09-30 Sat , 2017
第1学期の成績表が来た
201701000 164329


先日、第1学期に提出したレポートの成績結果のお知らせが家に届いた。第1学期の締め切り日が7月31日だったので、ほぼ2ヶ月後に成績って分かるのね。いつ結果が出るのかちっとも知らなかったので、一体いつなんだろうと思ってたけど。

このお知らせ、自分のレポートの点数だけじゃなく、ご丁寧に各科目のレポートの平均点が出てるのだが、1つの科目に付き2つ課題があってどちらかを選択する科目(こういうのがほとんどだったが)は、2つの課題を一緒くたにした平均点なので、正直、この数字と比較して何か分かることがあるんだろうか、と思ったり。

で、第1学期のレポート全体(要するに提出した全員)の平均点は80点だった。なので割と点数は甘めなのかなという感じ。ちなみに60点以下だと不合格で、レポート再提出になる。ただしこれは何らかのレポートが提出されたときの場合で、最初から提出してなかったら再提出はできず、来年またお金払ってレポートを提出しなければならない。わたしは一応全科目60点以上だったので、レポートの再提出はなかった。

いよいよ来月半ばから実習が始まる。その前になるべく第2学期のレポートは提出しておきたいと思っているが、今、5つ目のレポートに取りかかったばかりで、あと半月の間に残りの3つを提出する自信はない。まだ教科書読んでない科目もあるし。でも少なくとも2つくらいは出しておきたいよなあ。。がんばろ。
20:05 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
09-14 Thu , 2017
第2回スクーリングが終わりました
9月1日から9月3日までの3日間、2回目のスクーリングだった。

1日(金)は相談援助実習指導で、2日(土)3日(日)は相談援助演習。相談援助実習指導は、実習計画書(案)の作成が主な指導内容だった気がする(←よく覚えていない)。ああ、あとは事前訪問の意義とか実習記録の書き方などもやったんだった。実習記録は消えないボールペンなどで書き、文字を間違えたら修正テープ使っちゃダメで、訂正印を押すのがめんどくさいと思った。だいたい、もう長いこと筆記用具で文章を書いてないので、思い付いた文章そのまま書くのが結構怖い。わたしは約25年ほど前、大学の卒論を書くときには直接PCで文章なんか書けないと思ってて、そのときは自分の手であらかじめ文章を書き、PCは清書するためだけに使った。それがいつしかPCでしか文章が作れなくなってた。手書きの日記なんか付けてないし、手紙も手で書くことはまずなく、ほぼ100%メール。そんな中でまた急に手書きの実習記録なんて書けるのか。しかもボールペンで。

実習記録は毎日実習先に提出するらしい。なので毎日帰宅後に実習記録を付けて寝ることになりそうだ。まさか、あらかじめ文章はPCで打って、それを実習記録に清書、なんてことを毎晩はできないだろうからなあ。実習、すごいハードスケジュールになりそう。。大丈夫なのか、すごい不安なんですけど。

2日目3日目の相談援助演習は、インテーク面接とアセスメントについてだったかな。そこでロールプレイというものを初めて体験した。わたし、ロールプレイって筋書きがあるわけじゃなく、登場人物はどう動けばいいんだろう、だいたい当事者でもないのにこんなことして何か得られるものはあるのかって思ってたんだけど、そうじゃないんだね。まぁアドリブなところはたくさんあって、こういうの創作が好きな人だったら楽しいだろうなとは思ったけど、それだけじゃなく、たとえ演じているクライエント、相談員であっても、言葉を交わす内に本当に自分が言われたような気になってくるのね。なるほどって感じ。

ただ、特にクライエント役になる人は、これまでの自分の人生観とか、境遇が強く反映される気がする。授業ではいくつかのロールプレイをやったんだけど、親子関係が問題になるものがあり、わたしだったら親に関わるのは嫌だという意識しかないのだが、他の人は案外、そういう人はいないみたいで(まぁそっちの方が正常な親子関係だからね)、逆にわたしの方が「なぜこの人たちはこんなに親に対して好意的なんだ??」って不思議に思ってしまった。

っていうか、これも「自己覚知」に繋がることなんだよね。ロールプレイを通して他の人と自分の違いを発見する。そして「なるほど、自分はこういう人間か」と自覚する。そう考えると「自己覚知」ってありとあらゆる行動から考えられるような気がする。

2回目のスクーリングでは、ますます相談業務の中身に切り込んできて、相談受けるってことは難しいんだなあって改めて分かったというか、なんかもう頭の中めちゃくちゃ。まぁこのわからなさ加減が自覚することが、2回目のスクーリングの収穫だったのかも知れないけど。なんか、相談業務がどういうものかっていうのが朧気ながら見えてきたからか、徐々に将来に対する不安が大きくなってきてる。自分にそんなことができるのかとか。まぁそんなの今考えても無駄なことなんだけど。

2年間の修習期間の中で、出席しなければならないスクーリングは4回。今回で半分が終わったことになる。そして今回のスクーリング、クラスメイトのうち2名来なかった。でも逆に言うと勉強続けてる率はほぼ9割だからね。社事大の高い修習率ってのはその通りかもね。

3日目にスクーリングが終わったあと、先生を含めたクラスメイトで飲み会。いろんな人と話せて楽しかった。

次のスクーリングは来年の2月。わたしもだけど、実習が終わった人も多そうだ。他の人の実習がどんなのだったか、話が聞けるのはすごく楽しみなんだけど、それ以前にわたしは実習を乗り切れるのか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
18:58 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08-30 Wed , 2017
実習計画書(案)の作成完了
先日、実習計画書(案)の作成が完了した。

何回か先生とやりとりをした上で完成かなと思ったが、実際は1回出して、それを修正され、修正したものを再度提出しただけだった。

修正されたものをもう一度検討しなおそうと思い、間1週間くらい考えたのだが、そもそも根本的に考え方を改めなければならないものはなく、わたしの視点に漏れがあってそこを新たに付け加えられたのと、言葉について簡単に書いてたところを修正されたのが多かった(知る→理解する、考える→考察する、等)ので、さっさと修正して出してしまえばそれでよかったんだよね。

ただ、修正された箇所の言葉遣いがやっぱり自分みたいな素人の言葉遣いではなく、「ああ、こういう言い方はわたしは書きたくても思い付かないな」って思うような言葉遣いだったし、視点の漏れも指摘されると「確かにそうだ」って思うんだけど、やっぱり今の時点のわたしはそういうことは自分じゃ思い付かないものだったので、「これが今後、この分野の専門家になるってことなんだなあ」って思った。と同時に「今後、こんなことが自分一人で思いつけるのかな」と思うと少し不安だったりする。

ともかくこれはこれで完了し、あとはこれを実習先の事前オリエンテーションのときに持参すればいい。事前オリエンテーションも少し前に実習先に連絡を取って日程が決定している。

そして明後日からいよいよ第2回目のスクーリングが始まる。3日間のスクーリングで身体はヘトヘトになると思うんだけど、頭は痛くなりませんように。。それだけが心配。

レポートの方は「社会調査の基礎」は書き終わり、今は「相談援助の基盤と専門職②」に取りかかっているが、これがまた、非常に書きにくい、というか資料、どうやって探すんだろこれ、って感じ。なので資料探すのに時間をかけるより多分、参考文献なしで教科書のみで書いた方がよさそう。スクーリング中に大学の図書館に行って資料を探す、という手が取れそうなんだけど、実はスクーリング中は大学の夏期休暇中ってことで開いてる時間が短く、そのほとんどすべてがスクーリングの授業と被るので行けないんだよね。

で、なんとなく取っかかりがつかめなくて、一昨日辺りから書こうとしてもなんて書いていいのか分からないので、ゲンジツトーヒしている。

ダメダメ。明日までには書き終えよう。
15:30 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08-28 Mon , 2017
今日で18000日
このブログの左端の一番下のところに「この世に存在し始めて」という欄がある。

この世に存在し始めて18000日


今日で18000日。確か、17000日のときもブログを書いたような気がするけど、あれからもう1000日、2年半以上経つのね。2年半っていうと過ぎた年月の長さがなんとなく理解できるが、1000日前と言われてもそれが長いんだか短いんだかピンと来ないのはわたしだけか。

そういえば、広島に原爆が投下されてから今日まで約26,320日らしいのだが、それを知ったとき「え??もっと何万日も前じゃない?」って思ったのね。というのは、わたしがこの世に存在し始めた日は、原爆投下された日から1万日も過ぎてなかったってことが信じられなかったからだ。わたしにとって、広島に原爆が投下された日というのは、かなりかなり前の大昔のことだという認識がある。1万日経ってなかったって信じられない。

しかし、広島に原爆が投下されてから今年で72年。そしてわたしは49歳になった。ということは、この72年間の7割以上、自分はこの世に存在していた、ということになる。そう考えると、広島に原爆が投下されてからわたしがこの世に存在し始めるまでの方がだいぶ期間が短い、というのは理解するのだが、それにしても約8,300日しか経ってなかったのか。。大雑把に計算してみても、72年×365日=26,280なのだから、約26,320日はまったく妥当なんだけど、やっぱり今も心のどこかで「そんなはずはない、原爆投下はもっともっと大昔のことなんだから」と思っている。

というわけで、わたしも49歳になった。いやー、来年は50歳。っていうか、もうめんどくさいので自分の年齢を言うときは「だいたい50です」と言っている。

年齢って昔からなってみると案外「あ、こんなもんか」と思うものなんだね。それこそ小学校低学年の時に「小学6年生はみんなおとなだなー」って思ってたけど、実際6年生になったときは「あ、こんなもんか。全然おとなじゃないじゃん」って思ったし、20歳になったときも「あ、こんなもんか。全然おとなじゃないじゃん」って思ったし。40って不惑だけど、全然不惑じゃないじゃんって思った。

いやー、50も同じだね(笑)というか、「全然おとなじゃないじゃん」という認識より、逆に「30のときとあんまり認識が変わらないね」という風になってきたので、多分それが「おとな」になった証拠なんだろうな~。ええ、つい最近まで50歳ってすごいおじさんおばさんな年齢だと思ってたし、実際今もそう思うんだけど、その年齢を目前に控えている今現在考えるのは「えーと、30のときと(気持ちが)全く変わってない気がするんだけど」ってことで、わたしが20代30代だったときの「50歳だった人」も、もしかしたらそう思ってたのかな?と今、そんなことを考えている。

この歳になって一番衰えを感じるのは目で、老眼がだんだん進んできたなとは感じるが、それ以外はあまり衰えは感じない。わたしの場合、結構強い近眼なので、日常的に度の強いメガネを掛けているが、これでは焦点が合わせづらくなって本が読みづらくなってきた。かといって、メガネを外すと今度は強い近眼のために文字がぼやけて見える。なので、いちいち「読書用メガネ」をかけないと本が読みづらい。よく「老眼になると目がよくなる(=度が緩くなる)。近くのものがよく見えるようになる」と言われてたから、近くを見るのにはメガネがいらなくなるんじゃないかと期待してたけど、強い近眼の場合はあんまり恩恵がなさそうで残念。ただ、今のままの度は多分合ってないので、時間ができたらメガネ屋さんに行って度を合わせてもらいたいと思ってるんだけど。そのときに遠近両用を薦められるかな。。

あー、あと、本人は衰えだと思ってないけど、ここ数年で白髪は増えた。でもこの年齢で白髪が生えてないと年齢不詳になって困るので、ある程度年齢がいった人ですよって分かるためには、白髪はあった方がいい。あと、白髪が生えていると白髪がないより顔の印象が柔らかくなるので、そこのところはメリットだよなと思っている。

ただ、相変わらず性別は不祥のようだ。てか、男性に間違われているようだ。今日、図書館に行って本を借りてきたのだが「このカードの持ち主はどこにいらっしゃいますか」と聞かれた。「わたしが本人ですけど」って答えて「あっ、それはすみません」ってことになったのだが、これ、こないだTSUTAYAでDVDを借りたときも同じことを聞かれたような。。(笑)

ま、別に気にしなーい!
17:55 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08-20 Sun , 2017
健康までの道は程遠い
7月は身体がものすごくしんどかった。
これは明らかに自分の体力以上にやることが多すぎて動きすぎてしまった結果。
その中で「体力を付けたい」って頑張ったのだが、運動できるような体力は残ってないし、それならスーパー銭湯で体力を付けよう(=長時間風呂に入れる=体力が付く)と思って行ってみたら、入ったあとに風邪引いたり頭が痛くなったり(=体力使いすぎ)。

そんなこんなの日常。

えーと、精神科にはもはや通ってません。
どうせ眠れないだけだし、おまけに出される睡眠剤の副作用に振り回されて、結局出される薬はもうないだろうなーと思って行くの止めた。

その代わり、この体力のなさとか疲れて動けないとかだるいとか息苦しいとか背中が痛いとかどうかならんかと思って、先月から漢方薬をメインに処方してくれる病院に行っている。その病院には既に2回行った。

1回目の処方は、
十全大補湯(ツムラ48)、加味逍遙散(同24)がベースで加味帰脾湯(同137)、麻子仁丸(同126)が寝る前。頓服は柴胡加竜骨牡蛎湯(同12)。

十全大補湯は体力が弱っている人に効果があるらしい。加味逍遙散は以前、精神科で出されたことがあってずっと飲んでいた。ただそのときは効いてるか効いてないかよく分からなかった。加味帰脾湯は睡眠剤に近い効果。麻子仁丸は下剤。漢方ってどうしても「便を出す」ってことが基本になるらしい。この麻子仁丸の効き目はわたしには強かった。よく「便秘と下痢を繰り返す」っていうけど、まさにそれ。っていうか、出始めたら腸の中が空っぽになるまで出続けるので、ある程度溜まる時間が必要なだけで、それが「便秘」って表現されていいのかな~?とは思うけど。出てる間は腹痛を伴うのでたまったもんじゃない。
頓服で出た柴胡加竜骨牡蛎湯はイライラしたときに飲めと言うことだったが、1回分飲んだのみ。それも特にイライラしたからじゃなく、たまに背中にアカシジアみたいなムズムズするのが出るのだが、それが出たので「これに効くかな?」と思って試しに飲んでみただけ。(ちなみにそのアカシジアみたいなのは、いつも何もしなくても1時間くらいで自然に治まるし、背中のアカシジア自体滅多に出るものじゃなく、現にこれ以降は一度も出てない)

2回目の診察の前に、貧血だってことが分かり、そのことを報告。あとわたしは1年くらい前から腰が冷えるようになって、でもそれはずっとではなく、ときどき起こってたのだが、この診察の1週間くらい前からまた腰が冷え始めたのでそれも報告。あとは下剤が効きすぎることも報告。脈診の結果、ストレスは以前より減った脈をしてると。その結果、

十全大補湯(ツムラ48)がベース。当帰芍薬散(同23)は朝、加味逍遙散(同24)は夕。加味帰脾湯(同137)、潤腸湯(同51)が寝る前。頓服は呉茱萸湯(同31)。

前回の処方も「血が増える処方」だったと言われたが、これは前回よりもそれ以上なのか、同程度なのか。細かいところはよく分からないが、ストレスが減ったことで加味逍遙散が減り、当帰芍薬散が加わったっぽい。当帰芍薬散は飲んだら体温が物理的に上がった。もともと基礎体温はここ数年ずっと測ってて、それによるとわたしは元々結構体温が高く、低温期でも36.6度、高温期になると37.4度くらいになる。それが当帰芍薬散を飲んだら全体的に+0.2度くらい上がった。なので、ここ最近ちっとも暑くないのに汗ダラダラ。の割に腰は相変わらず冷えるので、これは身体の冷えとは関係がないのだろうか。あ、夜中にトイレ1回くらい行くことがしばしばあったけど、それは行かなくなった。夜中のトイレは冷えと関係がありそうだ。麻子仁丸の代わりに潤腸湯という下剤に変更されたが、名前の通りこれはちょっとマイルドかも。しばらーく出なかったけど、出始めたら毎日お腹痛くならずに便意で便を出したくなる。
頓服の呉茱萸湯は頭痛時。もう3回くらい飲んだか。うち2回は効いたが1回は効かなくて西洋薬の偏頭痛薬を飲んで治した。めっちゃにがー!!!な漢方薬。頓服でよかった。

で、これで結構順調に行ってるなあ~と思ってたんだが。

健康診断で貧血を指摘され、その場で精密検査となり、その結果を先日聞きに行った。典型的な鉄欠乏性貧血だった。フェリチンが正常値以下で絶望的に低かった。フェリチンって鉄を溜めとく場所にどのくらい鉄が溜まってるかという指標だそうだ。正常値は6-167で「普通二桁はあります」って言われた。その結果フェロミアという鉄剤を処方されたのだが、これねー、以前も飲んだことがある薬でわたし、2錠飲むと腹痛起こして腸の中空っぽになるまで出続ける、ある意味わたしにとっては「強力な下剤」と一緒なのだ。なので「2錠は飲めません」って医者に言った。そしたら「1錠じゃ鉄は溜まりません。本来ならあなたは4錠この薬を飲まなければならないんです!」って言われた。。

「お腹痛くなるんですけど」というと「じゃあ、下痢止め出します」って。「下痢止めでお腹痛くならないんですか?」と聞くと「。。。」で。じゃあ、お腹は痛くなるのに出ないんだったら、ずっと地獄の苦しみじゃん?その場合、止めることに何の意味があるのだろう??(外出時に下痢が出るよりマシってことか)

しかもわたしは今漢方で下剤を飲んでいる。その上に更に(わたしにとっては)強力な下剤(=フェロミア)を飲み、その副作用を止めるために下痢止めを飲めと。。わたしは便を出したいんだか出したくないんだか??だんだん頭がこんがらがってきた(笑)わたし、今ようやく潤腸湯で順調な排便できてたのに(しゃれか)。

医者にはとにかく、どういう方法でも、薬を割っても何してもいいから工夫して1日2錠は飲めと言われた。「そうじゃないと輸血しなきゃならなくなりますよ!!」と脅されて怖かった。。帰ってネットでいろいろ調べたけど、鉄欠乏性貧血の治療って、どうやってでもどんな副作用が出ても鉄剤を飲め!ってことらしいですね。。食事やサプリではもはやここまでの貧血は改善できないらしい。もちろん日々鉄を取るという姿勢は大切だけど。で、鉄剤で副作用に苦しんでる人も多いらしい。それからわたしも注射もあるよと言われたが、まだそんなに強くは薦められてない。まぁこれは今後、本当に鉄剤飲めなかったら考えなきゃいけないこと。あと別の貧血の薬もあるらしいが、わたしが診てもらっている病院はフェロミアしか出せないんだと(泣)

で、家に帰ってから2錠いっぺんはダメだから、1錠ずつ飲もうと思って昼食後に飲んだら、その後すぐにお腹が痛くなってトイレに何度も駆け込むことに。だけどその日の夕食後飲んだら痛くならなかった。ということは、どうやら1錠でもお腹がいっぱいになったときに飲まないとダメってことが分かった(昼食はそんなにたくさん食べない)。しかもその影響で翌日は胃痛に苦しんだ。食欲もなくなった。今年は5月下旬に極度の食欲不振で胃カメラ飲んだけど、まぁあのときほどではないがそれに近い胃と食道がスースーする感じがする。

食欲不振はやっと最近なくなったと思って喜んでたのに、1日で逆戻りかよ、と思うとこの先のことを考えて絶望した。よくなるのはじわじわ、悪くなるのは一瞬なんだからね。

そんな感じなのに、やっぱり鉄剤は飲まないといけないんだろうな~(泣)
2錠でもこれだから、4錠はとうてい飲める気がしない。
1ヶ月後に再度血液検査だそうだが、それまでに処方された薬を飲みきれない感じがするので気が重い。

まぁ次の漢方医院でちょっと相談してみる。

健康までの道のりは程遠い。
14:42 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08-05 Sat , 2017
実習計画書(案)の提出
自分でもこんなに早く書けるとは思ってなかったんだけど、一応、実習計画書(案)を作ってみたんで、実習の担当の先生にメールで提出した。まぁこれはあくまでもたたき台なので、これから数回メールのやりとりをした上で完成させる予定。

ただ実のところ、集めてきた資料を全部読んだ上で計画書(案)を書いたわけじゃなく、まだ半分も読めてないというか、資料集めも全部やったとは言い難い。先生から「社協については論文がたくさんあるから読んでみた方がいい」と言われていたのに、そちら方面はまだ全然手を付けていない。なので、よくこんな状態で書けたなとも思う。しかも、実習計画書(案)を書けと言われたときも今も、正直「実習先でどういう実習やるのかさっぱり分からないのに計画書書けってどういう意味だよ?」と思っていたりする。イヤミみたいに(案)って付けてるのは、この後実習前に実習先に行って、そこで実習先の担当者とすり合わせをした上でちゃんとした「実習計画書」を作り直すんだそうだ。それ聞いて「えー?なんか案を作るのって無駄じゃん?」って思わなかったこともない。しかも実習計画書の見本みたいなものも全然なく、6月のスクーリングの時受けた説明もなんとなく抽象的なもので、それを一体どうやって具体的な計画にするんじゃ??と思ってた。

ただ、実習先が決まってからいろいろ資料集めをして、全部じゃないながらそれを読んだり、あとは日々の教科を勉強するうちになんとなく自分の中で疑問が湧いてきて、それを一旦まとめてみようと思って好きに書いてみたのね。そしたら疑問の項目が6つできて。で、その疑問をどうやったら解決できるかなと思ってスケジュールを組んだらなんとなく書けてしまったという。

でも正直、それがいいかどうかはまだ全然分からない。どう考えても自分の持っている疑問は誰かに聞いてすぐ答えが返ってくるようなものではないのは分かってるし、そういうことを実習で聞いたり考えたりすることがいいのかは分からない。実習ってもっと基礎的なことを身に付ける場だとしたら、わたしの今持っている疑問は応用的すぎる。

だけど、そういう分からないことがあったら、実習担当の先生に思い切って聞いてしまうのが一番いいと思う程度にわたしは実習担当の先生を信頼している。今のところスクーリングで3日間しかお世話になってない先生なんだけど、なんとなくこちらで分からないことをうじうじ考えているより全部言っちゃった方がいい感じがする先生って気がするので。

なので、自分が疑問に思ったものを6項目挙げた文書と実習計画書(案)を一緒に送って上のようなことが分からないんだ、ということをきちんと書いて送ってみた。もし全然見当外れなことを書いていたとしても、今だったらまだ時間はあるし(実習計画書(案)は事前のオリエンテーションのときに持って行くが、事前のオリエンテーションは多分来月中になる)、書き直してまた再度提出すればいいし。

ま、その間、集めた資料を読んでおかなくては。社協が実習先だと利用者が明確に想像できないので、ホント、すごーいイメージしにくいんだよね。それなのに資料だけは大量にある(役所の計画と繋がってるので。でもこれはどの施設も同じか。だが、社協の範囲は高齢者だけ、とか障害者だけ、ではなく、範囲が全部なので大量なのだ)。そして前回書いた「社会調査の基礎」、まだほとんど読めていない。。orz

体調がめちゃめちゃ良くない。家の外に出るだけでも億劫に感じる、というか正直途中で息切れして倒れないかとかちょっと不安な状態になってきた。6月に健康診断受けて、もう随分前に「結果が出ましたよ」って電話が来たのだが、昨日まで忙しかったり疲れてだるくて行けなかった。昨日もだるかったのだがようやく行ってきたら医者に「貧血がひどい」と言われた。で、精密検査のために再度採血された。貧血の種類を調べるそうだ。もともと貧血気味で、それでもヘモグロビンは2桁を保ってたんだけど、ついに1桁になってしまって。まぁ重度の貧血ではなく中度の貧血だけどね。もしかしたらここ1ヶ月めちゃくちゃだるくて仕事も休みがちなってしまったのは、貧血のせいなのかなあ?
18:47 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08-01 Tue , 2017
第2学期開始
今日、8月1日から第2学期開始。期間は11月30日まで。

今日からまた新たに8本のレポートが課される。
今期出すレポート科目は「社会調査の基礎」「相談援助の基盤と専門職2」「相談援助の理論と方法2」「地域福祉の理論と方法1」「福祉サービスの組織と経営」「高齢者に対する支援と介護保険制度2」「保健医療サービス」「相談援助演習2」。第1学期とはちょっと様相が異なってきた。題名だけではちょっとピンと来ない「福祉サービスの組織と経営」だとか「保健医療サービス」だとかがあって、レポートの課題内容も今読んだだけではどんなこと書いていいんだか?という感じ。

そりゃ、教科書読まないと分かんないでしょ、勉強したことないんだからと思うが、前学期は法律的な内容に関することが多かったので「これはこの法律読んで、その前提になるこういうのがあるはずだからそれを探して」とか、教科書を読む前にある程度何を調べたらいいのか、見当が付いたんだよね。ところが今回は課題自体、何を言ってるのか今のところはよく分からない。。なので、どういうことを調べればいいのかも何を調べたらいいのかも当然のことながら今の時点ではよく分からないので、レポート作成にどのくらい時間がかかるか分からずちょっと不安。

それに加えて今期は実習が重なる。事前に実習計画書(案)を作成したり、実習先に訪問したり、実習のための事前学習もある。レポートを書きつついろいろやらなきゃならないので、大丈夫なのか?とこれまたちょっと不安。

そして第2学期の中に「地域福祉の理論と方法」があるのは社協が実習機関なので大変タイミングがいいが、それ以外にも就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度などの教科書も関連する(だろうと思う)ので、実習始まる前までに読んでおきたいんだよね。そんな時間があるとは思えないが。。

7月22日に第1学期最後のレポートを出したあとの9日間は、結局自分の読みたい本1冊と実習に関する本半分くらいまでしか読めなくて、その他のことはまったくできず、ひたすら休んでいた。それでもあんまり体調よくない。6月30日に健康診断を受けてきたのだが、その結果が半月以上前に出ましたよと電話をもらったのだが、行く気力がない。近所の病院なんだけどね。

まぁそんなこんなで先行きが不安なのだが、一つ一つクリアしてくしかない。

まずは「社会調査の基礎」の教科書を読むことから。

頑張ります。
20:40 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07-22 Sat , 2017
レポート、書き終わった~!
ただし終わったのは第1学期分で、8月1日から第2学期分の8本のレポートが待ってるけどね(´Д` )

前の日記では7月20日までに書き終えたいって書いたけど、結局は2日遅れの22日だった。「低所得者に対する支援と生活保護制度」のレポートが思いの外書きづらくて。。というか、レポートが書きづらかったのではなく、調べれば調べるほど気分が悪くなってきたので、それで時間がかかってしまったのだ。

今学期は法律関係について問われる内容が多くて、そういう場合は厚生労働省の該当の審議会の議事録とか資料とか当たって「根拠」を調べることが多かったのだけど、生活保護の場合、例えば不正受給についてもっと厳しくしましょう、みたいな話し合いの際にまったく資料がなく、「不正受給は全体の0.4%だけどね~やっぱり厳しく対処していかないとダメだよね~」(この0.4%についても、特に資料が出ていたわけではない)で話が進められていたのにはびっくりした。もちろん、一部の出席者からは統計に基づいた「そうではない」という指摘もあることはあるのだが、それはほとんど無視されている。生活保護に関しては全体的に統計がどうも恣意的に扱われているような気がしてならなかった。例えば「生活保護は1951年度を抜いて過去最高の受給者」(2011年度)と言われたが、全体の日本の総人口は1951年度と2011年度を比較すると1.5倍に増えてるので、受給率は1951年度の2/3に過ぎない。受給世帯も「高齢者」「障害者」「母子家庭」「その他の世帯」に分かれてて、「その他の世帯」が増えてるから、もっと働かせないと!って議論になっているが、「その他の世帯」の内訳を見るとその約半数が60代以上と10代以下で、そもそも「働けない」人たちである、残りの半数のうち「世帯主」じゃなく「重い障害」でないので「障害者世帯」に入らない人たちがここに入っている、それを除いた2/3の人たちは既に働いている、ということが分かっているのに、「その他の世帯」一括りにして見られて、いかにも「働けてる人が働いていません」という風に統計上見えてしまう。ここらへんのことは、日弁連が出した「今、ニッポンの生活保護制度はどうなっているの?」というパンフレットに詳しい。

なのだが、こういう統計の分析はなぜか審議会の資料の中では全くされておらず、ただただ絶対件数のみで議論しているので、全然実態に即した話し合いがされておらず、現に「件数が1件でも多くある」ことがいけないことのように話し合われている。不正受給にしても同じ。調べてみたら読売新聞の「貧困と生活保護(46)生活保護の不正受給率はごくわずか 未然に防げるものが多い」という記事が非常によくまとまっていたのだが、不正受給にしても、件数自体は確かに増えている(=件数の絶対値は増えている)が、1件当たりの不正受給金額は減っていると書いてあった。ということは、ここにも書いてあるが、ちまちまとした不正受給までよく拾えるようになった、その結果件数の絶対値が増えた、ということなのだ。そして、この「不正」においても、事前にケースワーカーさんが「子どもがアルバイトをするようになったら申告して下さいね」と言っていればかなり減るのではないかとのことだった。

それ以外にも「不正受給」の中には、交通事故の被害者が、加害者が入っている自動車保険から求償せずに生保の医療扶助を受けたことも「不正受給」になってるんだよね。被害者としてみれば、自動車保険から求償することと、医療扶助から医療を受けることは、どちらも自分にとっては違いはないので、わざわざ加害者に求償するのを拒む人がいるらしいんだけど、こういうのって不正受給しようと思って求償を拒んでるわけじゃないよね(確かに「捕捉性の原理」には引っかかるんだけど)。まぁ、この件については国が第三者求償権を得るという法律を作ったことによって、こういう問題はもう起きないようになったのだが。が、一般に「不正受給」と聞いて思い浮かべることと、実際に起きている「不正受給」の間にはかなり隔たりがあるってことだよね。「不正受給件数が過去最高」と報道されるけど(その元は厚生労働省がそういう発表しかしないから)、1件当たりの金額は減った、ということはまず陽の目が当たらない。一般の人は「不正受給はやっぱり増えてるんだ。やっぱりもらってはいけない人たちがもらっているんだ!」という「印象」を植え付けられてしまう。

その元が審議会だ。審議会で話されていることは結局「生活保護を受けるとどんなスティグマが貼られるか思い知らしてやれ」「働かない人がいるから働かせるようにしろ」という話し合いしかしていない。一部の人が「そうじゃない」といい、審議会の報告書などにはそれが反映されているところもあるけど、実際の法律になれば、そんなことは無視されている。役人から出される通知も同様。なので、審議会の議事録は全部丹念に読んでるわけじゃなく、むしろさらーっと読み流す程度にしたのだが、調べれば調べるほど気分が悪くなっていくので、「低所得者に対する支援と生活保護制度」のレポートを書くことは今までで一番つらかった。。ただ別にレポートとこの話題はほとんど関係がなく(笑)、、少しは関係があったんだけどね、でも、根拠となると考えられていることが実は全然根拠ではないと分かってしまった以上、そのことを根拠にすることは、わたしにはできなくて、別の方向から書いた。

ってことで、彼女からは「たかが1200文字のレポートにどのくらい労力を費やしてるんだ!」と言われるけど、最後の方はかなり要領がよくなったと思っている。なんてったって、約20日のうちにレポート4本書けたのだから。

ただ、身体の調子はほとんど元に戻ってなくて、また会社を休みがち。今月2回しか仕事行ってない(´Д` )疲れてるので、昼寝しても夜眠れる。夜は比較的早く寝てるけど、朝もそんなに早く起きられない。そんな感じ。寝ても寝ても身体がだるい。疲れが取れない。背中が痛い。息苦しい。しんどい。まぁこんな中でよくやったわ。

次の学期は8月1日から。だけど、残りの10日ではやりたいことがいっぱい。今まで読めなかった個人的に興味がある本が読みたい。実習先について調べたい。実習計画書(案)を書かなくちゃ。前倒しで8月1日からの教科書も読んでおきたい。できたらレポートにも手を付けたい。なんてことを考えると、休むヒマがないなあ。。
13:58 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07-08 Sat , 2017
あと2本
7月31日までに提出するレポートがあと2本になった。
今月初めまでは4本だったので、半分を消化したことになる。

今年の4月に大学に入学し、そこから7月31日までが第一学期。その間にレポートを8本提出しなければならない。
単純計算だと半月に1本になるんだけど、今学期はそのペースがなかなか掴めなくて、それで予定通り行かなかった。6月下旬の時点で教科書3冊、レポート4本だったのだけど、そのうちの教科書2冊を5日ずつかけて全部読み、その後2本立て続けに資料集め、レポート書きをした結果が今だ。なので、あと教科書1冊とレポート2本が残っている。

多分、これから5日かけて教科書読み、そして資料集めとレポート書き。次の課題は演習の課題なので読まなければならない教科書はない。課題からして集める資料もなさそう。自分のことをじっくり考えて書けばいいので、おそらくそんなに時間はかからずに書けるだろう。予定としては、20日頃までに全部提出してしまいたいところなんだけど、できるかな。

あまらせた10日間は第2学期分のレポートに取りかかろうと思っている。というのは、第2学期から新たにまた8本のレポートが課されるのだが、第2学期の期間、8月1日~11月30日って、ちょうど実習期間と被ってるのよね。実習は10月中旬から始まるので、第2学期の半分は実習中なのだ。実習とレポートが重なるのはちょっとつらそうなので、できるだけ前倒しでレポートを書いてしまいたいな-と思っている。

ただ教科書読みは第1学期に読んだものと重なる学科があって(相談援助の基盤と専門職と相談援助の理論と方法と高齢者に対する支援と介護保険制度)、まぁもう一度再読するつもりだけど、これは1回目を通してるので多分ちょっとは楽なはず。ただ、レポート課題は第1学期に比べると書きづらそうな印象。

第1学期は割と法律関係の話が多く出てくる分野で(高齢者、障害者、児童福祉、低所得者)、わたしはこういうのに対しては、とても資料が集めやすいというか、なんとなく課題に対する道筋だけは分かるんだけど、逆に相談援助の理念や技法に関しては、なんて書いていいのか未だによく分かっていないというか。。なので第1学期も書いた「相談援助の基盤と専門職」と「相談援助の理論と方法」はすごく書きにくかったのよね。逆に第2学期はそんな感じの科目が増えるので、苦労するだろうなあ。。

そうそう、こういうカリキュラムの組まれ方、どこも同じわけじゃないみたいです。最近偶然、別の専門学校のウェブサイトに載ってたカリキュラムを見たとき、全然違ってたのでびっくりした。「人体の構造と機能及び疾病」だけは共通して一番最初だったけど、その後は心理になって相談になって、高齢者とか障害者制度などは最後の方になってた。社事大のカリキュラムは「人体の構造と機能及び疾病」の次に「相談援助の基盤と専門職」「相談援助の理論と方法」をやって、次からは高齢者、障害者、児童福祉、低所得者、なんだよね。「人体の構造と機能及び疾病」の次に心理、相談というのは、今使ってる教科書、新・社会福祉士養成講座(中央法規)の順番通りで、そこから行くと、わたしがウェブサイトで見た専門学校のカリキュラムはこの順番通り、社事大の方がわざとそうしたカリキュラムを組んでいる、ということになる。

でも、実習をしなければならないわたしにとっては、社事大のカリキュラムの方が合理的なのだ。というのは、やっぱり実習をする際、自分の行く実習先はなんの法律が根拠になってて、どの制度の中に組み込まれてて、どういう支援があるのかなどを考えると、やっぱり実習に行く前に一通り、福祉制度について知っておく必要があると思うからだ。とはいえ、そんなにしっかり頭に入っていることはなく、漠然とした印象だけしか残ってないけどね。高齢者制度はとても複雑、障害者はなんか障害別にきっちり分かれてて、児童福祉は去年の改正でかなり進歩的になったなあくらい?だけど高齢者も障害者も児童福祉も微妙に影響し合って政策が進んでいることも分かるのだ。それに実習前に一度触れておくと、実習でもし「ここはどういう制度になってんの?」って思ったときに、自分で調べられるようにはなってるんじゃないか。というわけで、入学する前はカリキュラムが学校によって違うなんてことは全然思わなかったのだが、入ってみて、実際に勉強してみて「なるほど、そういうことか」と理解できるという。。まぁこれ、鶏と卵ですけどね。入ってみて「このカリキュラム、自分に合わない」って思ったとしても、引き返すことは無理だからね。。

ってことで、今日から「低所得者に対する支援と生活保護制度」の教科書を5日で読んで、そのあとレポートに取りかかる予定。ただ、この課題選択、まだどちらにするか決めてない。。事前の資料集めが少なそうなのはG-1だが、レポートとしては結構書きづらそう。逆にG-2は資料集めは大変そうだが、レポートとしては書きやすそうなんだよね。ま、これは教科書読みながら決めることにする。

最近の体調はものすごく悪い。7月入ってから2回仕事があったけど、1回目は休み、2回目は会社には行けたものの、気分が悪くて1時間もしないうちに早退してしまった。まぁここずっと休みなくやってるので体力低下しているのは確実なのに加え、暑くなってしまったので疲労がすごい。夜早く寝るようにして疲れを取るようにしてるのだが、追い付かない。昼間寝ても寝ても寝たりない。身体がだるくて起き上がれない。でもやらなきゃいけないのでやる。すると余計疲れてだるくなってまた起き上がれなくなる。大丈夫なんかな、わたし、と思うこともあるが、まぁやるしかないよね。こんなに身体が疲れててもやる気だけは十分あって、体力が付いていかないだけなのだけど。。逆にやる気がなくならないから休めないともいうか、頭が休もうとしてくれないというか。。
12:25 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-20 Tue , 2017
1回目のスクーリングが終わりました
6月17日から19日、すなわち昨日まで、初めてのスクーリングだった。

いや、もう、

疲れた~(´Д` )


最初の2日間は「相談援助演習」、3日目が「相談援助実習指導」という科目だったのだが、わたしのような「実習有り組」は3日間ばっちり、「実習免除組」は最初の2日間だけで終わりというシステムになっているらしい。

で、これらはすべて「チーム」で授業を受けることになっているみたいで、1日目行ってみたら、すでに自分がどこのチームに組み込まれているのかの表になってた。1チーム15人~20人くらいだった。うちは18人のチーム。すべての人が「実習有り組」(というか、もともと「実習有り組」と「実習免除組」は同じチームにならないみたい。免除組は3日目がないんだから当たり前か)。ちなみに社事大の場合、学生は全国規模でいるようで、今回のスクーリング参加者は北は青森から、南は沖縄から来ていると一番最初のオリエンテーションの時に言われた。

演習は先生の自己紹介とか名前程度の各自の自己紹介があったあと、いきなり2人組になって自己紹介から始まり、4人組になって今度は他者紹介をするとか、わたし、初対面の人めっちゃ苦手なんで、きつかった~!しかもその後、グループを作って各自の意見を言い合い、それを発表する、の繰り返しで、静かに先生が講義をするのを聞いてる「座学」よりもめちゃくちゃ頭を使ったし、短い時間の中でいろいろ考えなきゃいけないし、自分の意見も言わなきゃいけないで、すんごく疲れた(´Д` )

しかも!3日目に実習先の下調べを提出せねばならず、わたし2日目が終わるまでそれが手つかずだったのね(資料は集めてあったし、ある程度下書きはできてたけど)。なので2日目は演習で疲れてるにも関わらず、夕食を食べた後23時過ぎまでそれを書いてて。しんどかった~。久しぶりに疲れで眠くて頭がクラクラしてきた。まぁ頭痛にならないことだけは気をつけたけど、ある程度身体って「次の日もある」と思うと本格的な頭痛にはならないようだ。3日間で頭痛の予兆は何回かあり、頭痛薬は2錠くらい消費したけど、幸い本格的な頭痛にならなかった。

演習の内容はチームごとに違うらしく、別の先生のチームは別のことをやっているらしい。うちは最初の方はKJ法とかやった。KJ法は割とあちこちでやってるのを聞いたことがあるんだけど、わたし自身やるのは初めてだった。ただなんにしろ、時間が圧倒的に足らない感じがして、本当だったらもうちょっといろいろ考えて言葉を分析して分類したかったんだけど、そういう時間がなく、なんかとても中途半端に分類してしまった。他の課題ものんびり考えている時間はなく、思い付いたことをパッパと書き出すくらいしかできなくて、反射神経がないととてもきつい。なんせ自分の意見や感想を事あるごとに言わねばならないのだ。そしてそれを発表させられる(もちろんグループという単位なのだが)。なので、反応できなければ自分の考えも言えず、結局ずっと黙ったまま、だけど、1グループが4~5人だとそういうわけにもいかない。これはかなりきつかった。今、この年齢だからまだやれてる部分はあって、同じことを学生時代にやったら、わたしは何も言うことができず、さりとて発言せねば周囲から発言を促されることになり、とても苦痛な時間だったと思う。あ、あと、うつ病の影響も今はほとんどないので、それでできるということもあるか。数年前のうつ病がひどくて苦しんでいた頃は、こんなことは絶対にできなかったと思う。

3日目の「相談援助実習」は、まずは大きな広い講義室で「実習有り組」の人たちが全員集まって実習の概要を聞いたのと、あと実習中に「巡回指導教員」って人が1週間に1度、実習先に来るそうなのだが、その先生たちとの顔合わせをした。それぞれ教員が前に出て一言自己紹介をしたのだが、それがとても心に残った。何人かの教員は「この実習で自分の人生が変わった」って言ってた。自分の実習はつらかったと言われる教員もいた。それを聞くとなんだかこちらもとても不安になるが、しかし実習を乗り越えると自信に満ちた顔つきになるという。まー、それは分からないでもないけどね。。

うちの大学(高校卒業したあとに入った大学ね)は、1年生の夏に「臨海実習」という、ものすごーいきつい実習が必修であった。海で遠泳をさせられるんだけど、実習始まる前に泳げない学生が、一週間して実習が終わる頃には1キロ泳げるようになっているという、とてもスパルタな実習だった。学校では「この実習を乗り越えなければ水大生じゃない、それまではただのお客さん」とよく言われたものだ。なんかつい、そのことを思い出してしまった。。

確かに乗り越えた今は「あの実習、いい経験だったな」と思うけど、やらされる身にとっては戦々恐々としかしない。実習やってる最中は死にものぐるい。まー何事もそんなもんだよね。しかも、今度の実習は1ヶ月。かなり長期戦だ。それに相談援助実習なんだから、最初に「人ありき」で、自分自身が頑張ればなんとかクリアできる体力的な実習とはかなり違う。

しかも入念な事前準備が必要で、これから実習計画書(案)を作らなければならない。

そのための昨日の授業だったのだが、なんか実習前にやること目白押し。これに日々のレポートが根底に流れている。きつい。とてもきつい。社会福祉士の受験資格を得るだけなのに、こんなにきついことやるの?って感じだ。確かに実習免除はそれと比べると楽は楽。スクーリング終われば日々のレポートのみだろうから。だが、「実習有り組」は普段自分が行ったことがないような、自分が関わったことのないような施設に行くわけで、そことの繋がりができる。また、昨日の教員の話を聞くと、先生方もこの実習にはかなり意欲的に取り組まれている感じがして、学生も頑張らなければ、という気にさせられる。そして今までの経験上、実習を乗り越えたあかつきには、やっぱり今までの自分とは何か違った自分になるような気がしている。

そう考えると、戦々恐々としている自分がいることも事実だが、少し楽しみにしている自分もいる。

そしてチームという存在。これがあるから脱落者が少ないだろうな。。社事大の社会福祉士一般養成課程の修習率は87.3%だそうだ(H26年度)。そして入学してくる人のうち、6割は実習免除組で、4割が実習有り組で、この比率は毎年ほとんど変わらないと言われた。修習率の内訳はどうなっているかは発表されていないので分からないが、一般的に実習免除組よりも実習有り組の方が修習率は低いだろうと考えられる。が、それでもかなりの修習率だ。もし仮に実習免除組の修習率が100%だったと仮定しても、実習有り組の修習率は約68%になる。実習有り組の人でも約7割の人は社会福祉士の受験資格が得られるのだ。

数年前に所属してた中央大学の通信課程は修習率は知らないけどかなり低いと聞いた。社事大通信の修習率が高いのは、ひとえに「チーム」という「人の力」なんだろうと思う。もちろん個々人では「社会福祉士の資格を取る」という目標があるのだが、それに向かって一人で頑張るのとそうでないのは大きく違う。

まーわたしもここまで「チームごと」に分かれてるとは思わなかったけどね。。

で、正直なところ、わたしはそういうのはあんまり好きじゃない。どこかに「所属する」とか、そこに「力が働いて」それが個人に影響する、とか。特に多数で一方の方向にのみ向くという状態は、わたしはとても違和感を覚えるし、危機感も覚える。なぜかというとその状態は「異論を言いにくくなる」雰囲気が醸し出され、誰か異論を持つ人を「排除する」方向に行きやすいからだ。チームの中で多様性を失わせないということは案外難しい。それはチームのみならず、何かの集団でも同じことだ。

また、わたしは「前向き」とか「ポジティブ」いうのが非常に苦手だ。苦手というか大嫌いだ。得てして一つの目標に向かって進んでいる人たちの集団は「前向き」「ポジティブ」がよしとされ、「後ろ向き」「ネガティブ」はあってはならないこと、とされる。が、ポジティブについてもわたしは危険性を感じている。ポジティブというのは「細かいことは気にしない。それよりも前を向いて進め」というもので、その「細かいこと」の中に実は重要な点が含まれているかも知れない。考えて嫌なことは「見ずに進め」「目を潰れ」というのだ。「ネガティブは何も生み出さない」という人もいる。が、ネガティブはわたしに言わせれば「考えるきっかけ」となる。その不安感を解消するにはどうすればいいのか。「もしもこうなったらどうしよう」ということは、一方で「危機管理」に繋がる。ことが起こって「想定外でした~。でも前を向いて生きなきゃね」ですませたら、また繰り返し同じことが起きる。わたしに言わせると「ポジティブ」という言葉が好きな人は「厳しい現実を直視したくない人、それに逃げている人」だ。一方、厳しい現実に立ち向かい考えることは非常に過酷でつらいものだが、「想定外」だったものは「想定内」になる。同じことは繰り返さない。細かいことに気が付いて、そこから逃げない。その不安が起きないためには将来どうすればいいのかを真剣に考える。「ネガティブ」もこう考えれば、否定するものではないと分かるだろう。「ポジティブ」もあってはいいが「ネガティブ」もあってもいい。だけど現実では「ネガティブ」なものに拒否反応を示す人は非常に多い。すると「ネガティブ」な人の居場所がなくなる。チームという「縛り」はそれをより鮮明にさせてしまう恐れがある。

だが、社会福祉士っていうのは、根っこのところで「チーム」でやらなきゃならないわけだよね、職業として。いろいろな人たちの繋がりを作ったり、チームとして誰かに関わっていくのが社会福祉士だ(もちろんそうじゃないこともあるだろうけどね)。まぁだからこの「チーム別に分けた」というのは一つの「事前訓練」でもあるんだろうか(単なる演習の都合上、ってところの方が大きいだろうけど)。

あとそれから、演習をやりながら何回か「もしかしたら、わたしは社会福祉士に向いてないかも?」って思う場面があった。まだまだちょっと言語化はできないんだけど。

2回目のスクーリングは9月に入ってから。それまでは日々の教科書読んでレポート書きと実習先のことをもっと調べて実習計画書(案)作り。

ひたすらやります。ただそれ以外にも行政書士の勉強会のためのレジュメ作りなんかもあって大変~(´Д` )
12:30 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-15 Thu , 2017
ハードな6月下旬
昨日、予定通り「高齢者に対する支援と介護保険制度」のレポートを書いて提出した。

予定通り、といいつつ、本当の予定はもっと早く書き終える予定だったので、あんまり予定通りとは言えないんだけど。今回は資料を集めてまとめるのに時間がかかってしまった。

本来なら今日、5本目のレポート締め切り予定だったのに、まだ教科書すら読んでない(昨日出したレポートは4本目)。次は「障害者に対する支援と障害者自立支援制度」なんだけど、まだ5ページも読んでおらず、250ページ丸まま残っていると言っても間違いじゃない。わー。困ったペースになってる。が、今週末は第1回目のスクーリング!その前に実習先の事前学習をしておかないと!ってことで、それが終わらないと本格的に教科書に手が付けられないよ-。

前々から分かってたことだけど、6月下旬は結構ハードなのだ。学校のことだけじゃなく、いくつか別の件でやらねばならないことがあって、それもまだまったく手を付けていない。正直、行政書士の試験勉強をしてた方が楽だった(受験期直前を除く)。去年の今ごろはまだまだ余裕があったし、基本、試験勉強って家から出ないでできるので、頭使うだけで体力がそんなにいるわけじゃない。今年は締め切り日がちゃんと決まってるし、外に出て行かなきゃならないし、頭も身体も使わなきゃならないので結構きつい。なんか最近はしょっちゅう風邪引きそうになりながら、ギリギリでふんばってる感じがする。

まぁでもこのハードな6月下旬を乗り切れば、7月はレポートだけに集中できる(予定)。

今朝、ついに共謀罪が通ってしまった。今回は忙しくてほとんど何にも参加できなかった。忙しいと忙しいのにかまけて、ついついそれを言い訳にしてしまうんだなあと思った。尤も今回は他のことをする体力が皆無だったのは事実だが、これが自分の将来にどう影響してくるんだろうと思うと怖い。社会福祉士の理念は日本国憲法ができたことが非常に大きいなあと教科書を読んでいて思うのだが、将来的に立憲主義や国民主権でなくなると、社会福祉士の理念とかは一体どうなるんだろう?と教科書を読むたびにそう思う。
19:10 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06-10 Sat , 2017
実習先が決まりました
実習先が決定するのは5月31日頃、という通知が学校から事前にされてたんだけど、実際のところは5月31日には知らせは来ず、6月1日も知らせは来ず、来たのは2日だった。

わたしの周囲には社会福祉士の資格を取るために実習に行った人が何人かいて、その人たちはわたしの所属してる社事大ではなかったんだけど、「実習先は自分で選んで自分で交渉して決めた」って言っている。しかし、社事大は学校が本人の意志に関わりなく実習先を決めちゃうのね。だから、通知が来ないと自分はどこの施設に実習に行くか、全然分からない。願書提出前に一番注意することとして「実習が必要な人は、必ず事前に実習期間の1ヶ月、休みが取れるか職場に許可をもらった上で願書を提出すること」と出願資料に書かれている。まー資格取得に関連が全くない福祉系以外の普通の職場だったら、1ヶ月も連続して休めないので、ここが一番ネックになるもんね。実際、職場の許可を受けないで入学し、やっぱり1ヶ月は休めないので断念って人がいるのだと事前説明会のときに説明されたりした。

そして、社事大の場合、実習先に加え、実習の日程も学校にお任せになる。こちらに事前に伝えられているのは「2017年9月から2018年3月までの間のどこか連続した1ヶ月間実習がある。実習期間は後日分かる」ということだけなので、そういうあやふやなもので職場にOKをもらわなければならない。これ、上記に加え、かなりハードル高いんじゃないだろうか。幸い、わたしは雇う人の理解があって、そういう説明で大丈夫だったけど、繁忙期などがある職場だとその時期にもし1ヶ月間まるまるお休みしなきゃならないかもって考えると、その危険性だけで断念せざるを得ない人もいるだろう。こういう人は社事大のようなシステムはちょっと厳しいかも知れない。自動的に学校と施設が話し合って決めてくれるのは、一方では楽ではあるんだけど。

あ、ただし、実習が必要な人は出願時に「実習生個人票」「調査票」というのを出さなくてはならなくて、そこに社会福祉士を目指した動機だの社会福祉分野の中でどういう分野に興味があるかだの、自分の長所だの短所だの、いろいろ書かされたけどね。そこに書いてあることでおそらく学校側はどこの施設で実習させるか、ある程度参考にするんじゃないかな。でもこれは、自分で実習先を決めた人も同じようなことを書いて提出したと言っていたので、社事大だけ提出させるのではないらしい。逆に自分で実習先を決められる学校に通う人たちがなぜそういうことを書いて出さなきゃならないのか謎だ。学校が実習先を決めてくれるわけじゃないのに。

というわけで、

20170610 103235


6月2日に実習に関するものが届きました。ここには写ってないけど、実習マニュアルなどとともに。実習配属確認書を見ると、どうやら配属先は社協みたい。実習期間は10月中旬から。しかも、事前学習課題を6月19日のスクーリングの時までに書いて提出しろ、と書いてある。

ええー!?

んなこと初めて聞いたけど!!だいたい、日々のレポートに追われてるのに、それに加えてこれですか!だいたい社協の存在なんか、今までわたしは意識したことがなかったし、今でも社協が一体何をしている組織なのかさっぱり分からない。だからこその事前学習ってのは分かるけど、締め切りが今月19日って急すぎる。。

入学する前は2週間に1度、教科書読んで卒業までに計32本のレポートを書かなきゃ、くらいにしか思ってなかったんだけど、そのレポートも4期にきっちり分かれ、4ヶ月に8本必ず出さなければならないというノルマがあり、それに加えてスクーリングは遅刻も許されないだの(別の学校のウェブサイト見たら、細かく何分までは大丈夫など書いてあったんだけど)、スクーリングまでに実習先に関して事前学習をするだの、思ったより随分キツイ感じ。

今のところ、レポートは3本提出しているが、本来の予定では今の時期は5本目のレポートに取りかかっていなければならないのに、まだこれから4本目のレポートについて資料集めをする段階。「高齢者に対する支援と介護保険制度」って教科書が450ページと分厚く、しかも介護保険制度がめっちゃ分かりにくいのですごく読みづらく、読むのに時間がかかってしまったからなんだけど、今月は3本レポート書いて追い付こうって思ってたのにな。。

社会福祉士の受験資格を得るためだけでも大変なんだなーって今、感じてます。
11:18 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04-21 Fri , 2017
初めてのレポート提出
4月になって急にバタバタと忙しくなった。1週間があっという間に過ぎる。
まぁ週2日は仕事だし、それ以外の日は教科書を読んだりレポート作成のために資料集めをしたりレポート書いたりしてるんだから仕方がない。

というわけで、1本目のレポートを出し終えた。14日に1本のペースで書かないとまずいのだが、やはり最初のレポートは要領を得ないのか、予定より1週間遅れになってしまった(汗)ただ、14日までに教科書は読み終えていて、それ以降は2冊目の教科書を読んでいる。

教科書1冊読むのは結構しんどいものなのかと思ってたら、思ってたよりは楽だった。まだ試験を受けるとかそういうわけではないので、一応サラッと読み流す感じ。1冊目は「人体の構造と機能及び疾病」。今は「相談援助の基礎と専門職」。1冊目は相談業務とは直接関わり合いがない(ただし、医療関係者とチームを組んだときに必要な知識だが)分野だったので、あんまり実感が湧かなかったが、2冊目からはモロ専門分野なので、なんかちょっと楽しい。が、まだまだ慣れてない分野なのでちょっと読みづらい。まだ全体の1/3行ってない。

レポート課題は最大1200文字にするのが大変だった。なんせ原稿用紙3枚なので、短すぎる(笑)中央大学通信の時のレポートって何文字までだっけ、、2000文字くらいはあったんじゃないかな?でもあのときは何を理解して何を書いたのかさっぱり覚えてない。。やっぱりだいぶ病気だったんだろうな~って思う。病気なのに無理しちゃってたんだな。その間ちゃんと休めてたらもうちょっと早く復帰できてたかも知れないな~とは思うけど。まぁでもそれだったら今の事務所では絶対に働けてなかったからタイミングとしてはよかったのだが。あ、話が逸れた(^^;

それでもレポートを書くこと自体は数時間で終わった。下調べの方が時間がかかった。下調べをしながらレポートの構成を考えてってやってたら、数日かかった。参考文献何読もうとか、調べてる途中で疑問が生じてきて1回質問もしたし。でもそれ以前に「どうやってレポート書こうか」って思う方が長かったかもね。

今回の課題は法律関係が絡んでたのでちょっと楽しかった。あとはネットである程度調べられるので楽は楽かな。本当はちゃんと本を読みたいんだけど、「これが読みたい」と思って近くの図書館検索掛けてもないんだよね。都立図書館の検索を掛けてもなくて、結局大学の図書館しか置いてない。だけど、それを借りに清瀬までって時間もないしなぁ~って思って、結局は全部ネットで調べてしまった。ネットは便利な反面、何が信頼おける情報なのかを判断するのは難しいけど、まぁ今回はほとんどお役所のウェブサイトだったので大丈夫だろう。

2本目のレポート締め切り予定日は28日か。あと1週間後。なので逆算して週明けくらいまでには教科書読み終えたいな。読み終えたら前倒しで3冊目の教科書に入っちゃお。4冊目に読むつもりの「高齢者に対する支援と介護保険制度」の教科書がちょっと分厚いから余裕を持たせておきたい。
19:19 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
04-07 Fri , 2017
初出勤!
働くこと自体は何年ぶりか。バイトなら2012年以来か。
ただ、あの頃やっていたバイトは期限が付いてたり、将来的にずっと続けようと思ってやってたものではないので、気分的には全然違う。どちらかというと、正社員で勤め始めたときの気持ちと似ている。

やっとやっと社会復帰できた感じ。約20年前に正社員として入社したときも、うつ病からの復帰だった。わたしは学生時代に初めてのうつ病になって、学業が続けられなくなり、学校を辞める口実が欲しくて就職した(おそらくこれ読んだ人のほとんどが「それってどーよ?」と思うと思うが)。初めてのうつ病の時は、正直、いつ病院に行ったのか、いつ治ったのかということの記憶が全くない。26歳から28歳くらいだったように思うが、つらい思い出は記憶から消し去られるのか、うつ病でつらかったときの記憶はない(ただ感覚のみ残っている)。徐々に調子を崩していったのは22歳からだった。このきっかけはよく覚えてるので、忘れていない。

さて、初仕事。
業務内容は言わないけど、なかなか面白かった。
あっという間に時間が過ぎた。
これから覚えることももちろんたくさんあるし、自分で勉強してね、と言われたこともあったが、
前職と似たような部分もあり、やはりこの分野は自分に合ってるなあとは思った。

今のところは週2だし、このペースだったら徐々に社会復帰していけると思う。
問題は、社会福祉士の勉強をしながらってところで、これは今のうちにペースを作っておかないとあとでひどいことになりそうなので、今は極力仕事と勉強のみに集中することにする。

今、社会情勢など非常に気になることは多いのだけど。。
ただ自分でできることはしてるつもり。
21:29 | 仕事・バイトのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04-06 Thu , 2017
ドサッと来た!
20170406 171241


教科書が来ましたよ、こんなに(´Д` )

7月31日までに8本レポート書かなきゃいけません。2週間に1本のペース。
あ、この教科書の山の1/4ほどだけどね、今回読まなきゃならないのは。

しかも、教科書を読んだあと、レポート課題のために数冊参考図書を読まないといけないそうな。まー律儀に教科書を読まなきゃならないのかとかいろいろあるみたいだけど、どうなるんだろう。しかし、1冊1冊が国家試験の1科目1科目に当たるらしいので、全部読まなきゃいけませんよ!みたいなことが「学習のマニュアル」に書いてあった(´Д` )

4月になり本格的に新しい生活に突入。
22:03 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03-31 Fri , 2017
日商簿記検定試験3級の結果
20170331 141059


いつ結果が来るかなんて、すっかり忘れてたこの試験(^^;

予想通り不合格。でもあと7点だったんだね。それは意外だった(100点満点中70点以上で合格)。

てか、今回はすごく易しかったらしい。まーそれはわたしも思った!落ちておきながらなんなんですけど(^^;問題は、%の率を全部間違えてそのまま掛けてしまっただけで、これができたら合格してたってことだよね~。まぁ、普段はやったことがないことを試験ではやっちゃうって、本当にあるんだね~って思った。そういう意味ではいい経験だった。

今は6月に2級を受けるためにバリバリ勉強してる、、といいたいところなんだけど、ちっともできてない。
なんかね~、年3回受けられるのかぁなんて思ったら。次でいいかなあ~とか思わないでもない。が、2級は6月の試験と11月の試験って試験範囲が違うみたいなんだよね~。本来6月から変わる予定だったのが、11月に先延ばしされたらしい。でもまぁ実務では非常に重要な知識らしいんで、6月受験する人も将来的にはやっておいてねって分野らしいけど。

取り敢えず、4月から頑張ります(^^;
って4月ってもう明日だけど。
16:37 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03-21 Tue , 2017
仕事が決まった!
前に書いたこれだが、先週は連絡が来なくて。これはもうダメだ~、落ちた~(´Д` )って思ってた。

ところが昨日の夜に突然電話がかかってきて「うちの条件に合いますから来て下さい」と言われ。ええー!あの条件が合ったのかヽ(;▽;)ノってびっくりした。

わたしはこの4月から資格取得の勉強をするから、週3回程度でお願いしますって書いた。他の人は最初からガッツリ働きたいとか、あと給与面で合わなかった人などがいたって聞いた。わたしは給料のことより、実習期間の1ヶ月間、休ませて欲しいって方が重要だったので。。給料のことは何一つ触れなかったというか、そこまで考えが及ばなかった。

しかし、自分では悪条件だと思ってたので本当にびっくり。取り敢えずは週2回からって言われた。それもこちらには好都合。いきなり週3で働けるかなとちょっと不安だったので。というわけで、3月末か4月からになるかどうかはまだはっきりしてないんだけど、

行政書士事務所で働きます!

分野もわたしがこれからやりたいって方向だし、わたしの方としては本当に願ったり叶ったりのところで。そして、もし社会福祉士の資格が取れたら、今度は行政書士としても登録して、その会社で働きたいという希望を持っている。行政書士は基本は独立開業の資格だけど、なんかわたしには独立して会社を経営するってことが、今はまだ全然よく分からないし、あまり会社経営とかには向いていない性格のような気がする。

それになにより、これから働きながら学べるってことがわたしにとってはものすごく大きいし、それだからとても嬉しい。毎月少しでもお金が入ってくる嬉しさ。前の仕事辞めて12年くらい経ってブランクはあるけど、やっぱり資格を取るってことはこういうことなのかとつくづく思ったりもする。ブランクも気にされなかったし、年齢も性別も関係がないみたいだった。

やっとやっと掴んだ第二の道。
もう頑張りはしない。ゆるゆるやっていく。
4回目のうつ病になるのはもうごめんだもん。
12:45 | 仕事・バイトのこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03-13 Mon , 2017
日本社会事業大学通信教育科合格
20170313 182237


日本社会事業大学通信教育科社会福祉士一般養成課程に合格した!\(^0^)/
合格通知発送日が11日だったんだけど、間に日曜日を挟んでたので、今日やっと通知が届いた!!\(^0^)/
「通信だから落ちないよ」とは聞いてたものの、やっぱり合格通知が来るまでは不安だった。

これから2年間、実習を含めて国家試験目指して頑張る。
20:56 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-27 Mon , 2017
簿記3級落ちた~(´Д` )
昨日は簿記3級の試験だった。

最近のわたしはなぜか超忙しく、特に2月の中旬以降、一日中家にいた日って20日と21日、24日しかなくて。それ以外の日は全部外で用事があり、時に夜遅くなったり。通信の講義を聴き終わったのが確か21日だったか。で、23日に本屋に予想問題集みたいなのを買いに行き、24日に初めて予想問題を解きながら「簿記の試験ってこういう問題が出るんだ」と知ったという、まぁ非常に舐めた態度で試験に臨んだのでした。。

試験では一応、全部埋められて、数字も左右合ってたは合ってたんだけど、解答速報と数字が違う(´Д` )
てか、利子などのパーセントで計算する問題をすべてそのままの数字を掛けてしまうという「アンタは本当に小学校を卒業したのか!!!」と言われてしまうほどの馬鹿なミスを連発して、数字が全部一桁多かったのだった(要するに、0.15%をそのまま0.15掛けて出してしまった。0.15%なら、0.015を掛けなければならないのに)。こんなミスは普段の勉強でもやったことがなく、今思うと本当に「え???なんで???」って感じなのだが、まぁ、そういうことも起こりうるんだなあと。

帰って彼女に「パーセントをそのまま掛けちゃった」と言ったら「なんで電卓の%のところを押さないんだ」って言われたけど、そういう初歩的な電卓の使い方はよく分からないのだ。。いや、使ったことはあるんだが定着しないというか。メモリ機能なども覚えるには覚えたんだけど、結局使いこなせないままで忘れてしまった。使えると楽なんだろうけど、使えなくても不便ではあるが一応なんの問題もなく計算はできるのでね。

しかし、事前にほとんど勉強できなかったとはいえ、やっぱ試験に落ちるとショックだ。

まぁでも簿記って結局自分で手を動かして仕訳をして、自分で手を動かして計算機のボタンを押して、自分で手を動かして表の中の数字を埋めなければダメなんだってことがよく分かった。

もう一度3級の試験から受け直すのは嫌なんで、6月までに2級の勉強をして2級に合格したいと思います。
ただ、簿記はつくづく自分には合ってないなあと思う。行政書士の講義を聞いているときはまったく眠くならなくて、逆に法律すごく面白い!って思ったのに、簿記の講義は眠くならなかったことがなく。正直、すげーつまんないー、自分に向いてないー(´Д` )と思いつつやってる。だけどこれからの2級の勉強は独学でやるつもり。簿記にはこれ以上掛けられるお金もなく。本を買ってコツコツやりたいと思ってます。今後の問題点は興味ない簿記の勉強を独学でどこまでできるかだな~(´Д` )。

まぁでも将来的に企業の財政状況などが分かった方が仕事をしていく上で幅を広げることになるだろうと思うので、取り敢えず2級までは頑張ることにする。
22:33 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-06 Mon , 2017
願書提出
今日、2月6日に大学の願書を提出した。

日本社会事業大学通信教育科社会福祉士養成課程。

願書と共に小論文を提出しなくてはならず、12月に願書を取り寄せたときから出された課題についてあれこれ考え、一旦考え付いたことをWordで下書きしてだいぶ寝かせて、再びあれこれ考え、ってことを何回か繰り返して数日前にやっと書き終えた。よく分かんない。あれでいいのかなあって感じ。というか、もしかしたら課題に対する答えになっているかどうかすら怪しい。

でもそれで合格不合格が決まっちゃうからなあ~。

合格発表は3月11日らしい。

ということで、こないだやっと行政書士試験の発表があったばかりというのにまた待ちの体制かー(´Д` )

あと1ヶ月以上あるよ(´Д` )
落ちたらどうしよ。
22:37 | 通信教育課程の大学生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-01 Wed , 2017
行政書士試験の結果
昨日は行政書士試験の合否発表の日だった。
ネットで見たが、結果は合格。

そして今日、合否通知書が来て、あの試験で何点取れたのかが分かった。

20170201160955.jpg


というわけで、246点取れてた。あの記述で50点もらえるとはね。多分民法1問目は満点で20点もらえたとは思っていたが、行政法1問目はA市長なのにA市と書いてしまい(ここ、最初はA市長って書いてたんだけど思い直して「長」を消して書き直し。。わたしのバカバカ)おそらく5点くらい減点で15点。とすると、あの民法2問目も15点もらえたのか??てか、あの答えでたったの5点しか減点されなかったのか??予備校の解答と全体的に主旨は同じようなものだったが、まったく法律用語を使って解答できなかったのに(あ、慰謝料は書けたか)。
【追記】あ、行政書士試験で奇数の点数は有り得なかったですね。とすると、どちらかが16点でどちらかが14点だったのかな~。(2017.2.2)

今年の行政書士試験は択一式が割と難しめだったので、記述式の点数が甘かったらしいとのもっぱらの噂だが、確かにそんな感じもする。

あと合否発表の直前まで気になって気になって仕方がなかったマークミスだが、どうやらマークミスもしていなかったようだ。よかった。

結果的には思ってもみない高得点で合格できたが、まぁ試験の点数と実際の実務の能力とはまた別の話だからね。それに行政書士の実務はなんといっても人見知りしない方が圧倒的に有利で、人見知りしてしまうわたしはどうもそこら辺は不利っぽい。まぁそれは持って生まれた性格だから仕方がない。人見知りの中でも我慢してやるしかない。

これで目標は1つクリアできたので、次の目標に進みます。

前からブログにも書いてるけど、当初からもう一つ資格を取ろうと思ってたので、そちらの方に向かうことにする。次の目標は社会福祉士。これはわたしのような今まで福祉とはまったく関係のない仕事をしてきた人間にとっては、国家試験が受けられるような福祉系の大学や専門学校に行って、その中で勉強し、そして約1ヶ月間の実習をした上でなければ国家試験が受けられない。

わたしは今、日本社会事業大学の通信課程に通うことを考えている(多分学費が一番安い)。その願書受付が2月6日からだったかな。一応入学選考があるらしく、小論文を書かなければならない。あとそれからなんか雑多ないろいろなことも書かなくてはならず、あと6日で出せるかな。まぁ受付開始と同時に出さなくてもいいんだけど。

簿記3級の試験勉強もあと少し。

なんかすっかり資格ホルダーっぽくなってるなあ(^^;
いやいや、実務に必要だと思ってるから取ろうとしてるだけなんだけどね。
16:57 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01-27 Fri , 2017
簿記の試験を目指す
行政書士試験が終わったあと、試験発表までどうやって過ごそうかなと考えていたところ、わたしは今のところ特に司法書士を目指すわけじゃなく(行政書士受かったら司法書士受けるって人結構いるみたい)、できればこの資格でなんとかやっていきたいと思ってるので、そうなったらお金の管理をするために簿記でも分かるようになっておいた方がいいかな~と思い、簿記の試験を受けることにした。

「どうせなら一気に簿記2級を目指しちゃえ!」と思って、それ用の講座を取ったのだが、教材が届いて「さてやるか」ってやり始めたところで大風邪引いてしまい、そもそもぎっちりなスケジュールのはずだったのに1ヶ月、まるまま勉強できなくなってしまったので、仕方がなく3級を目指している。あ、試験日は2月26日。

簿記の資格を取ろうとしたことが、行政書士試験を目指すずっと前に2度ほどあったが、すべて失敗している。どちらも独学で取ろうと思って勉強したりしたんだけど、簡単なんだかよく分からないんだかがよく分からず、結局途中で挫折してしまった。わたしはどうも独学は向いてないようだ。なので今回も予備校の通信講座を取っている。

1月も中旬くらいからやり始めたんだけど、イマイチ乗り切れなくてゴニョゴニョしてたらあっという間にあと1ヶ月後に試験が迫ってきた。というわけで、つい数日前から本気で勉強している。でもまだ半分くらいしか講座は聴けてないんだけど。できれば2級の分もできるだけやっておいて、次の試験(6月)には2級を受けたいなあと思ってるけど、それはやってみないとよく分からない。4月から他の勉強もしなくてはいけないし(これはあくまでも予定)、それ以外のこともやらなければならないので、簿記の勉強の時間が取れるかどうかよく分からないので。

3級の勉強も半分くらい進んできたんだけど、簿記って全然手応えがないのね。法律と違って面白いとかそういうのも全然なく。わたしは多分、こういう分野は向いてない。

ただ1年間、試験勉強を続けていたら、結構「勉強グセ」が付いているなあと感じる。1ヶ月丸まま休んでても特に勉強を始めるに当たって抵抗感はなかったし、勉強のリズムをつかめばそれこそ1日中だって勉強できるようだ。今は午前中に講義を聞いて、午後から復習をやる感じ。それで1日1つずつ講座を進めている。

うつになると、やる気が出ないのが当たり前になって、「やる気ってどうやったら出るんだろう?」ってずっとずっと考えてたけど、今は「やる気って別に出すものでもないんだなあ」って思う。何か行動を起こすまでに決断力も要しないし、どっかから飛び降りるような気持ちで行動するようなこともない。結局そんなことを思っているうちはまだ病気が治ってないので無理するなってことじゃないだろうか。

ただ「何もしていない自分は怠けている」と思ってしまうクセはまだ抜け切れていなくて、12月丸まま1ヶ月なにもできなかったことに対して「本当になにもできなくてよかったのか」と思い始めている自分がいる。風邪のつらさとか、頭が痛かったのでずっと眠りこけてたとか、吐いて吐いて苦しかったことが自分の中からすべて忘れ去られているらしい。なのでしょっちゅう彼女に「わたしは本当に12月は何も勉強できなかった状態だったよね?」と聞いて確認を取っている。まだまだ「何かできる状態だったのに何もしなかったのではないか」と自分を責める病気のクセは抜けきっていないようだ。
18:21 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01-26 Thu , 2017
あと5日
2016年度行政書士試験の合否発表日まであと5日。

なんか2週間前くらいから急にドキドキし始めててやな気分。

マークミスさえしてなければ合格確実ってのは分かってて、それは例えば「記述式○○点以上じゃないと合格できない」っていう人に比べたら、格段に安心できる状況なんだってことはもちろんよく分かってるし、今のわたしの状況でドキドキするって言ったら「とても贅沢な悩みだ」と言われるかも知れないのもよく分かってる。

でも、「もし一つずつずらしてマークしてたら」と思うと本当に死にそうな気分になる。

わたし自身の悩みって、人から理解されにくい悩みが多い。「それでもわたしが悩んでる今の気持ちは確実にあるんだけどなあ」っていつも思う。ギリギリのところまで頑張ってるのも事実だし、頑張りすぎて身体を壊したこともあるのも事実なのに、いつも軽く飛び越えているように思われてて困惑する。

少し前になるにわって団体がやってる「生きづらさからの当事者研究会(通称づら研)」が出してる冊子を読んだ。そこに「名前のない生きづらさ」について誰かが書いてた。その人も「こんなつまらないことで悩んでるなんて人には理解されないだろうから言いにくい」って書いてた。わたしは「わたしと同じことを感じてる人がいる」って思った。

別にわたしは誰かから自分の悩みについて「それはつらかったね」とか「分かるよ」って言ってもらいたいわけじゃない。ただ「あ、そういう悩みもあるんだね」くらいに受け止めて欲しいとは思う。
16:36 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01-24 Tue , 2017
九九が言えなくなっている
つい最近と言えるような最近ではないけど、多分、今年に入ってからのことだったような気がする。

新聞読んでたら「1から120まで順番に数える時間が30秒以内なら脳年齢が20代、35秒以内だったら30代、40秒以内だったら40代、45秒以内だったら50代」みたいなことが書かれてた。うーん、あんまりはっきり覚えてないので「以内」だったか「前後」だったか「台」だったかは忘れた。とにかく数字を数えるだけで脳年齢が分かると言うことだった。まぁその脳年齢とは何かってのはよく分からなかったけど。一種の老化現象のことなんだろうか?

やってみた。

でも、実際数えてみて、わたしは普通物を高速で数えるときは「十」を言ってないことに気が付いた。例えば31、32、33ならば「さんいち、さんに、さんさん」みたいに、いちいち「さんじゅういち、さんじゅうに、さんじゅうさん」って言ってないのね。数えてみながら「これって『じゅう』という言葉は抜かしていいのかな?もしかしてダメなのかな?」って言いながら考えてたら気が散って、120まで数え終わったときは40秒過ぎてしまってた。しかしそのほとんどを「十」飛ばしで言ったので、もしすべて「十」込みで言ったとしたら、軽く1分は超えてしまうような気がする。

しかし、いくら若くても「十」を入れて言ったとしたら、1から120まで30秒以内で言えなくない??脳年齢というのが何を指しているのか分からないけど、十を入れて言うとしたら、頭の回転と言うよりは早口言葉ができるかできないか、になってしまわないか?もちろん、舌を動かしているのも脳の一部なので、舌がうまく動かせることが頭の回転のよさに繋がり、それがすなわち脳年齢なのですと言われると、そうなのかなあという感じもしないが。

ちなみに2回目は十を飛ばして言おうと思って、いつもわたしが数字を高速で数えるように言ったら、30秒だった。どっちなんだろう?

そう考えているうちに「そういえばわたしは九九をどのくらいの速さで言えるんだろう?」とふと思った。九九は小学2年生で習った覚えがあるので、今から40年以上前?習った時分は「ににんがし」から「くくはちじゅういち」まで一気に高速で言う練習をしたもんだ。

と思って言おうとしたら、、見事に言えなくなっている!!口が回らない!!というか、考えながら言ってる!!

なにしろ「かけられる数」のイメージがすんなりいかなくて、「ににんがし、にさんがろく、にしがはち、にごじゅう、に、、えーと、五だったから次は六?」とか考えてしまって、そうすると頭の中に「2×6=12」というのがビジュアル的に浮かび、そこから「えーと、にろくじゅうに、か」って逆算する感じになってしまう。口から出任せに言うと絶対に「にくさんじゅうろく」になってしまう。いやいや!それは「しくさんじゅうろく」だから!

正直なところ、1から120まで数える、ということよりも九九が言えなくなっていることの方がショックだった。

というわけで、最近は九九をぶつぶつ呟いてたりする(笑)

そしてやっぱり言い慣れると早く言えるような気がする。
19:06 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-11 Sun , 2016
風邪引いた(T_T)
試験が終わって1ヶ月まだ経ってないけど、徐々に気持ちが緩み始めたのか、6日起きたときに身体が熱っぽくなってて、数日寝とけば治るだろうと思ってたら、一昨日の夜から強烈な喉の痛みで再びダウン。

というか、わたしが風邪引くときは九分九厘、鼻の奥の方が痛くなるので、鼻の奥がちょっとむずがゆさを感じたらすぐに葛根湯を飲んで初期のうちに叩いてしまうのだけど、今回はそこじゃなく、喉の下の方というか、よく唾が飲み込めないほど喉が痛くなるって言うけど、それよりもっと下の方。だから唾を飲み込んでも全然痛くない。ここがこれほど痛くなるのは初めての経験だったので、最初のうちは「喉が痛いけど、風邪じゃないよね」って思ったので、放置してた。

が、夜寝ようと思ってベッドで寝ころぶと喉が痛すぎて眠れない。次第に「これって、、もしや風邪なのか?」と思い始め、一旦起きて痛み止めのロキソニンを飲んだら痛くなくなったのでそこから少しだけ寝た(すぐに痛いのがぶり返して起きちゃった)。朝起きたら熱が出てた。

風邪を引いたときはスチーム吸入器を何度もやれば、大抵気持ちよくなって風邪の治りも早い気がするのだが、今回のこれは吸入しても患部に届いたような気がしないので、全然気持ちよくならない。この痛い場所ってもしかすると気管支なの?とも思うが、気管支炎って風邪って言うんだろうか。気管支炎だったら耳鼻科じゃなく呼吸器科の方がいいんだろうか。まぁいずれにせよ、今日は日曜なんで病院休みなんだけど。今は熱はもうなくて、喉の痛みも昨日ほどではないけど、昨日に比べて鼻は出るわ、くしゃみは出るわでくしゃみするたびに喉が痛い。風邪の患部が広がってきたのか、それとも昨日、アレルギーの薬を飲んでないのでアレルギーのせいでくしゃみ出るのか。

それにしても、風邪を引くのが1ヶ月前じゃなくて本当によかった。1ヶ月前の今ごろだったら試験直前でパニックになってるだろう。

今年はあんまり日記が書けなかったので、今年の話は今年のうちに、ってことで、今月中に彼女のお父さんが亡くなったときにお葬式に参列してきた話と(彼女のお父さんが亡くなったのは今年だけどもう随分前のこと)、あと、つい最近、ある俳優さんが引退してしまったことで思うことがあったので書きたかったんだけど、風邪がもうちょっとよくなってからにする。でも今年のうちに書いておきたいなあと思う。
15:08 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-01 Thu , 2016
48歳
今日から師走。
この1年はものすごく早かった。。

取り敢えずわたし、今年48歳になりました。
年齢の数字に異様な関心があるわたしは、もう数年前から「48」になりたくて仕方なかったんだけど、今年は「48」を楽しむ余裕がほとんどなくて、その点では惜しいというかなんというか、、

そもそも「48」ってなんでなりたかったかというと、「多くの数字で割り切れる」という理由だったわけで。要するに約数が多いよね、この数字。1、2、3、4、6、8、12、16、24、48。年齢を重ねるとこういう数字が増えてくるわけだけど(その代わり素数が減るけど)、まぁだから「48」歳を楽しみにしてたんだけど、、今年はほとんど出かけなかったから自分の年齢を書く機会もそんなになかったな~。

おお、そうそう。この数字を見れば分かるように、今年は「年女」だったんだった。が、これも意識させられたのは去年の年末くらい?去年の年の瀬に新宿に行ったら、小田急の改札のところにある柱に全部「申」「申」「申」って大きな字で書かれたポスターが貼ってあって、「おー、なるほど、そういえば来年は申年か」って思ったんだけど、年が明けてからはそれすら忘れてた(笑)

来年生きて誕生日を迎えられるとすれば、49歳になる。「49」は当然のことながら、7の2乗。6の2乗、36歳以来、13年ぶり。この「○の2乗」もだんだん間隔が空いてきたな~。これまで1から6までの2乗を過ごしてきたからか、あんまり「○の2乗」には重きを置いてなかったんだけど、次の8の2乗とか9の2乗が生きて迎えられるかとか、迎えられたとしてもあと「○の2乗」はせいぜい2回くらいしかないのかと考えると、これもこの数を噛み締めながら生きていかなきゃならんのかもね。

しかし、わたしは年齢は四捨五入で考えているので(20代からそのように考えてた)、45歳超えたら気持ちは50代で行こうと思ってたのに、なかなかそうなれない。。というか、今まで自分の中で考えてた「50代のイメージ」というのと、自分の50代になった姿というのがちっとも合わないからなんだけど。ということは、今まで考えてた「50代のイメージ」というのはあくまで想像上のものでしかなかった、ということで認識を改めなければならないと言うことか。

というわけで、ここ数年楽しみにしてた「48」になったことだし、次の楽しみの数字というと、やっぱ「51」かねえ。「51」はカープの背番号でも登竜門、と言われている背番号だ。江藤、前田、そして今は鈴木誠也。あのイチローの背番号でもある。あとは1、3、17の約数。なんかクールな数で割り切れていいねって感じ。

年齢に関する数字であれこれ思い始めたのは20代の頃からだけど、次にくる楽しみな数字を待ちながら生きていくというのも悪くないと思えるようになった今日この頃。
13:23 | 自分のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-23 Wed , 2016
試験が終わって10日
試験が終わって10日。
やっと身体に疲れを感じて眠ることができるようになった。

てか、試験前からずっと身体の疲れは出てたんだけど、少し休もうと思ってベッドで寝ころんでても「この時間がもったいない。この時間があればもっとあれとあれとあれの勉強ができる」と思うと、いてもたってもいられなくて起きてしまい、結局ずーっと疲れたまま、勉強してたんだよね。

それが試験が終わってもなかなか抜けなくて。やることなくて寝ころんでても、頭の中が「勉強しなきゃ」ってことが習慣になっててどうもそわそわして全く眠れない。眠れないどころか気持ちが落ち着かず、寝ころんでもいられない。

そうやってようやく疲れを感じて素直に眠れるようになったのは、今週の月曜からだったかな。こうなるまで丸々一週間かかった。逆に今はもう身体が疲れ切ってて日中はだるくて眠くてずっと寝てる状態。まぁこれで今までのたまりにたまった疲れが取れるだろう。よかった、ちゃんと休めるようになって。

試験終わったあと、行政書士の試験を受けた人のブログがあれこれ見つかって読んだりしてた。今年の受験生だけじゃなく、過去に受験生だった人のとか。試験中も「同じように受験する人はいないのかな」って思って探してたんだけど、なぜかそのときは全く見つからず、今回やっと「あー、ブログ書いてた人こんなにいたのね」って思った。しかし、行政書士の試験に受かった人のほとんどが司法書士を目指してるのねー。それともたまたまそういう人たちのブログしか目に付かなかったのかも知れないが。。

わたしは前もちょっと書いた覚えがあるけど、司法書士は目指してなくて、法律関係の資格は一旦これで終了。次に目指してる資格試験は法律関係ではない。そして今度取りたい資格は、行政書士みたいに独学とか予備校じゃなく、学校に通わなきゃならないみたいなんだよね~。それも国家試験受けるまで2年かかる。まぁ、通学じゃなく通信にするつもりだけど。今から7年前くらいか、中央大学法学部の通信課程で勉強したことがあって、それは結局最後まで続かなくて卒業できずに途中で辞めてしまったんだけど、思うにあれは病気だった部分が大きいのではないかと思っている(とはいえ、時期的には2回目と3回目のうつ病の間から始めて、3回目のうつ病にかかった1年後までなんだけど)。なにしろあの当時は教科書読んでもさっぱり理解できなくて、スクーリングにも行ったけどさっぱり記憶できなくて(スクーリング終了日にはテストがある)、そしてスクーリングが終わっても「終わった!」って達成感を全く感じられなくて。しかし今回は模試2回受けて、2回とも終わったあとは模試といえども取り敢えず「終わったー!」って解放感があったので、やっぱこっちが本来の自分だよね、って感じ。あ、でも本試験が終わったあとは解放感は全く感じずに、前回の日記に書いたように、試験前にあまりの疲労感いっぱいだったので「わたしは逃げ切れた」という思いの方が強かったんだけど。というわけで、今度は同じ通信といえどもちゃんと勉強できる自信がちょっとは、いやだいぶある。

なので今度はそれに向かって、と行きたいところだが、行政書士試験の合格発表がある前に大学の願書を提出してしまうことが少し怖くて躊躇してる。今の時点でマークミスさえしていなければ合格と分かってても、もしかしたら1つずつマークミスをしててほとんど点を取れてなかったらとか、そんなことを考えてしまって本当に合格しているかどうか分かるまではやっぱ安心できない。といえども、落ちててももう2度とあんな勉強はしたくないんですけどね、、

ついこないだ、行こうと思ってる学校の入学案内を取り寄せたら、願書受付が3期に分かれてて、既にもう1期の願書受付中なんだよね~。合格発表後だと3期になるんだけど、そのときまでに定員いっぱいになってたらどうすんだろ?と思ったりして。まぁ今度説明会があるそうだから、それに参加して質問してくるつもり。

法律の方の知識も試験終わったらこれで終わりというわけではないので(一応、行政書士としても開業を目指してるので)、こっちの方は内田の民法を合格発表日までにコツコツ読んで忘れないようにする。中央大学法学部の通信課程だったときに揃えた本だが、あのときは理解できてなかった。でも今回は民法は一通り頭に入ってるので、読むのが楽しい。予備校ではやっぱ試験に特化した勉強しかしてないので、いろんな学説とか読むと面白い。とはいえまだ詐欺のところが終わったばかり。取消し後の第三者ってなんでもかんでも機械的に「対抗関係になる」って覚えてたけど、詐欺取消し後の第三者って権利外観法理で94条2項類推適用って考えも有り得るのね。ていうかここ、判例と学説が違うのね。学説は詐欺取消し前の第三者に登記が必要(対抗関係という意味じゃなしに)、取消し後の第三者は不必要って判例と全く逆じゃん。そして心裡留保には第三者保護の規定がないって知ってて、94条2項類推適用で保護されると分かってたけど、94条2項類推適用だったら登記は不要だった。なぜか登記が不要とは思ってなかった。ここら辺、きちんと覚えてなかったわー。試験に出なくてよかった(笑)

合格発表日前までは身体の調子を整えながら、こんなことをして過ごす予定。
22:22 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-14 Mon , 2016
行政書士試験受けてきました
行政書士の資格を取りたいと思い始めたのはだいぶ前のことだった。

実際に勉強を始めようとしたのは今から4年前くらい?でもそのときはまだうつの状態がよくなくて勉強を始めることすらできなかった。1年治すことに専念して、結局2年間やらず、次にチャレンジをしようとしたのは確か2014年だったか。でもこのときも勉強を少し始めたところで息苦しくなったり身体の調子が思わしくなくなって、まずは体調を整えてからまた勉強をしようと思ったのに、治らないまま1年が過ぎて。「あ、これは体調を万全にするのは無理だ、体調が悪い中でもやらなきゃいけないんだ」と悟ったのが去年の行政書士試験が終わって少ししたとき。11月下旬くらいだったかな。

なので、去年の今頃はまだ今年の受験を迷ってた時期で、勉強すら開始していない状況だった。勉強を始めたのは去年の12月から。
実質丸1年、勉強した。そして今年、ついに受験することができた。

行政書士の資格試験というのは、一般的な競争試験じゃなく、300点満点中180点以上取れれば誰でも受かるという試験だ。そういう意味では戦う相手は他人ではなく、自分になる。自分が180点以上取れる実力がつけば受かる。行政書士試験ってそんな試験だ。

試験科目は基礎法学、憲法、民法、行政法、商法の法令科目と政治経済社会情報などの一般知識等科目。ほとんどの問題は5肢択一式で、これは1問4点だが、全60問中3問は記述式。記述は行政法から1問、民法から2問出て、配点は1問20点。その他に多肢選択式という穴埋め問題みたいなのがあって、それは3問。1問につき4つ穴があって、語群から穴に埋まる言葉を選択する。それが1つ2点だから全部で12つの穴があって(3問×4つ)、計24点。これは憲法と行政法から出る。

ちなみに5肢択一式の問題数の振り分けは、基礎法学2問、憲法5問、行政法19問、民法9問、商法5問。一般知識等は全部で14問。そして一般知識等は6問、要するに24点以上取らないと全体で180点を超えても合格にならない「足きりライン」がある。

こう書くとなかなか複雑な感じに見えるね。

前回のブログに書いたけど、それまで2回受けた模試の前は2回とも失敗して模試前1週間はほとんど勉強ができなかった。だから今回は絶対に体調を崩さないと強く決心したんだけど、なんせ初めての体調を崩さない試験前1週間だったので、試験日に体調を整えることまで気が回らず、もう思いっきり疲労を残したまま本試験を迎えることになっちゃったんだよね~。なのでこの1週間は試験に緊張するというより、体調がいつ崩れるかも知れない不安と、もう疲れて疲れて一刻も早く終わって休みたい、それしか考えてなかった。

試験中、問題を解いているときは、なんか普段の模試よりも格段に頭が回らなくなってる感じだった。疲れもあったけど、さすがに本試験は緊張してるんだなと思った。読んでる文章が頭の中をグルグルしてきてわけ分かんなくなったりすることもあったし。頭の回転が悪いものだから、1問解くのにかかる時間が多くなっていつもより時間が足りないんじゃないかと思って焦った。試験は3時間だが(13時-16時)、2時間半過ぎたところで全部終わらなければ途中で切り上げて記述式の問題に行こうと決めていた。記述式は1問20点と配点が高いし、何か書けば部分点がもらえるかも知れない。時間が足らない中、1問4点の問題と格闘するより1問20点と格闘した方が点数がもらえる可能性が高い。なのでそう決めてたんだけど、実際のところ記述含めて全部解き終わったのは15時35分。試験開始後2時間35分で、模試のときとそんなに変わらなかった。

そこからはマークミスをしていないかどうか、問題文にチェックしたものとマークが合ってるかの確認と、5肢択一でちょっと難しくて一応答えは出したけどもう一回よく考えようという問題を考えていたら、それで終了。

終わったあとはなんだか全然手応えがなくて、何がどうだったんだかさっぱり分からなかった。「難しかった」という印象しかなかった。だって、あれも分からなくてこれも分からなかった、これは記憶があやふやでよく思い出せなかった、という問題がたくさんあったから。確かに確信を持って答えられた問題もあったけど、確信を持てても「本当にこれなの?なんかどこかでひっかかってない?」って気持ちが大きかったから(模試で散々引っかかった)。

終わったことへの実感が全くなくて。でも「もうこれ以上はできない」って思った。たとえ落ちたとしても、わたしはもうさらにこの生活を1年間続けることはできない。それくらいつらかった。いやつらかったのは精神的にではない。精神はどういうときでも「やらなきゃ」って思ってたけど、できなかったのは肉体的につらくてたまらなかったからだ。息苦しいし背中は痛い。腕が痛い。アレルギー鼻炎の悪化。足のしびれ。腰の冷え。そのうち脳の中の問題読んでて頭を使う部分とか、文字を読んで理解する部分が拒否反応を起こしてくる。なんの文字を読んでいても頭の中にちっとも入ってこなくて理解もできない。頭の中に全然入って来なくて意味も分からなくて表面的に字面だけ追ってる感じ。でも不思議と精神的にはつらくなかった。逆に「もっとやれ、もっとやることがいっぱいあるだろう」と思っていた。最初に自分が「これはやろう」と思っていたことが、身体の不調でできなくなってきて最後の方は「どこを選んでどこを削るか」で悩んだ。でもそういう部分は疲れなかった。「つらい、もうできない、休みたい」と思ってたのは身体と脳の一部だ。そして試験が終わって解放感でいっぱいになるかと思っていたら、それどころじゃなく、やっと休める、わたしは逃げ切れた、という気持ちの方が大きかった。

家に帰ってから、やっと休める、やっと終わった、という安堵感で泣いた。試験の出来はともかくとして。

しかし、夜になると試験の解答速報が出てくる。もし全然できてなかったらどうしよう、って思った。この生活はもう続けたくないと言っても、受からなかった以上、続けるか何か他の道を考えるしかない。答え合わせがとても怖かった。

結果。

基礎法学 2/2
憲法 4/5
行政法 16/19
民法 7/9
商法 3/5
一般知識等 11/14
多肢選択 12/12

合計192点。(計算しなおしたら196点だった(汗):2016.12.11追記)
一般知識等の6問(24点)もクリアしてるし、記述の点数抜きでも全体で180点以上をクリアしている。

ので、マークミスさえしていなければ、合格は確定的になった。
彼女に「多分合格した」って報告したら、今度は「よかった」という涙が出て来た。

正直信じられない気持ちで、今だってなんでこんな点数が取れたのかよく分からない。

模試の点数は2回とも同じ点数で、ぴったり200点だった。
それを考えると確かに模試の実力通り力を発揮できたと言えるのかも知れない。わたしは法令科目の択一式の成績が安定していて、模試では1回目124点、2回目120点だった。今回も124点だからほとんど変わらない(すみません。上記で計算すると合計128点です:2016.12.11追記)。難易度に多少差があっても(わたしの感覚でいうと1回目の模試は割と簡単で、本試験が一番難しく感じた)成績はほとんど変わらなかった。普通は簡単な方が点が取れるのにね。まぁ、1回目の模試より2回目の模試、そして本試験の方がたくさん勉強してるから、自分の知識量も多少上がってるとは思うんだけど、それにしてもここが安定してたのでよかったのかなと思う。

そして模試の1回目は記述が散々で、2回目は一般知識等の5肢択一が散々だった。それをお互いカバーしてたので模試は結果的には同じ点数だったんだけど、今回は一般知識等がすごくよくできたから、全体的に択一全体の点数が上がった結果になった。

ちなみに一般知識等の問題の中では「日本の多様性」の問題があり、ヘイトスピーチと同性パートナーシップ条例のことが出ていた。で、問題の中で同性パートナーシップ条例の肢、これが○か×か、を問われたのね。わたしは最初これ、「×」にしたのよ。だって、同性パートナーシップ条例って全然「結婚に相当する」じゃないじゃん。問題文の通り、結婚に相当してないから条例で定められるわけであるわけだけど(今のところ、同性同士の婚姻は法律で認められてないので)、でも実際の同性パートナーシップ条例だってあれのどこが「結婚に相当する同性の関係についての定め」なんだろう?実際の中身は病院で最後の看取りができるとか、公営住宅に応募できるようになっただけじゃん、って感じ、当事者としてはね。だから「どこが結婚に相当するんだ!」と思って「×」にしたんだけど、でもこれ、組合せ問題で5つの中から答えを2つ選んで、その組合せが正しいのを選ばなければならない。するとヘイトスピーチの問題と比較しなくちゃならなくなったのね(それとは別の肢が絶対に×だという自信があったので)。でもヘイトスピーチの選択肢は明らかに違ってたので(だって、ヘイトスピーチは法律で禁止されたって書いてあったんだもの。そうなったらどんなにいいだろうかって思うけど)、どう考えてもパートナーシップ条例の方が正しくなる。「えー、試験問題作る人の認識ってこの程度なの?」とここだけは、強く思わせていただきました。というか、こういうのがあるから自分の答えに自信がなかったんだよね。

一般知識等の政経社の問題は、今年は時事問題が多かった。そして「日本の多様性」についての問題が出たのからも分かるように、「この試験に受かりたいのであれば、このようなことには気を配っておきなさい」と言われているような気がした。

ま、同性カップルについての権利は当事者であるから関わらないという選択肢はないのだけど、ヘイトスピーチや人種差別問題については、もう試験も終わったことだし、また関わっていこうと思う。

ちなみに合格発表日は来年の1月31日。
その日が来て発表されるまで、本心から安心はできないんだけどね。

取り敢えず、わたしの試験勉強はこれにて終了。
ちょっと休んで今後どうしていくかを決めたいと思います。

あ、最後に書いておくけどわたしは独学ではありません。予備校行きました。行ったというか、通信クラスだけど。そこの講座で先生の言われるとおりに勉強した。だから勉強の方向性はすべて予備校任せだった。だけど「やれ」と言われたことはやったし、「ここは覚えろ」と言われたところは覚えた。そこにわたしの選択の余地はなかった。やる方法と覚える方法はいろんな先生がいろんなことを言ってるけど(それについてはいろんな先生の個々のブログなどを読んでいろんな方法があることを知った)、その中で自分がやりやすいと思う方法を選んだ。なので勉強の方向性について思い煩うこともなく、基本的には淡々と、その先生に付いていっただけだった。通信の授業時間を含めて勉強時間はトータル1000時間弱(987時間、うち講義を受けた時間は255時間)。でも実際にはもっと多いと思う。勉強時間を付けない移動時間や寝る前の時間、最後の2ヶ月は昼ご飯を食べている時間など、それこそすき間時間もずっと勉強してたから。

でも結果的にはあくまでもわたしにとってはだけど、これが最短の道だったように思う。
14:25 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-08 Tue , 2016
怖くてたまらない
次の日曜日が試験の日。あと勉強できるのも正味5日だ。

しかし、わたしは試験日まで1週間を切った頃から怖くてたまらない。
怖いのは試験の日が来ることじゃない。怖いのは、この1週間に体調を崩して勉強ができなくなることだ。

わたしは今までに模試を2回受けた。2回とも、模試の1週間前の体調が最悪でほとんど勉強できなかった。

1回目の模試の前は、勉強時間を増やしたら眠れなくなった。眠れなかったら疲労も取れなくて、体調が悪化して勉強できなくなった。勉強時間を増やしたら眠れなくなることは前からの経験で分かってた。眠れるようになるには勉強を止めること。勉強を止めたら1週間程度で自然に眠れるようになるのは分かってる。けど、さすが、試験直前に眠るために勉強をしないわけにはいかない。だから、わたしは精神科の主治医に頼った。で、2回目の模試は勉強をしても眠れるようにする、というのを目標にした。

1回目の模試が終わってから眠れるようにいろいろ薬を調整したので、2回目の模試の前はちゃんと眠れてた。眠れるから大丈夫だと思った。けど、1週間前になり勉強時間を増やしたら2日目に風邪を引いた。その日の朝、彼女に「あれ、ろんたこの声、ちょっとおかしいよ」と言われたのだが、自分では全く自覚症状がなく、その日は普段通りに勉強したら、夕方になって熱が出てきて身体がだるくなった。「まずい」と思って次の日、1日だけ休んだ。でもわたしの身体は1日休んだくらいではよくならないのだ、いつものことだけど。体力がある人なら、1日休んで急激に良くなって、そして騙し騙しやってくことができるんだろうと思うが、わたしは1日休んだだけではあまりよくなることはなく、休んだ分くらいしかよくならなくて、そして騙し騙しやっていっても身体は騙されることなく負担がかかってまた段々悪くなる。それは分かってたのだが、なんせ試験1週間前に張り切って「これから試験前にやることリスト」を作ってたのだ。これを試験日まで1つずつ潰していこうと思ってた。が、2日分をやったところで体調を崩し、それどころじゃなくなったのに加えて、1日でやれるだろうと思ってたことができなくなった。

目の前にやらなきゃいけないことがあるって分かっててもできないことは、焦りを生む。ここで肝が据わってる人だったら「どうせできないのなら、思い切って休む方がのちのちのためだ」と思って焦らずによくなるまで休めるんだろうが、わたしはやらなければならないことがあることに焦りを感じ、「これがやれないまま試験日を迎えること」への恐怖感を抱いた。だから、やればやるほど体調が悪化することが分かっていながらやるしかなかった。

次の日が模試、って日に、読んでる文章の意味が全く分からなくなった。過去問を解いていて、過去にやったことがある過去問だったからできないわけではないと思うのに、もう、問題文が何を言ってるのかすら理解できなくなってた。問に関する答えが分からないのではなく、何を問うているかそれ自体が分からなくなっていた。頭はこれ以上何も入れたくない、入って来ないでと言っているようだったが、それでもわたしは休むこと、勉強できないことの方が怖かった。

そんなわけで、わたしは過去2回、試験前に体調を崩して納得のいく勉強がほとんどできていない。特に前回の2回目の模試の前は全くと言っていいほどできなくて、勉強ができないことへの焦り、怖さが身に染みた。

「2度あることは3度ある」という。今回がそのまさに3度目。そして本試験5日前。

怖くて怖くてたまらない。これから体調を崩して勉強できなくなるのではないかという怖さ。

試験日を迎えることが怖い、というわけじゃない。単にこの5日、体調を崩さずに勉強できるかということが恐ろしくてたまらないので、わたしの恐怖は本当は本末転倒なのだが(逆に試験となると、これはあんまり緊張しないんだよね。本番になると肝が据わって、いつもあんまりドキドキすることはなく、逆に楽しめちゃうわたし)わたしの勝負はあと5日。特にここ2日。

体調だけは崩さないようにしたい。自分が思ったように勉強したい。

「3度目の正直」なるか。
10:32 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-17 Mon , 2016
4週間切った
今年の行政書士試験は11月13日。
要するに、4週間後の日曜日。今日は月曜日だからもう27日後。
先が見えてきた。

わたしが本格的に勉強し始めたのは去年の12月に入ってからで、約1年。
ここまで来るのにあっという間だった。6月に入って「え、もうあと半年ないの?」って思ったけど、それからここまでは感覚的にもっと短かった。

決して今までのんびりやってきたつもりはないんだけど、でも、やっぱり「まだ時間はある」と思ってたんだろう。でもあと27日はさすがに「まだ時間はある」とは思えない。やらなきゃいけないことが山積みで、それを27日で割ったとしても、到底できそうにない。

しかも、わたしは身体の無理が効かない。今までに2回模試を経験してきて、体調管理を1回目に失敗したので、2回目はうまくやろうと思っていたら、風邪を引いてしまい、1回目以上にラストスパートが効かなかった。この経験を考えると、ラストスパートをかけるためにはどうすればいいかを考えるんじゃなく、ラストスパートはかけないでどうやって乗り切るか、だろう。とすると、この27日は負担がかからない程度でまんべんなくやるという対策を立てるしかない。

とはいえ、今日はまだ休んでいる。風邪が治りきってないから。

確かに今、ちょっと無理をして勉強を始める、と言う手がある。けどそれは勉強をやると同時に身体を治せる人たちのことであって、わたしはこの両立は絶対に無理だ、今までの経験から。とすると、今勉強を始めてもまた体調を崩してどこかで勉強できなくなる可能性が高い。今1日休むのと、将来1日休まなければならない状態になるのとどっちがいいのかを考えると、それは完全に前者だろう。身体というものは調子が悪くなると、全然記憶できなくなる、理解力がなくなる、いやそれだけじゃなくその状態にすごく焦ってしまう、ということを2回目の模試直前で体験した。頑張りが足りないとか気力が足りないとかそういう話じゃないのだ。というわけで、思い切って今日もまた休むことにした。

丈夫な身体が欲しかったとつくづく思うが、まぁこれは仕方がない。わたしの努力ではどうもならないんだから。わたしはこの身体でできるだけのことをやるしかない。

この1年はとても充実してた。充実してたけどやっぱりつらかった。身体の調子がどんどん悪くなるから。もちろん試験に対するプレッシャーもある。この1年はなんとか頑張れたけど、来年もまた同じ生活を送るのはもうこりごりだ。こりごりっていうよりもう身体が限界に達しているのでもう耐えられない。ってことは、今年、必ず合格しなければならない。

そのためにはまず、風邪を治すこと。
焦る気持ちはもちろんあるけど、考えると眠れなくなる。
なので、今日は頭をからっぽにして休むことにする。
12:30 | 自分の将来について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
AX