12-02 Sat , 2006
近況報告
あまり音沙汰がないと、死んだと思われるので。(笑)
元気になりました。現在のところ「鬱の波」は完全に去りました。
ただ、これから余計な問題が次々起こりそうではありますが、、

ともかく、元気になりましたので、そのことをお伝えします。
ご心配お掛けした方々、本当にどうもすみません。有難うございました。
06:53 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-03 Sun , 2006
カミングアウト、しちゃった。。
12月1日は、祖母の誕生日だった。(なんと90歳!)だから、父に祖母へのお祝いのメッセージと、自分の近況を報告しようとメールを書いた。1ヶ月に2回、死のうとしたこと、なんかをね。

そうしたら、向こうから電話が来て「すぐ実家に戻れ」と言う。わたしは実家へは戻りたくなかったので「行きたくない」の一点張り。「そっちに行くと、アンサンブルの発表会に出られなくなるからいやだ」って言い張った。そうしたら父は「第一、○○さん(わたしの彼女)に迷惑だろう。向こうだって自分の生活があるんだし、そうそう面倒見てもらうなんてことできないぞ。」と言い始めた。わたしは「違う」といい、「迷惑なんかじゃないの。○○さんはわたしの『恋人』なの!!!」ってつい、言っちゃった。。が、父はそれに臆することなく「戻ってこい」と言っている。しかも、そばに母がいたみたいで「二人はただならぬ仲らしい」なんてことを言っていることも全部聞こえてくる。あちゃー。母には知って欲しくなかったのに。

前も書いたかも知れないが、母はわたしの彼女に対してあまりよく思っていないのだ。何か敵対心を感じている、という感じ。だからショックだろうから、母には黙っておこうと思っていたのに。

電話が終わってから、mixiの足あとを見たら、うちの妹の足あとが付いていた。わたしのmixiのプロフィール画面を教えてから、今まで一度も足あとを付けてなかった妹。家族の中で、あのあとどんなことが起こったのか、わたしは怖くて聞けない。

翌日、わたしは「実家へは戻りません」というメールを父に書いた。

返事は彼女の方に来た。どうやら「娘を頼みます」ってことらしい。しかも、わたしが実家に戻りたくないのは、彼女と一緒にいたいから、と勘違いしているらしかった。違うんだって!わたしは実家に戻るとアンサンブルの発表会に出られなくなるから、戻りたくないって言ったんだって!!!完全に誤解されている!!

しばらく経って、わたしのところにもメールが来た。わたしの方には「実家に帰ればお金の心配をしなくていいのに」と書いてある。しかも最後の方にちょこっと「お母さんからもよろしく伝えてだそうだ」と書いてあった。。何?ここにいたら、お金の援助はしてくれないわけね。何もかも自分でやってけってことなのね。

結局、家族には妹以外、するつもりがなかったカミングアウト、思わずしちゃいました。。今度実家に戻るのが怖いわたしです。

テーマ:カミングアウト - ジャンル:日記

09:56 | カミングアウト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-04 Mon , 2006
カミングアウト、その後
昨日、思わぬことでカミングアウトしてしまったわたしだが、一番気になったことは、やはり母のことだった。ショックで寝込んでいるかも知れない、と思って、わたしは昨日の夕方、思い切って、母に電話をした。

母は思ったより、というか非常に元気そうで安心した。久しぶりだったので、わたしの病状のことや、向こうの近況など話して、あっという間に1時間経った。本当のところ「わたしが同性愛者だと思ってショックを受けた?」と聞こうと思っていた。が、その前に母の携帯の電源が切れてしまって、とうとうその話はできなかった。

だから、わたしは母にメールをした。「娘が同性愛者だと知って、ショックを受けた?」って。そうしたら、やはり「ショックだった。育て方が悪かったのかとあれから自問自答している。どうしても受け入れられない。ごめんなさい」等、相当ショックを受けたと思われる返事が来た。だから、わたしは母にメールをした。それが下のメール。

「やっぱりそうだったんだ。わたしもね、お母さんだけには秘密にしておきたかったんだ。だから妹にも「お母さんだけには内緒にしといてよ」って言ってたの。あのね、育て方とか全然関係ないの。これはわたしが持って生まれたものなの。だから、お母さんのせいじゃちっともないんだよ。わたしだって気がついたの、二十歳をだいぶ過ぎてからだったしね。受け入れられないのはこっちもわかってました。でもそれが寂しいとかつらいとかは思わない。むしろ当たり前のことだと思う。今後も受け入れてくれとは言わないから。ただね、事実は知っておいて欲しかったんだ。それは本音。勝手かも知れないけど。もう一度言うね。受け入れて欲しいとか、そんなことは一切思っていません。今はただ、お母さんがどんなにショックを受けているだろうかと思うと、そっちの方が心配。だからね、今はお母さんの言うように、わたしの身体のことだけを考えて暮らしてください。こんなわたしだって分かってしまっても、普段のわたしとは変わらないからね。お願いだから、自分を責めないで。お母さんのせいじゃないんだから。」

それから、風呂に入っているときに、また考え直して追加で送ったメール。

「夜遅くてごめんね。どうしても言いたくて。あのね、お母さんは育て方が間違ってたかも知れないって思ってるかも知れないけど、わたしはわたしで、こんなに大切に育ててもらって本当に申し訳ない、って思ってるんだよ。ずっとずっと心の中で「お父さん、お母さん、こんなわたしでごめんなさい」って思ってました。自分が同性愛者であることに対してはそんなにショックじゃなかったけど、親に対してまず申し訳ないと思いました。でもね、世の中右利きと左利きの人間がいるように、異性愛者と同性愛者がいるんだよね。で、わたしはたまたま左利きの方の人間に生まれてきてしまったの。だから、お母さんはショックだと思うけど、全然自分を責める必要はないんだからね。そしてわたしもこういう人間に生まれてきてしまったことについては、悔いていません。むしろ誇りを持って生きています。そして今、○○さん(彼女の名前)と一緒にいることも。彼女はわたしの最高のパートナーです。そういう人を見つけられただけでもわたしは生まれてきた甲斐があったと思っています。おかあさんは○○さん(彼女の名前)の話は聞きたくないと思うので、もうこれ以上極力しないつもりだけど、でも、一緒に住んでいる以上、やはり話の中に出てきてしまうと思います。ホントにホントにごめんね。お父さんとお母さんには本当に申し訳なく思っています。じゃ、おやすみなさい。」

そして、朝、起きてみたら、母からメールが来ていた。「理屈では分かっているけど、どうして、どうして、と思ってしまう」と。でも昨日電話して、いつものわたしだと分かって嬉しかった、とそして、無視されていた頃に比べると今の方が格段に嬉しい、と。

わたしは訳あって、親に対して全く無視していた頃があった。親が家に来ても、玄関先でいつも追い返していた。絶対に家の中に入れなかった。そのことに対しては、やはりわたしの気持ちがもう耐えきれなくなって、そのときは両親にメールをして打ち明けた。父は分かってくれた。だけど、母は分からない、といつまでも言っていた。わたしと両親にはそういう経緯がある。

母がわたしが同性愛者だということを受け入れられない気持ちはよく分かる。だから、この問題に対しては、もっと時間が必要だと思っている。もう少し時間が経って、母の気持ちも落ち着いたら「LGBTの家族と友人をつなぐ会」なんかを教えてあげようかな。

このブログを読んでくださっている人の中で、子供を持つ親の方もいらっしゃると思います。もし、子供がカミングアウトしたとき、自分はどうするか、一度考えてみられたらいいと思います。同性愛者は人口の3%~5%いるといわれています。(もっと多いという説もある)自分の子供は絶対に違う、とは言い切れません。わたしのこの経験をおおやけにしたのも、そういう気持ちからです。

テーマ:カミングアウト - ジャンル:日記

12:22 | カミングアウト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-05 Tue , 2006
カミングアウト、父編
カミングアウトしてから今まで、ずっと「父は受け入れてくれると思う」と書き続けてきた。が、本当のところ、どうなんだろう?もしかして、父も受け入れられずにショックを受けているかも知れない、そんなことを思って、昨日の晩、母と同じように「娘が同性愛者だと分かってどう思った?」とメールしてみた。

返事はこっちの方がびっくりするものだった。そこには、

・ずっと前から分かっていたつもり
・だけど、直接、わたしには聞けなかった
・母に知れたので、自分としてはこのことを(母と)平気で話せるようになった
・彼女にはずっと迷惑を掛け、そしてわたしを受け入れ、今後も世話をしてくれるのか?(手元に置いておけないから心配する心境)
・盆・暮れには帰ってくるように
・アンサンブルはとにかく反対

といったことが書いてあった。
なんだ、父にはもうばれていたのか!じゃあ、わたしが夜、寝る前に彼女と電話するのを我慢したり、わざわざ外で電話していた、あの努力はなんだったのか!!(笑)

でもきっとそのことをはっきり聞くのが怖くて、わたしには聞けなかったんだろう。そしてきっと、父は父なりに誰かに話したかったに違いない。父にとって、今回のカミングアウトはよかったことなのかもしれない。ただ、父もやはり「どうして?」と思ってしまうらしい。。分かっているはずの父でも「どうして、そういう風に生まれてきてしまったのか」と思うくらいなので、この問題は、相当根深い問題なんだろうな。

わたしはこのメールの返信で、母に書いたとおり「彼女は最高のパートナーだし、彼女と出会えたことで、自分が生まれてきて本当によかったと思っている。そして、多分これからもずっと一緒に二人で生きていくと思う」と返事を書いた。

ま、それでも手元に置きたがるのは、父の性格。なんてったって、妹の結婚相手も地元に住んでいる人でないといけないと言っている。地元出身で、東京に出てきている人さえ反対だ。そのくせ見合いさせては「男も30過ぎるとろくな相手がいない」とぼやいている。うちの妹、もう35ですよ。そうでなくても選択肢の幅がどんどん少なくなってきているのに、一体、何を考えているんだか。

あと、父にはいくら母と話せるようになったとはいえ、母はまだショックを受けている段階だから、あまり話さないように、と釘を刺しておいた。そして「LGBTの家族と友人をつなぐ会」のURLを教え、母が落ち着いてきたら、このHP(ブログ)を教えて欲しい、と頼んでおいた。

とにかく、父がもう気がついていることにはびっくりさせられたが、取り敢えず安心した。母もどうしても受け入れられなくて、何か言いたいときは父もいるしね。だから、今回のカミングアウトの問題はこれでお終い。あとはわたしの身体の問題だけだ。

テーマ:カミングアウト - ジャンル:日記

11:33 | カミングアウト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-06 Wed , 2006
長谷川京子は来なかった
実は12月3日、うちに自称、長谷川京子(本名はイマエ。というらしい)がCDを持ってうちに遊びに来るはずだった。

わたしはその日、頭が痛くて9時ちょっと過ぎに「まさか10時にうちに来るなんてことないでしょうね」とメールした。メールの返事は昼頃来た。「今、なぜか○△□×(ひらがな)にいて、仕事が忙しいの。それに夕方5時の飛行機で帰らなきゃならないし」なんて書いてある。

「『○△□×』にハッテン場なんかあったかな」と思いつつ、「これからうちに来るならともかく、5時に羽田だったら絶対無理じゃん」と思い「まぁ、無理でももし来れるようだったらまたメールして」と返事した。

果たして、自称、長谷川京子は来なかった。ま、いいんだけどね。

で、本物の長谷川京子って人、わたしは知らない。ので、どんなことしてるかさっぱり知らないの。わたし、NHKしかみないし、有名人にはとんと疎いからさぁ。だから、自称でも本物でもなんでもいいんだけどね、長谷川京子。

京子って言うと、やっぱ、小泉今日子とか岸田今日子、かなあ。

小泉今日子は置いといて、岸田今日子には、ちょっと興味がある。っていうか、この人好き。なんとなく妖しい雰囲気で。。きっと、お近づきになれたら、ベッドに寝ころんでもらって、ムーミンの声を出してもらうんだ。あー、ムーミンー!わたしはあのちょっと寂しそうな声がたまらなく好きだったよー。で、声を聞いてるうちに、襲っちゃいそう。。ムーミンのあえぎ声が聞いてみたい。。

ってわたし、フケ専じゃありませんから。(-o-)
その証拠に、黒柳徹子をひーひー言わせたいとか思ってもみないし。(爆)

あ。でもmixiのわたしのプロフィールのところに書いてある「好きな女優」とはこの岸田今日子じゃないからね!もっと妖艶な人。。「いらっしゃい」って言われたら、思わず尻尾振って付いていきそうな人。一回、二丁目で外国人に誘われたことがあったんだけど、そのときは無視していかなかったけど、この人に誘われたら絶対に行く!!たとえ彼女という恋人がいようが!!で、やっぱあえぎ声を聞いてみたい。。ってわたし、タチじゃないのに。リバなのにー!!あえぎ声を聞いてみたいって、完全タチじゃん!!うう、リバなんだよ、本当に。。本当かな。。

で、自称、長谷川京子には、昨日、うちの住所教えておいたので、そのうちCDが送ってくることでしょう。間違っても、メールの上に書いた千代田区千代田1番には送らないようにね。(笑)
10:48 | mixi関係のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-07 Thu , 2006
合同アンサンブル演奏会、断念
一部の人は知っていると思うが、1月27日にやる「合同アンサンブル演奏会」の出演を断念することにした。迷いに迷った末の決断だった。決断したときは泣いた。「葡萄酒」が吹きたかった。わたしは、自分でも吹いたこともないTb.4で、下の音を練習する、いいチャンスになると思っていた。(だって、今までTb.2しか吹いたことなかったしw)そして、合同で演奏することが決まっていた「ファンティリュージョン」、最後に吹きたかった。。この曲は、多分、今年一番よく吹いた曲だろう。関西パレードで最後、と思っていたが、この度、合同アンサンブルで吹けることが決まって、本当に嬉しかった。

ところが、一方でわたしは不安だった。それは鬱のこと。実は、日記を休んでいる間、救急車を呼ばれるほどひどいことをしてしまった。自分が自分でなくなってしまう、ということをイヤでも体験した。自分が動きたくなくても、勝手に身体が動いてしまう。そして死ぬためには、彼女に嘘を平気でつきまくる、ひどいことさえ平気で言ってしまう。鬱の波が来たら「死にたい」という気が強くなり、止められなくなる。

それに、主治医に「これは鬱の波だから、疲れてももちろん来るし、疲れなくても来る」と言われた。そして、入院を勧められた。しかし、わたしは入院したくなかったので、頑強に断った。実家に戻ることも勧められた。だけどこれも、前の日記に書いたとおり、断った。というか、そのときは「絶対にアンサンブルの演奏会に出てやる」という気持ちからだった。

鬱の波が、疲れから来るのなら、疲れないようにして過ごす手はある。しかし、疲れなくても来るとなると。。わたしには自信がなかった。次に鬱の波が来て、猛烈に死にたくなったら、わたしは自分自身の力でそれを全力で止めてみるつもりだ。その覚悟はできている。

しかし、その鬱の波が、演奏会の前の日に出たら?いや、当日に出たら?そう考えると、自信が全くない。なんせ、自分の意志に無関係に来るのだから。そうすると、金管十合奏である「葡萄酒」のメンバーに迷惑がかかる。一人、一パートだからだ。

もちろん、わたしのアンサンブルの演奏会に出ることを反対する人のことも考えないではない。彼らはわたしが演奏会の練習に出て疲れることを、非常に危険なこと、と思っている。ただ、鬱の波が疲れから来るのなら、わたしはアンサンブルの演奏会には出ていただろう。「本人の意志なく波が来る」ということを恐れて、わたしは今回断念したのだ。断念を決意するまで、時間がかかった。そして、決意したとき、わたしは泣きに泣いた。本当に吹きたかった。なぜ、わたしだけこんなにつらい目に遭わなければならないんだろう、そう思った。死ぬ思いで野球遠征を断念したのに、家でゆっくり過ごしていたつもりだったのに、この1ヶ月で2度も「鬱の波」が来た。そして「死ぬための行為」がどんどんエスカレートしている。。できるだけ入院はしたくないが、もしかしたら、と思わないこともない。

「葡萄酒」責任者の方には「もしかしたら出られないかも知れない」と前もって連絡しておいたが、昨日、正式に「出ません」とメールした。

つらいです。本当に。本当につらい。なぜやりたいことができないんだろうって思う。しかし、わたしは病気を治すことが先決なのだ。

一方、楽団の練習の方はどうしようか迷っている。しばらく休部してもいいんだけど、練習場所がうちからとても近いし、それに練習時間も個人の都合に合わせてどうにでもできる。何人も同じパートの人間がいるんだから、演奏会に出られなくても影響は少ない。それに、、「エルクンパンチェロ」をやるんだよね。これ、社会人野球では定番と言っていいほどの曲。一度は吹いてみたい。たとえ、練習だけだとしても。

決断したくないのに、決断せざるを得ない、うつ病なんかには本当にかからない方がいいと思う。そのためには「おかしいな」と思ったら、早めの受診が必要。精神科や心療内科って、最初行くには敷居が高いかも知れないが。。早く治療すれば、それだけ早く治る。(と言っても、わたしも2度目だったから、早めに行ったつもりだったんだけどね。。)「気持ちがうつうつする」「休みたい」と思ったら、一刻も早く病院に行くことをお勧めします。
10:11 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-08 Fri , 2006
小学校の先生から電話がありました
今日は病院に行って帰ってきたので、遅くなってしまった。(汗)

ええと、昨日、PCでmixiして遊んでたら、突然うちの電話が鳴りました。わたしは普段、電話には出ないんだけど、っていうより、うちの電話にかかってくることはまずないので「??」と思ったんだけど、一応、出てみました。

小学校の先生からでした。わたしの5、6年の担任だった先生ね。この先生とはずっと付き合いがあるの。ま、わたしが年賀状を出し続けているっていうこともあると思うけど。男の先生なんだけどね、本当に大好きな先生でした。その先生が、その小学校の校長先生になった、って知ったのは、学校のHPを見てから。(わたしの通ってた学校、私立なのです。mixiやってる人にはコミュ入ってるからすぐばれちゃうけど(笑))もう随分前のことなんだけどね。「ひょえ~、そうだったんだー!」ってびっくりしちゃった。2、3年前に学校を退職されたときもハガキをもらいました。

その先生は写真が好きで、よくカメラを持ち歩いてました。校長先生だったときのその学校のHPは、生徒の画像だらけで、、多分、これは先生が撮ったんだろうなーと思って、学校のHPからメールしてみたら、先生からメールが来て、やっぱりその通りでした。そして、そのときに「今年の3月まではアップし続けます」って書いてあったから「ああ、先生、今年度いっぱいで退職する気だな」って、本当は気がついてたんだけどね。

で、わたしはさっきも書いたとおり、mixiでその学校のコミュに入ってるんだけど、そこで「元校長先生が本を出されました」ってトピックを見て「あっ!先生、本出したんだ!!」って知ったの。で、ハガキでも出そうかな~と思って、こないだ「先生、本出したでしょ」って書いて送ったのよね。そうしたら、昨日、電話が来た、ってわけ。

ええ、いろんな話をしましたよー。ハガキを出したときに「先生、携帯かPCのアドレス持ってないんですか?」って書いたんだけどね、今の写真の世界はどうしてもPCが必要だし、仕事上メールでのやりとりもしなきゃならないんだけど、本当はそういうのは嫌いだって言ってました。でも、わたしは何となく分かってたんだ。先生、そいうの、嫌いだろうなって。なんでも校長になってからも携帯を持たされることを拒んでいたらしい。「変人○○(先生の名字ね)」って呼ばれてるんだって。

で、携帯のカメラの話になって。。「わたしも携帯のカメラって全然使ってないんですよねー、必要性感じなくて。それにわたし、デジカメ持ってるし、やっぱ撮ろうと思ったらそっちの方が画面がきれいだし。。」みたいな話をしてたら喜んじゃってね、先生。いや、喜ばすために言ったんじゃないですよ。わたし、今までカメラ付き携帯を持ってなかったので、本当に使わないんだよね。

それからわたしの鬱の話になって、先生も過労でおかしくなったときがあって、そういうときは散歩してた、散歩はいいよ~って言われた。「デジカメ持ってさ、ゆっくり歩いておいでよ。そこらへんはまだ緑がたくさん残ってるでしょう?」なんて言われて。「先生、でもここらへんは住宅街なんですー」って言っても「ちょっとした家に植わってる木とか、花とか、それから梢から覗く日光なんか、本当にきれいだよ。自然(nature)に癒されるよ」って。「あの、でも、今はもう寒くなってきたし、、」って言ったら「そっか」って言って笑われた。「じゃ、暖かくなってからでもいいんじゃないの?」って。それでわたしは思い出して「そういえば、うちの近くに○○寺っていうお寺があるんですけど、そこのしだれ桜がすごーくきれいで、今年、見に行ったんですよ。名所になってるみたいで、人もたくさん来てます」って言ったら、先生、「○○寺?確か、そこの子供さんがうちの小学校に通ってたはずだよ。今度、△△ですけど、おたくのお子さん、××小学校に通っていらっしゃいませんでしたか?って声かけてみればいいよ」って。。先生、わたし、そんなこと、できません。。

で、先生は何気ない風景も撮ってるんだけど、本当は子供の写真を撮るのが一番好きみたいなのね。今回も、子供の写真と文の本を出したし。(これでたぬーはどういう本か分かるでしょう(笑))「でも、最近、子供が殺される事件が多発しているから、親が携帯を子供に持たせてどこにいるか知りたいだろうな、とか思ったりもするんですよね。もちろん、子供にせがまれて買う親は論外ですが」と言ってみた。すると「そうだよね。でも、やっぱりそういうのは昔みたいな『周囲の目』が必要だと思うんだよね。隣の子供が何をやってるか、すぐ分かるみたいな。そういうものがこの日本で必要なことだと思う」って言われた。そう答えるだろうなーって思ってたよ。

それから、わたしが5月に会った同級生の話もしてね、「今度、先生のところに遊びに行こうって話をしたんです、ハガキにも書いたけど」って言ったら「○○さんか。彼女は今、こういう仕事しているらしいね」って言われたので「いや、今はそこを辞めていろんなことをしてるみたいです」って言った。だって、わたし、ヤツと今、メールでやりとりしてるからね。そしてわたしも将来、こうしてみたいと思ってる、なんて話をして。でもわたしが考えてることって、実現するまでいつまでかかるか分からないから「せんせー、わたし、もう38ですよー。30代は働き盛りなのに」ってつい、愚痴をこぼしたら「40代が働き盛りの人もいるし、50代が働き盛りの人もいるから、そんなに心配しなさんな」って。「でも先生、40って『不惑』っていうじゃないですか」って反論したら「何言ってんだよ~、俺なんか65だけど、まだ自分でああでもない、こうでもないって考えてるんだぜ」って。。なんだかとっても嬉しかった。

もちろん「是非、遊びにいらっしゃい」って言われたよ。で、昨日そいつにメールしたら、16日以降はヒマなんで~って書いてあったから、16日以降、先生のところにお邪魔してくるかも。ついでに、といってはなんだけど、その本、先生からわたしに進呈してもらうことになってしまった。いや、ちょっと高かったんで「もう少し安ければ買ったんですけどねー」ってハガキに書いてしまったのよね。「そういうつもりで書いたんじゃないですからー」って言ったんだけど、先生がわたしに是非、その本を読んでもらいたいからって。だから、そのうち送ってくるでしょう。。悪いことしちゃったな。

------------------------------
ところで。昨日のmixiのわたしの日記を読んでもらった人は知ってると思うが、チェイニー米副大統領の娘(この娘、同性愛者ね)が妊娠した、というmixiニュースが出た。(ブログの読んでる人は、こっち(2008年6月現在、既にその記事は存在しません))ね。で、その日記について、あまりにもばからしいことを書いている人達がいたので(「どうやって妊娠したんだ?」とか「その娘はバイだったのか」とか「一度だけ男としたのか?」とか「人類はついに単性生殖できるようになったのか?」とか(-o-))「こりゃいかん」と思って、わたしもついに、初めてmixiニュースで日記を書いてしまった。

そしたら、なんと、ニュースがトピックとしてあげられていた30分ちょっとの間に300以上のアクセスがあった!これにはびっくり。みんな、あれ読んで納得してくれればいいんだけどね。

で、わたしのマイミクさんが「ここの日記の人にコメント書いている」っていうから、わたしも覗きに行ったら、その人は特に同性愛反対派でもなくて、ただ、昔から女に言い寄られることがあって、しかも、それで痛い目に遭った、だから同性愛者からは逃げているって書いてあったから、「それはあなたは悪くありません。そうした人が悪いのです。ただ、だからといって、同性愛者全員がそういうひとではありませんから」って極めて低調にお返事申し上げた。あと、ついでにその人のマイミクさんが同性愛者と性同一障害者をごっちゃにしてたんで(「同性愛で、しかも女になりたいって言われたらどうする?」とダンナと話したそうだ)「同性愛者だったら、異性になりたいとは思いません。そういう人は「性同一障害」とか「トランスジェンダー」といいます」と横レスしておいた。

そしたら、その返事を書いている間にその人ったら「でも愛人は女でもいいかな~」なんて書いてたので、どーいう意味だよ、と思って「あなたは異性愛者なんでしょう?同性愛者から逃げるのでしょう?なのに、なぜ愛人は女でもいいんですか?あなたが言っていることには矛盾がありませんか?あなたが女性の愛人を作ろうとなさっても結構ですが、そういう場合はどうぞ『主婦レズ』(結婚しているレズビアン)にして下さいね。独身のレズビアンの方だと傷つきますから」と返事をした。

今日の朝になって、その人にアクセスしたら、見事にアク禁になっていた。でもこっちには彼女がいるのさ。病院から帰ってきて、彼女のところから読んだ。そうしたら、わたしの発言が2つとも見事に消されていた。しかも「冗談を本気にしないで下さい。あとマイミクさん以外の発言はお断りします」とか書いてある!普通、そういうところで冗談言うか?彼女に言わせたら「ほっときなさい、どうせ頭悪いんだから」って言われたけど、愛人なら女でもいいかな~なんて発言、絶対に放っておけない。ま、こっちからもその人をアク禁にしてやったんで、わたしのとこも見られないけどね(爆)

しかし、異性愛者の人ってなんて想像力が貧困なんだ、って思った出来事でした。
15:35 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-09 Sat , 2006
忙しかった
昨日は本当に忙しかった。朝10時から病院の予約が入っているために、朝8時45分に起床。そして、前日調べておいた電車に順調に乗れた。はずだったのに、電車の行き先が違っていて、別の場所に着いてしまった!わたしも行き先を確かめればよかったんだけど。。でも、自動的に乗り換えれば、そこに着くはずだったので。。

で、病院には予約時間15分の遅刻。15分の遅刻で1時間くらい待たされた。。今回、診察は手早く終わった。わたしが自分の意見を主張することなく、先生から言われたことしか答えなかったからね。だから、ほとんど機械的に診療は終わった。

それから、家に帰ってきて、ご飯を食べて、日記を書こうとしたら、なんかいろんなことが途中、入ってきて、結局日記、アップするのにだいぶ時間がかかってしまった。

しかも、前日、mixiでわたしのところに「今度、中国地区の野球部に入ることになりました」って人からメッセージが入ってて、まぁ、一度返事出せばいいだろ、と思って返事したら、その人から質問が来まくり。結局、午後5時頃から12時頃までずっとやりとりをしていた。なんせ、中国地区の話になると、9年前からいろいろ知ってますからね。。でも「社会人1年目は車が禁止されてるんですけど、他のチームもそうなんでしょうかね?」とか聞かれて、ちょっと、わたしにそんなこと聞かれても分かるわけないじゃん。わたしは選手とお近づきになるのを極力拒んでるんだから。(そうしないと、公正な目でゲームが見られないから、わざとそうしているのです。もちろん、見ているうちに気に入る選手もいますよ。そして、そういうときは無意識でも応援してしまいます。でも、見る目はあくまでも「公正に」そして「冷静に」です。これ、わたしのモットー。)

彼女には「いい加減に切りなさいよ。どうせ『教えてちゃん』なんだから」って言われたんだけど、わたしの性格上、どうしてもそういうことができなくて、時に過去のスコアを見て、投球内容や球数を教えたり、グランドスラム(社会人野球の雑誌ね)を見て、出身校を調べたり。。JABA(日本野球連盟)のHPにも行って調べたわ。で、メッセージの総数28通。そこのチームには応援団がないので「是非作るように。お金がないんだったら、お金がないなりに応援はできるんだから。社会人コミュの応援トピックに広製の応援のことを詳しく書いたから、それ読んでね」と最後は書いてそして「もう寝ます。おやすみなさーい」で締めくくったわ。

しかし、その応援トピ、わたしが書いてから、あとは誰も書かなくなってしまって。。というか、この9年間見てきた応援について、自分の持ってる知識をすべてまとめて書いたので(このブログでわたしが野球のことについて書くように)、他の人が恐れをなして、書けなくなってしまったのか??でも、わたしは時間があったら次も書きます。次は「倉敷オーシャンズ(元三菱自動車水島)」の予定。

そして、それをやりながら、違う人の日記がアップされるたびに読んでコメント付けて、自分の入ってるコミュに自分の意見を書いてたり、自分のところに付いている日記のレスを書いたりっていうか、結局はモスラナルシス姐さんと言い合いになっちゃったんだけど(汗)、あとはモスラナルシス姐さんの日記でまた言い合いしてて。。というか、昨日のわたしの日記には、見事なほどうちの学校出身者からのコメントは付いていなかった。。ま、違うクラスってこともあったんだけどね。(もちろん、同じクラスのヤツもいるのよ)

そのうち、母からもメールが来て。。おまけにその間にスパムメールもたくさん届く。もう収拾が付かなくなってしまった。母には一昨日からメールしたかったんだけど、一昨日も夜遅かったし、昨日書こうと思ってたのよね。

で、そんなことやってたら、夜12時過ぎて。。見事に彼女に怒られた。というか、彼女はわたしの身体の調子が一番心配だから、あれこれうるさく言ってくれるのよね。自分の日記に「ronは12時には寝なくちゃいけないんです」ってコメント書かれてしまった。彼女には頭、上がりません。なんせ、夜12時には寝なきゃいけないことになってるんだけど、わたし、どうしても寝るのが1時過ぎになってしまうのよね。歯磨きに1時間もかかるからなんだけど、そのためにはどうしても12時に寝るためには10時過ぎには歯磨きを始めないといけなくて。そこからもう、彼女は「歯磨きする時間じゃない?」って言ってくれるんだけど、わたしはその頃からちょうど忙しくなってくるので、、思うように歯磨きできないんだよね。

それから母に急いでメールして、寝る用意したんだけど、まだモスラナルシス姐さんに書かれたことでむしゃくしゃしてて、寝る寸前まで彼女にグチグチ言ってた。

モスラナルシス姐さん、社会人野球とその応援は立派な「芸術」です。観たことない人には分かんないだろうけど。

まず、試合ね。スタメンは誰か、先発は誰かで、その監督がこの試合にどのくらいの重点を置いているかが分かる。若手を育てたいのか、それとも全力で戦おうとしているのか。試合が始まる。選手個人の技で拍手を送りたい場面もあるし、特にわたしは投手に対して興味があるから、打者に対してどういう投球の組み立てをしているのか、とか一方打者はどの球を狙っているか、なんかじっくり見ておく必要がある。あと、投手の球速チェック。これは一時、投げている球の球速をすべてノートに書き込んだ時期があったが、あまり意味がないと考えて、興味のあった球だけチェックすることにしている。

しかしそれだけじゃない。守備体系。だいたいはショートやセカンドが外野に守る位置を指示する。(元の指示を出すのは監督だったり、キャッチャーだったりするけど)それがその試合にどう影響するか。打者ごとに守備陣形は変わる。その意味をわたしは理解しなければならない。これもその都度ノートに書いていた時期があったが、よく分からなくて止めた。これから感覚で磨くしかない情報だ。

そして、監督の采配。どういう場面で監督が出てくるか、それだけでその監督の性格が分かる。監督の采配は投手の変えどころや代打を送るばかりじゃないのだ。(そんなのは当たり前のことだが)それはわたしはメモしている。内野だけが集まる場面。キャッチャーのみ行く場面。それがその試合に対してどんな効果を持つか。そういう場面は双眼鏡で観ている。監督がどんな顔をして声を掛けているか、笑っているのか、真剣な表情なのか。また、一緒に集まってくる内野陣の投手への声のかけ方。さっさと自分のポジションに戻っていく選手もいる一方、最後の最後、審判に注意されても何かを言っている選手もいる。

あとは、守備中の選手の投手に対しての声のかけ方。しっかり励ましている選手がいる一方、ほとんど何もいわない選手もいる。どんなことを言っているのか。それはメモしきれないので、頭の中で記憶。

それから、応援団。これは中国地区の場合は二次予選から、あと都市対抗や日本選手権でしかお目にかかれないが、どんな曲をやっているか。昨年と比べて新曲は増えているか、なくなっている曲はないか、コールの違いはあるか、等チェック。そして曲の順番。選手ごとに応援曲を変えるチームもあれば、それに関係なしで変えるチーム、また、チャンスになるとチャンス曲になるチーム。1回全部同じ曲で終わるチーム。チームによって全部異なる。ちなみに曲を変える場合は、リーダーがプラカードやボードを出すところもあれば、手で合図して変える場合がある。プラカードやボードだったら、バックネット裏にいるわたしでも双眼鏡を使って曲名を知ることができるが、手で合図するチームだとお手上げ。しかも、いつ曲が変わるか分からないチームはいつも「いつ変わるか」に注意を払っておかねばならない。

そして、1回1回、なんの曲をやったかをメモに記入。複数の曲をやったところはもちろん、その都度記入。ちなみにいつも同じパターンで曲をやっているチームもあれば、その場の思いつきでやっているチームもあり、試合が始まる前から、最初から最後までどの曲を演奏するのか決まっているチームもある。

あと、応援団の踊り。これまた「観てて楽しい」踊りがあるのだ。その振りを覚えたくて、ずっと観ている。何遍観ても絶対に踊れない曲がある。それが悔しい。そして、覚えた振りは、試合を観ながら一緒になって踊っている。

わたしのスコアは独自で編み出したスコア。だから、いつもどれだけの情報をそこに盛り込むか、考えながら書いている。しかし、観たまますべてをノートには記入できない。その技術がわたしにはまだ足りない。改良の余地がたくさんある。とても歯がゆい思いだ。

とにかく1試合観るのに、今のところ、この程度注目している。だから、一瞬たりとも見逃せない。相当な集中力がいる。実は病気をしてから、去年まではそれができなかった。今年はある程度できるようになった。来年からは、もっと自分の観戦技術を磨かないと。

本当は応援席で応援団のマイクを聞きながら、試合も観たい、って思ってるんだけどね。バックネット裏では決して聞けない、マイク。そして、真正面から観たことがない踊り。それだけがわたしの観戦のネックなんだよねー。でも、基本は試合なので、いつもバックネット裏でしか観ない。そういうとき、身体が2つあればって思う。。

来年は、少なくとも都市対抗と日本選手権の中国地区予選には行くつもりだし、都市対抗、日本選手権を観るのは当たり前。あとは各JABA大会か。県予選から本当は行ければいいんだけど、試合のレベルから考えて、観に行くのはちょっと微妙。ただ、二次予選に出てこられないチームがあるから、そのチームのチェックもしたい。。中国地区にもわたしの見たことがない新たなチームがいくつか増えているし。でもねー、そうすると金がなくなるのよね。それが一番痛いところだわ。。

野球の話になると、どうも話が止まらなくなるわたし。おそらく一生そうだろう。また、そうでありたい。観るたびに観戦能力を進化させたい。そして、一試合でも早く、野球のすべてを知りたい。

ってこれを書いている途中で、母からメール。どうも母の携帯メールは500文字までしか受信できないらしい。カミングアウトしてから今まで、わたしは長文のメールを書いてきた。母はそれを途中で切れながら、無視していたようで。。「今までのメール、全部PC宛に送って」と書いてきた。もう!一体、一生懸命書いたわたしのメールはなんだったんだ!!わたしゃ呆れてものも言えないよ。。「どのメールから?カミングアウトしたメールから?」って送っても返事、来ないし。。さて、わたしはどのメールから母に送ればいいのでしょうか?もう、疲れた。。。。
14:06 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-10 Sun , 2006
しばらくお休みするかも知れません
最近、腹が立つ出来事が多くて、イライラしていたんだけど、昨日の夜、ついに爆発してしまって、イライラを通り越して、それが怒りに変わった。もちろん、眠るどころじゃなくて。。見かねた彼女が頓服を持ってきて、飲ませてくれた。

頓服を飲んでもしばらく眠れなかった。この精神的な怒りが、また身体に影響を及ぼして、鬱の波を呼んできそうで怖かった。でも、そのうち寝てしまったらしい。その後のことはよく覚えていないから。

起きたら、メールが来ていた。それを読んで、今、とても混乱している。そして、その混乱はどうも数日続きそう。だから、今後、ちょっとだけブログを書くのを止めようと思う。怒り心頭な部分もまだ残っているし。

ただ、身体の方は今のところ、大丈夫みたいです。だから、心配しないでください。あと、なに書いてるのかさっぱり分からないと思うけど、ごめんなさい。

14:08 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-11 Mon , 2006
お休みすると書いたものの
昨日「お休みするかも知れません」と書いたものの、やっぱり気を取り直して書くことにした。っていうか、最近、待ってばかり。「果報は寝て待て」というから、ゆったり構えてなきゃいけないと思うんだけど、わたしって、基本的にいらちみたい。「これ!」って思ったものにはすぐ行動してしまう。で、すぐ反応が返ってこないとイライラする。ってわけで、今、いくつ待ってるんだろう。。

関係ないけど、すごい変な夢を見ちゃった。寅さんに迫られる夢。寅さんってあの葛飾柴又の「車寅次郎」ね。はっきりしたことはよく覚えてないんだけど、寅さんが、知らないうちにわたしの隣に寝てて(それもいつもわたしたちが寝ているベッドで)、「SEXしよう」とは言われなかったけど、なんか身体を触られ始めてるの。わたし、気持ちが悪くなって、飛び起きた!男とSEXするなんて気持ち悪い。ホント、身の危険を感じたね。

で、隣に寝ているのが、寅さんじゃなくて彼女だってことを確認してホッとした。そして寝ている彼女に「ねーねー、今、寅さんに襲われそうになったんだよ!!!」って言ったんだけど、彼女はぐーすか寝ていて。。多分、今も覚えてないんじゃないだろうか。

しかし、なんで寅さんなんだー!?鬱で性欲が全くなかったんだけど、戻ってきている証拠なんだろうか?それにしても。。なぜ相手が寅さん?できれば、わたしの大好きなあの、彼女とやりたかった。。っていうか、今までその彼女はわたしの夢の中には出てこない。やっぱり恋いこがれてる人は出ないもの?

ところで、わたし、8月19日の日記にこう書いた。

ゲロまずなもの

そして、その「ゲロまずVegemite」は、あれから細々と食べ続け、とうとうなくなった!しかし、、その間、わたしはその「ゲロまずVegemite」にはまってしまったのだった。。わたしが買ってきたのは、歯磨きのチューブみたいなのだったんだけど、もう、最後の方は力任せに中を出そうとして。。で、とうとうそれでも出なくなっちゃった。

なんかね、あの塩辛い感じにはまってしまったの。。慣れた、とでもいうのでしょうか。もう、甘いジャムは食べたくない、って感じ?また食べたいけど、日本の輸入食品店でもみたことないし。。これは早くシドニーに行けということか。うう、また食べたい、ゲロまずVegemite。

中身が出なくなってもまだ捨てられずにいます。。Vegemiteのチューブ。
13:15 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-12 Tue , 2006
最近、体調が何故かよい理由
救急車騒ぎから、約2週間。それ以来、鬱の波は来てません。それどころか、最近、体調がなぜかよいのです。食欲ががっつり出てきました。それまで夕食は「食べたくな~い」と言って、ほとんど無理矢理食べてました。それが、、なぜか1週間ほど前から食欲が出てきたのです。それから性欲も??(昨日、寅さんのあんな夢を見るってことはw)夜は相変わらずあまり眠れませんが。

で、その理由ってのもあまり分からないわけで。確かに、あれからずっと家にいます。でもその間、親にカミングアウトしたり、それのゴタゴタがまだ続いてたりして、精神的にはあまりよろしくない状況なのです。しかもつい、夜、mixiで遊んでたりして、いつも寝るのは1時過ぎ。「12時には寝るように」と主治医から言われたこと、ぜーんぜん守ってません。(^^;

なのになぜ、体調がいいのか。それはどうも、Sの相方さんと、わたしの友だち、Rさんが、こちらに「気」を送ってくれてるようなのです。。特にSの相方さんは1週間に3度も「気」を送ってくれているそう。いや、わたしも「気」の存在は認めますけど(昔、合気道もやってたことだし)、はっきりいって「ホントにそうなの?」って気持ちもないわけではないわけで。。薬は確かに変わりました。救急車騒ぎの直後。(それまでアナフラニール25mgを1錠、朝だけ飲んでたんだけど、それがなくなった)けど、飲まなくなったことで体調がよくなるって??

いやいや、本当に不思議なのです。「気のせい」とは、まさにこのことか??(ゴメン、Sの相方さん、Rさん(^^;)

昨日の夕方から彼女とお出かけしました。目的は、持ち歩き可能なPCを買うことと、スカイプができるように、カメラとヘッドセットを買ってくること。あ、あとはもう食べる食パンがなくなっちゃったので、それを買ってくることと、あとはジャムね。Vegemiteがなくなって以来、7月に行ったシドニーで、最後の日の朝食をホテルのルームサービスにしたんだけど、そこで出たジャム3種類を後生大事に持ってたのね。それを今頃、ちまちま食べてました。で、それももう食べ終わってしまったので。。

スカイプはにこさんから「やろーよー」と言われたのね。それだから。あと、持ち歩き可能なPCってのは、これから出歩くことが多くなりそうだから。

で、まず電器屋さんに行って、PCを見る。もう買う機種は決まってるので、値段確認して。やっぱどこも値段は変わりませんでした。。(前に違う電器屋さんで偵察してたのだ)「じゃ、これにしよ」と思ってレジに行った。話は順調に進んだが、5年間保証のところでつまづいた!わたし、PCを買うときは必ずオプションで保証を長くしてるんだけど、前、そこで買ったときは5年間、無料で保証してくれたのね。ところが、今回話を聞いてみるとPCは2年目から修理費の50%負担になっていた!もー、わざわざ5年間無料だと思って、そこに行ったのに。で、PCの話はないことにしてもらって、スカイプの道具だけ買ってきた。

それから彼女と夕ご飯♪食欲のあるときに食べるって本当に幸せ♪

その後「あっ!食パンにジャム!!」って急に思い出して、いろいろパン屋を探したんだけど、食パンは売ってなくて。。仕方なく、ベーグルにしました。んで、ジャムはピーナッツバター。これ、実は小さい頃からの好物で、しかもVegemiteのあとだから、あまり甘いジャムも欲しくなくて。これから楽しみ、楽しみ。

あー、でもPC買いたかったー。今度、外出するのはいつになるんだろーねー。にこさん、スカイプやろうねー。まだ梱包も開けてないんだけどさ、実は。(^^;

あ、あとスカイプできる人でわたしと喋ってみたい人は是非!
11:50 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-13 Wed , 2006
わたしのマイミク
ブログの方はわけが分からなくて申し訳ありません。。

わたしのマイミクが、一昨日2人増えて、78人になりました。
現在、わたしは積極的にマイミクを増やそうとは思っていません。「マイミクネコ」です。(これが、ヘテロの人には通じないみたいなのよね(^^;要するに、こっちからは積極的にマイミクの申請はしないけれど、相手からのマイミクは受け入れている、ってことです(ただ、誰でもいいってわけじゃないですけど)。

ただしわたしが「この人とマイミクになりたい」と思ったら、もちろん申請します。でもそれは、もうほとんどが知り合いになっていて、って場合が多いんですけどね。あとはあるときに向こうからメッセージが来て、やりとりしているうちに、その人とマイミクしたいって思うことも、ほんのちょっとですが、あります。(でもほとんどないです)

わたしは、基本的に、自分のすべてのマイミクさんの日記に目を通し、そしてほとんどの場合、コメントします。よっぽど意味が分からない日記を除いてね。(^^;マイミクになった以上、その人の日記は読むべきだと思っているのです。じゃないと、マイミクの意味ないじゃん。ただし、やっぱ仕事とか忙しくて読めない人もいるわけで。それで見に来られない場合があるってことも理解してるつもりなんだけどね。

けど、コメントするのはわたしの完全なシュミです。義務感に駆られてやっているわけじゃありません。要するに、何か一言言うのが好きなのよね。今までは1回コメントして返事して終わり、って感じだったんだけど、最近は向こうからレスが付くとまたコメントしたくなって。。って感じで何度も同じ日記にコメントを付けてしまいます。

だからね、本音を言わせてもらうと、もうこれ以上、マイミクは増やしたくないのです。(だからマイミクネコなの)わたしなんか、一日中ヒマだから、ずっとPCに張り付いていられるし。

で、現在のわたしの78人のマイミク、ヘテロ男、ヘテロ女、ゲイ、ビアン、その他(トランスなど)に分けてみたのね。そうしたら、、

ヘテロ男:15人、ヘテロ女:16人、ゲイ:30人、ビアン:15人、その他(トランス等):2人、となりました。

思えば、マイミクSにmixiに招待されてからは、ビアンの友だちが多かったんだけど、わたし、ゲイの人とすごく知り合いになりたかったのね。だから、最初はゲイのマイミクを増やそうと努力してました。(努力っていうのもなんですけど(^^;)ところがそのうち、今度はヘテロの人とマイミクになりたいと思うようになりました。で、同い年コミュに入って、オフ会にも出て、ヘテロの友だち増やしてね、あとはやっぱ、同じ学校の同級生ですかね。オフ会の時、思い切ってカミングアウトをし、それで仲間が増えました。それから、社会人野球。都市対抗開幕の日に、社会人野球ファンだってことをカミングアウトwしましたが、それからは社会人野球にも詳しい人のマイミクも欲しくてね。なんせ、わたしが社会人野球のことを書いても、誰にも分かってもらえないんですもん。。(涙)

あんなにゲイのマイミクが欲しかったわたしですが、いつの間にか、一番多くなってました。これは「Brass MIX!」の影響ですけどね。で、一旦増えると、なんか自動的に増えるようです。。いや、嬉しいんですけど。(笑)

だから、わたしのマイミクさんは本当にいろんな方がたくさんいらっしゃいます。わたしはそれがとても嬉しいのです。だって、この世の中にだって、いろんな人がいるもん。

そしてこのわたしだって、いろいろな要素を持っています。うつ病だし(というか、最初はこのブログ、うつ病のブログだったんですけど(^^;)、同性愛者の権利についてを語りたいときもあるし、パレードに出て少しでも同性愛者のことについて分かって欲しいし、それになんと言っても社会人野球!社会人野球はわたしの命と言っていいほどの究極の趣味ですから、それについてバリバリ書きたい。基本的には日常日記ですが、わたし個人は、こういった多様なことを書きたいのです。最近、同性愛者の権利については、ちょっとヘタレになってますが、、(^^;

ってわけで、こないだマイミク整理したばっかだけど、またもう少ししたらマイミク整理しようかと。今度は容赦なしにね。今後、直接会う可能性がある人でもばっさり。やっぱ、日記読んでくれない人はいやだからさ。。なので、近々、お楽しみに~ってこれって完全に脅しよね。でも、いつも見に来いっていってるんじゃないんです。興味のある題名だけのときだけでもいいから、見に来て欲しい、そんな感じなんです。1ヶ月に1度でも構いません。やっぱりちょっとでも自分のことを知って欲しいから。。これがわたしのマイミクに対する考えかな。あ、コメントについては一切強要する気はありません。読んでもらえば、満足。

そういえばさ、Sの相方さん。最近、急に部屋を片付けたくなったんだけど。。そういう「気」を送ってなぁい?(笑)
11:52 | mixi関係のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-14 Thu , 2006
PC買っちゃった
ついにPCを買っちゃいました!こないだの日記にも書きましたが、モバイルPC。いや、あれから「5年間保証」について調べたのですが、PCってやっぱり故障が多いんですね。他のは5年間保証なのに、PCだけ3年とか、5年間保証はするが、故障対応は1回のみ、しかもだんだん修理費の負担率が高くなっていく、とか。

しかし、Wikipediaで電器店を検索したんですが、あんなにたくさんあった電器店がほとんどなくなってるんですね。びっくりしました。大型量販店は5つくらい?高校生の頃、よく秋葉に通っていたわたしは、T-Zoneとかラオックスとか九十九電機とかロケットなんか、よく行ってたんですけどね。。みんな縮小されちゃったか、別のもの売ってるんですね。あと石丸電気もありましたね。って今もあるけど、九十九電機も石丸電気もすべてエディオングループになってたんですね。おそろしや~、デオデオ。(イミフメイ)

ちなみにPCを買うのは、これで5台目。すべてノートパソコン。最初の理由は「部屋が狭かったから」一人暮らしでワンルームだったので、デスクトップなど当然置ける場所もなく。それからはもう、ノート一筋ですね。

最初に買ったのは、'95年、多分、誰も知らないと思うけど、SusteenのA10iという機種でした。ソフマップでしか売ってなかったのよね。というか、その頃は、アメリカにSusteenという会社があって、そこから独占販売をしてたらしいんですが、それがいつの間にかソフマップブランドになってました、昨日調べたら。(今はもうSusteen自体、ないようです。だって、そのニュース、'98年のニュースだったんだもん)で、確かに今でもアメリカにはSusteenという会社があるけど、どうもソフト会社になってるらしい。。ま、Gatewayも日本から撤退しましたしね。(と言っても、最近また、売り始めてるみたい)アメリカのPC業界も厳しいんでしょうね。

で、その機種にしたのは、ただ1つの理由。他のノートPCに比べて格段に安かったから。CPUが133Mで、当時30万。貯めた奨学金で買いました。(その当時、まだ学生だったので)で、インターネットをして遊んでました。学校には行かず、夜な夜なというか、朝6時頃までチャット三昧。IRCチャットでね。CHOCOAというソフトを使ってました。なんのチャットかというと、カープファン同士のチャット。楽しかったなぁ~。ってそのログ、今でも持ってるんですよね。見たいような見たくないような。(笑)もう、その頃は熱狂的なカープファンでしたから。

ただ、そのPC、めちゃくちゃよく壊れるPCでね。ブルー画面が出たら、もう再インストールしなきゃいけないんです。何十回、再インストール及び自分仕様にカスタマイズしたことか。。ちなみにWin95でした。最後はLinux入れたりして、遊んでましたが、イマイチで、、燃えないゴミ行き。あ、今はそういうことしてPCを捨てちゃいけません。(笑)

次に買ったのが、松下のLet's note。CF-S21という機種です。これはB5ノートですが、就職した冬に買ったのかなぁ。'99年です。正月に、型落ちセールをやってたので、買いました。17万8千円。CPUはintelのMMX Pentium200Mで、しかもメモリ96M(最大限)付き。あれ、でもおかしいなあ。確かこれは日南キャンプに持って行ったはず。(日南キャンプ=当然、カープの春季キャンプ地の1つです)でも、もうその頃は、既に社会人野球ファンになってたはずですが。。B5ノートってんで、かなり重宝しました。さっきも書いたけど、日南キャンプの報告をグレ電使って報告したりね。(グレ電=公衆電話なんですけど、電話回線からネットにつなげる電話だったのです)

B5ノートで使いやすい上、あと、なんといっても、トラックボールの使い心地がよくてねぇ。。これだとマウスがいらないんです。わたしはノート派ですけど、どうもトラックポイントやタッチパッドが気に入らなくてねえ。。というか、使いづらくてたまらない。マウスは必需品なんですが、トラックボールだとその必要はなし!

しかし、2度、壊れました。。起きてみてPC起動しようと思ったら、画面が真っ暗なの!2度とも同じ。で、そのPCにわたしは5年間保証をかけておいたんで。。2度ともタダで修理されて戻ってきたのでした。

で、本当はこのPCが本当に気に入っていて、できるならずっと使い続けたかったんですが、キーがポロポロ落ちるようになってきてですね、、で、泣く泣く新しいのを買うことにしました。あ、キーがポロポロ取れる、っていうのは前使ってた、A10iでも同じでね。どうもわたしはキーをバシバシ叩いて打つクセがあるらしいです。

Let's noteを使っているときと重なるんですが、モバイル用にSONYのVAIOを買いました。'00年くらいだったかな。本当は、東芝のLibrettoが欲しかったんですが、あまりに小さすぎるかなーと思い、、VAIOのPCG-C1CGってヤツを買いました。CPUはPEN2の400Mで、メモリが64M。持ってるPCのうち、一番頭がいいPCでした。これは「価格.com」でそのとき一番安かったところから買いました。しかも、長時間バッテリーを買ってきてね。そうじゃないと、2時間くらいですぐ電源切れてましたから。この頃は、社会人野球にどっぷり浸かっていて、球場からの速報とかやってましたからねー。しかし、野球を観ながら、スコアをつけながらの速報ってすごく大変でした。

ただ、このVAIO、メーカー保証期間の1年を過ぎてすぐぶっ壊れまして。。それからいくら再インストールしても、ぶっ壊れグセとでもいいましょうか、ついちゃいまして。「もういらんわい」ってことで、職場の同僚(つーか上司)に引き取ってもらいました。あ、ちゃんといいましたよ。「すぐぶっ壊れます」って。でも、エクセル使うくらいでそんなにハードな使い方はしないから、と言われまして。喜んで差し上げました。差し上げたといっても、結局は8000円相当のものと交換したんですけどね。

で、買ってきた長時間バッテリーはソフマップに売り飛ばしました。買ったときは2万以上したのに、売ったら2千円くらいにしかならなかった。。orz


こういう例があるんで、PCは絶対に5年間保証に入っておかなければ、と思ったのです。たとえ、金をかけてもね。(しかし、Let's noteを買ったときの5年間保証の値段はなんと、購入価格の2%でした。今は5.5%取られるのに、、しかも半額保証なのに。。)

で、わたしの大好きで、メインに使っていたLet's noteでしたが。。キーがポロポロ取れる上に、その影響で、1つしか文字打ってないのに、何度も押したような症状が出てきてしまって。。そしてわたしは泣く泣く次のPCを買ったのでした。

それが今使っている、IBMのR40という機種。A4ノート。それもかなり重厚。IBMならキーがしっかりしていてポロポロ取れることはないだろう、という考えからです。CPUはPen4の1.90G。メモリは256M。前のに比べて格段に機能アップですね。それにThink Padは一種の憧れだったんですね。いくらしたのかは忘れた。カスタマイズモデルを買ったんだけど、25万くらいだったかな?んで、実際買ったのは'03年だったかなあ。あれから3年間くらい使ってますけど、やはりキーボードはしっかりしてます。さすがIBM、と思ったら、日本IBM、PC部門をLenovoという会社に売り飛ばしてたんですね。ブランドはThink Padで売ってるけど。ひゃー知らんかったよ。

んで、今は普段使うPCはこの、R40ですけど、やっぱ、これからはまた頻繁に出かけると思うので、、今回、またモバイル用のノートを買ったんですね。しかもまたLet's noteを。一番最軽量、999gの機種です。(CF-R5Lというらしい)CPUはintelのCore soloと言うらしい。(聞いたことない)1.20Gだそうです。メモリは512M。すごい(笑)でも、まだ買ったばかりで中身開けてません。っていうか、これからいろいろなソフトウェアをインストールしなくちゃならないし、それに自分仕様にしなければならないと思うと。。ちょっとウンザリなのですね。(わたしは非常にこだわりがありまして。。ちなみにデスクトップ(PCの画面のことね)にいらないアイコンとかあるのが、めちゃくちゃ気に入らなくて、今、あるのは3つだけだし、あとはXPの画面が嫌いなので、98バージョンにしてるし、いろいろめんどくさいんですわ(笑)しかも、デスクトップの背景は、もう、今は亡きWin3.1から取ってきた背景。要するに、そういうところ、めちゃくちゃ保守的なのです、わたし。あ、あと、ゴミ箱、普段は牛で、捨てると猫になるというのが自慢(爆))

ただ、最軽量ってことでLet's noteにしました。もう今のLet's noteは、かつてのトラックボールではありません。トラックボールにすると、どうしても厚さが増してしまうので、、松下もタッチパッドにしました。軽量化の方を選択したのでしょう、トラックボールより。これ、気にくわないんですけどね。旅行先でマウスを持ち歩くことはできませんし。。多分、めちゃくちゃイライラするでしょうねぇ。(笑)

しかし、年末までにちゃんとカスタマイズできているか、非常に心配です。。読まなきゃならない本もあるし。

そう、でね。昨日は本当に久々に一人で出かけました。電器屋2つ回ったし、郵便局に行ったし、銀行に行ったし、おまけにパンも買ってきたし。久々に自分のペースで歩けて「そうそう、前はこんな感じだった!」って思い出しながら歩きました。その割には疲れた証拠である、耳の詰まりも起こらなかったし。やっぱ「気」のせいかしら??(笑)
13:52 | 過去の自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-15 Fri , 2006
わたしとPC
ほとんど昨日の続き、って言ってもいいんだろうけど。。(^^;

わたしとPCの付き合いってのは、比較的長い方だと思う。初めて触ったのが高校生の頃。ちょうど入学したてで、吹奏楽部と共に入ったのが、○○○○同好会、ってヤツ。(うちの高校、兼部は許されなかったのですが、同好会とは許されてたのです)あ、ちなみに○○○○の中には好きな言葉を入れてください。(笑)絶対に当たらないだろうけど。っていうか、これ書くと、どこの高校に行ってたかばれちゃうかも知れないので。。(一応、高校の人にはカミングアウトする気はないもんで)その同好会で、初めて目にしたのがNECのPC-8001というPCだったのです。当時は「マイコン」と呼ばれておりました。で、読み取り器具がまだカセットテープの時代で、、ゲームをするのに「ピーガー」で読み取って、それから遊んでました。体験入部の時に、ちょっとゲームをさせてもらったんですが、それが面白かったので入部した、という単純な理由です。(そのゲームの名前がどうしても思い出せないんだよね。。悔しい)

でも、所詮、同好会ですから、ほとんどみんな、トランプをして遊んでおりました。取り敢えず、BASICの基礎は勉強したのですが、これが計算できたら何?円を描けたから何?の世界でした。(笑)他の人はめちゃくちゃPCについて、詳しかったんだけどね。だって、自分の家で持ってるんだもん。MZとか、PC-9800シリーズとか、もちろん、8801MK2なんか持ってる人もいましたがね。そのうち、うちの同好会でもSONYのHit-Bit(MSXとも呼ばれていたが、違いが分からん)ってPCも買ってもらってね。「聖子のパソコン」(もちろん、聖子というのは、松田聖子のこと)って触れ込みでしたが。。SONYの初めてのPC参入機種だったでしょう、多分。でも、これでこけたんだよね。で、しばらーーーーくして、あの「VAIO」が登場したのでありました。

で、わたしも父にパソコンの必要性を説き、家で買いました。(NECのPC-9801VMというヤツでした)。わたしはもちろん、一切金出しませんでしたけど、、確かその当時、40万くらいはしたと思います。で、そこでN88-BASICとか、細々勉強してたんですけど、やっぱ「円は描けるようになりましたがなにか?」という感じでした。しかも、当時のPCの雑誌は今のように付録にフロッピーなど付いているはずもなく、、遊ぶなら自分で機械語で入れなさい、の世界でした。でも入れるためには、どこの番地から入れるかとか、もう分かんないことだらけで。挫折しました。そのゲームで遊ぶには、RAMボードも増設しなきゃならなかったみたいだし。今でもそのゲームの名前を思い出します。「死人は便意を催さない」。やりたかったなー。

で、うちのPCは専ら「ワープロ」と化していました。「一太郎」をVer.1から使ってる人って結構珍しいんじゃないかな。あと、最後の方はゲームも出てきて「オホーツクに消ゆ」、「シムシティ」なんかで遊んでたりしました。「オホーツクに消ゆ」って、当時NTT(まだ電電公社時代か?)の、もう今は亡き「CAPTAIN System」の中にあったんですよね。高校の同好会仲間と某NTT(電電公社?)に行って遊んでました。ただ、途中までしかできませんでした。(笑)でも、ゲームってわたし、あまり好きじゃないんですよね、基本的に。「アドベンチャーゲーム」は結構好きだと思っているんですが。「RPG(ロールプロイングゲーム)」なんかダメ。めんどくさい。これはゲーム機にも言えることですが、やってるうちにすぐ飽きちゃうのです。ただ、昔のゲームはRPGでも単純でしたからね、話が。だから、ちょくちょく遊んでたけど。

それからしばらくは、PCとは無縁な生活を送ってました。が、大学3年になって研究室に配属されると、PCはあるのですね。ちなみに4年の卒論の時は「ロータス1-2-3」(表計算ソフト)を使ってデ-タを入力し、また「多変量分析」もしたけど、あれは自分でプログラム作ったんだっけ。。それともしこしこ自分で計算したんだっけ。。ロータスがやってくれたんだっけ。忘れた。で、一太郎で卒論書きました。あの頃のうちの大学は、まだ「ネット」というものはありませんでした。ある日、40Mのハードディスクが増設されて、ものすごく喜んだっけ。。今考えるとたかがフロッピー40枚の世界なんですけど。。

それから、なんだかんだがあって、取り敢えず大学院に進学しました。が、訳あって、2つの大学の研究室を行ったり来たりしておりました。ちょっと専攻も違うところでしてね。で、向こうの大学は、すでに「ワークステーション(WS)」というものを持っておりました。WindowsのPCは1台もありませんでした。で、みんな、当然のようにUNIXをバリバリ使ってました。ま、そういうところだったんですけど。で、もちろん、全部ネットに繋がっておりました。しかし、わたしはUNIX(正確に言うとUNIXでもなかったんですが、正確に言うとこれまたバレますので(笑))の概念、ってものを知らなかったんですね。ただ、C言語は勉強しました。解析に必要だったもので。ただ、その前段階の解析は、Winじゃないとできなかったので、Winの使えるPCを買ってもらいました。COMPAQ。懐かしい名前。その当時は安くて有名だったんですよ。で、入ってるOSはもちろん、Windows3.1。で、このPCをネットにつなぐのにねー、非常に苦労しました。だって、誰もWinのこと知らないし、まだWin自体、ネットに繋ぐ、という目的で作られていなかったので。で、いろいろ勉強してやっと繋ぎましたよ。Winsockとか、なんかいろんなものをダウンロードしてね。繋がったときの嬉しかったこと。。(で、わたしはそれ以来、Windowsとは切っても切れない仲なのです。ゲイツ嫌いなのに~(涙))

修論は、Macで書きました。その頃はWinより文字がきれい、という理由で、そこの大学では、ほとんどみんながMacを使って書いてたんですよね。卒論やら論文やら。ただし、UNIXの方でもTex(てふ、と読みます)が出回り始めた頃で、わたしの同級生なんかは、それを使って書いてました。 しかし、その頃のMacって非常に壊れやすくてね。書いてる修論をバックアップしようと、フロッピー(もうその頃は3.5インチだったかな)を入れてバックアップしたんですが、バックアップした直後、今度は読み出そうとしたら「このディスクは壊れています」って出てきて。。もう怖くて、何重にもバックアップを取りました。なんかこの頃のMacってすぐ「このフロッピーは使えません。初期化しますか」って出てきてね。それ以来ですね、もう二度とMacは使わないぞ。と思ったのは。ま、使ってたのが主にMacのClassicってヤツで(もしかしたらClassic IIかも知れない) 。あのね、めちゃくちゃ画面が小さいの。使いづらかったー。確かに、もっと大きい画面のMacもあったんだけど、、他の人が使ってることが多かったんで。

で、いつ頃かなあ。UNIXを使っているみなさんは、当然のことながら、もうインターネットに接続して、なんやかんや見ておりました。ブラウザは「Mosaic」か「Netscape」使ってましたな。あと、学内でメーリングリストがあり、それでよく雑談してました。カープファンのメーリングリストもあったんですよ。ただ、3人しか加入してませんでしたが。ってわけで、取り敢えずUNIXは使えない、といってももちろんC言語を組まなくてはなりませんから、当然エディタは使うわけで。Emacs(Mule)を使っておりました。それでメールのやりとりやなんか、全部やってました。(その影響で、今、わたしのエディタはMuleをWinに移植した「xyzzy」ってやつを使ってます。でもメーラーとしては使ってません)
でも、その前段階でメールは、WSではできなくて、JUNETというもんを使ってました。つーか、おかしいな。WSではメール使えるはずだったのに。何故か別のコンピューター室に置いてある特別なPC(これってどういう機種だったのか全然知らない)でしかメールできませんでした。すんげー使いにくいPCでね。で、主にうちの大学の友だちとメールしてたんだけど、向こうは普通のアドレスだったような。。(要するに、ac.jpってヤツね)でも、このJUNETからメールを送ってたのは、ほんの一時期なので。。

うちの大学ではその頃は、ゲームが横行してました。もちろんその中には「エロゲー」も含まれてました。研究室でよくやったものです。(笑)どういう名前のエロゲーかは知りませんでしたけど。でも、いくら「道具を使う」にしてもできなくて、最終的には「挿入」しかなかったのよね。。あれがつまんなかった。(爆)あとは「プリンセスメーカー」なんかもやってたんだけど、わたしの主人公は何故か「王女」でなく「女王」になってしまうのです。。何回やってもそうなんで、飽きました。

で、もう一方の大学は、それはそれはマジメな大学でしたから、エロゲーなどやっている人もいなく、、ってその頃(今でも)WSでエロゲーなんかできるのかどうかは知りませんが。みなさん、ひたすらWSの前に座って黙々と実験の解析等をやっておられるようでした。

そのうち、わたしは解析で使ってるWinでブラウザを使ってHPを閲覧できる、ということを知り、Netscape(多分、Ver2.0だったと思う)をインストールして、見始めたのでした。っていうか、その頃ちょうど朝日新聞の「雑記帳」ってところに「RCCとNECが提携して、HP(っていう表現だったかなあ)を作ることになった」という記事を発見してね。んで、今だったら絶対URLが書いてあるんだけど、その頃にはそういう概念がなかったようで。。探しまくりました。(笑)'96年か'97年頃の話です。

その頃は、もう研究者になる気もなかったし、大学にも気が向いたときしか行ってなかったので、ほとんどカープの掲示板で当時のカープファンとカープについての話をしてました。で、そのHPに実験的にIRCを使ったチャット、というものができたのと、あと、わたしこっそり、ビアン関係のHPがないかを探してたのよね。で、1つ探し出すことができて。。で、自分のPCが欲しくなって、昨日書いたSusteenのA10iを奨学金溜めて買った、というわけです。ちなみに実験的に行われていたカープのサイトはもうありません。あれから数年後、NEC抜きでリニューアルしました。そこから人が殺到して、、古くからの人はもう書き込めなくなってしまいました。その後、広島東洋カープの公式HPもできたようですね。

昨日も書いたけど、それからはIRCでチャットしまくり。あと、ビアンのHPも堂々と家では見られたし。そこのビアンのHPにあったチャットで出会ったのが、S、というわけです。だから、Sとの付き合いは長いの。

ってわけで、その後のわたしはカープのチャットで毎晩のように話していた仲間とオフ会もしたし、Sたちにも会い、あの頃は結構充実してましたね(爆)

そしてわたしは就職のために、'98年3月末に東京から就職先に引っ越したのでした。で、あとは自分のPCを使って、毎日、ネットに接続して遊んでました。わたしにとってのPCはほとんどネットに繋いで遊ぶことですね。もちろん、就職先でもいつの間にか1人1台PCが導入されましたが。。Microsoftの「Word」や「Excel」は職場で使ったのが初めてです。ゲイツ嫌いなのに、いつの間にか「一太郎」ではなく「Word」や「Excel」を使うようになっちゃいました。(涙)

まあ、それで昨日の話に続く、ってわけですかねえ。。
あ、ゲーム嫌いと書きましたが、ビアン系のエロゲーは1つ、買いました。で、すぐクリアしちゃいました。(爆)うなぎどん、いつでもうちにきてやってもいいからね。(爆)
11:36 | 過去の自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-16 Sat , 2006
病院変えました。が、しかし、、、
ついに病院を変えました。前々からブログを読んでいた方は知ってると思うけど、なんかこの夏から秋にかけて、主治医とケンカしたりしてたんだけど、最近はもう、最初からお互いけんか腰、っていうか、なんというか。主治医から何度も「もう、これ以上、あなたに言うことはありません」って言われてました。(汗)わたしもどうも先生が言うことが理解できなくて、、それでほとんど病院に行くときは彼女と一緒に行って、あとで彼女に「先生はこういうことを言っていた」と聞く始末。

だってね、わたしが思っていることを先生に聞くじゃないですか。で、わたしは一応「このような答えが戻ってくるかな」って思ってるのに、全然違うところから、全然分からない言葉で答えられて。。。もう完全に「理解不能」だったのです。確かに、患者の言うことを、時間制限なく、とことんまで聞いてくれて、その点ではいい先生だと思うのですが。。(わたしの診察で最長1時間、ってのもあったし)わたしとは合わなかったようです。彼女は先生の言ってることがちゃんと理解できたしね。

で、今までの病院は、顔の広いわたしの叔母から紹介されたのですが「もうダメだ」ってことで再び叔母に連絡を取って、2つほど紹介してくれました。そのうちの1つは大学病院なんだけど、ちょっと家から遠くて。で、もう一つは医者じゃなくて「心理相談室」ってところでした。そっちは家から近くて、それにHPを読むと、なんか今の自分に合っている、という感じがしたので、そちらにメールで予約を入れました。ところが、すぐ来ると思っていたメールの返事がなかなかこなくって。。メールしてから3日後くらいに返事が来ました。

予約が殺到して、今は予約を受け付けてない、とのことでした。1月25日までは予約でいっぱいなんだって。だから、年が明けて予約をまた開始したら、予約してください、とのことでした。

しかし、もう主治医の顔が見たくないわたし。彼女が見つけてきてくれた、よさそうな病院に予約を入れました。そこの病院は、既存の薬は害がある、栄養療法とサプリメントで鬱を治す、今まで飲んでいた薬は徐々に減薬する、というところでした。あとはカウンセリングも付いているみたいで、どっちかというと、わたしはカウンセリングを受けたかったので、そこに行くことにしました。だけど、その病院、予約してからすぐ行くんじゃなくて、まず問診票と同意書、あとは病院のパンフレット等が送られてきて。。それを送った上で、予約して診察、というめんどくさい手順。

いらちなわたしは、病院から郵便物が来て、それですぐ問診票と同意書(この2つが一緒になっている)を書いて送ったんだけど、なんとその問診票が15枚くらい!最初の方は、どんな薬を飲んでるか、とか今までどういう食生活を送っているかだとか聞かれて、後半は心理テストみたいなもの。例えば「人前に出てドキドキすることがありますか」とか、そんなやつ。

で、一応、送ってきた病院のパンフ等を読んでみたんだけど、なんか胡散臭そう。。ま、だけど一応行ってみるか、ってことで行ってみたのでした。

初診の人は15分前くらいに、来い、って書いてあったから、その通りに行ったんだけど、随分待たされました。で、診察室に通されて、まずDVDを見せられました。病院のパンフに書かれていたこととほぼ同じ内容で「はいはい、もう分かってます」状態でした。それからしばらく待たされて、まずカウンセラーという人がやってきました。あれ、最初は先生の診察で、その次にカウンセリングじゃなかったっけ、、と思ってたんですけど(だって病院から送られてきたパンフ等にそう書いてあったから)、まぁ、いいかと思って、今までの病歴や飲んでいた薬等を話しました。(でもこれって普通、先生にするもんじゃないの?)ま、途中で先生もやってきたんですけどね、なんか忙しそうで、診察室を出たり入ったり。。おそらくほとんど話、聞いてません。で、話の最初に怪しげなサプリメントを飲まされて。。

それからはカウンセラーの独断場。「こういう食べ物がいい」だとか、あとはサプリメントの説明。さっき見たDVDの内容と一緒なんだってば!!んで、診察終了。で、請求された金額は、カウンセリング料を含んで約6000円。

そのあとサプリメントのコーナーに行かされ「一応、これとこれとこれがオススメです」と言われ。。仕方なく買ってきましたよ。これが約1万6千円。そこまで金、持ってなかったので、あとで振り込みすることになって。

帰りに彼女と「あれはちょっと違うでしょ」みたいな話に。だいたいカウンセラーって患者の言うことを聞くんじゃないの?あれじゃ、サプリメントの宣伝マンみたいなもんですよ。「なんか胡散臭いところに来ちゃったなー」って感じでした。取り敢えず、次は10日後に行くことになってますが。。

で、最初に飲まされたサプリメントは、脳内ホルモンのドーパミンを持続的に分泌させたり、α波を出させたりするらしいんですが、、取り敢えず、わたしは飲んでも快楽的な気分にもリラックスした気分にもなりませんでした(汗)

わたしは今、もう抗うつ剤は飲んでいなくて、1日3回、食後にデパス0.5mgを2錠とセルシン5mgを1錠、寝る前に、マイスリー10mg×1、ロヒプノール2mg×1、アタラックスP25mg×1、ドラール15mg×2、あと下剤を飲んでます。で、自分ではデパスは全然効いてないと思ってるし(その点、セルシンは効いた)、あとは睡眠剤とおさらばしたいのです。

それに、こないだ「最近何故か調子がいい理由」にも書いたんだけど、食欲がガッツリ出てきたり、昼間、全く寝なくなったり、一人で買い物にも出かける気力も出てきたし、しかも出かけたら必ず疲れたときに起きる「耳の詰まり」の症状もなくなってきたし、息苦しさもなくなったし、あと、本も読めるようになってきたのです。(っていうか、その本はちょっと早く読まなきゃいけない事情がありまして(汗))で、出かけた次の日は寝込むことが多かったのですが、最近はそういうこともちっともなくなってきて、気分はほとんど「治ってる」感じなのです。ただ主治医に言われた自分の意志とは関係ない「鬱の波」がいつ来るのか、それが不安なだけで。。

だから、取り敢えず、その医者には「睡眠剤の減薬」だけを求めている感じです。10日にまた、そこの病院に行くけど、もうサプリメントは買わないでしょう。(強制じゃないし)そして、2回目にどういった「カウンセリング」が行われるのか、楽しみです。だいたい、昨日は全然「カウンセリング」じゃなかったし。

というわけで、期待してた割に2人とも「なに、あれ?」ってとこでした。ちゃん、ちゃん♪(もちろん、帰りにはそこの病院の悪口言いまくり(汗))
13:42 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-17 Sun , 2006
将来が見えてきた?
今日の朝、起きてトイレに行ったら、ものすごーく薬臭い尿が出た。今まで薬を飲んでいても、こんなことなかったのに。。確かに「尿は赤くなることがあります」とは言われたけど、こんなに薬臭くなるとは思わなかった。(と悪口言いまくり(笑))

昨日の夕方、スカイプでにこさんと話した。
話しているうちに将来の話になって、「こういうことがしたいから、今後はこれこれこうするつもり」と話したら「そこまで決めてるとは思わなかった」って言われた。だけど、前の職場を辞めて東京に理由っていうのは、もちろん彼女と一緒に暮らす、というのが主な目的だったわけだけど、表向きはそんなことを言うわけにはいかないので、必死に自分の将来について考えて、ある程度決まったところで「自分がやりたいことができたので辞めます」って言ってから辞めたんだよね。親にもそれなりに説明しなきゃいけなかったしね。

その将来について、っていうのに当時はすごく悩んでね、だって、やりたいことが見つからないんだもん。「野球が好き」ってことで、一時は変化球の曲がり方とかを物理的に解明している大学にでも通おうかと思ったけど、それだと将来食ってけないのよね、研究者になる以外。で、わたしは一度研究者になろうと思って断念したクチなので「そんなんじゃダメだ」と。

で、次に考えたのが「臨床心理士になること」。わたし、鬱病2回やってるし、その点では患者の気持ちがよく分かるから、なろうかな~って思ったんだけど、わたし、どうも「臨床」っていうのは自分で合っていないような気がしてね。だって、心理学の専門分野をみると、臨床心理学よりも実験心理学の方が面白そうなんだもの。(結局はわたし、理系なんだわ、とそのとき思ったわ)で、実験心理学もこれまた将来どこかに就職するってよりは研究者になる学問で。探してみれば、一般企業にもあるかもしれないけど、普通、この分野ではないだろうし、第一、年齢がね。。

ま、年齢のことを言ったら、どこもいまさら就職できないような気はしてるんだけどね。

それでずーーーっと考えてたんだけど、ある日、パッと思いついたことがあってね。「これなら職歴も生かせるかも知れないし、いいかもしれない」ってことが。それからちょっと考えて「これにしよう」と思い、そして、会社を辞める決心が付いた、というわけ。わたしは何もビジョンがないままで辞める性格はしてないんでね。

で、まずその一歩として、シドニーで語学留学、ってことを考えてます。シドニーにしたのは、2月に「マルディグラ」があるから(笑)(注:シドニーのマルディグラは、世界最大のゲイ&レズビアンの祭典です。)

「世界最大のゲイ&レズビアンの祭典 禁断のマルディグラ」

しかしこの「禁断の」って表現が非常に気に入らないなー。All about Japanに文句のメール出してみようかしら?(笑)

まぁ、語学留学はずっと前から考えていて、今年の7月にシドニーに行った際も、実は行く前に行きたい学校を絞り込んで、2つばかり見学に行ったんだけどね。取り敢えず1年間、留学してくるつもりです。(じゃないとマルディグラが。。(爆))

で、にこさんとはその後の話もしたんだけど、それはここには書きません(爆)でも留学後のことを考えると、逆算して何月から向こうに行って、そのためには何月から留学準備をして。。ってことが考えられるようになったのよね。彼女によると「今までそれはペンディング」ってことで、考えもしなかったことだから、将来のことを考えられるようになった、ってことは、やっぱりじわじわと鬱病がよくなってきている証拠じゃないかと思う。(もちろん、サプリメントのせいじゃないよ(爆))

取り敢えず、それまでに鬱を寛解させることが一番大切。彼女に「ねー、留学する前までにどこかの事務員でバイトでもしよっか」と言ったら「それよりも行く前に英語を勉強しておいた方がいいんじゃない?」って言われた。確かにそれはそうだ。

でもまだ「英語を勉強したい」とは思わないんだよね。(汗)ただ、最近ちょっとずつ本が読めるようになってきているし、今まで読みたくて溜めておいた本を読んで、集中力を付けて(PCに対する集中力なら今でもあるんだけど(笑))、毎日、新聞も読んで、ウォーミングアップするかな。
11:37 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-18 Mon , 2006
わたしと音楽
そういえば、一昨日だったか、たんごくんの日記に「ARB」のことが書いてあった。わたしはARBの音楽は一切聴いたことがなかったんだけど、それまでわたしの好きだった、白浜久、という人がARBに加入した、ってことだけは知ってたのね。

で、もうずっと前だけど、彼のHPを見つけて、それでそのときにそのHPを通じて彼の新しいCDが買えることを知ったんだけど、どうも本人と連絡するのが恥ずかしく、、結局そのままになってたんでした。

わたしの音楽の趣味は、他の人とちょっと変わっている。(mixiでのわたしのプロフィールを見れば分かると思うけど。で、あそこに書いてないのもいっぱいある)

小学生の時は「ザ・ベストテン」を見るのが好きだった。毎週のランキングをノートに書いていた。(今、あのノートがあったら、すごい懐かしいと思う。が、いつの間にかどこかに行ってしまった)でも、所詮、そこは小学生。ヒットした曲を聴くだけだった。

本格的に音楽を聴き始めたのは、高校生の頃から。高2の12月に某FM局が開局し、実はそれまで全然、FMラジオなんか聴かなかったのに、偶然、聴いてみたら偶然、試験放送中で。。そのFM局にまつわる話は、この日記に書いてある。実は、そのラジオ番組の中に「今週のピックアップディスク」というコーナーがあって、それで1週間、ずっと同じ曲が流れて、水曜日にはその曲を歌っている人が呼ばれて、、って感じのコーナーだったのだ。

で、そのコーナーで流れていた曲が元でファンになった、って人がわたしの音楽の趣味の原点。白浜久もそこで知った。で、一番大きかったのが、パール兄弟かなぁ。東京少年(もう今はないけど、ボーカルの笹野みちるは自分がレズビアンだってことをその後、カミングアウトして本を出しました)もKAN(あの「愛は勝つ~」で有名になっちゃった人ね。でも、わたしはその前の曲が好きでした)も135(いちさんご)も全部、そのコーナーで知った人達。

で、その中でも残ったのがパール兄弟とこの白浜久。135も好きだったんだけど、2枚目のアルバムがとてもヒサンでね。それからは追いかけるのを止めました。パール兄弟は「サンタが東京にやってきた」って曲が取り上げられてね、すごく面白かったの。で、早速CDを買いに行って。「パール&スノウ」ってCDです。(お気づきかと思いますが、これは松任谷由実の「サーフ&スノウ」のパロディです。あ、中身は全然違う(と思う。松任谷由実の「サーフ&スノウ」は聴いたことないから(笑))

そうしたら、その中に入っていた「バカヤロウは愛の言葉」って曲が名曲で。で、こっちのCDに入ってる「バカヤロウは愛の言葉」はディスコバージョンだったのね。本当の曲は「PEARL is Future(未来はパール)」って中に入っててね。で、このCDを買ったわけ。

で、パール兄弟は当時、サエキけんぞう、窪田晴男、バカボン鈴木、松永俊弥の4人で構成されてて、サエキけんぞうから、彼が昔やってたバンド、ハルメンズに手を伸ばし、窪田晴男がパール兄弟以前にやってた、近田春夫&ビブラトーンズに手を伸ばし。。

それから、近田春夫がめちゃくちゃ気に入ってね、近田春夫&ハルヲフォンから、ソロ、そして近田春夫&ビブラトーンズまで、出てるCDはすべて買いました。わたしの最も好きなのは近田春夫がソロ活動していた「天然の美」ってヤツね。あと、近田春夫関係から、ジューシィ・フルーツや平山みき(平山美紀にあらず、同一人物だけど)にも手を伸ばし、、と言っても、もうその頃はジューシィ・フルーツも平山みきも「過去の人」だったからさぁ。取り敢えず、近田春夫がプロデュースしたヤツだけに興味を持った。平山みきの「鬼ヶ島」というCDは名曲揃いです。でも世間から言ったら、有名のは「平山美紀」で、しかも「真夏の出来事」が有名ですね。カラオケにもそれを含めて2、3曲しか入ってない。それから近田春夫はなぜかジャパニーズ・ラップの方に突き進んでしまうのです。。President BPM、そして近田春夫&ビブラトーンズに行っちゃうのね。わたし、President BPMの「Hoo! Ei! Ho!」や「Nasu-Kyuri」くらいまではまだ付いて行けたんだけど、その後はダメ。。近田春夫はそこでお終い。

あ、あと近田春夫がらみでいうと、どうしてもかの有名なYMOが出てきちゃいますね。。YMOは、実は小学校の終わり頃「Rydeen」なんかが流行りましてね、それでその曲が入ってる「Solid State Survivor」のレコード(CDじゃないっすよ、レコードです)を買ったんだけど、やっぱまだ彼らの曲を理解するには幼すぎた。。

で、近田春夫&ビブラトーンズはその当時「民族的」な要素を取り上げていて(というか、ビブラトーンズの編曲を全部してた窪田晴男がそうしたんだけど)、それにちょっと惹かれたわけです。

それとともに、大学時代、わたしは非常に「東京」というものにこだわってまして。。毎月のように東京タワーに行って遊んでました。大学から比較的近かったもので、歩いて行ってね。上までは昇りませんよ、金かかるから。いつも4階で遊んでました。4階には政府公報館とか東京電力のコーナーがあってね、楽しかったんですよ。政府公報館では「時の動き」を読んだり、政府公報のテレビ番組などを見てました。「よみがえるリサイクル瓶」とかね。その頃はリサイクルの走りでしたね、、

で、そこで知ったのが、遠藤賢司。彼は「東京ワッショイ」や「宇宙防衛軍」等を出していて、、と言っても、その頃はもうCDしかなかったですから、取り敢えず、そこら辺を聴いていて。でね「東京ワッショイ」のCDの中にサービスとしてか、「Mr.タンブリンメン」と「終わりが来る前に」のライブ、つーか、本当はニッポン放送で収録したものらしいんだけど、それが入っててね。その収録された日付を見ると、なんと、わたしの生まれた日。びっくりしました。ま、遠賢は今でも頑張ってるけど。。

「東京」にこだわったわたしは、今度はいきなり「東京音頭」などの民謡、音頭系も聴くようになりました。っていうか、実はYMOとか近田春夫&ビブラトーンズも「民族的」なものを扱ってたんですよね。そこで知ったのが、沖縄音楽。実はYMOの「Solid State Survivor」の中にある「Absolute Ego Dance」なんて、モロ沖縄音楽の「合いの手」が使われてたんですよね。小学生の時は、それがすごく気持ち悪くてね。あんまり好きな曲ではありませんでした(笑)沖縄音楽と言えば、喜納昌吉&チャンプルーズ、辺りですね。喜納昌吉のCDはそれこそ、ソロやってるときから、チャンプルーズになったときまで、すべて集めてましたね。彼の曲は「花」(すべての人の心に花を)で有名ですが、本当はそれ以外の名曲もたくさんあるんです。で、今度は沖縄民謡に興味を持ち始め、ちょうどその頃、沖縄民謡のCDが続々で始めたので、買ってました。「御前風」(かぎやでふう)とかねー。

喜納昌吉のライブには、何回か行きました。ライブ中、彼と握手したこともあります。ところが、、そのライブに彼の父、喜納昌永が出てきてね。もう、すっごい存在感。三線だけしか弾きませんでしたけど。。すごいな、この人。と思いました。ちなみに「すべての武器を楽器に」と言い始めたのは、この喜納昌吉です。まさか、あの頃は、彼が国会議員になるとは思いもしなかったけどね。。

それから、沖縄音楽では「りんけんバンド」も好きでした。初期の「ありがとう」から「カラハーイ」くらいまでは持ってます。

民謡関係で、河内音頭にも興味を持ちました。と言っても、河内屋菊水丸だけだけど。あと、上々台風とかもねー。上々台風は、ライブも見に行ったっけ。。新木場まで。河内音頭は、実は錦糸町で毎年9月にやってましてね。大学の友だちが錦糸町に住んでいたので、何回か、踊りに行ったことがあります。めちゃ楽しかった。。

窪田晴男は、おそらくまだパール兄弟在籍時に「東京的Vol.1」(しかし、このあとvol.2は出ることはなかった。。というか、今現在でも出ていない)を出したんだけど、その中でS-KENやTOMATOSを知ってね。(というか、S-KENはその前から知ってた気もする)S-KENのソロやS-KEN&ホットボンボンズ、TOMATOSにも手を伸ばし。S-KEN&ホットボンボンズの「1000NOME(千の目)」は名曲揃いです。その後の「セブン・エネミーズ」も好きだけど。

ってことで、日本の音楽はそういう変遷を得て、わたしの趣味になっていったわけです。ちなみに一番好きだったパール兄弟は、'90年に窪田晴男が「勘当」されてから急激に興味を失い、「六本木島」以来、ベストCDしか持ってません。ただ、最近、勘当されたはずの窪田晴男やバカボン鈴木が戻ってきているらしいので、もしかしたら、またわたしも復活するかも知れません。(松永俊弥=まっちゃん、は今、どこで何してるんだ~!!)

洋楽は、某FM局ではバシバシかかっていたんですけどね。わたしもそれに感化されて、一時「ベストヒットUSA」や「MTV Top countdown 20」なんかも見てました。が、その頃、熱狂的に好きになるって歌手はいませんでしたね。あ、ただ、Stevie Wonderが好きでした。彼の「Part time lover」って曲が大好きでしたね。

その後、わたしが自分が同性愛者だということに気がついたとき、Elton Johnを知ったのでした。(遅すぎ)実は、知っていたのですよ。MTV見ていたときにもTop20の中に入ってる曲、あったし。それにDionne Warwickが、エイズの基金集めかなんかで、Gladys KnightとStevie WonderとElton Johnとともに「That's What friends are for(愛のハーモニー)」を歌ったときも、レコード、買ったし。実は、わたし、Elton Johnの声が大好きでね。

で、彼も同性愛者だということを知り、しかも昔何回も聴いていて、声も好きだってんで、それ以来、彼のファンです。別に同性愛者だからって、同性愛者の歌手が誰でも好きなわけじゃないですよ。いろいろな場面でちょくちょく聴いていて、しかも、彼の人生、見ていると自分自身、同性愛者だと受け入れることに対してとても苦しんでいた、そのことにとても共感したのです。現に一番めちゃくちゃだった時期のCDと、その後、SEX中毒、アルコール中毒、その他の中毒を克服するために入院したんだけど、それを見事に克服したあとに出したアルバム「ONE」は名曲揃いだと思います。だけど、彼の過去のCDを全部集めるのは、とてもじゃないけど大変で、金のない今は保留。ベスト盤を買って、それを主に聴いています。それに、昔の彼の声はとても繊細で。。あまり好きじゃないんですよね。

あと、最後に残ったのがQueen。残念ながら、Freddie Mercury死後に知ったんですけどね。彼の追悼コンサートで、Elton Johnが「Show must go on」を歌ったので。。いいなと思って、CD買い始めました。けど、これまた大変な数のCDを出しているので、初期のCDとベスト盤を聴いて気に入ったCDくらいまでしか買ってません。

それから、クラシックも好きです。と言っても、ベートーベンの交響曲第1番と第3番(皇帝)、第9番辺りが好きですかねえ。(何故か全部奇数)同じ曲なんだけど、違う指揮者で何曲も出てるんで、集めてます。第1番は、そんなに人気がないからか、あまり出てないんだけど、第3番と第9番は超有名なので。それぞれ10枚くらいは持ってますかねえ。指揮者によって全然曲が変わってくるので面白いです。

あとはモーツアルトのピアノ変奏曲が好きかな。変奏曲って、低く見られているんですよね。なんてったって、オリジナルではないし、金のために書いた、って曲も多いそうなんで。だけど、好きです。本当は「”ああ、お母さん聞いて”による12の変奏曲」(きらきら星変奏曲として有名です)が好きだったんだけど、CD買って聴いてみたら、「”わたしはランドール”による12の変奏曲」が大好きになってしまいました。ただ、前も書いたように、変奏曲は低く見られがちなので、あまり売ってないんですよね。それが残念。

ってわけで、大変長くなりましたが、だいたい、わたしの音楽の趣味はこんなもんです。ちなみに今まで誰一人、同じアーティストが好き、という人には出会っておりません。パール兄弟しかり、近田春夫しかり。。だから、自分一人でひっそり聴いておりました。

今はねー、あんまりこれらのCDも聞かなくなっちゃったけど、、でも、好きな曲はいつまで経っても好きです。
13:19 | 過去の自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-19 Tue , 2006
合同アンサンブル演奏会に出ます!
一度は断念した、合同アンサンブル演奏会でしたが、出ることになりました!
といっても、アンサンブル自体には出ないけど。最後の「合同合奏」のところだけ。
キス魔ゆうじに「お願い」したら、快く承諾してくれたわ。彼も、たまにはいい人なのよ。

いやあ「合同アンサンブル演奏会、断念」の日記を書いたとき、mixiの方のコメントで、Daisuke♪くんが「身体の調子がよかったら見に来てください」って書いてくれたのね。そのとき、思ったのが「最後の合同演奏を聴いたら泣くだろうな」ってこと。だって、合同演奏の曲目のうちの1つに、今年、パレードで吹いた曲「ディズニー・ファンティリュージョン」があるんだもん。(ばらしていいのかしら?まさか、アンコールで吹こうとかいう話じゃなかったわよね?)この曲は、わたしが今年、最も多く吹いた曲。そして大好きな曲。それを自分が吹かないで、客席で見るなんて、、考えただけでも涙が出る。

で、キス魔ゆうじにご相談したの。合同演奏だったら、もし、その日体調が悪くて吹けに行けなくても、特に迷惑はかからないと思うし、それにきっと今の調子だったら大丈夫。だから、アンサンブル自体は客席で見て、合同演奏だけ出る、ってことになった。合同演奏のもう1つの曲も、もう楽譜は入手してあるし、事前にやる練習にも出るつもりだから、家でさらっておくつもり。これでまた、家でやることが増えたわ。

昨日、彼女と買い物に出かけたんだけど、わたしは銀行に行ったのね。そうしたら、BGMに「ファンティリュージョン」の例の「ちゃーららーらららー♪」(この部分は「Brass MIX!」のメンバーじゃないと分からない(笑))の部分が流れててね、「あー、もう一回あの曲を吹けるんだ」と思ったら、本当に嬉しかった。

ってわけで、合同合奏の部分だけ、合同アンサンブル演奏会に出ることになりました!そのときまでにもっともっと体調をよくしておかなきゃ。
11:57 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-20 Wed , 2006
小学校の先生に会ってきました
12月8日の日記を読んでもらうと分かるけど、そのときわたしは先生の家に「遊びに行くかも」と書いた。

その後、先生からちゃんと「進呈本」が送られてきて、その本に挟まってた先生の手紙には「気が向いたとき、手に取ってみてください」って書いてあった。が、しかし、写真を見、そこに書いてある文章をみているうちに「むむ。この写真については一言言いたいぞ」と思い、そういうところにはすべて、付箋紙を貼っていった。それから「これは先生のうちに行くまで、最後まですべて目を通しておかないと」と思い、一昨日までにすべて本を読み終えた。

そして、昨日、5月に会った友達に、先生の最寄り駅で待ち合わせをし、少々道に迷いながら、先生の家に到着した。だいたい約束時間の14時30分に着いた。先生は、わたしたちのことを来るのを待ちながら、玄関先で靴を磨いていた。

「さぁさ、中に入って」と言われ、お邪魔するわたしたち。先生の奥さんも出てこられたが、ちっとも変わってなかった。先生は頭が随分白くなったが、やっぱり昔と変わらず。

そこから、話は始まった。でも、わたしの場合、先生に今までの自分を話すには、やはり「カミングアウト」をしなければ、気が済まなかった、というか、彼女を「同居人」(わたしが出す葉書には、必ず一言「同居人がいる」ということを書いている。年賀状(擬き)しかり、個人的に葉書を書くときしかり)として話すのには、もう、こちらの頭が混乱して付いていけない、と思った。最近、みんなにカミングアウトしまくってるからね。で、カミングアウト。でも先生も奥さんも、それでびっくりするようなことはなく、ちゃんと受け止めてくれた。ま、こっちも絶対に受け入れてくれる自信があったんだけどさ。で、パレードしに東京、札幌、大阪に行ったこともちゃんと話した。

それからはもう、話をしまくり。はっきり言って、話、飛びまくり。とてもじゃないが、ここには系統立てて書けない。わたしの友だちは小学校の入試のことを鮮明に思い出して「すごく楽しかった」って言っても、わたしは入試でやったことなど一つも覚えてないし、それにヤツったら、小学校低学年の頃、もうめちゃくちゃやってたみたいで。。わたしは、低学年の時とはヤツと違うクラスだったから、そういうことは全く知らなかった。もうぶったまげたよ。で、同じクラスになった中、高学年でも通学中、いろんな悪さをしていたらしい。うちは私立だから学区ないし、電車通学の子供も多かったからね。で、やっぱりうちの学校、そういうことをする生徒がたくさんいたらしく。。学校には苦情の電話がガンガン掛かってきたそうだ。まぁ、そういうわたしも通学途中、近所に生えていたユスラウメの木の実を勝手にもぎ取って、食べながら学校に行ってたりしたんだけどね(笑)(でも、先生はそういうことを一言もうちらに言って説教したりすることはなかったんだよね。そういうところがうちの学校らしい)

で、わたしはわたしで「文学の時間(国語のことね。うちの学校は国語とは言わず、文学の時間と言っていた)が大っ嫌いだったー」と。わたしが受け持ってもらった先生は、1年から6年までどうも「国語系」の先生だったらしく、本当に1つの文学作品(例えば「ごんぎつね」や「坂道」等)を細かく細かく読んでいくのね。で、4年までのことは「苦痛だった」ということしか覚えてないんだけど、5、6年の時は、文章一区切りを1人の人が、そこに書いてあることに対して、分析して「ここはこう思う」だのいろいろな感想を述べていくわけ。それに対して、他の人はどう思うか、どう読んでいるか、を討論させるの。

わたし、それが苦痛でね。っていうか、あのときわたしは本当に「ぼーっ」っとした子供で(遊ぶときは別)、自分の意見ってものを持ってなかったのね。で、みんなのことは「すごいなあ」と思ってみてただけで。。ちなみにわたしの友だちは「へええ、そういう意見もあるんだー」とか、思って割と楽しかったらしい。友だちは逆に算数の時間が苦痛だった、と言っていた。わたしは、算数の授業については、記憶、一切ナシ。(笑)

ただ、わたしは昔は文学の時間がとても嫌いで、自分の意見など全然持っていなかったのに、高校頃から、自分の意見がちゃんと出てきて、、しかも、それを言わずにはいられない性格になってしまった。そして、それと共に思い出すのが、やっぱり小学校の「文学の時間」。小学生にしては、難しい詩などをたくさん教わった。そのときは「ふうん、そういうものか」と思ってたけど、時が経つにつれて、文学の時間でやった文章や詩が、次々とよみがえってきて。。本当に、今の自分の骨と肉を形成してくれた、と思っている。

で、わたしは小学校の最後の文学の時間でやったプリントを今でも後生大事に持っていて、それを先生に見せた。(ちなみに串田孫一断想集「愛と幸福をめぐって」第5章より、です)そうしたら、先生「この頃は自分も若くて、一方的に分からせようとしてたんだなぁ。今だったらそういうことはしない」っておっしゃってたけど、でも、わたしとしては、それが自分を形成する元になっているので、本当に感謝しているんだけどね。

それからこれもわたしの宝物、小学校の卒業式でやった「構成詩 未来への確かな夢が」の冊子も持っていて、見せた。あのとき、これをやったのは単なるお仕着せじゃない卒業式にしたくない、と違うクラスのM山先生と話して、それで決めたんだって。「今度、M山先生とも会う予定だから、伝えておくよ」って先生から言われた。

あとはわたしが先生の本の感想を言ったり(付箋を付けておいたところ、全部じゃないよ。そんなことしてたら1日あっても足りないもん)、疑問に思ったところなど質問したり。その中で、一つ、ルビの間違えがあって、先生は大あわて。いや、その本はかなり文章にルビが振ってあるんだけど、これは子供にも読みやすいように、って最後の最後の方に考えついたらしい。ただ、わたしがそれを見つけたのは、実はその章が、わたしの専門分野でね。「あれ、こういう読ませ方するんだ」って思ったのが始め。まさか、間違いだとは思わなかったの。先生「子供がこれを読んで、もしこういう読み方だと思われたらどうしよう」って青くなってた。わたしの友だちは「文学の時間の逆襲だー」って言ってたけど、わたしは別にそういうつもりは全くなくて。逆に感謝されてしまった(汗)

それからは、今の自分の近況を話したりね、今までやってた仕事の話とかね。もう、ありとあらゆる話をした。もちろん、わたしの鬱の話もね。(こないだ行った、怪しげな医者の話とか)そうしたら先生「うちの学校の近くに○○医院っていういい先生がいるよ」って教えてくれた。先生もね、どうやら過労でそこの病院に行ってたらしいのよね。

わたしの友だちは、今、幼児教育にかかわっているので、そういう話も聞いたけど、実は先生、初等教育を受ける前の幼児教育の重要さに関心を持っているようで、そのことをヤツと話したがってたみたい。ところがねー、実はあまりそういう話はできなかったのよね。わたし、多分1/2くらいは一人でべらべら喋ってたと思う。。悪かったな。。実は彼女にも注意されてたのよね。「自分のことばかり話しすぎないように」って。でも、見事にやっちゃいましたよ。(笑)

で、結局、先生の家を出たのが、午後10時過ぎ。ほぼ8時間、ずーーーーっと喋りっぱなしだった。そして帰るときは、おみやげ付き。本当に至れり尽くせりで。。恐縮です。

でも帰りに電車に乗りながら「あれも話してなかった、これも話したかった」ってことがすぐさまわき起こってきてね。やっぱ、8時間じゃ足りなかった。(笑)

それでも、わたしがこの学校に入ったのは、ほとんど単なる偶然なんだけど(母が親戚に電話しているときに「そういえば、あんたの家の近くに○○小学校っていうのがあったでしょ」と言われてから受けさせる気になったらしい)、ここの小学校に通えて本当によかった、と思った。多分、この学校に通わなければ、今の、この自分は絶対にあり得なかったろうし、もう、小さいうちから挫折感を味わっていたかも知れない。(うちの小学校、通知簿というものがないのです。テストもほとんどやったことなかったし。覚えていることとすれば、遊んだことと、文学の時間が嫌いだったこと、だけ。勉強したことなんか、一つも覚えてない(笑))

先生は「今の子供達は、昔に比べて変わってしまった」と言っていたけれど、おそらくうちの学校に通っている限りは変わらないと思う。ただ、こないだ電車の中で遭遇した、わたしの後輩(制服来ているからすぐ分かる)は、電車の座席をバンバン叩いて、おばちゃんに怒られたりはしてなかったけどね。(笑)

でも考えてみれば、わたしを受け持たれた頃の先生って、実は今のわたしくらいの年齢だったはずで。。それを考えるとすごい!って思っちゃう。(これは友だちとも話してたんだけど)本当に、本当にすごい先生なのだ。

「また遊びに来ます」と言ったけど、本当は昨日の続きの話がしたくて、うずうずしているわたし。(笑)また、近いうちにまた友だちと行ってこようっと。あと、先生にお礼の葉書(葉書じゃ足りないから手紙になるかもー)を出しておかなくちゃね。

そういえば、この日記を書く際に、いろいろ過去の日記を読んでたんだけど、わたしもこの一年、随分変わったな、と思った。

こんなのとか次の(前出の、友達にカミングアウトした際の日記)を読む限り、わたしは、その友だち以外の人にカミングアウトする気は一切なかったし、彼女もわたしがカミングアウトすることに対してすごく恐怖心を持っていた。が、いつの間にか、mixiをやっている同級生にはカミングアウトし、親にもカミングアウトし「本当の自分」を徐々に取り戻している感じがする。ま、もともと嘘はつけないし、隠しておくことも苦手な性格なんでね。仕方ないか。(笑)

テーマ:カミングアウト - ジャンル:日記

14:59 | カミングアウト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-21 Thu , 2006
うわーん
うえーーーーーん。岸田今日子がぁーーーーー!(T_T)
17日、お亡くなりになっていたそうですね。

そういやわたし、つい最近、このような日記を書いたのよね。まさか、その10日後に亡くなられるとは。。
つい先日(10月29日)、ノンノン役の武藤礼子さんがお亡くなりになったので、呼ばれちゃったのかしら。。(T_T)

でね、実はわたし、このブログに検索ソフトを仕込んでるんだけど、昨日の15時頃から、アクセス数がバーンと上がってね。中身を覗いてみると、どうやらみなさん、検索してきたらしい。しかも、検索の言葉が全く同じ!「岸田今日子 近況 病気」。これで検索してみると、わたしのブログが一番にヒットするらしい。で、数えてみると、昨日は36件、今日もまだ14件あるの。(14時現在)しかも、同じところじゃなくて、本当に日本各地から。分かっただけでも、愛知、三重、大阪、東京、京都、埼玉、長野、和歌山、神奈川。それに、ま、名誉のためにここでは晒さないけど、大阪の某大学からとか、某県庁からとか、某PCメーカーで有名な会社からとかのアクセスもあった。

でもね、わたし、あの日記では「襲っちゃいそう」とか「ムーミンのあえぎ声が聞きたい~」とか、めっちゃ変なことを書いてるのね。やっばー。(汗)同性愛者がこんなこと書いてたら、絶対に誤解されるわ。。日頃「同性愛者はどこにでもいます。しかも、異性愛者と同じように、普通に暮らしています」と主張している身にとっては、、、もう、まずいどころの騒ぎじゃない。まずいを通り越して「あたたたた。。。。」って感じよ。(言っておきますが「北斗の拳」じゃありませんから(笑))ええと、あれ書いたのは本気ですが、同性愛者がみんなこういう人間じゃありませんから。「やっぱヘンタイだ」とか思わないでください。。

しかし、岸田今日子が逝ってしまった。。ものすごく寂しいです。もう、ムーミンはいないんだ。。今や'01年9月に出された「Queer JAPAN」のVol.5「夢見る老後!」の表紙が貴重なものになってしまったわ。。

岸田今日子さんのご冥福をお祈りします。
14:27 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-22 Fri , 2006
PCカスタマイズ中
ええと、今日は医者に行ってきました。と言っても、あの怪しげな病院じゃないよ~。今まで通っていた病院です。取り敢えず、薬でももらって、と思って行ってきました。病室に入るなり先生、「あら、もう実家に帰ったのかと思ってたわ」と言われました(汗)こないだ病院に行ったとき、受付で「自立支援医療受給者証」(精神通院)(「障害者自立支援法」第54条の3に基づいている制度。これがあると、一般には3割負担だが、1割負担でよくなる。ただし、最近法律が改正されたようで、今後はどうなるか分からない)を今まで病院に預けていたのに、それを返してもらったのね。

だから、先生はてっきりもう来ないと思ってたようで。。ってわたしも行く気なかったんだけどさ(笑)「いえ、でも薬が足りないので」と言ったら「あ、そうね」と言われました(汗)まぁ、最近、調子がよく、やる気が起こり始めたことだけ話しました。触らぬ神に祟りなし♪←オイ

昨日から、ようやく買った新しいPCのカスタマイズを行っています。
というか、うちの2代目Let's noteくん、最軽量なんだけど、内蔵CDやDVD系は一切付いておらず。まぁ、最軽量だから当たり前なんだけどさぁ。まず、ネットに繋ぐ前にセキュリティーソフトを入れておかなきゃって思って、前々からソフトを買っておいたのだけど、それがCDなのよ。

んで、初代Let's noteくんに付いてた外付けCDを付けようと、カードスロットに入れたところ、、「ドライバがありません」と出てきた。ま、そりゃそうだ、と思って、机の中ゴソゴソ探して、ドライバが入っているフロッピーを見つけた。うちはUSBで繋がるフロッピーディスクは持ってるからね、それでやろうと。そうしたら「読めません」って言われた。(汗)しかも、そのフロッピーはWin98までしか対応しておらず。こりゃ、新しいドライバが必要だなーと思って、松下のHPに行ってきた。(これは今使ってるIBMを使ってね)

そうしたら、なんと、このCDはWin2000までしかドライバがなかった!XPは未対応。げげー。どうやって入れよう。。と思案していたところ、彼女から「CDをまるのまま大容量HDD(USBで繋ぐ)に移してやってみれば?」とのこと。「CD、コピーガードでもかかってるんじゃないの~?」と言いつつもやってみれば、すんなりコピーできた。で、2台目Let's noteくんにインストール。無事にインストールできた。

で、今度はネットに繋ごうと思って、いろいろやってみたんだけど、最近のPCってえらいのね~。近所にある接続できるところを全部拾ってきてくれて。で、2つもあったのよ、それが。「こりゃどっちじゃ?」と思って、適当なのを1つ選んで接続。そうすると、無線LANには接続できるんだけど、その後が繋がらない。IBMで自分がどこの無線LANに繋がっているか見てみる。あれれ?自分ところがない。

いろいろいろいろ考えた挙げ句、そうだ、もしかしたら無線LANの方に問題あるのかも~。と思いつつ、無線LANの親機の入っていた箱を探す。わたし、この手のものは捨てないで全部取っておくから。ところがね、ここに引っ越してIBMとネット接続したときのことを実は全然覚えてなくて。その箱がどこにあるのかも記憶になくて。鬱病の時にやるとこれだからいやだわ~。はっきりいって、何も覚えてないんですもの。で、押し入れ引っかき回して、、ようやく見つけた。しかし、説明書読んでもこれまたよく分からない。。

なんかね、昔のXPと今のXPって全然違うのよ。んで、またいろいろいろいろ考えた挙げ句、取り敢えず、IBMの方にCDを入れて、説明書を読みながら考えてみる。そこには「接続できる子機を制限する」ってのがあって、もしやこれかも。。と思って説明書通りやってみたら、、、やっぱ、制限されてた。だから、一番近くても見えなかったのね。。で、2台目Let's noteくんのMACアドレスも追加してやったら、やっと見えて、インターネットに接続できた。ぱちぱち。

だけどさぁ、脅かすつもりじゃないんだけど、何もしないで自分ち以外の無線LANの基地を拾ってきたってことは、そこのうちは、セキュリティーも何も掛けてないってことで。。ま、確かにネットワークキー(WEP)は掛けてあったようなんだけど。。怖いっすよ。ま、わたしがいい人でよかったけどね。つーか、別に他の人んちのネットに接続しようなどとは思ってもいませんが。

それから、細かいカスタマイズに入ろうと思ったんだけど、まずはATOKを入れることが先決。最新のを新しく入れようかと思ったんだけど、今はATOKってダウンロード版じゃないとないのね、単体では。んで、来年の2月に新しいのが出るっていうし、はっきり言って、ATOK、進化していると言いつつ、目に見えた進歩がないのは事実で。。そんじゃ、別に古いATOKでもいいか、と思って、昔のATOK16を入れた。

あとは、Win95仕様にカスタマイズ。わたし、どーーーーーーしても、XPの画面が嫌いでね。取り敢えず「クラッシック」にして使ってます。ところが、昔のXPでは、簡単に「クラッシック」にできたはずなのに、今は「あれれ、どこから?」って感じで。。ま、結局は、コンパネ行って、そこから変えましたけど。それからは、色を自分仕様に。

実はわたしのPCの画面の色ってのは、メニューやメッセージボックスの色が緑で文字の色が白いのね。アクティブウインドウのバーの色は赤色だし(これは、大学院時代のUNIXからそうでした。カープの赤ね(笑))、初めて見た人には「げー、なんじゃこりゃ」って色遣いなのよ。(クリスマス色ともいう(爆))その「緑」ってのもね、普通の緑じゃなくて、自分で開発した色。いろいろとめんどくさい(笑)

で、あと、どーーーーしても、マイコンピュータがうざくて、というか、わたし、マイコンピュータ嫌いなのね。使いづらいから。Win3.1のときに確か「ファイルマネージャ」というものがありまして。。それが標準だったんだけど。それが今でいう、Explorerなのね。だから、わたしはマイコンピュータをExplorer仕様にしないと気が済まないのです。ただ、そのやり方忘れちゃって。。Win95やWin98のときはね、マイコンピュータをExplorerにするのは、レジストリをいじらなきゃいけなかったんだけど、確か、このIBMのPCではそんなことした覚えがないなぁ、、とそこまでは思い出すんだけど、具体的にどうやったのか、全然思い出さない。

で、昔のやり方でできるかなと思い、レジストリ見てみたりしたんだけど、構成が変わっている!!それからはIBMのPCでいろいろ検索かけて、、そんでやっと見つけた。今度はちゃんと今後のために、やり方をメモしておきました。(笑)

これだけやったら、タイムリミット。もう寝る用意をせねばと思い、寝る用意をして寝ました。でも、寝たの、きっと2時頃だったと思う。。

しかし、IBMの方は買ったときはIE(Internet Explorer)は付いてたんだけど、Outlookは付いてなかったのね。でも、この2台目Let's noteくんにはもう既にOutlookが入っている。。なんておぞましい。しかも、さすが松下、というか、hi-hoへのつなぎ方のアイコン(ショートカットだけど)なんかもデスクトップの中に入っている。こんなのは、もう、全部削除じゃーーーー!もちろん、Outlookも削除じゃーーーーってことで、わたしの2台目Let's noteくんは、まだまだこれからもカスタマイズを続けます。。いつ終わるんだろ。(汗)
14:27 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-23 Sat , 2006
昨日の出来事
えーと、2代目Let's noteくんのカスタマイズは、取り敢えず順調です。デスクトップのアイコンも5つに減ったし。9割方は終わったかなぁ?

ってね、わたし、こういうのには絶対に「ユーザー登録」するんだけど、昨日、松下のHPでユーザー登録しようとしたら「その方はもう会員です」って言われちゃったのね。そう、確かに1代目Let's noteくんのとき、ハガキでユーザー登録したのね。あの時代、ネットでユーザー登録なんかできないからさ。で、もう会員になってるらしいんだけど、ユーザーIDやパスワードなどもらった記憶がなく。。一体、何がユーザーIDなのかも分からないのよ。で、今、松下に問い合わせ中。。土日はさんじゃうから、回答メールが遅くなるかも。って、普通、すぐに本人だと分かったら送って来るじゃない?なんか、松下は人の手でユーザー探してるらしいわ。回答に2、3日かかる場合があるって書いてあった。つーか、電気機器作ってる会社がそんなのでいいのかしら?てか、セキュリティー対策の一環なのかしらねえ。。よく分かんないけど。ユーザー登録したら、真っ先にデスクトップのアイコンを消してやろうと思ってるんだけど。。

でさぁ、昨日、ここにIBMにはOutlookが入ってなかったのに、って書いたんだけど、それは間違い。ちゃんと入っていた。わたしがIBMを使うときに取り敢えずOutlookのショートカットだけ消して、表には見えないようにしてたらしい。

で、この憎っくきOutlookとMessengerとNetMeetingを消してやろうと思ってもできないのよ!「誰かが使っています」てな表示が出て!!「スタートアップ」からいろいろ消してみたんだけど、ダメ。こりゃ、もうOSと結託しているとしか思えない。というわけで、こっちの方は2台目Let's noteくんをカスタマイズし終わったら、消し方を検索しようと。ゲイツのソフトが入ってると思うだけで、むかむかするわ~。

それから、メールソフトを新しく入れた。わたしはBacky!使ってるからさぁ。わざわざライセンスも取ったわよ。しかし、思えばシェアウェアソフトなのに4,350円(税込み)もするソフトって、高いわよね~。それから、そのBacky!のメール設定。これは簡単だったわ。IBMから取ってくりゃいいんだからね。だけど、そのBacky!も、メール読む画面をある色にカスタマイズしててね(これは、わたしがメーラーにネスケを使っていたときの名残)、その方法がどうしても分からん!これも、検索かけてようやく思い出しましたよ。。

で、今までのメールをすべて2台目Let's noteくんにインポート。これが時間がかかった。って'99年からのメールをすべて取ってるからね、わたし。彼女から借りた大容量HDDでIBMからエクスポートし、それからLet's noteくんにインポートした。両方ともネットに繋ぎっぱなしだったからさぁ。もう、その間、ばしばしスパムメールが来て、困ったよ。2重にくるんだもん、当たり前だけど。ま、でも昔のように4つもメアド持ってないしさ(4つも持ってて何してたんだ??つーか、何もしてませんけどね。一時期プロバイダに4つ入ってた時期があったのさ(笑))、その点では比較的楽だったけど。

その後、アイコンも変えて(わたしのゴミ箱、普段は牛、捨てたら猫になるの)、サウンドも設定して、、って、覚えてなかったけど、XPのサウンドってWin95とかWin98と全然違ってるのね。で、前、IBMに入れたときもどうやらWin98から取ってきたみたいで。それも入れ直しましたよ~。どうやら、今回はOperaは入れないので、デスクトップのアイコン、2つになりそう。(Explorerとゴミ箱(Trash)のみ)

とはいいつつ、わたしよく考えれば、デスクトップのアイコンをクリックするより、Quick Launchの方をよく使ってるのね。そっちの方が数が多いわ。8個もあるもんね。

しかし、そこまでやっただけで頭が疲れた~。あとはATOKの辞書をインポートするのと、わたしがいつも使ってるエディタ、xyzzyをインストール、あとはスカイプをインストールするくらいか?

ってすっかり、また話はPCの話に。でも、あまりこだわってませんから~。自分用にカスタマイズするまではこだわるけどね、徹底的に。

で、昨日の出来事。(やっと本題)

わたしが一生懸命2台目Let's noteくんをカスタマイズしていたら、誰かがうちのドアをノックした。(あ、うち、ピンポーンとか鳴らすのない家ですから(笑))で、外から「はい。なんでしょう」って言ってみたら「今、ただで廃品回収しているんですけど、おたくにはないですか~?」って。うち、こないだMD付きのラジカセ買ったばかりで、古いラジカセをまだ捨ててなかったのね。だからこれ幸いと「ありま~す」と言って、ドアを開けて差し出した。

すると、引き取ってくれたのはいいけど、どうやら話を聞くと、某新聞(彼の名誉のためにどこの新聞かは敢えて言わない)の勧誘員だったらしく、、「今じゃなくていいから、ずーーーーーっと先でいいから、うちの新聞をちょっとの期間だけ取って欲しい」と言われた。でもね、うちは彼女がずっとA新聞で、わたしはM新聞なわけ。(これじゃ、彼がどこの新聞の勧誘かすぐばれるわね(爆))

で、普通は適当に「はいはい」ってあしらっておけばいいと思ったんだけど、、そこが嘘のつけないわたしの性格。「絶対に無理です」って断った。(あ、わたし元熱狂的なカープファンだったけど、アンチ読売じゃないです。素晴らしいプレーをする選手だったら、誰でも讃えるべきだと思うから。ってこれじゃ、ホントにどこからの新聞の勧誘かバレバレじゃん!!)ただねえ、そのとき、彼女は会社に行っていていなかったんだけど、彼女も絶対にA新聞を変える人ではないと思ったので、、「で、おたくは今、なに新聞を?」と言われたので、「同居人はA新聞で、わたしはM新聞です」と答えた。

「将来でいいですから。もうずーーーーっと先のことでいいですから、うちの新聞ちょっとだけ取っていただけませんかねぇ」って何回も言われたんだけど「それは無理です」って答え続けた。「どうしてですか?」って聞かれたので、まぁA新聞のことは知らんが、わたしがM新聞を取っているのは、社会人野球のためなので「M新聞は社会人野球の記事がたくさん載っているから」と答えたら。。素直に諦めましたよ、彼は。そりゃ、彼のとこの新聞には、社会人野球の記事なんてほとんど載ってないだろうからね。すごすごと引き下がるしかないわけで。で、廃品回収だと思って出した古いラジカセも返してもらった。

しかし「廃品回収」を名乗りながら、実は新聞勧誘だったなんて!!許せん。そんなに自分のやってる仕事に誇りが持てないのか~!!多分、彼は「廃品回収です」と言った方が、うちみたいに開けてくれる家があるから、そう考えたんだろうけど。。でも、それは完全に「人を騙している」わけで。わたしはそれに腹が立ったのでした。

しかし、彼んとこの新聞は、確か、日本中で一番読まれている新聞のはずなんだけどね。まだ勧誘の必要性があるのかしらね~。よー分からん。ちなみにわたしはM新聞は社会人野球の記事が多いから取り始めたんだけど、A新聞より片寄っておらず(うちは過去、ずっとA新聞だったのだ)、かといって、彼のところの新聞のように保守的でもないので、割と気に入っているのでした。署名記事も多いしね。「開かれた新聞」として、毎月委員さんが話し合っているようだし。ってわたしもM新聞の勧誘員じゃありませんが(笑)
12:41 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-24 Sun , 2006
恐るべしビル・ゲイツ!&Brass MIX!本番、お疲れさま!
昨日のブログで「2代目Let's noteくんのカスタマイズも9割方、終わったかなあ」と書いた。で、あとはスカイプのインストールや、あとわたしの使っているMule仕様のエディタ、xyzzyのインストールをすれば終わりのはずだった。

ところが、、どうしても、ゲイツのあのにっくきソフト、Outlook expressとNetMeeting、microsoft frontpageが消したくて、、それで時間を食ってしまった。というか、一日中それをやり続けていた。検索から、削除の仕方を調べてやってみた。セーフモードで立ち上げなきゃいけないっていうから、その指示に従って、やってみたんだけど、わたしのこのIBMには、3つのユーザーがいて、、1つは全くの架空だったんだけど、あとの1人は彼女、そして残りの1人がわたし。

遠距離時代からこのPCを使っていたので、向こうに彼女が来たときも、仕事ができる環境にしようと、彼女も自分の名前でログインできるようにしたのね。

そうしたら、、なんとセーフモードにすると、2つしかアイコンが出てこないじゃないの!しかも1つは完全なAdminister。まぁ、Administerで削除すると、他のユーザーにも反映するだろうと思って、Administerで削除した。んー、なんとかうまくいったような気がするんだけど。。と思って、自分のところのディレクトリ(今は、一般的にフォルダと言っております)を見たところ、まだ存在している。しかも「中は空です」っていうメッセージが付いているのに、消そうとすると「他の人が使っています」というメッセージが出てきて消せない!!

もう、ここからは意地。1つの架空のユーザを消し(別にいらないからね)、セーフモードにして彼女の名前でログインし、同じことを。で、セーフモードでは1つしかユーザー名が出てこないので、これはきっと、アルファベット順で出てくるんだと思って、わざわざ彼女のログイン名を「zzz」にして、それからまたセーフモードで立ち上げ。はい。今度はわたしのログイン名がちゃんと出てきた。で、同じことをして、しかも、そこからExplorerでちゃんとディレクトリを消した!消えた。やった、万歳!!

で、彼女のログイン名を元通りにし、ついでに彼女の方もセーフモードからOutlookとNetMeetingとmicrosoft frontpageのディレクトリも消した。Administerのところも同じことをした。もう、何回、セーフモードで入ったことか。。最後はIBMがセーフモードで立ち上がることを拒否し始めて、焦ったよ(汗)

「セーフモードでもうないんだから、普通の状態でもないだろう」と思って、普通モードで立ち上げてみると。。なんと、3つともフォルダがまだ存在するじゃないの!!しかも消そうとしてもやっぱり「誰かが使っています」と言われる。。まぁ、中身はないからいいじゃないの、と思いつつもやっぱり、この名前は見たくない。ってわけで「隠しファイルにする」にしたんだけど、わたし、隠しファイルもすべて見えるようにしてあるのよね~。だから、当然見えてさ。むかつきっぱなし。

恐るべし!ビル・ゲイツ、つーか、Microsoft!!

ところで、昨日、我が「Brass MIX!」のテレビ収録が都内某所であった。東京レズビアン&ゲイパレード、レインボーマーチ札幌、関西レインボーパレードと3つのパレードに参加してきたわたしだが、この「テレビでやります」にははっきり言って、ある危惧感を抱いた。どうもその番組というか、そのコーナーでは「Brass MIX!」の中に何も知らない芸人(名前聞いたんだけど、知らないのよね。わたしNHKしか見ないしさあ)を一緒に練習させて、それで練習させて、マーチングをやる、という内容らしいんだけど「Brass MIX!」自体がゲイやビアン(と言っても、本当のことを言うと、ビアンはわたし一人)が主だし、テレビ局って、ゲイネタを面白おかしく取り上げる、というのは常套手段だから、どうやって編集されるかも分からない番組に出たくなかったのよね。

せっかくパレードで「ゲイやレズビアンはあなたの隣にいます」って主張しても、テレビでお笑いネタにされたら、今までやってきたのはなんだったの?ってわけで。それに、その頃はわたしもまだ親にカミングアウトしてなかったから、わたしはこのことについては「参加しません」って言ったのね。(今となっては、参加しなくてよかったと思っている。だって、相当ハードな練習だったらしいから。うつ病のわたしには、絶対に無理)

だけど、それに参加する「Brass MIX!」の仲間の日記を読むと、かなりハードな練習をこなし、芸人さんも本気でぶつかっている模様。いつからかは分からないが、少なくとも今月に入っては、毎日、とある公園で夜中まで練習していたとか。(芸人さんも一緒かどうかは知らないけど)うちの「Brass MIX!」もマーチングしながらパレードをする、ってことになってるけど、マーチングってのは、本当はただ歩くだけじゃなくて、いろいろな形態を歩きながら作ったりしなければならず、「Brass MIX!」も本格的なマーチングの指導を受けたらしい。(でも、わたしは見てないので、どうなってるかは分からない)

そして、その収録が、昨日行われた、というわけだ。これから、テレビ局でどういった編集がなされるのかはよく分からない。でも「Brass MIX!」の彼らの日記を読む限りは、「ホモが出て、なんかやってるよ」とか「おかまってやっぱりこうなのね」とか、そういう「ありきたり」な編集はされないと思っているし、またそれを願っている。

取り敢えず、番組名は告知。TBS系の「リンカーン」という番組で、その中の「うるりん、なんちゃら(忘れた)」というコーナーでやるらしい。放送日は1月30日の予定だったが、今のところ、変更があり得る、という話らしい。普段はNHKしか見ないわたしでも、それは見てみる。さて、どういう編集されているかはお楽しみ。
12:19 | Brass MIX!のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-25 Mon , 2006
クリスマスの思い出
今日はクリスマスですね。

クリスマスといったら、幼い頃は、やはりプレゼントをもらってました。サンタさんの存在は信じていたかどうかは、覚えてないけど、でも枕元に置いてあったプレゼントの包み紙が「高島屋」で「なぜ、高島屋?サンタは外国の人じゃないのか?」と思った記憶があるな。いやな子供だな。(苦笑)

もう少し大きくなって、小学生頃からは、家族で一緒に夕食を食べた。あれは、一緒に住んでた頃、大学生ぐらいまでやったんじゃないかな。母が丸ごと鳥を買ってきて(もちろん処理済み)、中にジャガイモや人参等の野菜を入れて、オーブンで焼いて、ローストチキンを作ったな。で、フルーツパンチも飲んだ。フルーツパンチって、赤ワインに、パイナップル缶を開けた汁と、その中身(パイナップルはもちろんある程度細かく切って)を入れて、その上に炭酸で割ったものね。ワインが入っててもパイナップルの汁と炭酸で薄めてあるから、子供でも飲める。子供の時はちょっと大人の気分がしたもんだ。酒が入ってたからね。

で、部屋を暗くして、ロウソク付けて、年に1度かける「クリスマスの曲を集めたレコード」(レコードよ、しつこく言うけど(笑))で、一気にクリスマス気分に。それから「クリスマスおめでとう」って言って、ごちそうを食べた。

一人暮らしになったら、クリスマスは関係なし。だって、わたしは無神論者だからね。別にキリストの誕生日なんか祝う必要はない、って思ってた。ただ、クリスマスイヴの6時頃に乗る電車の中は好きだったな。その頃はもう大学生か、卒業して院生やっていたかくらいだったけど、当時わたしは小田急沿線に住んでいて、その時間に電車に乗ると、電車の網棚の上には、ケーキの箱がずらーっと並んでいてね、、いつもだったら、まだ早い時間なのに、会社帰りのお父さん方がたくさん乗っててね。「ああ、これから家族で楽しくクリスマスイヴを迎えるんだろうな」と思ったら、なんか心が温かくなってきて。。あの光景を見るのは、本当に好きだった。

就職して地方に行ったら、職場と家が近すぎて、そういう光景も見ることがなく。(だって自転車通勤だもの)ま、クリスマスイヴもクリスマスも普通の日と全然変わらない一日でしたね。

わたしの「無神論者」ってのは、文字通り「『神はいない』って思ってる」ってことだけど、だからといって、宗教を毛嫌いしているわけじゃない。むしろ、宗教には大いに関心がある。だけど、それを信じることができないのね。信じられるものは、自分だけ。それは、わたしが1回目のうつ病にかかったときに、よーく分かった。苦しかった。何かにすがりたかった。だけど、自分には自分を信じる以外無理だってことが分かった。

聖書、持ってましたよ。子供の頃、何でか分からないけど(友だちの影響?)、教会に通ってたこともあったから「新約聖書」は持ってたのね。でもね、わたしはどうしても本を最初から読まないと気が済まない、ってのがあって。。知ってる人は知ってるかも知れないけど、新約聖書の最初の方って、イエスの家系がずらーーーっと載ってるのよ。それを読んでると頭ごちゃごちゃになってきてね。ただでさえ、外国人の名前を覚えるのは不得意なのに、前に出てきた人がぽんとあとで出てきて、その家系の話になったりね。だから、いつもそこで挫折するの。

わたしが前にブログで書いた「今でも忘れられない人のこと」の彼女も、特にキリスト教の信者ではなかったんだけど、時折、聖書を読むと「一休さん」の話みたいで面白いよ、と書いてたのね。でもわたしはやっぱり最初からしか読めなくて。。相変わらず、家系のところで、頭がごちゃごちゃになって読むのを止める、ってパターンだった。これが新約聖書だけじゃなくて、旧約聖書付きだったら「創世記」から読んでたんだろうけどね。。結局その新約聖書は、家系図のところと、あと、最後の方に出てくる「ヨハネの黙示録」に「獣の数字を読むがよい。その数字とは666である」ってところ以外は読まなかった。。ちょうど中学の時(だっけな)に「オーメン」が流行ったからね。だけど、本当にそう書いてあるとは思わずにびっくりしたっけ。

で、宗教はなんでも興味があったので、取り敢えずポストなんかに入っているそれ関係の冊子なんかは興味深く全部読んでた。生長の家からくる「白鳩」とか、それこそ教祖(?)がもう逮捕されてしまった「足裏診断」で有名な「法の華」の本とかね。あれ、なんか書いてあることがめちゃくちゃでさぁ。だって、'95年に世界は滅びる、とか書いてあるんだもの。で、そういう本を後生大事に持っていたんだけど、彼女と一緒に住むためにこっちに戻ってきたときに捨てちゃった。ホントはネットオークションにかけたら高い値段で売れるかな、と思ったんだけどね。教祖はもう、逮捕されちゃったあとだったし(爆)

あとは仏教の勉強もしたかな。取り敢えず、何宗がどんな風にできて、どんな考えなのか、とか書かれてる本を買ってきて読んだ。うちは父方が浄土真宗で母方が日蓮宗(注:創価学会ではない。というか、創価学会はもう、日蓮宗の中の一派ではないのね)なので、そこらへんは興味深く。ただ、日蓮宗は割と「排他的」なところがあるので(というか「日蓮宗が一番。それ以外は認めない」みたいな考え方)だから、あまり好きじゃない。そして、決まり事が厳しい。逆に浄土真宗は、それこそ自由な宗教。なんてったって「他力本願」だから。

その「他力本願」ってのもね「人にものを頼ること」じゃないんだよね。ここら辺のことは、この日記に感想が書いてある。それを読んで「ほほう」と思ったね。んで「うちが浄土真宗でよかった」とは思ったけど、ただ、だからといって、わたしが浄土真宗を信じるはずもなく。(とはいえ、実家は寺の立派な檀家なのですが)わたしは死んだら、それまで、って思ってるからさ。天国に行ったり、仏さまになったりするとは思えないからさ。

てなわけで、わたしは無神論者。今でもクリスマスイヴとかクリスマスに関しては、何とも思ってなくて。まぁ「キリストの生まれた日なのね」っていう感じかな。でも、信じてもいないキリストの誕生日を祝う気はさらさらなく。だいたい、自分の誕生日だって、なにもしないからね。彼女の誕生日もそう。(っていうか、偶然にもわたしと彼女の誕生日は1日違いでありまして。。連続して誕生日祝いをする気にもならんでしょう、普通)そういえば、こないだの23日は祝日だったけど、なんの祝日かはすっかり忘れてた。(今もまだ新聞読んでないので)思い出して「あっそう」って感じだったけど。(「あっそう」で「ピン」と来た方には、ここで笑って欲しいわ(笑))

ってわけで、わたしたちは「彼女が初めてわたしにメールを送ってくれた日」や「初めて会った日」「つきあい始めた日」の方がよっぽど大切。特に「つきあい始めた日」と「つきあい始めて○年と半年」というのは、今でも一緒にどこかに行ったりしている。そういえば、思い出すと、彼女が初めてわたしにメールをくれてから、あと数日で丸6年か。

ただ、昨日はわたしと彼女が初めて過ごす、クリスマスイヴだった。今日は初めて過ごすクリスマスの日ね。去年はわたしの鬱がひどくて実家に戻ってたからね。んで、わたしも彼女も「クリスマスは恋人のためにある日じゃない」っていう意見は一致している。だから、ケーキもプレゼントも、まったくなし。ただ、昨日、わたしは午後から出かけました。どこに行ったかは内緒。でもね、なんか泣いちゃったの。それも本質とは全然関係ないところで。多分、これからは毎年そこに行くことになるだろうと思うけど、とにかく貴重な体験をさせてもらいました。

で、今日は午後から、あの怪しげな医者に行ってきます。ここに行くのはこれが最後ね。あまりにも、怪しげ過ぎるから。。
11:14 | 過去の自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-26 Tue , 2006
怪しげな医者に行ってきました
えー、昨日、怪しげな医者に行ってきました。

でも、この日記を書いた途端「怪しいから行かない方がいい」と言ってくれる人が多数いらっしゃいまして。。で、彼女もその病院のHPを見て、栄養療法とは書いてあるが、サプリメントを主体とした治療を行う、ということを一切書いていないHPでして、わたしが「ここにはこれを最後にして、もう行かない」と言ったところ「じゃあ、いろいろな疑問を聞いてみよう」ってことになったのでした。

病院へ着いて、診察室(っていってもカウンセリングルームみたいにいくつもある部屋のうちの1室なんだけど)に通され、今度は「カウンセラー」と称する人が来て「どうですか?」と聞いてきた。「食事はあれから変わってませんか」とか「サプリメントはきちんと飲んでますか」とか「便通はどうですか」とか。そして彼女に向かって、こう言った。「10日前と比べて、患者さんの顔つきがよくなってきたように思えませんか?」って。来た来た来た~!!って思ったね。(笑)

実は、わたしは最近、PCカスタマイズやmixiのしすぎで、夜2時頃に寝ていて、すっごく疲れていたわけ。そのことについて、病院に行く前、電車の中で彼女とケンカしてたくらいで。んで、その日も起きたら頭が痛くてね。起きて鎮痛剤を飲んでたのよ。ホント、全然身体の調子はよくなかったし、自分でも身体が疲れてるのが分かるほどだったのよ。「いえ、別に変わったとは思いませんけど」と彼女。「そうですか?わたしには顔つきがよくなったような感じを受けるんですけどね~」とカウンセラー。

その後もカウンセラーは「やる気が出ないっておっしゃってましたが、やる気は出てきましたか」とか「息苦しいっておっしゃってましたが、どうですか」とか「眠りが浅いって前、言ってましたが、よく眠れるようになりましたか?」と聞いてくる。一通り聞いたあと「じゃあ、薬は変えなくていいですね」と言った。

そこで彼女が口を挟んだ。「そういうのって、普通、お医者さんが決めるものなんじゃないですか?そういえば、おたくのHPでは、栄養療法のことは書かれていても、サプリメントを主体として治す、とは一言も触れられてないですよね」って。そうしたら、そのカウンセラー「あっ、そうなんですか?HP見てないから。。」と知らないふり。そこでまた彼女がたたみかける。「ここのお医者さんって精神科のお医者さんなんですか?」そうすると、カウンセラー「いえ、元は麻酔科医の方なんです。もちろん精神科の勉強もされてますけど」って。そりゃ、医者になるためには、一通り勉強してるから、精神科の勉強もしてるだろうよ!でも、専門の精神科の先生でないことははっきりしたわけで。

そんな話をしていたら「ちょっとお待ちください」ってすぐに医者を連れてきた。医者は「HPにサプリメントのことを書くと、医師会がうるさいんですよ」とのたまった!どうやらすぐに対応できるというところをみると、カウンセラーがそのことについて聞かれると、自動的に医者を呼ぶようになっているらしい。他にそこの病院に来た患者にも今までいろいろ聞かれたことがある、ということだろう。

で、医者は、そこから今までカウンセラーに聞かれたことと全く同じことをわたしに聞いてきた。そして「息苦しさは軽減された」ということだけに触れ「よかったですね」と。ただね、わたし、そこに行く前から息苦しさはもうほとんどなくなってたんですけど。。(問診票を書いていた時点では、息苦しかったんで、そういうことになっちゃったんだけどね。眠りが浅いのも、やる気が出ないのもそう。でも、それも書いている時点ではかなり軽減されてたんだよねーってそれまでのわたしの日記を読むと分かると思うけど)

わたしは「よくなった」っていうとすぐサプリメントのせいにされると思って「んー、あんまり変わりませんねー」とかウソばっかり(笑)っていうか、最近、よく眠れるのよ、これが。っていうか、やっぱりPCいじくり回してたせいで、頭が相当疲れてたみたいで、睡眠剤の効果もあってか、すぐに眠れるの。で、起きたら朝。ただし、あまり「眠れた」という実感はないんだけどね。

で、彼女がとどめの一発。「ここのカウンセラーの方って、臨床心理士か管理栄養士かなんかの資格を持っておられる方なんですか?」そうしたら、そこの先生は「いえ、昔は臨床心理士の方もおられたんですが、どうもうまくいかなくて。今はそういう方ではなくて、他の方を募集してNPOの「カウンセラー資格や栄養指導の資格」を取ってもらってます。まぁ、これらはNPOの資格で、国家資格じゃないんですけどね」と。やっぱ、そうだったんだ。絶対におかしいと思った。だって、カウンセラーと称して、全然カウンセリング的なことはしてないんだもの。(ま、臨床心理士も厳密に言えば、国家資格ではないんだけどね。「日本臨床心理士資格認定協会」が行っている認定試験です。ただし、こっちの方は、'90年に文部科学省から公益法人格をもつ財団法人として認められたらしい)

やっぱ、胡散臭い病院だったんだー。病院から送られてきたパンフレットの中には、某Y協会が設立した病院、という新聞記事が入っていたんだけど、そこの協会のHPのリンクを見ても、一切この病院のことについては書かれてない。しかも、病院のパンフレットにには、この「Y協会」の理事長、って書いてあるけど、ここの協会の理事長は、今や彼ではない。

そして、、その協会の「推奨品」と書かれたサプリメントの中に、わたしが飲んでいるサプリメントは書かれていない!!

そして、そしてよーく調べてみると、このサプリメントを開発した理事長ってのは「米国公益法人Y協会会長」だったわけで。。で、その「米国公益法人Y協会」ってHPは現在、もうない。というか、ぐぐってアクセスしたら「Forbidden」になっていて、キャッシュでしか見ることができない。わたしが飲んでいるサプリメントは、ここの法人の「認定商品」だから、日本のY協会の「推奨品」じゃないはずだ。。というか、どうも日本の「Y協会」と米国の「Y協会」は、なんかあって、今や縁を切っているらしい、と見た。しかも、この米国公益法人Y協会の理事長には、外国人タレントで有名なK氏も入っている。なんなんじゃ、この団体。

しかも、このサプリメントを作っている会社のHPを探してみたんだけど、ないのよねー、これがまた。ネットを通して別の会社から販売はしているみたいなんだけど。

この日記を書く前に、いろいろな言葉で検索してみたんだけど、調べてみるほど胡散臭い。中にはねー、あの病院に行ってて「カウンセリング」を受けて、涙流すほど帰ってきた、って人もいたんだけど、これって、この病院設立当初の頃なんだよね。その頃の病院って、多分、ちゃんとした臨床心理士がいたんだと思う。だけど、みんな逃げちゃった、ってことは、この病院のやり方がおかしいと思って止めたんではないか?だって、カウンセラーでもカウンセリングじゃないんだもの。それでなにも知識のない人達を集めて「某サプリメント信者」にさせて「カウンセラー」として働かせているんじゃないのか??

ちなみに、パンフレットによると、この理事長は、この病院と関わりがあるが、どういう立場か全く触れていない。院長は他にいるのね。で、その院長、最近、ダイエットのサプリを出したらしい。。そして院長のブログも過去にはあったらしいが、今は、なぜか削除されている。(削除の理由についてはお答えできません、とそのブログの管理者から書かれている)

取り敢えず、変な病院に引っかかってしまったようで。もう行きません。(^^;

ちなみに今回「栄養療法」でぐぐってみたところ、何件かの病院が出てきました。が、それはどれも見る限り「サプリメントも併用」と書かれています。どんなサプリメントかは書いてなかったんだけどね(これまた怪しげ)。ただ、誤解のないように言っておきますが、サプリメントで鬱が治らない、と言っているわけじゃないです。やっぱりぐぐった中で、サプリメントを飲んで鬱を治そうとしている人もいたし。だから、それは悪いことではないと思うんだけど、わたしが行った病院は、こうだった、ということです。誤解のなきように。

ところで、昨日のmixiニュース(元ネタはCD Journal)に

『ロックNIPPON』、ソニー盤“しりあがり寿セレクション”の詳細が明らかに

があった。ちょっと!やっぱりあるじゃないのさ、パール兄弟、つーか、元ネタを見ると、パール兄弟からは「バカヤロウは愛の言葉」が選曲されているらしい。わたしの音楽の趣味にかぶっているのもかぶってないのもある。

が、一つ残念なのは、しりあがり寿自身が入っていた、謎のパフォーマンス軍団「リーマンズ」のたった1つの曲(これが名曲なのさ)「リーマン革命」が入ってないことなのよね。。それがとっても残念。
14:37 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-27 Wed , 2006
ひょえー、怖い
昨日のブログを書き終えたあと、実はまだまだあの「怪しげな病院」について調べててね、というか、ぐぐってるうちに、他の人の面白いブログを見つけたの。それを読んでたんだけど、どうやら米国のY協会の方の理事長、って人が胡散臭くてね。いろいろ調べてみたわけ。(わたしも相当しつこい(笑))

その理事長の肩書きは、取り敢えず、理学博士、医学博士になってるんだけど、その人の名前でぐぐっても、どこの大学の医学部や理学部を卒業したか、一切書いてない!(どうやら、日本で行った大学は某W大らしいが、自己紹介には、その大学に学ぶ、としか書いておらず、どこの学部に通っていたか、全く触れていない)で、どうやらその後、米国の「学位商法」で理学博士や医学博士を「金で買った」らしい。(卒業したアメリカの大学が「学位商法」で有名な大学らしく、某足裏診断で逮捕された人も、そこの大学から学位を「買っていた」らしい)しかし、その理事長、そこの大学の「教授」になってるんだけど、専門が政治学や経営学、福祉サービスなんだよね。。明らかに「医学系」「理学系」ではない。そういう人が「医学博士」「理学博士」を名乗れるものなのか???

そして昨日、その理事長とその病院の関係がどうなのかよく分からない、と書いたが、どうやらその理事長はその病院の「会長」であるらしい。この病院の「初代院長」の名前もぐぐってみたが、その人も元は某W大に通ってた人らしいのよね。それも、経済系の学部。ただね、その人はその後、ちゃんとした某国立大学の医学部を卒業しているし、専門も神経内科。そういう意味ではちゃんとした専門医だ。しかし、昨日も書いたように、この初代院長は、今年の1月で今の院長に代わっている。おそらく想像するに、臨床心理士も、この病院とどうも合わなくて逃げ出したように、この医者もこの病院から逃げ出したのではないか?

某W大が共通キーワードになっている、ということは、その理事長も、その病院の初代院長も、そこで知り合った可能性が強い、とわたしは見ている。しかも、同じ学部でね。(それにそもそも某W大は医学部はないのだった)

で、この病院の目玉であるサプリメント、これが院長が開発したものでなく、理事長(会長)が開発したもの、と言うところが怪しい。だって、この人、医学の勉強してなさそうなんだもの。(この理事長がこのサプリメントを開発したことは、病院から送られてきた書類にちゃんと書いてある)これは、、胡散臭いサプリメントだな。

それから話は、その、他の人の面白いブログ、になるんだけど、その人のブログ、「悪徳商法追放」ブログだったのね。で、そこにその理事長の名前が載ってたわけ。(だからぐぐってヒットしたんだけど)よく読んでみると、ある会社、それもマルチ商法で一度引っかかった会社らしい、そこにその理事長が今、入り込んでいる、というわけなのだ。

しかも、その会社のHPに行くと、12月1日から、新たな製品としてこの、サプリメントと全く同じようなものを売り始めたらしい。会員向けにこの製品の説明会みたいなのがあったんだけど、この商品は、この理事長の推薦文を全面的に押し出したパンフになっているらしい。どうやらこの理事長、マルチ商法にも手を出し始めたようだ。しかも、お値段が高い!まぁ、どのくらいの量のものを売っているかはそこでは分からなかったが、少なくとも、わたしが病院で買った値段の約2倍はする。

で、そこの会社の会員しか書き込めない、という掲示板もあって、普通はそういうのってパスワード制になってるようなもんだけど、わたしみたいな一般人でもさくっと見れた。しかも、一見、誰にでも書き込めそうな掲示板。

見てみると「薬事法に引っかからずに売る方法はどうすればいいか」等の質問が書いてある。どんどん人に売って、エグゼクティブを目指す、といった書き込みも見た。恐ろしい。会員は今のところ、全国で3万6千人だったかいるらしい。(自称)理学博士、医学博士、の開発したサプリメントとして、何も知らない人に売りつけられるんだろう。で、会員の輪が広がっていって、、うー、考えるだに恐ろしい、というか怖い。病院もそのうち、そこの会社のHPにリンクされるかも知れない。けど、売ってる値段が違うからなあ~。まさか、病院の方も値上げするってわけじゃないだろうな。

ってわけで、わたしはたれ込むのが好きだから、早速、そのブログの人にたれ込みのメールを出した♪もちろん、ここでは伏せてある文字も全部公にしてね。やっぱ、それなりに金つぎ込んだんだから、そのくらいはしなきゃ。ってことで、怪しげなものには怖いですよ、わたし。(笑)
13:18 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-28 Thu , 2006
8時ちょうどのあずさ2号で~
わたしはわたしは、あなたから、旅立ちます~♪(って、この曲知ってる人、どのくらいいるんだろう??)しかし、Wikipediaで調べたら「有限会社あずさ2号」というのがあって、そこで「喉によい」として「あずさ2号」というサプリメントを売っている由。もう、サプリメントはたくさんじゃ~!!!(爆)

というわけで、取り敢えず、実家に帰省することになりました。

本当は行きたくなかったんだよね。両親にカミングアウトしてから、初めて面と向かって話すわけで。しかも、カミングアウトした後で、母親とやりあっちゃって、今、断絶状態っつーか、こっちが一方的に「断絶」してるんだけどさ。いや、前にも書いたとおり、わたしは今でも、自分が同性愛者だということを母に「分かって欲しい」とは一言も思っていない。ところがね、わたしが母の気持ちを少しでも楽にさせてあげようと思って「LGBTの家族と友人をつなぐ会」や、すこたんソーシャルサービスの「同性愛の基礎知識」を紹介しても、ただただ「うちの子はうち、よその人はよその人」って言うから、そこでぶち切れたんだよね。「そうやって『どうしてうちの子が同性愛者なんかに』って自分の中で一生悩んでればいいでしょ!」って。そうしたら「許して」ってメールが来たんだけど、母はわたしがぶち切れたことに対して「許して」って言っただけで、メールの内容については、きっと頭に入ってないんだと思う。なわけで、わたしがどうして怒っているかを理解するまでは「断絶状態」にしてやろうと思ったんだけど。。で、一生「断絶状態」でもいいと思ったんだけど。。

父がねえ「帰ってこい」っていうわけよ。で、今まで悩みに悩みまくった挙げ句、行くことにしたわけ。だって、お盆の季節は「東京レズビアン&ゲイパレード」があるから、実家には行けないだろうし、予定では9月にはシドニーに行くつもりだからね。このチャンスを逃したら、2年は会えないってことですか。それに90歳の祖母もいるし、この歳になったら、いつどうなるか分からない年齢だからねえ。。

それと、小学校の先生に会ったときにその話をしたら「やっぱり帰った方がいいよ」って言われたし、実は「つなぐ会」の人ともメールのやりとりしてて「帰って元気な顔を見せたら、お母さまもきっと安心して、喜ぶと思います」とか言われちゃったんだよねえ。。

だから、仕方なく行くわけ。本当は行きたくないのよ。だって決めたのは昨日なんだから。それまで本当に悩んでたわけ。今も行きたくないわけ。

だけど、決めた以上、行ってこなきゃね、ってことで、年末年始は実家で過ごします。きっと、やることがないから「超健康的」な生活になるでしょう。あ、ただPCは持って行きます。こないだ買ったばかりの2代目Let's noteくんを。で、スカイプする道具も一緒に持って行きます。夜寝る前には彼女と話すもんね。その点では、カミングアウトしたから気兼ねなく話せて楽だわ。

なので、実家に行ってからもブログは書き続けるつもり。でも、どういう内容になるだろうなぁ。。母親の顔を見た途端に、罵倒したりして(笑)(これが怖いから行きたくなかったのね)

さて、もうすぐ出なきゃ。

ということで、行ってきまーす。って8時の「あずさ2号」には間に合わなかったわね。。(爆)他の電車、捜さなきゃ(汗)

そういえば、マイミクSが、用事があって昨日ちょこっとだけうちに来た。あとから来たメールに「顔つきが病気の前のronに戻ったみたい」って書いてあった。まさか、あの怪しげなサプリメントのせいじゃないだろうな。。(汗)
11:25 | (自分)肉親とのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-29 Fri , 2006
お、お父さん!?@@;
昨日、駅に着いたらなぜか「あずさ2号」がホームに止まっていたので、それに乗って実家に行きました(ウソ)

沿線に何人かのマイミクさんがいてね、通り過ぎるたびに「あー、あの人、ここの近くに住んでるのよね」などと思っておりました。某マイミクさんとは、駅で1分間の逢瀬。(つーかくれるものがあったので、それを受け取りに会ったんだけど)1分だけでも会えて嬉しかったわん。

で、夕方、実家に到着。妹は外に出ていて、母は仕事でまだ帰ってなかった。ので、父と2人で近くのレストランに行くことになった。

レストランで、話をしながら食べていたら、父が急に「お母さんがまだ来ないから聞くけどなぁ」って。「うん。なに?」って言ったら、、、

「おまえは男役か、女役か?」って!!!!!ぬあんじゃそりゃ!!!!@@;
お父さん、まさか、ずーっとずーっとそんなことを思ってたんじゃないでしょうね。(汗)

「ええと、どっちでもないというか、どっちでもあるというか。。リバなんだけど」って答えましたよ。っていうか、完全にSEXはタチかネコしかないと思っている模様。いや、SEXにもいろいろあるんだって。挿入するだけがSEXじゃないんだって~!!と話そうとしたら、話が別の方に行って、結局、そのままになってしまった。(汗)

それからは、仕事から帰ってきた母が来た。最初はちょっと緊張したけど、、あの怪しげな病院の話で盛り上がった。ただ、やっぱ彼女の話をするとそっぽを向いちゃうようで。仕方ないのかなあ。で、なんと家に戻ってきたのが10時半頃で。それからネット接続の作業。

うちも家族みんな無線LANなのね。で、やっぱりセキュリティーを掛けて見えなくしてある。「こないだうちでやったから大丈夫♪」って思ったら、メーカーが違うので、やり方が違う。あーだ、こーだやって、ついにつながったのが1時過ぎ?

で、それから寝る用意をして寝たら、ほぼ3時だった。。
しかも、枕が変わって眠れないこと、眠れないこと。わたし、昨日、一体何時に寝たのかしら??なんか、あまり寝た気がしない。。

という、実家、到着日の話でした♪

タチ、ネコのことはまた改めて話しなきゃいけないな~(むーん)
11:16 | (自分)肉親とのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-30 Sat , 2006
いそがしい!
実家に行った日、家族の皆から「髪の毛が伸びすぎ。切ってこい」と言われたので、昨日は仕方なく、髪を切りに行った。どーせ混んでるからと思って、予約を入れて。まぁそこは、通いつけの美容院だったので「いつもの」で済むので気が楽。ただ、最近は「正月だから」といって髪の毛をきれいにする人は減ってきたって、美容師さんが言ってた。混むのはクリスマス前と、卒入学式がある3月4月なんだって。

んで、そのあとは墓参り。父と祖母と妹の3人で行ってきた。わたしは無神論者だけど、先祖あってのわたしだから、墓参りはする。ただし、死んでからは、墓には入りたくない。それだけ。

夕食を食べているとき、ふとしたことから父親と話が弾んで、夕食後も父の書斎で話をする。実は父は今(といっても、もう7、8年前から?)地元の大学の科目履修生をしている。昔、わたしが社会人野球の大会を見終わって、自分の家に帰る途中に新聞を買ったんだけど、開いてみたら、父親の写真がばーんと出た記事が載っていて、めちゃくちゃびっくりした記憶がある。

ま、そういうわけで、それからもずっとそれからも科目履修生を続けてるんだけど、父によると、まぁ、とある分野の文献や書物、集めまくっている。しかも、シンポジウムがあるたびに出かけていって、質問しまくって帰ってくるらしい。(-o-)なんとうちの父親らしい。。教授からは「学生になって論文を書いたら」と勧められているようだが、学生になると自由がきかないし、期限もあるから、ずっと科目履修生のままでいたいらしい。

で、今のところ3つのテーマで論文を書きたいらしいんだけど、聞いていると「こりゃ100歳まで生きても全部書けるかどうか」っつー、ものすごい壮大な計画。「じゃ、これで論文書いて、論文博士号を取ればいいじゃん」っていったら、今は、論文博士は取れないようになってしまったとか?文科省が「博士号を取るのは、博士論文しか認めない」ってことにしちゃったんだとか。ちょっと待て。「生涯学習」なんて言ってる割に、学生にならなきゃ博士号を取れないなんて間違ってる!個人で仕事をしながらとか、それこそうちの父みたいにリタイアしてからライフワークとして研究を続けて書いた論文の方がどんなに緻密で大変なことか。論文博士を取る方が、課程博士よりも大変なんだぞー。(周りの人、何人か取ったので知ってるけど)

ちなみにうちの父は工学部出身なんだけど、今、通っているのは文系の分野なのね。で、その分野の話を聞いてびっくり。わたしはてっきり「日本○○学会」みたいなものがあるんだと思ってたけど、そういうのはないらしい。各地、各地ごとで学会はあるものの、他との連携はないみたいで。。その分野は、批判し合わない精神らしい。ちょっと、それでも学問かよ!ってわたしが憤っていた。それじゃ、その学会でしか成り立たない理論じゃん。自己満足の垂れ流しじゃん。理系だったらまず、そんなことはあり得ないからね。

父も「自分のHPにアップするだけでいい。自己満足でいい」とか言ってたんだけど「そこまでやるんだったら、きちんとどこかに発表するべきだ!!」ってはっぱを掛けておいた。もちろん、父も同じことを思っているけどね。以前にその分野のあり方を教授に熱く話したらしいけどね。それも父らしい。(苦笑)まぁ、学派というのは、個人の力じゃ何ともならないわけで。ま、世間のしがらみと相まって、難しい世界らしいんだけどね、その分野は。

で、12時頃まで話し込んじゃって、それから寝る用意をしようと、2階に上がっていったら、今度は母と話し込んでしまった。これは、こないだ先生と会いに行ったときの話が主だった。で、そこで話をすること3時間。時間はいつの間にか夜中の3時に。。ついでにさりげなく「一緒に行った友達と、先生にはカミングアウトしておいたよ~」と言っておいた。

ってことで、昨日寝たのは3時半過ぎ?なんか、めちゃくちゃ。。本当は、実家ではなにもすることがなく、健全な生活をするつもりだったのに。。やばいです。睡眠時間約6時間。スカイプで寝る前に彼女と話そうと思っているのに、既にわたしが寝る時間になったら、彼女はPCの電源を切って寝ています。

今日こそは早く寝なくちゃ(汗)
13:03 | (自分)肉親とのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-31 Sun , 2006
今年もいっぱい、ありました
今年もあと1日になりました。ブログを書き始めてからは、1年とちょっとだけど、今年はある意味、特別な年になったような気がしてます。

1月:忘れもしない、1月11日に療養中の実家から、東京の彼女の待つ家に戻る。あんなに帰りたかった自分の家だが、なぜか、帰るときは不安で不安で仕方がなかった。

2月:特に記憶がない。どうやら1日中寝ている生活をしていたらしい。その中でもなぜか、英語の勉強はやっていた。

3月:彼女とつきあって、丸5周年を迎える。記念に都内のお台場のホテルで1泊

4月:4月16日に「第2回レインボートーク2006」に行ってきた。本当は1回目の方に行きたかったのだが、体調が芳しくなく、2回目の方に。

また、この頃から高校卒業以来、20年ぶりにトロンボーン復活を考えていたようだ。このことが、まだ後の「Brass MIX!」に繋がることも知らないで。。

ヘテロの友達が欲しい、と思ったのもこの頃かららしい。「aktaで話を聞く会」に行ったのもこの頃。憧れのぴたさんに会えて、大感激。

mixi上で「国際反ホモフォビアの日(IDAHO)である5月17日に自分のプロフィールの画像をレインボーフラッグにしたら面白いんじゃないか」というまめたくんの意見に賛同して、レインボーフラッグを考え始める。でもまさか、自分のデザインしたこの画像がたくさんの人に使われるとは思いもしなかった。

4月28日に後のわたしの「魂の姐」になる、モスラナルシス姐さんと初めて出会う。

5月:5月4日に、小学校の親友だったヤツにカミングアウトをする。それまでわたしがカミングアウトを実際にしたのは、仕事を辞めて東京に行く前に、東京に住んでいるわたしがもっとも信頼している叔母に、本当は彼女と一緒に住むんだ、と言うことを知らせるために、カミングアウトしただけだった。まさかもう、これ以上、自分の知っている人にカミングアウトするとは思いもしなかったが。。

ヘテロの友達が欲しくて、入っていたmixiのコミュ「1968+」のオフ会がある。おそらく、この時期頃にはもう既に「カミングアウト」せずに、新しい友達を作る気はなかった、と思われる。

5月17日の「国際反ホモフォビアの日(IDAHO)」の集会に参加する。新宿駅で人生初めてのビラ配り。誰も受け取ってもらえずに、悲しかった。。

5月26日、北海道旅行をする。彼女の家にもどきどきしながら泊まり、札幌唯一のビアンバーにも行ってきた。そして、旭山動物園を見学し、にこさんカップルと初めて会う。しかし、話が弾んで、楽しかったこと!まさか、この年にこれを契機としてあと2回も北海道に行くとは思いもしなかった。。

6月:通っていた学校(わたしにとっては小学校だけ)の同期生のオフ会がある。そこでみんなにカミングアウトをする。このときは、すごく緊張した。。けど、どこかにみんな、自分を受け入れてくれる、という自信はあった、ような気がする。

それ以降、7月初めまで、ほとんどなにもない毎日。生きている現実感がなくなっていくが、身体のためにはいい時期だったようだ。

7月:8月に「東京レズビアン&ゲイパレード」があることは、前から知っていたが、そのためにmixi上で「みんなでブラス!(通称「みんブラ」)」コミュに入っていた。が、ある日「Brass MIX!」というものがあると知る。んー、ついでならここにも出てみたいかな、と思って、コミュに参加。その「事前練習」に通い始める。最初は誰も知らなくて、怖かった。。

7月10日から約1週間「シドニー旅行」。日本語のできるPCを探しまくって、そこからmixiやってたのを思い出すわ。。というか、ホテルの近くに日本語のできるPCがあってね。「No.7」はわたしのPCだったわ。。

7月23日、北海道であった「北海道ウーマンズウイークエンド」に参加。彼女は付いてこなかったけど、これがわたしの今年2回目の北海道。にこさんたちに会えて、嬉しかったわ。

8月:8月12日、言わずと知れた「東京レズビアン&ゲイパレード」に参加。「みんブラ」と「Brass MIX!」でトロンボーンを吹く。まさか、これが始まりだとはそのとき、思いもしなかった。。

あ、あと8月25日から始まった都市対抗野球大会。そのときに初めて「社会人野球ファン」と「カミングアウト」。もはや、ビアンである自分と社会人野球ファンである自分、両方とも隠しきれなくなっていた。都市対抗は全12日間中、10日間、21試合を観戦。わたしの今季観たベストゲームはこれ。多分、この試合は今後10年経っても忘れられないだろう。

9月:9月17日、「Brass MIX!」で「第10回レインボーマーチ札幌」に参加。パレード中、楽譜やペットボトルを飛ばしたり落としたりする人や、カウントダウン前に風船を飛ばしちゃう人、曲と曲の間にパレードしながら左右に歩いたり、本当に笑えちゃいました。最後のお出迎え演奏のときの指揮者のトヴィくんの泣いている顔は、まともに見られなかったよ。。こっちまで泣いてしまいそうで。

9月下旬から10月初めまで、野球遠征に行きました。思えば、遠征するのも3年ぶりくらいか。。

10月:この頃から、徐々にまた鬱がひどくなり始める。息苦しくなってきた。7月から最低1回は旅行してたし。で、主治医との関係も悪化。(それはもうちょっと前からなんだけど)「ジェイゾロフト」という新薬を飲まされて、怖い目に遭う。

息苦しいのをこらえて「関西レインボーパレード2006」に参加。もちろん「Brass MIX!」で。これで、東京、札幌、関西と3大パレードを制覇。楽しくってしょうがなかった。

あ、この頃は「家族の誰かにカミングアウトしておこう」と思って取り敢えず、実家に住んでいる妹に「カミングアウト

11月:鬱がひどくなって、2回、自殺を図ろうとする。2回目は救急車まで呼ばれた。「救急車は呼ばれた以上、患者さんをどこかに連れて行かなきゃならないんですよ。だから、病院に行きましょう」という救急隊員の言葉に対して「でも、救急車は連れて行ってくれるけど、連れて帰ってくれないからヤダ!」とダダをこね、結局「病院に行くのを拒否します」という欄に署名して帰ってもらった。彼女からは「死のうとしている人間が、あんなこと言うか」と呆れられた。

心配した彼女が父親に連絡し、父親から電話をもらう。わたしはどうしても実家に行きたくなかったので「どうしても行きたくない!!」と言い、そこで勢いに任せて「カミングアウト」両親にもカミングアウトする羽目になってしまった。

12月:なぜか12月に入ってから、鬱の調子がみるみる間によくなっていった。なんのせいなのか、今のところ、よく分からない。ある人は「救急車ショック」だ、といい、ある人は「Sさんが気を送ってきてくれたから」と言う。わたしも何でか全然分からない。

その中で、わたしの担任だった先生が本を出版していることを知り、葉書を書く。「是非うちにいらっしゃい」と言われるまま「先生の家に遊びに行く」とても楽しいひとときだった。

主治医との仲が険悪化したので、新しい病院を探して訪れるも、非常にうさんくさい病院だと「判明」。あそこにはもう行かない。(笑)

両親にカミングアウトして以来、年末年始は実家に行きたくないわたしだったが、いろいろな人に「帰った方がいい」と言われ、ぎりぎりに行く決心をする。実家に戻ったわたしにまさか父が「お前は男役か女役か」なんて聞いてくるとは思いもしなかった。。

そして、その日記のコメントで「それは洗濯をどっちがするか、とか食事はどっちが作るかってことじゃない?」という意見があったので、昨日、思い切って、父はどういう意味でそういうことを聞いたのか、改めて問い直す。やはりそういう「生活での役割分担」のことではなかった。「要するに、どういう風にSEXするかってこと?」ってずばっと聞いたら、やっぱそうだった。。なので、男女のSEXはどうか知らないが、わたしたちのSEXには、いろいろなやり方があること、を説明した。そうしたら「道具は使うのか?」って。。お父さん!あなたはそこまで考えてたのですか!!@@;「道具を使う人だっているし、道具を使わない人もいる。それは人それぞれ」と答えておいた。一体、うちの父親はどういう父親なんだか。

母親との関係もまあまあ。実家に行った際に、母親の顔を見たら罵倒しそうで怖かったが、それもなく。まぁ淡々と話しております。といっても、やはりこのわたしのこと。昨日の朝「Brass MIX!」の話をして来ました。最初は抵抗感があった母も、なんとなく話しについて来てくれているようで、よかった、と思った。

というわけで、今年は近年にない、えらく忙しい年でした。(鬱病のくせに)多分、こんなに「波瀾万丈」な年も珍しかったと思います。来年は、予定通り鬱が寛解して、シドニーに語学留学できたらな、と思っています。そうしたら、ブログの題名も変えなきゃね。

1年を振り返るとき、必ず思い出される歌があります。その曲をみなさんにプレゼントして、今年のブログはこれで閉めさせてもらいます。今年1年、どうもありがとうございました。そして、来年もまた、よろしくお願いします。みなさま、よいお年をお迎えください。

雪の窓辺で(作詞:薩摩忠、作曲:三善晃)

 まどのそとは ゆきがながれてる
 ごらんよ あのゆきは
 にがつの ちょうちょよ
 ひるまのしずかなあのへやに
 はるのくるひを おしえていった
 しろいちょうちょよ
 るるるーるるるるー
 たのしいことや つらいこと
 ことしもいっぱい ありました

 まどのそとは ゆきがふっている
 ごらんよ あのゆきは
 しがつの はなびら
 うまれたばかりのみどりごの
 みるくのむめに ふりそそいでた
 しろいはなびら
 るるるーるるるるー
 たのしいはなし つらいうた
 ことしもいっぱい ききました

 まどのそとは ゆきがふりつもる
 ごらんよ あのゆきは
 ことしの おもいで
 ことしのそらからまいおりる
 すぎたはるあき ひとつひとつの
 しろいおもいで
 るるるーるるるるー
 わらったことや ないたこと
 ことしもいっぱい ありました

注:この曲を掲載する上で、JASRAC(日本音楽著作権協会)のHPをみて、いろいろ調べたんですが、これが引用に当たるかどうかは個々に聞かなきゃならないみたいなので(「」で囲んだらいいとか、全文はだめだとか)、取り敢えずこのままで。。っていいのかな。(本当は著作権料がかかる場合、毎年1200円払い続けるのがいやだからだったりして)
13:49 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX