09-01 Fri , 2006
8日目&今日は診察日
昨日から2回戦が始まりました、で、昨日の結果。

第1試合:浜松市(ヤマハ)5-4 大阪市(日本生命) (延長10回)
第2試合:東京都(JR東日本)3-2 東京都(NTT東日本)
第3試合:横須賀市(日産自動車)9-5 豊田市(トヨタ自動車)

都市対抗はあくまでも「都市」対抗なので、わたしはわざと都市名で読んでいます。都市対抗はそのチームそのものではありません。補強制度というものがあるのです。負けて都市対抗に出られなかった同じ地区のチームから、いい選手を自分のチームに連れてくるのです。5人までです。必ずしも5人取らなければならないというわけではありません。第1代表から順番にいい選手(または自分のチームに足りない戦力を持った選手)を取っていくので、第4代表くらいになると、全く補強なし、というチームも出てきます。この「補強制度」があるからこそ「都市対抗」なのです。企業チームだけで戦うのは、秋に大阪ドーム(京セラドームになったんだっけ?)でやる「社会人野球日本選手権」です。

ただし、日本野球連盟は、これから、都市対抗の優勝チームやクラブ選手権で優勝したチームを無条件で日本選手権に出場させるとか、いろんなことを聞いています。来年からは従来の28チームで戦うのではなく、都市対抗と同じ32チームまでにすると言っています。すると、当然大会日数が増えるわけで。。今までわたしは日本選手権には、9日開催のうち7日間観に行っていたんですが、32チームとなると、都市対抗並みに12日間ということになるかも知れません。観戦費はそうたいしたことないんだけど、宿泊費がねえ。。12日間大阪に滞在するとなるとかなりの金がかかるでしょうね。

ちなみにわたしが働いていた頃は、稼いだ金はすべて野球の遠征費に使っていました。というか、野球の遠征費を稼ぐために働いてました。周りにも堂々とそう言ってたし。(笑)野球を観ること自体は、あまり金はかからないんですが、交通費と宿泊費で莫大、金がかかります。どうしても泊まるのに1泊4,000円はかかっちゃうんですよね。。9日間ならまだしも、12日間は今の自分には痛いかも。。大阪12日間完全フリーツアー、なんてないですよねえ。。(悩)

ちなみに、一般の人が都市対抗を1日内野席で観ようとすると、2,400円かかります。まぁでもそれで3試合観られるんだから、安いものかも。そこを今、わたしは1日1,000円で観てます。それはわたしが日本野球連盟主催の「JABAクラブ」の会員だからです。会員になるのは1年5,000円かかりますが、結構割引が効くのです。都市対抗を1日観に行くだけで、1,200円得します。5日観れば元は取れます。(笑)

と戯れ言はさておいて。
昨日は全体的に人数が少なかったです。まぁ、平日だからでしょうが。動員もあんまりかかってなかったかな。あ、ちなみに応援団コンクールの結果が発表されました。前期優勝が川崎市(東芝)で、後期優勝が東京都(明治安田生命)だそうです。でもはっきりいって、この応援団コンクール、結局は「動員人数がどのくらいすごいか」だけで、本当の応援はみてくれないんですよね。動員人数が少なくても、いい応援をするところはたくさんあります。もっと独創力のある応援をするチームとか、応援自体を対象にすればいいのに、といつも思います。

第1試合、大阪市は予選でも投げたことのない投手を出してきました。すごい余裕こいてるなぁと思ったら、案の定、4回に2点、5回に2点入れられ、先発は4回途中でノックアウト。続く投手もすぐにノックアウト。(補強の選手でしたが)ただ、下敷領という投手は今後結構いけるかも。右にサイドスローなんですが、結構浜松市の選手は翻弄されてました。そして、最後に土井投手を出すんですが、ちょっと出すのが早すぎましたね。この土井投手、すごいです。なにがすごいって、わたしより1歳しか年齢が違いません。コーチ兼投手です。こないだも後ろで投げていたから、おそらく抑えで使っているんでしょうが。。その前に投げていた下敷領投手をもうちょっと長く投げさせてもよかったかも。。

逆に浜松市は、抑えをここぞというときに使ってきました。監督の采配の差が出たかも知れません。ちなみに大阪市の監督はあの、杉浦です。杉浦は結構有名だからご存じかも知れませんね。プロの誘いを再三断った「ミスター社会人野球」です。オリンピックでまだアマチュア選手が出ていた時代の投手です。彼が今年から日本生命の監督になったのです。

この大阪市が負けたことによって、姫路市を除いた西日本チームは全滅しました。ホントに今年の西日本チームは弱い。。

ちなみに浜松市で1曲分からない曲があったのをチェックしようと思ったのに、野球の内容に熱中していたら、すっかり忘れてしまってました。。だから、試合の終わりの方でやらないで。。って次に行ったときにそれはチェックしましょう。
それでも、今度の札幌パレードに向けて参考になったことがあります。それは「ベルをあげて吹くこと」。浜松市の応援ってどうしてこんなにブラスが響き渡るのかと思ってたんですが、みんな正面に向かって吹いているんですね。わたし、こないだのパレードでは自分の前にある譜面見て吹いていたから。。今度は堂々と胸を張って吹こうと思いました。

第2試合は東京都対決でした。普段やり慣れているだけあって、相手の手の内は十分承知だったでしょう。しかし、わたしはこの東京都(NTT東日本)にあまりいい思い出がありません。もうやられっぱなし、って感じ。。特に飯塚選手、高橋選手などには結構痛い目に合わされているので。。いや、ホント、いい選手です。飯塚選手は元「NTT関東」の選手でした。ちょうどわたしが社会人野球を見始めた年、日本選手権で優勝しました。もうこの試合で「NTT関東」としては最後の試合でした。(「NTT東京」と「NTT関東」が合併して今の「NTT東日本」になりました)もちろん、全日本でも活躍しました。確か、いつだったか忘れましたが、全日本で戦ったとき、日本がサヨナラ勝ちをして、打った飯塚と平馬(東芝)がキスしたんですよね。よほど嬉しかったんでしょう。(あ、別に彼らがキスしたからってゲイだとか全然思ってませんから(笑))(調べてみたら、シドニー五輪の予選だったようです。画像をおいてあるところは。。残念ながら見つかりませんでした(笑))

ただ、印象としてはNTT東日本の方が上かなぁと思ってました。上野投手がよかったし。相手が左バッターのときは、徹底的に内側を突いて打者をのけぞらせ、最後はきわどい球で三振を、右バッターであれば、緩急をうまく使ってました。ただ、7回2死から不幸にもポーンと1発ホームランを浴びてしまったんですね。結局それが決勝点になって。打ったJRの石川選手は、ヒーローインタビューで「最高です」の連発でした。何を聞かれても「最高です」しか答えないんですから。。ホント、笑っちゃいましたよ。

JR、堀井さんが監督になって、嫌らしいチームになってきたのかなぁと。堀井さんは昨日も書いたとおり、元三菱自動車岡崎の監督でした。何度もドームに来ていますし、何度もチームをいいところまで行かせました。JR、ちょっとこれから怖い存在かも。

第3試合は、なんと7回表時点で9-0でした。7回に10点差が付くとコールドゲームになります。で、7回表の横須賀市の攻撃で、ノーアウトランナー2塁の大チャンスでした。ここで1点入れて、7回裏を抑えれば、コールド勝ち。あのトヨタにコールド勝ちです。だったんですけど、結局豊田市の投手の継投で逃げ切りました。っていうか、ここのチーム、惜しげもなくどんどんと投手を代えてくるのです。なんというか。。選手層が厚いんだなぁとつくづく感じました。まぁ、豊田市が横須賀市にコールドで負けた、なんていったら、ものすごく情けなく思われたでしょうねぇ。会社の業績の方は圧倒的に豊田市の方が上なのに。(笑)だからなのか、豊田市は最後の最後、コールド負けしないように頑張ったのかも知れません。

この試合ですごい、って思ったのは、横須賀市の6回の攻撃。2アウト2、3塁で、四之宮がボテボテの内野安打を打ちます。取ったショートは1塁へ。しかし、間に合わずにセーフ。普通のチームなら、ここで1人返るのが普通でしょう。しかし、間に合わずに呆然としている豊田市の選手達の間を突いて、なんと2塁走者までホームインするのです。わたしはこういう野球ができる横須賀市がすごいと思いました。普段、そういう練習をしていないと絶対にできないことです。改めて横須賀市のチームのレベルの高さを実感しました。さすが久保監督です。(わたしは久保監督のファンだもん)

しかも、横須賀市は先発で高崎という、予選では全然投げていない投手を出しています。どうも故障していたらしいのですが、その選手を起用して見事に復活させました。というか、もともといい選手だったらしいんですけどね。あとはセカンドの青柳選手の守備範囲の広さには驚かされたなぁ。。ホント、ここのチームのレベルは違います。

豊田市は、、最初の1、2回にチャンスを作りながら点に結びつかなかったことが敗因でしょう。あそこで2、3点取っていれば、逆に勝っていたかも知れません。それほど野球って流れがあるんですね。まぁ、最後の最後は意地を見せて7回に3点、9回に2点入れましたが。ただ、やはり9点差は重かったです。9回にソロホームランのあと、1死満塁まで行くんですね。それで四球で1点入れたんですが、それでもまだ4点差。満塁ホームランを打ったとしても同点です。結局、最後のバッターはショートゴロゲッツーで試合終了だったんですが。

野球の面白さは、最大でいっぺんに4点入ってしまうことにあると思います。逆にサッカーだと4点差を逆転することはまず不可能でしょう。それも9回といえば、サッカーでは最後の5分くらいに相当するのかも知れません。サッカーの場合、最後の5分で4点なんか入れられないかも知れませんが、野球はほんの一振り、数秒で4点入ってしまうのです。そこが野球の面白いところだとわたしは思っています。あとは「間」ですね。サッカーを観て、瞬時に自分なりに分析して考えるのは至難の業だと思います。もちろん、テレビ観戦なんかでは絶対にできないことでしょう。しかし、野球には「間」があります。投球と投球の間、投手は次にどんな球を投げてくるか。守備連携の位置は?打たれた後、監督が出てくるか、内野が集まるか。わたしにはそういうことがとても興味深いのです。だから野球が好きなのです。逆にサッカーを同じように見ることはとてもじゃないけど、できないと思っています。サッカーの方が野球より観戦能力が高くないとできないんじゃないかな。

応援の方は、豊田市の方が圧倒的に好きだったんですが、何故か今さら「トキオ」なんて曲を増やしてました。「トキオ」って沢田研二の「TOKIO」ですよ。なんでこんなん増やすの?って感じ。あと「とんぼ」という曲も増えてたんだけど、こっちは原曲が分かりませんでした。「ケン」「デタマン」(ヤットデタマンの曲)「オジャパメン」は変わってませんでした。あと「ねらいうち」も。7回までに一番好きな応援曲の「オジャパメン」が1回しかそれも短時間しか流れなかったので「オジャパメンにしろー」と心の中で叫んでました。結果的には最後はこの「オジャパメン」で終わっちゃったんですけどね。。

一方、横須賀市の応援の変わりようにびっくり!ここは「突撃」と「デッキブラシ」(本当の曲名知らないんだもん)オンリーだったのに、狙い撃ちとかやってるし、アトムなんかもやってました。楽器の方もなんかすごく迫力があって。。吹く人もノリノリ。もともとここの応援のイメージってマイクのおねーちゃんの声が響き渡る、って感じだったんですけど、今日は太鼓と楽器がすごかったなぁ。「デッキブラシ」の応援は従来となんか変わってました。コールが変わっていたのかも。「ゴーゴー、ファイト、ゴーゴー、ファイト、ゴーゴー、四之宮、しーのみや」とか、独特のコールがすごく印象的だったんですが、昨日はあまりそういう感じがしませんでしたねえ。低音が響きすぎるって感じ?でもここの応援は、マンネリでもいいから「突撃」と「デッキブラシ」オンリーでいいよ。。それが横須賀市の応援なんだから!あ、あと「世界の恋人」ね。知ってたら相当古い人間よ、アナタ。さらに歌えちゃったりなんかしたら。。(笑)

最後に、九州共立大出で阪神に入った的場寛一が、トヨタ自動車に入っているなんて全然知りませんでした。(^^;わたし、九州共立大時代の彼を観たことがあるんですね、明治神宮大会で。ただし、神宮第2球場ででしたが。あのときはプロに行くってもう決まってて、他の選手と比べて風格が違ってたのになぁ。

それにしても、打てよ、的場。プロでは活躍できなかったけど、一応、プロ上がりなんだから。ま、最後に1安打はしましたけどね。
それだったら、ヤクルト-広島だった、山田潤(元一光;2004年で退部)の方が活躍してたぞー。

あとびっくりしたのが、わたしが地方に住んでいたとき、名もない県立高校で投手をやっている子がすごくて、ベスト8くらいまで行ってちょっと話題になってたんですけど、いかんせん、県立高でしかも野球の強いところではなかったので、進路先が公表されることなく、彼が野球を続けているのか、ちょっと心配だったんですね。ちらっと大学でも野球を続けているって聞いたんですが。。その彼が何故か日産自動車に入ってました。ちゃんとレギュラーの座を取っていました。ただし、投手ではないんですけど。。これにはびっくり。うん、すごいぞ、南くん。これからの注目株です。

さて、今日の試合。

第1試合:大垣市(西濃運輸)-千葉市(JFE東日本)
第2試合:姫路市(新日本製鐵広畑)-川崎市(三菱ふそう川崎)
第3試合:仙台市(JR東日本東北)-さいたま市(日本通運)

あ、でもわたし、今日は診察日なのです。。だから、第1試合からは観に行けません。うーん、せっかく千葉市に新曲ができたという情報が耳に入ってきたのに。あと、大垣市の応援も結構面白いのです。つくづく付いてない。。
病院が終わったら、すぐさまドームに駆けつける予定。先生にはなんて言おうかな。なんか「観に行きたいのに観に行けません」って言って泣き崩れそう。。
09:01 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-02 Sat , 2006
激怒&9日目
昨日は2週間ぶりの診察日だった。特に「付いてきて」と言ったわけではないんだけど、彼女自身、聞きたいこともあったようで、付いてきた。

診察室に入って、毎日のようにドームに行って野球を観ていることを話す。これは2週間前にも言ってたんだけど。うちの主治医は何故か野球を観に行くことにいい顔をしない。そのときは結局「観たい試合を選択して観る」という話に落ち着いたんだけど、実際のところ、観たくない試合なんかないわけで。中には取り敢えずこのチームは強いから、2回戦で観られる、とかここのチームの応援あんまり好きじゃないとかはあるんだけど、その対戦相手の応援が観たかったら、必然的にその試合も観に行きたくなる。そんなわけで、毎日観に行きたいんだけど、2日に1度くらいは身体が動かなくなって観に行けない、と正直に話した。

わたしとしては、体力不足で観に行けないと思っていたのだが、先生は身体が観に行くのを拒否するのが、もう「波がある」と捕らえているらしい。わたしの「波がある」っていうのは、気分が悪くなったりすることなんだけど。で、先生によると、身体が言うことを聞かなくなる前に、自分で観戦を止めなさい、ということらしい。

でも、わたしにしたら、それはできっこないことで。結局先生に激怒された。「旅行に行きたかった人でも体力の低下を考えて止めた」とか「仕事したいけど休職して休んでいる人もいる」とか、散々言われた。そんなん、分かってますって。わたしだって働けなくなって休職したんだから。でも、そのときは本当に身体が動かなくて、仕方なく休んだわけで、今のわたしとは全然違う。それを言ってやろうと思ったんだけど。。わたしは、自分にとって、野球を観ることがどんなに大切なことか、蕩々と説明したかったんだけど、結局言ったところで、分かってくれないんだから、黙っていた。都市対抗はプロ野球とは違う。出てくるまでに各地で熱戦が繰り広げられる。そして本大会で1度負けたらもう終わり。初出場のチームが出れば、観に行きたいし、何十年ぶりに出てくるというチームも観てみたい。だって、そのチームを次に観るときはいつになるか分からないのだから。

だけど、先生としては、毎日無理をし続けている生活をしていると、身体が観に行くのを拒否する前に自分で判断することを望んでいるらしい。結局「気分が悪くなる」ことを避けるために、またアナフラニールという抗うつ剤を飲むことになった。(最低限の量だけど)先生によると、わたしは7月からずっと動きすぎらしい。7月中旬にシドニーに行って、下旬に北海道に行って、8月中旬にパレードがあって、8月下旬から都市対抗が始まった。パレードまでは反対されなかったが、都市対抗は毎日あるからか、反対された。先生の言うことも、心配することも分かるが、わたしは今、とにかく野球が観たい。この2年半、観られなかったのだ。それがやっと観に行く気になって、観られるのだ。だから、今回の診察は先生もわたしも非常に機嫌が悪かった。彼女一人だけが落ち着いて聞きたいことを聞いていた。

診察後、わたしは東京ドームへ。第2試合を観るために行った。

昨日の試合結果。

第1試合:大垣市(西濃運輸)3-5 千葉市(JFE東日本)
第2試合:姫路市(新日本製鐵広畑)3-5 川崎市(三菱ふそう川崎)
第3試合:仙台市(JR東日本東北)2-4 さいたま市(日本通運)

わたしがドームに着いたときは、第1試合の7回だった。そのときは2-0で大垣市が勝っていた。わたしの予想も「大垣市の勝ち」だった。そして、次の試合こそはちゃんと応援が観たいと思っていた。9回表に大垣市が1点追加して3-0になった。これで終わりだな、と思ったら、なんと千葉市は9回の裏にタイムリーヒットと2ランホームランで同点にして、延長戦にしてしまった。そして、11回裏の攻撃でなんと千葉市にサヨナラ2ランが出て、大垣市に逆転勝ちしたのだ。こういう試合も珍しい。

応援的には、千葉市より大垣市の方が観たかった。まぁ、少しだけ観れたけど。例年ならふわふわのカンガルーの風船人形が、今年は着ぐるみになっていた。相変わらず「カルちゃん隊」はいるようだった。「カルちゃん隊」とは、頭にカンガルーの着ぐるみをつけ、西濃のユニフォームを着、試合が始まった直後に出てきて、投げる真似とか打つ真似をしながら軽快に踊る人達だ。これを観ると「あー、西濃の応援だなー」と思う。また、もう一つ「大柿くん」という「大垣市」になぞらえたでっかい柿の着ぐるみも出てくる。(しかし「大柿」だったら、広島県に「大柿町」があるのだが。。あっ、でも今はもう「江田島市」になってるか)で、5回辺りに必ず「松尾芭蕉」の装束を着けた人が出てくるのだ。これはもう恒例。今年もそうだったと聞いた。しかし、応援曲が一つ新しいのが増えたみたいで、従来の「ゴーゴー西濃」や「パワフル西濃」などに加えて、なぜか「タッチ」をやっていた。ちなみにわたしは「パワフル西濃」は結構お気に入りの曲だ。「ゴーゴー西濃」はちょっと「電車は続くよどこまでも」に似ている応援曲だ。途中で全然違ってくるけど。(笑)

千葉市は基本的に「川崎製鉄千葉」の応援を引き継いでいる。曲名もほとんど変わらないし、変わったとすれば「川鉄コール」が「JFEコール」になったくらいだ。でも、曲自体は変わっていない。コールが「カ・ワ・テ・ツ、カワテツ、ゴーゴーゴー」から「J、F、E、Go、JFE、ゴーゴーゴー」に変わったくらいだ。

川崎製鉄は4~5年前にNKKと合併し、JFEスチールとなった。ただ、野球部の方は、川崎製鉄千葉は、そのまま名称が「JFE東日本」になったくらいで、そう大差ないが、西日本の場合、岡山に川崎製鉄水島があり、広島にNKKがあったために、チームが合併され「JFE西日本」となった。(川崎製鉄水島から川崎製鉄千葉に行った選手もいます。そして両チームのベテラン勢はほとんどの人が上がりました。それでも2チームが1チームになったので、選手数が非常に多かった)こちらの応援は、基本的にはNKKの応援を引き継ぎながらも、チャンス時には「JFEコール」をやる、という感じかな。

実は、同じ川崎製鉄でも千葉と水島では応援曲は同じなのだが、コールの仕方とか、演奏の仕方がずいぶん違っていた。川崎製鉄水島(倉敷市)が都市対抗に出たとき、「なんか違うぞ、いつもの応援と」といつも感じていたのだが、実はそれは川崎製鉄千葉の応援なのだった。どうも応援団自体、千葉の方が近いので千葉の応援をしていたらしい。(ボードなどが千葉仕様)

で、今回、元川崎製鉄の応援を聞けて、結構懐かしかったのだが(「JFEコール」の振り付けも「川鉄コール」と全く同じだし)、やっぱり千葉の応援には慣れない。新曲が一つ増えたと聞いていたが、確かに増えていた。が、見る限りにおいては、曲名はなさそう?だった。これは次に行ったときにまた確認してこよう。

そしてやっと、お目当ての第2試合。もちろん、姫路市の応援を聴きに。というか、相手が前年度優勝の川崎市で、そこ相手にどうしても勝てるとは思えなかったのよね。選手層の厚みが全く違う。姫路市は1回戦と同じく池田投手を先発に持ってきていた。対して川崎市は、補強の村上投手。1回戦で投げた自チームのエースは温存だ。

そして、わたしの持つ川崎市のイメージは「とにかく打つ」。このチームは金属バット時代から大量得点をするので有名だったが、木のバットになっても相変わらず打ってくる。投手はそんなにすごい、という感じはしないのだが、とにかく点を取られても、まだその上を行くぐらいまで打つ、そういうイメージだ。その点、同じ神奈川県のチームである横須賀市(日産自動車)とはタイプの違うチームだと思っている。緻密というよりも豪快なイメージなのだ。

試合が始まり、川崎市は早速、1回に2本のソロホームランで2点先制。相手の池田投手も決して悪い投手ではないが、姫路市の監督も本格的に捕まることを恐れたのだろう、3回にノーアウトでランナーが出たときに、投手交代。三菱重工神戸からの補強、大西投手に代わった。ちなみに1回戦もこの投手リレーだった。大西投手は3回は抑えるが、4回は味方のエラーがらみで1点失い、5回にはまた2本のソロホームランを打たれてしまう。なんと、5点のうち、4点がソロホームランでの得点なのである。

対して、姫路市はずっと打てなかったものの、6回からマウンドに立った谷口投手(この人も補強)からいきなりヒットを打ち、1点を返す。8回に2ランホームランが出て「これはもしかして、第1試合の再現になるかも」とちょっと期待したのだが、9回はランナーが出たものの、最後はゲッツー。やはり予想通りに負けてしまった。この姫路市の敗退で、東海以西のチームが全滅した。これは都市対抗始まって以来のことだという。なんと情けないこと。。

阪和地区がすべて負けてしまったのは珍しいが、中国地区以西(しかし九州地区を除く)に限っては、やはりいい選手がこないことが一因でもあると思う。高校野球はそこそこまで行くのだが、大学はやはり東京六大学への進学が夢らしい。(その次は東都ね、で次は九州の大学だったり東北の大学だったりする。まずもって、地元の大学に進学する気はないようだ。それは大学選手権や明治神宮大会の結果を見ればすぐ分かる。弱いんだもん、地元のチーム。とても全国レベルではない)で、大学で活躍した選手は必ずお金持ちの強いチームから声がかかる。「地元のチームで絶対に野球がしたい」と思い、帰ってくる人は珍しい。まぁ時折、大学がらみで来る選手とかもいるけどね。(NKKが駒大卒の選手が多かったとか;監督が駒大OBだし)だから、悲しいかな、最近の中国、四国地区は非常に弱いのだ。(あ、四国の高校野球はほとんど野球留学で来ている人ですから。社会人野球チームには、地元の高校生を基本的に取っているらしいです)九州は九州東海大や九州共立大があるから、そこから補強できるけど。(ダイエー、あ、今はソフトバンクか。の新垣だって九州共立大出でしょ)

ここ5年で3回、神奈川のチームが優勝しているのも、そういうことがあるからだと思う。強いチームはどんどん強くなって、レベルが高くなり、逆にそこそこのチームはやはりそこそこのチームのままでしかないのだ。神奈川のチームとは選手の質だけでなく、野球の質が全然違っていると観ていてつくづく思う。ただ、東京都だけは何故か優勝してないのよね。一応、いい選手を取っているとは思うんだけど。。不思議です。

で、1回戦で分からなかった姫路市の応援。「チャンスコール ライフ」というらしい。今度はちゃんとボードを確認しました。で、国体のマスコット「はばタン」ですが、昨日は1匹(?)しかいませんでした。2回まで舞台の上に上がって応援団の人と一緒になって踊ってました。が、はばタンが出てくると何故か打てない打線。。その後、はばタンは客席に行って、愛嬌を振りまいていて、ドラムも叩かせてもらえませんでした。(爆)あー、姫路市の応援は今度はいつ聞けるのかしら。はばタンとは永遠にさよーならーだけど。兵庫は三菱重工神戸が実質のライバルチームなので、そこに勝たないと出てこれないのよね。ま、でも三菱重工神戸の応援曲も結構面白いんですけど。(っていうか、コールが変わってるの、ここ)あと「蒲田行進曲」等の応援もあります。

川崎市の応援は相変わらずなんだけど、なぜか「狙い撃ち」のボードが「狙い撃」と書いてある。実は「狙い撃ち」は「狙い撃ち」だったり「ねらいうち」だったり、「狙い打ち」だったり、各チームのボードを観ていると結構楽しい。でもやっぱ、あれが1塁側と3塁側から交互に流れてくると「もういい!」って思ってしまう。。これからはなんだか多くなりそう(汗)

第3試合は、仙台市に女性のリーダーがいる、ってことでかなり観たかったのですが、今日の試合、第1試合から観たかったので、涙を飲んで帰ってきました。テレビ観戦してたんだけど、やっぱり仙台市は負けてしまった。。というか、せっかく投手が頑張ってるんだから、途中で点取ってやれよー。ピンチのあとにチャンスあり、じゃないけど、チャンスをつぶしていると、知らない間に流れが向こうに行っちゃうのよー。せめて1点差で勝っているときに、だめ押し点じゃないけど、もう2、3点は欲しかった。。

昨日も仙台市の攝津投手はよかったけど、さいたま市の澤村選手にポカーンとホームラン打たれてから切れちゃいましたね。でもまだ若いみたいだし、もしかしたら、ドラフトかかるかも。。逆にさいたま市の益田投手は、1回戦でも投げましたが、今回もよかったです。さいたま市って、今年、補強0なのです。最後の最後に出場が決まったそうで、取りたい選手がいなかったんでしょう。あとはどこまでやれるかですね。

さいたま市の応援については。。よく分かりません。ペリカンが出てきて踊ってるけど、曲目的にはあまり面白いのはないです。ボードも出さないみたいなので、曲目も分かりませんし、あまり好きではない部類の応援ですね、わたしにとっては。(だから、仙台市を応援してたのよ!)

でも仙台市は、結構毎年出てきているチームなので、女性リーダーについては、また近いうちに見られることでしょう。しかし、時代もついにそうなったかー、と少し感動。今まではリーダーは男子のみ、女子はチアしかできなかったからね。。これから徐々に女性のリーダーも増えてくるかも知れません。

今日の試合

第1試合:名古屋市(JR東海)-にかほ市(TDK)
第2試合:岡崎市(三菱自動車岡崎)-狭山市(ホンダ)
第3試合:浜松市(ヤマハ)-東京都(JR東日本)

個人的には、にかほ市の応援が楽しみです。ここは名曲、「Go Go TDK!」があります。あと、狭山市の泥臭い応援かな。ここも熱いですよ。よく分からない御輿とF1のビニールカーが絶対に出てきます。(今年は鈴鹿もビニールカーが何台も出てきましたが。生産している車なんだろうか?)そして、8強が出揃い、第3試合から準々決勝です。いよいよ都市対抗も佳境に入ってきました。

さて、行ってきます。
07:38 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-03 Sun , 2006
10日目(準々決勝)
知らない間に9月になってた。あら、びっくり。部屋のカレンダーも8月のままだったわ。(笑)

昨日の試合結果。

第1試合:名古屋市(JR東海)2-3x にかほ市(TDK) (延長10回)
第2試合:岡崎市(三菱自動車岡崎)1-7 狭山市(ホンダ)
第3試合:浜松市(ヤマハ)1-3 東京都(JR東日本)

このブログ、実はmixiとつなげている(というか、ブログの内容をmixi日記にコピペしてる)のですが(mixiの人は、わたしのプロフィールを見てもらえば分かります)、昨日、ブログの方に東京ドームで働く方とこの間の鈴鹿市の応援のブラスの方がコメントを付けてくださっていて、びっくりしました。やっぱり、都市対抗中はいろいろ検索しているらしいですね。(笑)でも、分からなかった鈴鹿の最初の曲名が分かったので、とても嬉しいです。ホンダ鈴鹿ブラスさんに感謝!

で、第1試合の結果ですが、まさかこのような結果になるとは思っても見ませんでした。にかほ市は絶対に野田しかいないし、まぁ、名古屋市の方も中須賀しかいないと思ったんですけどね。野田は少し疲れているように感じたので、今日はちょっと無理かなぁと思っていました。ところが、まぁ2回の先頭打者にポコーンとホームランを打たれてしまうんですが、そこからはうまくのらりくらりと投げ通し、散発3安打。さすがベテラン。しかし7回にまた先頭打者にホームランを打たれてしまうんですね。それもまた同じ青山選手に。で、にかほ市の監督はすぐに野田を代えました。もうこれ以上投げさせると捕まえられると思ったんでしょう。2番手の田口は打たれながらもよく抑えました。一方、にかほ市の方はなんとなーく中須賀に抑えられていたんですが、6回に4番打者の佐々木選手にソロホームランが出て、1点返しました。それを皮切りに連打が出、同点に。そのまま延長戦に突入しました。

ここで名古屋市は10回の頭から中須賀を降板させるんですね。次の投手にかけたんでしょうが。。結果はそれが裏目に出た形になりました。にかほ市はこの間、都市対抗9回出場で初勝利を治めました。これで思い出すのは、わたしが社会人野球を見始めて2年ほど経ったときでしょうか。(調べてみたら1999年でした)倉敷市(三菱自動車水島)がやはりなかなか初戦突破ができなかったのですが、その年ににかほ市(当時は仁賀保町)と当たったのです。結果は倉敷市の勝ち。そして倉敷市はベスト4まで勝ち上がり、見事、小野賞を受賞するのです。なんか今回のにかほ市には、その姿を彷彿とさせるものがあって。。次の試合は強豪狭山市とですが、どんな試合をみせてくれるか楽しみです。

応援ですが、にかほ市の応援は「Battle1」と「Battle2」、「Battle3」と「Battle X」、「GO! GO! TDK」、「突撃」でした。わたしが好きだったのは、「GO! GO! TDK!」ではなく「Battle X」でした。ちょっとアニメっぽい音楽で、マイナー調の応援曲なんですが、それがものすごくカッコイイのです。あと「突撃」はあの「突撃」で、踊りも同じなんですが、ちょっと変な突撃なのです。変調突撃、とでもいうのかどうか。これは文字で説明しようとしても分からないので、割愛します。

一方、名古屋市の応援は、はっきり言ってまともに聴いたのは初めてかも。名古屋なのでやっぱり「狙い撃ち」がありました。あと、変わったところでは「銀河鉄道999」を応援曲にしてました。あとここも「突撃」をやるのですが、踊りは本当の突撃の踊りとは違ってました。あと「Mugen」って曲があったんだけど、原曲はなんなんだろう?流行の曲に疎いので、分かりませんでした。

第2試合は「今年の狭山市は強いよ」と言われていたとおり、狭山市が圧倒的に勝ちました。実は1回戦の狭山市の状況がどうだったかよく分からないので、何とも言えないんですが、少なくとも岡崎市の方は1回戦と同じ投手が先発でした。しかも狭山市は補強が働く働く。かずさマジックから補強された鬼崎は、4打数2安打、4打点の大活躍。やっぱ補強として出場するには、このくらい働かないといけないでしょう。あと、狭山市は惜しげもなく5人の投手リレー。おそらく選手層も厚いんだろうな。

岡崎市も打つには打つんですけど、肝心なところでもう1本が出ませんでした。ヒット数は7本と11本で4本しか差がないのに、点数差が6点も付きました。

応援の方は、狭山市の応援、なんかちょっと印象が変わった感じ。今まで泥臭いなーと思ってましたが、今日は何故か(?)非常にきれいなブラスを聞かせてくれました。そういえば、例年出てくる御輿が出てこなかったな。代わりになんか、バットを持った巨大な本田宗一郎らしき風船人形がありました。(なんか、メガネ掛けてるの)あと、何故か飛行機も出てきました。ホンダって飛行機の部門にも進出したんだっけ?ただね、指揮者の近くに銀色のトロンボーンが置いてあって「なんでかな」と思ってたら、吹くんですよ、指揮者が。指揮しながら。チャンスのときなんかにね。ただし、片手しか使えないので、B♭の音しか出せないみたいでした。(笑)本当は自分でも吹きたかったんだろうなー。でもここの「全開ホンダ」は鈴鹿市の「全開ホンダ」とは全く違います。いや、同じ「全開ホンダ」なんですが、あの鈴鹿のノリと全く違うんですね。うう、わたしは鈴鹿のノリの方が好きです。なんか「全開ホンダ」のようで「全開ホンダ」のようじゃないような感じ。狭山市の応援曲の中では「ダイナマイトHONDA」が気に入ってます。「ライトニングHONDA」には歌詞があるようなんだけど、内野席からでは聴き取れませんでした。あと、岡崎市と狭山市が同じ「フレンジャー」という曲をやっていたんですけど、これもなんかの流行の曲なんでしょうかねえ?ただし、他のチームではやってなかったような。

岡崎市の応援の中ではわたしは「キューティーハニー」が一番好きなんですけど、4回の1回しか流れませんでした。(涙)だって打線が。。ここの応援は、コールがとても変わっているのです。もちろん「狙い撃ち」もあるんですが、それは「CHANCE」という曲名になってました。そのコールなんか「ぶちかませー○○、岡崎 Go Go Go」ですよ。「ぶちかませー」はすごいと思います、毎回聴きながらそう思います。チアは自前なんでしょうか。気合い入ってました。(笑)

第3試合から、準々決勝になります。本来なら、準々決勝は1日4試合行われていたんですが、そうすると朝8時半から夜の12時頃まで試合を観なければならなくなってしまうので、2、3年前から準々決勝は1日4試合を止め、最初の1試合だけ前日に行っています。

準々決勝だったからか、土曜日だったからか、東京都の動員は今日もものすごかったです。1回戦と同じく、外野の一角に「JR」の人文字も作っていました。(白地に緑でJR)あれって双眼鏡でよく見てみれば、シャツだけでなく、帽子まで被らされているのですね。しかも、東京都攻撃中は、それぞれの色の風呂敷みたいな布をヒラヒラさせてました。「JR」の文字が浮いて見えました。

試合は、東京都の石川選手の先頭打者ホームランから始まりました。石川選手、2回戦で決勝ホームランを打って、ヒーローインタビューに出た選手です。今、ノリノリなんだろうなぁ。あとは浜松市の選手は東京都の斎藤貴投手に完全に抑えられてましたね。特にクリーンアップが。東京都の堀井監督は元三菱自動車岡崎の監督でした。ということは、ヤマハとも何度も戦っているというわけで。。選手のデ-タをよく知っていたのかも知れません。

一方、なかなか斉藤投手を打ち崩せなかった浜松市ですが、6回に久々にチャンスを作ります。1アウト1、3塁でした。ここで次の打者は前にタイムリーヒットを打った、松田選手。堀井監督はすかさずマウンドへ。一体、何を話していたのでしょうか。結果は浜松市としては最悪のゲッツー。結局点は入りませんでした。おそらくここで、1点でも返しておけば、波が浜松市の方に来たのではないかと思います。そして、次の7回の東京都の攻撃をせっかく3人でさくっと済ませたんだから、裏の攻撃はもっと粘るべきでした。といっても、完全に抑えられていた1番から3番だったんですが。。淡泊すぎました。ここで少しでも粘っていれば。。波は一気に浜松市の方に来たかも知れません。そこをきちんと抑えた斉藤投手、よかったと思います。球が絞り込めてなかったのかな。コントロールは非常によかったです。そして9回にノーアウトでヒットを打たれると、堀井監督はすかさず2番手森福へ。森福は補強選手ですが、この大会で抑えに使われています。で、結局浜松市は最後まで波を引き寄せることができず。。バントも失敗し、最後は空振り三振でゲームセット。うーん、惜しかったというかなんというか。

今回のヒーローインタビューはこの斉藤投手だったんですが、2回戦の石川選手のときのように「最高でーす」のみ。インタビュアーが機転を利かせて「あなたのの名前は?」と聞いたときのみ「斎藤でーす」で、これも大爆笑。ここのチーム、雰囲気がよくなっているみたいです。若い人が多いのかな。もしかしたら、もしかすると、です。

応援の方は、最後まで分からなかった浜松市の応援曲の名前が分かりました。「突撃」という名前でした。でも、あの「突撃」ではありません。どこかで聴いたことがあるメロディーなんだけど。。

というわけで、好きな応援のチームだった浜松市が負けちゃいました。でも、この夏3回も浜松市の応援が聞けたんだから、よしとするか。

今日の試合。3試合とも準々決勝の試合です。

第1試合:横須賀市(日産自動車)-千葉市(JFE東日本)
第2試合:川崎市(三菱ふそう川崎)-さいたま市(日本通運)
第3試合:にかほ市(TDK)-狭山市(ホンダ)

千葉市の応援を最初から聴くのは、今回初めてかも。もちろん、やっている曲はほとんど知っているはずですが。横須賀市の久保采配が見どころです。横須賀市の試合は観ていて本当に勉強になります。応援的には第2試合は最悪ですが(笑)、まぁ、これはどっちが勝ってもいいです。多分、途中で眠くなるでしょう。戦略的にもよく分からない両チームだし。第3試合はにかほ市を応援したいところですが、狭山市も強いですからねえ。。それに両方とも応援は好きだし。困っちゃうな。

昨日の晩はにかほ市の「Battle X」が頭の中をぐるぐるしてました。(笑)
さて、1日3試合もついに今日のみ。頑張って行ってくるぞー!
07:34 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-04 Mon , 2006
11日目(準決勝)
昨日の結果。

第1試合:横須賀市(日産自動車)12-2 千葉市(JFE東日本) (7回コールド)
第2試合:川崎市(三菱ふそう川崎)7-8x さいたま市(日本通運)
第3試合:にかほ市(TDK)5-2 狭山市(ホンダ)

いやあ、野球は本当に面白いです。第3試合を観て、本当に感動しました。まさか、にかほ市が狭山市に勝つとは思わなかった。わたしは、1回戦の狭山市の試合を観ていなくて、どんな試合なのか分かりませんでしたが、初出場の京田辺市(ニチダイ)に11-1でコールド勝ちしてるんですよね。しかも、投げたのはあの筑川投手です。

高校野球ファンなら覚えていらっしゃるかも知れませんが、6年くらい前のセンバツで東海大相模のエースとして投げ、優勝しました。大学時代はひじを故障してほとんど投げていなかったそうです。また、卒業後に声を掛けてくれたのがホンダだけだった、と「都市対抗ガイドブック」に載っていました。

この試合も筑川投手が先発でした。2回戦では出てこなかったので「おお、もしかして初登板?」と思ったんですが、違っていたんですね。地区予選も筑川投手が主体で勝ち進んだそうです。もうそれだけ投げられる投手になっていたんですね。

で、この3回戦、準々決勝でエースとして出てきたのでした。ただ、1回投げたマウンドなのに、昨日は全くコントロールが定まらず、先頭打者こそ打ち取ったものの、そこから四球連発。そこでにかほ市の4番にまず打たれ、1点先制されます。その後も2アウトまでいったのですが、またもや6番打者に打たれ、結局この回2失点。これでにかほ市はおそらく気を引き締めたのでしょう。とにかく、打者の粘りが素晴らしかった。ボール球には決して手を出さない、怪しい球はカットしてファールにさせる。1人当たり、10球は投げてさせていたと思います。にかほ市の監督の筑川攻略は「徹底的に投げさせる」ことだったんでしょう。そして、3回にまた四球から出塁します。そしてまたタイムリーヒット。筑川投手は降板した3回2死までに、70球も投げました。

ここまで徹底した粘りは賞賛に値します。2番手の投手、吉原投手からも1点をもぎ取り、マウンドから降ろします。よかったのは、四球がらみで出た選手からチャンスを作り、少なくとも1点入れたことにあると思います。これが何回もチャンスを作りながら点が入らないと、前に仙台市(JR東日本東北)のときに書いたみたいに、チャンスが相手の方にいってしまうのです。にかほ市は1回に2点入れ、3回に1点、6回に1点と着々と点を入れていきました。

一方の狭山市ですが、1回戦コールド勝ち、2回戦も勝ったことによって「これは打てる」と思ったのかも知れません。補強選手も働いていたし。しかし、昨日は全体的に早打ちが目立ちました。にかほ市の投手がエースの野田投手でなかったからかも知れません。しかし、先発の田口投手が頑張りました。決して球は速くないのですが、カーブ、スライダーをホームベースいっぱい、ぎりぎりのところに入れてました。気合いが入っていました。ただ、本当に狭山市は早く打ちすぎ。おそらく「こんなピッチャー、いつかは打てるに決まっている」と思っていたのでしょう。確かに打たれるのです。しかし、それが点に結びつかなかったのです。(このことは、昨日の日記にも書いてあるので、彼は打たせても点を取られないタイプの投手かも知れません)チャンスを自分のものにすることができず、試合の流れは危なげながらも、にかほ市にありました。結局、田口投手は8回2死まで投げました。113球の力投でした。

で、その後ついに来たーーー!の関投手。この選手、実はにかほ市の補強選手なのです。「岩手21赤べこ軍団」というクラブチームが最近できたのですが、チームメイトのほとんどが日米のプロ出身者が集まった異色のチームだそうで、予選でもにかほ市は1回、このチームに負けたそうです。(で、敗者復活戦に回った)関投手はそこからの補強選手で「いつ投げるのかな」と思ってました。8回2アウト1、2塁のピンチ。投球練習を観ていると、かなり力が入っているようで、球筋がバラバラで、大丈夫かなと思ったのですが、なんと狭山市の代打の切り札、小板選手を3球で空振り三振に打ち取り、ピンチをしのぎました。というか、どっちかというと、心理的には狭山市の方が焦っていたんだと思います。塁に出て再三チャンスを作るものの、点には結びつかない。「いつかは打てるさ」と思っていたのが、だんだん回が進むにつれて「やばい」になってきたんだと思います。

そして9回。先頭打者のピンチヒッター、狭山市の開田選手が初球で打ってくれて、ライトフライ。これはにかほ市にとって助かりました。しかし、次の打者をストレートの四球で出塁させてしまうのです。わたしが観ていても「絶対に力が入って球がうまくコントロールできていないな」と感じましたから。でも、このときのにかほ市の監督の動きはすごかった。なんと、ここでエース野田投手に代えるのです。もう完全に野田投手にすべてを託した、という感じでしょう。

TDKといえば、野田投手、野田投手といえばTDKなのです、このチームは。(弱小チームにありがちですが)野田投手が打たれたら負けなのです。だから1回戦も2回戦も彼が先発しました。ただ、一昨日も彼は投げたので、今日はさすがに先発はしなかったのでしょうが。。

野田投手は落ち着いていました。さすが10年連続で表彰されただけあります。結局2者連続からぶり三振を打ち取り、見事に勝利し、4強に進みました。

狭山市の3番手、坂本投手もよく投げたのですが。。彼は右のアンダースローで、徹底的に右打者の外角を攻めます。持ち玉はスライダー、カーブ、もしかしたらフォークも持っているかも知れません。で、簡単に2ストライクまで取るんですが、その後の球の外し方が、もう、明らかにボール球なのです。投げた瞬間に分かります。まぁ、リードする方も単調ってことかも知れませんが。それでせっかく2ストライクまで追い込むのに、臭い球は全部カットされ、結局は四球、ということになってしまうのです。最初の2球はすばらしいのですから、ちょっとリードの仕方を変えて、決め球に持ってくる、とかすればいいのかも知れません。

とにかくわたしにとって、この試合は1球1球が本当に宝物のように感じられました。野球って素晴らしいと思いました。

昨日も書きましたが、にかほ市は、初戦を突破したチームで4強まで進んだ、倉敷市(当時、三菱自動車水島)を彷彿とさせました。これで今年の小野賞もこのチームが確実と思われます。小野賞とは、特別賞で、素晴らしい活躍をした選手、監督、チームに与えられるものなのです。'99年の倉敷市もチームでこの賞を取りました。

今はおそらく、一戦一戦、成長していると思います。選手も集中力が付いてきたと思います。ただ、このチーム、一発が出ないチームなんですよね。そういう選手がいないのです。つなげて点を取るチームなのです。これが準決勝や決勝のときに通用するか、それが問題だと思います。4強にもなると、本当に強いチームしか勝ち残っていません。きっと、明日は野田投手が先発でしょう。一昨日、少し疲れがあったように見えた野田投手がどこまで踏ん張れるかが鍵だと思います。

応援的にはまた好きな「Battle X」が聞けるので、非常に楽しみ。あと1曲だけ分からない曲名があるんだけど、あれはなんなんだろうなぁ~。にかほ市の応援団長さん、曲名をはっきり見せてくれないのですよ、こちらまで。(笑)しかも、曲名を書いた紙がおそらくA4だと思われ。。かなり見にくい状態なのです。ランナーが出ると曲が変わるのですが、そのタイミングが難しくて。。スコアを付けながら「いつ変えるんだろう」と気が気じゃありません。

あと、第1試合の横須賀市の試合で銀色のトロンボーンを吹いていた人がいたんですが、第3試合もまた、同じ銀色のトロンボーンを吹いている人がいました。おそらく、ここの応援は慶應系なんでしょうね。もし、横須賀市とにかほ市が決勝で戦ったら、一体、どうなってしまうのでしょう?(笑)

第1試合は、あれあれという間に横須賀市が大量得点してしまいました。従って、久保采配は見られず。(涙)
しかし、横須賀市、本当に強いです。まさか千葉市をこんなにしてしまうとは思わなかった。。そういえば、ここは2回戦の「豊田市」でもコールド寸前までいってます。7回に1点入ったら、コールド勝ちのはずでした。普段はどうか知りませんが、ここまで打つチームだとは思わなかった。。

今残った4強の中で、多分、このチームが一番強いとわたしは思います。なにしろ、ここぞというときの集中力が違います。ま、もともといい選手揃えてるんだけどね、このチーム。

千葉市の応援は相変わらずで「川崎製鉄千葉」時代とほとんど変わりませんでした。新しい曲にはまだ名前がないようです。白いタオルをぐるぐる回す応援で、昨日も何回かやってたんですが、やる前にボードを出してはいませんでした。ボードはおそらく、川崎製鉄千葉時代のものだと思います。結構もうボロボロだったから。。チャンスになると流れる「JFEコール」の音楽は、実は「ポパイ」です。普通の「ポパイ」だと「またかよー」って感じなんですけど、ここのはあまり「ポパイ」って感じがしないなぁ。。「川鉄コール」のときからそうだったけど。そういえば、2点入ったときの得点曲チェックするの忘れたー。前の大垣市戦では、客の人数が多すぎて、あんまりよく聞こえなかったから、次にしようと思ってたのに。。きっと今までと同じだとは思うんだけど。。あの踊りを見ている限りでは。

第2試合は、川崎市が2回に根岸選手の1発が出て先制しますが、その裏、さいたま市が3ランホームランなどで4点取り、逆転します。わたしは内心、川崎市は「一発しか出ないチーム」だと思っていました。その前の試合も5得点のうち4得点がソロホームランだったし。でも4失点もしながらも、監督は出てきさえしなかったのですね。普通、4失点もすれば、一応、投手をなだめに監督は出てきます。「ふうん、川崎市ってこういうチームなんだ」と思っていたら。。

なんと、次の3回表にランナーを溜めて、そこから走者一掃の2塁打、3得点。さいたま市に追いついてしまうのです。「今までとは戦い方が違う」わたしは思いました。まぁ、出塁するのはさいたま市の投手が散々四球を出したあげくなんですけどね。でも、そのチャンスを絶対に生かす打撃は本当にすごいと思いました。やっぱ「打つチーム」なんだなぁと思いました。

川崎市の先発は、佐藤大で、このチームのエースなのですが、2回戦は1回休んで、2試合ぶりの登板です。1回戦のときの佐藤大は、さすがにここのエースだな、と思われる投球をしましたが、昨日はあまり調子がよくなかったようです。なんとさいたま市は追いつかれたその裏、3点入れ、再度川崎市を突き放します。そのとき、なんと監督はピッチャーのところに行かずに直接審判に投手交代を告げるのです。もうびっくりです。こんなチームもあるんだ、と思いました。ここの監督(垣野監督)は「名将」といわれていますが(そりゃ都市対抗で2000年から3回、優勝に導きましたからね)、わたしにとってはあまり「名将」のイメージはないなぁ。わたしの好きな日産の久保監督は「闘将」と言われていますが、あの人こそ「名将」だとわたしは思っています。

で、「2度目はない(もう追いつけない)だろう」と思っていたのですが。。川崎市、なんと4回の表に再度追いついて、7-7の同点にしてしまうのです。これもヒット、四球がらみで満塁にし、そこから右中間を越える大ヒット。いっぺんに3人返しました。強いチームにはそれなりに強くなるのね、このチーム。今までとは戦い方が違いました。ちなみにさいたま市の監督は3回のピンチのときに1度、マウンドに来ています。結局それにもかかわらず、投手は打たれて3点入れられ、投手交代をするんですけどね。

4回終了時点で7-7で、一体、この試合、何点入るんだろうと思っていましたが、そこからは一転して投手戦。投手戦といっても、相変わらずランナーは出てましたが、得点にはならず。特に6回2死からさいたま市は岡田という投手を出してきましたが、この岡田投手の前にはヒットは1本しか打てませんでした。四球はよく出すんですけどねー。さいたま市も同じような状況。ただ、谷村投手が7回1死でヒットを打たれたとき、垣野監督はすかさず3番手、川尻投手に代えます。この川尻投手に代わって、さいたま市にちょぼちょぼとヒットが出てくるんですね。ここは谷村投手を代えさせなかった方がよかったのかもしれません。なんてったって、谷村投手に代えてから、さいたま市は2本しかヒットを打ってなかったんだから。しかも谷村投手は四球なしでした。

9回、表の川崎市の攻撃は2死1、2塁まで行きましたが(これもすべて四球で出塁)、最後はキャッチャーフライで、終了。裏のさいたま市の攻撃は、先頭打者がいきなりライト線に2ベースヒットを打ち、川崎市がピンチを迎えます。そのときですね、垣野監督が出てきたのは。要するに、ここぞ、というときに出てくる監督なのかなぁ。その後、川崎市は2死3塁までにするんですが、結局さいたま市の3番、山崎選手にでっかい左中間のヒットを打たれ、川崎市、サヨナラ負け。これで川崎市の連覇はなくなりました。

しかし、このさいたま市、自分の地区予選である南関東予選の代表戦に負け、関東代表決定戦(南関東、東京、神奈川の代表決定戦に敗れたチームで再度戦う)に回るのですが、そこでようやく勝ち、代表の座を獲得します。しかも、関東地区からの補強は一切なし。本当に自チームの選手だけで戦っているのです。第1代表はトントンと勝ち進んだチームで、都市対抗では案外もろいもので、こうやって苦労して勝ち上がってきたチームが最後まで残ったりするんですよね。しかも第1代表はいい選手を根こそぎ持って行きます。表向き「最強のチーム」なのですが、逆に選手がいすぎで案外1回戦負けするチームが多いです。そこが都市対抗の面白いところです。


さて、今日の試合。準決勝です。

第1試合:東京都(JR東日本)-横須賀市(日産自動車)
第2試合:さいたま市(日本通運)-にかほ市(TDK)

個人的には、今回は横須賀市が勝つと思っていますが。。おそらく、選手達は昨年のリベンジをしようと思っているでしょうから。(横須賀市は去年、川崎市(三菱ふそう川崎)と優勝戦を行い、負けました。)しかも、もともと強いチームに加えて、今、打者の調子が非常にいいのです。そこを東京都のエース、齋藤貴がどう抑えるかが鍵でしょう。東京都自体もチームの雰囲気は非常にいいものと思われます。若いチームだし。。勢いでいけるかどうかですね。

第2試合は、補強なしのさいたま市と、今回初勝利をあげたにかほ市ですが、、にかほ市はおそらく野田投手を出してくるでしょうから、野田投手のでき次第ですね。疲れがちょっと気になります。さいたま市は昨日、エース益田を温存させましたが、昨日はその他の4投手投げさせているし、こっちもやっぱ、益田のでき次第かな。ただ、打力はさいたま市の方が圧倒的にあるので、順当に行けば、さいたま市が勝つでしょう。にかほ市のチームの雰囲気がとても気になるところです。昨日みたいに打者が投手の球をよく見て、攻略できたらいいですが、益田という投手はかなりいい投手です。その投手を打ち崩せるかが問題でしょうね。。

今日は午後2時からの試合なので、それまで家でのんびりして、1時間前にはドームに着いて開門と同時に入る予定です。
都市対抗もあと、残すところ3試合。
11:16 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-05 Tue , 2006
野球の神様っているんだ!(決勝戦)
昨日の結果。(準決勝)

第1試合:東京都(JR東日本)1-6 横須賀市(日産自動車)
第2試合:さいたま市(日本通運)7-8 にかほ市(TDK)

ごめんなさい。昨日の日記ににかほ市は大きいのが打てる選手がいない、なんて書きましたが、大うそでした。潔く、謝ります。

それにしても、第2試合は本当にすごい試合でした。昨日書いた「面白い」なんてもんじゃない!感動です、感動。こんな試合があるから、野球を観るのは止められないんだよなぁ。。

第2試合のにかほ市の先発は読み通り、野田投手、そしてさいたま市の先発も益田投手でした。野田投手の疲れが気になりましたが、案の定、初回に捕まってしまいます。先頭打者にいきなりツーベースヒットを打たれ、その後、犠打で1死3塁。次の打者には四球を出してしまい、1死1、3塁。そしてなんと、さいたま市の4番に3ランホームランを浴びてしまうのです。いきなりの3失点。

一方、にかほ市は益田投手を打ちあぐねていました。益田投手は右のサイドスロー。右打者の外角にうまくボールをコントロールします。にかほ市の打者は、この球の見極めが最初、できていないようでした。しかし、ヒットもそれなりに出て、チャンスには一応なるのですが、肝心の所で抑えられて無得点で終わってしまいます。「やっぱり益田は打ち崩せないか」と思っていたところ、3回に2死から4番打者がいきなりホームラン。3-1とします。「2点差なら、なんとかなるかもしれない」とそのとき思いました。

ところが、その裏にさいたま市にまた、2ランホームランが出ます。5-1です。正直「これを逆転するのは無理だろう」と思いました。ホームランを打たれた後、監督は、ついにエース野田をマウンドから降板させます。この日の野田投手、変化球は決まらないわ、いいところで打たれるわで散々でした。で、次に出してきたのが、昨日書いた「関投手」。例の「岩手21赤べこ軍団」からの補強選手です。彼は代えられた直後はいいピッチングをするのですが、何故かその後ストレートの四球を連発するんですね。結局17球投げただけで、3番手藤田投手に代わります。

ただ、にかほ市の方は、なぜかずっとチャンスは続いていました。あと1本が出ないだけです。それでも相手のエラーがらみで1点取ったり、ノーアウト満塁からゲッツー崩れで1点取ったり、少しずつ点差を縮めていきました。どうやらわたしの見る限り、5回辺りから右打者に対しての外角の球を、積極的に手を出すようになってきたようです。6回が終わって、5-3。そして7回表にドラマは待っていました。

さいたま市の投手が益田投手から岡田投手に変わるのです。これはきっと、5回辺りからなんとなく打たれ始めるのでは、という監督の思いがあったのではないかと思います。岡田投手は予選ではボロボロの成績らしかったのですが、前の川崎市(三菱ふそう川崎)の4番手として6回2死から投げ、四球は出すものの、驚異の川崎打線を抑えています。なので、今回も抑えられると思って監督は起用したのでしょう。

ところが、代わったとたん、内野安打が3つ、続きます。特にノーアウト1、2塁のときは、セオリー通りに送りバントの体勢でした。しかし、転がったところが微妙な位置で、なんと内野安打になってしまうのです。ちなみにさいたま市の監督は、内野安打が2本続いたときに、一度、マウンドに来ています。

にかほ市、ノーアウト満塁でバッターは4番。ここで誰が満塁ホームランが出るなんてこと、思ったでしょう。それが出たのです、満塁ホームランが!!!初球ボールで、2球目でした。ボールは左中間スタンドに入りました。一気に4点入って、7-5、大逆転です。湧きに湧く、にかほ市の応援団。

その後、3番手の藤田投手が頑張ります。4回2死から投げはじめ、5回はヒット2本打たれますが、相手の盗塁失敗でピンチをしのぎます。その後、6、7、8回と打たせて取るピッチング。相手にチャンスを与えません。

そしてにかほ市は8回2死から、代打を起用します。このバッターがなんと、またホームランを打ってしまうのです。ボールはライト方向にふらふらと上がっていき、あれあれという間にスタンドの一番前に落ちたのです。監督の代打起用が大成功。というか、最早、神懸かり的というか。。これで8-5で3点差となります。

8回裏、9回表とそれぞれ何もなく、ついに回は9回裏。さいたま市の攻撃。先頭打者はセンターフライに打ち取られます。しかし、次の打者はライト前ヒット、1死1塁。そして次のバッターを空振り三振で打ち取り、2アウト1塁。「野球は2アウトから」とよく言われます。今回もそうでした。2アウトになったところで四球を出してしまい、2アウト1、2塁。ホームランが出れば、同点です。ここで一回、にかほ市の監督はマウンドに行っています。

ところが、その次の打者にライトのフェンスに当たる2ベースヒットを打たれ、1点入れられ、なおも2死2、3塁の大ピンチ。いやー、一瞬、入ったかと思われました。あと、本当にもう少しだったのです。監督はここで藤田投手をあきらめ、田口投手に代えます。田口投手は、昨日の狭山市戦の先発投手で、8回2死まで113球投げています。でも、信頼できる投手がこの選手しかいなかったのでしょう。右投手の田口投手に対して、さいたま市は耳道選手という左バッターを代打で出します。そして5球目。なんとセンター前タイムリーヒット。3塁走者は生還、そして2塁走者も3塁を回ります。

一方、ボールを取ったセンターは、バックホーム。どんぴしゃのストライクでした。2塁走者は当然のことながら、スライディング。わたしは瞬間的に頭の中で「これはアウトだ!」と思いました。そして、一瞬の静寂の後に、球審が「アウト」のコール。試合終了。劇的な幕切れでした。結局8-7の1点差でにかほ市がさいたま市に勝ちました。

もし、3塁コーチが大事を取って、走者を3塁で止めていたら。試合の流れからして、さいたま市の逆転勝ちも考えられました。ただ、セオリーではもちろん回します。センターからの返球が逸れる確率が高いからです。しかし、結果的にはそうではなかった。野球の神様は、最後の最後までにかほ市の方に付いていたのでした。

しかし、本当にすごい試合でした。こんな試合、滅多に見られるものではありません。おそらく、今季一番の名勝負となるでしょう。目の前で見た、審判のアウトのコール。それと同時にベンチから出てくるにかほ市の選手達。ベース上でぐったりと膝を突いているさいたま市の2塁走者。その光景をわたしはいつまでも忘れることはないでしょう。

はっきりいって、にかほ市がここまで来るとは思いませんでした。わたしが思った以上にこのチーム、乗っています。こんなに勢いづいているなんて、思ってもみなかった。これがトーナメントの怖いところです。

なお、藤田投手は富山国際大出身で、大学時代はドラフト候補でもあったらしいです。しかし、予選でも投げずにいきなり東京ドームのマウンド、しかもピンチで出てきてきちんと抑えられるなんて。この選手、今後は楽しみです。取り敢えず、見たところによると、フォーク、スライダー辺りを持っているみたいです。今日は72球投げましたが、果たして明日は投げるかどうか。。

初勝利したチームが決勝まで行くのは、最近では大津町(ホンダ熊本)があります。このときは藤沢市(いすゞ自動車)に負けて準優勝でしたが。でもこのときはもう既に、いすゞ自動車は廃部が決定していたのです。最後の夏に都市対抗優勝。チームの勢いと選手のモチベーションが、藤沢市の方が上だったのでしょう。

ちなみに都市対抗初出場で初優勝したチームもあります。広島市(三菱重工広島)です。でも、最近は都市対抗に出てくるものの、コールド負けしたり、なんか弱いんだよなあ。今年も1回戦で敗退したし。(ぶつぶつ)

あ、そしてどうしてもにかほ市寄りの書き方になってしまって、さいたま市の方には悪いと思ってます。でもどうしても判官贔屓になってしまって。。

さいたま市も今年は苦しい戦いの連続だったと思います。補強もなしだったし。それが去年の覇者、川崎市(三菱ふそう川崎)に勝って、見事にリベンジを果たしました。もちろん、リベンジを果たすだけじゃなくて、狙いはただ一つ、黒獅子旗獲得だったでしょう。結局は黄獅子旗でしたが、これからも頑張って欲しいと思います。

ちなみに黄獅子旗とは、3位のチームに渡される旗です。県予選1位突破チームには、赤獅子旗が、地区予選1位突破チーム(第1代表)には青獅子旗が授与されます。

そして、第1試合。わたしはてっきり、東京都の先発は齋藤貴かと思ってましたが、小林投手でした。そういえば、1回戦から、齋藤貴、小林と順々に投げていて、この準決勝では小林投手の番だったのですね。横須賀市の方は先発予想は分かりませんでした。投げられる選手がいっぱいいすぎてよくわからない。(笑)

試合はいきなり1回の裏、横須賀市が3点入れました。小林投手は、カーブ、スライダー、フォーク等、多彩な変化球を投げていましたが、横須賀市はそのうちの緩い球に狙いを定めているようでした。先頭打者がヒットで出て、次の打者が送り、3番打者にタイムリーという、申し分ない試合運び。次の打者は空振り三振に仕留めましたが、その次にまたタイムリーヒットが出て2点目。2アウト1、3塁。

ここで、横須賀市の1塁走者が盗塁します。それをみた東京都のキャッチャーが2塁に投げてしまうのです。その間、3塁走者がホームイン。これはいただけません、っていうか、本来、1、3塁のときは1塁走者が盗塁しようと、決して投げてはいけないのです。投げている間に3塁走者がホームに戻ってきてしまうからです。少なくとも、2塁に投げるふりをして投手に投げ、投手から捕手に、また投げ返し、ホームでアウトにしなければなりません。本当はこういう手を食らうのは、野球を知らない弱いチームなのですが。。決して東京都が野球を知らないチームだとは思わないんですが。。こういうときにこういう手を使ってくる横須賀市はさすがです。東京都はいらない1点を相手に与えてしまいました。

一方の東京都、何故かチャンスは作るのに、肝心なところでヒットが出ません。横須賀市の投手のフォークにやられてしまうのです。途中からストレート狙いに変えてきましたが。

そして、横須賀市は4回に2ランが出て、小林投手を引きずり下ろします。2番手は山本投手でしたが、この投手、かなりの強気のピッチングをしてました。緩いカーブ系の球は持っていましたが、ストレート勝負。横須賀市は結局、この山本投手から7回に1点しか取れませんでした。

しかし、横須賀市は、この日、内野のエラーが続出。それにつけこみ、チャンスは作るのに、あと一歩及ばない東京都。ちょっと横須賀市ならぬ試合展開で、少し驚きました。このチームが1試合に3つのエラーをするなんて考えられません。久保監督も相当怒っていることでしょう。

東京都の1点も、パスボールによる1点です。そう、結局、東京都は4本しかヒットを打てなかったんですね。チャンスになったのは、横須賀市のエラーのため。ここでチャンスを生かすことができたら、また違う展開になったでしょう。

結局6-1で横須賀市が勝ちましたが、なんとも後味の悪い試合でした。横須賀市の打線も、後半になるとどんどん打てなくなってくるし。

東京都には、若いノリが出るかな、とちょっと期待していたんですが、逆に相手を見て、萎縮してしまった感じ。もっとのびのびと今までやっていたような試合ができていたら、と思います。

負けた東京都には、黄獅子旗が授与されました。

準決勝なので、東京都はまた大動員をかけてくるかと思いましたが、昨日は内野席のみ。外野も一応入ってはいましたが、動員ではありませんでした。やっぱ、平日だからいくらJRでも人文字作るほどの動員はかけられなかったのかな。

そういえば、試合開始前に始球式が行われました。第1試合に投げたのは、元東芝府中(現在このチームは廃部、東芝と合併しました)、元千葉ロッテマリーンズの初芝選手。懐かしい東芝府中のユニフォームを着て投げました。

第2試合に投げたのは、元三菱重工水島(現倉敷オーシャンズ)、元ヤクルトの松岡弘投手。わたしはもちろん「重工」を名乗っていた頃の三菱自動車水島を知りませんから、ユニフォームを見て「へぇ~」という感じでした。白地のユニフォームに胸に紺色で「MITUBISI」の文字。ヘボン式じゃなかったんですね~(笑)

さて、今日の試合。ついに決勝です。

第1試合:横須賀市(日産自動車)-にかほ市(TDK)

横須賀市は去年に続いての決勝進出です。だから選手も相当気合いが入っていることでしょう。ただ、気になるのは昨日の3エラーと回が進むにつれ、打てなくなっていった打線。それを今日、どこまで修正してくるかが鍵だと思います。おそらく久保監督もそのことはよーく分かっているでしょうから(ヒーローインタビューでも言ってたし)、もう一度気を引き締め治せるかでしょうね。

一方のにかほ市はもう「全員野球」(これ、今年のTDKのスローガン)しかないでしょう。多分、もう野田投手は使えないはず。とすると、田口投手か、昨日いいピッチングをした藤田投手がもう一回投げられるか。そのあとにも何人かの投手が控えています。この、今付いている野球の神様がこの試合でも味方をしてくれるか、本当に楽しみです。

にかほ市の応援もまた、聞けますしね。ちなみに1曲どうしても分からなかった曲は、なんと廃部になった「JT」から譲り受けた曲でした。どっかで聞いたことのある曲だと思ったのよね。確か、JTのときは「タイムリーJT」という曲名でした。TDKでは「タイムリー、アラビアン」の中に入っているらしいです。(「タイムリー、アニマル」と「タイムリー、アラビアン」がある)それから、懸念していた「慶應系」応援が重なってしまいました。一応、応援にも1軍と2軍がいるそうなんですが、今日はどっちがどっちなんだろう?それも興味深かったりして。(笑)

両チーム共に、決勝戦にふさわしい、いい試合をして欲しいと思います。

今日の試合開始時間は18時。開門時間は16時30分です。でも決勝戦ですから、開門の30分前には行きたいところ。決勝戦ですから、両チーム動員をかけてくるだろうし。(というか、にかほ市は「弾丸ツアー」と称して、朝8時からバスツアーを急遽、組んだそうです;2008年6月現在、既にこの記事はありません)



さて、第77回都市対抗野球大会も今日を残すのみ。わたしの夏ももうすぐ終わります。
11:59 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-06 Wed , 2006
わたしの夏が終わりました
昨日の結果(決勝)

第1試合:横須賀市(日産自動車)3-4 にかほ市(TDK)

見事、にかほ市が初優勝しました。

しかし、にかほ市、先発が野田投手だとは思いませんでした。先発メンバーの発表のとき、「先発は野田」と瞬間、「えーーー!?大丈夫なのかよ」と思いました。にかほ市の監督、船木監督は「やっぱりうちのチームのエースは野田だ」と、野田と心中するつもりで決断したんでしょう。ただ、野田投手が打ち込まれても、そこは「全員野球」で継投、継投でつなぐつもりだったんだろうなぁ。

一方の横須賀市の石畝投手が先発でした。石畝投手は準々決勝で千葉市(JFE東日本)を戦で投げました。12-2で7回コールド勝ちをした試合です。石畝投手は予選でも一番多い回数を投げています。

この試合の前に、都市対抗クイズ抽選会が行われました。都市対抗クイズとは、1回戦終了時までに、決勝チームを当てるクイズです。応募総数は約47,000通あったそうですが、正解者はたったの63通だったそうです。そりゃ、誰がにかほ市の決勝進出を予想した人がいたでしょうか。賞は、シダックス賞、ヤマハ賞、日通賞、NTT東日本賞、ホンダ賞、日立賞、松下賞、東芝賞、東京ドーム賞等があり(日産賞がないぞ、ホンダ賞はあるのに(笑))、それぞれのマスコットが正解の中から、葉書を選びました。しかし、秋田県からの正解者が1人もいなかったのには、ちょっと笑えました。誰も自チームが決勝に残るなんてこと、思いもしなかったんでしょうね。逆に長崎の人とか「なんでこの人はにかほ市を選んだの?」って言いたくなるようなケースがいくつもありました。茨城県の人の正解者が結構多かったような。

そのあと、スタメン発表。なんと、両チームの選手が出てきて、一列に並び、監督紹介、マスコット紹介のあと、スタメン発表されました。スタメンで呼ばれた選手は、一歩出て、応援席に向かい、一礼。こんなスタメン発表、初めて観ました。わたしは都市対抗の決勝戦は初めて観るんですが、毎回、こんなことしてるんでしょうか??

そのあとは、応援団によるエール交換。普段は試合開始前の、がちゃがちゃしているうちにエール交換を済ませるのですが、この日は特別。静かな雰囲気の中、エール交換が行われました。それから、国旗掲揚。またですか。というか、大会期間中、国旗なんか全然掲揚してなかったくせに。大会期間中はずっと黒獅子旗が書かれた旗が真ん中に掲げられていたのです。最初と最後だけ取って付けたように、掲げられる国旗。一体何なんでしょ。もちろん、わたしは立ちませんでしたけどね。今回、わたしの周りも結構立たない人がいて、あまり目立たなかったかも。(笑)

そして試合開始前に先立ち、始球式。昨日のように社会人上がりのプロ選手が始球式をするのかと思ってたんですが、なんと1回戦のように、両チームから関係者が出てきての始球式。横須賀市は横須賀市長、にかほ市はTDKの代表取締役会長でした。

やっとセレモニーは終わって、試合開始。

にかほ市はまたもや先攻。というか、おそらく準々決勝以来、ずっと先攻で勝ち進んできたので、たとえ決める権利をもらったとしても、先攻を選択していたと思われます。最初の攻撃で先制点狙いだったのかな。だけど、イメージ的には先に点を入れられて、逆転する、ってパターンが多い気がしたんだけどな。

横須賀市の先発、石畝投手、3回まではヒットも打たせず、完璧なピッチング。持ち玉はストレート、スライダーとフォークだそうですが、わたしが見るに、カーブなんかの緩い球も使ってきたような。打者に対しては内外角を突くピッチング。どっちかというと三振を取るというより打たせて取る投手なのかな。にかほ市の打者は、珍しく早めに手を出し、アウト、という感じでした。きっと、石畝投手のコントロールがよかったので、早めに打たざるをえなかったんでしょう。

一方のにかほ市、野田投手は準々決勝(抑え)、準決勝(先発)と投げていますが、抑えは成功したものの、準決勝では早々に打ち込まれて代えられています。最初の回が一つの山だと思っていました。横須賀市はここ数試合、1回に大量得点をしています。ところが、危なげない立ち上がり。準決勝では球筋がバラバラでコントロールが効かないようでしたが、この日は球は緩かったものの、絶妙なコントロール。いつもの野田のピッチングでした。2回も何事もなく抑え、そして3回を迎えます。3回の先頭打者に2ベースヒットを打たれます。これが横須賀市初ヒット。それから次の打者はセオリー通り送りバント。野田がこれを取り、すぐさま3塁に送球します。ところが、3塁には誰もいなかったのです!タイミングはアウトのタイミングだったのに。。誰もいない3塁に投げられたボールは、点々とファールグラウンドへ。横須賀市は労せずに1点先制しました。その後、にかほ市の監督が野田のところに行き、一息つかせます。その後は結局2アウト3塁まで行きますが、最後は空振り三振に仕留め、この回、最少失点で切り抜けます。

しかし、点を取られた次の4回の表に、先頭打者、小町選手が初球を内野安打します。次の打者は空振り三振しますが、その間に1塁走者は2塁に盗塁。そして3番打者高橋選手も初球をレフト前ヒット。4番打者は当たりはものすごくよかったのですが、セカンドライナー。2アウト1、3塁です。そこで5番高倉選手が初球をレフト前タイムリーヒット。これで1点返して同点にします。ここで横須賀市の監督がピッチャーのところに行っています。ところが6番、岡崎選手にも2球目をライト前にヒットを打たれ、2塁ランナーが生還。なんと、にかほ市、逆転してしまいます。どうも初球、2球で打っていたところをみると、最初からくるいい球を、積極的に打とうとしていたみたいです。ここで一気に逆転したのは大きかったですね。これが今のにかほ市の強さの現れでしょう。

それから横須賀市は4、5回と無得点。どうも野田投手とはタイミングがあわなかったようです。何を狙っているかもよく分からなかったし。というか、実はわたしはもういつ打たれるのかひやひやで、野田投手が投げているときはずっと「お願いだ、抑えてくれー」と心の中で叫んでいたのですね。だから、横須賀市が何を打とうとしているかも全然分からなかった、というのが真相です。(笑)ただ、野田投手はベテランらしく、淡々と投げていました。打たれはするものの、ピンチらしいピンチというのはあまりありませんでした。ところが6回の1アウトから横須賀市の3番バッター、吉浦選手にポコーンとホームランを打たれてしまいます。横須賀市、同点に追いつきました。むむ、さすがに横須賀市。このまますんなりと終わらせるわけはありません。

しかし、同点に追いつかれた次の回、7回の表ににかほ市の先頭打者がまた初球をセンター前に運び、ノーアウトランナー1塁。犠打で2塁に送って1死2塁。にかほ市はここでピンチヒッターを送ってきます。ところがショートフライで2死2塁。ここで何故か、横須賀市の監督が出てきて、横須賀市、投手交代をするのです。2番手は高崎投手。この投手もかなりいい投手です。2回戦に先発で投げ、8回3失点。準決勝、東京都(JR東日本)戦に抑えで出てきて、無安打に抑えています。横須賀市のエース候補です。「この投手を打ち砕くことができるんだろうか」と正直、思いました。高崎投手はフォークボールを多投しました。ところが、球が速く落ちすぎて、捕手が後ろに逸らせてしまったのです。2球目でした。その間、2塁ランナーは3塁へ。そして4球目、また同じことが起こるのです。その間に3塁ランナーはホームイン。なんと、ヒットなしでにかほ市は逆転してしまいました。これは大きかったですね。記録では投手の暴投らしいですが、その球を要求しながら取れなかった捕手の責任は大きいと思います。(だから、わたしはパスボールだと思いました)

2球続けてフォークを止められなかったら、もう、フォークボールは投げられません。そこをつけ狙い、パスボールで追いつかれたあとの1球目を右中間にヒットします。これが大きかった。せっかく2アウトまで取れていたので、ここはすんなり終えて欲しかったです。それを打たれ、2アウト2塁でまたもやピンチ。そして次の打者、2番の高橋選手が初球をライト線に打ち、なんと2塁ランナーが生還。にかほ市はさらに突き放します。この日は本当ににかほ市、初球狙いでした。ここであえなく、高崎投手は交代。たったの6球の投球でした。まさか、送り出した監督も送り出された投手もこんなことになるとは思いもしなかったでしょう。わたしも全然そう思いませんでしたから。3番手は青木投手。この投手は前日の準決勝の先発で7回までに127球を投げ、パスボールによる1点しか与えていません。その後はぴしゃっと2ゴロで打ち取り、この回を終了させました。

7回裏の横須賀市の攻撃。先頭打者村上選手をライト前ヒットで出塁させてしまいます。2点差ですから、セオリー通り、次の打者は送りバント。見事に決め、1死2塁。本当に感心してしまうのですが、このチームはこういうところがきっちりしているのです。1球目2球目でうまく犠打を決められると、1アウトを取っても守る方はピンチの雰囲気になっていきます。しかし、野田投手は落ち着いていました。次の打者を空振り三振で仕留め、2死2塁。ところが次の打者、9番青柳選手にセンター前ヒットを打たれてしまうのですね。結構浅いヒットで、センターはバックホームするのですが、球が逸れ、1点返されます。これが正確に返球されていたら、タイミング的にはアウトでした。センターは昨日、どんぴしゃでバックホームした熊谷選手ではありませんでした。熊谷選手、この日はスタメンで出ていたんですが、途中でピンチヒッターによって代えられていたのです。これで1点差。しかもまた2死2塁のピンチ。しかし、次の打者、四之宮選手を1球でレフトフライに仕留めます。これで7回終了。

8回表、にかほ市はまたまたチャンスを作ります。2死3塁。これで1点が入れば、にかほ市にとってこれほど大きいことはありません。打者は岩井選手。5球目にセンターにライナー級のバッティングをします。「これは落ちる!」と思ったのですが、横須賀市のセンター、野村選手が前に思いっきりつっこんできて、飛び込んで捕球。素晴らしいプレーでした。実は、横須賀市は8回から守備固めで、野村選手に代えられていたのです。監督の采配がぴたりと当たりました。この回、結局にかほ市無失点。そして9回表も無失点。いよいよ9回裏、横須賀市の攻撃を迎えます。

しかし、野田投手はベテランらしく、最後まで淡々と投げました。気負うことなく、いつもと同じ投球を続けました。先頭打者の代打、坂下選手を2ゴロに打ち取り、続く村上選手もレフトフライ。そして最後の打者、伊藤選手もライトフライでゲームセット。最後の最後まで、横須賀市の打者は、野田投手を打ち崩せませんでした。

横須賀市は2回戦、3回戦とも打線が爆発します。2回戦の豊田市(トヨタ自動車)戦では、7回で9点、準々決勝の大垣市(西濃運輸)戦でも7回で12点取り、7回コールド勝ちしています。ただ、準決勝の東京都(JR東日本)戦では、1回に3点取ったものの、その後はなんとなく打線がしぼんでしまった感じがしていました。昨日のわたしのブログでも、その点を心配していました。それが当たってしまったかな、という感じがしています。打線は水物。いつもいつも打てるわけではないのです。ただ、トーナメントで途中まで爆発的に打ちながら、途中でしぼんでしまうというのは珍しいんじゃないでしょうか。

一方、にかほ市はチームの成長が本当に著しかったです。負けていても、絶対に逆転するんだ、という気迫。チャンスをいつも作り続けます。そして大事なところで1発が出たり、本当に信じられないことが起こりました。優勝した今でも、絶対的に強いチームになったとは思いませんが、チームとして成長したのは確かです。

この日、にかほ市のスタンドは内野まではぎっしり、外野も割と入っていました。内野席にもにかほ市を応援する人達がたくさんいました。試合が終わった瞬間、わたしの前に座っていたTDKの社員と思われる人が2人で抱き合って泣いてました。

試合終了後のヒーローインタビューは優勝した船木監督と完投した野田投手でした。野田投手は昨日の先発を、昨日の昼に告げられたと言ってました。そのとき「やべえ」と思ったそうです。確かに、前の試合では打ち込まれているし、それまでに完投した試合が2試合、あとの2試合にも、途中で出てきています。疲れはピークに達していたでしょう。しかし、やっぱりこのチームのエースは野田投手です。

試合終了後、スタンドの上からぶら下げられていたくす玉が割られました。優勝したにかほ市は「優勝おめでとう」と「ご声援ありがとうございました」の2つ。準優勝の横須賀市は「ご声援ありがとうございました」の1つ。

そして、閉会式。
まずは優勝したにかほ市。松田日本野球連盟会長から、賞状を渡されました。それから北村毎日新聞社社長から、念願の黒獅子旗が授与されました。ちなみにこの77回の都市対抗の歴史上、黒獅子旗は初めて東北地区に渡るそうです。そして、日本野球連盟杯、宮原盾、東京都知事賞、パーソン杯、社団法人ユネスコ協会連盟から、賞状と盾が授与されました。

そして準優勝の横須賀市。同じく松田日本野球連盟会長から、賞状が渡されました。それから北村毎日新聞社社長から、白獅子旗を授与されました。

その後、本田記念メダル(要するに金メダル、銀メダルの授与ですね)、優勝したにかほ市チームに、来年の都市対抗終了まで袖に付けられるエンブレムの授与。このエンブレム、21世紀に入って考え出されたものなんですが、初年度と2年度は付けるチームがありませんでした。初年度優勝した浜松市(河合楽器)は都市対抗終了後に突然の廃部。2年度に優勝した藤沢市(いすゞ自動車)はその年限りでの廃部が決定していたからです。わたしたちはひそかに「呪いのエンブレム」と呼んでいたんですが。(笑)黄色地に黒獅子が刺繍されたエンブレムです。ただねー、このエンブレム、補強選手は付けられないのよね。それが可哀想で。せっかく、にかほ市に補強された小町選手や高橋選手(両方とも七十七銀行からの補強)も頑張ってたのになぁ。

メダルの授与と同時ににかほ市には割と大きな水色の熊の人形を、横須賀市には薄紫っぽい人形が手渡されていました。しかし、横須賀市の選手は当然のことながら、全く嬉しそうではなく。。ある選手などはメダルを首にかけてもらってから、すぐにそれを外してしまいました。この選手、去年も同じことをしています。この行為には賛否両論があるんですが。。(「社会人らしくない」とか「もっと大人になれ」とか)わたしにはその悔しい気持ち、よく分かります。欲しいのはこんな色のメダルじゃなかった、こんなの首にかけたくない、そう思ってすぐに外したんだと思います。結局、また注意されたのか、一応また首にかけていましたが。。退場するときはもう首から外してました。

そして、個人賞。最優秀選手賞である「橋戸賞」はもちろん、にかほ市の野田投手。これは文句なしでしょう。そして、準優勝チームから出る最優秀選手賞「久慈賞」は横須賀市の吉浦選手。そして、特別賞で、素晴らしい活躍をした選手、監督、チームに与えられる「小野賞」は当然のことながら、にかほ市チーム。監督が出てきてブロンズ像をもらってました。首位打者賞には4割1分2厘を打った、さいたま市の下窪選手。打撃賞はにかほ市の佐々木選手。この選手は準決勝で満塁ホームランを打った選手です。その他に2本、ホームランを打っています。そして、新人賞である「若獅子賞」にはにかほ市の田口投手。

次に応援団コンクールの最優秀賞の発表。最優秀賞は東京都(JR東日本)応援団、優勝旗とスポニチ額と東京ドーム杯が授与されました。そして優秀賞。千葉市(JFE東日本)応援団。スポニチ額が授与されました。そして敢闘賞。にかほ市(TDK)応援団。東京ドーム杯が授与されました。

しかし、わたしは言いたい。これは応援団コンクールではなく、ただの「動員賞」であると。動員したもの勝ちなのです。選ぶ方は応援にどんなに工夫を凝らしているかとか、曲のすばらしさとか、そういうのは全然考慮しないのです。ただ、動員して一体感のある応援をすれば、それで最優秀賞が取れてしまうのです。そのため、ワンパターンの応援でも全然構いません。選考委員には、是非、応援そのものを評価して欲しい、わたしはそう思います。遠くからでなかなか動員できないチームもあるのですから。そういう意味では、今回のにかほ市の応援団は選手と共に成長しました。曲もまぁ「突撃」はありますが、「Battle 1」「Battle 2」、「Battle 3」、「Battle X」、「タイムリー、アニマル」、「タイムリー、アラビアン」、「GO! GO! TDK!」とオリジナル曲をたくさん持っています。観客は少なかったかもしれませんが、勝ち進むにつれ、観客も一体感を持って応援していくようになった、と聞いています。だから、わたしの中では最優秀賞は、にかほ市(TDK)応援団です。

それから、国旗降納。国旗掲揚のときは、すでに旗は揚がっていたのですが、今回は本当に下がってきていました。もちろん、わたしは立ちませんでしたがね。わたしは主義主張として、国旗掲揚と国旗後納、国歌斉唱時には立たないことにしているのです。もちろん、目立つので、本当はその場所にいたくありません。地区予選のときなどは、それが行われる前にさっさと帰ります。まぁそれは置いといて。

これですべての閉会式が終わりました。選手が退場します。ドームのスコアボードには「また来年東京ドームで会いましょう」の文字が。ああ、なんか終わっちゃったんだなぁ。と思いました。

その後、友達と落ち合い、いろいろ話しながら駅まで。電車に乗ったのはよかったんですが、何故かボーッとしていて、3駅も通り越してしまいました。そのあと、戻ろうとしたんですが、なんと違う方向の電車に乗ってしまい、さらに別の場所に。特に終わって感動して泣きそうとか、終わってしまって感慨に浸っていたということはないつもりだったんですが。。やっぱりどこか、気が抜けてしまっていたんでしょうか。

これでわたしの夏が終わりました。前半は身体が動かずに、観に行くのを断念せざるをえない試合などがありました。が、31試合中20試合を観戦し、大会期間12日のうち、10日間、東京ドームに通いました。これもひとえに大会期間中、行く日はすべて2食分のお弁当を作ってくれた彼女、観に行っている間にテレビの録画を担当してくれた彼女のおかげです。本当に、ありがとう。

しかし、わたしの夏は終わりましたが、まだ秋が残っているのです。そう、11月に京セラドーム大阪で「第33回社会人野球日本選手権」があるのです。もう各地で予選が始まっています。今の状態で、遠征ができるかよく分かりませんが。。それまでになんとかしっかり治しておきたいと思っています。

そして最後の最後。東京ドームで英ちゃん(山本英一郎:元日本野球連盟会長)の姿が見られなかったことに、非常に違和感を感じました。英ちゃん、毎年来てたのになぁ、と何度思ったことか。白髪の人を見ると「英ちゃんじゃないか」と思うほどでした。改めて、ご冥福をお祈りします。

社会人野球、万歳!(これは英ちゃんが日本野球連盟会長として、2年前の都市対抗で挨拶した最後の言葉です)
13:33 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-07 Thu , 2006
携帯が壊れた
わたしの夏が終わっても、感慨に浸ることなく、身体の調子も悪くならず、普通に過ごしています。っていうか、もうがくっと悪くなることはないと思うんだよねー。うーん、終わった直後だからかもしれないけど。。でも、普通、無理してたらすぐに身体に来るような気がするのよね。それがないってことは、もう身体はほとんど順調に治ってる感じがするんだけど。。先生ったら心配しすぎ。まぁ飲んでますよ、アナフラニール。だけどそのせいで身体が保たれているとは思えない。←まだ言ってる

昨日は早速、彼女とお出かけしました。雨の中をね~。っていうか、わたしの携帯がぶっ壊れてしまったのです、都市対抗中に。ちょうどその日は彼女も途中から一緒に観に来る日で、だけど、わたしはどうしても、チームのパンフレットが欲しかったので、彼女に取ってきてもらおうと思って、そのときの外の状況とか、メールでやりとりしてました。おまけに、同じ社会人野球観戦者の友達とも応援について、メールしてて、ついでにmixiにもアクセスして書き込んだりしてたんですね。そうしたら急に携帯がおかしくなってしまって「これ以上メールは受信できません」とか電源が急に切れて、今までもらってた受信メールがすべて消去されたり、ブックマークも消去されたり、なんかめちゃくちゃな状態になってしまって。。

それからも、急に電源が落ちて、待ち受け画面が初期化されたり、受信メールもまた消えたりして、「こりゃ、本格的にまずい」ってことで、都市対抗が終わるまでは我慢してたんだけど、終わったらすぐに携帯屋さんに行こうと思ってて。それで、昨日行ったのですね。

で、早速みてもらったんですが、最初はソフトが最新版じゃないってことで、最新版にアップデートしたら治るかも知れない、って言われて、ダウンロードしてもらったんだけど、やっぱり、治らなくて。で、なんか携帯の中にチップがあって、その中にいろいろな情報が入ってるみたいなんだけど、それが壊れてないか、別の携帯の中に入れてみてみたら、そっちの方は異常ないって言われて「これは本体のハードがやられてますね。まだ保証期間内なので、すぐに交換します」って言われてしまった。

アップデートするのに時間がかかるって言うので、途中で買い物を済ませてきたり、他にやることもあったんだけど、本体の交換にも時間がかかるっていうから「またちょっと出てきます」って言って、ユニクロに行って、札幌のレインボーマーチで着る白いシャツを買いました。あ、札幌のマーチングには、上が白系のもので、下がジーンズ系で揃えようってことになってるのね。で、そのあとスタバに入って彼女とお茶して。。

それからまた携帯屋に行きました。おねーさんから「本体から情報を移し替えるときにまた電源が落ちたので、やっぱり本体がいかれてますね」って言われ、新しい携帯に。(新しいっていっても、もちろん今までの機種と同じよ)おまけにSDカードを勧められて、買ってしまった。。携帯の情報は、自分で管理しておかなきゃならないんだって。わたし、めんどくさいこと嫌い。

で、最後に「普通、あんな使い方をしたら携帯は壊れるものなんですか」って聞いたら「100%とは言えないけど、普通は壊れないです。あれはあの携帯の本体に問題があったんでしょう」って言われたんだけど、なんかまた同じ使い方してたら壊れるんじゃないかと思って怖いよね。って普段、ほとんど携帯なんか使わないから、使うとすれば、野球観戦のときくらいなものなんだけどね。で、お詫びの印か、500円分の通話料が安くなるカードをもらって帰ってきたのでした。

帰ってからは、今までの状態にするのに着メロをまたダウンロードしなおしたり、待ち受け画面を変えたり、ストラップ付けなおしたり、めんどくさいったらありゃしない。PCも使い始めは、前の自分の使ってた状態にするのがとてもめんどくさいんだけど、携帯も同じだったのねー。っていうか、物事がだんだん複雑化していって、便利になるのはいいんだけど、自分にあったカスタマイズするっていうのがとてもめんどくさくなっていってるんだなぁと実感したのでした。

それで、夕飯を家で済ませて、ネットしてたら。。なんとシダックス活動停止のニュースが(2008年6月現在、既にこの記事はありません)。

おい、都市対抗終わってすぐこんな情報出すなよーーー!シダックスだけは大丈夫だと思ってたのに。社会人野球ファンはチームの活動停止、廃止になるごとに悲しみを覚えます。(悲しみだけでなく、絶望感も覚える)もう、何回そんな目に遭ったでしょう。もうそろそろ景気も回復して、そういうチームはなくなるのかと期待していたのに。。非常に残念でなりません。
11:55 | 二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-08 Fri , 2006
ひやひやカミングアウト
なんか、都市対抗が終わってから、毎日雨のような気がする。。これってもう「秋雨」なんですかねえ。季節は確実に夏から秋へって感じなんでしょうか。でも、わたしの経験からすると、9月はまだ「暑い」イメージがあるのにな。

やはりというか、本人の本意じゃなかったのに、なんかやってきたみたいです。「都市対抗燃え尽き症候群」。応援曲は絶えず頭の中で鳴ってます。(やっぱにかほ市の「Battle X」が中心)夕方になると、CATVでプロ野球中継を見ている(というか、付けっぱなしにしている)んですが、応援のトランペットを聞いてると「あれ、これは○○の応援に似てるじゃないか?」とか、つい、思ってしまいます。昨日、「ソフトバンク-日ハム」の試合を隣の自分の部屋から聞いてたんですけど、最後の最後に「西濃運輸」の「ゴーゴー西濃」によく似た曲が。。急いでテレビの前に行ったんですけど、もう流れてなくて。一体、あれはなんだったんだろう。。

しかも応援曲と共に、試合のフラッシュバックが。(「純情きらりの」達彦さんじゃないけど)とともに「あー、もう終わっちゃったんだー」ってなんとなくしんみり。。毎日、あんなに充実してたのにーとか、本当に楽しかったよなあとか、過去を振り返ってばかりいます。こんなんじゃいかんのに。もう、明日には「レインボーマーチ札幌」の「Brass MIX! in RainbowMarch Sapporo 」のための練習があるというのに。。そして、その1週間後には、札幌に向かうというのに。。非常にヤバイ状態です。頭を切り換えなきゃ。

ところで、シダックス廃部の情報を、一昨日、社会人野球の応援の好きな友達にメールで流したら、そこからカミングアウトする羽目になってしまいました。夜遅かったので、カミングアウトのメールを出してから、寝たんだけど、朝になってその返事が来てるかと思ったら、来てない。。(汗)「うわぁー、こりゃ、引かれたかな」と思い、やっぱメールでカミングアウトするべきじゃなかったよなあ、とかもう少し時間をあけてカミングアウトすべきだったかも、とかいろいろ考えました。彼女にも「夜にそういうこと書いたメールは出しちゃダメ」って言われたしね。成り行きとはいえ、わたしも反省しました。

それからは気が気じゃなくて「ああ、これで大事な友達を一人失ったかなぁ」と後悔。一旦、昼まで昼寝しました。で、起きたら、彼から返事のメールが。「気にしませんよ」と書いてあった。ホッ。しかも、彼ももう既にmixiにいるらしい。あと、もう一人わたしがカミングアウトしようとしてた友達もmixiにいるらしい。なんだ、みんなブログに逃げたのかと思いきや、やっぱいるんだねえ。。まぁ、一安心したんだけど、一時はひやひやしました。これからはやっぱり直接会ったときに、相手の顔見てカミングアウトしなくちゃ。

しかし、すぐさま「どこにいるのか教えてー」メールを出したんだけど、それに対しては、なしのつぶて。まぁ、彼は社会人野球とは違う世界のところでmixiやってるみたいだし(彼の趣味は色々あるのです)、もしかしたらmixiで社会人野球のことはやりたくないと思ってるのかもー、とか、いろいろ考えてます。でもこれで、取り敢えずウソをつくことはなくなったし、その点は気が楽になったかな。

テーマ:カミングアウト - ジャンル:日記

11:26 | カミングアウト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-09 Sat , 2006
きゃーーー!!!(喜)
そういえばさ、こないだ皇室に41年ぶりに子供が生まれたらしくて、世間では大騒ぎしてるけど、みんな「次の次の天皇」のこと、考えてるのかな?こないだ生まれた彼は「皇位継承第3位」であって、「第2位」の人が次の次の天皇になるってことを忘れてるんじゃないだろうか。。要するに、秋篠宮が皇太子の後の天皇になるってこと。彼は自分が今さら自分が天皇になるとは思ってもみなかっただろうなぁ~。今まで、天皇家の次男として、のびのび育ってきて、分家として独立して一生このまま、って思ってただろうに。。彼女の言うには「子供ができたって分かった時点でもう覚悟してたと思うよ」っていうけど、最初から「次の天皇」として教育されて育ってきた今の皇太子とは、やっぱ意識が違うと思うんだよね。だから、多分、秋篠宮も自分の子供の成長と共に、自分が天皇になることを意識しなきゃならないのは、緊張するだろうし、ちょっと可哀想に思ったりして。。ただ、今の皇太子と歳があまり離れてないので、先に死ぬ可能性とか、もし天皇になっても少しの間だろうけどね。でも、歳食って天皇になるのって、さらにきつくない?

ま、それは置いといて。

昨日は午後から一日中、興奮してました。
あのね、都市対抗の期間中、毎日新聞のサイトをずっと見てたんだけど、応援してたチームが負けちゃってね。その関連の記事を読んでたら、そこの野球部にHPがあることを発見して、見に行ったんだ。

あ、一応断っておくけど、わたしは特定のチームは応援していません。野球を公正な目で見るために、わざとそうしてるの。そうでないと、試合自体が楽しめないから。ただね、応援が好きなチームとか、そういうところには応援聴きたさに「勝って欲しいな」とは思うけど、プロみたいに「○○球団を応援しています」ってことはしないの。ただね、それは地区大会までの話で、本大会では、その地区からの代表チームを思いっきり応援します。まぁこのブログを読んでれば、わたしがどこの地区の応援をしてるかすぐに分かると思うけど。。

で、そこの野球部のHP見てたら、後援会員のことが書いてあって、後援会員が3種類あることを知ったの。個人会員2種類と、法人会員。で、個人会員のところをみたら、1番目はその会社の人と、関連会社の人が対象みたいで、全然関係のないわたしは該当しない。で、2番目の個人会員のところをみたら、その会社の退職者なんかと同時に「上記のいずれも該当しないもので、特に後援会長の認めるもの」って文字を発見して。。「これは、わたしも該当するってことじゃん!」って思い、すぐに手紙を出しました。

でね、担当者がちょっと気になる名字の人で。。というのは、わたし、実はこのチームの同じ名字の選手(投手だったんだけど)が特に好きだったのです。いくら「特定のチームは応援しない、客観的に見たい」と思っても、やっぱり好きなタイプの選手は好きになるもので。。(あ、言っとくけど顔とかじゃないよ。野球のプレーの仕方とか、そういうのだよ)その選手はそのチームの大黒柱で、エースだった。ここぞ、というときに速球で相手の内角を突いたり、スライダーでど真ん中に投げたり。ホント、その精神力が見事で、ものすごく好きだった。

30歳越えても140キロ超の球を投げてたし、そのチームの投手陣は彼で持っているようなものだった。ただ、そのチームのエースだったので、試合の最後にピンチを迎えたときに、抑えに出されたりして。。抑えきれずに打たれてサヨナラ負け、って場面も何度も見た。これがエースの宿命なのかな、ってちょっと彼を可哀想に感じたりした。というわけで、わたしにとって彼は「ヒーロー」だったわけで。本当に好きな投手だった。そういう彼も最後の方は出ては打たれまくりで。。もう4年くらい前に上がったのかな。(上がる=引退するということです)

で、実は一度、現役時代の彼からメールが来てね。あ、わたしはその当時、社会人野球に対するHPをやってたから(今はもう閉鎖)、それでメールが来たんだけど、そのときの喜びようったらなかった。今でも大切にメールを取ってあるはず。って恥ずかしいから読み返さないけどさ。だから、何を書いてくれたかも思い出せないけどさ。

手紙を書くときにまず「△△の管理人でした」と書いて、「どうぞ後援会長さんに認めて欲しい」と書きました。で、その人がもし、わたしの大好きだった投手だったら、と思い「もし○○さんが○○投手だったら、もうお気づきだったでしょうが、わたしはとても○○投手のことが大好きでした」って書いて。で、投函しました。

そしたら、昨日、そこから封書が来て。会員申込書と一緒に、名刺が入っていた。そう、やっぱり、担当は彼だったのだ!名刺に付箋が付いていて「何かあったら、名刺のアドレスにメール下さい」って書いてあった!!もう、超感激。だって、彼はわたしの「ヒーロー」だったんだもん。彼以上の投手はまだ現れてない。もう、それを見て興奮しまくり。昨日は一日中「でへへへへー」って笑っていた。

会員申込書を書くのにも、緊張しまくってね。震える手で書いた。それで一筆箋も入れておいた。「申込書、どうもありがとうございました。県予選は行くのは無理だけど、地区予選は行こうと思っています」って書いて。

会員になれば、会報とか、いろんな情報が送ってくる。とともに、激励会や祝勝会にも行くことができる。だけどね、きっと激励会や祝勝会には行かない。わたしは選手個人と仲がよくなることがいやなのだ。知り合いにもなりたくない。野球をしているとき以外の彼らには興味がない。ただ、彼らのプレーを見て、何かを感じたい、というのがわたしの野球観戦のスタンス。だから、わたしの「ヒーロー」である彼も、もう既に投げている場面は一生見られないわけで。。そういう意味では彼ももう興味に範囲外。だから、メールも出すことはないだろう。ひねくれているようだが、野球そのものに興味のあるわたしには、選手のプレーには興味があっても、選手と知り合いになりたいとか、そういう思いは全くないのだ。それを今までずっと貫き通してきた。もちろん、向こうから来る分には、拒みはしなかったけど。(球場で、いつも同じ位置から観戦しているために、分かっちゃうらしい)

でも、昨日は本当に嬉しかった。連絡することはないだろうにしても、名刺はもらったし。この名刺はわたしの宝物。そして名刺に付いている付箋も、もちろん宝物。これからはずっと大切に保管させてもらうだろう。

多分、彼はいつかは自チームの監督になるとわたしは踏んでいる。彼がどのような采配をするか、わたしは今からそれを非常に楽しみにしている。
11:30 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-10 Sun , 2006
「Brass MIX!」練習再開&壮行会(?)
なんか最近、夜遅くまで起きるクセが付いてしまって、その分、朝も起きるのが遅くなってます。前は「純情きらり」は生放送で見ていたのに、今はもっぱら録画で見てるし。。←わざわざ録画してる(汗)

さて、昨日は久々「Brass MIX!」の練習日でした。わたし、直前までまだ「都市対抗モード」で。。昼からの練習だっていうのに、ボケボケしていて、結局遅刻してしまいました。久々に楽器を組み立てて、音出し。吹くのは3週間ぶりくらいだったかな。都市対抗の前の自分の楽団の練習に1度、行ったから。だから、音が出るかちょっと心配だったんだけど、まぁ、こんなもんでしょ、って感じ?

で、1時40分から合奏。曲は「ブラジル」から。なんかそのときもまだなんかボーとしてて、次の「pop star」なんか「えーん、鈴鹿の応援で聞いたよう」なんて思っちゃって。。完全に「都市対抗モード」から抜け出してませんでした。ところが「ディズニー・ファンティリュージョン」をやった途端、なんか戻ってきたのです。「そういえば、この曲をパレードで吹いたんだ」って。それからは元に戻りました。マイミクのゆーじるさんから「ronさん、音、大きくなったね」って誉められちゃった。「えー、別に何もしてないのにー。やっぱパレードであんだけ吹いたからかなぁ」って言ってたんだけどね。確かに、自分でもそうは思ってたんだけどね。ただ、時折B♭から下の音がスカスカになるので、そこをなんとかしなきゃ。

昨日は「パレードのとき、沿道で見て感動して、わざわざインターネットで探し出して実行委員会経由でBrass MIX!責任者に連絡をしてきた一般の人」が「練習風景が見たい」っていうことで、見学に来ました。ノンケの人なんですが、なんかすごく行動力あるなぁって思いました。わたしが唯一の女性ってことで、挨拶にも見えました。「うまいですねー」って言われたから「いやあ、これでもブランク20年あるんですよ。高校の時以来だし」って言ったら「え?ブランク20年?」って言われたので「そう。わたしは今、38歳なんだよ」って言ったら「若い」と感動されてしまった。ええ、わたし「Brass MIX!」の中では相当高齢の方です。っていうか、わたしより年下、いないんじゃないのぉ~???

練習後、壮行会。(っていうか、結局これがやりたかったのだと思われる、昨日の練習(汗))ノンケの見学者の方も誘ったら参加されました。で、例によって酒が入ってくると皆さん、めちゃくちゃに。。あのー、ここ、普通の居酒屋なんですけど(汗)(といっても「うおや一丁」だったんだけどね)ノンケの人、よく引かないなぁと思いつつ、ひやひやして見てました。そしてそして、突然「ronさんってタチ?」って某キス魔ゆうじさんから聞かれ。。あー、ずっと気になってたんだろうなと思いつつ「リバです」と答えました。(汗)だけどね、ここ2年半、セックスレスなのよね、うつ病だから何故かやる気が起こらなくて。。ま、そこまでは言わなかったけどね!ノンケさんには「へ?リバ?」と言われたので、みんなで説明をする始末。そうそう、この世界には特有の言葉があるんだよなぁって実感。

お勘定のとき「一人2600円」って言われたから、払おうとしたら、わたしの隣のToku爺さんが(と言っても彼はわたしより1つ年齢が下よ!)「2600円?24と同じ値段だー」って言ったので、そっかーと思って思わず笑っちゃったら「ronさん、なんで24の値段知ってるのぉ?」って言われてしまった。別に値段は知らないけど、24は有名だから知ってるのよ!ってことで、モスラナルシス姐さん、24の値段は2600円だそうですから。ちゃんと情報を仕入れてきましたよ!

その後、まだ8時半だったんで、2次会どうしようかなーと思ったんだけど、みんなのこの調子じゃ、さらにめちゃくちゃになることが分かってたので、1次会で切り上げ。ノンケの人と一緒に駅まで向かいました。「大丈夫?引いてない?」って聞いたら「面白かった」って。この子、素質のある子だわ。(爆)

で、その人もmixiにいるっていうんで、じゃあ、コミュニティ検索してうちのコミュに入ればいいよ。って教えてあげました。うまく探し当てられただろうか。。「来年、一緒にパレードできるといいね」って言って、別れました。

あー、ちょっと頭が「Brass MIX!」モードになったかな、って感じの日でした。札幌まであと1週間だもんね。来週の今頃は多分、吹いてるんだよ。今回は全部暗譜していこうと思ってるんだけど「pop star」だけがどうも暗譜できない。。いい方法はないかしら?
14:36 | Brass MIX!のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-11 Mon , 2006
眠い。。
なんか、久しぶりのこの題名。昔はこればっかりだったのになぁ。。(笑)

都市対抗も終わり「Brass MIX!」の練習も一応終わって、ホッとしたのか、昨日は一日中、眠くて。。一応、10時半頃に起きたんだけど、朝ご飯を食べた後はまた寝たのかな。でも結局「今日の分のブログ書かなきゃ。。。」ってことで、無理に起きて、書いてアップしました。

そしたらその後、某マイミクさんの日記で「うなぎ」の話が出てきて。。わたし、一昨日の壮行会で初めて「うなぎ」って言葉を知った(正確に言うと、そういう言葉があるっていうことと、その意味ですね)ので、おもしろがって参加しちゃいました。いや、その方の日記は、本当は最初、全然違う話だったんですけどね。そっちの方に話持っていっちゃってすいません、某マイミクさん。(ごめんなさい、「うなぎ」もゲイ用語(?)です。分からなかったらぐぐってください。ってぐぐって出てくるのか知らないけど。。とにかく、わたしの口からは言えません(爆))そうしたら、眠りそびれてしまって。。

で、彼女が夕ご飯を作り始めるときに「眠い(-o-)」って言って、ベッドに入って。。「できたよ」って言われても、眠くて眠くて。食べ始めても眠かったので、半分くらいしか食べてないのに「もうダメ、ちょっと寝る」って言って、9時頃までベッドに入ってました。

結局、寝ても眠いので「こりゃ、早く寝ちゃおう」と思って、それから寝る用意をしました。寝る用意ができたのは、11時ちょっと前くらいかなぁ。わたしにしては、ずいぶん早い時間で「眠れるかなぁ」と思ったんですけど、結局、今日、起きたのは11時過ぎでした。要するに12時間寝てたわけで。こんなの久々です。やっぱり身体は疲れてたのかなぁ。

でも、本人としてはなんかずっと眠りが浅くて、常に意識がある感覚でした。「やっぱ、眠れないのかなぁ」って感じで。だけど、後でベッドに入ってきた彼女がいつ来たかとか、全然覚えてないし、彼女の話によると、今日の夜中3時過ぎに雷雨があったとか?それで結構彼女はバタバタと部屋を出入りしてたらしいんですが、全然気がつかず。どうやらぐっすり眠っていたようです。そういえば、夜中にトイレに一度も起きなかったし(前は必ず1度は起きていた)、眠りも正常に近づいているような気がしました。

ってわけで、今週、札幌に行くまでは、身体を充分に休めたいと思ってます。その前にまた診察もあるしね。(って、向こうもこっちも激怒したまま、こないだの診察が終わったので、向こうはともかく、こっちの気持ちの切り替えが。。またけんか腰で話しちゃいそうです。。(汗))
12:09 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-12 Tue , 2006
眠い。。(リベンジ)
昨日は「うなぎ」の3文字に、モスラナルシス姐さんにガソリンかけられてライターで火を付けられ、炎上しちゃったので、もう禁句。(-o-)ぷんすか
今日は同じ題名でリベンジだー!

ってか、昨日「おじゃる丸」の原案者(原案者って何?原作者ならわかるけど)の方が飛び降り自殺されて亡くなってしまった。大ショック。わたしねー、うつがひどくて実家に戻ってるときに、毎日「ピタゴラスイッチ」と「夕方クインテット」とセットで「おじゃる丸」を見てたんだぁ。わたしの携帯のストラップは「おじゃる」だし。

なんだか「仕事ができない」って遺書を残して飛び降りたらしいけど、うつ病だったんだろうなぁ。早めに医者にかかっておけば、こういうこともなかったと思うのに。。家族と一緒に暮らしていたんだろうか。それとも一人暮らしだったのかなぁ。病院に行こうとは思わなかったんだろうか。「心療内科」とか「精神科」にかかるのって最初は勇気がいるからなぁ。わたしは2度目だったから「あっ」と思ってすぐに(でもないけど)病院にいったけど、自殺するまで我慢してたなんて、つらすぎるよ。

あと、これにつられてうつ病の人が自殺しなければいいんだけど。。有名人が自殺した後って必ず自殺者が増えるっていうから。。実際、わたしも最初に自殺企図を起こしたとき、有名な脚本家の「野沢尚」って人が自殺した直後で。新聞記事を読んでたらね、なんかうらやましくなっちゃって。。最初に「処方された薬を全部一気に飲んだら死ねるかな」って思ったの。でも、もう半分以上飲んだ後だったんで、これじゃ死ねないな、と思って、それで飛び降りようとしたり、包丁持ち出したりしたんだよね。(彼女がそのとき、ちょうどいたので(そのときはまだ遠距離恋愛中でした)、取っ組み合いのプロレスごっこみたいになって、その後無理矢理病院に連れて行かれた。そしたらその病院から「もう面倒見切れない」って言われて放り出された)

だから、今回もすごく心配。なんかねー、自殺に成功した人に憧れちゃうのよね。で、自分も死ねる気になっちゃうんだよね。その気持ち、痛いほどよく分かる。。だけど、やっぱり死んじゃダメだよ。病気がその人をそうさせてるんだから。死ぬことはその人の本望じゃないんだから。

また長い前振りになってしまった。
えー、昨日もよく寝てました。昼寝ばっちり。夕飯前にも寝てました。おかげで夕飯を食べるのが8時過ぎてしまった。そのあとは、彼女に「今日も早く寝よう」っていわれてたんだけど、ついつい、mixiやってて、結局寝るのが1時に。で、今日は9時半に起きた次第。前は1時に寝ても8時頃に目が覚めてたのに。やっぱり眠りやすい気候になったのかしら。。あのね、眠いってほど眠くはないんだけど、ベッドに入ったら眠れる、って感じかなぁ。あと彼女も疲れを取るのを推奨して「寝ろ、寝ろ」って言うし。本当は溜まりに溜まった新聞を読まなきゃならないのに。。都市対抗が終わってから、まだ何も読んでいない。。わたし、最低でも都市対抗の切り抜きはしておきたいのよね。ってホントは去年の都市対抗の時期の新聞も取ってあって、それの切り抜きなんかもしたいんだけど。。

でもやっぱ、今日も寝ちゃうんだろうな。そんな感じがしてます。あ、pop starの暗譜もしておかなきゃならないのに。。札幌では東京みたいに譜ばさみは使わない予定。ベルあげて、にこやかに街を歩くのだー!そうだ、笑う練習もしておかなければ。ってこれがまた難しいのだよ。皇室の人なんか、人前に出るときは笑みを絶やしてないけどさ、あれってやっぱ訓練してるんだろうか。わたしはおかしくもないのに笑えないぞ。。
11:41 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-13 Wed , 2006
社会人野球との出会い
あー、ついに「純情きらり」を昼に見るようになってしまったー!昨日寝たのは12時頃で、そんなに遅くなかったんだけど、起きたら12時過ぎてました。。がーん。なんでこんなによく眠れるんだ。昼間もほとんど昼寝してるというのに。。

今日は社会人野球との出会いの話です。
わたしは最初から野球に興味があるわけではありませんでした。むしろ、嫌いでずっと見てませんでした。それが変わったのが、'92年の日本シリーズを見たときでした。そう、世間では「野村VS森」対決として話題になった「ヤクルトスワローズ対西武ライオンズ」のシリーズです。1戦、1戦見ているうちに「野球ってこんなに楽しかったんだ!」と目から鱗が落ちる思いでした。それが野球自体にはまった理由です。

で、某球団の大ファンになりました。何故、某球団だったのかは内緒。別に好きな選手もいたわけではありません。見ているうちに、好きな選手は何人かできたんだけど。で、その頃は、一人で外野に行って応援したりしてました。そのうち、ネットでその球団のサイトがあるのを知り、掲示板なんかに書き込みしてました。(今から10年ほど前です。まだネットが一般に普及する前だったかな)そして、IRCというチャットソフトを使っての毎晩のチャット。そのときは「テレホーダイ」だったので、11時過ぎから、気がついたら6時頃まで毎日チャットで、その球団のことを話してました。で、オフ会したり、一緒に球場に見に行ったり。。その中に、プロだけでなく、社会人も高校野球にもものすごく詳しい人がいたんですね。ちょっと「ドラフト厨」がかってましたが。

その人達に「社会人も見なきゃ」って言われて、初めて見に行ったのが'98年3月にやった「東京スポニチ大会」。でもそのときは、特別感動することもなく「ふーん」って感じでした。

そして、わたしはその年の4月から就職のため、東京から地方へ。何故そこに行ったのか、理由は簡単です。某球団の本拠地だったからです。そこに行けば、情報もよく入るだろうし、球場に行って応援できると思ってました。あ、ちなみに面接のとき「なぜうちを受けましたか」と言われて正直に「某球団があるから」と答えました。で、蕩々と持論を説明して来ました。それでよく入ったものだ。。(笑)

しかし、就職して1ヶ月。地元の新聞で、社会人の大会があることを知ります。それを見に行ったのですね。そしたら、一発ではまってしまい。。そこから徐々に社会人野球を見に行くことになります。プロ野球はそこでさようなら。せっかく本拠地に行ったっていうのに。。(笑)結局、あそこにいる間、プロ野球は1試合も見に行かなかったかも。

最初は、社会人野球も地元の試合しか見に行きませんでしたが、そのうち近県に遠征に行くようになりました。新聞も毎日新聞にし、スポニチを取って、それプラス地元紙の3紙を読んで、切り抜くようになり。。毎年夏はその地区の代表を応援しに東京へ「都市対抗野球大会」を見に行き、秋は大阪へ「社会人野球日本選手権大会」を見に行くようになりました。ちなみに大阪へは9日間のうち、7日間見に行ってました。最初の4日、土日を絡めて見に行って、水曜日、木曜日と仕事して、金曜日からまた大阪へ。ホント、野球の遠征をするためにお金を稼いでました。

なんで「スポニチ大会」ではまらなくて、地元の大会ではまったんだろうって今も思います。けど、理由は分かりません。今、考えるにわたしは東京以外の「地方」を応援したかったんだと思います。東京ってどうしても「標準」って感じがして、高校野球もそうなんだけど、地元でも応援する気が起こらないんですよね。今でもその地区の応援をしています。今度、日本選手権の地区予選に行くつもりだしね。

ちなみに今はせっかく東京にいるんだから、六大でも見て、応援のネタを仕入れようと思ってましたが、どうも来年から「某王子」が早稲田に進学するようで。。「某王子」見たさにだけで野球自体には興味なさそうな輩が増えるんじゃないかと思うとちょっとウンザリです。あー、しかし、早稲田の監督が應武さんだとは思いませんでしたー。應武さんといえば、わたしにとっては「新日鐵君津」の監督なんですよね。應武さん、どこ行ってるのかと思ったら、母校に戻ってたのね。。「神宮球場ガイドブック」を最近仕入れてないので、全然知らなかった。。秋のうちに見に行こうかな。。もうシーズン始まったって言うし。

社会人の応援は、大学野球の応援(特に六大)がよく使われます。これは都市対抗での吹奏楽団がどうしても自分のところで持ってない&人数が少なすぎで、六大の応援団の助けを借りずにはいられないからなんですよね。。この時期、応援団は稼ぎ時です。応援するたびにバイトとしてお金が入るんですから。。

で、わたしは神宮で野球を観るのはあまり好きじゃないんですが(内野が非常に見にくい!段差が全然ないんだから、あそこ)、慶應の「突撃」のチアの応援を覚えようかなーと思ってます。っていうか、いるんですよ、いい歳した人たちが、突撃の振り付けを覚えてスタンドの上の方で踊ってるんです。まさか、あの中に入って踊ろうとは思わないけど。。(笑)「突撃」のチアの応援は、見てるとちょっと覚えたくなります。いつもは内野席で見ているだけだけど、大学野球だったら、別に応援団の真後ろで見ててもいいし。そして、来年の都市対抗では、内野でスコア付けながら一緒に踊るんだ。(爆)
14:02 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-14 Thu , 2006
身体が動かない
昨日はついに昼頃起きたって書いたけど、それからまた昼寝。なんか、だんだん寝ている以外何もできないことが、罪深く思えて、夕食時には気分は最悪。「身体が動かない、何もできない」と泣いていた。パソコンも10時前に切って、早く寝ることにした。

彼女は「きついようなことを言うけど、それを承知で都市対抗に頑張って行ったんでしょ。身体もそれに付いてきてくれたんだから、感謝しなくちゃ。ここで充分に身体の疲れを取って、札幌に行けるようにしなくちゃね」と言われた。

わたしは「先生に何を言えばいいのー?この調子だったら『それみたことか』って言われるから、もう行きたくない」「この2年半、ずっと身体を休めてきた。いつまで身体を休めればいいの?」とずっと言い続けていて。。身体が動かない自分を恨めしく思う一方、明日、受診日なのに先生のところに行きたくなくてしょうがなかった。(それは今でも同じ)

彼女は「この2日間、起きる時間が遅くて1日2食だったからね。明日からは8時に起きて、生で『純情きらり』を見て、その後眠かったら眠ればいいじゃない」と言って、今日はその通りにしたんだけど。。実際のところ、今もあまり気分がよくない。。

頭ではいろいろやりたいことがあるんだけど、身体がそれに付いていかない感じ。それで罪悪感を感じたり、いらいらしたりする。これって、病状が逆戻りしたのかなぁ。。怖くて明日、病院に行きたくない。薬、増やされるかも知れない。今日は一日のんびりするつもりだけど。。

明後日から札幌っていうのに、大丈夫かな。。なんか心配になってきた。
09:11 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-15 Fri , 2006
今日は診察日
今日は診察日だ。本当のところ、行きたくない。一昨日、昨日とちょっと身体の疲れから落ち込んだから。昨日の夜、散々彼女に「明日は行きたくない~、医者変えたい~」と言いまくった。わたしは前に医者に行ったとき「気分が悪くなる前に予防として」アナフラニールを最小限、処方された。そのおかげか、気分が悪くて落ち込むことはなかったけど。。身体の疲れからダウンしてしまうなんて思わなかった。

この間、先生と散々やりあったので今日は行きたくない気分。。彼女は「先生は医者だし、患者が治ることを一番に考えてくれてるから『それみたことか』なんて言わないよ」って言うけど、なんか格好悪い。しかも、明日から札幌だし、29日からは野球観戦で遠征しようと思ってるから、それを言うのもイヤだ、ってのもある。野球も観に行かなきゃいいんだけど、やっぱ、どーしても観に行きたくて。あー、また先生の機嫌を損ねるだろうなあ。

せっかく減った薬も、増えるかも知れない。これもまた行くのがいやな要素だ。なんせ気分じゃなくて、体調の悪ささえ「波がある」と捉える先生だ。この調子だと「波が出てきた」と思われて、薬が増やされる可能性もある。彼女は「薬が増えたって、身体の調子がよくなるならそれでいいじゃない」っていうんだけど、わたしはせっかく減った薬だから、もう増やしたくないのだ。結局は自業自得なんだけどね。

しかし、野球を観ることとなれば、もう、自分の体調もへったくれもないのよね。。これは本能みたいなもんで。今まで散々我慢してきたから、都市対抗で野球観ちゃったから、もう抑えが効かなくなってるんだよね。。彼女は「全部観なくても、観たい試合だけ観ればいいじゃない」って言うけど。。うう、今のわたしにはそれが可能かよく分からない。

とにかく今日の診察は受けたくない、ってこと。取り敢えず、彼女には付いてきてもらうことになったけど。。あー、やっぱ行きたくないーーー!
09:37 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-16 Sat , 2006
札幌へ
今日から札幌へ行ってきます。

昨日は、mixiを読んでいる方ならご存じかと思いますが、先生と50分ほど話し、すっかり訳が分からなくて帰ってきました。帰ってから、一緒に行った彼女から、先生がどんなことを言ったか、噛んで含めるように教えてもらいました。わたしは先生が何を言っているのか、よく分からないのです。で、寝る直前まで絶望的な気持ちで泣いていました。(って悲観的に取りすぎると彼女は言うのですが)はっきり言って、今でも気持ちの切り替えができてなくて、本当に札幌に行くのかなという感じです。

でもまぁ、薬は変わらなかったし、先生も「先週よりはいい顔になりましたね」と開口一番におっしゃったそうで(それすらわたしは覚えていない)、このまましばらく野球観戦が終わるまでは、身体がダウンしないように気をつけながら過ごす、ってことになったんですけどね(多分)

こんな気分ですが、札幌に行って楽器を吹けば、また元気になるような気がします。札幌に行ったら、早速現地組と顔合わせ、翌日パレードで、その後打ち上げ。なかなかハードな日程になりそうです。あとまた、ファンファーレを吹くことになってしまいました。うまく吹ければいいんだけど。

札幌から帰ってくるまでは更新できません。PC持って行かないので。野球観戦もすることだし、携帯しやすいPCを1台買うかなぁ。。

テーマ:性的少数者(LGBTIQ) - ジャンル:日記

09:23 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-18 Mon , 2006
レインボーマーチ札幌
おはようございます。昨日はよく眠れましたが、まだ眠いです。(温泉、全部入ってたら遅くなっちゃった♪)
もうちょっと時間があるから寝てようかなあ。

とにかく、今日はがんばります!精一杯楽器を吹いてきます!!
ファンファーレも無事に吹けますように。

テーマ:性的少数者(LGBTIQ) - ジャンル:日記

04:37 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-18 Mon , 2006
帰京します
今、ホテルのロビーです。
これから空港に向かい、東京に帰ります。
昨日のことは。。明日にでも報告!
09:08 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-19 Tue , 2006
札幌遠征
もう行って帰って来ちゃったんですねー。なんか夢のような気がしてます。

パレードの前日、北海道に行く日は気分はあまりよくありませんでした。まだ前日、主治医に言われたことで頭が混乱して。。正直「行けるかな」という気分でした。まぁでも、ここまで来たら、行くしかないと思って家を出たのです。「行く前に空港できゃっきゃする」イベントもあったんですが、それはパス。直前まで寝てました。

で、空港に着いて、ツアーデスクで航空券に引き換えてもらうときに、彼女が「楽器のことについて、話は通っているはずだから、もし航空会社で拒否されたら、そちらの許可はもらっていますよって言いますよ」と話し出して。。もうはっきりいって「そんなこと言わなくてもいいじゃん、もう、なんかあったときでいいよー」と一人で思ってました。いざこざを起こすほど元気じゃなかったからです。

そうそう、Tb.の機内持ち込みについて、なかなか担当者から連絡が来なかったので、前々日かなんかに電話で連絡を取ったのです。(これで3回目よ)というのは、わたしのTb.のケースがハードケースでないので、機内手荷物にできるか、というのが話の始まりで。予約を取ってから数日後、航空会社に電話しました。すると、航空会社の人は、個人で予約を取った場合は、席を空けたり配慮できるが、ツアーの場合、ツアー会社を通して話をして欲しい、と言われて、それでツアー会社の担当者に連絡したのです。(これが1回目)

その後、待てど暮らせど連絡はないので、もう1回、ツアー会社の担当者に連絡しました。すると「楽器の大きさが分からないので、測って欲しい」と言われ、測って連絡したのです。で、結果は電話かメールで下さいってそのときに言ったのに。。また、待てど暮らせど連絡はない。もう、行く2日前だっていうのに全然ないので、3回目にまた電話しました。そうしたら「もう一回、どういうことか説明してください」って言うじゃないですか!わたしはてっきり担当者が変わったのかと思って、最初からのことを丁寧に説明しました。それで向こうは「分かりました。航空会社さんに聞いてみます」っていうから、担当者の名前を聞いたら。。その担当者だった。ってことは、その担当者、最初から話が分かってなかったわけで。つかえねー担当者。本当なら罵倒でもすればよかったんでしょうが、こっちもそこまでの元気がなかったので、内心怒るのみ。

で、結局向こうから電話がかかってきて「航空会社の了承は取れました。手荷物として持ち込んでも大丈夫です。ただ、航空会社からの許可が出たとは表沙汰にしないで下さい。あくまでも素知らぬ顔で入って、なんか言われたら『あ、そうだったんですか』って感じでお願いします」って言われました。ったく、それだったら、事前に電話した意味がないじゃん!こっちは事前に航空会社のお墨付きが欲しかったんだから。ってわけで、これだけでも疲れたのでした。。

で、彼女がツアーデスクでそんなことを言うもんだから。。「もー、そこまで言わなくてもいいじゃん」って感じでした、実際。

そのあと彼女がトイレに行ってくるとかで、わたしは近くの席に座って待ってたんですけど、そのときに「ヒマだからmixiでもするか」と思って携帯を開いたら。。画面真っ暗。「あれ?フル充電してきたのに」と思って、電源ボタンを押してもうんともすんとも言わない。ちょ、ちょっと待ってよ!これ、こないだ新しくしたばかりの携帯よ。前日まで普通に使えてたのよ。それが、肝心なときに壊れてる!これで「Brass MIX!」のメーリングリストで情報が流れてくると言うのに。。受信できなかったらどーすんの!

結局、彼女に言って、彼女が空港で見かけた責任者のトヴィさんにそれを伝えて、重要な情報があったら、彼女の携帯に連絡をしてくれるように頼みました。。もートラブル続きでこっちはげんなり。

あ、結局Tb.の方はあっけなく機内に持ち込めました。手荷物検査のときに「これは楽器ですか~?」と聞かれた程度。行きも帰りもそう。一体、あの苦労はなんだったんだ。。

で、北海道入り。飛行機の中ではずっと寝てました。ま、それでちょっとは気分が回復したんだけどさ。それまではその日の夜にやる現地の人達との「顔合わせ会」を見送ろうかとしてたり、いろいろ考えてたんだけど。。千歳に着いて、電車で札幌へ。それからタクシーでホテル入り。取り敢えず、ちょっと横になってました。で、顔合わせ会には出られるかなと思い、9時に会場へ。でも、はっきりいって、現地の人が誰か、全然分からなかった。。

その日は終わったらすぐにホテルに戻って、次の日に備えました。だけど、そこは温泉があるホテルってことで、彼女と一緒に入ることに。ゆっくり入ったんで、寝るのが1時になってしまった。(汗)

で、当日。ホテルのバイキングで朝食を取り、10時には待ち合わせ場所へ。偶然にもホテルからすごく近いところで、助かった~。10時から音出し、10時半からは隊列作って、一旦、音合わせ。しかし、わたしはもう、そのときには疲れていたのだった。。「大丈夫かな」って思ったけど、東京のときもそうだったかな、と思って、あまり気にしないことにした。その後ちょっとの休憩を挟んで、Tokuさんが用意してくれたリボンと缶バッチ受け取って、彼女に付けてもらった。(彼女はまるでわたしの付き人のようでした♪)トロンボーンのリボンは、もちろん赤よ~!で、その後ファンファーレの練習をしたんだっけ。初めて音合わせをする割によく合ってると思ったんだけど、本音はまぁ、途中は間違ってもいいから、最後の音だけは合わせようと。だって、Tb.2って、途中で変なフラットとか出てくるんだもん!音、急に低くなるし。

そのあと、昼食。彼女が事前に買っておいた豚汁とおにぎりを食べました。わたしは最後の最後まで暗譜できなかった「pop star」の楽譜とにらめっこ。

行進は1時からということで、12時45分には集合。あ、その前に風船いっぱい付けたんだっけ。なんか札幌のパレードでは風船とばしが恒例になっているみたいで。わたしは左の腰に付けたんだけど、風が吹くと風船が目の前に来て、吹きにくいったらありゃしない。多分、後ろの人にも迷惑かけたわ。

1時になり、行進スタート。尾辻さんとかが乗った車のあとから、行進したんだけど、確かに東京に比べて歩くのが遅かった。。トロンボーンのすぐ後ろはクラリネットの人達だったんだけど、わたし、クラリネットがどう吹いてるかどうかなんか練習では聞いたことなくてさ。だって、クラリネットは一番前だけど、トロンボーンは後ろの方だからね。むしろ普段の練習では、近くのペットとかチューバの音を聞きながら、入るタイミングとか覚えてたから、最初は違和感ありあり。だけど、クラリネットの皆さんはとても面白い方が多くて、よく笑わせてもらいました。そうそう、今回のトロンボーン隊の目標は「にこやかに歩くこと」。東京のときの画像を見ると、表情があまりにも固かったんで。。

でもクラリネット隊のみなさんが、先導車の「わたしたちはゲイです。わたしたちはレズビアンです。わたしたちは性的少数者です~」と連呼しながら言うのを聞いて「そうよ~、うそつきはノンケの始まりだわ」とか、持っているプラカードに「同性愛嫌悪は社会悪です」っていうのを「同性愛は社会悪です」っていうのと間違えて見ちゃって「あらやだ、わたし、騙されたのかと思ったわ」とか言ったり、風船飛ばす前に飛ばせちゃった人とか、曲と曲との間に変わった歩き方をしたり、すごく面白かったので、トロンボーン隊もそれに合わせて歩いたり、かなり東京のときとは違って、リラックスして吹くことができました。

あと、同じトロンボーン隊のコウジくんにも大いに笑わせてもらいました。っていうのは、彼は今回も譜面を楽器に付けて歩いたんだけど、最初は針金で止めてたんだけど、うまくいかなくて結局は楽器に両面テープを貼り付けて、それで固定してたんだけど、それがだんだん粘着力がなくなって、風で飛ぶのよ。そのたびに彼は飛ばされた譜面を取りに行き。。わたしは横で見ながら、笑って楽器が吹けませんでした。おまけに、腰に付けてたペットボトルまで落とすしさぁ。今でも思い出すと笑えて来ちゃう。

嬉しかったのは、ビルの上から手を振ってくれた人かなぁ。どこかの会社の人だと思うんだけど、何人も窓側に来て、手を振ってくれました。あー、なんか受け入れられてくれてるんだなと思ったら、とっても嬉しかった。もちろん、思いっきり手を振りかえしましたよ。

で、風船があると、どうも音がそれを吸っちゃうらしく、前後の音がずれるみたいなのね。指揮者のトヴィさんがしきりに手を耳の前にやって、後ろの音を聞こうとしてるのが分かって、「あ、ずれてるのかな」とか思ったりして。。しかも、東京のときとは歩く速度が遅すぎるので、指揮者との距離が近くて、いつ、スライドが指揮者に当たるかひやひやもので。。

そのあと、風船を飛ばす場所に来たので、カウントダウンと共に風船飛ばし。ここでもなんかカウントダウンをどこでしているのかよく分からなかったようで、スタッフの人達が大あわてしているのを見たんだけどね。まぁ、うちらは前の先導車の指示で風船を飛ばしました。

そこからは音がちゃんと聞き取りやすくなって、急に吹きやすくなって。やっぱ、今度、レインボーマーチでやるときは「Brass MIX!」は風船を多量に持ってちゃダメね、と思ったのでした。それからすぐにゴール。そのあと、ステージに昇ってお出迎えをする予定だったのに、そこでも一悶着。トヴィさんが「ステージの上に上がりますよ」と言うのに対してスタッフは誰かと連絡を取ったりして。。結局、すぐにお出迎えはできなくて、ちょっと間が開いてしまいました。で、なにがどうなったのか分からなかったけど「取り敢えず、ステージの上に上がって」ってことになって、そこで「ファンティリュージョン」からまた演奏し始めました。

ステージの上はやはり屋根があるだけあって、音が響いた、響いた。気持ちよかったぁ~。見ると指揮者のトヴィさんが目をうるうるさせてるの。こっちまでぐあーとなっちゃったよ。。で、次の曲「ブラジル」を吹いているときに「あー、そういえば、この曲たちを吹くのももう最後なんだなぁ」って改めて思って。で、最後の「pop star」。この曲は、途中でトロンボーンが旋律を吹くところがあるのです。だから、ゆーじるくんが「トロンボーンは前に出よう」って言って。それまで後ろの定位置で吹いてたんだけど、この曲のときは前に出ました。ホントは大いに疲れてたんだけど、最後だと思って出せるだけの力を出して精一杯吹きました。で「Brass MIX!」はこれで終了。最後の最後にステージの上で吹けたことが、すごく良かったと思いました。トヴィさん、最高だったよ!!

で、その後すぐにファンファーレする予定が、進行のずれからか「ちょっと待って」ってことになって、、ステージの脇で待機してました。まぁ、進行通りいかないのはわかるけどさぁ。東京のときは割と「こうして、こうして」と、スタッフの言うことをはいはい聞いてればよかったので、何も考えてなかったけど、札幌では初めてだからか、事前に聞いていたことと、かなり違うような気がして。。まぁいいんだけどさ。それから準備ができたというので、ステージの上にまた上って、ファンファーレを吹きました。はっきり言って途中ボロボロ。ま、でも最後の音だけは合わせられたのでよしとするか。

これでわたしたちの予定はすべて終了。わたしは歩くのが遅かったせいか、足と腰にだいぶきていて、おまけにめちゃくちゃ疲れて。。取り敢えず札幌市長と尾辻さんの挨拶は聞いたんだけど、あとは早くホテルに帰って寝たくって。本当はにこさんとばばみんさんと会って話したかったんだけど、わたしの携帯が壊れているために、連絡の取りようがなくって、彼女に一通り探してもらったんだけど、見つからず。。泣く泣く会場をあとにして、ホテルに戻って、打ち上げまで熟睡してました。

打ち上げでは、例によって例のごとく、みなさんはじけてて。。もう、これがやりたいがために、集まったんじゃないのかしらって感じ。1次会が終わった時間が割と早かったので、今回は2次会にも参加させてもらいました。(わたしとしては)いろんな人と話せて、楽しゅうございました。ノンケさんが1人、いたんですけど、ビアンカップルを見るのは初めてってことで、いろいろ話をさせてもらいました。まぁ、ビアンがあれだけ集まっても、あんなにめちゃくちゃにはならんわなぁ。だけど、こっちとしては分かり切ってることでも、向こうは全然知らないので、質問されることがとても根本的なことなので、答えるのにちょっと考えてしまった。。

しかし!ゲイの皆さんはビアンカップルがどうやってセックスするのにしか興味がないのかー!!「道具使うの?」とか聞かれましたわよ。カップルによって違うわよ、そんなの。某キス魔ゆうじさんからは胸は触られるわ。。「あら、わたしのほうがあるじゃない」って、わたしはこれでもBカップなんだからね!あなたのはただの太り過ぎよ!(って多分見てないのでなんでも書いちゃる)それにわたしの彼女のことを「お母さん」って呼ぶのも止めなさいわよね!!!わたしの彼女はあなたのお母さんじゃなくてよ!!!

ってことで、無事2次会も11時に終了。わたしはその前から彼女に散々「もう帰らなきゃダメでしょ」って言われてたので、ホテルに帰りました。。その日は温泉に入らず、部屋のシャワー浴びて、すぐ寝ました。

そういうわけで、わたしたちの札幌遠征は終わったわけですが、なんだか疲れて、頭がよく回らない。。「本当に札幌に行って吹いてきたの?」って感じです。。なんか夢みたいだった。。来年も呼ばれるのかなぁ、わたしたち。

そうそう、今日、早速DoCoMoショップに行って、殴り込みをかけて来なきゃ!本当に肝心なときに使えない携帯に変えやがってーーーーー!ってことで、今は怒り心頭です。

テーマ:性的少数者(LGBTIQ) - ジャンル:日記

12:08 | (性的少数者)イベントなど | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-20 Wed , 2006
DoCoMoに怒りの鉄拳!(嘘)
まだ札幌遠征の疲れが全然とれてませーん。今日も10時に起きちゃいました。主治医には「8時に起きるようにします」って言ったのにさ。(笑)

で、昨日、行ってきました。DoCoMoショップへ。本当は疲れて行くの、とってもつらかったんですが、それでも早く怒りをぶつけたくて(笑)、無理矢理行ってきました。

故障担当者はこないだ見てもらった人と同じ人。でも、向こうはこっちのこと全然覚えてないようでしたって当たり前か。1日に何十人って相手してるんだもんね。で「突然電源が入らなくなったんですけど」って言って。向こうは「フル充電はいつしましたか?」って言ったんで「連休の前日です」って答えたら「それはいつですか~?」って。。だから、連休の前日って言ってるじゃん!こっちはもう、日にちなんか覚えてないよ!!で「電源が入らないって気がついたのはいつですか~?」って言うから「次の日の昼間です」って答えてさ。「こないだ、この携帯、替えたばかりなんですけど~」って言ったら「9月6日に来店されてますねー」なんてしゃあしゃあと言われて、悪いとはこれっぽっちも思ってない!!

で、充電池の問題かも知れないからって、奥の方でがちゃがちゃやってきて、それで表に出てきてもなんかがちゃがちゃやってたら、なんと電源が入った!なんかメールとか留守電とかいろいろ入ってた。「電源は入ったんですけど、もしかしたら、本体に何か異常があるかも知れないので、本体のチェックをしたいんですけど、お時間をいただけますか?」と言われたので「じゃあ、これから昼ご飯を食べてきますから」と言って店を出た。あ、その前にSDカードにバックアップを取らされたんだった。電話帳と受信メールと送信メール。バックアップの仕方、分かんないから教えてもらってさぁ。「着メロはバックアップできないんですか?」って聞いたら「それは著作権の問題等が発生するからできないんですよー」と言われた。

お腹は空いてるのに、食べたら気持ち悪くなりそうだったので、いつも行くファストフード店はパス。もちろん、他の食べ物屋もパス。「何か甘いものなら入りそう」ってんで例の「メイド喫茶」に入る。そこでカレーとハヤシライスがあったので、彼女のハヤシライスを少し分けてもらうことにして、あとはケーキセットを頼む。そこで「DoCoMoのねーちゃんに文句言えなかったー」って言ったら、彼女が「じゃあ、次には付いていって、文句ガーガー言ってあげるから」って言われて。わたしは頭は痛くなりかかるし、もう疲れちゃって。文句をいう気力もない。。

そしてまたDoCoMoショップに戻ったら「本体、異常があるかどうか試してみたんですが、電源とは違う部分でNGが出ていまして、本体お取り替えしますか?」と言われてしまった。やっぱ、本体の異常だったんだーー。彼女が「どこがどう異常で、今回のようなことになったのか、分からないんですか」と尋ねたら「それは修理に出してみないと分からないんですよね」って言われて。。「本体を取り替えたら、どこが悪いかはお客様には情報がいかないんです」「修理に出すこともできますが、そうしたらお時間がかかりますよ」と言われて「じゃあ、本体を替えてください」ってことになった。

かちゃかちゃいろいろ目の前でされて、携帯のストラップ(例の「おじゃる丸」のストラップね。それとあともう一個あるんだけど)も移し替えて、完了。「こういう異常はよく起こるんですか?」と聞いたら「起こりやすい異常はソフトの書き換えで行ってますから。それに、こういった異常が多いとは聞いてませんねぇ」と言われた。彼女はもっといろいろ苦情を言ってくれると思ったのに、あんまり言ってくれなかった。。

で、最後に「本当にすみませんでした」って言われたから、まぁちょっとは悪いと思ってるのかしら、と思って「はい」って言ったんだけど。店を出てから彼女に「なんでもっと苦情を言ってくれなかったのよー」って言ったら「だって、ろんがおとなしくしてるから、わたしもあまり言わない方がいいかなと思って」って。。ええーっ!わたしは彼女がガンガン文句言ってくれると思って、何も言わなかったのにぃ!えーん!!

家に帰ったら、充電だけして速攻で寝た。もう、頭が痛くて。。

夜になって、自分仕様のカスタマイズ。まぁ、こないだやったばっかりだったから、そんなに苦労はしなかったけど、受信トレイの中のフォルダが見事に消えていた!ってことは、もう一回フォルダを作って、振り分けしなきゃいけないってことで。。もうやだよー。しかも、バックアップ取ったと思っていた送信メールが、バックアップ取れてなかった。。ってことは、今までの送信メールが全部なくなったわけで。もーやだ。

で、着信音は「ノンストップHONDA」だから、またそこのサイトに行ってさぁ。取ってきた。ってめんどくさいのよ、はっきり言って!何故着メロのバックアップは取れないのかしら。

結局、今のところまだメールのフォルダを作ってません。振り分けするの、めんどくさい。。まぁ、たかが20数通なんだけどね。前に携帯ぶっ壊れたときに、受信メール全部消え去ったから。。

あー、もうホント、ついてないわあ。12月の末に機種変更してこれで3台目よ!機種名さらしたる~。SH902iです。持ってる人は気をつけてね。今度壊れたら、保証期間を延ばしてもらおうっと。3度目の正直だから、もうないと思ってるけどさ。
11:40 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-21 Thu , 2006
疲れたー
そーいや、昨日、曽我部和恭(いつの間にか名前変えられてたようで。。わたしにとっては曽我部和行って方がしっくりくるんだけど。ちなみに「和行」の方が本名だそうです)氏が亡くなったって聞いてちょっとショック。「パタリロ!」でバンコランの声だった人。わたしさー、中学のとき、周りの影響ですっごいアニメファンだったのよね。ガンダムはあんまり見てなかったけど、イデオンはすごく好きだった。あの頃は本当にアニメを見まくっていて。。同級生とよく「バンコランとマライヒごっこ」をしてたなぁ。。

今の声優さんはどうか知らないけど、昔はさー「この人、こんないい声してて、一体どんな顔なんだろ」って思ってたら「えー、この顔でこんな声が出るの~?(驚)」みたいな人が多かった。。野沢那智とか井上真樹夫とか(なんて言ったら怒られるだろうなー(笑))

あと多大に影響を受けたのは「アニメトピア」ってラジオ番組だったなあ。わたしは二代目の「田中真弓・島津冴子」のときを主に聞いてたんだけど、準レギュラーみたいな形で「三ツ矢雄二」も出てて。。そこで彼が自分のことを「おかま、おかま」って言ってたんで、その頃からゲイに対する違和感は全然なかった。。(ってホントに三ツ矢雄二ってゲイなわけ?番組内ではオネエ言葉丸出しで喋ってたけど。。)もちろん、その頃は自分がゲイであるってことは全然自覚してなかったんだけど。。とにかくあの番組はめちゃくちゃ濃かった。

最近、声優さんの訃報が相次いでいて。。ちょっとショックなのよね。あの頃のアニメ世代としては。

ま、それはともかくとして。今日、起きてすぐに親から電話があった。今まで携帯が壊れてたからつながらなかったんだけど、今まで何回か電話があった模様。で「毎日家でぶらぶらしてるのかー」とか「何かやらないのかー」とか言うからさ、仕方なく「この連休中に北海道に行ってきて今、とっても疲れてるの!」って言っちゃった。。ホントはお忍びの予定だったのに。つか、カミングアウトしてないから、言えないのよね、ホントのことが。うー。つらいわあ。

で、身体の方は本当に疲れてます。昨日もずっと寝てたし、それに何故か寝てても頭が痛くなるのよね。昨日、寝る直前に頭が痛くなって、一応薬飲んで寝たんだけど、効かなくってさぁ。夜中にもう一度起き出して、また薬飲んだわよ。身体が動かないで、寝てばかりいるとつい、罪悪感に駆られてそれが精神に悪影響を及ぼすのよね。「寝てばかりでいいのかー」って。でも身体は動かないしね。精神的にまでこないように、気をつけてます。しかし、本当に疲れたー。こんなに過酷だとは思わなかったー。本当は半月ばかり休養をとってればいいんだろうけど、そうはいかないのよね。。って自分で決めたことだからしょうがないけど、今度またすぐに野球遠征に行くのよね。。

彼女からは「1日3試合じゃなくて本当に観たい試合だけにしなさい」って言われてるんだけど、多分無理。。だって2年ぶりだもん。メンバーがどう変わってるかとか見たいじゃない。。まぁ、もうそろそろ組み合わせも決まってるだろうし、一応、検討してみるかなぁ。わたしもこの調子じゃぶっ倒れそうだしねえ。。
11:06 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-22 Fri , 2006
寝てばかり
まだ疲れてます。かなり手強いです。
っていうか、朝と昼は結構、ちゃんと(といってもバナナとかだけど)食べられるのに、夜になると胃が気持ち悪くなって、何も食べ物を受け付けなくなるのです。無理矢理食べたら戻しそう。。これが札幌から帰ってきてずっと続いているので、昨日は思い切って何も食べずに寝ることにしました。(栄養ドリンクは飲んだけど)

しかも、風呂だけは毎日入ってるのに、それもパス。もう、早めに寝ることにしました。といっても寝る直前までmixiでモスラナルシス姐さんと書き込みチャットしてたんですけどー。(笑)

でも、朝まで熟睡ってわけにもいかなくて、途中で暑くて起きたり、お腹が痛くなって起きたり、散々でした。しかし、朝はやっぱり起きれなくって、結局10時半に起床。うーん、12時間近く寝てたんじゃないかなぁ。でも普通なら、このくらい寝てたらまず、腰が痛くなるはずなのに、全く腰に来てないので、やっぱり相当疲れてるのかも。

今日は彼女の月一の出社日で、本当は終わったら、大型電気店に寄ってビデオクリーナーとか、あと持ち歩きできる小型のPCを見てみようと思ってたんですけど、多分、今日は外に出ない方がいいね、ってことで、ボツに。おまけに彼女が家を出て行くときも、起きられずにベッドからいってらっしゃい。。ってことで、今、うちの中で一人なの。寂しいでーす。。

あまりPCで遊んでないで、今日はおとなしく寝てようっと。
11:20 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-23 Sat , 2006
あれから1週間か。。
いやあ、もう札幌に行ってから1週間経つんですね。この1週間、めちゃくちゃ早かった。。なんか信じられないほどの速さです。

昨日も一日中寝てました。っていうか、昨日は一度起きたら、眠れなくなって、ずっとベッドでじーっとしていました。彼女はいないから寂しいし、もうどうしようかと思ったんですけど「取り敢えず、戻ってくるまで」と思って我慢してました。ただ、一昨日早く寝たのがよかったのか、体調は戻ってきているような気がします。夕飯も彼女が買って帰ってくれたリゾットを食べましたし。こうやってちょっとずつ食欲も戻ってきてくれればいいんですが。

だいたい、この頃体重の変動さが非常に大きくて。都市対抗が終わって体重を量ってみたら、一気に3キロ減って、ついに97キロ(仮)になっててびっくり。いや、都市対抗を観ているときも3食きちんと食べていたんですよ。まぁ、いかに野球観戦が過酷かを物語ってると思ってるんですけどね。で、北海道から帰ってきたら、逆に2キロ増えていて99キロ(仮)に。で、帰ってきてからずっと少食&食べなかったら、また痩せちゃって、97キロ(仮)台に。わたしね、95キロ(仮)台になると非常にまずいんです。風邪引きやすくなったりするもんで。だから、これ以上体重は減らしたくないんだけど。。

実は火曜日からまた野球遠征なのです。今度は6日間。

社会人野球をよく知らない方に説明しますと、試合開始時間の少なくとも30分前には到着しておかなければなりません。っていうのは、社会人野球の開始時間ってあってなきがごとくのようで、まず、時間通りに始まらないのです。そう、開始時間の前からやっちゃうのです。(早く終わらせたいからでしょう)だから、わたしはだいたい1時間前に行って、定位置を確保しているんだけど。。

で、原則1日3試合やります。わたしはスコア付けてるから、試合中はあんまり飲み食いしたくないし、以前は5回終了時にグラウンド整備をしていたので、少なくともそこでトイレに行っていたのですが、試合時間短縮ということでそれもなくなってしまいました。だから、試合が始まって終わるまで、座りっぱなし。スコアを付けてるから1球1打は見逃せません。(それでもあまり退屈な試合は途中で寝ちゃったりしますが(笑))試合と試合の間の休憩時間は30分くらいでしょうか。金属バット時代は、試合時間は軽く3時間を超えてたりしたんですが、木製バットになってからは、だいぶ試合時間が短縮されました。が、逆に延長になることが多くなって、長くなることも。(延長22回、なんてこともありました。今は改善されて延長15回になると「タイ・ブレーク方式」になりましたけどね。)

社会人野球の季節は、3月の初めから11月中旬まで。3月の試合は雪が降ったりします。寒いのが苦手なわたしは、もう防寒着着まくって、カイロ何個も持って。。逆に夏の試合は、太陽がじりじりと照りつける中、修行僧のように黙って見ます。中には雨が降ってくることもあります。だいたい、天気はチェックしていくので、いつ頃雨が降ってくるかは分かるんですが、どの程度降ってくるかは、そのときにならないと分からないので。。だから、わたしの靴とジャケットはゴアテックス、野球観戦用のかばんも防水仕様です。社会人野球の場合、試合消化に重きを置かれるので、よっぽどのことがないと、試合中止にはなりません。もちろん、ひどい雨が降りそうだなと思う場合は、傘も持っていきます。前がよく見えるように、透明なビニール傘。

で、交通手段。社会人野球の開催球場って、非常にへんぴなところにあるのです。1時間に1本しかバスが走ってないところとか、バス停からめちゃくちゃ歩かなきゃいけないところとか。。車を持っていたらいいんだけど、そのためだけに車を持つことは、却って金がかかると思ったので、10万近く出して、折りたたみ自転車を買いました。しかし、軽いといっても10キロ近くします。新幹線の駅は、一番端にあるので、駅の中を持ち歩くのは一苦労で。。しかも、新幹線の中で唯一置ける場所が、車両の一番後ろの席のスペースだけで、そういうことも考えなければいけません。

まぁ、最初、何も知らなかったわたしですが、毎年毎年観に行くにつれ、考えた経験則です。でもなんせ、試合時間が長いもので。。とうとう座骨神経痛になってしまいました。これがまた、治らないのよね。。今は、誤魔化し誤魔化し観てますが。。ホント、野球を観ている最中に「なんでわたしはこんなにしてまで野球を観てるんだろう」って思うこと、ありますよ。でもね、好きなものは理屈じゃないんですよね。

今回の遠征は自転車は持って行かなくていい場所にあるんですが、1日3試合観るのがネック。。っていうか、彼女からは「本当に観たい試合だけにしなさい」と言われてるんですが、組み合わせを見ちゃうと、どれも観たい試合ばかりなんですよね。なんせ3年ぶりになるのかなぁ。メンバーの替わり具合とか、そういうのもチェックしたいし。だからといって、代表決定戦の日にダウンしたら、元も子もないですしね。それで今、ちょっと気が重いのです。。彼女には「自分の身体と相談して」って言われるけど、実際、目の前に野球がぶら下がってたら、そんなこと、忘れてしまうでしょう。

わたしの母方の祖父は、身体が弱く、周りが止めているのに、雨の中、野球をしたことから、最終的には結核にかかって死んでしまいました。わたしの身体の中には、その祖父の血が流れているわけですから、こんなに野球が好きなのかなぁと思うことがあります。ただ、わたしはやるんじゃなくて観るのが好きなんですけどね。っていうか、野球を観ることの参考にしようと思って、自分でも野球をやってみたかったんですが、ちょうど社会人野球のシーズンと重なってしまって、できないんです。草野球も冬はオフシーズンなんですよ。草野球のくせにオフシーズンがあるなんて、贅沢だー。ってわけで、わたしは観戦するしかないのです。

野球遠征に行くまで、あと今日を含め丸3日。できるだけ静養に努めます。。
12:09 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-24 Sun , 2006
寝ています
昨日も、一日中寝ていました。いい加減、眠れない時期が来ないかなって思うんだけど、ベッドに入るとすぐに寝てしまいます。うーん、やっぱり疲れてるのかなぁ。自分ではよく分かりません。

昨日の夜は、一日中寝ていたっていうことから、罪悪感がものすごく強くなって、気分が悪くなり始めました。そうしたら、この前、主治医に言われたことや、今度の野球遠征は一人で考えて行動しなければならないってことも、いつの間にかくっついてきて、不安発作が始まったかと思ったくらいでした。ま、風呂に入ったら気分転換になって、落ち着いたんですけどね。どうも、無意識で薬なしに行動していることが不安になっているようです。

明日は診察日です。ここ2回、主治医とケンカしてるので、非常に行きづらい。。多分、彼女は付いてきてくれると思うけど。主治医がわたしの顔と言ってることを聞いて、どう判断を下すかですね。昨日の夜みたいに、不安発作が起きたような気がする、っていったら、薬が増えるかも知れないし。。わたしの中のどこかで、薬が増えた方が安心するかも知れないって思うのは、薬依存症になっちゃったんでしょうか。。
10:45 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-25 Mon , 2006
今日は診察日
明日から野球遠征ってことで、今日は診察日。昨日は充電が完了したのか、昼間もそんなに眠くなく(でも、ベッドにずっといましたが)、mixiの皆さんにたくさん励まされたせいか、夜になってもそんなに気分は悪くならず、一日を終えることができました。ありがとうございます。

今日はこれから診察に行ってきます。まだ先生とは何を話そうか、決めてないんですが、前回2回みたいにケンカにはならないと思います(笑)多分、この調子だと薬も変わらないだろうな。。野球遠征に行ったあとはしばらく、ゆっくりするつもりなので、疲れさえ取れれば、大丈夫だと思うからです。ただ、前回先生に言われたことがちょっと頭の中を駆けめぐって、それが気分が悪くなる原因になっていたりするもんで、それについて、今日は話をしてこようかな。

しかし、明日から野球遠征なんて信じられないや。なんか、今月ももう終わっちゃうんですね。この夏、特に7月から今までにかけて、めっちゃ短かった。。ああ、帰ってきたら、遠征の準備もしなくては。
10:38 | うつのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-26 Tue , 2006
今日から野球遠征
そういえば、とうとう丹波哲郎が亡くなりましたね。丹波哲郎と言えば、わたしにとっては「丹波哲郎ヨロ霊ヒー」でした。ええ、わたし、聴いてたんです。TBSラジオの「スーパーギャング・コサキンいきなり100%」。友達が聴いていたので、なんとなく。。「コサキン仮面」もTBSホールに見に行きました。。「青いゴムゾーリ」とか「若い元気なお相撲さん」とか変な曲もいっぱい知ってました。だから昨日は「見たことないのに ヨロ霊ヒー 行ったことないのにヨロ霊ヒー♪」という曲が頭の中を駆けめぐって。。「ああ、行っちゃったんだなぁ」と。初のコサキン本「ら゛」は買ってないんですけどね(笑)。

「ラジオパラダイス」って雑誌はずっと買って読んでました。もともとラジオ関係が好きで、無線をやっていたし(高校のときは「ラジオライフ」読んでたんだから、ちょっとブラックがかってましたね(笑))、高2のときにFM横浜に出会って、ラジオも聴くようになり、あの頃は、どうやって遠くのラジオ局の放送を聴けるか、に夢中になってたなあ。うち、11階建ての1階だったもんで。。AMアンテナもチューナーも買いました。あ、別にベリカードが欲しかったわけじゃないんですけどね。

で「ラジオパラダイス」は、何年続いたんだろうなぁ。わたしが大学時代に廃刊になって。廃刊前に突然編集部からうちに電話かかってきて「今度廃刊することになったんですけど、そのことについて、なんか書いて下さい」って言われて。。びっくりしたことを思い出します。わたし、結構、投稿を載っけてもらってたんですよ。最後に編集部に差し入れ持って遊びに行ったことを思い出す。。って、わたしが今まで読んでいた雑誌はもう、全部廃刊になってしまいました。そんなにマイナーな雑誌ばかり選んで読んでたわけじゃないんですが。。雑誌が廃刊になるのと、ラジオ番組が終了する悲しさはもう味わいたくないですね。多分、失恋するのと気持ちは一緒じゃないかと思う。。

「なんで、わたしの人がみんな逝っちゃうの、ギジェー」って感じですよ、ホントにもう。(あ、これはわたしが大好きなアニメ「伝説巨神イデオン」に出てくるシェリルの言葉です。ってシェリル役の声の井上遙さんも、少し前に鬼籍に入られました。。ああ、人生って無情)んでもって、高校時代に読んでた「ラジオライフ」は今でも続いてるんだから。。人間、ブラックな話題の方が好きってことなんでしょうかねえ。

って前振りの方が長くなってしまった。

わたくし、今日から野球遠征に行って参ります。昨日の診察では、先生に「あなたはもう何を言っても無駄だから、好きなことをしなさい」って言われてしまいました。(汗)薬を飲む第一段階は終了し、今度は自分の身体をコントロールする段階に入ってきているんですが、わたしの場合、好きなことはどうしても我慢できなくて、体力の限界まで突き進んでしまうので。。「ま、人より治るのは遅くなると思うけど、そのうち、体と心のバランスが分かるようになるでしょ。具合が悪くなったら、薬は処方してあげるから」って言われて。。はい、先生にそこまで言わせてしまいました。悪い患者です。でもねー、ホントは不安なんですよ。「もう、自分の足で歩いてみなさい」って言われてるようでね。怖くて怖くてたまらない。しかも、まだ自分のやりたいことって言ったら、野球見るか、楽器吹くかしか意欲が無くて。。日常生活のことは寝る以外、ほとんど何もしてません。「まずは生活の幹になるようなものが必要ですね」って言われたんだけど、何も思いつかない。。彼女は「野球遠征から戻ってきて、しっかり休んで、それから考えればいいよ」って言ってくれてるんですけど。。

ってわけで、明日から6日間、音信不通です。行き先も内緒。もちろん、ブログの更新及びmixiの書き込み無し。体調を崩さずに、無事に帰って来れればいいんですけどね。わたしもちょっと不安だったりして。。

10月4日にまたお目にかかりましょう。
10:31 | 社会人野球・カープのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX