年の今ごろから今年の4月頃にかけては地獄みたいな毎日だった。

それを思うと、まだまだ身体は普通じゃないけど、もうぼちぼち将来のことについて行動を起こす頃かなあとは思っている。

って、まずは英語の勉強の再開だけどさ(汗)

来年の今ごろは、進路も決まってるといいんだけど。。。。
先のことを考えるのも怖いな(苦笑)

もうただ、今のことだけ考えるしかないか。
22:31 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-20 Thu , 2008
疲れが。。
昨日、忙しかったのがやっと一段落ついた、って書いたけど、身体はやっと今日、そのことを認識したみたいで、今日は一日中、ベッドで横になってた。んー、眠れはしないんだけど、とにかく疲れたみたいで、取り敢えず横になりたいーって思った。本は読みたかったんだけど、その気力もなく。ずーっと目をつぶったまま、横になってた。もしかしたら、寝てたのかも知れない。あんまり寝てたという記憶(?)はないんだけど。

張り詰めてた気持ちがぶちっと切れた感じ?

彼女は「疲れが出てきてるんだから、しばらく寝てるといいよ」って言うんだけど、確かに今はそれしかできない。他のことをやる気力がない。

気持ちが落ち込んでる、ということはさらさらないんだけど、言うなれば、身体が言うことを聞かない感じかな。

うー、次のことをせっかく考えようと思ってたのにー!
もうしばらくこんな調子のままなのか??

「年」って言葉は使いたくなくて、多分、病気で具合が悪いことの方が多いと信じたい。この起きている間、絶えず続く不快さはホント、何をしてなくても疲れるのよね。。
20:50 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-21 Fri , 2008
ぎゃー
最近、ピアスしっぱなしだった。
もちろん、風呂に入ったときに洗ってはいたが、基本的にファースト・ピアスと同じ扱いってことで。
その間、体調的にすぐれないときがあったんだけど、そういうときってわたし、耳の中が固くなることがあって。それはピアスの穴を開けてない頃からの話だけど。「あれ、なんかピアスしてるところが固いなあ」って思いつつ、忙しかったので、そのままにしてたらその固さはいつの間にか取れてた。

今、体調がまた悪い。今日、出かける前にもう一つのピアスをしようと思って(実はもう1つ密かに買って持ってるの♪)、普段しているピアスを外して、違うのを付けようとした。そしたら、、、、

ピアスの穴の中から、白いものがブチュっと出てきたーーーーーーー!ギャーーーーーーーーーーーーー!!!!!予想だにしなかったから、もうびっくり!!!@@;

出してるうちに、白いものはすぐになくなったけど、その後から血が出てくるわ、出てくるわ。。「これって、、もしかして膿が溜まってたわけ?」って思ったわ。

「ここで付け替えたら、また付けたり外したりしなくちゃいけなくなる」って思って、結局、いつもしてるやつにしたんだけど。やっぱ今、本当に体調が悪いのねえ。。。

しかし、血が出てる穴にピアスをねじ込む(?)のが怖くて、つーか、ちょっとでも触れると血が出てくるから穴が分かんなくなるんで、仕方なく彼女に付けてもらう。耳の周りちょっと血だらけになった。

あー、こわこわ。しばらく耳は触らないようにしよう。。

出先でマイミクさん2人にお会いしました。「こんなところでこんな話していいのか?」っつー話をついついしてしまいました(笑)楽しかったです。
21:40 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-22 Sat , 2008
エロDVDの見方って?
わたしが「エロいもの」にどんなに飢えているか、このブログ読んでる人だったら分かるだろうけど(笑)

わたしが「レズもののエロDVDが見たい、見たい」と騒いでいたら「レズビアンでも見応えのあるエロDVDがあります」と言って送ってくれた人がいた、と言っても、わたしゃ、その人からちゃんとその人が買った値段で買ったので、わたしはそのDVDを買ったことになるんだけど。その作品は「舐め愛レズ」という。ここに出てくるAV女優さんは三上翔子って人と立花理子っていう人で、どちらも後に監督までやってから、引退したという。この両人は「レズものDVD」の地位を向上(?)させた功労者らしい。

で、見たんだけど。。

あー、わたし、こういうのダメかも。ってか、まずエロDVDって、見たらエロい気分になって「やりたい~!」って気持ちになるのかと思ってたけど。わたし、全然エロい気分にならないー!

どころか、見ているとキスシーンばっかでいらいらしてくる。キスが終わったら胸とか脇の下とか念入りに舐めてるんだけど、わたしだったらあそこまで時間を掛けてやられたら「時間切れ」になってしまう(爆)わたしって結構「タイミング」があるのよ!それを逃しちゃうと「もうダメ~、いかない~」ってことになってしまい、、彼女にそれを話したら「ろんたこのタイミングで作品作ったら10分で終わるよ」と言われてしまった。。。orz

レズビアンのSEXって無制限と言われているが、わたしは10分で終わるそうだ、いや、終わらないってば!!!(爆)つーか、他の人たちは知らんけどね。だいたい、そういう話とかまったくしないし。ゲイの人とは割とエロい話をしたりするけど(わたしはBadiで情報を得ているだけだけど)、レズビアンの人とはエロい話ってまったくしたことないんだよねえ。。とっても不思議なんだけどねえ、、そういう雰囲気にもならないのはどうしてかねえ。。??

あ、んで、DVD見てるじゃん。そうするとその女優さんたちの絡みじゃなくて、自分たちのことをすぐ思い浮かべて「あ、これちょっとやってみたいかも!」とか「ちょっと、この体位じゃ感じるより、この体位の無理さ加減で、全然気持ちがよくなさそうだよね」とか結局「テクニック」として見てしまうので、ファンタジーも何もあったもんじゃない。しかも、モザイクんとこは「この手の動かし方なら、、クリトリスだけ触ってるな」とか「これだったら指入れてるだろう。何本かな?2本くらいかな?」とか「これ、ぜってーいってねぇよ」とか、そういうところばっかり「観察」しちゃって、ダメね、わたし。。

あとは指入れてるところで、せっかくグチュグチュ音がしてるってのに、あえぎ声の方が大きくて、やらしい音が聞こえねーよ!!!!!とかさぁ。。これって、どうなんだろうね。男性との見方が違うのか、それともわたしの見方がおかしいのか??ぜってーあえぎ声よりもグジュグジュ音の方がやらしく思えるんだけどなあ~。。そう、なんかね、全体的にあえぎ声が大きくて、なんかいろいろ言ってるのは分かるんだけど、何を言ってるのかよく分からないんだよねえ。。あの声を聞きたいと思ったら、もっとボリューム上げなくちゃいけなくて、そうすると、あえぎ声がもっと大きくなるから、今度は近所の迷惑(?)になると思って聞けないしさあ。

あとやっぱ「違う」って思ったのは、そこには「愛の言葉」は必要ないんだよね。これ、見てて一番違和感を感じた。で「あー、そういうもんなんだな」ってちょっと思った。確かに途中で一ヶ所だけ「わたしたち、ラブラブだね」という台詞は出てくるのだが。。そして、なんとなく恋人っぽい場面も出てくるんだけど。。でもこの二人は別にカップルじゃないんだよねー。なんかね、そういうのを見て初めて「ああ、エロDVDってそうなんだ」って再認識したって感じ。当たり前と言えば、当たり前なんだけど。。

まー、この作品は、道具も何も出てこないシンプル(?)なものなんで、見やすいことは見やすかったけど。。個人的には道具が出てきた方が萌えるかも?(笑)ただ、なんてーの、あの唾液攻撃はなんとかして欲しい。。。どうも「唾吐き」というテクニック(?)があるようだが、わたしには、あれは単に気持ち悪い行為にしか思えなかった。。

あとは絵になるからかなあ~、「貝合わせ」が最初と最後に1回ずつ出てくるけど、わたしゃあれだといかないんだよ!!!じゃなくって(汗)

最初のは多分、二人ともいってないだろうな~と思ったけど、最後のは「あ、いっちゃったかな?」とは思った。ええとどっちの方だったっけ。髪の毛の黒い人の方。名前がいまだに覚えられなくて(この二人、結構顔が似てるのだ!)、髪の毛の黒い人の方が、乳首が陥没乳で、ちょっと茶色っぽい髪の毛をしている人の方が乳首が立っててきれいだなーとか思ってそれでこの2人を区別してたんだけど。 ←どういう見分け方してるのか?

っていうか、全体的に「わたしはこのDVDをどうやって見たらいいんだろう?」って本当のところではずっとずっと思ってた。「エロDVDの見方って、、どうすればいいのかな?」とも思っていた。だってさ、見てても全然興奮してこないし、なんか頭の中でぐちゃぐちゃ想像してるし、結局わたしの相手は彼女だし(爆)

うーん、他のも見てみたいと思って、いろいろ見てみたんだけど、他のは何人も出てきたり、放尿プレーだとかちょっと見たくないやって思うものがたくさんあったんで(道具には多分、抵抗はないんだけどねえ~(笑))、またオススメのものがあったら教えてください!(って誰に言ってるんだか(笑))っていうか、「レズもの」っていっぱいあるんだねえ。。ルミエールにも売ってるけどさ。なんかパッケージ見ただけで買う気が失せるんだよね(苦笑)それかあとは「ソフトレズ」みたいなんで、ちょっと物足りないかな~って思ったり。

などというわたしは、もしかしたらレズエロDVDの監督ができるかも知れん。とか思ったりもしたんだけど、でもその作品って結局、わたしの「エロファンタジー」になるわけなんだよね。

。。。誰も買わないかも(爆)
22:43 | (性的少数者)自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-23 Sun , 2008
なんかグダグダ。。
ふー。

調子はだんだんと回復しているような気がするんだけど、でも、やっぱゴロゴロしたいってのは、まだ本格的に回復したわけじゃないのかな、って気がしてる。というわけで、今は日中も時間があったら寝ころんだり、昼寝したりしている。昼寝はできないときもあるけど、眠れることもある。

しかし、、数日前からなんか胃の調子が悪くてさー。それが、だいたい昼寝っつーか、夕飯前に起きると、異様にお腹が空いたような感じがするんだけど、そこで夕飯を食べると胃が痛くなるんだよね。ちょっと前までそうなったら胃薬を飲んでいたんだけど、わたしが胃薬を飲むのはホント珍しいことだ。しかも多分、アレは効いてなかったと思う(苦笑)

胃が痛いって言うかね、多分、胃じゃなくてS字結腸だと思うんだよね(←って細かいな)。ここが痛くなる理由ってのはもう昔から分かってて(あまり詳しいことは書かないけど。ま、要するに腸が無理矢理動いたために、中が傷つくらしいんだよね。って、別にやらしいことをしたってわけじゃなく(S字結腸まで動かすようなプレイって逆に怖いよ(笑))、単に腹痛を起こしただけだけど。

だいぶよくなってきたと思ってたのに、今日、また、夕食前に目が覚めたら胃が痛くなってた。昨日は痛くなかったのに、と思ったら、昨日は昼寝はしてなかったんだった(笑)ただ、前よりはマシになってきてて、今日は痛かったと言えども薬を飲むほどにはなっていないので、まぁもうそろそろ治る頃なんだろう。けど、今回は長引いたな~。。

ピアスの様子は、多分、乾いてきていると思う。血は出なくなったし、触ってみても中が固くもなってないし。このまま落ち着いてくれればいいんだけどね。

口の調子は相変わらず。ただ、なんと言えばいいのだろう、外で他の人としゃべりまくってるときは「あ、結構今、きつい状態だな」って思うんだけど、家ではそんなにしゃべりまくったりはしないので、一日中家にいて、なにもしゃべらない方が楽っちゃ楽。ただときにものすごく歯が引っ張られる感があって、そういうときは歯茎が痛くなってちょっと眠りにくい。起きている間は絶えず唾液が歯からしみ出している感じがするんで「いいかげんにせーよ!」って言いたくなるときもあるんだけど、寝てから目覚める直後までは唾液が止まってるのが分かる。けど、歯に違和感があるのは相変わらず。寝起きでこんなに違うってことは、自律神経関係がまだおかしいのかな~と思う。寝て起きると、副交感神経支配だったのが交感神経支配に変わるからね。

右腕のことは長い間なにも触れてないから治っていると思われるかも知れないが、実は治ってない。なんか右腕全体がしびれたようになってる。特に右手はなんだか動かしにくい。手の皮の表面の感覚がおかしい。まー、前に比べると痛くてたまらないってわけじゃないから、書かないだけ。なんか口の調子と関係あるようにも思えるけど、自分の身体ながらよく分からない。

唯一マシになったのは、寝ることか。
最近ようやく「寝た気がしない」とは思わなくなってきた。覚醒は何度もするんだけど、以前みたいに「あれ、今の間ずーっと寝ていなかったような気がする」とは思わなくなった。覚醒して、隣に彼女がいるのを確認してからまたすっと眠りにつく感じ?これを何度も何度も起きるまで繰り返してる。だいたいが彼女の方が早く起きるから、どこかの時点で目を覚ましたときに、隣に彼女がいなくて「あ、もう起きちゃったんだ。。」ってちょっと寂しい思いをするんだけど、それでもまだ何時間か寝ている(笑)

まぁ、睡眠だけでもよくなってきたことに感謝。眠れないのは本当につらいから。「なんで普通に眠れないんだろう」ってこの1年、本当に本当に思ってきたから。

寝る前はまだ4種類の薬を飲んでるのかな。それでもメイラックスは2錠から1錠に減らしても変わりがなかったし、徐々に減らしていければなーと思っている。もともと入眠剤はマイスリー5mgだから、ほとんど「気付け薬」程度だしね。多分、眠れるから半分にしちゃっても大丈夫だと思ってるんだけど、まだ「ちゃんと眠れる」方が大切だと思って、減らしてない。もう少し自信が付いてきたら、主治医と相談して減らそうと思う。ただ、最近気がついたんだけど、歯が引っ張られるような気がしてものすごく気になるときは寝付きが悪いし、そうでないときはコロッと眠れたりする。前は結構気になってもコロッと眠れてたんだけどなー。

案外、自分では「状態はほとんど変わってない」と思ってたけど、こうやって書いてると、状況は徐々に変化していってるんだなぁ。変わらないのは歯の具合か。これがちょっとだけでも変わってくれるとものすごくありがたいんだけどなあ。。

というわけで、最近は本を読むのがストップされている。その代わりと言ってはなんだが、Badi(ゲイ雑誌)を読んでいる。今年の6月号までは買ってきてあって、今、6月号を読んでいるところ。隅から隅まで読んでるんだけど、これが結構面白かったりする。なんてったって、絶対に知り得ないゲイ文化(よくも悪くも)がのぞき見れるんだから。

ただ、、DVDだけは見る気がしません(笑)

あー、Badi買いに近いうちに二丁目行かなきゃ(爆)
21:46 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-24 Mon , 2008
こんな夜は、、
早く寝ようっと。

いや、早く寝ても何をするわけじゃないけどね(笑)
23:21 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-25 Tue , 2008
冬眠不覚暁
いやー、参った。
寝ても寝ても寝足りない気分。
起きても眠いし、何をするのもやる気0。
本当はやらなきゃいけないことがあるんだけど、、

起きるときでさえ、「まだ眠い。けど、今起きなかったらメシが、、」と思って無理矢理起きる感じ。わたし、一日3回薬を飲んでいるので、どうしても3回は何かを食べないといけないのだ。で、12時近くに朝食、3時頃に昼食、7時頃に夕食という、なんか、起きているときは3時間ごとくらいに食べてるから、正直、お腹がまったく空かない、という悪循環。

しかも、その間は眠くて仕方ないから昼寝してるし。。
本当に「春眠暁を覚えず」でなく「冬眠暁を覚えず」みたいだ。

もしかしたら、薬が効きすぎなのかな、と思ったりはする。だって、四六時中、目が眠いから。
けど、彼女も実は「冬眠暁を覚えず」状態で、一緒に昼寝をしたりしている。
うーん、わたしのが移った、わけじゃないよね(苦笑)

というわけで、最近はなんもしてないな~、ホント。
本さえ読んでないし。

今日ももう寝よう。
22:49 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-26 Wed , 2008
昨日から聞きっぱなしのこの曲。
聞いたのは小学生の時だから、めっちゃ懐かしい!!

ABBA「Dancing Queen」のスペイン語バージョン




なぜわざわざ「スペイン語バージョン」かというと、小学校の時の友達のお兄さんから借りたカセットテープがたまたまそうだったからってことで、当時はそのことに対してはなーんとも思ってなかった(笑)むしろあとで「英語バージョン」を聞いたとき「なんか変」って思った(笑)

今では、カラオケに行ったら絶対に歌うこの曲だけど、当然のことながら「英語バージョン」でしか歌えない。けど、たまに初めて聞いた「スペイン語バージョン」が懐かしく感じられて「聞きたいけど、どうすればいいんじゃ」と思ったら、姐さんがYou Tubeで探してくれた。

すんげー懐かしい。。かといって、小学校時代のことは何一つ思い出さないけど(爆)、この最初の「アーディナー♪」ってところがホント、聞きたかったのよね。

ということで、昨日の夜からこれ、聞きっぱなし。

しかし、、昨日までABBAがスウェーデンのグループだなんて、まったく知らなかった!だってさ、流行ったのが小学生の頃だもん。外国人=アメリカ人って思ってたもん。なのになんで「スペイン語バージョン」って知っていたのか。。矛盾しとるやんか!!って今思ってもねえ~(苦笑)多分、小学生の頭はそういうところが繋がってなかったと思うのよねえ。。なんせ、アメリカの大統領がカーター大統領ってことは知ってたくせに、日本の首相は小学校5年の時に初めて大平首相って知ったくらいだし。そのくせ、小学校2年の時に毛沢東が死んだのは覚えてるし。パンダが上野動物園に来たのも知ってるし。でも「中国との国交回復」は知らなかったし(ってこれは仕方ないか)。「黒いピーナッツ」は知ってたけど、小佐野賢二も田中角栄も知ってたけど、まさか田中角栄が首相だなんて知らなかったし。コーチャン氏って面白い名前だなくらいにしか思ってなかったし。ピーナッツとロッキードと飛行機がどうしても結びつかなかったし。でも東京都知事が美濃部亮吉とは知ってたし。調布の市長も金子佐一郎って知ってたし(爆)

。。うーむ。小学生の頭って、物事を知らないまま、そのまますんなり受け入れてしまうんだなあ~。

今のわたしからすると、かなり羨ましいかも。大人になってからじゃ「理屈」から入っていくしかないんだよねえ。知らないものを知らないまま、受け入れるってことは難しいよ。だから逆に小学生の時の柔軟な頭の頃に「性的少数者はいる!」と教育する、とか。

。。いや、その方が難しいか(苦笑)
22:37 | 過去の自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-27 Thu , 2008
カラオケだー!
ってことで、今日は久々、カラオケに行った。もう、ずーっと前から歌いたかったんだけど、風邪を引いたり、その後忙しかったり、いろいろあったんで。。

いつもだったら彼女と2人で行くところを、今日はゲイのお兄さん(?)も急遽誘って3人で。

いやー、楽しかった、楽しかった。結局3人で4時間半、歌いまくってきた(わたしが一番歌っていたとの説あり(^^;)。今回は一切「泣き系」の曲は歌わなかったので(さすが、知り合いとはいえ、初カラオケで泣き顔は見せたくないし(笑))、ストレス発散!とばかり、ガーガーがなりたててきた。と言っても、いつものことって感じもするけど。。

だいたい、年代が近いもんで、「あーっ、先に取られた!!」って歌が多かった。。(ジュディ・オングの「魅せられて」とか久保田早紀の「異邦人」とか。自分が入れた曲かと思った(笑))というか、松田聖子の「抱いて」って初めて聞いたんだけど、あれでも'80年代の曲らしいね。わたし、松田聖子と言えば「懐かしい~、痛みだわ~♪」の曲(曲名が。。あっ「Sweet Memories」か)が、おそらく松田聖子の歌の中で一番最新で知ってる曲だと思う。それもどうして知っているかというと、高校時代に「松田聖子メドレー」を吹いたのよ、吹奏楽部で。だから、トロンボーンパート(と言っても自分が吹いたんだから、多分2nd)は未だに思い出すんだけど。この曲を松田聖子が歌ったのを見たことがあるかというと、おそらく見たことはない。ま、その代わり、アニメだと、'90年代の最初くらいまで、全部ではなくほんの一部だけど知ってるので、ってあんまり自慢はできないか。。だいたいアニメだって本当に歌いたい曲はないのだー(泣)ま、ほとんどはあるけど。

取り敢えず、最初はピンクレディーの「UFO」を振り付けで歌ったのは覚えてる。ホントは今日はピンクレディーの曲をたくさん歌ってこようと思ってたんだけど、結局、最初に入れたこの曲だけだった、ピンクレディー(苦笑)あとは、ほとんど歌う曲を歌ってきたんだけど、家に帰る途中に「あ、これ歌うの忘れた、あ、これも」っていっぱい出てきて、お前、一体何曲歌ったら気が済むんだよ、って感じ。。

しかし、わたしと彼女はまあ、いつもの調子で歌ってきたんだけど、ゲイのお兄さんも一部、被ってたんだけど、それでも全然知らない曲もたくさん。。あー、でも一回聞いてみたかった「ミネソタの卵売り」が聞けたので、よかったー(笑)

帰りにレジで金払って、レシートを何気なく見てみたら「男×3人」になってて、「えー?」みたいな(苦笑)レジのおにーさん、アンタ、目が悪いよ。。美女が二人おったじゃろ!!んとにぃ。。(ぶつくさ)

あー、しかし、久々にカラオケで発散できたんで、健全な疲れが。
今日は早く寝よう(笑)

また一緒にカラオケ行きましょーね、ゲイのお兄さん(笑)
22:29 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-28 Fri , 2008
病院の日
今日は病院の日だった。もー、前回からいろいろあったんで、やっとこの日が来た、って感じ。

だいたい、毎回予約時刻は一緒だから、今日もいつもの電車に乗っていって、で、予約時間のちょっと前に受付を済ませて、外来まで行ったんだけど。どうも今日も混んでるっぽかった。んー、最近、いつも前に人が何人かいるのよね。ここの病院に通い始めた当初は、予約時間通りに診てもらえてたんだけど。そういう意味では「商売繁盛」なのかしら?けど、大学病院だから、あんまり商売繁盛でも給料には反映されないだろうなーなどと、変なことを考えて待合室で座って待ってたんだけど。

隣におばあさんっぽい人と、その付き添いとみられる若い女の人が2人、待ってたのね。で、おばあさんはしきりに右の頬を押さえたり、口にハンカチを当てたりして、そしてなんといっても顔がしかめ面。。こっちが見ていても「かなりつらい状態なんだろうなあ」って思ってた。そして、いやーな予感が。。(笑)

少し待ったあと、診察室から人が出てきたと思ったら、次はそのおばあさんとその付き添いの人が呼ばれた。「ああ、、これは長くなりそう。。」と思ったら、案の定、それから1時間近く診察室から出てこなかった。っていうか、診察室はいつも開けっ放しになってて、今、人がいるかどうか、待合室から見て分かるんだけど、患者さんがどんな顔して話してるかも当然分かるわけで。。そのおばあさんは、やっぱり右側の頬を押さえてしかめ面して話していた。

わたしは自分の口の中が気持ち悪いなーと思いつつ、まだ終わんねーかなーと思って、何度も何度も診察室を見るんだけど、やっぱりおばあさんはつらそうにして話している。途中で口の中を主治医に見られてたし、今日は初診の患者さんは来ない日のはずなのに、なんだか初診の患者さんっぽかった。っていうか、前にわたしが予約したときは「この日は待ちませんから」って言ったじゃんか!とかだんだん腹が立ってきたんだけど。。

まーねー、でも、主治医としては無下に「もう時間ですから」とは言えないだろうな、と。だって、多分、あのおばあさんだって、不快で不快でどうしようもないところ、やっと言って分かってもらえるところに来たんだろう、わたしと同様に。そうしたら、必死に自分の症状を訴えるのは当たり前じゃないか。わたしだって初診の時はそうだったと思う、けど、あんなに話してないぞ。。とかね、待ってる人がいるってことを考えろよーとか、もう相反する考えが頭の中をぐるぐるしてきて。。

ホントは今日、昨日歌えなかった「泣き系」の曲が歌いたくて、病院が早く終わったら一人でカラオケに行って歌ってこようかなーって思ってたところだったんだけど、1時間待ったところでそれは諦めた。「早く終われー、終われー」と診察室の方に「念」を送ったりしてたんだけど、そのうち見ていたら、おばあさんの表情が明らかに変わっている。さっきまでしかめ面をして話していたのが、表情が普通になって、そしてなんか安心しているような顔になっている。「あー、やっぱここまで話さないと、ああいう顔にはならないんだろうな」って、やっぱり患者のつらい思いは、全部吐き出させるのがわたしの主治医のやり方なんだな、って思った。まー、待ってる方は迷惑なんだけどさ。

でも、わたしだって、そういう意味では「言いたいことはすべて吐き出している」わけだよね、言い換えると。ただ、わたしの場合、結構いつもすぐ終わるって感じなんだよな(苦笑)なんていうか、診てもらう前にその間あったこととか、感じたことはメモしてかないから、出たとこ勝負なんだよね。で、結局、なんかいつもさらっと終わっちゃってる感じはしてるんだけど。

んで、ようやく付き添いの人が椅子を立って「あー、もうすぐ終わる」と思ってたんだけど、おばあさんはまだ話しているようで、さらに待たされた。で、出てきたんだけど、やっぱ診察室に入ったときの顔とは全然違ってて、まー、不快なのが治った訳じゃないけど、取り敢えず話を聞いてくれて、今後の見通しも言ってくれたんで、ちょっとはホッとしたのかな。ただ一言言いたいのは、わたしがずっと待ってたのに、こっちのことは一瞥もせずに行っちゃったこと!もー、本人はそう言う余裕がなかったから、わたしがいたことは知らなかったのかも知れないが、付き添いの人はこっちに会釈くらいして行けよ、って感じだった。ぷんすか。

で、ようやく名前が呼ばれて診察室に入る。「1時間以上待たせちゃって済みません」って言われたけど、まー、仕方がないのでこっちは「ま、いいです」って感じでへらへらしてた。で、わたしの方は、前の診察からこの間にあったことを話す。どうも病院に電話をかけても主治医がいなかった日は、札幌に「飛ばされてた」(本人弁)らしい。「飛ばされるってどういうこっちゃ?」と思ったけど、まぁそれには触れず。なんか、こういうとこ、愛敬のある先生なんだよねー(苦笑)

結局、セレナールを1錠にして飲んでいること、レキソタンは飲まなくてもなーんの変化もないこと、寝付きが最近悪いけど、寝た気はするし、逆に朝起きようとしても眠くて眠くてやれないこと。起きてからも眠くて眠くて昼寝してること、でも外に出たらそれなりに動けること、ちょっと食欲不振気味なこと、だいたい、歯が変になるパターンが分かってきて、例えば、一日中家にいるときは、そんなこと起こらないのに、外に出て人と会って話すと歯が広範囲にわたって後に引っ張られる感じがすること、歯磨き後が一番ひどくて、歯が気になって寝付きが悪いこと、そんなことを話したかな。あ、あとは彼女から見ても特にうつっぽい感じはしない、と言っていると言うことも話した。

そうしたら、寝る前に飲んでいたセロクエルが2錠から1錠に減った。で、レキソタンもなし。事実上、減薬したことになるんだけど、しかし、寝ることに障害が起こりつつあることは確かだけど、歯の方はよくなったって感じがしないのに減薬してもいいのか?って思って、そのことを聞いたら「うーん、でも下手に薬を出すとまた頭が痛くなったり、気分が憂鬱になったりしますからねー」って言われた。まーね。前回のセレナール増量も、処方されるときに「コンサバな処方ですけど」って言われた割に、頭痛が来ちゃったりしたから、医者としては、そうそう新しいことはしたくないんだろう。って分けるけどさあ。んーでも症状がよくなってないのに、減薬はちょっと。。って複雑だねえー、ホント。

まぁ、次は2週間経たないうちに来いってことで、12月初旬。これで、睡眠の方が改善されるかどうか。。というか、もともと薬効きすぎ、なんだから、一応減らしたら減らしたでちょっとは違ってくるとは思うけど。

今度は今日ほど待たないだろうなあ~!!

あっ。リラックマグッズ、チェックしてくるの忘れた(爆)

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

22:11 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-29 Sat , 2008
やはりカラオケで泣きたくて(笑)
こないだ「泣き系」の歌を歌ってこなかったんで、イマイチ消化不良のわたしだったんだけど、今日は彼女が「今日、買い物行くんだけど、ろんたこも来る?」って言いに来たので「うん!○○さん(彼女の名前)が買い物してる間、カラオケする!」と言って、二人でこないだ行ったカラオケ屋さんにGO。

「今日はほとんど一人だし、2時間でOKだね」と言って、最初から2時間と決める。最初、彼女が数曲(あれ、1曲だっけ?)歌ったあとは、彼女は買い物に出かけて、わたし一人。

ええ、歌いまくってきたよー!てか、一人はやっぱ大変だった。歌いながら、次の曲、次の曲って考えていって。。。どんどん入れているつもりが、2曲とか3曲しかたまっていかない。3人の時はすぐに12曲とかなっちゃったのにー!

「泣き系」の曲を歌うつもりが、「三百六十五歩のマーチ」なんて正反対な曲を歌ったり(笑)あー、あと マイケル・ジャクソンのマネっこをしようと、ジャクソン5の「I Saw Mommy Kissing Santa Claus」も歌ったんだけど、やっぱり、マイケル・ジャクソンのマネはできなかったーっていうか、あの人(あの子というべきか?)、うまいよね、抜群に。あの特徴的な最後の伸ばしが、途中で息切れしてしまった(苦笑)

その後は「天城越え」歌ったり「すみれ色の涙」(聖母たちのララバイと迷ったんだけど)を歌ったり、今まで歌ったことない歌をたくさん歌ってしまった、ついつい。一人だと歌いやすくて(爆)で、途中で「沖縄民謡」カテゴリーの中からたくさん、と言っても、DAMの沖縄民謡ってホントの沖縄民謡じゃなく、なぜかりんけんバンドの曲なんかが含まれてるんだよね。りんけんバンドはりんけんバンドで別のカテゴリーがあるのに、「肝美らさ雨上がいぬ花ぬ如」(これは一昨日歌って、今日は歌わなかったけど)とか「べーるべーる」とか「乾杯さびら」が「沖縄民謡」になってるのはちょっと「???」なんだけど。

で、そろそろ「泣き系にすっか」と思って入れたのを歌う頃になって、彼女が買い物から帰ってきた。「あらまー、一人で泣くつもりだったのに」と思いつつ、今回はちょっと歌詞を見ずに歌ってみようと思って歌ったんだけど。。あら、泣かない。んー、と思って、もう一つ、歌ったら必ず泣く歌を入れてみて、それも歌詞を見ないで歌った。こっちの方は久々だったんで、途中、かなり怪しいところがあったんだけど。

。。。やっぱ、泣かない。

ってことは、、わたし、もしかして歌詞見て泣いてたってこと???

というわけで、今後は「泣き系」の曲は歌詞を見て歌わないことにしましたー!\(^0^)/

しかし、一人で何分歌ったのかは不明だけど、一人で連続して十数曲歌ったら疲れた(笑)その後は彼女が歌ってるのを聞いたり、自分でも歌ったり。「2億4千万の瞳」も初めてかな~?いつも郷ひろみの曲は「お嫁サンバ」の方を歌うんだけど、今日は趣向を変えて。最後は彼女と二人で「あずさ二号」を歌ってお終い。

今日はレシート見たら「女×2人」ってちゃんと書いてあった。

レジのおねーちゃん、アンタ、見る目ある!!←え゛?

ということで、機嫌をよくして帰ってきました(単純)。
今日は三の酉の日ってことで、なんか人が多かったー。
彼女に「今年は三の酉まであるんだね。三の酉まである年って火事が多いって言うんだよ、知ってた?」って言ったら「知らない。ろんたこ、物知りだねー」って誉めてくれた(*^^*)←単純

おあとがよろしいようで(爆)
21:34 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-30 Sun , 2008
明日は「世界エイズデー」
明日、12月1日は言わずと知れた「世界エイズデー」。

この日に向けて、各方面でさまざまな「HIV/AIDSの感染を予防しよう」という呼びかけがなされている。例えば「Yahoo! JAPAN」。いつから始まったのかはよく分からないのだけれど、最近はトップ画面の上の方に「HIV・エイズのことをあなたは知っていますか」とか「1日に4人以上の人が感染しています」などと言った言葉にリンクが張られ、Yahoo!の「レッドリボンキャンペーンのページ」に飛ぶようになっている。

また、TOKYO FM(最近は「FM東京」って言わなくなったのね(^^;)でも「BIBLE Living Together 特集」として明日12月1日から4日の16時30分から16時55分まで「ポエトリー・リーディング Think About AIDS」って番組があるらしい。なお、16日にはイベントもあり、12月9日までリスナーの参加者を募集している。

とまぁ、いろいろあるんだけど。

こないだ、「エイズ動向委員会報告」が発表されたことは、多分、記憶に新しいことだろう。

この結果を見ると、相変わらず男性同性間(MSM:「Man who have Sex with Man(男性とSEXをする人のことで、同性愛者とは限らない)」含む)のHIV感染者数が多い。しかしね、一方、新規AIDS患者数は、実は男性同性間よりも男女間の方が今回は多いのだ(異性間性的接触47件、同性間性的接触44件)。前はどうだったのかとちょっと過去の記録を見てみたんだけど、確かに同性間性的接触が多い報告もある。が、今回のように異性間性的接触の方が多いときだってあるのだ。

「なぜこんなことが起こっているのか?」多分、答えは簡単だろう。男性間(MSM含む)で性的接触をする人は「自分はリスクが高いから、検査に行こう」という考えがある程度浸透しているため、AIDSを発症する前のHIV抗体に感染した時点で分かる人が多いということ。逆に異性間性的接触をする人は「検査をすること」はほとんど考えておらず、AIDSを発症するまでにHIVに感染していることすら分からないのだろう。

このことは非常に危険だとわたしは思う。

今まで「HIV/AIDS」と言えば「男性同性愛者がかかる病気」とされてきた。そのため、男性同性愛者は「ハイリスク・グループ」として、国もその人たちをターゲットにする施策を行なってきたと思う。それゆえ、男性同性愛者(MSM含む)には「HIV検査を受けること」は本当に検査に行っているかどうかはともかく、頭の隅にくらい「そういうものにかかる可能性がある」ということは理解している状況だろう。また、感染者数が多いと言うことで、いろんなサポートが受けられることもある程度、浸透していると思う。

しかし、異性愛者に対する教育はほとんどといって行なわれていないとわたしは思う。この「エイズ動向委員会報告」には、残念ながら「感染者数/検査を受けた人の数」は載っていない。もしこれで、男性同性愛者(MSM含む)の感染者数の割合よりも、異性愛者の割合の方が高ければ、おそらくわたしの推論は正しい。ただ、これについては一端を垣間見ることができる。「献血件数及びHIV抗体・核酸増幅検査陽性件数」だ。これを見ると10万件当たりの感染件数は、残念ながら上昇の傾向がある。献血をする人の異性愛者、同性愛者の割合は、おそらく、HIV検査を受ける異性愛者、同性愛者の割合よりも、より「この世の中の異性愛者と同性愛者の割合」に近いものになっているだろう。

ということは、国はそろそろ「異性間性的接触」をする異性愛者にもターゲットを広げなければならない頃だろう、ということだ。もちろんこれは今までの「同性間性的接触」をターゲットにするのはやめて、ということではない。もっともっと一般的に強化すべきだ、と言っているのだ。

近年、HIV/AIDSにかけられている予算は減額されている(めんどくさいけど「厚生労働省の予算」についての各ページを丹念に追っていけば分かる)。厚生労働省の予算全体額は平成13年から20年にかけて、ずっと前年比より数%ずつ伸び続けているのにかかわらず、だ。

HIV/AIDSは男性同性愛者のみの問題ではない。AIDSを発症してから分かるのと、HIV感染のときに分かるのでは、(HIV感染からAIDS発症までの時間があるということで)周囲の人に対する影響が違うだろう。ましてや異性愛者は言うまでもなく圧倒的に数が多い。HIVに感染しているとは知らず、不特定多数とSEXを、しかもコンドームなどの予防対策を行なわずしたら、同性愛者間よりも圧倒的に感染者数が増えるのは目に見えている。以前、「感染爆発」という言葉が流行ったことがあったが、あの当時は「男性同性愛者からいつ、異性愛者の感染者数が増えるか」ということがかなり問題視されていた(一方で言うと「不安」をかきたててもいたが)。

ところがその後、異性愛者間では感染者数が激増することはなかったために、知らない間にすっぽり「異性愛者間の感染」ということは、現在では国からも、そして異性愛者の人たちも頭から抜け落ちているようだ。

HIV/AIDSに感染しないためには、まずHIV/AIDSに関する知識が必要なことと、それを「他人事」としない意識が必要だ。

厚生労働省はターゲットを男性同性愛者間(MSM含む)だけでなく、異性愛者間の問題とそろそろ認識すべきときに来ているのではないだろうか。

明日の「世界エイズデー」を前に、こんなことを思っている。
14:09 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX