----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
06-01 Sun , 2008
NLGR2008、1日目
というわけで、今、名古屋。
今日と明日、NLGR2008が行われている。NLGRというのは「Nagoya Lesbian & Gay Revolution」の略で、主にHIV/AIDS啓発活動のイベントだ。1日目に検査(採血)、2日目にその結果が出るので、このイベントは2日間行われる。パンフレットによると、2001年から毎年行われているらしい。主催がNLGR実行委員会と名古屋医療センター、共催は名古屋市で、かなり行政も中に入っているイベントだ。

わたしは去年もこのNLGRに来た。けど、それは「同性結婚式」が見たかったからだ。それまでNLGRのことは全く知らなかった。その時初めて「HIV陽性者の手記」が読まれたのを聞いた。去年の日記にも書いたんだけど、これはわたしにとって結構ショックだった。今までHIV/AIDSのことなんか、ほとんど「問題」としてとらえていなかったから。実はレズビアンはもっともHIVとは遠い位置にいる。そりゃ、全く知識がなかったとは言わない。けど、それはあくまでも「遠い世界の出来事」に過ぎないと思っていたのだ。でもそれは違う。

わたし自身、HIV検査は受けたことがない。でも本来ならば、少なくとも1回は受けておくべきなのだ。そこで「陰性」ならば、多分、わたしは一生陰性だとは思う(もちろん、彼女も検査を受けて陰性ならば、の話だが)。けど、、HIV検査って、わたしがもっとも嫌いな採血での検査。。これが尿検査だったら絶対に受けるのにと思う。そう、そんなくだらないことが理由で、わたしは検査を受けることができない。。へたれだ。検査を受けない限り、わたしは陽性か陰性か分からないのだ。

HIV/AIDSは、MSM(Men who have Sex with Men:男性とSEXしたことがある人)の感染人数が一番多い。このMSMってのは、ゲイ男性を指すわけではない。バイセクシャル男性や、ともかく1回でも男性同士でSEXしたことのある人を指す。逆にWSW(Women who have Sex with Women)の感染人数は一番少ない。だけど全くいないわけでもない。AIDS予防情報センターというウェブサイトの中に、毎年4回、エイズ動向委員会報告というのがあって、つい最近、5月に最新の情報がアップされた。報告結果がpdfファイルなんで、すんごく見にくいんだけどね。この中でもWSW(っていうか、この中では同性間性的接触って書いてあるけど、同性間だけじゃないんだよね)は5月の結果では1人いる。レズビアンでも特定の人としかSEXしない人以外(しかも相手が陰性の場合に限る)は、実は感染する可能性もあると言うことだ。異性愛者は男女ともHIV/AIDSの感染とは無関係ではない。

そして、、確実なことは、わたしの身の回りの人がHIV感染者である可能性もあると言うこと。それはこれを読んだあなたの身の回りにわたしのような性的少数者がいるってことと実は同じことだ。わたしはこのことに気が付いてから、さらにHIV/AIDSのことが知りたいと思った。だから、わたしは今年もNLGRに来たのだ。ただ、検査は受けなかったけど。。(苦笑)

検査は別会場で、イベント自体は池田公園というところで行なわれる。池田公園では、ドラァグショーとか、バンドのライブなんかをやってるんだけど、わたしたちはakaboshiさんのブログで見た「ピンクレゲイーショー」が見たくて、だいたい午後6時頃、池田公園に着いた。と思ったら、知り合いのゲイカップルにばったりと出会ってびっくり(笑)

ピンクレゲイーショーが始まるまで、腹が減ったので、ラーメン屋に行った。

池田公園は、去年とはステージの位置が変わっていた。公園入口すぐのところにステージが設置されていた。時間より少し前に行けたので、すかさずベンチに座る(笑)あそこのベンチ、すんげー少ないんだもん。。

「ピンクレゲイー」って人たちは、両方、耳の聞こえないゲイの人なんだそうだ。それをピンクレディーの曲を口パクで振り付けで踊るショーだ。

最初、真っ赤な衣装を着て出てきた二人は、ピンクレディーの往年の名曲(?)、ペッパー警部から始めた。ピンクレディーってさ、わたしが小学校低学年から絶大なる人気が出てきて、知らないうちに振り付けなんか覚えちゃってるから、知ってる曲は知らないうちに身体が動いている(苦笑)その代わり、途中から「落ち目の連続ヒット」(by 近田春男)だったので、あるときからプッツリ知らない曲ばかりになる(苦笑)

P1020478.jpg

これを歌い終わると、赤い衣装を脱ぎ去り、下から黄色い衣装が出てきた。この曲は確か、サビしか知らない「透明人間」じゃなかったっけ。。

P1020480.jpg

それから、また、衣装を脱ぎ去ると今度はピンクの衣装が。ちゃんと帽子も被る。これは衣装を見ただけでも分かる。「サウスポー」だ。

P1020482.jpg

そしてそれを歌い終えると、また脱ぐ。今度は銀色の衣装。確か、この曲で「SOS」を歌ったと思ったんだけど、実はこの曲は放送禁止の曲になってるんだよね。出だしがモールス信号の「SOS」(… --- …)で始まっているので、紛らわしいってことで。だから、この部分、実は初めて聞いた。

P1020483.jpg

これを歌い終わると、今度は水色の衣装だ。一体、最初、何着重ね着をしていたのだ、彼らは(^^;

P1020488.jpg

これさー、右の人の衣装がちょっと合わなかったらしく、踊っているうちに胸がはだけてしまって、んで、途中で上に上げたりしてるんだけど、上に上げたら上げたで今度は、下が、、丸見え(爆)あとで「サービスショットでしたねー」と言われてた(^^;

まー、わたしにとっては全然サービスショットではないんだけど、、
で、狙って撮ったわけじゃないけど、帰ってみて画像をPCにアップしたら、こんなのが写ってた(苦笑)
で、ここで、わたしの知らない曲があって、彼らは退場。その後、後ろでなんか着替えてるのが分かったが、アンコールで「UFO」を。やっぱ、ピンクレディーと言えば、この曲だよね、とわたしは思う。。

P1020490.jpg

で、やっぱりこの曲を聴くと自動的に身体が動くから不思議。

P1020492.jpg

アンコール2曲目は「カメレオン・アーミー」。しかし、わたしはこの時点で既にピンクレディーには興味がなかったので、この曲はほとんど知らない。あの頃の曲ってのは、別に興味がなくても自然に歌が自分の中に入り込んでいたのだ。そういう意味では最近は「国民的ヒット」の曲なんかないと思う。だから、彼女らがヒット曲を飛ばしている間の曲は知らないうちに覚えてて、それで、知らないうちにサビしか知らない曲となり、最後は全く知らない曲になってしまったのだ。。

で、ショーが終わって、司会の緑区カナコさんと博多あややさんが彼らにインタビュー。あ、手話を交えてね。

P1020499.jpg

司会の人に「途中で衣装が乱れてましたが(笑)」と言われて、右の彼は必死に「衣装が緩くて。。」って言ってたけど、ホント、真面目すぎるくらいに真面目な人で、最後には「衣装が変になっちゃってごめんなさい」って謝ってた。いいのにー、そんな、って思ったよ。しかし、このショーにはホント、たくさんの人たちが集まって聞いていたのだ。聞くところによると、どんどんファンが増えているらしい。

で、それが終わると、今度は「HIV陽性者の手記」リーディング。

P1020500.jpg

司会の緑区カナコさんと博多あややさんが交互に手記を読んだ。実は、わたし、その前にあるブースに行って、その手記、全部読んでたんだよね。。聞いたとき「あー、最初に読まなきゃよかった」と思った。去年は割と長い手記だったけど、今年は短くて、何人もの人が書いた手記が朗読された。あ、でも一番最後のヤツはブースにはなかったな。内容は敢えて書かないけど、やっぱゲイ向けに書かれているので、ゲイのSEXの有りように触れていた人は多かった。

正直言って、わたしとゲイのSEXは全く無関係だ。けどね、ゲイのSEXとは無関係かも知れないけど、HIV/AIDSは自分にとっては無関係じゃない。今は彼らのうちのほとんどが「見えない状態」だ。だからといって、いないわけじゃない。でも彼らのほとんどが「見えない状態」なのは、まだ世間の「偏見の目」があるからだ。わたしはHIVには感染しないかも知れない。だけど、、もしかしたら身近に感染者がいるかも知れない。誰にも打ち明けられなくて、悩んでいるかも知れない。それは悲しい現実だ。そしてそういう社会はおかしい、と思う。だから、正しい知識は常に持っておかなければならない。そして異常な「偏見」を持たないこと。それを忘れないために、だから今日、わたしはここに来たのだ。

そしてHIV/AIDSの問題は、なにもゲイに限ったことではない。ヘテロの人間にだって、関係はあるのだ。ヘテロの人は感染する可能性もある。でもほとんどの人がそのことに気が付いていない。HIVはゲイの病気だと思っている。でも手記を書いた人の中でたった一人だけだけど、ヘテロの人がいたんだ。だから一人でも感染者を増やさないために、どうか予防の知識とそれから、病気に対する知識はある程度、知って欲しいと思う。。

ただ残念だったのは、ピンクレゲイーショーではあんなに多かった人たちが、リーディングでは、ほとんどいなくなってしまっていたこと。ベンチはガラガラだった。。そんなの聞く必要ないって思ってるのかな。それとも遠くにいても聞いている人はいたんだろうか。。

リーディングが終わり、第1日目は終了。

帰りに喫茶店に行った。

P1020503.jpg

これ、メニューなんだけど、1円単位で書いてあったのでびっくりした。。これって外税だったんだろうか。珍しかったので、思わず画像を撮ってしまったよ(笑)

ってわけで、明日(あ、もう今日だよ(苦笑))は最初から見たいけど、もうこんな時間になってしまった。。早く風呂入って寝よ。
スポンサーサイト

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

00:57 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-01 Sun , 2008
NLGR2008、2日目
東京に戻ってきました。
NLGRのエンディングで、緑区カナコさんに「家に着くまでじゃなくて、家に着いて日記を書くまでNLGR2008は終わりじゃありません~っ!」って言われたんですけど。。。(爆)

さすがに疲れました。

ってことで、この報告は明日にでも。。
と言っても、昨日と比べたら、ほとんどデジカメも使うことがなかったんですけどね(笑)

NLGR2008でお会いしたみなさん、お疲れさまでした~。

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

22:44 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-02 Mon , 2008
再度、NLGR2008、2日目(笑)
「早く寝る」と宣言したにもかかわらず、その日に日記書いちゃったりしたんで、全然早く眠れなかった、5月31日の深夜(^^;

6月1日の朝は、ホテルのチェックアウトが10時だったんだけど、、もう眠くて眠くて。最近、8時間以上はベッドで寝ころんでいるので、さすがに起き上がるのはつらかった。。でもまぁ自業自得だわな。

1日目は最初にホテルにチェックインして、身軽になってから会場に行ったんだけど、昨日はチェックアウト後だから、荷物が重くて。。で、近場でコインロッカーを探そうとしても見つからない。結局、彼女が名古屋駅まで行って、それで荷物を預けてくるから、ってことになって、途中で別れた。

あ、その前に近くにある「モスバーガー」で朝メシ食ってたら、昨日遭遇した知り合いのゲイカップルとぱったり。。あら、わたしたち、縁があるのかしら、あなたたちと(爆)

一人でふらふらと池田公園に行く途中、なんとも名古屋らしいものを見つけたので、思わずパチリ。

P1020504.jpg

これ、消火栓のフタなんだけど、名古屋城にしゃちほこ、しかも「丸の中に八」と言えば、、社会人野球ファンだったら、やっぱ嬉しくなっちゃうもので。これを見ると「ああ、名古屋だなあ」と思うわけです(爆)今はもう、そんな時期だしね(謎)

池田公園に着いたときは、ブースもまだまだ開店前作業中、って感じだったので、昨日もらったパンフレットに書いてあった「rise」という、東京で言うと「akta」みたいなとこ?って言っても分からない人がいるだろうから説明すると「akta」と言うのは、新宿二丁目にある、HIV/AIDS啓発予防センターであるとともに、空いているときは部屋を貸してもらえるところ(community space)なのだ。だから、aktaにはイベントで何回か、行ったことがある。

「rise」に行こうと思ったのは、何かHIV/AIDSに関する資料があるかなーと思って行ったのだ。幸い、池田公園の近くのうどん屋の3階にあるらしく、そんなに探すことなくちゃんと行けた。ドアに「OPEN」って書いてあったから、最初はちょっと考えたけど「こんにちは~」と言って中に入った。あれっ。誰か女装してる人がいるよ(汗)ここ、女装部屋として使われてたのか。。しかも、aktaと比べると相当狭い。。おまけにNLGR開催中ってことか、部屋ん中、割とぐちゃぐちゃ。。「まずかったかな~」と思ったけど、スタッフの人か誰かに「こんにちは~」って声かけられたし、いいか、と思って、そのぐちゃぐちゃになっている机に置いてある資料で持って帰れるものがないかなーと探した。と思ったら、、あらら。IDAHOのチラシが置いてあるじゃん!わたし、これ、実物見てなかったから、一部欲しかったんだよねー(爆)ってことで、一部もらってきた。へー、こんなんだったんだ。すごーい、って感じ。

で、奥の方に行ったら「ご自由にお取り下さい」という冊子を置いてある場所もあったんで、そこで見てたんだけど、やっぱ欲しい冊子でも1部だけだったら、なんか取って帰るの悪いじゃん。だから、何部もあるヤツで、全然関係なさそうなものは除いて(爆)、いくつか取ってきた。本当に欲しかったのは、HIV/AIDSの研究報告書だったんだけど、、あれ、1部しかなかったんで。厚生労働省かなんかに頼んだらもらえるのだろうか。

んとね、前回は確かになーんもHIV/AIDSのことについては知らなくて、それで「HIV陽性者の手記」を聞いて自分の中の意識が変わったんだけど、今年はそれだけじゃなくて、こんな機会だから、いっぱい出てる資料をもらって帰ろうって思ってたんだよね。

で、あとでブースにも置いてあった資料ももらって帰ってきて、全部でこんなになった。

P1020512.jpg

ま、もらってきた資料については、最後に感想を。

そのうち、12時になり、吹奏楽団「WING」さんの演奏会、だったんだけど、司会の2人が来るのが遅くてさ(笑)、特に博多あやや~!とか、名指しで言っちゃってもいいんだろうか。ま、本人が読みに来ることないから別にいっか。でも2人とも前日とはまた違う衣装で、ほとんど毎日同じカッコしてるわたしにとっては、ちょっと目から鱗?って日本語間違えてますかしらん?

んでさー、始まる前にベンチに座ってたら、誰かが「WING団員募集」のチラシを配ってたんだけど、まさかわたしがもらうはずないだろ、と思ってたら配られた。えーと、ここ、ゲイの楽団だよね?配ってた人、誰かは知らんけど、わたしを男と間違えたんじゃないよね??Brass MIX!みたいに、誰でもOKな楽団だと思って誰にでも配ってたんだよね?ね?と信じたい。。。。orz

でも、昨日出てた中ではTb.パートが5人もいてですね、パートの中では最多でした(笑)こりゃ、Tb.はパート募集はしとらんじゃろ、という感じ。というか、やっぱ自分の吹いてる楽器にどうしても目がいっちゃうよね。。今はわたし、楽器が吹ける状態じゃないんで、すんごい羨ましかった。。曲目は、初めて聞く曲が多かったので、何をやったんだか知らないけど、分かったのは「森の熊さん」のサンバっぽくアレンジしてある曲と、最後の「アフリカン・シンフォニー」。ほれ「アフリカン・シンフォニー」と言えば、やっぱ智辯と智辯和歌山の応援でしょう!!あ、智辯の応援曲名は「アフリカン・マーチ」なんだけど、あれはこの曲が原曲です。ま、曲名聞いても分からない人でも、この曲を聴けば「あー、これ」って思う曲ですわ。ちなみにわたしは「アフリカン・シンフォニー」よりも智辯和歌山の「ジョックロック」の方が好きですんで。。って関係ないですね(苦笑)

結局、彼女は名古屋駅に行っても、預けられるところが見つけられなかったと言って、そのまま荷物を持って戻ってきた。だから、仕方が無く、ベンチに座って、そこに全部置いてた。とても持って歩けないような重さだったんでさ。つーか、PC関係とデジカメ関係のものが重くてですね。。

で、終わった後、次の「僕らのゲイライフプロジェクト」NLGR版 ~学校教育とHIV~、ってのを聞こうと思ってたんだけど、まぁまだ時間があるかと思って、各ブースをちらちら見てたら、知り合いと会っちゃって(苦笑)で、その人が「そーいえば○○さんも来てますよ」って言われて。。わたし、その人とはまーったく面識なかったんだけど、mixiでの絡みとかあったんで、前々から1回会いたかった人なのよね~。で、紹介してもらった。つーか、まさか来てるとは思ってなかったんで、、いつかはどこかでお会いできると思ってはいたけど、まさかNLGRに来てるとは思ってなかった。名刺をもらったんだけど、そのときにポソリと「活動家とは思ってないんですけどね」と言われた。うん、その気持ち、すごくよく分かる。けど、人間そうせざるを得ないときもあるんだよね。過去も今もわたしは別に自分を活動家だとは思ってない。何度も書いてるけど。で、わたしには今、何か肩書きの付いた名刺を持っているわけでもない。だから実質的にもわたしは「活動家ではない」。

けど、折々のイベントやなにかで会って、知り合いになる人はいる。「どこに行ってもお会いしますね」という人もいる。確かに今、日本での性的少数者の活動には興味がない、とは言わない。けど、、それは単なるわたしが「知りたい」と思ってるからなんだ。ただ、それだけなんだ。。あ、あとは楽器吹いてパレード出てるから、ってのも、もしかしたらあるかも知れないけど。。なんかいい訳じみてるかな。。

あ、そうそう、そんなことしてたら、前日「ピンクレゲイーショー」の左側で踊ってた人と会った。「わたしも踊れますよ~」と言って「UFO」踊ってたら、すげー喜ばれちゃった(笑)彼女が「今、昨日着てた服はどこにあるんですか?」って聞いたら、もうかばんの中に入ってるってことだった。んで、靴が重いんだって(笑)いやー、まさか昨日、踊ってた本人とお話しできるとは思ってもみなかった。

まー、そんなこんなで話してたら、すっかり「僕らのゲイライフプロジェクト」の時間が過ぎてしまい、博多あややさんのライブになった。そうしたら、舞台を中心にぶわーって人が集まってきて。。いやー、わたし、ベンチ(それも結構前の方)に荷物、置きっぱなしになってたので(別の場所取りしてたんじゃなくて、こんな前の方に荷物置いておいたら、誰も取っていけないんじゃないかと思ってさ(爆))「こりゃ、行かんとまずいだろ」と思って、聞きに行った。彼女が後で来ると思ってたら、なかなか来ないし。。「横、あいてるよ」ってメールしたのになかなか来ない。。

もう、他の人はアイドルに群がる観客みたいにノリノリで。。わたしは、博多あややさんを見るの初めてだったので「ふーん」と思って見てただけだった。。もともとは「松浦亜弥」って人(この人、もちろんわたし知らない。有名な人なの??)の口パクしてたらしいんだけど、そのうち、自分の歌、といっても分かる人には元曲分かりやすすぎ!というような曲を歌っているらしい。が、そこは全く今(も昔も)の芸能界には疎いわたし。。よー分からんかった。。「では、次の曲は一体、誰のマネでしょう~?」と言われて、振り付け見てたんだけど「あれっ、松本伊代?」って思ったら「これは工藤静香パクリまくりでしたね。でもちょっとだけ松本伊代も入ってましたね。松本伊代って知ってるかしら。『センチメンタル・ジャーニー』の。知らない人は多いか、知ってる人がいたら、自分と同じ年代かもっと上でしょうね」って言われ。。がーん。。orz知らんわい、工藤静香。で、松本伊代の方は知ってるよ。。歌えるよ、センチメンタル・ジャーニー。。。

しかし、自分の持ち歌(って言うのかしら?)に加えて、松浦亜弥の口パクをしていた頃のネタと、なんか結構いっぱい歌ってました。持ち歌も聴くのが初めてだったし、それに「じゃ、知ってる人はかけ声かけてね」と言われても、かけ声なんか掛けられるわけないし(ホント、アイドルみたいだ)わたしゃ、すげー場違いな感じがして、一人で見てるのに耐えられなかったので、早く彼女に着て欲しかったのにー。。最後の最後の曲でやっと彼女が来た。で、「あやや」の手の振り付けも覚えさせられて(爆)で、やらされて(だってやらないとあややが怖いんだもん。。(爆))、そんでライブが終わった。

昨日の「ピンクレゲイー」もそうだけど、ゲイの世界では「知ってる人は知ってる」文化ってのが、本当にたくさんあって、それはわたしたちにはこういうイベントで出会うしかないのね。ゲイナイトに行くわけじゃないし。本当にゲイの文化って奥深いのだ。。

あ、その前にね、エスムラルダさんがこの間「英語で新宿二丁目を紹介する本」つーのを出版されてね、それを売りまくるぞ、しかもサイン付きで、ってんで来たんだけど、なんと本人が来る前にほとんど売れちゃって(300部持ってきたそうなんだけど)、博多あややさんのライブが終わったときには既に完売しちゃったそうだ。というわけで「完売しちゃいました~」と言っているエスムさん(笑)左側が、博多あややさんのライブ中、ガービィ(GAVIE:ゲイの登録制出会い系サイト)の登録をサッサと済ませたとか、その間、着替えもしちゃったとか、あとなんかいろいろなことやってたらしいわね、全然ライブ中にいなかったことバレバレな緑区カナコさんで、真ん中がもちろん、エスムラルダさん、左側が博多あややさんだけど、さすがに歌って踊り疲れた感じがするわ、博多あややさん。。(←オイ)

P1020505.jpg

なんか、本人曰く、本にサインし慣れていないから、まー、終わり頃にはうまくなってるでしょう、とか最初話してたけど、どうもその前に売り切れてしまったようで。でも、注文があったら、サイン本を送ってくれる、なんて言ってたわ、エスムさん。どこに注文すればいいのか分かんないけど(笑)

P1020506.jpg

ちなみにこのエスムラルダさんは、東京都公認の大道芸人で、ホラー系女装として有名な人です。でもね、生首ショーとか血を吐くネタを目の前でやられると、わたし自身がそこで気を失っても困るので、観に行きたくても行けないの。。で、あとで、サインをする本もなくてブースでヒマそうにしているエスムさんにご挨拶してきたわ。逆に体調を崩していることを心配してもらって、、すんません。ありがとうございますm(_)m

で、その後は「同性結婚式」なんだけど、その前に松本神父のライブ。これは去年と同様。だったので、ちょいとその間、トイレに行かさせてもらいました(苦笑)

今年結婚する人は、レズビアンカップルと思われる2組。去年もレズビアンカップルだけだったから、わたしはまだゲイカップルの結婚式は見たことないよー。一組目は写真撮影禁止だけど、もう一組はOKってことだったけど、まぁ撮らなかったよ(笑)

ある意味、去年は「特別な」同性結婚式だった。だからわたしは「本来の」同性結婚式を見に行きたかった。それも今年、NLGRに行った一つの理由。

しかし、全く見ず知らずのカップルだったけど、式見てたらね、心から祝福したいって思った。で、わたしもちょっぴりああいうところで結婚式して、みんなに祝福されたら嬉しいだろうなって思った。けど、、まずわたしは神さま出てくるのイヤだし、指輪の交換はもうしちゃったし(爆)、改まった服装はしたくないし、あと公衆の面前でキスしたくない。。つーか、見るのはいいのよ。「あー、いいな。幸せそうだな」って思うもの。だけど、見るのとやるのは違うわよね。。しかも、キスしたとすれば、単なる軽いキスじゃなくて、つい、ディープキスになりそうで怖いし(爆)←オイ

式が終わって、即席のバージンロードをゆっくり歩いていったカップルには、ゆっくりライスシャワーをかけ、走り去っていったカップルには、あわててライスシャワーをかけ、、それぞれいろんなカップルがいて楽しかった。あー、どっちかが必ずブーケ持ってるんだけど(っていうか、なぜか一人は割と男っぽい格好で、もう一人は違うんだよねー。まぁ好きずきだからいいんだけどさ)、それを投げるとき、エスムさんがどっからかそれを取りに行こうとして駆け寄っていくのが見えて笑えたわ(笑)

ってことで、NLGR2008もついにエンディング。
実行委員長の挨拶だとか、あったんだけど、一番びっくりしたのは、博多あややさんの普段の姿。。。一瞬、誰かホントに分かんなかったー。わたしゃ、女装姿よりあのまんまの方が好きだわ(笑)だけど、そのままの姿は出しちゃダメというので、取り敢えず、画像にぼかしを入れてみました(爆)つーか、昨日、日記書かなかったのは、この作業を前にしなくちゃいけないと思って、めんどくさくなって止めたのね。律儀でしょ、わたしって(笑)

P1020508-1.jpg

で、最初は実行委員を含む3人は立ってたんだけど、これじゃ後ろの人が見えないわね、ってことで、今度は座って。

P1020509-1.jpg

このぼかしが入ってるのが、博多あややさんです(爆)けど、彼はこの4月から博多でゲイバー開いたみたいで、そこに行けばこの格好の博多あややが見られるって言ってた。けど、今のところは女性客はNGだそうです。残念だわ。。

それからは疲れ切っていたので、すぐに帰途に付く。
新幹線の中で、もらってきた冊子を次々読んでいた。まぁそのほとんどが「ゲイ向け」ではあったけど、その中でも多く感じたのは「HIVに感染したと分かった直後の人用の冊子」。それから「HIV陽性者向けの冊子」。どんな生活を送らなくちゃならないかとか、気をつけることなんかが書いてある。ただ、今までの生活とはほとんど変わらないってことも書いてある。定期的に病院に行く以外はね。ただ、薬を飲み始めたら、ずっと飲み続けなくてはいけないそうだ。

でね「HIV陽性者の手記」もその中にはあったし、それから「HIV陽性者の人が、普段、HIV感染者と分からないようにどのくらい苦労しているか」なんていう話も載っていて。。そこに「(会社の同僚に)薬を飲んでいるということが分かるのがいやだ」って書いてあった。

実は、、わたしにはHIV陽性者の知り合いがいる。それも一人だけではなくて、複数人いる。そう、こないだは「隣の誰かがHIV陽性者である可能性がある」って書いたんだけれど、既に「隣にいる人」なんだよね、わたしにとっては。で、最初、初めて知った人は実は、薬飲んでてね、わたし、つい聞いちゃったんだ。「これ、なんの薬?」って。。わたしはうつ病が治るまでの数年間、朝昼晩、夜寝る前はずーっと薬飲んでた。だから、てっきりうつ病か何かの薬だと思いこんでたんだ。けどね、さらっと「HIVの薬だよ」って言われて、、すごい驚いたのと同時に「薬を飲み続けるのは大変だよね、わたしもうつ病で何年も薬を毎日飲んでて。。」っていい訳じみたことをつい、話してた。。そりゃ、その人はもう別に自分がHIV陽性者であるってことは隠したくないんだろうから、人のいる前で薬を飲んでたんだと思う。だからそれはいいんだけど、あとでそのときいい訳じみたことを言った自分を反省した。うつ病はいつかは治るから、薬は飲まなくてもいい時期が来るけど、今の医療ではHIVの薬を飲み始めたら、一生飲み続けなきゃいけないんだもの。。全然重みが違うよね。だからもしかしたら不用意な自分の言葉でその人を傷つけたかも知れないと思って、反省した。

その冊子を読んだときにね、ふとそのことを思い出したんだ。。

このNLGRの会場にもその人はいた。わたしは「HIVもさ、治る薬ができれば、こんなに差別や偏見を受けることがないのにね」って言った。だけどね、その人は「今はね、治る薬はもういらないんじゃないかなと自分では思ってるんだよね」って言った。「やっぱりいろいろやってきたことは確かで、それは自業自得な面もあるし、それにHIVが治る病気だったら、ゲイのライフスタイルは変わらないよ」ってね。わたしは「でもさ、自業自得って変だよ、やっぱり。だって風邪のウイルスもらって風邪引いたからと言って『お前がウイルスのいる場所にいたから自業自得だ』とは言われないでしょ」って言った。その人は「確かに『自業自得だ』ともう何度も何度も言われて随分つらいと思った時期もあったけどね」とは言っていた。わたしはそれ以上、なんと言っていいのかよく分からなかった。。

はっきり言って、わたしにはゲイのライフスタイルってものは分からない。男の生理自体が全く分からないので「出して快感が得られるなら、本当は相手は誰でもいい」って言われても(あ、この人が言ったんじゃないから、念のため。これは、以前そう聞いたのよね、とある男性に(笑))それはわたしには理解できない。とにかく「刺激と快感さえあればいい」というようなことを言われて、わたしは(女の人がすべてそう思うかどうかはまた別としてね)、それが理解できなかった。わたしの場合は、やっぱり好きになった人としかできないから、SEXって。で、わたしは一人の人しか好きになれないし、それにいつも同じ相手でも飽きることはないと思う。根本的にそういうところが違うのかな。。

HIV/AIDSに関することって日常じゃ本当に考えない。
だけど、こういうイベントで1年に1回くらい、考えることがあってもいいんじゃないか(もちろん、12月1日は「世界エイズデー」だけれども、、あまり意識しないよね、この日)と思って、また多分、来年も参加する。
確かに男性に比べると来ている女性はすんごく少なかったし、イベントもゲイ向けって感じで、レズビアン向けは「女の子ナイト」くらいしかない。

書かれている手記もほとんど男性ばかり。そこにはHIV陽性者以外の、陰性の人、「?」の人の日常の手記なんかもあったんだ。けど、見事なほどに男性ばかり。逆になんで女性がいないのかなって思ったよ。そこがちょっと悲しかったかな。

最後に、ブース紹介の時になぜ「愛知県、名古屋市」の職員は出てこなかったんだ!他のブースがちゃんと自分たちのことを説明してるんだから、ちゃんと出てこい!!わたしは「愛知県、名古屋市」ブースにも行ったけど、多分、ヘテロであろう男性職員たちは所在なさげにボーッと突っ立っていただけだった。彼らはどんな思いであそこに1日いたんだろうね。仕方なく「休日出勤」で来ていたのだろうか。情けなかった。

というわけで、わたしのNLGR2008はこれをもちまして、終わりとさせていただきます。つーか、やっと書き終えた。わーい!\(^0^)/

テーマ:同性愛 - ジャンル:日記

23:00 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-03 Tue , 2008
疲れたのか
今日は何もやる気がしなくて、一日ゴロゴロしてた~。
やっぱ疲れたのかな。
昼寝しても、不意に変な夢を見て起きたり、、、
一人で寝てると余計なことしか考えないので、彼女にいてもらう。

体調不良なのは分かってる。
けど、、あれこれやりたいのも事実。
でもそれをすべてできないのも事実。

あー、こんな自分を受け入れなきゃいけないのはつらいなあ~、、、

そういや、性同一性障害の特例法の子なし要件がちょっとだけ緩和されたようで。しかし、子供が成人してからって、一体、それに適用される人たちってどのくらいいるんだろう?って思う。

でも、何も変わらないのよりはいいのかも知れない、とも思う。

物事は、ちょっとだけしか変わっていかないのがつらい。
中には劇的に変わるときもあるけどさぁ。
劇的にいい方に変わるってことは、あんまりないかも。。

あ、暗いね、今日の日記(苦笑)
今日は早く寝よう。

聽日見!

広東語の宿題もそろそろ始めなきゃ。。
22:34 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-04 Wed , 2008
今日は、また変な夢を見て起きてしまった。。

わたしになぜか「従兄弟の友達」との結婚話が持ち上がり(従兄弟の友達ってのは、見たことがない架空人物だったけど)、曖昧な返事をしている間に、話がどんどん進んじゃって、ついには従兄弟が運転する車でその彼が迎えに来て。。って夢。

結婚するってのに、わたしはバッグ1つしか用意してなくて、しかも「パンツは何枚用意すればいいかな~」とか、いつもの「小旅行」みたいな気分で「あれ、これから一緒に住むのにそんな少ないパンツの枚数でいいのかしら?」とか、まぁ、この場合、なぜ「パンツ」が出てくるのかというと、わたしは普段の旅行で、一番ないと困るものはパンツだと思っているからなんだけど。。(苦笑)

しかし、内心では「結婚したくないのに。。やっぱ行かなきゃなんないのかな」と考えていて、考えている割に、わたしの母親が作ったいろんなもの(具体的には覚えてないんだけど(^^;)をバッグに詰めてたりして。。でもよく考えてみるとどうも事前に2回くらいしか会って話したことがないよな、とか結婚する前の結納なんか全然してないよな、とか、妙にリアルなことも考えていたわけで。

しかも「あれっ、夜になったらその人とSEXしなきゃいけないんだ。わたしゃ、男とはSEXできないじゃんか!!」と思ったりもしてて(苦笑)

で、ついに従兄弟の車が着いたとき、わたしは母親に向かって「わたしは結婚したくないから、そのことを言ってきて」って頼んだんだ。で、母はそのことを伝えたらしい。で、結局、結婚することはなし、ってことになったんだけど、その彼を自宅に送っていくというので(わたしは東京に帰るということで)、叔母と従兄弟とその彼とわたしの4人でなぜか一緒の新幹線に乗るわけね。わたしはその場に居にくくて(当たり前だけど)、ホント、どうしようとか思ってるのに、従兄弟が飴くれたりして(なんてリアルなんだ!(苦笑))、、「この人達、どこで降りるのかしら。。」と思ってたら、某駅で降りた。

そこでわたしは「あっ、そういえばこの新幹線に彼女が乗ってたんだ!」と思い出し、彼女に「隣が空いたから来てー」ってメールしたんだ。そうしたら、彼女が「うん、行くよ」ってメールしてきてくれて、それからすぐに来てくれた。

でも、それからそれは新幹線じゃなくて、昔の深夜発の鈍行、大垣行きの電車みたいに、途中、静岡辺りでながーく停車する電車になってた(爆)彼女は「ちょっとタバコ吸ってくるね」と言い、わたしも電車から一緒に降りて、彼女とは違う場所にいたんだけど「もうすぐ電車が発車しちゃうじゃない。早く戻ってきて!!」と思ったところで目が覚めた。

こんな夢を見た背景には、昨日、マイミクさんとこで「わたしがヘテロだったら、あなたと結婚してもいいのに」って書いたのね(笑)いや、その気持ちはもちろんウソではなくて、わたしには、何人か「ヘテロだったら結婚してもいいよ」って男性はいるのねって、なんて気が多いのかしら。。(爆)でもさ、それはあり得ないわけ。今のわたしの人格や考えを形成している上で「自分がレズビアン」ってことは、すべてじゃないけど、結構大きな要素であり、最初から「ヘテロ」だったら、今の自分はどういう人格とか考えを持っているかは、全く想像が付かないから。これがバイセクシャルだったら、話は全く別になってくるわけだけれどね。それこそ、今の彼女と比べて、どっちか選べるわけで。でもバイセクシャルでも一緒かな。バイセクシャルだったら、また別の人格と考えの自分がいるだろうしね。はは、なんか難しいけどさ。

で、結婚が一般の正式な「結婚式」じゃなかったのは、どうやらNLGRの同性結婚式みたいなつもりで、なんかサッサと終わるような気がしてたのよね。

それと同時に、昨日、寝る前にNLGRでもらってきたヘテロ用の性感染症についてのパンフを読んでいたってのもあるし、今、見てるNHK大河ドラマの「篤姫」でちょうど篤姫が「殿、今夜はお渡りを。。」と言ってるのも頭にあって「初夜はSEXしなきゃなんないの~!!」って思っちゃったらしい(苦笑)

彼女に話したら「まー、夢の解析はしなくてもいいんじゃない?それに最後はわたしと一緒に帰ったわけだし、そんなに気分悪い思いをしなくてもいいんじゃない?」って言われた。確かにそれはそうなんだけど。。

まず、気分の悪い一つ目の理由は「なんで最初に曖昧な態度を取っていたのか」ってこと。わたしはまず、起きているときにはそういう態度は取らないので(嫌なことは嫌とはっきり言う)「なんで、夢の中でははっきりと言わなかったんだ!」と思うと同時に気分が悪い。

で、もう一つは「母親に断らせた」ってこと。なんで自分が断りに行かなかったんだろう。。って、これはちょっと日常の自分でも心当たりがあるので、注意しなきゃ。

まー、これ以上、夢の分析をすることはないけど、でもやっぱ、この2つに対しては気分が今でも悪い。

それともう一つ。
精神的に不安定なのがまた出てきた。
何もしなくても涙が出てくる。けど、これは前の状態に戻ったんじゃない。
むしろ、これからのことを考えての「頭の中で折り合いを付けよう」と思っていろいろ考えてるんだろうと思う。というか、それが分かっている時点で既にもう、頭の中では決着が付いているのかも知れない。で、その決着を付けたことに対する涙なのかな。って、これは具体的に言ってないので、彼女以外はなんのことかは分からないわね(苦笑)本当は日記の題名がそのヒントなんだけれどね(笑)

でも、このことによって、以前のわたしとは変わらないけれど、本当の自分の中身はすっかり変わって、そちらの方が気分的には楽になるはず。というわけで、一歩前進なのだ。

とにかく今は、布団にくるまってじっとしていたい気分。
夕飯までちょっと横になっていようかな。。
16:17 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-05 Thu , 2008
馬鹿野郎、というか、わたしはとても悲しいんだよ
最近、だいぶ精神的に敏感になりすぎているようで。

昨日見たあるコミュ。先の、日本と中国がやっていた戦争についてのコミュ。何万人と発表されているけれど、それは大ウソだとか、実際はもっと少なかったとか、その根拠は「中国には戸籍がないから」だと。日本の原爆死没者(被爆者も含む)は「日本には戸籍があるからはっきりしている」のだと。

馬鹿馬鹿しいにもほどがある。

原爆死没者で、身元がはっきりしている人ってのは、そりゃ存在はするだろう、一定数は。でもそれ以外の「行方不明」の人もたくさんいる。爆心地で一瞬のうちに消え去った人だっているんだから。影だけ残して。うちんとこも「当日、爆心地方面に向かって、それ以来、姿を見かけない」と言うので、未だに「行方不明」だ。まぁ、戸籍上はどうしたかはわたしは知らないけれども。

で、被爆者に関しては、被爆者手帳をもらう際、証言者が2人いる。「この人は○月○日にここにいました」っていう証言ね。でも、実はこれって言っちゃ悪いけど、みんなで口裏合わせて「いました」って言うことだってできないわけじゃない。被爆者手帳をもらえると、かなり医療面に対して補助が受けられるからね。その補助欲しさに申告する人だっていないわけじゃない。ただ、女の人は結婚に差し支えるってんで、もらわない人もいるって聞いたことはあるけれども。。(そういう面では被爆者に対する「結婚差別」ってものも存在はしていたんだ)

逆に今でも証言者を探している人たちもいることは事実だ。身の回りの人はみな、原爆で亡くなってしまったので証言者がいないのだ。地元の新聞ではいまでも「証言者探し」の欄が設けられている。そして、8月に近づくと「原爆死没者の身元」をはっきりさせるため、原爆死没者の名前が並んだポスターが至る所に張り巡らされる。

そういう事実を知ってか知らないでか、ただ数だけ競って、しかも「日本人もこれだけ被害を受けました」だなんて、原爆死没者(被爆者含む)に対する冒涜だ。てめえが一瞬のうちにこの世からいなくなることや、被爆者の立場に立ってみろってんだ。いつ、何が自分の身体の中で起こるか分からない恐怖ってどういうものか、想像してみればいい。そうすれば、数で比較することがどんなに愚かなことが分かるだろう。

今では、被爆二世に対する制度も着々と整備されているらしく、わたしが住む東京都も、被爆二世に対する援護の制度があるということをこないだ(つーか、偶然昨日)初めて知った。

被爆者の子(2世)に対する援護

特定の病気に対しては、医療費の助成もされていると知って、ちょっとびっくりした。

確かに法律や制度に対しては、被爆者や二世に対しては恵まれていると思う。性的少数者に対する法律や人権なんて、ホント、全くないに等しいのに比べるとなんとも複雑な気分。けど、ホントはそんなのいらない。それだったら、被爆してない普通の身体で生まれてきたかった、そういう思いの方が強い。目に見えない放射線の影響が、自分の身体にどのくらい影響しているかなんて、自分でもよく分からない。そして、よく分からない恐怖感って当事者以外に分かるものか、とも思っている。それはわたしが生きている間、一生、そう思い続けるのだろう。そして、被爆者はその子孫までずっとその影響が残る。被爆者がこの世から消え去っても、その子孫は累々として残るのだ。それが、原子爆弾の怖さなのだ。だから、もう二度と原子爆弾は使用されてはならないのだ。同じ苦しみを他の人にはもう、味わってもらいたくないのだ。

そういう恐怖感を持つ人を「数」だけで見ないで欲しい。。
そんなふうに「利用」しないで欲しい。

日本は中国に軍隊を派遣して、そして人殺しをした。
それは何人であろうと何千人であろうと何万人であろうと何十万人であろうと、数なんか関係ない。なのになんで数にそんなにこだわるのか?数によって反省の度合いが変わるとでもいうのか?(まぁそこではどうも中国政府の発表数が気に入らないってことでいろいろ言ってるらしかったけどね)

過去に過ちを犯していない国なんてない。
そして今を生きるわたしは(子供はいないけれども)次の世代にそれを語り継がねばならないと思っている。それは同じ道を繰り返さないため。反省して謝り続けることのどこがいけないのだろう?自分のそういった考えが、自分の子孫がまた、戦争に駆り出されることに繋がると想像できないのだろうか。3度目の原爆投下がどこかで起こりうることに繋がると想像できないのだろうか。

わたしには、よく分からない。。

嫌なことは忘れて、今日はこれから広東語にいそしもう。
15:10 | 被爆二世・戦争などのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-06 Fri , 2008
星期五
日記のタイトルの意味は「金曜日」。
広東語で「sing1kei4ng5」と言います。
っていうか、四、五、六辺りになると「あれ、何曜日のことだろう?」って、数えないとよく分からないわたし。。(^^;

つーことで、金曜日と言えば、モグリの大学生になる日ね(爆)

今日も講義が始まる20分くらい前に行ったんだけど、だれ~も教室にはおらず。まぁ、前に講義があれば、20分前に教室に着くことは不可能だってことに今日、気が付いた(^^;

で、先週来なかった「3人組」(と教官が呼んでいる)のうちの2人が脱落したようで、結局今期はわたしを含めると6人って感じ。まぁわたしにとっては少人数で助かるわ。

講義が始まった直後に毎回、前回の復習テストをやるんだけど、先週はほとんどまーったく聴き取れなくてちょっと落ち込んだりしてたわけだけど、今回は結構バッチリ!(笑)(と思いたい(^^;)まー、前回は「1年は何ヶ月ありますか」だの、そういう簡単な会話だったりしたので、聴き取りやすかったってのはあるけど、しかし「上」と「下」がどっちかごちゃごちゃになって(あ、先週とか先月ってのには「上」が付いて、来週、来月ってのには「下」が付くんですわ)、ま、二者択一だーと思って、適当に訳しちゃった。けど、今見るとどうも間違ったようで。。orz

で、今日は6人ってことで、先週やった第5課を3組に分かれて、それぞれAさんBさんになって発音の練習をしましょう、ってことになった。んで、わたしは先週「いつも何語を話してるの~?」って聞いた人と練習。一通り、AさんとBさんをやったあと、つい、教科書の一番最初に書いてある「一年有幾多個月?」(1年は何ヶ月ありますか?)ってのを「ねーねー、これを北京語で読んだらどうなるの?」って聞いた。そしたら北京語だと「幾多」とは言わず「多少」になるんだと。あとは字もちょっと違う、って話してたところで、回ってた教官に話してる内容を聞かれた。。orzあ、やば。「北京語は授業後に教えてもらってね」と言われ「あー、すいません。。」みたいな(苦笑)あ、それからは真面目にやりましたです(^-^)←胸を張ることか

その後、今日はなぜか歌を聴かされた。「今生今世」(日本語の曲名だと「移ろいゆく時の中で」になってるんだけど、これって直訳じゃないよね?)って歌で、レスリー・チャンが歌ってるとか?ええと「金枝玉葉」って映画で流れている曲だと聞いた。「金科玉条」なら知っとるが(違)「金枝玉葉」は知らない。。けど、教室にいたほとんどの人が「ああー!」って言ってた。あれ、そんなに有名な映画なんだ??しかし歌詞の中に「感激」って書いてあって、歌い方も「かんげき」に聞こえたから「ヒデキ、カンゲキー!(古っ。博多あややじゃないけど、これが分かる人は、わたしと同い年くらいかそれより上ね(笑))」って思って訳を見たら「感謝する」だった。。orz

この曲は、彼のお葬式で流された2曲のうちの1つなんだそうだ。つーか、わたしは取り敢えず「レスリー・チャン」という人がいて、その人はゲイで、んで、自殺しちゃったってことくらいしか知らない。彼の顔すら知らない。「ジャッキー・チェン」なら知ってるけど、、ってさっき彼女に言ったらさ「もー、全然違うよ!!顔つきからして!!!!レスリー・チャンはもっと繊細な顔してるよ!」って怒られちゃった。。でもさ、外国映画ってほとんど興味がないんだもの。。つーか、日本映画もほとんど興味ないけど。

で、教官は「彼は一時期、休養をとると言ったときに、理由をマスコミから聞かれて『大切な人と一緒にいたい』と答えたんだけど、そのときに『佢』という言葉を使ったのね。で、この言葉の意味は『彼とも彼女』とも取れるので、彼は嘘をつかずに『彼』という意味で使ったんだけど、マスコミは誰だろうと必死に『女の人』を探したんですよ。でも見つかるわけはないわね、相手は男の人だったんだから」という説明をサラリとした。他の人は「マスコミは女の人だと思って一生懸命探していたんだけど」ってところで笑ってたけど、こういう風にサラっとゲイについての話が出てくるところがいいなって思った。あ、もちろん、その教官はわたしがレズビアンだと言うことは知っているのよ(笑)

彼のお葬式の時は、SARSがちょうど流行っていた時期で、外にはみな出てこなかった時期なんだそうだが、彼のお葬式にはなんと5万人もの人が集まった、って言ってた。それだけ愛されてた人なんだね。。

その教官はゲイフレンドリーな人で、毎年5月17日(国際反ホモフォビアの日、または国際反同性愛嫌悪の日)には「今日は何の日か知っていますか」と講義中に話すらしい。今年は残念ながら土曜日だったので、それができないって前に話してた。来年は日曜日だから、来年も無理だね。。

んで、第7課に。今日の内容は「あなたの誕生日はいつですか?」というヤツ。最初に「あなたのおなまえなんてーの?」(古っ!っていうか、これが分かる人って、相当歳が上よね。少なくともわたしはこの時代じゃないもん(笑))から始まって「拙者、氏は加藤、名は稔と申します」みたいな感じで始まる(っていうか、なんでそこだけ時代劇調で訳すんだ(爆))。そこから「あなたは日本人ですか、それとも中国人ですか」って質問になって「加藤だったら、中国人なわけないじゃん」って思うんだけど、まぁ、加藤さんは丁寧に「日本人です。あなたは香港人ですか、それとも台湾人ですか」って聞き返す。まー、その人は当然、香港人なわけだけど。それから「いつ生まれたんですか」だの「誕生日はいつですか」だの「今何歳ですか」だの、生まれ年を聞いたんだったら、歳は計算すれば分かるだろ!って思わず突っ込みを入れたくなるような会話の内容で。まぁ、教科書なんだから仕方ないけどさ(笑)

それから「今、どこで仕事をしてますか?」「日本印刷会社です(大日本印刷のことかしら?(笑)」という会話は、習っている対象が大学生なので「今、どこの大学で勉強していますか?」「○○大学で勉強しています」に変えられた。しかし、わたしは確かに今、その○○大学で学んでいるかも知れないが、本当は東京水産大学こそが我が母校なのだー!(って母校愛は多分、人並み以上にあると思う(笑))だから、どーも抵抗があった(苦笑)

で、最後にその香港人に「香港にはどのくらいいますか」と聞かれ「3、4年います」って答えるんだけど「香港に親戚や友達がいますか」と聞かれ「親戚も友達もいません」という寂しい終わり方をする課なのよね(笑)っていうか、これだけベラベラ広東語を喋ることができたら、友達なんか簡単にできると思うんだけど。。(苦笑)

あ、でも「出世」とか「打算」とか「讀書」って、日本語にもあるけど、広東語ではぜーんぜん意味が違うのよね。「出世」は生まれる、で、まー、そのものズバリ、なんだな。「打算」は「~するつもり」で全くわけ分からん。「讀書」は勉強することなんだってさ。わけが分かるところとわけ分からんところがグジャグジャになってるから、とても中途半端な感じ(笑)まーでも、英単語よりは覚えやすいよね。

しかし、この課、会話の内容はそうでもないんだけど、今までの疑問文のまとめってのが7つも出てきて、あれ、そんなに疑問文今までやってたっけって感じ。。しかも他に動詞と形容詞がどばーーーーーっと紹介されていて、こりゃ、これを全部覚えたら結構話せそう。しかし、例によって漢字は意味は違えど書ける。けど、読み方がねー。。

で、宿題は、この7つの疑問文をここに出てきた動詞や形容詞を使って2つずつ文章を作るってもので。。オプションとして「o架」を使った疑問文もできれば、ってことなんだけど、全部やるとしたら14個も文章作らなきゃいけない。。

教官に「これだけ言葉を習ったら、今度は自己紹介もできますね。講義に出てくるメンバーも固まってきたみたいだし」と言われたけど、、まさか、来週の宿題は「自己紹介」じゃなかろうな。。その前に「東京水産大学水産学部」の読み方を教わらなきゃ(笑)

帰りに買いたい本があったので、駅前の本屋に寄る。探してたのは岩波新書の本だったんだけど、目的の本はなく。。なぜかそこには上川あやの「変えていく勇気」が3冊もあった。なぜだろう?(笑)

今日はホント、起きたとき体調悪くて、行くのはよそうかと思ったんだけど、まぁ行ってよかった(笑)一昨日の夜から精神的に気分が悪くてね。ただ、その代わり、疲れたけどね。。

今日は早く寝よ。
21:14 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-07 Sat , 2008
あれ。
日記書こうと思ったら、こんな時間になっちゃった(^^;

今日こそは早く寝るぞ!
というか、最近、調子あんまりよくない。。
どうも顔の右半分が神経麻痺ではないが、ちょっとおかしい。うーん、顔面神経痛ではないんだけど、顔面に力が入ってないみたいだ。
上あごの骨と下あごの骨が変に力が入ってるみたいで、口が開けにくく、ものが食べづらい。

で、病院に行くかどうか、とても悩んでいるのよね。。
口の中は、寝不足だとてきめんにおかしくなるが、睡眠が足りているとそうでもないことが分かっては来たんだけど、相変わらず唾が出るし。。
でも病院行くと金かかるしなあ~、

今日は早く寝て「啊啊!好啊!」と言うのだ(謎)
23:56 | 病名が分かる前のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-08 Sun , 2008
今日は
体調悪くて、一日中寝ていた。
と言っても、最近は日中、頭の中がごちゃごちゃして、昼寝ができなくなっている。だから、無理矢理彼女をベッドサイドに連れてこさせて「他愛のない話」をしてもらう。

「Speedo社の競泳水着」の話とか、わたしの全く興味がない「サッカーの話」とか。。彼女の幼い頃の話とかね。でもさすがに彼女が幼い頃、イモリをビンいっぱいに詰めて遊んでた話とか聞くと、笑っちゃって逆効果なんだけど(苦笑)

でも、それを聞いているうちに、わたしは大抵寝てしまう。
やっぱり頭をからっぽにするとすぐに眠れるらしい。
って実際、話をする彼女も大変だと思う。。。

明日は彼女に「病院に行こう」と言われている。
どこの病院か知らないけど。。
でも、今まで散々医者には裏切られ続けているんで、期待はしない。
採血検査とか、針を刺すような嫌いな検査があったらイヤだなあ。。
でももう被爆するのもヤダしねぇ。。

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

23:05 | 病名が分かる前のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-09 Mon , 2008
病院行ってきた
嫌で嫌で仕方がなかったんだけど、近くの脳神経外科に行ってきた。
症状のことを話して、右の顔の筋肉は力が入らなくて、左はそうじゃなくてってこともちゃんと見せたりしたんだけど「両目をつぶってください」って言われて、つぶったら「これはなんらかの診断名の付く病気ではないです」と言われた。「多分、レントゲンを撮っても異常はないでしょうね」と。まぁ、わたし、以前に頭のレントゲン撮られれて、そんときも確かにどこかに腫瘍があるわけじゃなかったしね。それは分かってたんだけど。

なんかいろいろ聞いたんだけど忘れた。覚えてるのは「どこに行っても異常がないと言われること」「耳が聞こえにくくなったとか目が見えにくくなったという症状はあるけど、病気じゃないですよね、それと一緒です」

ってことは、、わたしゃ、一生、こういう症状を持ったまま暮らさないといけないのか。。。わたし、言っちゃ悪いけど、この症状のまま、一生暮らさなきゃなんないんだったら、もう即刻この世からおさらばしたいよ。それだけつらいんだもん。でもこのつらさに病名がつかないとは。。風邪の方がよっぽど楽じゃんって思う。

「できることと言えば、前に通っていた病院(親元の近くの)で出ていた薬をうちで出すことか、通っている心療内科で出してもらうことですね。それか、その心療内科で例えば口腔外科に行きなさいという指示をもらうとか。そうしないでいつまでもこうやって病院をぐるぐるしても多分、仕方がないです」と言われた。「でも、この話は毎回心療内科でしているんですが、なんの指示もありません」と言うと「では、その心療内科を変えてみたらどうですか」と言われた。

うーん。。前出てた薬は、血流をよくする薬なんだけど、あれは一時期は確かに効いてるのが分かったのね。飲むと途端に右腕が痛くなってたから(痛くなる=右腕は血行障害を起こしているので、血の巡りがよくなると痛い)。けど、ある日、飲んでみたらなんともなかったんだよねー。。ってことで、その薬も今や効くかどうかってところなんだけどさ。

あー、もうどうしていいのかよく分からないよ。
彼女からは「今日から強権発動で規則正しい生活を送らすからね」と言われてるけど、、ホントにそれでよくなるのかな。

そういえば、前のうつ病の時もそんなことしてたよなー。夜の10時かなんかになったらPC落とすの。ああいうこと、やんなきゃいけないのかなっていうか、それやったら本当によくなるのだろうか?よくなる保証があればやってみてもいいけれどもさ。。。
18:09 | 病名が分かる前のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-10 Tue , 2008
長い一日
ま、目が覚めたのは朝6時半ごろだったからな(苦笑)
で、1時間ほどベッドでゴロゴロしてたんだけど、眠れなくて逆にお腹が空いてきたので、起きた。

メシ食って、昼寝(爆)んー、やっぱりどうしても最初、彼女がそばにいて他愛のない話をしてくれないと寝付けないのよね。自分一人だと、いやなことばっかり思い出されて、寝るどころじゃなくなるというか、目は眠くなるんだけど、意識がなくならない。

その後、今日は治療院に行った。そう、週に1回はまだ治療院に通ってたんだよねー、ずっと。最近は座骨神経痛に伴ってヒザが痛くなったり、なんだか下半身もガタガタで。。で、今日、ようやくそれが一段落付き、まぁあとは体調がまた悪くなったらね、ってことになった。まー、今でも体調悪いんだけど、もう金ないからさ。。あ、それでもそこ、まけてくれてたんだよ。2回に1回はタダ。

終わって帰ってきたら、もう夜だった。。

しかし思えばもう12時間以上起きている。
今日は長い一日だった。
まだWii fitもやってない(汗)
で、明日は明日で今度は心療内科。
なんか毎日忙しい。

長いようで、ほとんど何もやってないに等しい(本1冊読んだだけ。それも内容がくだらんかった。。彼女のオススメの本だったのに)一日だったなあ~。

明日辺りから、広東語を始めないと。。今回は宿題も多いし。覚えることもたくさんあるし。

そうそう、今日、治療院に行く途中、電車の中で中国語っぽい会話が聞こえたんだけど、やっぱり北京語か広東語かはたまた違う言葉なのか(でも絶対に朝鮮語ではなかった)分からなかった。。区別が付くようになるのはいつ頃なんだろうってちょっと思った(笑)
21:42 | 病名が分かる前のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-11 Wed , 2008
日本語
今、岩波新書から出ている「日本語(上)」って本を読んでいるの。で、その著者の金田一春彦って人が「日本語は書くだけで性別が分かる特徴を持っている」と書いてあったので、わたし、早速女のマネ(というか、わたしは女なんだけれども(^^;)をしてみることにしたの。

だけどね、この本って3/4くらい読んだところなんだけど、もうウンザリだわ。わたしが知りたかったのは「日本語ってどういう風にできたのかしら?中国語とか、朝鮮語の影響はどの程度まであるのかしら?」ということなんだけれど、読んでいるうちにむかついてきたの(爆)この本、はっきり言って「日本語礼賛」の本なのよ。一等初めの方はそうでもなかったのだけれど。。

ちょっと前の方に「中国語は新しい言葉(多分、外来語と言いたかったのでしょうね)に対して意味ではなく、読み方が重要視されるので当て字に苦労している。功克力(チョコレート、でもわたし、広東語の講義でチョコレートは朱咕力って習ったのよ?)とは『何かの精力剤の名かと思う』」とある意味けなしながら、次のページに「日本には漢語というすさまじい力のあるものを持っている」なんて書いてあるの。読んでると「一体、何が言いたいの?」っていう感じがするわ。しかも語彙が多いと未開の言葉だと言われているらしいんだけど、それについてもなんかごちゃごちゃと言い訳してて、結局は「日本語が一番美しい」ってことが言いたい本なんじゃないかと思って本当はもうあんまり読む気がしないの。。

日本語と比較するのは、絶対にそれより「劣る」と思っている部分だけなのよね。例えば「日本語はひらがなさえ覚えれば、なんでも書ける。しかし、英語の場合は単語を覚えないと文章が書けないから、同じ小学校1年の2学期に書かせた作文の内容は、日本人の方が上だ」みたいなことが書いてあって、唖然としたわ。それを言うなら、朝鮮語は、日本語と違ってハングルしかないから、日本人のそれと同じことが言えるわよね。でもそれとは比較しないの。とっても「ご都合主義」って感じがするわ。

それにいくらひらがなが書けたとしても、小学校1年の2学期じゃあ、大した内容の文章は書けないと思うわ。いきなり「いまのにほんのこっかいは、さんぎいんでよやとうぎゃくてんしているので、ほうあんをとおすさいには、じみんとう(げんみつにいうとれんりつよとう)だけではなくやとうのきょうりょくもひつようです」なんて内容のことは書けないと思うわ。それなのに、何を持って上とするのか、わたしにはよくわからないし、根本的な問題として、どの言語が優れているかなんてすごく馬鹿馬鹿しい問題だと思うのだけれど。。

ということで、いささか腹を立てているわたしなの(笑)
でも読み出したので、あと1/4、頑張って読むわ。でも時間の無駄って感じもしないでもないわ(爆)

今日の晩は、眠りに就く際に彼女がお腹が痛くなっちゃって、帰ってくるまで待っていたの。というか、それまで眠れなかったの。そして、帰ってきたのが分かって「まだ起きてるよ」って言ったの。彼女はそれからわたしが寝るのを見届けてから、またトイレに行ったらしいんだけど、わたしは「まだ起きてるよ」って言ったことしか覚えてなかったの。その後の記憶はないので、寝たんだろうけど「起きてるよ」という言葉のままだと思ってたらしいから、ずっと寝てないつもりだったの。。だから今日はほとんど寝た気がしなかったの。。

そして今日は心療内科に行ってきたのだけれど、不安の気持ちは一切伝えず、眠りのことだけについて話してきたわ。というか、今は不快ではあるけれど、不安で何も手が付かないことはないのよね。でも、抗うつ剤はまだ出てるの。今日、主治医は結構機嫌がよさそうだったから、アナフラニールは飲んでないとでも言えばよかったと後で思ったわ。。本当は出された薬の半分も飲んでいないんだけれど(苦笑)なんてったって、今は3割負担なので、薬代が高いのよね。。ちょっとずつ薬を減らしていることにして(爆)、徐々に出してもらわないようにしなくちゃいけないわね。

今日はWii fitもWii Sportsもやったし、広東語の宿題も半分以上やったし、あとは寝るだけ。。といいつつ、本当は発音練習もやりたかったのだけれど。。できなかったわ。。。orz

明日は出かける予定はないから、頑張ってやるわ!
というか、その次の日はもう金曜日なのだけれど。。(汗)
ちょっと今週は忙しかったって感じかしら。

ああ、女言葉って割と疲れるわね(苦笑)
23:41 | (一般)本のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-12 Thu , 2008
男言葉で日記を書く
昨日は「女言葉」だったから、今日は「男言葉で」と思ったんだけど、どう考えても不自然な語尾「だぜ」とか「だよな」を付けないと、それっぽく聞こえない。。主語を「僕」とか「俺」にすればいいのか?とも思ったけど、果たしてそれさえ使えば「男言葉」になるんだろうか。

「女言葉」は使えるのに「男言葉」ってなんぞや?と考えている時点で、これって自分の中にはほとんど意識していない「ジェンダー」ってものなのかなと俺は考えた。でもよく考えてみると俺は自分のことを「僕」や「俺」とは言ったことがないのだ。しかし「ワシ」は使っていたのだ。むか~しむかし、チャットではずっと「ワシ」と言っていたのだ。だから「ワシ」は使える。あの時点で俺は「僕」「俺」を選択せずに「ワシ」を選択したんだろうか、と今思い返してみてもよく分からない。

今日はあまり体調がよくない。というのは、なぜかくしゃみが止まらず、それに伴って、鼻水が出るからティッシュが手放せないのだ。でも風邪ではない。どうも常に出る唾液が鼻の奥を刺激して、それでくしゃみが出るみたいなんだな。

俺はアレルギー性鼻炎は少し持っていて、だから、前にもこういうときはちょくちょくあった。だが、最近はちょっと頻繁にこういうことが起こり、出かけるときに当たるとすごく困る。なんせ常時鼻水が出るし、人前で鼻ばっかかんでらんないから。家で鼻水が出るときは、めんどくさいので鼻の中にティッシュを詰めてる(苦笑)

で、困ったときは「小青龍湯」ってことで、さっき飲んだが、効くときはピタッと止まるのに、今回は効きそうにない。ってことは、これから鼻水、くしゃみが更に出まくって、最終的に鼻が詰まって眠りづらくなるんだろうな。その前になんとかせんといかんね。ってこれは方言か(^^;

既に鼻水をかみまくって、鼻の下が痛い。しかし、唾液は出まくる。

実は昨日、心療内科で「もしかしたら唾液が止まるかも」って薬を出された。効かない可能性が大きいとも言われたが、まぁ取り敢えず2週間飲んでみて、と。で、飲んでるんだけどやっぱり効かないらしい。薬を飲んで変わったとは到底思えない。

広東語の宿題はもうやった。あとは発音練習。だが、この調子だとやるどころではない。困ったぜ(やっぱり「ぜ」は不自然だよねえ(爆))。「俺は待ってるぜ~」(古っ!)とか言うのによ。

あっ、メシだ。彼女が呼んでる。
じゃ、行ってくるぜ。

って書くと、なんかヘテロカップルみたいでなんか新鮮。。(感動)←?
19:47 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-13 Fri , 2008
モグリの大学生になれなかったよ(今日は「僕」だ!)
この題名が「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」のパクリであることが分かった人は、僕と同年代か更に年上だってことだ。まぁ、といっても僕はこの曲は聴いたことがなくって、ただ、題名を知っているだけなんだけどね。

昨日は「男言葉」で一人称を「俺」にしたんだけど「両性具有みたいだぜ」って書かれたので、考えた。僕は「俺」ってキャラじゃない。だから非常に違和感があったんだ。だから、今日は「俺」を「僕」に変えてみた。そして、日記の文体はいつも僕が使っているような文体で書いてみたら、どう見えるだろうって思った。だから今日の日記は「僕」で書いてみることにする。ってなんだか日本語で遊んでるな(^^;

今日は金曜日だから「モグリの大学生」をやる日だった。

昨日はすんごく調子が悪かったから、僕は広東語の勉強もそこそこに、早く歯磨きして早く寝た。あの調子で遅く寝るとどんどん鼻が詰まってきて、眠れなくなっちゃうからね。で、途中、今年初めて、蚊が耳元に寄ってきた音で起きてしまった。もう、あの羽音は大っ嫌い。けど、実は彼女といると蚊は彼女の方ばかりに行って、僕は刺されない。そう、そういう意味では彼女は僕の「蚊取り線香」なんだ(苦笑)彼女はやっぱり何カ所も蚊に食われてしまっていた。僕は無傷(爆)

だけど、それからもう一回寝るのが大変で。。結局8時ちょっと過ぎに起きた。起きたときに「おかしいな」って思ったのは、普通だったら、次の日にはまず持ち越さない鼻の調子の悪さ、端的に言うと鼻づまりだったんだけど、起きたときに鼻が詰まっていた。起きてまず、PCいじって(苦笑:だってクセなんだよ)、朝メシ食って、それからまだ時間があるからベッドで寝ようとした。ベッドに寝る前になんか寒気を感じたので、シャツの上にもう一枚フリースの上着を着た。それで寝たんだ。

寝ているうちにどんどん寒気がしてきた。なんかおかしい。腰の辺りと背中が寒い。彼女を呼んで暖かくしてもらった(別に全裸で抱き合ったわけじゃないからな!(爆))。けどまだ震える。家を出なきゃいけない時間はどんどん近づいてくる。焦る。このままだとまず、外に出ただけで悪寒がして学校に着いても講義が終わるまでには悪化していることだろう。僕は講義に出たくて出たくてたまらなかった。今休んでしまうと、1課まるまる自分でやらなきゃならない。最近はどんどん難しくなってきて、自習できるかどうか分からない。

「葛根湯を飲んだら?」って彼女に言われたので、素直に飲んだ。普通、僕が風邪を引くパターンとはまるっきり違っていたので、昨日は葛根湯は飲まなかったんだよな。最終的には腰と背中を温めてもらって、それから牛乳瓶にお湯を入れてもらって、それを抱いて寝た。ちょっとウトウトしたかな、と思った頃に汗がぶわーっと出てきた。Tシャツがべちゃべちゃに濡れてる。

「暑いよ~」と僕は叫んだ。そして上半身裸になって、彼女が持ってきてくれた濡れタオルで身体を拭いた。「まだ時間的には間に合うけど、、どうする?」と彼女が聞いた。が、この調子で無理矢理行くと、今度はあとで長引くような気がして「今日は休む」って言った。休みたくなかったんだよ、本当に。早くよくなるのを期待して昨日は早く寝たのに、なんで風邪なんか引いたんだ、って恨んだ。確かに今週は月曜日から水曜日まで出っぱなしだったんだけど。。やはり今の体力じゃあ週4日、外出するのはきついのか。

それからは自分が情けなくて情けなくて、寝ようとしても眠れなかったので彼女を呼んで、他愛のない話をしてもらった。そのおかげで結構ぐっすり眠れた。彼女には本当に感謝している。

というわけで、今日、僕はモグリの大学生にはなれなかった。
とても残念だ。

これって結構イケテルよね??(笑)昨日みたいに不自然さはないよね?

でもこう書くと、本当にヘテロのカップルみたいに思えちゃうから不思議だなあ~。明日は「彼女」を「彼」に変えてみるか。そうするとゲイカップルに思えるかも??(笑)って日本語って結構面白い、かも。

最初は「金ちゃん罪作り~」って思ったけど、なんだか楽しんでます(爆)
19:22 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-13 Fri , 2008
モグリの大学生にはなれなかったよ(ドラえもんバージョン←オイ)
ちょっと遊んでます(笑)どうなるかは書いてみないと分からないんで(苦笑)本物は前の日記です。ドラえもんバーションにした理由は、まー、前の日記にそういうコメントが付いたから(爆)

僕、野比のび太。今、ドラえもんと2人(?)だけで暮らしてるんだ。ドラえもんとの関係?そんなのなんだっていいじゃん(笑)秘密だよ、ヒ・ミ・ツ(笑)

今日の日記の題名が「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」のパクリであることが分かった人は、僕と同年代か更に年上だってことだ。まぁ、といっても僕はこの曲は聴いたことがなくって、ただ、題名を知っているだけなんだけどね。

今日は金曜日だから「モグリの大学生」をやる日だった。

昨日はすんごく調子が悪かったから、僕は広東語の勉強もそこそこに、早く歯磨きして早く寝た。あの調子で遅く寝るとどんどん鼻が詰まってきて、眠れなくなっちゃうからね。で、途中、今年初めて、蚊が耳元に寄ってきた音で起きてしまった。もう、あの羽音は大っ嫌い。けど、実はドラえもんといると蚊はドラえもんの方ばかりに行って、僕は刺されない。そう、そういう意味ではドラえもんは僕の「蚊取り線香」なんだ(苦笑)ドラえもんはやっぱり何カ所も蚊に食われてしまっていた。僕は無傷(爆)

だけど、それからもう一回寝るのが大変で。。結局8時ちょっと過ぎに起きた。起きたときに「おかしいな」って思ったのは、普通だったら、次の日にはまず持ち越さない鼻の調子の悪さ、端的に言うと鼻づまりだったんだけど、起きたときに鼻が詰まっていた。起きてまず、PCいじって(苦笑:だってクセなんだよ)、朝メシ食って、それからまだ時間があるからベッドで寝ようとした。ベッドに寝る前になんか寒気を感じたので、シャツの上にもう一枚フリースの上着を着た。それで寝たんだ。

寝ているうちにどんどん寒気がしてきた。なんかおかしい。腰の辺りと背中が寒い。ドラえもんを呼んで暖かくしてもらった(別に全裸で抱き合ったわけじゃないからな!(爆))。けどまだ震える。家を出なきゃいけない時間はどんどん近づいてくる。焦る。このままだとまず、外に出ただけで悪寒がして学校に着いても講義が終わるまでには悪化していることだろう。僕は講義に出たくて出たくてたまらなかった。今休んでしまうと、1課まるまる自分でやらなきゃならない。最近はどんどん難しくなってきて、自習できるかどうか分からない。

「葛根湯を飲んだら?」ってドラえもんに言われたので、素直に飲んだ。普通、僕が風邪を引くパターンとはまるっきり違っていたので、昨日は葛根湯は飲まなかったんだよな。最終的には腰と背中を温めてもらって、それから牛乳瓶にお湯を入れてもらって、それを抱いて寝た。ちょっとウトウトしたかな、と思った頃に汗がぶわーっと出てきた。Tシャツがべちゃべちゃに濡れてる。

「暑いよ~」と僕は叫んだ。そして上半身裸になって、ドラえもんが持ってきてくれた濡れタオルで身体を拭いた。「まだ時間的には間に合うけど、、どうする?」とドラえもんが聞いた。が、この調子で無理矢理行くと、今度はあとで長引くような気がして「今日は休む」って言った。休みたくなかったんだよ、本当に。早くよくなるのを期待して昨日は早く寝たのに、なんで風邪なんか引いたんだ、って恨んだ。確かに今週は月曜日から水曜日まで出っぱなしだったんだけど。。やはり今の体力じゃあ週4日、外出するのはきついのか。

それからは自分が情けなくて情けなくて、寝ようとしても眠れなかったのでドラえもんを呼んで、他愛のない話をしてもらった。そのおかげで結構ぐっすり眠れた。ドラえもんには本当に感謝している。

というわけで、今日、僕はモグリの大学生にはなれなかった。
とても残念だ。

うーん、ドラえもんなら「風邪を一瞬にして治す薬」を出してくれそうな気がするけど(笑)しかもドラえもんならきっと蚊には食われないだろうなー、ロボットだし。

【結論】
やっぱドラえもんにするとちょっと無理があることが分かった。
22:19 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-14 Sat , 2008
一日中、寝てた
しばらく「一人称」で遊ぼうと思ってたんだけど、そんな気分がしなくなっちゃったんで、取り敢えず元に戻すことにします。

今日は朝9時ちょっと過ぎに起きた。昨日の晩は割と早く寝たし、そういう意味では健康的かな。が、岩手と宮城で起こった地震が東京でも震度3ってのは、全く気がつかなかった。多分、震源から遠かったんで、S波が長周期の波になってたからかなあ~?ま、そこら辺はよー分からんけどね(苦笑)(だいたい、震度って体感だしねって今は震度計ってあるんだったっけか?)

朝食を食べた後、PCしてたら眠くなったので寝る。彼女に話してもらったっけ?それさえもよく覚えてない。多分、かなり熟睡したと思う。最後の方はウトウトして変な夢ばっか見てたけど。彼女が横にいないからね、寂しくなって呼ぶのよ。「○○さぁん」って。でも、最初は声が出ないの。出ないから必死に出そうとするの。それを何回か繰り返したら、やっと大きい声が出て彼女がやってくるの。でね、いろんなこと話してるの。でも、、あれっと思って横を見ると彼女がいないの。「あ、夢だったのか」って思って、また彼女のことを呼ぶの。で、彼女が来て、、という夢を3回くらい繰り返して見た(苦笑)最後は声が出るくらいまで起きたらしいので、本当に彼女が来たけど(笑)

「今、何時?5時くらい?」って聞いたら「まだ1時だよ」って言われて、、まぁいつも、一眠りしたら5時くらいになる時間に起きてるんで。。(苦笑)そのとき「ラッキー」って思った。

で、昼メシ食って、PCしたり、Wii fitやったり。今日でWii fit始めて83日目だったかなあ?トレーナーのおねーちゃんの髪が段々伸びてきて、今日は後ろでくくってた。わたしの髪の毛もそろそろ伸びてきたんで、わたしは切りたい(笑)毎日フロ上がって髪の毛乾かす時間が延びてきてたんで、イライラしてる(爆)

その時間は彼女はお昼寝。起きたときに入れ違いでわたしが再びお昼寝(苦笑)っていうか、本当はあんまり眠くはなかったんだけどね。なんかゴロゴロしてたら寝てた。

よく眠れるなあ。起きたら8時だったよ。彼女は今「American Idol」を見てて、明日、決勝の結果が出るってんで、いつもは「篤姫」を優先して「American Idol」の方は録画で見てるんだけど「明日は『American Idol』を見るから『篤姫』はBS1の6時からやるのを録画するね。で、見るならそのときに」って言われたのをてっきり今日だと思い違いをして、8時になって「American Idol」が始まった途端(今日は候補者が歌を歌う日。明日がその結果が分かる日)、「あ~、篤姫、なんで6時に起こしてくれなかったの????」って文句を言ったら「今日は土曜日だって!」って言われてしまった。。なんか頭、ぼけてる。。

で、今もなんだか頭がほげてる。ほげてる、なんて日本語あるのかどうか知らないけど(苦笑)

今日も早く寝よう。
来週は、確か予定がほとんどない日なんだよね。珍しく。治療院も終わったことだし。だから、ゆっくりのんびりしよう。

規則正しい生活をしてたら、なんかいいことがあるかも知らん。
全然根拠ないけど(苦笑)
21:46 | 病名が分かる前のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-15 Sun , 2008
調子わるし
昨日は一日中寝てたし、昨日もそんなに遅く寝たわけじゃないのに、身体の調子が悪い。というか、鼻の調子が悪い。昨日は全然感じてなかったのに、今日は鼻が両方詰まっていて、それで起きた。鼻の奥から耳にかけて痒いので、鼻からはくしゃみが出て、耳は耳かきでボリボリ掻いている。

身体の調子が悪いと精神的にも影響受けるのかな。
なんか「これ」という大きい理由はないんだけど、小さい理由の積み重ねで落ち込み気味。話すのが馬鹿馬鹿しいほど他愛のない理由でも落ち込んでる。たとえば、昨日、退会でマイミク一人減ったんだけど、なかなか自分の数字が減らないとか、変な理由だったりもする。いつもは彼女に話したりするんだけど、今は誰にも話したくなくて、一人で丸まってたい。

鬱でないときも「希死念慮」は絶えず持っているので、こういうときはこの世から消え去りたくなるね。

近所に高い建物がないってことだけが、彼女にとっては救いだろうし、わたしにとっては悪条件かな。それに最近の建物はオートロックで、中に入れなくなってるんだよね。。階段も鍵かかってるし。電車に飛び込む勇気はわたしにはない。
11:35 | 病名が分かる前のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-18 Wed , 2008
我慢できるか
ここのところ、ものすごく調子が悪くて、何もする気が起こらない。
口の中の違和感、それとほお骨から下あごに掛けての骨の圧迫感、出続ける唾液、それを起きている間中、耐える日々。何か物を飲むたび、食べるたびに状況が変わる歯の動き。起きているだけで、歯に圧迫感がかかる。本当にもう、耐えられない。

彼女がネット検索して、ようやく一つの病名にたどり着いた。最初は「統合失調症」が絡んでくる病気だったので、違うと思ったのだが、それ以外でも起こりうる病気と知り、しかもわたしが以前、難治性の病気と診断されたものと誤診される可能性があると書いてあった。

そこでわたしが病名で検索し、一つの大学病院の先生がやっているウェブサイトにたどり着いた。総称して「歯科心身症」というらしい。このうちのどれに自分がぴったりするのか、自分では判断が付かないが、その病気のうち、一部分はこれに、一部分はこれに、というのが当てはまっているような気がする。何より、歯が元で不眠になったり、全身症状が出たりというのがぴったりだし、わたしが今までかかった医者に言われた「症状はあるが病気ではない」「不快なのは分かるが、なんともしようがない」と言われた経験がある人たちが通っていること、そういう人たちは今までそこを見つけるまでにドクターショッピングを繰り返し、そうして、家族や本人がネットで見つけて来院すること、もう、その状況が全部今までの自分と重なって、読んでいるだけで泣けた。

そして「もしかしたら、この先生だったらわたしの苦しみが分かってくれるかも知れない。なんらかの診断を下し、そして治療してくれるかも知れない」と思い、昨日、いつも通っている心療内科で紹介状を書いてもらいに行った。身体が不調なので行くのが大変だった。最初に電話を掛けて書いてもらうように頼もうとしたが、直接来院して理由を言わないと書けないと言われ、身体が不調な中、行ってきた。が、どうしてそこまでやらないと書いてくれないのだろうか。宛先が歯科ということで、こちらも書いてもらいやすかったが、この病気、精神科の分野でもあるらしく、もし、同じ分野での紹介状だったら、とても言いにくかっただろうな、と思ったが、しかしどうして患者がそのように医者に対してあれこれ気を使わねばならないのだろうか。とつくづく思った。

そして先ほどその病院に予約した。

その先生の初診は月・火・木だそうだが、一番希望していた明日、木曜日はもういっぱいだそうで、来週の月曜日になってしまった。

月曜日まであと5日か。それまで必死に耐えるしかない。
そこまで今のわたしは追い詰められている。

多分、今週も広東語は無理だな。。
あと5日、どうやって耐えようか。

長い週末になりそうだ。

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

09:47 | 病名が分かる前のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-19 Thu , 2008
記憶の棚卸し
少し前に「父親との関係は断絶したいが、母親は切れない。母親に対しては、中学の頃からなぜか『守らなきゃ』って意識がずっと続いている」と書いた。だから、母親と連絡を取らない自分がなんか悪者になったように感じていた。「後ろ髪を引かれる思い」ってのは多分、こんな気持ちなんだろうな、と思っていた。

しかし、現実は違った。

ついこの前、実家から通っていた医者の薬をこちらに送ってもらおうと彼女を通じて母親に連絡を取ってもらった。母親はわたしが母の日にメールを送って以来、ずっと音信不通だ。その間、わたしの誕生日などがあったのだが、その日も何も来なかった。受信拒否している父親からはどうやら電話があったらしいが、、ったく、相変わらず全く人の心が理解できない父親だ。わたしはとても悲しかった。でも「母はわたしと連絡を取るのが怖いのかな」とちょっと想像していた。

ところが彼女と話した際、母親はどうやら「父に気兼ねして」わたしと連絡を取らないらしい、と聞いた。それを聞いてわたしはものすごくショックだった。確かにあのとき「今、父とは連絡を取りたくないのですべて受信拒否にしている」と書いた。が、母とは連絡を取りたいんだからね、というつもりで送った母の日のメールだったのに。。母はわたしではなく、父を取った。それで中学以来「母親を守っている自分」は一体何だったのか、何に対して守っていたのだろうか、とずっと心の中で悔い続けている。裏切られた、とさえ思っている。

そして同時に、今まで母親から受けた行為でどんなに自分が傷ついていたかを認識してしまった。

最初のうつ病の時に、母親から「薬を飲むと依存症になるから飲むのは止めなさい」と言われて薬を取り上げられて、自分で治すしかなかった自分。

2回目のうつにかかったときに、うつ病に関して一般向けに簡単に書かれている本があったので、是非理解してもらいたいと思って渡した本を、いつまでも読んでもらえなかった。あのとき何回か「もう読んでくれた?」と聞いたのだが「数行読むと眠くなってね。。」といい訳をされて、結局読んでもらえなかった。そのとき感じた悲しさ。

そして、カミングアウトをした際。わたしは電話で唐突にしてしまったので、その後、母親に対して必死で「母親の育て方が悪かったんじゃない、もともとこういう性質を持って生まれたのだ。だから、自分を責めないで」等のことを書いて、何通も送った。

しかし、それからだいぶ経ったときのこと、いつものようにメールを母親宛に送った際「お母さんの携帯は500文字までしか受信できないから、何回かに分けて送って」と返事が来た。そのときに、あのカミングアウトの際に母親に対して「すまない、申し訳ない」と思って心を込めて書いた数通のメールが実際には全部途中で切れていて、わたしの書いたことは多分、本当は全く伝わっていなかったことを知り、ものすごくショックだった。もちろん、わたしはそのときにそのことを悟ったが、母親には言わなかった。素知らぬふりをしていた。

そして、わたしが難治性の病気であるという診断を受けたと伝えた際、どうやらその病気のことをネットで調べたらしい。「こんな病気じゃない。これは誤診だ」とわざわざ伝えに来た。わたしはその時点で自分でもそれっぽくはないと思っていたので「わたしもそうは思っていないよ」と言ったのだが、親の家に行った際「あの医者はヤブだ」だのなんだの言うので「悪いけど、今まで行った医者の中であの人だけがわたしの痛みを一番理解してくれて、そして、あの人がシドニーの語学学校に診断書を書いてくれなければ、授業料は戻ってこなかったのだ」と言ったら、黙ってしまった。

そのくせ自分の身内(まぁわたしの身内でもあるけど(笑))のつきあいのある病院を紹介されて、わたしがそこに通っていたときには「治ると思って医者を信じなさい」とか、めちゃくちゃなことを言うし(信じるも何も、医者の診断が適確で、治療方法も合っていたら病気は治るだろう)、実際にはそこはわたしにとってはめちゃくちゃなところで、わたしの調子が悪く、病院に電話して医者にかけ直してもらうように伝えても、なぜか直接うちに電話がかかってくることはなく、その知り合いの身内には詳しいわたしの病状が伝わっていて、医者の意見もそこから伝わるようになっており、彼女と二人で「???」だった。

しかも、そこに通ってからは、唾液が出続けるようになるわ、全くの不眠になるわ、夕方から熱が出るようになるわで急激に体力が消耗し(しかも「熱が出ることはいいことです」などと言われ、なにも処置されず)「こんなところに通い続けていたら死ぬ」と思って通うのは止め、そして親の家に行った。

親の家に行ったら行ったで、つらくて泣いていると「アンタには○○家と○○家の先祖の因縁が付いているらしいから」みたいなことを言ってどこかに連れて行くという。「わたしは自分の先祖に対しては感謝しているが、その先祖がわたしを祟るとは到底思えない」と言って断わった。

これ、一つ一つ起こったときは、確かにそのときは傷ついたり怒ったりしていたのだが、、だけど、自分が母親によってこれだけ傷つけられていたことに全く気がついてなかった、昨日までは。

昨日、実は彼女の誘導でフォーカシングやったんだ。だけど、わたし自身では身体のどこも反応せず、それで終わりかなと思ってたんだけど、彼女が「ちょっと胸を見てみて」って言ったんだ。そうしたら、、自分の心臓に銀色に光ったナイフがグサグサと5、6本突き刺さって、そこから血がしたたり落ちて、それがまとまって一つの「涙」になって心臓からぽたぽたと落ちているのがはっきりと見えた。わたしはそれを発見し「ああ、そうか。わたしはずっとずっと傷つけられていたんだ」って思った。

彼女は「そのナイフを取れるよ。そこら辺にビンが転がってない?」って言うんだけど、そんなのは見つからないし、何よりわたしはそのナイフに怖くて近寄れない。だから今でも胸にナイフは突き刺さったまま、胸からはずっと涙が出続け、わたしはそれをなんともできなくて呆然と見ているだけだ。それとともに「裏切られた」悲しさが襲ってきて、もうどうしようもない。

要するに、自分の母親って人は、自分の見たいものだけを見、見たくないものは誰が何を言っても見ず、相手の意見も聞かず、自分の意見は言いたいだけ言う人だったんだ。。

一体、今まで守り続けてきたものはなんだったのか。甘えたくて甘えたくて仕方がないときでも一人で必死に耐えてきたのはなんだったのか、そして無防備に心をさらけ出し、自分が傷つけられているのも分からずにずっとずっと何が苦しいのか分からなかった自分にとても腹が立つ。

昨日の夜、あまりに苦しんでいるわたしに対して彼女が「わたしがろんたこにそのことを気づかせてしまったんだから、気が済むまで殴って」と言った。だけど、殴ってどうなるというのか。彼女を殴ったところで問題は何も解決しない。これはわたし自身の問題なのだ。わたしが自分自身で解決しなければならない問題なのだ。暴力からは何も生まれない。自分がむなしくなるだけだ。

病気がつらいときに限って、なぜ、こういうことまで顕在化してくるのだろうか。今は、本当につらい。

ただ救いは、彼女がいる、ということのみ。
彼女がそばにいる、ということのみ。
15:26 | (自分)肉親とのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-20 Fri , 2008
都立三鷹高校校長にエールを!
まさか、こんなことが起こっているとはつゆとも知らなかった。
今朝、たまたま覗いたコミュで都立校の教職員が「国歌、国旗」に対することで解雇されるかも知れない、というトピックを読んだ。だけどこれ、トピ立ったのが2月で、ちょうどわたしは全くPCには触れてなかった時期だ。

わたしは、この問題に対して以前、母校(都立三鷹高校)の教職員だった人が卒業式の日に起立せず、そのことが原因となったのか、その人は定年後、「再雇用」されず、裁判を起こしていることは以前から知っていたので、この問題には少し興味があった。

そしてトピに記載されていたリンク先のURLに飛んだ。
びっくりした。

なんと、都立三鷹高校の現校長が、都教委に対して異議申し立てをしているという。経緯についてちょっと調べてみたが、

2006年に都教委が「学校経営の適正化について」という通知を出し、その中で「校長の意志決定に影響を与えないよう、職員会議での挙手や採決で教職員の意向をはかるのを『不適切であり、行なわないこと』」としたらしい。

そして、その通知に対して、現都立三鷹高校校長である土肥信雄校長が「教員に何を言っても仕方ないという空気が広がり、職員会議でほとんど意見が出なくなった。生徒に日々接する教職員の声が直接反映されないと、活性化につながらない」として、昨年秋以降、校長連絡会などで通知の撤回を求めていたという。(5月21日付け朝日新聞夕刊15面(4版)まだ、リンク先が生きているので、一応貼っておくとこれ)。

あと、このことについて、初めて報じた毎日新聞の記事はこれ。5月2日付毎日新聞っぽいんだけど、うちでは既にその新聞は捨てちゃってて確認できず。

このことにより、ネットでいろいろな署名活動や校長に対する激励の言葉を集めているサイトを見つけた。

学校に自由な風を

残念ながら、今はもう署名は集めていないらしい。。

同じ系統の違う人たちを支援しているブログでもこのことが取り上げられている。

河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会

また、つい1週間前にも現校長は都教委に呼び出されて(ヒアリングという名目で)意見を述べたという。これは6月13日付け朝日新聞朝刊35面(地方面、多摩)で少し取り上げられている(これはネット上では発見できなかった)。

土肥校長は現在59歳。ということは、来年定年を迎えると言うことになる。それまでは校長会などで訴えていたらしいが、矛先を直接都教委に向けたと言うことは、おそらく今年が最初で最後のチャンスと考えたのに違いない、とわたしは思う。

ちなみに母校愛人一倍のわたしはもちろん、三鷹高校同窓会に入っていて(爆)、毎年1回会報が来る。今年ももう4月の終わりに来ている。今年の会報は、正月にあった全国高校サッカー選手権大会、都立高初ベスト8のニュースで沸き返っているが(毎年地味なモノクロの会報が、今年に限ってカラーだった(爆))、その中で校長は、サッカー部の快挙を取り上げながら、

「私も学校経営計画の中で、三鷹高校は社会的リーダー(社会的弱者に配慮できるリーダー)の育成を第一に掲げ」

と書いている。もちろん、わたしはこの校長とは一面識もないが、サッカー部でいろいろな新聞に取り上げられたときに「本当に三鷹高校を愛してくれている校長なんだなあ」という印象を持っていた。その人がまさか「社会的弱者に配慮できるリーダーを育成しよう」と考えていることなんか知らなかった。この点においても、性的少数者であるわたしはこの校長を応援したい、と思った。うちの高校の校訓は「気力を起こし、我が身を試そう」だ。この校長は自らそれを実践している、と思った。ま、基本的にうちの高校は「ノンポリ」でもあるんだが、、(苦笑)

そして、今、わたしは自分で何かできないか、必死で考えている。今は身体が不自由なのと精神的に参っているので、思い通りにできないのが残念だけど。

例えば、今、わたしは「鷹高OBコミュ」にひっそりと入っているが、実はこの中では全くそういうことについては書かれてない(だから、わたしも今まで知らなかった)。そこでトピ立てをして知ってもらう、と言う方法が一番手っ取り早いのだが、そうすると、必然的にわたしはカミングアウトしてしまうことになる。昭和43年生まれで吹奏楽部でTb.を吹いていた女性というと、該当者が2人しかいないんだよ!(苦笑)だったら、だいたいどちらかは分かるだろう。普段の精神状態なら多分、耐えられるが、、今それができるかどうか。知り合いがいるであろう状態での「カミングアウト」はものすごく怖い。もちろん、今、高校時代の友達でリアルに付き合ってるのは1人しかいないし、その人にはカミングアウトしちゃってるから、それ以外の人にはどう思われようが、構わないつもりなんだけど。。。そしてそれこそ「気力を起こし、我が身を試そう」の精神なんだが。。

どうすればいいのか、どうすれば、この不自由な身体の自分をもっとも効率的に動かせるのか。。

わたしは今、考えている。

もう、ネット上でのメッセージも集めていないようだしなあ。。けど、実際には物事は動いているようだし。一体、どうすればいいのだろうか。
17:02 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-21 Sat , 2008
国連人権理事会から日本政府への勧告
これ、つい、昨日知ったんだ。
LGBT関連とは全く別のところで。なんでこんな大切なこと、誰も取り上げてなかったのかって不思議なんだけど、それとももうどこかで取り上げられてて、古い話題になっちゃってるのかなぁ?

今、まだ自分の中でよく整理されてないんだけど、取り敢えず調べたことだけ挙げておく。

まず、多分これはほとんどの人が知っているであろう、Gay Japan Newsから。ここの5月31日の記事が

LGBT差別撤廃の措置勧告=国連人権理事会で日本政府に

このようになっている。でもこれだとね、まだ日本が勧告を正式に受け入れたということにはなってないんだよね。勧告を含む報告書が採択された、とは書いてあるけど。で、実際は6月12日(日本時間では13日)に勧告が受け入れられたらしい。これは日弁連のウェブサイトに書いてあった。

国連人権理事会本会議におけるUPR審査に対する日本政府の対応についての日弁連コメント

ただし、この中には性的少数者のことについては一言も触れてない(爆)問題は、この下にあるpdfファイルの中身。

これ

この中の(別紙1)は各国から日本政府に出された勧告内容の全部。それに対して(別紙2)は日本政府が受け入れた勧告内容。(別紙3)は日本政府が受け入れなかった勧告内容。(別紙2)の中にちゃんと

・ 性的志向に基づく差別の撤廃(11)

と書いてある(この「志向」ってのは、どうやら日弁連が間違えたようで、別紙1の方はちゃんと「指向」って書いてあるのに(笑))。

ただね、受け入れられなかった勧告の中に、

・ 平等と非差別の原則に適合するよう国内法を改正し、人種差別、差別、外国人嫌悪を禁止する国内法を緊急に制定すること(6)

って書いてあるのね。この中の「差別」とはなんじゃらほい、こんなところに「差別」って書いてあったら全部の差別に対して国内法を制定するつもりがあるのかないのか分からんのではないか、と思い、彼女の勧めに従って、仕方なく原文(もちろん英語だよ)を探してきました。。

するとどうやらこの「人種差別、差別、外国人嫌悪」の元になっている英語ってのは「RACISM, RACIAL DISCRIMINATION, XENOPHOBIA」らしいんだな。ということは、差別でもなんでもかんでもの「差別」ではなくどうやら「外国人差別」のことらしい。

ただ気になるのは、これ、まだ正式な報告書ってのは出てないんだけど、プレスリリースによると

「Japan had already ratified most of the major human rights instruments and would further proceed to the examination of ratifying the signed conventions as early as possible. One recommendation had called for the elimination of discrimination based on sexual orientation and gender identity.In response, the Ministry of Justice was conducting awareness raising activities.」

なんてことが書いてあるわけ!一体、日本政府が今まで性的指向に関して人権政策を進めるようなことをしているのか??と思ったら、多分、昔、ある人が教えてくれた「携帯フィルタリング」についての参議院のインターネット中継で松浦大悟議員の質問に対して、人権擁護局長が

「法務省の人権擁護機関では平成19年度の第59回人権週間において、女性の人権を守ろう、子供の人権を守ろう、などと並んで性的指向を理由とする差別をなくそう、性同一性障害を理由とする差別をなくそう、などを強調事項に掲げ、性的指向や性同一障害(ママ)を理由とする偏見差別をなくし、理解を深めるための啓発活動を実施しております」(だいたい始まって1分くらいの答弁だから、すぐに聞けます(笑))

と回答しているのを思い出した。でもこれを聞くまで人権週間にそんな目標が掲げられていることも知らなかったし、第一、人権週間しかそういうことをやらないのか、という疑問も沸々。。しかも、これ、性的指向に関することはだいたい17分くらいで終わるが、聞いていると笑えるのを通り越して呆れてしまう。これでよく「性的指向を理由とした差別をなくそう」としていると言えるよなあ。これ、全部英語に訳して国連人権理事会に送ったらなんて思われるだろう?

ちなみにこの勧告に対する日本政府の言い分はこれ。読んでるとすんごく役人ぽい回答(当たり前だが)しとります(苦笑)

あ、そうそう、Gay Japan Newsに触れられている

> 日本審査にあたっては2月、ゲイジャパンニュースをはじめとする国内外約20のLGBT関連団体が、日本におけるLGBTIを取り巻く人権状況に関する情報と、政府への提言を盛り込んだ文書を国連人権高等弁務官事務所に提出していた。

ってのは、どうやらこれらしい。

この中の10.に「LGBTI」のことについて触れられている。で、ここに参加したNGOってなんだろ?と思って下の方を見てみると、

「LGBTI NGOs」として

Joint submission - Asia-Japan Women’s Resource Centre (AJWRC)* ; ARC-International;Centre for Gender Studies, International Christian University; FTM Nihon; Gay Friends for AIDS, PLACE TOKYO; GayJapanNews; ILGA-ASIA; International Gay and Lesbian Human Rights Commission (IGLHRC); Kanagawa Rainbow Centre SHIP; KANTO GAKUIN UNIVERSITY RAINBOW STAGE; Light Hearts; Office ZEN nature; PA/F SPACE; P-Flag Japan; Rainbow Pride Ehime; rainbow support net; Sexuality=Humanrights Est Organization; Shin-Osaka Counselling Room; STN21; Waseda University Sexual Minority Network; Yokohama Cruise network, Japan

これだけの団体がある。あれ、パフ・スペースも入ってるの?とか、P-Frag Japanなんて団体があったんだ、とか、知らない事実が分かってびっくり。けど、なんでGay Japan Newsしかこのことを書かなかったんだろ。っていうか、わたしが探し出せてないだけなのかしらん。。??

物事は、よく分からんところで動いてるんだなあ~とちょっと感心。 そして、5月9日に行なわれた理事会の模様がビデオ録画で見ることができる。すごいことだなあ~。
でもしかし、この勧告を受け入れたということは、LGBTI界にとってはある意味「日本政府からのお墨付き」をもらえたということではないか?ということは、今後はこれをフルに使えるのではないか?と思っているのだが。。

そして、この勧告を受け入れたからには、やはり何かしら国内法の整備が必要なわけで。今後の動きには注目するか、または担当部署の尻を叩くかしなければならないのかなーとも思っているんだが、、多分、担当部局って、上に書いた法務省の人権擁護局なんだよね?

これからはやはりこのようなところにも目を向けていかねばならないだろうと思っている。

ただ、個人的に残念だったのは、この勧告の中でほとんど日本政府は「外国人差別(在日コリアン含め)」については知らん顔だったんだよなあ~。本当に外国人にとっては冷たい国だと思う。アイヌを「先住民族」と認めたのもホンの数週間前だし、しかもそれもサミットが開催されるため、とか言われてるし。。ホント「動くとすれば」外圧でしか動かん国なのか、この国は。情けない。。

テーマ:性的少数者(LGBTIQ) - ジャンル:日記

23:05 | 性的少数者に関すること | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-22 Sun , 2008
んもう!(苦笑)
んー、相変わらず一度目が覚めたら、その後はウトウトしてほとんど寝た気がしてないんだけど。

今日見た、あんまり思い出したくない夢(号泣)
何かの打ち上げ(注:Brass MIX!ではありません(爆)なんの打ち上げかの設定はなかった(笑))で、突然ゲイカップル(全く知らない人)が目の前でSEXし始めたー!(きゃー)

って、わたし、ゲイカップルのSEXってもちろん、全く見たことないんですけど(汗)まー、BAdi(ゲイ雑誌です)のグラビアとか、ヤマジュン(過去の「薔薇族」に一時期掲載されていたマンガを書いてた人。山川純一の略。今はどこで何をしているのか不明。死亡説あり)のマンガは確かに読んだことがある。あ、あとBAdiに載ってる他のマンガとかね。けど、BAdiのDVDは見たことないし(尾辻さんのPVを除いては(苦笑))、ホント、ホント、それだけの知識しかないのに、なんであんなシーンの夢を見るんだ。。まー、ここでは詳しく説明しないけど(苦笑)しかも、以前、うっかりしてWikipediaの「精液」を検索したときに、見たくないものを見てしまったので(これ、すごく衝撃的だったの、わたしにとって。だってそれまでそんなもの見たことなかったからさ)、、最後はそんなのまで夢の中で出てきちまったよ。。で、そのとき思ったのが「コンドーム付けてないじゃん。。」って、わたし、一体、夢の中で何を考えてるんだろう??????

ヘテロカップルのSEXシーンはテレビや映画や小説やマンガでやたら出てくるからやり方(?)とかは知ってることは知ってるけど、そんな夢は見たことないし、おかしいなあ~??それに、わたしにとってはヘテロカップルのSEXシーンも言っちゃ悪いが「うげー」なんだよねー。それはもう、仕方がない。わたし、レズビアンだもの(苦笑)

起きたら彼女に「ろんたこ、寝言言ってたよ」と言われた。

確かに眠れなくてゴロゴロしてたときに、寝ている彼女に対して「ねーねー、お話ししてー」って言ったのは覚えてる。けど、当然のことながら、彼女は寝ていて、話なんぞしてくれなかった。彼女によると、わたしが突然「むかし、むかし、あるところに、○○さん(彼女)がいました」と言ったらしい。それで彼女が「続きは?」って聞いたところ、なんだかいきなり「むにゃむにゃ!!(怒)」って怒り出したらしい。。なので、彼女は「むにゃ?」って聞いたら、わたしは「むにゃあ~」と言ってまた寝たらしい。。

んー、全然全く覚えていない!!!自分ではずーっと意識があったはずなのに、おかしい。

とにかく今日の朝は変な気分だった。

明日はいよいよ病院に行く日だから、今日は早く寝なくちゃ。
今日は変な夢と変な寝言は言いませんように!(笑)
21:41 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-23 Mon , 2008
ようやく病名が。。
今日は大学病院に行ってきた。
ここに予約してから5日間、本当に長かった。。

朝、早く電車に乗って病院へ。でもその前日はほとんど寝た気がしなかった。早く寝ようと思ってたのに、結局1時過ぎちゃうし。。

予約してた時間は朝9時半だった。淡々と受付を済まし、外来へ。着いた途端「じゃあ、これを書いた下さい」と2種類の紙を渡された。1つはどうもうつ病かどうかを判断する、なんか心理関係の質問票みたいだった。「自分は生きてる価値があると思いますか」とか。んなの、今のわたしにはないない、つーか、いつもないって、そんなん(苦笑)なのに「将来の目標はありますか」という質問に「あります」って、、すごい矛盾しまくりだな(苦笑)

もう一つは、今、どういう状態であるか、何が気になるか、等を答えるもの。んー、実は昨日の夜、今までどこの医者にかかってきたかとか、今の状況についてのことについては、もう書いていて(以前、見つけたその医者のウェブサイトに「もし自分の診察を受けるのだったら、この紙をダウンロードして答えて持ってこい」と書いてあったんでね)、また同じようなことを。。って思ったけど、まぁ、それは仕方ないね。しかし、今のわたしの状態を一言で答えるのは難しく。。なんかいろいろ書いちゃったけど、あれ、ホント、普通の人が読むと全部「不定愁訴」だと思う。。

その後、すぐに診断室へ、と言っても、すぐにその人が見てくれるわけじゃなく、まずは研修医っぽい人に詳しい話をする。そこ、大学病院で、しかも実習中と思われる学生がたくさん。。たくさんというか、ずらっと囲まれて話を聞かれるって感じ。まぁ、この分野はまだまだこれからの分野ってんで、人気あるのかな。それともそこの教授の方針なのかな。まー、よく分かんないけど。

彼女も「家族」というので一緒に。わたし、事前の質問票に書いておいたんだよね。「わたしは女性同性愛者で、パートナーと一緒に住んでいます」って。こういうことは先にカミングアウトしちゃう方が楽なのだ。けど、楽は楽といっても、やっぱ精神的苦痛は感じるよ。だって異性愛者の人は、そんなことする必要はないんだものね。でも質問票に未婚か既婚かと書いてあったら、今のわたしは未婚じゃんか。でもパートナーとは一緒に暮らしてるじゃんか。そういうのがね、やっぱ想定されてないから、こっちから言うしかないのだ。。できればカミングアウトしたくないけど、こういう大事なことはやっぱりカミングアウトせざるを得ない。ホント、病気のことで頭がいっぱいなのに、こういうことまで考えるのは正直、精神的にはつらい。どうでもいいことだったら、カミングアウトなんかしないけどさ。

で、今までの話を詳しく詳しく聞かれた。
わたし、唾液が出て、すんごく話しにくかったんだけど、まー、しょうがないから話した。今まで、ホント、いろんなことがあって、最初は腕の痛みが主だったのだけど、それが徐々に頭や歯に来て。。ってところから。今まで飲んでいたうつ病の薬についても、何を飲んだことがあるかとか、何に副作用が出たか、とか。でももう4年くらい前のことからだから、よくは覚えてないんだよねー(苦笑)ただ、今はアモキサンとアナフラニールが出てるけど飲んでないとは言った。

実はね、ウェブサイトにアナフラニールが有効って書いてあったことはあったんだ。けど、わたしはそれでも飲まなかった。だって、これこそ素人判断だからね。わたしはわたし自身でもう、抗うつ薬の怖さは身をもって知ってるから、指示されないと飲まないのだ。あ、今回飲まなかったのは、心療内科の医者がわたしのことを「うつ病だ」と思って出したけど、わたし自身は「うつ病だ」と思わなかったため。「うつ病」に関しては、自分自身の方が詳しいのだ。そういうことも、きちんと話した。

触診もされたよ。わたしは「口の中が開けづらい」とも感じていたけど、特に「顎関節症」ではないようだ。歯については「もっと優しく磨いた方がいいですね」と言われてしまった(苦笑)わたしはすげー、ごしごし磨くからなーっていうか、そういうの、やっぱり見ただけで分かるんだな。でも「どこの歯がおかしいですか」と聞かれて、実際、何かでつつかれても、実はよく分かんないのね。口を閉じてたら「ここ」って分かるんだけど、開けてみて実際に触られるとよく分からない。それに歯はその日によってっていうか、時間によって別の歯に動いたりするので「今はこの歯が変な感じがします」としか答えようがない。範囲も同じことで。ひどいときは左右両方の奥歯全部だったりするし。聞かれても困ることが多々あった。でも結構詳しく聞かれたなー。今までこんなに話を聞かれたのは、初めてだった。

で、それが終わってからようやく教授の受診。見たところ「教授」と言われても、そんなに偉そうな人ではなかった(笑)っていうか、この人の経歴を自身のウェブサイトで見ると、歳がわたしより3つしか違わんのだもん。しかも、2年前まで地方の大学病院で講師やってたのに、突然今の病院に呼ばれて教授。この世界は日本ではこれからの分野らしいけど。優しそうとは言わないけど、言ったことはちゃんと受け止めてくれるようなそんな印象だったかな。

前に話を聞いてもらった人がわたしの話を要約して伝える。その話を聞きながら、今までの心療内科に書いてもらった紹介状を読んで、で、わたしも彼女にも質問。

触診もされて歯も診られて、その結果「口腔異常感症」、もしかしたら「セネストパチー」も少し入っているかも、と言われた。そう、実はわたしらも最初この「口腔セネストパチー」って病名に行き着いたんだよね。

で、この病気は実は抗うつ剤が使われる。別にうつ病ではないんだけど、なぜか抗うつ剤が効く病気らしいのだ。これは、ドグマチールが以前、食欲増進剤として使われていたのに、うつ病に効くからと言って抗うつ剤になったのと多分、同じようなことなんだろう。だから、抗うつ剤を飲むからと言って、うつ病ではなく、しかもうつ病じゃない患者に抗うつ剤を飲ませるので、逆にその患者をうつ病にさせないような配慮も必要なんだって言ってた。ま、抗うつ剤は一歩間違えるとすぐに死にたくなっちゃうような副作用を持ってるからね。。

でも治療方法としては、うつ病と同じで、どの薬がその人に合うかをまず見つけることで、これを探すまでが大変ってことだった。で「完治ではなく、まず半分治すことを目標にしましょう」と言われた。そして、目途は「年内」と。こうやって目標を掲げてくれると確かに先が見える気はするが「年内」って。。と思ったよ。でもよく考えるともう、今年は半分過ぎつつあるんだよね。。「確かに治すのは難しいかも知れませんが、年内と言っても今の状態ではなく徐々によくなっていきますから」と言われた。わたしは「完治じゃなくて、この状態の半分が年内かよー?」って思って「完治はしないんですか?」と聞くと「最初から完治を目指すと大変になる」って言われた。うーん、彼女に後で聞くとそれは正しいって言うんだけど、じゃ、わたしは死ぬまで元通りにならないわけ?って感じがちょっとする。この状態の半分の症状って言われても具体的にはよく分からないのが本音。

取り敢えずは朝、昼、晩と「テトラミド」という四環系の薬が出た。四環系の薬を飲むのは初めてだ。あと、朝、いつまでもウトウトしてよく寝た気がしないと言ったら、今飲んでいる睡眠剤に加えて「トリプタノール」ってのが出たけど、これは三環系の抗うつ剤だ。が、どうやら抗うつ剤として出たわけじゃないらしいね。抗うつ剤として使われるのなら、一日最低源30mgは飲まなきゃいけないけど、10mgしか出てないんだから、よく分からないけど、睡眠の何かに効くのだろう。っていうか、この薬、夜尿症の薬でもあるらしいんだが(苦笑)まー、それは関係ないやね。

ってことで、目標としてはこれから3~6ヶ月の間、月2~3回通うってことになった。取り敢えずは前に書いた「自分に合う薬を見つけること」を目標にするらしい。病名も付いたし、それに向けた治療も始まったが、これからどうなっていくのかな。早く合う薬が見つかって、少しずつでもよくなっていって欲しい。。

しかし、診察が終わったのがもう12時過ぎてて、ホント、何時間診てもらったんだろ、って感じ。。いや、今までの3分間治療(治療じゃない、あんなの。人の話も聴かないし)なんかより随分よかった。が、帰ってきたら疲れて、起きたらもう8時過ぎてた(苦笑)

そういや、あの教授の机の上には「リラックマ」グッズがさりげなく何個も置かれていて、なんか顔からは全然、そういうの好みだとは想像できないんだけど~。。ちょっと気になるなあ(爆)帰りに彼女と「ねーねー、あの先生、結婚してるようには見えないよねー」とか、散々。。(ってこれはわたしが一人で言ってたんだけど(苦笑))

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

21:55 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-25 Wed , 2008
眠い。。
病院から帰ってきてからと言うもの。
眠い。一日中眠い。

昨日は珍しく12時台にベッドに入ったけど、今日、起きたのは11時過ぎ。
ま、そのままずっと寝てたわけじゃないけど、でもウトウトしてた時間もそんなに長くはなかった。しかし、11時になっても身体が重くて動けない。なんなんだこりゃ。。

今日は最後のセラピーの日だった。
取り敢えず、今日でお終いにしましょう、ってことで。
だって、もう一応、精神的な問題は出し切っちゃったからねー。あとはブログを再開するだけだ。

今回はあまり話すこともなく、最後に「これからどういうことをしていきたいですか」という話になった。これは、自分でははっきりしているから答える。

それを一通り聞いて、今の状態、ちょっと将来の状態、そのまたちょっと将来の状態、というのを5つくらいの段階に分けて、最初はそこに立ったときにどういう気分か、ポーズを取ってみる。例えば、今の状態は歯がおかしいので、頭を抱えている、という感じか。「将来なりたい自分」までのポーズがわたしの場合「肩に力が入らず、自然体」だったので、もう一度、最初のところから立ち、今度は肩に力を入らない形で、徐々に将来に向かって進んでみた。「気分的に変化はありましたか?」と言われて、あまり変化はない、と答えたが。ただ「将来の位置から今の自分に向かって何か言いたいことはないですか」と言われたときに「(歯に対して)治らないかも知れないと思って不安だったかも知れないけど、ちゃんと治るからね」と言いたい気分だ、と言った。そこからだと「このときはこれが不安だろうな」って分かるんだよね、ちゃんと。

実際、将来の目標の姿を思い浮かべると、なぜかその目標が早く達成されるらしい。これは何とかって言う方法だって言ってたんだけど、忘れたよ(苦笑)セラピストさんも自分でそういうことをやっていて、思ったより早く自分のやりたいことができている、と言っていた。まぁ、わたしの場合は早く身体を治すことなんだけどね。

おそらくこのセラピストさんとは、病気が治っても付き合いがあると思う。。いろいろな人の繋がりで生きている人で、どうもわたしもその中に入っているような感じがする。といっても、わたしが持ってる人脈はその人に対してはあまり役に立たない感じもするんだけど(苦笑)取り敢えず、病気が治った時点でメールしてみよう。

でも、精神的につらいことはあとは、この歯の問題だけになってきたので、一旦は終了。

家に帰ってきてから、夕ご飯前までこれまたぐーすか。
んー、これって薬のせいかなあ。
今日また早く寝て、明日、まだ眠いようだったら、一回病院に電話するか。。希死念慮がないのは幸いだけど、これだけ毎日寝てたら、日中、何もできん。。

【注】ここまでの日記は、先にmixi日記に書いていたものです。
21:46 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-27 Fri , 2008
風邪引いた
というわけで、まだ暫定的だが、ブログを再開した。
まだまだやることはたくさんあるんだけどね。

ここんとこ眠い、と思ったら、今日は起きたら風邪を引いていた。
うー、今日はプールに行こうと思ってたのに無理だぁ。
早速葛根湯を飲んで、それから首にタオル巻いてマスクしております(暑い)。

仕方ないから、今日も一日寝てるか。

と言っても、ブログをいじりだすと、時間を忘れてつい、夢中になっちゃうんだよね。。
やりたいことができないと本当に腹が立つー。
けど、今日はやめとこ。
12:15 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-28 Sat , 2008
この季節になると思い出す
もう6月もそろそろ終わり。
この季節になると思い出すことがある。

あれは就職してから2年目の今ごろだった。
あの日、わたしは午後ちょっと過ぎた頃に出張の予定が入っていた。
朝から小雨が降っていたが、わたしが会社を出るときは一旦止んでいたので「ラッキー」と思ったが、相手先の会社の社長さん(ってことにしておこう(^^;)にとっつかまって、いろんな世間話を。。

そのうち、雨がまた降ってきて、わたしは仕事をするために外に出た。(あ、わたしのそのときの仕事は主に外でやる仕事だったんですわ。って詳しく書けないところがアレなんすけどね(^^;)
詳しく書けないので、何やってたかは言えないけど(別に秘密の仕事ではないけど、あまりにもレアな仕事なんでねー、あんま、おおっぴらにはしたくないのよね)、仕事をやってるうちに雨粒が大きくなってきてね。「こりゃ、早く終わらせなくちゃ」と思って、まぁ最低限のことはしてから会社にまた戻ったんだけど。

会社に戻った途端、今まで降ってた雨がスコールみたいになった。大きな雨粒で前も見えないほど、ザーザー降っている。普通、スコールってほんの何分かで終わるけど、そのときは2~3時間続いた。終業時間を過ぎてもまだ降ってたので、取り敢えず、小降りになるまで会社で待機。そうだなあ~、1時間程度は待ってたか。あ、残業は付けてません(爆)

わたしはその当時、会社には自転車で通勤してたんだけど、あのときは家に帰り着くまでに至るところで道路が冠水してた。家に着いたら、ビデオデッキが点滅してた。ということは、どうやら停電してたらしい。

わたしが住んでるところはそのくらいで、他には何も被害はなかったが、近くで大きな土砂崩れがあり、死者が出た。あの辺りは仕事では滅多に通るところではなかったが、それでも国道沿いの急カーブで、崖っぷちに教会がポツンとあるのは知ってた。教会を含めてそこの近辺が全部崩れてしまった。ニュースにもなったし、結構ショックでね。あのあと、出張に行くと山側の一車線が土砂で埋まって、片側一車線しか使えない道が結構あったし。ホント、大変な災害だったんだ。

だから、今でもスコールみたいな雨が降り出すと、あのときのことを思い出してちょっと怖い気分にはなるのよ。で、6月が来るとあのことを思い出すんだな。

でも、今年は梅雨だというのに、あまり雨が降らない。春はたくさん降ったけどね。
降りすぎるのも困るが、降らないのはもっと困る。
毎日が「平年並み」だったら、それこそ「異常気象」だけど、
それに、雨が降ると湿度が上がるし、傘差さなきゃいけないから嫌なことは嫌だけど。
それでも「ある程度」は降って欲しい、と思う、今日この頃。
12:37 | 過去の自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-29 Sun , 2008
不惑になったのだ
あ、念のため言っておくけど、わたしの誕生日は今日じゃないですから(笑)
人間、なんか秘密な部分が必要よね~と思って、取り敢えず、誕生日は非公開にしております。ま、知ってる人は知ってるし、自分からも結構言っちゃったりしてますけどね(^^;

ってわけで、わたしもついに40歳、不惑の年を迎えました。
よく「不惑の年を迎えたけど、惑いっぱなし」って言葉を聞くんだけど、わたしはわたし自身に対してそうだろうか、と誕生日を迎える少し前から思ってた。

「惑う」とは、新明解国語辞典(第二版)には「平常心・(初心)をかき乱すような事に心を奪われる」と書いてある。もう一つ、わたしの持っている国語辞典で一番分厚い「学研国語大辞典」には「(心を乱されて)どうしてよいかわからないで途方にくれる」と書いてある。辞書といえば、ホントは地図と同じく定期的に新しいものを買いたいと思ってるんだけど、高いのよね。。なんで、ま、意味を調べるのはこのくらいにしておくけど。

ちなみに「不惑」そのもので引くと「四十歳の異称」と書いてある(笑)あ、それだけですか。

新明解と国語大辞典の「惑う」の意味はなんだかちょっと違う感じがする。例えば、人間何歳になろうと平常心をかき乱さないようなことはあり得ないんじゃないだろうかと思ったりする。んー、わたしは今、40歳でしかないので、じゃあやっぱり「不惑」といえども「惑う人間」なのかな、とも思ったりする。

が、なんというかな、平常心はかき乱れるけれども、この歳になると確実に自分に対して「軸」のようなものができてる感じがするんだよね、自分自身が。そう言う意味では「どうしてよいか分からないで途方にくれる」ことは、まずないのではないかと。。思ったりするのだが。といって、まぁ自分が素晴らしい人間だとは全く思わないけれども、この歳まで生きてきて、いろんな経験をすると、それなりに自分の考えというものが確立してくる。それをわたしは「自分の軸」じゃないかなと言っているわけなんだけれども。これはやはり年月をかけて作り上げてきたものなので、そうそう変わらない気はする。

でもその軸が全く変わらない、わけでもないと思うし、変わることを怖れてはいけないとも思う。ただ、180度がらりと変わるってことは起こらないと思うのよねー。。せいぜい数度の単位だと思う。

だから、わたしは40歳っていうとやっぱり「不惑」なのかなーとも思うのだ。けど、40歳になったからといって「不惑」になるわけではないのだ。それは知らないうちに「不惑」になっているのだと思う。

ここ数ヶ月の日記で、わたしは随分といろいろな過去を思い出し、それで苦しんできたが、それは自分の過去の清算であり、未来に対して途惑っているわけではない。今、病気で苦しんでるけど、それは別に途惑っているから苦しんでいるわけじゃなく、単なる病気で苦しんでいるだけだ。ま、今のわたしの人間関係って、ホント、誰とも付き合わずにいることができるから、こんなことも言えるんだろうけどね(^^;

ちなみに40歳になった日は、特に感慨深いものはなく。。「あ、そう」ってなものでした。というのは、わたし自身、なぜか年齢は「四捨五入」で考えることが多くて、既に35歳の時にもう40歳になった気分になっちゃうのよね。だから、わたしとしては、既に40歳になって5年経った気がしております(爆)ただ、問題は50歳になったときで、、そのときわたしは100歳になった気分になるんじゃないかと今から心配(^^;

それから、わたしは自分の歳を自動的に因数分解して考えちゃうクセがあって、素数の歳なんかは結構嬉しかったりするんだけど(?)、40はねー、わたしにとってはあんまり面白くない数字ですね。なんとなく割り切れる、面白くない数字というか。まぁ、偶数年のときはだいたいそんなものなんだけどね。ちなみに次の素数の歳、というと来年か。そっちの方がわくわくするな(笑)素数の歳は、これからどんどん数が少なくなっていくからねー。歳を取る楽しみってそういうところにしか見いだせないかも知れないなーとふと思ったりして。あ、だけど他の人に「わたしの歳、今、素数でさ」と言ってみても、あまり芳しい答えが返ってくることはなく。んー、他の人は自分の歳が素数であるってことに対して、感慨深いとかそんなことは思わないのかしら。。??

「論語」では「五十歳」は「天明を知る」んだそうだ。わたしが50歳になったときは、一体、どこで何してるんだろうなーと思うととても興味深いっていうか、なんだか人ごとだけど。もしかしたらこの世にはもういないかも知れないし。ほら「美人薄命」っていうしさ、あ、でも「憎まれっ子世にはばかる」とも言うから、さて、わたしの場合はどっちだろ?

というわけで、まー、いつの間にやら40歳を迎えたってことで。

あ、そうそう「40」というと、カープの達川(捕手)を思い出すけど、彼は正捕手になっても、引退するまでずっと、この「40」という背番号を付けておりました。これは「40」=「しまる」につながる、という理由かららしいです。要するにキャッチャーとして「チームを締める」という意味だったのでしょう。その割に、監督だった頃は、めちゃくちゃだったけどな(←オイ)。でもあのときの背番号は「40」じゃなかったしなー。っていうか、今は「倉」ってキャッチャーが付けとります。カープでキャッチャーで入っていきなり「40」をもらうということは、それだけ球団が期待している選手ってことなんだけど、、「倉」ももう何年目だよ。長いよね、わたしがまだ熱狂的なカープファンだった頃に入ってきた選手だから、今から10年以上前のことだよね。あの年は確か、日南キャンプを見に行った年だったよなあ~。。

ま、今日は40歳の誕生日祝いでもしますか(え?)
別にいいのよ、いつだって。この歳になれば、年中誕生日みたいなものだから(ホントか?)
プレゼントは366日(今年は閏年だからね!)受け付けております。
よろしゅう。
16:59 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
06-29 Sun , 2008
ブログを移転して思うこと
ブログを移転して、そして初めてコメントをもらって思った。

「そっか。。前のブログのコメントは移転できないんだな」と。

トラックバックも向こうからしてくる限りはしないしね。
ってことは、ブログを途中で移転するってことは、相当なことなんだよなあ~。。

前ブログからこちらにいらした人で、コメントくださった人、本当にどうもありがとうございました。
前ブログはロムってたけど、、って人は、これを機会に(笑)是非、コメント下さいませ。

もう二度とブログの移転はしたくないねぇ。。
23:34 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-30 Mon , 2008
病院に行ってから一週間
病院に行って「口腔異常感症」と診断されてから1週間が経過した。で、明日が2回目の診察日。

最初の方は、なんかやたら眠くて眠くて寝てばかりいたけど、最近は身体が慣れたのか、ま、ちょっと眠くなって昼寝をするくらいかな。で、肝心の病状の方なんだけど、あれほど出て出て気になってしかたがなかった唾液がそんなに気にならなくなってきた。これは薬が効いているせいなのだろうか。が、それにしてもちょっと乾きすぎな感じがする。だから、寝起きには口の中がカラカラで、風邪引いちゃったみたいなんだよねえ。。

あとはそうだなあ~。なんというか、口の中がおかしいので、今までずーっと歯を食いしばっていたような感じがするんだよな。そうすると、唾液が出てくるのよね。今は確かにまだ歯は変なんだけど、あんまり歯を食いしばろうという気持ちがない(っていうか、これは無意識にそうなってるんで。気持ちのあるなしにかかわらず)から、唾液が出にくいのかしら、とも思っている。

ただ、唾液自体はなんとなくべたつくんだよねー。だけど1週間前に比べたら、かなりよくなっているんではないか?と思う。

歯の変な感じは相変わらずあるが、こっちの方もちょっとずつ緩和されているような気がしている。ただし、唾液が気にならなくなると、今度は歯が変な感じなのが強く思われるようになってきて、やっぱり治らないとどっちかを意識してしまうんだろうなあと思う。

先週、医師から「半分を目標にしましょう」って言われたんだけど、あのときから「半分」の意味が分からなくてね。今の状態が半分か、って言われると、上に書いたとおり、1週間前よりは随分楽になった感じがするが、これが半分なのか。。半分とすれば、まだまだ治りたいんだけどね、みたいな感じか。とにかく歯が気になる時点で、まだ治ってはないと言えるだろう。けど、治療期間として挙げられたのは3ヶ月~6ヶ月でね。1週間でここまで楽になるとは正直思ってもみなかったのよ。

ただ、、眠りの方がちょっとまだ不安定みたいだ。入眠はほとんど大丈夫な割に、今日みたいに日中一人になることが分かると身体が不安に感じるのか(心は全く不安に感じてないのに)、てきめん、眠れなくなってしまう。普段の生活をしている限りは、ホント、寝付きはよくて、今はほとんど彼女より先に寝ているというのに。

明日の診断ではなんと言おうか。
特に眠りに対しては、差が激しすぎるので、なんて言おうかちょっと迷うところではある。

それと。。「リラックマ」グッズについてのチェックも忘れないようにしておこう(爆)
あ、リラックマの長袖Tシャツを持っているので、着ていったら面白いかも。。って普通、医者は患者の顔は見るけど、着てるものは見ないよねー。それに気がついたとしても。。そういう余裕はないよね(苦笑)

テーマ:闘病日記 - ジャンル:日記

18:35 | 病名が分かった後のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。