----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
02-03 Sat , 2007
風邪を引きました&病院に行ってきました
風邪を引きました。といっても、彼女が、です。(笑)びっくりした?別にアナコンダとキスしたわけでもないのに(一部しか分からないネタで、すんません)、風邪引いちゃったんですね~。。遠隔操作か??

というか、実は2週間ほど前から「起きたら喉が痛い」って言ってたのよね。でも、起きてご飯食べたりすると痛くなくなる、っていうから、甘くみてました、こっちも。で、うちは寝室には加湿器(それも通販生活で有名な「ボネコ」のヤツ。フィルター交換のいらない優れもの)をかけっぱなしだし、大丈夫だと思ってたんだけど。。なんか、最近、だんだんひどくなってきてしまって。昨日、わたしが病院から帰ってきたとき、フラフラしている様子だったので「医者に行きなさい!!」と言って、無理矢理行かせました。週末だったし、週末にひどくなったら困るからね。彼女は「病院に行くのやだー」と言いつつ行きました。(彼女は市販の風邪薬を飲むと、フラフラして仕事にならないから極力風邪薬は飲まないの)

で、帰ってきて「どんな薬出たのぉ~?」って聞いたら「これー」って見せてくれたんだけど、なんか薬の内容が書いてある紙と、もらってる薬の名前が違ってるのね。抗うつ剤なんかには、同じ効果でも違う名前の薬がたくさんあるけど、そうなのかなーと思って調べてみたら(もらった薬を調べるの大好き)、どうも同じ抗ヒスタミン剤でも種類が違う薬みたいで。彼女はわたしが調べる前に、薬局に電話。すると「交換しに行きます」とのこと。やっぱり薬局の間違えだったらしい。知らないで飲まなくてよかった。みなさんも医者に行ったとき、もらった薬を確かめないとダメですよ~。(なんてね)

彼女の風邪はそれから一気に悪化して、鼻水は出るわ、変な声だわ、あと熱は出てるわで、やっぱ、医者に行かせてよかったと思いましたよ。でもね、今、彼女は一番仕事が忙しい時期で。。体力落ちてたのかなあ。とにかく風邪は休養が必要なので、ゆっくり休んでもらいたいと思ってるんだけど。。

あ、わたしも一時期「起きると喉が痛いなあ」って思ってたけど、今のところは大丈夫です。だけど、一緒に寝てるから移るかも知れません。というか、移らなかったら、わたし○○ってことですよね。。。移りたくないけど、移りたい、変な心境です。(^^;;;;;

わたしの方も、昨日の日記に書いたとおり、医者に行ってきました。

「あの~、、ユーロジンが余っちゃったんですけど、2錠で処方されたんですか?薬の袋にも5種類としか書いてなかったし、普通、2錠だったら、そこだけ2錠って書いてありますよねえ。。」って恐る恐る聞いたら、「処方の紙に書いてあるから、もう袋には書かないようにしたのよ」って。で「どう書いてあった?」って聞かれたので「すいません。見ませんでした。。」って答えた(汗)っていうかさ、出された薬はいつも同じなんで、もう見ないのよ、自分のは。(人のは見るクセに(笑))でもでもぉ。先生が処方したんだったら答えてくれてもいいわけよね。「2錠のつもりで出しました」とか。ちゃんと答えてくれなかったので、なんでだろう~?って思ってます。

だけど1錠で今までと変わらずに十分に眠れたこと、あと、なんか身体がドクドクする感じがある、って言ったら「うーん、、そういう副作用の薬はないんだけどねー」って言われた。わたしは絶対にデパスのせいだと思ってるんだけど。で「じゃあ、どの薬がそうさせているかを見るために、デパス、セルシンって時間をあけて飲むのはどう?」って言われたので「それって、例えば食後にデパスを飲んで、その3時間後くらいにセルシンを飲んでってことですよねえ?」って聞いたら、そうだ、っていうから、まぁ、そう言われるんだったら仕方ないかなあ、と思ってたら、よほどいやな顔をしてたらしく(?)「本当はこの状態で安定しているから、薬はあまりいじりたくないんだけど、セルシンを半分にして飲んでみてください」って言われた。セルシンって5mgと2mgがあるんだけど、先生としては2mgにしたくなかったようで。で、なんかあったらまた5mgに戻せ、ということらしい。多分、何もないと思うけど。。(笑)っていうか、デパス減らしてくれよーーー!あれ、絶対に効いてないよ。前々から思ってるけど。

それから「何かをするのを諦めようと思ったときに、悲しいとかつらいとかそんなことは思わなくなった?」って聞かれたので「はい」って答えた。というか、今、やりたいこと全部やってるもん。(苦笑)でも、無理してやってはいないので、大丈夫だと思ってる。それに行きたくないときは行かないからね。例えば楽団の練習とか。。

「胃は大丈夫?」って突然聞かれたので「ええ。何ともありません。逆に12月から食欲が出て、2.5kgくらい太りました」って言ったら、「それは身体が活動するエネルギーをそれだけ欲しているってことだから、いいことですよ」と言われた。「わたしはもうこれ以上太りたくないんですけどねー」って答えたら「いやあ、まだもう少し太ってもいいですよ。決してダイエットしようなんてことは考えないでください」って言われたので「それはしません」って答えた。ま、わたしの場合、間食は一切しなくて、単純に一日3回のご飯だけでこうなったもんで。

というわけで、今回も和やかムードの中で終わったんだけど、帰りにね、ご飯を食べるために、いつも行く喫茶店に寄ったの。んで、処方された薬を見てみたらユーロジン2mgがまた寝る前2錠になってる!だからわざわざ病院に引き返して、受付で聞いてきました。そうしたら1錠でいいとのことで。20円返してもらった。ユーロジン、14錠で20円か。というと、1錠、約1.4円。わたしの場合、1割負担だから、1錠約14円の薬か。。

最近、前の心理相談室で受けたセラピストの「宿題」について、考えてる。そうすると、確かに急激に落ち込んだり、つらい思いをすることが分かってきた。逆に昨日は久々CDプレーヤーで白浜久の「HISASHI SHIRAHAMA」を聞きながら、病院へ行ったんだけど、以前はこういうロック系の音楽なんか聴けなかったよなあ、とも思った。で、それが相まってか、昨日は相当変な気持ちで病院に行ったため、行きは途中降りるところじゃない駅で降りかかり、帰りに至っては、なんと手前の駅で降りてしまった!それも階段を下りてから気がつく始末。相当ボケボケしてたらしい。

そうそう、聞いてこようと思ってた酒の話もすっかり忘れてて、帰りの電車の中で思い出す始末。今度はメモしておかなくちゃ。って、薬の説明の紙にはデパスにもセルシンにも「副作用が強まる恐れがありますので、飲酒は控えてください」って書いてあるのよね。。抗うつ剤の場合、飲酒をしてはいけないって理由は、抗うつ剤も酒も肝臓に負担がかかるから、という理由なのは知ってる。だから、わたしは今まで酒は飲まなかったのね、一切。でも、抗不安剤っていうのはどうなのかな。。薬の説明の紙に書いてある以上、先生にまともに聞いたら「ダメです」って言われるんじゃないかとは思ってるんだけど。。

んなわけで、今日はなんとこれから楽団の練習。今日は指揮者が来るらしい。で、そのあとちょっと早退して「社会人コミュ」のオフ会に行くつもり。なんだか、行ったことないところなので、店にたどり着けるかどうか、めっちゃ不安なんだけど。
スポンサーサイト
12:17 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01-15 Mon , 2007
捨てられるかも。。
一昨日、二人でベッドに入ったら彼女が言った。「こないだ、イライラしたときに、(二人の)終わりの始まりが来るような気がして、何となくいやだった」って。

「終わりの始まり」。。がーん。大ショック。彼女がそんなことを思っていたとは。

確かにわたしは彼女に頼りっきりで、なんでもしてもらってるし、言われても当然なんだけどさ。特に一緒に住む1年くらい前から、わたしはうつ病にかかってしまって、うつ病にかかる以前の状態では、一緒に暮らしたことはない。

で、一緒に住み始めてからも(一時は実家に戻って療養したが)、自殺企図を何回も起こすわ、ちょっと無理をして身体の調子を悪くするわ、早く寝ろと言われても全然言うことを聞かないわ、要するにわたしはやり放題。本当は、一緒に住み始めたら、分担するはずの家事でさえも、今は全部彼女に任せきりだ。

しかも、気が全く利かないしね、、自分でも「彼女を全然大事にしてない」って思ってるし。でも思ってるんだけど、できないんだよね。もう、これはなんていうのかな、天性の、というか気がつかないものを気がつけと今さら言われても無理。

それで、昨日はあちこちに「捨てられるかも」ってmixiのコメントに書いていたら、彼女に怒られた。「わたしは『捨てる』とは言ってないでしょ!」って。

でも「終わりの始まり」って向こうが感じ始めたんだったら、、そういう芽ができた、ってことだ。そして、それがだんだん大きくなって、実感として湧いてきて、愛想尽かされて、それで捨てられるんだ。

二人でベッドに行って話し合った。実際、これまで何度も愛想が尽きそうになったときもあった、って言われた。そのたびに「今、ronは病気だから」と思い直したらしい。そして「これから病気がよくなったら、また二人の関係は変わるから大丈夫だよ」って言われたんだけど、自信がない。なんてったって、自分は変われないんだから。変わろうとする努力もする気がないんだから。(そこんとこが大問題だと思うんだけど、どう考えたってそれは無理なのよね)「それに、そういうことを言ったってことは、それだけronの病気がよくなってきたってことだよ」とも言われたんだけど。。わたしとしたら、もう大ショックで。。だから、一昨日、あまりよく眠れなかったのかな。自分はBrass MIX!の新年会で興奮しているからだと思ってたけど。

わたしは彼女に対してなんの不満はない。といっても時々向こうに「ぐさっ」と来るようなことを言ってるらしいけど。だから、わたしから彼女を「捨てる」ことはない。だってだって、本当にわたしにとってはもったいないくらいの彼女だもん。誰に聞いても「彼女さん、優しいねー」とか「よくしてくれるねー」って言われる。逆にわたしがそんなことは言われたことは、ない。まぁ、本当に何もしてないから当たり前なんだけどさ。

「終わりの始まり」、、彼女に言わせると「そういう気がしただけで、今は大丈夫」って言うんだけど、ほんのちょっとでもそう思ったってことは、そういう芽が出てきたってことだ。どうやってその芽をつぶせばいいんだろう。。不安でたまらない。
12:46 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-20 Fri , 2006
うー!
昨日の話、あまりにもコメントが付かなかったので、続きはなし。(笑)っつーか、実はブログで読めるのよね。左のサイドバーのCategoriesの中に「うつの経過のこと」っていうのがあって、それを読めば、鬱にかかってから、実家に帰らされるまでのことが分かります。読みたかったら、それ読んでください。(笑)

ところで、新薬の副作用から生還(?)してから、彼女から「よかった、よかった」と何遍抱きつかれたことか。。ま、それはいいんだけどね、うちの彼女、もー、すごいのです、スキンシップが。

まず、朝起きたら「おはよう」のキス。で、二人で「おはよう~」って言って抱き合って。。今日なんか「ここにキスしろ」ってほっぺたと胸を差し出されました。基本的に毎日一緒にうちにいるくせに、しばらく顔を見ないと見に来て抱きついてきます。「ronちゃん、久しぶり~」って言って。。あと一日に何十編も「好き」って言われます。まーよく毎日飽きないこと、って思うんですが。。

外でも基本的に手をつないで歩いてます。それはいいんだけど、人のいなさそうなところで、必ずキスをしたがるのです!「もー、それは止めて。他の人が見てるかもしれないから~」というと、辺りを見回して「大丈夫、大丈夫」って。。(-o-)人が周りにいるときはぷんすか怒ってるし。特にエレベーターの中が要注意です。カメラがないとすぐにキスしてきます。「隠しカメラがあるかもよ」と言っても「いいの」って。。こっちはよくないよぉ~(涙)

あとは、話し合いはベッドでお互いくっつき合って話します。昼寝のときは抱き合って寝ます。わたしはもともとスキンシップは苦手なはずなのに、この5年半の間ですっかり慣らされてしまいました。だから、わたしが昼寝するときは必ず彼女を呼んで、ちょっとお話し。寝る前も背中を揉んでもらいながら、眠くなるのを待ちます。それでも話が弾んですぐ1時間、とかになっちゃうんですけどね。11時半にベッドに入っても、すぐ1時頃になってしまいます。

こういう彼女ですが、やっぱ性欲も人並みにあって。。わたしは今、うつ病でほとんど性欲がありません。この2年半、ほとんどセックスしてません。ときどき彼女は「あー」とか「うー」とか言ってますが「ronがやりたくなるまでは我慢する」と言い切っています。それにお互い、モノガミーだから、性欲解消のためにセックスフレンドを作ることなんかできないしね。だから、わたしは彼女がやりたそうな態度を取っているときは、ものすごく可哀想に感じるんです。

でね「わたしが夜寝てるとき、隣に寝て一人でやればいいじゃん」って言うんだけど「それだけはヤダ!!」って言うんです。理由を聞いたら「見られたら恥ずかしいから」って。。あの、わたしたち、今までさんざんセックスしてきて、しかもおもちゃとか使って、さんざん恥ずかしいことしてきたじゃないの。。(注:ビアンのセックスに必ずおもちゃを使うと間違った認識を持ってる人がいますが、そうではありません。使わないカップルも当然います。うちは両方とも好奇心旺盛だったので、そういう話になっただけです。そこら辺、ヘテロの人は間違わないでね)あれだけ恥ずかしいことをして、お互い、いろんな顔も知ってるのに、なぜ、一人でやってる顔を見られると恥ずかしいのか、わたしにはちっとも分かりません。。わたしとしては、今、彼女の性欲解消になることはそれしか思いつかないので、そうして欲しいのですが。。って悩み相談室みたいになってきた。(笑)いや、ホントに早くうつ病を治して、わたしに性欲が出てくれば一番なんですけどねー。彼女は今からそれを思いっきり期待しているようです。。
11:40 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07-07 Fri , 2006
彼女とお出かけ
昨日のブログにも書いたとおり、昨日は用事があったので、彼女と出かけた。が、ブログ書き終えて、mixiにコメントを付け終わったら眠たくなって、寝てしまった。お昼過ぎても身体が動かない。このときわたしは「やることがないからじゃなくて眠いから寝たいんだ」ってことがはっきり分かった。で、結局は午後4時頃だったかな、家を出たんだけど。

駅に行く途中「なんかコーヒーが飲みたくなった」って言ったら、その言葉をちゃんと覚えてくれていて、新宿に着いたとき「コーヒー飲んでからにする?」って聞かれた。なんかすごく嬉しかった。「うん」って答えたら「じゃ、甘味屋さんにしよう」って。。なんてたってうちの彼女、かき氷、大好きですから。。で、近くの甘味屋さんに入ったんだけど、そこ、アイスコーヒーしかなくって。。彼女は好物の「宇治金時」を食べてたけど、わたしは仕方なくアイスコーヒー。。ホントはホットが飲みたかったんだけどね。

で、用事をさっさと済ませたら、同じフロアにある本屋さんに。彼女はあれこれ本を見てたんだけど、わたしは本を見ているうちにはたと思い出し、絵本コーナーにいた。

わたし「あらしのよるに」っていう絵本が好きで、その存在を知った4年前に最後の4、5、6巻をまとめて買ったんだよね。(1冊1000もするので、さすがに6冊全部は買えなかった、働いてたときだったけど)それが聞くところによると7巻目が出たそうで。っていうか、本当は旭山動物園にいったときに探したんだけどなかったんだよね。そのとき、初めて絵を描いている人が旭山動物園の飼育係だったことを知ったんだけど。そのことを昨日、本屋で思い出したのね。で、あるかな~、と思って絵本コーナーに行ったわけ。

ありました。「まんげつのよるに」って題の本が。わたしは立ち読みしたんだけど、どうせ6巻まで持ってるから、ついでだー、と思って買っちゃった。

この本、どういう絵本かというと、ヤギとオオカミの友情の物語で、オオカミはヤギが大好物なんだけど、我慢してそのヤギのために食べない、って約束したのね。でも仲間のオオカミから変な目で見られて。。二人だけの世界に行こうっていうんで、森のある場所を目指すんだけど、雪崩に巻き込まれてヤギだけ助かる、オオカミはどうなったか分からないっていう話なんだ。(6巻までの内容ね)

わたしはそれでいいと思った。だから「オオカミ(ガブ)を生き返らせて」っていう内容の手紙が殺到してるって知ってたけど「この話はこうだからいいんだ」って思ってたの。ヤギは助かったけど、オオカミは分からない。そういう終わり方もありだな、って。だってその方が読んでる人の想像をかき立てるじゃん。だけど、どうも「生き返らせろ」の声が強くて7巻目を書かざるを得なかったみたい。7巻目の終わりは大団円になってたんだけどさ。

夕食を食べながら、彼女に「この本買ったんだ」って言って、だけど「やっぱり6巻目で終わる方がよかったよ」って彼女に感想を言った。彼女も「『シェーン』も『シェーン、カムバーック』って言っても戻らなかったところがよかったんだよね。あそこで戻ってきて幸せな家庭を築きました、ってなってたらあの映画は全然よくなかったよ、それと同じだね」って言った。わたしはイマイチ「シェーン」の内容は知らなかったんだけど。。多分そうだと思って同意した。やっぱり、大人の終わり方ってあるんだよね。めでたしめでたし、だけが終わりじゃないんだよね。そこんとこ、分からないかなぁ。最後に大団円を迎えないと、終わった気にならない人達が多すぎるような気がした。まぁ、この場合は絵本だからね。子供も読むから白黒はっきりさせてもいい感じもしたけど、、やっぱり6巻で終えて欲しかったな。

昨日は外に出たからか、現実感を感じないってことはなかった。やっぱり何かする方がいいみたい。だけどね、実はこれから忙しいんだ。今日も病院に行く日だからね。しばらくは現実感がないとは感じることはなさそう。ただ、あまり疲れないようにしなくちゃ。
10:00 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04-26 Wed , 2006
寝てばっかり
昨日は彼女が会社に出かけちゃって、その後、ブログに書いたとおり寝た。布団、かけてくれる人がいなくって、ちょっと寂しかった。。で、12時頃に起きてトイレに行ってたんだけど、その間、電話がかかってきて。焦って早く出たんだけど、電話は切れてしまった。親からかな?と思ったんだけど、留守電には吹き込まれてないし、誰からだろう、って思ってたら、またすぐに電話がかかってきた。彼女からだった。彼女はわたしが英語講座を聞き逃さないために、電話をかけてきてくれたのだった。

「寝てたでしょ?」「ううん、起きてたよ」と話して、電話を切った。英語講座の前にまだ時間があったので、お腹が空いていたわたしは急いで昼ご飯を食べた。ぎりぎりセーフ。それからは、何か食べたりないってことで、いもけんぴを半分、食べた。こないだいもけんぴを食べ尽くしたんだけど、いつの間にかまた買ってある。もー、いもけんぴ、あったら食べちゃうから買わなくてもいい、って言ったのにさぁ。あったら食べちゃうじゃん。

それから昨日のブログには、午後になったら新聞を読んで、なんて書いたけど、実際は眠くて寝ちゃった。起きたのは2時半頃で、パソコンをしながら半分残ってたいもけんぴを全部食べ尽くした。あーあ、一袋食べちゃった。前から書いてるけど、寝て起きると、甘いものがとても欲しくなっていることがある。そういうときについつい、食べちゃうんだよねー。で、それからも寝たりないのでまた寝た。もう寝てばっかり。

起きたのは4時40分頃で、PCを見たら、彼女からメールが来ていた。仕事は順調に行っているらしい。この調子だと6時に終われそう、ってことで、何も用意していなかったわたしは、そこからあれこれ準備。そうしたらまた、彼女からメールが来て、もっと早く終われそう、と。だからわたしの方も「用意ができ次第、出るね」ってメールを書いて、それから急いで支度をした。結局家を出たのは5時半頃だったかなあ。

いつも待ち合わせする喫茶店に着くと、彼女はもう待っていた。わたしはそこで一息つきたかったので、アイスコーヒーを注文し、しばらくお店で話していた。そこから電気店でお買い物。わたしの使っていたマウスが調子悪くって、っていうか範囲指定が出来なくなっちゃって、コピー&ペーストにかなり時間がかかるようになってしまったので、新しいマウスを買おうということになって、それでわたしは昨日出かけたわけ。

電気店にはいろんなマウスの種類があって、もう目移りするほど。最近は光学式マウスじゃなくて、レーザーマウスというものが出ていることを知った。だけどそこまでのものはいらないよなぁ、値段も高いし、ってことで、光学式マウスのワイヤレスを買った。ワイヤレスで光学式って前のと同じなんだけど、知らないうちに受信機がめちゃくちゃ小さくなっていて、おまけにマウスの形が手に合うように作られているのか知らないけど、変な形のが多かった。わたしが一番好きなのは、卵形マウスなのにぃ。あれ、手ですっぽり覆われるから好きなのよね。見た目もかわいいし。ワイヤレスじゃないのは割と卵形があるのに、ワイヤレスになると変なボタンがいっぱい付いてたりして、値段も高くなるのよね。わたしはその中でも割と大きめの、ボタンがあまり付いてないヤツを買った。あ、わたしはマウスはLogitechと決めております。(笑)

それから行きつけのお粥やさんで夕食。それからすぐ帰った。でもラッシュアワーで電車の中は大混雑。毎日通勤している皆さま、お疲れさまです。。

家に帰って、早速新しいマウスを使ってみた。うう、前のに慣れてるから使いづらい。ボタンも使い方がよく分からない。おまけに溜まっている新聞にどうしても目がいって、結局、歯磨きしながら新聞を読んだ。そしたら1時間も歯を磨いちゃった。ってよくあることなんだけどね。わたし、1日1回しか歯磨きしないから。

で、それから風呂に入ったんだけど、結局寝たのは1時。やばい。昨日もまた1時に寝てしまった。12時には布団の中に入っていたいと思っているんだけど。やっぱり彼女にうるさく言われないとダメなのかしら、わたしって。情けない。。_| ̄|○

それからすぐ眠れたんだけど、起きたら朝の5時。いつもどおり、PCでmixiとかいろいろ見てたんだけど、YAMAHAのHPに行って「どこのお店がいいかな~、やっぱ銀座かな~」と銀座店のHPを見たら、トロンボーンの様々なもの(楽器からケースからマウスピースから。。)が載っていて「これが欲しい!」とか「こんなものがあるんだー」とか思わず熱中してみてしまって、気がついたら6時半。「もう一回寝よ」と思って、8時まで寝た。しかし、楽器自体は20万ちょっとなんだけど(欲しいのはね)、色々買いそろえていくと30万弱はかかりそうだなぁ。うう、今すぐ欲しい。けどまだ我慢するのだー。だってまだ正式に「入ります」ってメールしてないんだもん。←早くしろ

ってわけで、昨日は彼女がいなかったんだけど、そのうちのほとんど寝ていて寂しいと思っているヒマがなかったのでした。。しかし、何でこんなによく眠れるんだろう?不思議だ。。
10:00 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04-20 Thu , 2006
なんかあったかなぁ~
最近、早く寝るようにしてるんだけど、そうすると決まって5時過ぎに目が覚めるんだよね。で「もう眠れない~」と思って、PCで1時間ほど遊んで、またベッドの中に入って寝るんだけど、今日は眠れなかった。ので、7時40分に起きた。

マイミクさんへのコメントを書こうと思って、その前にNHKの番組表を調べたら、なんとわたしの好きな「クインテット」に「プチ」ができてたのね、この4月から。んで、朝の7時55分から8時だっていうんで、今日、初めて見ましたよ、この番組。「ピタゴラスイッチ」も「ミニ」を見てるし、これからは朝の番組に事欠かなそう~。ホントは普通の「クインテット」も「ピタゴラスイッチ」も見たいんだけどね。ま、相変わらずNHKおたくのわたしです。

んで昨日の話ね。昨日も5時過ぎに目が覚めて、また寝たのが6時過ぎ。昨日は8時までは眠れたかなぁ。でもやっぱり寝不足で、ブログ書いたあと、すぐ寝た。それからお昼、彼女に「英語講座の時間だよ」って起こされたんだけど、眠くて起きられなくて、1時近くに起きて、昼ご飯を食べた。で、また寝た。そしたら今度は3時頃に「英語講座の再放送が始まるよ」って起こされた。そのときはちゃんと起きて、英語講座を聴いた。それから何をしてたかなぁ~。あまり記憶には残ってないから、多分、mixiかなにかで遊んでたんだと思う。新聞も読んだかなぁ。

で、彼女が5時頃「眠いからちょっと寝るね」と言ったので「うん」って答えたんだけど、しばらく経って「ronがこない~」っていうから「はいはい」って言って。。2人で7時まで寝てた。(汗)ま、その日は前から「今日は外食ね」って言ってたからいいんだけど。。2人揃って寝ると必ず1時間以上は寝るからねえ。やっぱ似たもの同士ってヤツなんだろうね。それにしても、昼間はしっかり眠れるのに何で夜は眠れないんだ!なんて思ったり。。

起きたあと、用意して7時半頃に家を出て近くのファミレスに。最近のファミレスって1ヶ月くらいしたらもうメニューが変わっているのね。デザートに前に行ったときに食べた苺のデザートを食べようとしたら、マンゴーに変わってた。。まぁそれでもいろいろ話して(主に向こうが)、ご飯を食べて、デザートも食べて、コーヒー飲んで。帰ったら9時ちょっと前。

それから新聞読んで、PCで遊んで、すぐ10時過ぎちゃった。10時過ぎると彼女が「ろーんちゃん、今日はいつ寝るのかなぁ?」って来るから、仕方なしに(?)歯磨き開始。11時前にお風呂に入ったんだけど、結局寝たのは12時だった。。

でもこれ以上早く寝ても早く起きるだけだからねえ。。調子はいいんだけど、眠りが足りないから、イマイチだよお。これで朝までぐっすり眠れて8時頃にすっと起きられたら、もう言うことないんだけどなぁ。

新聞は、ただいま今週の月曜日の新聞を読んでおります。早く追いつきたい~&他の本も読みたい~。英語も文法の勉強したいし、まだまだやりたいことがいっぱい。ほんの数ヶ月前に「なんかやりたいんだけど、やりたいことが見つからない~」って泣いていたのがウソのよう。うつでも変われば変わるもんなんだなあ。

そういえば、昨日寝る前に彼女と「偽善者について」について話したんだけど、何か彼女にしみじみと「ron、病気が治ってきたね」って言われちゃった。本人としてはそうかなぁ?って感じなんだけど、端から見るとそう見えるらしい。うつがひどいときはそんな話しなかったからなぁ。彼女によると、聖書に出てくる「パウロさん」という人とわたしは話が合うらしい。(?)ちょっと聖書を読んでみるかな。でも、いつも初めのところで挫折するわたし。「好きなところだけチョイスして読めばいいんだよ」って言われるけど、途中からは読めないのだ~。だけど「パウロさん」のところは読んでみようかな。あ、言っとくけどわたしは「無神論者」ですので。(笑)ただ、宗教には興味があるってこと。割とフレキシブルなの、わたしって。(と自画自賛(?))
09:31 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
04-05 Wed , 2006
やろうと思ってたのに
やろうと思ってたのに、またできなかった、掃除。。
なので、今日は起きてから「純情きらり」を見て(朝はNHKと決まっとります)、すぐ掃除に取りかかった。ま、掃除って言っても掃除機をかけるだけなんだけど。。でも、床に置いてあるものとか、全部取り除いて掃除機掛けるので、結構時間がかかる。おまけに今日はちょこちょこっとした汚れを洗剤で取ったり、テレビの画面や鏡を拭いたりしていつもよりプラスアルファの分、時間がかかった。といっても、1時間ちょっとで終わったんだけどね。

しかし。。眠い。昨日はいつもよりちょっと早くベッドに入ったんだけど、例のごとく5時頃に目が覚めて、それからちょこっとネットを見たりして、それからまたベッドに入って7時ちょっと過ぎに起きた。それからまたネットを見て、着替えて朝食。本当ならそれで寝ちゃうんだけど、寝たら掃除ができなくなることはこの3日間でよーく分かってたから、眠いのを我慢して掃除したわけ。おかげで今はきれいな部屋で、大好きなElton Johnなんか聞きながらこのブログを書いてます。

昨日は朝食の後寝ちゃって、それで午後のラジオ英語講座がある前に彼女に起こしてもらって、それから聴いたあとに昼食。その後また寝て、それから起きたら3時近くだったので、近所に散歩に行った。あの例のしだれ桜がどうなったかを見に。そしたら見事に花びらが散っていて、もう葉っぱが出かけていた。その近くにあったソメイヨシノは満開状態。なのにもう、人は見物に来てなかった。あそこの場所はしだれ桜だけが有名なのかしら?風が吹いていたので、桜吹雪の中を歩いたんだけど、これが結構気持ちよくて。彼女と「これがいちょうとかだったら誰かが文句言いそうだけど、桜の花びらは誰も文句言いそうにないよね」って話ながら歩いてた。

その後は近くの喫茶店に寄って、コーヒーと苺のジェラートを食べた。前、ジェラートを食べたとき、結構おいしかったから、昨日はダブルのジェラートをそれぞれ頼んで食べた。ジェラートって言うよりなんというかシャーベットみたいな感じ。

それから家に帰って、新聞を読もうと思ったんだけど、眠くなってしまって、夕飯前までぐっすり。んー。やっぱり眠くなるんだよねー。おかけで新聞は溜まりまくって、今、4月2日の新聞を読んでいるわ。やばいやばい。

夕食を食べ終わって、後片づけをして、昨日はネットと新聞を同時並行でやってたのかなー。なんか、やりたいことがどんどん増えてきて、ちょっと睡眠時間を削らないとできないようになってきた。んー。これからは午前中だけでも起きてるかなぁ。でも、眠いのは眠くって、それを我慢するとあまりよくないことも知っている。むー、なんというか難しい。

昨日は「いつもより早く寝るぞ」って思ってたので、早めに歯磨き。それでもいつもより30分くらいしか早くできなかった。。昼間寝てるから、夜にしわ寄せが来るのよねー。おまけにmixiは夜になると皆さんの活動が活発になってくるし。。新しい日記がアップされるとどうしてもコメント付けたくなるのよねー。どうにかならない?この性格。

というわけで、寝る時間とどう折り合いを付けていいのか、今、悩んでおります。
10:43 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03-31 Fri , 2006
お花見
ca7a03b2.jpg一昨日は割と早く寝たんで、昨日は午前中、あまり眠くありませんでした、と言ってもブログ書いたあとまた寝て「風のハルカ」見損ねそうになったけど。(彼女に起こされました(^^;)でも結局、11時頃には眠くなって、12時過ぎまで寝てたかなぁ。

昨日は、近くの街までお花見を兼ねた買い物をしてきました。二人とも、去年は4月過ぎてここに引っ越してきたので、桜の木があんなに植えてあるとは思ってもみなかったです。「桜通り」の名に恥じない、桜並木。きれいでした。ホント、今、ちょうど見頃、という感じで。だけど、わたしにはちょっと寒かったー。もうちょっと暖かければね、といった感じでした。彼女は全然寒くなかったって言ってたけど。

駅の前からずーっと通って、桜並木を一周。「去年、用事でここまで来たけど、まさか桜がこんなになってるとは思わなかったよね」とか話ながら。途中で喫茶店にも寄って、コーヒーとケーキ食べて。かなり歩きました。

ぐるっと一周して、駅に着いたとき、彼女が「疲れた顔してるから、もう帰っていいよ。買い物はわたしがやっておくから」って言われて。。実のところ、これから買い物するのはちょっときついなあと思っていたところだったんで、素直に「うん」と言って帰ってきました。まだ体力的には十分ではないようです。

1人で帰ってきて、そのまま寝てました。夕食を食べ終わってからも眠かったんですが、夕食を食べたあとすぐに寝るクセがついていないのと、やりたいことが次々に出てきて、結局、起きました。

それでも昨日はいつもより早く寝る用意ができたかなー。でも結局そのあとベッドの中で彼女とあれこれ話してたりして、12時頃になっちゃいましたけど。で、今日の起床は4時14分。早く寝ただけ早く起きてしまったんだろうか。。まあその後何とか6時台まで寝てましたが。

今日は診察日です。この2週間は割と調子がよかったこと、やりたいことが少しずつ出てきたこと、等を話してくる予定です。彼女はまだちょっと薬は変わらない方がいいんじゃない?って言ってるけど、先生はどう判断するかなぁ。わたしは「まな板のコイ」ですから、先生の言うことに従います。ま、その前にいろいろと情報提供はしますがね。
 
 
追記:ちょうど1年前の今日、わたしは7年間勤めた会社を退職しました。対外的には「他にやりたいことがある」というものでしたが、実は彼女と一緒に暮らす方に重きを置いていました。あの日、辞令交付式で退職の辞令を交付され、その後上司と一緒に昼ご飯を食べ、昼休みを過ごして、それから皆さんに挨拶して職場を去りました。その後、よく行っていた喫茶店に行き、コーヒーとケーキを食べて、家に帰ったことを思い出します。

あれから1年、何が変わって何が変わらないのか。。わたしにはまだ分かりません。この1年はある意味、彼女との生活を作っていくための時間だったのかな、という気もしています。これからの1年は、自分の道を早く歩んでいけるよう、努力したいと思っています。
07:11 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03-04 Sat , 2006
ふうむ
昨日は観念して寝ていた、と言っても午前中はあれこれと忙しく、眠れないままお昼ご飯の時間を迎えてしまい、そのままご飯を食べて、そこからはおとなしく寝た。起きたのは4時半頃。その後1時間くらいネットをして、その後、どうやって過ごせばいいのか、また分からなくなってきた。と同時になぜか悲しい気持ちが体中を駆けめぐる。「ベッドに行こう」と彼女に言われてすぐベッドに行く。変に悲しい気持ちが胸の中をぐるぐるしている。「頓服が欲しい」と言って、すぐに頓服を持ってきてもらい、飲んだ。彼女には「何もしないことが一番いいんだからね」と言われた。「何もしないこと、何もしないこと、、」とつぶやきながら、ベッドで寝転がっていた。

が、ふと、以前から「読みたいけど読めない本」を手に取ってみようかなぁと言う気になり、少し読んだ。話自体はそんなに面白いとは感じなかったが、こんな自分でも本は読めるものだな、と思った。頓服がなせる技なのだろうか。

その後、夕食を食べたのだが、気持ちが妙に現実感がなく、一体自分はここでなにをしているの?という感じでご飯を食べた。彼女が食後にコーヒーを湧かしてくれた。そのときも同じような気分だった。頓服を飲んで2時間以上経っている。もう効力は消えているはずだ。しかし、本当にどうも現実感がなく、ふわふわ浮いているような気分で、なぜか英語の勉強ができるような気がして、昨日は久々に文法の問題をやった。まぁ昨日は過去、過去分詞型の活用の問題で、そんなに難しくはなかったのだが。

そうしているうちに寝る時間になり、歯を磨いて風呂に入ったのだが、一昨日と比べると身体が動くようになっていた。まだ、全面的に動く、とは言えないけれど。。そんなこんなで、昨日は観念した一日になる予定だったのだが、その後、寝るときに昨日書いたシンポジウムのことで彼女と少し口論になった。彼女は仕事があるから行けない、と言うのだ。2人で行きたかったわたしは、あきらめきれなかったのだが、できないものなら仕方がない、じゃあ一人で行くから、と言った。彼女は怒ってというか、悲しそうな顔をして「一人で行かせたくない」と言った。できるなら、今度の火曜日(次の診察日)まではおとなしく寝ていて欲しい、と。「どうせ東京では4月にももう一回あるんだし、そっちに行こう」と言われたんだけど、どうしてもわたしは5日にこだわって。。今、揺れ動いている最中。いや、彼女の言っていることは正しいと思う。確かに今の体調で3時間も4時間も講義は受けられないかもしれない。それでもわたしの性格上、途中で帰ってくるなどできないわけで。。今でも自分の中に葛藤がある。でも多分、彼女の言うとおり、4月にするだろうなぁ。多分ね。自分の中に冷静な自分がいて、そっちの方がいい、と言っている自分がいる。それは否定しない。だけど、なぜかそうすると自分に負けた感じでいやになる自分もいるわけで。一旦、決めたことができないことに負けたような気になる自分。難しいものだ。
07:57 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
03-03 Fri , 2006
観念
昨日のこともよくは覚えていない。
夕飯を食べるまでは、まだ増薬のショックが受け入れられなくて、彼女に頓服を飲まされたりしたことは覚えている。夕飯は食べたくなくて「食べられない」って言ったんだけど「ちょっとでもいいから食べてそれから薬飲みなさい」って言われて、無理矢理食べたことは覚えている。夕食後は何もする気になれずに彼女の部屋にずっといて、彼女が仕事するのを見ていた。

何もする気が起こらない→何かしなくちゃ→でも本当になにもする気になれない→情けない、消えたい、のループに陥って、頭の中がめちゃくちゃだった。彼女は「今は何もする気が起こらなくて当然なんだから、なにもしなくていいよ」と言われて「そっか」って思ったんだけど、なぜかよく分からないけど悲しくて悲しくて、泣いてばかりいた。でもそのうち「本当に身体が動かないんだから、今は休んでいるしかない」って思えるようになってきて、途中からはあまり抵抗しなくなった。

「2、3日したらまた身体が動くようになるよ。今はまだ増薬した薬が効いてないんだよ」って言われたから、そうなのかな、と思った。増薬したショックは段々消えていった。が、やっぱり身体が動かなくて。昨日は風呂にはいるのが大変だった。服を脱ぐのに30分、それから無理矢理風呂に入って、結局自分では髪の毛を乾かすことができなくて、彼女にやってもらった。そこまでして風呂に入らなければならないのかと思われるかも知れないが、わたしの場合、1日1回歯を磨いたり風呂に入ることは決して止めたりすることができないことなのだ。

取り敢えず、身体が動かないうちはそれに抵抗しないで、横になったり、じっとしていようと思った。やっとそういう考えができるようになったってことかな。こういう考えができるまで、2日もかかってしまった。。

3月5日は「Rainbow Talk 2006~『同性カップルの生活と法律』」(2008年6月現在、このページは既になくなっているようです)というシンポジウムに参加しようと思っている。これはconjuntoさんのブログを読んで、参加を決意したんだけど、やっぱり同性カップルに関することに興味を持っている以上、参加できるなら参加したい、って思って。自分一人では世の中を動かすことはできないけれど、こういったものに参加することによって「こういうことに興味を持っている人がいるんですよ」という、世間に対するアピールにはなるかもしれないと思って。だから、参加することに決めた。

事前にメール下さいとのことだったので、わたしと彼女の名前を書いて参加申し込みしたけど、わたしは身体が動かない状態だし、彼女は彼女で仕事をたくさん抱えている身なので、今のところはどうなるのか分からない。でも、日曜日まで自分の身体が動かないとは思えないし、彼女は分からないけど、一人でも行ってこようと思っている。本当は二人で行って、話を聞いてあとであれこれ話せたらいいなーとは思っているんだけど。

今のところは身体が動くようになっているかどうか、まだ分からないが、今日はゆっくりするつもり。寝るのに飽きたら、彼女の部屋でじっと彼女の仕事ぶりを見ていよう、そう思っている。
10:04 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-24 Fri , 2006
さんざんな一日
昨日も書いたけど、一昨日の夜から「どうも目の奥がおかしいな」と思いながら寝てたんだけど、それがなんだかよく分からなかった。起きてからも、頭がぐわんぐわんするってことは分かったんだけど、頭痛だと思わなくてっていうか、頭痛なことは分かってたけど、今までにない痛みっていうか、よく分からない痛みだった。で、わたしは起きたらすぐ自分の部屋に行って、PCを立ち上げるんだけど、立ち上げてmixiとかブログとか読んでたら、突然吐き気が。気がついたら頭が痛いのも左側だけになっていて、それがものすごく激しい。偏頭痛か緊張性頭痛なのかも分からないほどもう「痛い」としか言いようのない痛さで、すぐさまベッドに駆け込んだ。

昨日も書いたけど、彼女は出社日。「痛いよー」って言ったら「どんな痛み?偏頭痛じゃないの?」って聞かれて「確かに左側だけ痛いけど、偏頭痛かどうかはよく分からない」って答えたら「じゃ、取り敢えず偏頭痛の薬を飲もう」と言われた。わたしは言われるまま、偏頭痛の薬をやっとの思いで飲んで、それから寝たんだけど、頭が痛くて眠れない。おまけに気持ちが悪い。「気持ちが悪い。吐きそうだよー」って言ったら、彼女が洗面器の中に新聞のチラシを入れて、いつでも吐けるようにベッドのそばに置いといてくれた。

しばらく頭痛いのと気分悪いので苦しんでたんだけど、ある時、吐きたくなって、洗面器の中に吐いてしまった。頭が痛いのを放っておいて、吐き気が来るのは知ってたけど、実際に吐くのは初めて。「あー、今飲んだ薬の成分が~」と思ったけど、時すでに遅し。しかし、いつの間にこんなに頭が痛くなったんだろうって思った。吐いてからももちろん頭が痛くて、まだ吐きそうで。その中で彼女は出社の時間が来て、行ってしまった。

わたしは寂しいどころではなく、もう頭が割れそうに痛くて、どうなるんだろうと思いながら寝ていた。それから2時間ばかりはうとうとしていたらしい。気がついたら11時ちょっと前で、頭が痛いのが少し治まっていた。わたしは朝の薬を飲まなくちゃいけないから、頭が痛いのを我慢して、適当にそこら辺にあったバナナと、朝、彼女が湧かしてくれていたコーヒーを一緒に飲んで、それから朝の薬を飲んだ。頭が痛かったので、もう一回偏頭痛の薬を飲もうかどうか迷ったんだけど、今の薬、1回飲んだあとは、飲み方が分からないのね。何時間あけて飲んでいいかとか、追加で飲んでいいのかとか。普通、偏頭痛の新薬の場合、そういうのが細かく決まってて、他の薬ではそれに従って飲んでたんだけど、今の薬はそういう説明が一切なくって、ただほいって渡されただけだから、ちょっと続けて飲むのが怖くって、それでいつも飲んでいる市販の頭痛薬を飲むことにした。

そのあと、12時に彼女から「どう?」って電話があり「まあまあ治ったかな」と言ったら、「もう昼ご飯食べて寝た方がいいよ」って言われたのでへっ?と思った。だって、今、バナナ食べて薬飲んだばかりだったから。でも確かに言われるとおり、それから寝て起きて昼ご飯を食べたら、すごく遅くなりそうで。だから、本当は食べたくなかったんだけど、いつも食べているお餅を1個、焼いて食べて、それから昼に飲む薬を飲んで、それから寝た。

そんなに寝るつもりじゃなかったし、眠れないと思ってたから、3時には起きて、英語の勉強をしようと思ってたんだけど、案外眠れて、3時に彼女からもう一回電話がかかってきたときは完全に寝ぼけてて、電話には出たんだけど、はっきり言ってなに喋ったか、覚えてない。。で、それからまた1時間ばかり寝て、4時過ぎに起きた。それから着替えて、英語の勉強をして。その後新聞を読んでいたら、5時過ぎに彼女から電話があった。どうも仕事がまだまだ終わらないらしい。本当は予定では仕事が終わったら落ち合って、一緒にご飯を食べにいく予定だったんだけど「まだまだ終わりそうにないの。6時になったらまた電話する」って言われて。わたしはそのまま新聞を読んでたんだけど、6時過ぎても電話が来ない。「どうしたんだろ」と思ってたら、6時半近くに電話がかかってきた。「まだ仕事が終わりそうにないの。家にあるご飯、食べる?」って言われたんだけど、わたしはもう出る気でいたし、その用意もしてたし、それに一人で晩ご飯食べたくなかったから「行く」って言って。「じゃあ、これから出て。それでいつも待ち合わせてる喫茶店の前に着いたら電話して」って言われたので、行く用意をして、家を出た。

いつも待ち合わせている喫茶店に着いたのは7時過ぎ。そこで電話したら「まだ仕事してるの。喫茶店で待っててくれる?」って言われたので、喫茶店の中に入って、コーヒーを頼んで、彼女が通ってもすぐ分かるように道に面した席に座って、コーヒーを飲みながら、自分の前を過ぎゆく人をぼんやり見ていた。30分くらい経って、また彼女から電話があって「今から会社出るから」って言われたから、わたしも「じゃあ、喫茶店を出て待ってるね」って言って、喫茶店を出た。

ちょっと待ってたら彼女が来て「ごめんね」って言われたんだけど、まあ仕事だから仕方ないし「いいよ」って言って、それからいつも夕飯を食べにいくお店に向かって、それで食べて帰ってきた。わたしは頭が痛かった後遺症とそれまで抑えていた寂しい感情が一気に出てきたみたいで、食べてる最中もなんかボーッとしてて。彼女に「大丈夫?」って言われながら、結局家に帰り着いたのは9時過ぎだった。

わたしは英語の勉強を一日でおじゃんにしたくなくて、それから英語の本を読んで、その後寝る用意をして寝た。それまで眠かったはずなのに、ベッドに入った途端、あまり眠たくなくなって、彼女の寝息を背中で聞きながら、割と長くまで起きていた。「なんかさんざんな一日だったなー」と思いながら。

今日は受診日。天気予報では雪マークが消えて、雨マークになってたけど、寒いのには変わりないみたい。暖かい格好をして出かけなきゃ。すぐ診てもらえて、すぐ帰れたらいいな。
09:51 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
02-22 Wed , 2006
寝てばかり。。
昨日はお約束どおり(?)、ブログを書いたあと寝た。
だけど、その前にちょっと買いたいものがあったので、彼女に「お買い物に行きたい」と言って。そうしたら彼女が「どうせならお昼、外で食べよっか?」って言ったので「うん」って答えた。

自転車に乗って買い物に行くのって、こっちに帰ってきて初めてだったんじゃないかな。もう、道とか全然忘れてて。「見た覚えのある道だな~」とは思ったんだけど、自分で行くにはまだ無理。あー、これから暖かくなったらどんどん外に出なくちゃ。結局散歩も寒いからって全然してないしねー。

買い物をする前に、お昼ご飯を食べた。初めて行くハンバーガー屋さん。チェーン店だから、そこのハンバーガーは食べたことあるけど、実は久しぶり。おまけに昼食は毎日お餅1個しか最近食べてないから、胃が小さくなっちゃって、いろんなバーガーがあったけど、一番安い「ハンバーガー」しか食べられなかった。。まぁその他にポテトとコーヒーを頼んだけど。

そのあとはお買い物。わたしの買い物はすぐ済んだんだけど、その他に彼女がぼんぼん食べ物をカゴに入れていき、極めつけに米5キロ買ったんで、帰るときは大荷物。こんなはずじゃなかった。。とわたしは思ったんだけど。まぁ、2人で買い物に行くのも随分久しぶりだったから、いいか。

帰ったあとは、わたしは新聞を読んでたんだけど、彼女が眠い眠いって言って、ベッドに入っていったから、てっきりそのまま寝るのかと思ってたら「ronが来ない~」って呼ばれてしまって、結局わたしは眠くないのに一緒に寝る羽目になってしまった。しかも眠くなかったはずなのに、最後は彼女は起きて、自分一人だけ寝てた。。もーショックー。やろうと思ったことができなかったじゃん!

今、猛烈に英語を勉強しなくちゃと思ってて、これからは午前中と午後と夜にやることに決めた。彼女からは「文法の問題は合わせて1時間は超えないこと」って言われたけどね。なんか今は前へ前へ進みたい感じ。今日からやるぞ~。
09:38 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01-18 Wed , 2006
ぼちぼち
昨日は午前中、観念して寝ていた。ただ、どうしても「情けない」って気分からは脱出できなくて。彼女に「ronがここにいるだけでいいんだから」って言われながら、こっちとしては納得したようなしないような気分で寝ていた。

お昼ご飯は彼女が用意してくれた。わたしは食べるだけ。こういうときに二人でいると本当にありがたい。後片づけも彼女がやってくれて、感謝。

夕ご飯前になるとちょっとはよくなってきたかな、という感じになる。寝ころびながら本を読んだりできるようになった。夕飯は彼女が用意してくれたけど、後片づけはわたしがやった。

寝る前は彼女とひとしきり話したあと、また本を読んだ。でも寝るのが何となく怖かった。一旦起きて、眠れなかったらどうしよう、って思ったから。気分もちょっとだけ落ち込み気味になった。もう「情けない」とは思わなかったけど、なんとなく気分が上昇しない、そんな感じ。「片づけもできたし、本も読めたから大丈夫だよ。それに顔つきが違ってきているよ」と彼女に言われた。

昨日の睡眠は心配したほど眠れなかったことはなかった。第一、彼女が寝る1時半頃にはぐっすり寝ていたし、2時に一回、トイレに行って、その後はしばらく眠れなかったけど、気が付いたら寝ていて、その後も何回も眠れたと自分なりに思ったから。

今日も用心のために一日寝ている生活になるだろうと思うけど、段々よくなりつつあるのが分かる。今日の朝食も普段どおりに自分で作って食べたし。元通りになるのは、もうちょっとかなぁ。。
09:26 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01-13 Fri , 2006
ふわふわ
昨日は本当に一日中、ずーっと寝ていた。午前中に寝、お昼ご飯を2人で食べて、そのあとも何回かに分けて、寝ていた。寝るたびに彼女が一緒にベッドの中に入って話をしてくれる。一番印象的だったのは、わたしが「なんか前に二人で住んでいたときのことを思い出した感じ」って言ったとき。彼女が「そうだね。4月は引っ越してきて、ろんがあれが足りない、これが不満って言って東急ハンズにいろいろ買いに行ったじゃない。で、5月は近くの駅の前でお祭りがあって、それに2人で行ってさ。それからその駅にしょっちゅう行くことが多くなって、それで自転車買ったんだよね。それから6月はシフォンケーキに凝って、習いに行ったりしたじゃん。7月は自分で作るからって言って電子レンジも新しく買い換えて、一生懸命温度とか時間を工夫して自分でシフォンケーキを作ってたんだよね。先生にも『ケーキを作るのはいいことです』って言われてさ」

そっかぁ。そういえばそうだったんだ。わたしはすっかり忘れていた。それだけ、今まで彼女との生活は積み上がってたんだ。そう思いながら、またわたしは眠りについた。

最後に起きたのは5時半頃だったろうか。それからテレビを見たり、ネットして遊んでいた。6時過ぎに二人で夕ご飯を食べ、わたしは再びネット。メル友が教えてくれた自分のブログサイトをずっと読みながら過ごした。

9時になって、寝る用意を始めたんだけど、風呂に入ったのは10時頃。彼女がわざわざ風呂桶にお湯を張ってくれて、わたしは久々に体中暖まった。で、11時ちょっと前に就寝。例によって彼女がベッドに来てくれる。

「今もまだ、不安な気持ち?」と彼女。「ううん。不安な気持ちはないの。だけどなんかまだふわふわ中に浮いてる感じがして。。」「大丈夫だよ。そのうち足が地に着いてくるって」そう話しながら、彼女は背中を指圧してくれた。

昨日の睡眠。彼女が寝る1時頃に目が覚めてしまって、それからはずっと眠れなかった。4時15分頃、久々に睡眠剤を飲む。そうしたら眠れたようで、5時45分に再び目が覚めた。そのあとはリラックスしたのか、8時まで眠れた。

今日は先生に診てもらう日。まだ何を言おうか考えていない。なにしろ環境の変化で、実家にいた頃はもう大丈夫だ、って思ってたけど、自宅に帰ってきてからはふわふわしている。本当は薬の副作用で気温が急激に変わると体中が「どきん」ってなるんだけど、自分の状況を考えると薬はそのままだろうなぁ。。あー、早く治りたいのに。早く薬とおさらばしたいのに。
09:31 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01-12 Thu , 2006
しんきまきなおし!
とうとう、東京に戻ってきた。

彼女の仕事の関係で、いつもの駅でのお迎えはなかったけど、途中の駅まで迎えに来てくれて、それからご飯を食べ、明日の朝のパンと家に帰ったら食べるケーキを買い、まるで1ヶ月に1度、帰ったときと同じような錯覚に陥った。それを言うと「それでいいんだよ」って彼女に言われた。

家に帰ってきて、早速やったのはPCがネットにつながるかということ。起動ボタンを押すと、あっけなくPCはインターネットとつながった。不安が1つ解消された。

その後、彼女はコーヒーを入れてくれて、それからパン屋さんで買ってきたケーキを食べた。だけどわたしはなんとなく不安で。何が不安なのかよく分からない不安に落ち込んでいた。そんなとき、彼女はいつもやるとおり、ベッドまでわたしを連れて行き「何が不安なの?」と聞いた。「よくわからない」とわたしが答えると「大丈夫だよ」と言われた。それでもわたしは不安だった。

実家にいたときと同じ時間に寝る用意をして、風呂に入った。もう電話する必要はないから、11時頃にベッドに入って、それから少し、彼女とお話しをした。「もう寝る」というと彼女は仕事をするために自分の部屋に戻っていった。

昨日の睡眠。1時頃、トイレに起きた。その後2時50分に目が覚めた。しかし、そのあとはずーっと眠れなかった。時計を見ると4時半。そのあとも眠れなかったわたしは、ネットでも覗こうかと6時くらいに起き、30分ほどぼーっとネットを見ていた。寒かったので、ベッドにもう一回戻ると、彼女は「どこに行ってたの?」って聞いた。「ん。眠れなかったからちょっとネットをやってたの」って答えると、彼女は「そうだったんだ。規則的な息をしてるから寝てると思ってた」と言い、その後は抱き合いながら寝た。すると、どうやら寝てしまったらしい。起きたら8時10分だった。

今日の題の「しんきまきなおし!」は、2時50分に起きたあと、彼女の規則的な寝息を聞きながら、思ったこと。子供の頃、何かの遊び(ゴム段だったかろくむしだったか)で、ゲームをまた最初から新たに始めるときに「しんきまきなおし!」と言ってから始めることを思い出したのだ。そう、彼女との生活も今日から「しんきまきなおし!」なのだ。そう考えると不安が少し、和らいだような気がした。

今日は一日予定なし。眠れなかったので、一日寝ていようと思う。そして明日は受診日。何を言うか、考えなきゃ。
09:43 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-30 Wed , 2005
眠れん
今日はバリバリの早朝覚醒。4時45分には目が覚めましたわ。
でも足下には電気ストーブがあるし、彼女の膝掛け毛布を借りてるし、上着もちゃんと着てるから、寒いことはなし。

1週間くらい前から彼女が「歯が痛い」って言い出してたんで、仕事にも差し支えるし、「早めに歯医者行きなよう」って言ってたんだけど、昨日、やっと行く気になったみたい。「最低限でも痛みを止めてもらってくる」と言って出たんだけど、帰ってきて聞いたら、抜いたんだって!ひょえ~。いくら親知らずでもそんなにすぐ抜くかぁ?何本も麻酔を打たれたそうです。わたしだったらその場で泣くな。で、痛み止めや化膿止めの薬をもらってきて、「今日1日は患部を冷やさないといけない」っていうんで、濡らしたタオルでずっと顔を押さえてました。うう、痛そうで見ていられなかったよ。本人はけろりとしてたけど。

で、夕食が終わったあと、彼女が「仕事をやらなきゃならないんで、もしできたらお皿洗っといてくれる?」と言ったので、「やるやる」といってお皿洗いました。いつもはぜーんぶ彼女任せなんだけどね。両方一人暮らしが長かったせいで、2人ともやろうと思えば一通りのことは全部できるんだけど、それでも得手不得手があって。本当は食事作り係が彼女でお皿洗い係がわたしって最初に決めてたんだ。で、お皿洗いながらテレビでやってたNHKの「歌謡コンサート」を見て「箱根八里の半次郎」とか「霧の摩周湖」やってたんで、一緒に歌いながらお皿洗ってたら、なんかしみじみと幸せを感じてしまいました。「あー、こうやって二人で暮らしていくんだなぁ」とかね。

その後は風呂に入ったんだけど、追い炊きで温度を45度にしてたらめちゃくちゃ熱くて、それプラス300まで数えて入ってたので、出たときはゆでだこ状態。彼女からは「熱かったら水で埋めればいいじゃないの」って言われたけど、全然気がつかなかった。。バカです、わたしは。はい。

んで、11時頃におやすみ~。その後2時7分(細かい)に目が覚め、「今日はちょっと眠れそうにないや」ってことで、睡眠剤を飲んだんだけど、その後全然眠れなかった。。で、最初書いたとおり、4時45分起床。あー、5時30分までは布団の中にいなきゃならなかったのに、我慢できなかったよー。けどね、隣で寝てる彼女の寝息を聞いてたら、これまた幸福感でいっぱい。隣に好きな人が寝てるっていいねー。父のいびきとは大違いだわ。(爆)でも、それでコーフンして眠れなかったのかしら?

今日は夕方から、知人のコンサートに行く予定。楽しみにしてます。
05:34 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-05 Sat , 2005
これから、これから
昨日はいつもどおり、駅まで彼女に見送ってもらった。
電車の中と外。たったガラス1枚隔てるともう、言葉は通じない。
その中で笑ってしまったのが、2人で同時に携帯電話を取りだしたこと。
わたしは「また帰ったら携帯で話そうね」という意味で取り出したんだけど、
彼女はわたしと話すつもりで取り出したらしい。
「じゃね」「うん」という短い会話をして。そして電車はホームから離れていった。

実家では相変わらず。わーわー言ってる間にご飯を食べて、コーヒーを飲んで、それから寝る用意。
いつもと同じ生活が帰ってきた。

寝たのは11時頃か。それから2時頃に目が覚めたのか、夢をいくつか見たのは覚えている。
起きているか寝ているか分からない状態だったので、睡眠剤を飲む。
それからぴったり2時間後に目が覚めて。それが4時50分。そのあとは布団でゴロゴロしていた。

しかし、独り寝の寂しさといったら。隣に彼女がいないだけでこんなに違うんだ、と再認識。

あーあ、早く来月にならないかな。
06:12 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-01 Tue , 2005
年内は実家で
昨日も書いたとおり、先生のところに行って話をしてきた。診てもらう前、彼女が一緒に診察室に入るかどうかを話し合った。「先生に言いたいことがあれば入ればいいじゃん」と言うわたしに「別に特にいいたいことはないけどね。それよりronがちゃんと先生の言うことを理解できているかどうかの方が心配だから、わたしは診察室に入るよ」と彼女が言ったので、2人一緒に診察室に入った。診察時間は30分以上におよび、診察室から出てくるとき、わたしの頭は混乱しきっていた。

帰る途中、TULLY'S COFFEE に寄って彼女と話をした。彼女は開口一番「先生が一番に言いたかったことが分かる?」とわたしに言った。「元の生活に戻れるようにすること、、?」とわたしは答えた。「違う。先生はね、『気分が少しでも悪くなるときがなくなって、ずっと普通の状態でいることが一番』って言ったんだよ」「でも、昼間、寝ちゃいけないって言ってたじゃん、、」「それはね、ronが『朝早く起きてしまうからどうすればいいか』って聞いたときに『昼間寝ることは夜の睡眠に影響する』って言ったんだよ。それから昼間、何をしたらいいか、いろいろ例をあげてくれたんじゃん」「でも、、」「先生はね、『何かをするときに、自分の最大の力を出すんじゃなくて、疲れる前に止めること』って言ったんだよ。掃除したり洗濯したり外に出たりしましょうとは一言も言ってないよ。パソコンはあまり長時間することは勧めないけど、とは言ってたけどね」彼女は続けた。「『それで気分が悪くなくなったら、自然にいろんなことができるようになるから、そこで頑張ってやったりしないで、半分くらいの力でやりながら、生活力をつけていきましょう』って言ったんだよ」「・・・・・」「それでいきなりこっちに戻るとまたやりたいことがたくさんあって疲れて悪くなるといけないから、年内くらいは実家にいた方がいい、って先生は言ったでしょ」

しかしそこまで説明されても、わたしの頭はまだ混乱していた。「昼間、寝なくていい」と言われたことがわたしの頭を混乱させていた。実家に帰れば何もやることがない。また寝て起きての生活になるだろう。それを無理矢理なにかしたりしなければならないなんて、、わたしの頭はそのことでいっぱいだった。

夕食時になっても彼女は上のような説明を繰り返した。今度はなんとなく先生が言いたかったことが分かったような気がした。「実家に帰っても2週間くらいは今までと同じ生活をしようね。今回の旅の疲れもあるし。そのあとは2人で話し合って何をすればいいか、決めようよ」と彼女は言った。

わたしは彼女が一緒に診察室に入ってくれて本当によかったと思った。きっとわたし一人で話を聞いたなら、「昼間は寝てはいけない」と理解し、また前のように無理をして再び病気を悪くさせてしまったことだろう。

年内はこのまま実家で過ごし、気分が悪くなることをなくし、その上で何かができるようになる、そして自宅に戻れるようにする。先生が言いたかったのはこういうことなのだ。

ちなみに「眠れない」というわたしに大体夜の睡眠は7時間あればいいこと(このことも彼女が先生に質問してくれた)、だから今も6時間くらいは眠れているようなので、眠れないことを極度に気にすることはないこと、ただ、もし2時頃に目が覚めて、それ以降眠れないようなら、今まで出していた睡眠剤を半分にするので、残りの半分を眠れないときに飲むこと等、説明された。

というわけで、年内は実家で過ごすことが決まった。まさか年明け早々に帰るわけにはいかないので、きっとこちらに戻ってこれるのは1月の半ば頃だろう。彼女と一緒にいられないのは辛いが、今一番重要なのは、病気を治すこと。病気が治れば彼女と一緒に過ごせる。自分のやりたいこともできる。当たり前のことだが、今回のことで改めてそう思えるようになった。

日に日に病気がよくなっているのは確実だ。だから、もう少しの辛抱だ、と思っている。それに薬をもらいに1ヶ月に1週間はこっちにいるしね。遠距離だったときのことを思えば十分じゃない、うん、そうだよ。あと2ヶ月。ここに本格的に戻ってくることを考えながら、日々を過ごそう。
06:34 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-30 Sun , 2005
今日はお休み
昨日は予想通り電車の中でぐっすり。いつ寝たのかさえ覚えていない。隣にいつの間にか人がいて、いつの間にかいなくなっていた。トイレには3度行ったけど、今どこかと思う前にまた寝てしまって、結局起きていたのは最後の30分くらいだった。最近はいつもわりかしこんな感じ。前は駅に止まるごとに起きていたんだけど、最近は止まったことさえ覚えていない。うーん、行き過ぎたら困るぞ、新幹線で。

昨日はブログにも書いたとおり、彼女が駅まで待っててくれて、それからご飯を食べて家に帰った。うーん、懐かしい我が家、って感じはそんなにしなかったけど、やっぱり実家より自分ちの方が落ち着くかなぁ。

久々に彼女と一緒に寝たけど、彼女曰く「熟睡してたよ」とのこと。
そう、5時までは熟睡できるのだ、いつも。それ以降が問題なのだよ。。とはいえ、前に来たときは日に日に長時間眠れるようになったし、今回もそれを期待してるんだけど。父のいびきは気になるが、彼女のいびきは全く気にならない。この差は何?やっぱし、愛?(ぶっ。いえ、ちょっと言ってみたかっただけ(^^;)でも昨日は彼女がいびきをかいてようが何してようが分からないほど熟睡してたからなー。

それに前に来たときは彼女と一緒じゃないと食事がとれなかったりしたけど、この1ヶ月の実家での訓練(?)で朝食は一人で食べれるようになったのだ。ふふふ。(ブキミな笑い)これで自分の好きなときに朝食が食べられるぞ。彼女は夜型人間なので朝は遅いのよね。

今日の天気はどうなんだろう。ちょっと寒そうな感じがするけど。。
とはいえ、今日は一日お休み日。新しい布団でごろごろするのだ。
そして、明日の受診のために何を言うか、考えないと。
06:21 | (うつ)二人のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。