----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
12-30 Sun , 2007
鷹高、初戦突破!
というわけで、痛む腕を抱え、国立競技場まで行って帰ってきた。結果は見事3-1で初戦突破したけど、正直言って腕が冷えてちぎれそうに痛い。これはこれからの時期、出歩くのは厳しいなあ。。

開幕戦と言うことで、ついでに(?)開会式も見てきた。何かの大会の開会式って、多分、都市対抗と日本選手権(もちろん、社会人野球のね)しか見たことがないかも。高校野球は大抵テレビ観戦をしているけど。高校野球の開会式を見慣れているせいか、入場行進で流れている音楽がいつものあの音楽(なんつーんだ?あの曲)じゃなく、正統派のマーチだったり、今年Brass Mix!でやった「76本のトロンボーン」や「コパカバーナ」を演奏してたので、ちょっと違和感が。ただ、着いたのがあまりにも直前だったので、鷹高の入場行進をしているところは見れなかったのは残念(泣)

三鷹応援席







着いたら、自由席の三鷹応援席はこんな風になっていた。ユニフォームが白なので、応援する人は白いものを着てくるように、というわけで全体的に白っぽいのだが、この季節に白は寒い。。。。。。。ちなみにわたしは、白い服を持っていないのでいつもの紺のジャケット(爆)ったく応援しているんだかしてないんだか。ちなみに彼女は白いコートを持っているので着ていった。そうしたら「鷹高を応援しているんですか」と声を掛けられたそう(爆)
選手入場







夏の甲子園でも、全校が入場し終わったあとで外野から内野にすべてのチームが一斉に歩いてくるけど、サッカーでも同じことをやっているのね。
選手宣誓







面白かったのが、選手宣誓。各チームで校旗を持っている人たちが集まって、選手宣誓をする人を囲むのだ。ちなみにこの校旗も大きさバラバラで、でかいところはすごくでかくてうちの高校なんかすんげー小さくて、全然分からなかった(苦笑)選手宣誓の内容は、よく覚えてない(苦笑)彼女は「かっこいいー」って言ってたけど。。

選手宣誓のあとか先かは忘れたけど、川渕日本サッカー協会キャプテン(しかしキャプテンっていうのはなんとも間抜けな感じがするのだが、なんでこんな名称になったのだろう。会長は別にいるんだよね?)の挨拶は印象的だった。なんといっても高校サッカーの位置づけがプロチームを頂点とするピラミッドの中にちゃんと入っていて、サッカー選手は将来プロ選手を目指しているということが堂々とこういう場所で肯定的に、そして当たり前のように語られるのだ。具体的なことはよく分からないけど、オリンピックやプロの大会(?)、そういうことがこの場で語られ、自分の努力とあとは運(?)次第では、そういう場所に出ることももちろん可能であるということが明確に示される。「この道が将来への夢に繋がる」ということをこのような場で語られることは、選手にとってどんなに夢と希望が与えられることだろうと思う。

翻って、野球はどうか。高野連と日本プロ野球機構は非常に仲が悪い。誰から見ても日本ではプロ野球が実質的に頂点のくせに、各組織がバラバラなため、サッカーのような頂点への道というのが明確に示されない。夏の甲子園の高野連会長の挨拶で「君たちは将来、プロ野球選手を目指しているでしょう。そのためにがんばってください」なんてことは語られるとは決してない。高校球児ならやはりプロ野球選手になりたいのは、ある意味当然のことなのに。高校野球は高校野球の世界。将来のことなんか語られない。目指すのはただ大会の頂点のみ。すごく視野が狭い。これは野球ファンにとって非常に残念なことだ。

また川渕キャプテンはこうも言っていた。「みなさんは監督やコーチの言うことだけを聞いていればいいのではありません。自らの頭で考えてこれから練習していってください」と。確かに野球とサッカーはゲームの質が違うので、全部が全部当てはまるとは言えないが、高校野球の高野連会長の挨拶では、絶対に聞くことが出来ない言葉だろう。逆に監督やコーチの言うことは絶対だから、体を壊してでも投げたり打ったりしろと言いかねない雰囲気を持っている。いや、今までは持っていた。だから、甲子園の優勝投手になった選手がプロ入りしてもそんなに活躍できない、と言われるのだろう。川渕キャプテンの挨拶を聞いていると、サッカー界が羨ましくなった。
選手退場







ま、そんなこんなで選手退場。実は鷹高は開幕戦のため、5人しか出ていなかったらしい(苦笑)
開幕戦







というわけで、開会式が終わってから、結構すぐに開幕戦、都立三鷹高校対高知中央高校の試合が始まった。

えーと、サッカーのルールは一応知っているのだが、プレーについてはよく分からないんだな(苦笑)例えばさ、相手にパスしてしまって、その相手がボールを受け取る際、変なところでバウンドしてまた味方にボールが戻ってくる、なんてのは単なる偶然なんだろうか、それとも作戦なんだろうか、とか。。ボールが芝生の外に出たときには、そこからスローイングするけど、そのスローイングって味方じゃなくて相手にするのは作戦なのか、それとも単なる下手なんだろうかとか。だってスローイングの際、ほとんど相手にパスをしているとしか見えなくて、けど、結局ボールが戻ってくるのが大半だったんで、これは作戦としてやってるのかどうかがホント、よく分からないんだよねー(笑)けど、例えばテレビでサッカー中継なんか見てると、あんまりそういうのにはお目にかかったことがないので、多分、下手くそなんだろうな。でも、結果的にそういうことになると「もしかして、今のは高度な作戦なんだろうか?」って思っちゃうんだよね。。はっきりいってサッカーの高度な試合を観たことがないので。。

ボールは結構、三鷹が支配していたという感じだった。けどわたしの野球観戦の感覚から言うと「ピンチのあとにチャンスあり」だから、どうもいつかいきなり入れられるんじゃないかと思って怖かった。と思ったら、後半いきなり、1点入れられた。その後、ちょっと選手達は落胆しているのかなと言う雰囲気がしたが、また最初のペースに戻り、そして後半の20分ちょっと過ぎくらいか(確認してません)10番の人がいきなり相手のキャッチャーじゃないや、なんだっけ。あ、ゴールキーパーか、ゴールキーパーと1対1になったと思いきや、それをちょこっと交わして、フリーになって冷静にボールをゴールに入れた。このプレーは結構感動的で、なんで感動したかというと、キーパーを交わした後、すごく丁寧にボールをゴールまで転がしたのだ。「あ、この選手はこういう場でも冷静に対応できる選手なんだな」と思った。わたしは力任せのプレーとか、感情を入れすぎたプレーってあまり好きじゃないからさ(笑)感情が高ぶる場面での冷静なプレーの方が感動する。

そのあとも、しばらくして(何分後かは忘れた)、同じ10番の人が2点目を入れた。この2点目は、これまたなんつーのかよく分からないけど、取り敢えずオフサイドを取られまいとして、1テンポずらしたような感じだったかな。でもやっぱり最後はかなり冷静に丁寧に確実に、という感じだった。あ、すごいなって思った。3点目は30何分くらいだったような感じ。何番の選手かは忘れちゃったけど、ヘディングで入れた。

一緒に見ていた彼女は試合が始まってからすぐに「10番の選手がいい」って言ってたんだけど、わたしは7番の選手がやけに目に付いた。なんというか、よく分からないけど、絶対にボールが回ってくるんだよね。ボールの取り方がうまいとかそういうのはよく分からないんだけど、なんかわたしが「あ、ボールがあそこに行ったなあ」と思って背中を見るとほとんど7番なんだよね(笑)あれはなんなんだろ?(苦笑)ただ、彼はキャプテンらしく、左腕になんか黄色いものを巻いていた。
鷹高勝利







ってわけで、そのまま試合は終わって、3-1で鷹高初勝利。都立勢ではなんと56年ぶりなんだそうだ。素晴らしい快挙だ。

で、応援の方なんだけど、、サッカーの応援に楽器連れてくるのって初めて見た(笑)サッカーっぽい応援曲が大半だったんだけど、野球で聞いたことがある曲も何曲か。まーでも、サッカーの応援はよく分からないから、サッカーの応援でも使われている曲なのかも知れないが、ただ一つ「コンバット」(オリジナルは早稲田)は、あれはどう見ても野球の応援だ。しかも、コンバットならコンバットでいいんだけど、終わり方が「ダッシュ慶應」という、なんともおマヌケな応援曲であり。。聞いていて恥ずかしかった(笑)ま、あんなところでこんなことに気がついて恥ずかしい思いをするのはわたしだけだろうけどさ。多分、コンバットだけではエンドレスっぽいので、終わりをダッシュに変えたんだろうけど。。すんごい変だよ、やっぱあれ(笑)

監督の勝利インタビューが試合終了後にあったけど「これが決勝戦だったらよかったんですけどね」というのが笑えた。なかなか面白そうな先生だ。

ってわけで、記念にキーホルダーを買ってきた。なんと開幕試合だったため、鷹高サッカー部のユニフォームのキーホルダーも売っていた。これ、裏面は対戦相手の高知中央高校のユニなのだ。ペナントは恥ずかしいから買ってこなかった(笑)

次は2日だっけ、今度は西が丘ってところでやるらしいけど、遠いし、腕が冷えたらすんごく痛いことが分かったので、多分行かない(笑)とても残念なんだけどさー。やっぱ無理。ってことで、鷹高サッカー部のみなさん、初戦突破おめでとうございます。次もがんばってください。

そうそう、朝日新聞の地域面に結構、鷹高サッカー部のことが載ってたんだけど、なんかあれ見たら「都内屈指の進学校」だの「文武両道」だのって書いてあるけど、うち、少なくとも「都内屈指」では決してない、と思う(苦笑)あんなこと書かれたら、都内屈指の高校がすんげーかわいそう。。まー、確かに進学校ではあるとは思うけど。大半が大学に行ってるし。ただし、ほとんどみんな浪人してだけど(少なくともうちらの時代はね)。だいたい、うちの高校は「文武両道」なんかでは全くなく、とにかくわたしの印象では「自由な高校」って感じだ。制服はないのもそうだけど、校則が確か「バイク通学禁止」だったことくらいしか思い浮かばないし。で、確かに部活動はとても盛んで、学校行事もすごく盛り上がるし、そういう意味ではノリノリの楽しい高校なんだけど、はっきりいって勉強する雰囲気ではない(爆)だいたいみんな、現役の時はなめていて、大した実力もないのに有名大学を受けてみんな落ちて浪人、そのあと、まー、受かってよかったね、みたいなイメージなんだけどなあ。。ただ、このサッカー部は監督の方針で勉強の方もやってないといけないみたいだけど。今のうちの高校の雰囲気、変わっちゃったのかな?

といううちの高校も、あと数年したら中高一貫校になるらしい。一体どうなっていくのやら。。少なくとも「自由な雰囲気」はなくして欲しくないものだ。OBっつーものは、やっぱり自分のいた頃の学校であって欲しい。別に何をさしおいてもレベルが上がって欲しい、とは思わない。そんなもんだと思う。
スポンサーサイト

テーマ:高校サッカー選手権大会 - ジャンル:日記

18:33 | 一時帰国中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-30 Sun , 2007
がんばれ三鷹高校!
d1e65f3c.JPG










ここ数日は結構激動の日々(自分の中で)だったんだけど、まだまだ調子が悪いのでカット。先日、また治療院に通い出して、一応年末年始はテーピングで乗り切ることにした。早く余裕のある日々を送りたいと思う。

さて、今日から高校サッカーが開幕。
我が母校の都立三鷹高校は開幕戦のため、開会式直後、国立競技場でプレーできるというラッキーな面がある。

サッカーは全く興味がないので、見方は分からないのだけれど、取り敢えず自分の母校なので応援に行ってくる。

がんばれ!三鷹高校!!

【画像】わたしの高校時代の鷹高の校章(まだ持ってる(^^;)

テーマ:高校サッカー選手権大会 - ジャンル:日記

10:58 | 一時帰国中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-05 Wed , 2007
びびってます(笑)
いやー、昨日、akaboshiさんと結婚して離婚した、って書いたら「Ronさん、バツイチになったんですか~?」って言われて、まさか冗談で書いたとも言えなくて(って言いましたが(苦笑))、んでまさか、他に本気で受け取った人はいないよね~?と思ったんだけど、元来、ビビリなんで、正直書くけど

わたし、akaboshiさんとは結婚してませんから!!

今日はこれだけ。。

もー、思った以上、akaboshiさんとこのブログからこっちに来てて、びびってます。。あ、みなさん、初めまして(にっこり)akaboshiの妻でした←オイ
22:45 | 一時帰国中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12-04 Tue , 2007
akaboshiさんとデート♪
今日は治療院に行った帰りに、akaboshiさんと会った。つーか、駅のホームでいきなり「Ronさ~ん、薔薇族がさー」って大きな声で言ったので、周りの人が驚いてこっち振り向いてたから「akaboshiさんたら、なんて大胆なの、ひょえ~!」って思った。。ほら、これが例えば「BAdiがさ~」って大声で言っても、多分知らない人の方が多いだろうし、知ってる人はまぁ知ってるのには事情があるだろうから(爆)平気なんだけど、薔薇族って多分、ある一定の年齢の人だったら、どんな雑誌なのか見たことはないだろうけど、雑誌名だけは知ってる人は多いよね。。(笑)実はわたしも自力復刊する前の薔薇族って読んだことないし。

で、akaboshiさんたらいきなり「うち来ない?」って言うから、ちょっと驚いちゃった。。いや、実はわたしもそのつもりだったんだけど。。←ホントか?(笑)

akaboshi宅へ到着。akaboshiさんによると、部屋の中に初めて連れ込んだ(って言葉悪いな(爆))女だったようで。よく考えたらわたしも男の部屋って行ったの初めてだったかも??部屋の感想は。。。あはは←なぜ笑って誤魔化す

部屋に着いておもむろにあらかじめ役所からもらってきた「婚姻届」を差し出す。akaboshiさんも黙ってそれに書き込んだ。それから部屋を出て、二人で役所に婚姻届を提出。あっさり受理された。「結婚するってこういうことなのかー」なんて実感も沸かないほど。

でもこれで、結婚したときに与えられる権利(もちろん、法的な義務もあるけどさ)がいとも簡単に手に入るなんて。わたしは今、働いてないから、扶養家族になるでしょ。国民年金も払わなくてもよくなる。子供も養子縁組できる。面会謝絶の時も病室の中に入れるし、手術のサインもできる。単身者の時よりも金が多く借りられる。。紙切れ一枚にお互いの名前を書き込んで、捺印して役所に提出すれば、これだけの権利が得られるのだ(多分まだある。法的なものだけでなく、社会的なものもあるし。あと義務もあるがね)。

まぁこの話のどこまでか真実かは言わないけど(って、akaboshiさんのブログに書いてあるっちゅーねん(爆))、昨日の晩、彼女に「明日、akaboshiさんとデートするんだよねー」って話したときに「そーいえば、わたしとakaboshiさんって結婚できるんだよねー?」って話したのね。いや、不思議なのだ。わたしは自分がレズビアンだって気がついたのは遅かったけど、結婚はしないと既に小学校に入る前か少し後くらいから親に宣言していたくらいなので、わたし自身に「結婚が出来る」という考えが今まですっぽり抜け落ちてたんだよね。

でも、akaboshiさんとはお互い「好き」って言い合ってて(というか、わたしたち、ブログでおおっぴらに愛の告白してるし!(爆))、話もばっちし合うし、肉体的にはお互い全く惹かれ合わないけど(苦笑)、ある程度、そこそこやってく自信が。。。ない!(爆)いやーねー、お互い「似たも~のどうしなの~♪」(古っ!)なので、多分、そういう人とは一緒にやってけないと思われ。

だって、双方笑っているときはいいかもしれないけど、片方が落ち込んだときにこっちも落ち込みそうだし、片方が怒ったらこっちも怒り出して収拾が付かなくなりそうだし、似たもの同士って結構難しいよね。

という結論に達したので、時間があったので、もう一回役所に行って、今度は離婚届をもらい、双方記入して提出。それが受理されて、わたしは再び独身に戻ったのでした。あ、姓は旧姓に戻りました(爆)

ってことで、えーと、何時間くらい一緒にいたっけ。話してもまだ話し足りない感じがしたので、今度はうちに遊びに来てね♪んでまた、結婚でもしよっか(爆)
21:43 | 一時帰国中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-30 Fri , 2007
つる
ad086558.JPG







今日は午前中、治療院に行ってきたんだけど「今日から治療の後半」ってことで、今まではずっとテーピングしてくれたんだけど、今日からはなし。んなわけで、腕の痛みは戻ってくるわ、肩なんかずっとつりっぱなし。うーん。これで大丈夫なのか?明日、病院に行ってこようかなと思ってたんだけど、これがひどくなるようだったら、治療院の方に行ってこなきゃ。。ってわたしのこの状態は「頸腕症候群」ってもんなんだそーだ。右肩の筋肉が何が理由かよく分かんないけど(姿勢の悪さとか?)前に出てるらしく、それだから神経を圧迫して腕がしびれているらしい。

で、今日は友人というか、知人というか、知り合い?、でも初めて会う人もいたからなあ(笑)彼女を含めた5人で会うことになってて行ってきた。なんといっても今日集まった人の中で、わたしがなんと最年少なのだ!最近、こういうシチュエーションってあまりない。わたしだけ30代!\(^0^)/わーい←オイ

ただ、上に書いたようにわたしは腕の状態があまりよくなくて、いつもの調子じゃなかったかも。うぅ、すみません。こりゃあ、またしばらくは家から出られないかな。

話の内容はなんだか固いんだか柔らかいんだか、よー分からんかった(笑)けどあんなに大声で「ゲイが」「ビアンが」「彼Pが」とか話してて、時折、ちょっと周囲の目が気になってしまった(苦笑)まだまだ人間できてない。

今日で11月は終わり。
明日、12月1日は世界エイズデーですね。
実はシドニーで彼女と一緒に本屋に行ったときに、HIV/AIDS関係の赤いバンドを4ドル出して買ったのよね。けど、腕が痛いんでまだ一回も付けたことない(笑)
23:46 | 一時帰国中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-26 Mon , 2007
家が片付きました
昨日は友人2人が来てくれて、無事、新聞20袋を捨てることが出来ました。横で見てるしかできなかったんだけど、かな~り大変そうで、すみませんでした。そしてありがとうございました。これで部屋の中がウソのようにすっきりしました(笑)

友人ってのは、一人がレズビアンで一人がヘテロ男性だったんだけど、家から駅まで迎えに行く途中「あっ、今日集まるメンバーってみんな性的指向が女に向いてる!」と気がついたら、結構それだけで嬉しかったりした(苦笑)っていうか、Brass Mix!にかかわるようになってから、それまでレズビアンの知り合いが圧倒的多数だったのに、ゲイの知り合いが一気に増えて、しかもBrass Mix!にいる女性ってわたし以外はヘテロ女性だったことが多いので、どうもBrass Mix!にいると「あー、なんかみんな男の方に興味あるのよね」と思ってしまって、ある種の疎外感みたいなものを感じるときがあるのね。そういう場所で女の話なんか誰もしないからさ、興味ないから(爆)ま、それ以外に楽しいところがたくさんあるから、Brass Mix!にいるんだけどさ、わたしは。

まぁ、なので、昨日は以前テレビでやったときに録画した「the L word」を見ながら「この人カワイイ?」とか「この人カッコイイ?」とか聞いて「へーえ。わたしはこの人はカッコイイと思うけどカワイイとは思わないなー」とか、いろいろ個人的な見解が聞けて楽しかったっす。あとはわたしがシドニーから取り敢えず持って帰ったいろいろなもんを見せたりして、それで話したり。とても楽しかったです。っていうか、彼女から何回も「もー、ろんたこは声が大きすぎ!!」と注意されました。。体調は本人しか分からないビミョーな不具合があるんだけど、まぁ、元気な姿は見せられてよかったかも。

しかし、新聞を出したお礼にお鍋をごちそうするはずだったのに、酒は持ってきてもらうし、なんか悪かったな~。でもあの酒うまかったな~。つーか、軽めの酒だったので、結構短時間にしてはよく飲んだかも。

あっという間に時間は過ぎちゃって、彼女と駅まで見送りに行ったんだけど、そのとき既に出した新聞はそこにはなく。。2、3時間の間に誰かが取っていっちゃったみたいでした。誰が持っていったかよく知らないけど、回ってるのね~、廃品回収の人。ちょっとしたクリスマスプレゼント(ってまだ1ヶ月後だけど)になったかしら。。
13:14 | 一時帰国中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-24 Sat , 2007
Carmilla
今日、治療院の帰りに新宿のジュンク堂に初めて行ってみた。用は別のところにあったんだけど、まぁそれは置いといて。

「性的少数者関係の本ってどのくらいあるかなー」とふらふらとそっち方面へ。つか、いつだったっけな、先週のいつか忘れたけど、紀伊國屋書店新宿南口店に行ったときにやっぱ見てきたんだけど、まず絶対量が少なくて。同性愛関係なんか棚の30cmあったかなかったか。性同一性障害関係の方が本が多かった。それでも1段以上あったかないか。「あら、これだけ」って感じだった。

それに対してジュンク堂は結構いろいろあった。結構古い本から新しい本まで。「性同一性障害と判例」だったかな、あれが結構面白そうな内容だったんだけど、値段見たら6,000円もしたんで止めた(苦笑)

で、そん中で「女の子と女の子のためのオカズ本」と言われた「Carmilla(カーミラ)」(残念ながら10号で廃刊)が、6号除いて全部、揃っていた。5号は2冊ありました(笑)。うちは、1号はあるんだけど、彼女もわたしも「つまんねー」って言って、それからは買ってなかったのよね。でも、その後、路線を変えたかも知れない、とずっと思って気になってたんだけど、まさか「ルミエール」(二丁目の本屋さんです)で立ち読みする気も起こらないし。。(あそこは女はいにくいのだ。。)

ってなわけで、絶好のチャンスとばかり約半分くらい、ざざざーっと目を通してきたんだけど(←オイ)、やっぱりわたしは買おうとは思わなかったー。あそこに出てくる女の子はわたしの好みじゃないのよ、どう考えても(苦笑)割とダナーが入ってるわたしは、立ち読みしながら「これじゃ、萌えない。。」とつぶやいたのでした(爆)

あとはなんで今さら女同士のセックスについてのハウツーが載ってるの、とか(だって、そんなの教えてもらわなくても分かるじゃん???)女の身体についてって、そんなの保健体育の授業じゃあるまいし、とか(確か高校の時やったと思うんだけど。。あのときに初めて「コンドーム」と言うのを見せられて、最初はなんだか分からなかった(笑)でも見せられたときのことはキョーレツに覚えてるから(紫色だったよ(爆))、いい経験ではあった。もう二度と見ないと思うけど)、まぁ、恋人探しの方法はわたしにゃもう既に関係ないよね、とか、あそこに載っているオススメの「レズAV」も、なんてーか、全然自分の見たいのとは違うし。。みたいな。もしかしたら、あれが一般的に「受ける」女の人なのかしら。。???

あと、マンガもなんつーか、わたしの趣味に合わない~。わたしは以前の「アニース」に載ってた「プリカちゃん」や「リカって感じ!?」なんかは好きだったんだけど、あそこに載ってるのって、SMチックなのが多すぎ~。。SMは否定しないけどさ、わたしは読んでもあまりいい気分じゃないからさ、SMってのは。これだったらBAdiに連載されてるマンガの方が面白い、とか思っちゃったり。BAdiにも読む気にならないマンガがいくつかありますけども(苦笑)

それに所々で各地のパレードのことなんか載ってるんだけど、例えば、BAdiなんかのあの分厚い本で、パレードのことや文字で連載されてるコーナーが(尾辻さんのとかエスムさんのとか)ちょこちょこっとあるけど、あんまり気にならないのよね、飛ばして読んでも。ってわたしは飛ばして読んでませんよ!!(笑)最近ようやく小説もちょっと読めるようになってきたところです(爆)小説も結構、読める小説があるんだな、とか。でも「6月のパレード」って書いてあったり、オイオイ、これ、どこの国なんだよ、日本じゃなかったんかよ、みたいなのがあって、謎だ~。出てくる登場人物みんな日本人なのに(苦笑)あ、話逸れた。

それが、やっぱ薄い本だとそれが気になる。エロならエロで統一してくれ、と思っちゃう。この分、違うタイプの女の子出せよ、とか。っていないんだろうな~、ダナー系のモデルさんてさ。だいたい「レズAV」に出てくる人も「バイセクシャル女性」らしいし。。まぁ、今の日本では「レズビアンAV」なんぞでは食ってけないよな。。

で、やっぱり「総合エロビアン雑誌」っつーのは難しいのね、って思った。まぁ、広告もほとんどないに等しかったし、やってくのは難しかったんだろうな。あ、でも中に「札幌に初めてビアンのハッテン場ができるかも?」って記事は興味深かったが。。店の名前忘れた(爆)今もあるのかしら??ちなみに2年くらい前の記事だったけど。

帰ってから彼女と「やっぱりさー、つまんなかったよ」って話してたら「じゃあ、ろんたこ、どんなエロDVDを作ってみたいの?」って聞かれた。「んー、少年っぽいカップルがいいなあ~。割とさわやか系で。で、やっぱリバ同士だね!」「出会いの場所は、尾辻事務所(笑)」「それ、面白いかも!!選挙の手伝いにいって出会うの。そんで、、」「でもそれって、一部の人にしか受けないかも」「(がっくり)」とか。「東京プライドパレードのボランティアでさー、出会うとか」「なんでうちら、そっち系の出会いになるわけ?一般的にはビアンバーじゃない?あとはネットとか」

ってなわけで、わたしらに作らせても全く面白くなさそうなものができあがりそうだったので(だいたい、エロDVDにはそんなに筋はないはずよね、普通。つーか、わたしとしては、エロになる前もそれなりに恋愛物語としてドキドキして、んでもって、エロいシーンが濃厚にあるのがいいんだけど)、妄想はわたしの中だけにしておきます。。

でも家に帰って、カーミラでぐぐってみたら、一番面白そうなのは、やっぱりあそこになかった6号だったという。。みんな、よくわかってんじゃん、みたいな(苦笑)
22:27 | 一時帰国中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-21 Wed , 2007
25日(日)に
わたしの友人、2人がうちに来て仕事してくれるお礼に、鍋(水炊きです)をごちそうすることになりました!

つーか、仕事って、今までたまりにたまりまくった新聞を外に出すこと。。

うち、新聞2紙取ってて、しかもわたしが新聞の切り抜きをすると言って、1年間、新聞ためてたもんだから。。ハンパな量じゃありません(苦笑)いつもは適当な時期に彼女と二人でやるんだけど、今回はわたしの腕が使えないし、彼女一人じゃとても出来ないってことで、こそっと募集しまして(爆)、それに応えてくださった方にお願いすることにしました。

けど。。よく考えてみたら(考えてみなくても)、この状況で来てもらうのはいくらなんでもまずい、ってもんがそこここにあったりして。。きゃー、片付けないと(汗)

ああ、結局、今週は病院に行けなかった。。
腕はだいたい、5~6割は治ったって感じかな。ただ、まだ噛み合わせがビミョーに変なのと、風邪を引いたのが治りかけてて、鼻水が粘着質になってぎもぢがわるい。。
22:58 | 一時帰国中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-19 Mon , 2007
多田野数人、ドラフト1巡指名される
見事に風邪を引きました(T_T)
というか、もともとスースーしてた鼻から鼻水が出て、咳も出るようになっただけですけど。腕は多分、順調に治ってきています。

今日、なにげな~く、何見てたんだろ?忘れたけど、「大学・社会人ドラフト」の日だってことを知った。わたしは社会人野球ファンだけど、ドラフトファンじゃないので、社会人野球観てても「この選手、プロに行くかも」という目で見ないようにしている。実はいい選手や特徴のある選手はずっと社会人でやって欲しいなという気持ちがある。まー、本人はもちろんプロ入りしたいだろうけどね。

だけど例年、ドラフト会議は録画していて、今日も録画するついでに実況を見ていた。あ、中国地区からはJFE西日本の岡本投手が西武に指名されたんだっけ?だけどこの1年、全く観ていないので何も言えません。社会人の場合、1年で化けたりするから。ただ今年の社会人は不作だったようだ。指名された中で「あー」って思ったの、この岡本投手を除いたら、日生の下敷領投手だけだったもんって、はい、わたしの場合は中国地区を除くと社会人野球の選手は、本当に活躍しないと覚えてません。。orz

で、本題。
多田野が北海道日本ハムから1巡指名された。
多田野と言えば、知っている人は知っているだろう。なぜ彼が今までアメリカで野球をやっていたか。彼は立教大学時代にプロ候補として有名になったものの「ホモビデオ」に出演したことが世間に知れ渡り、それで指名を受けられなかったのだ。あ、球団側が指名しなかった理由は別のものになってるらしいけどね。

まー、どうも「ホモビデオ」に出たのは、本当のことらしいから別にそれはそれで構わないんだけど。この件で立教大学野球部から3人ほど退部者が出たよね、確か。これって例えば、学生の身分でヘテロの「アダルトビデオ」に出演してた!ってことになっても、同じような処分を受けるんじゃないかと思うから。それが「ホモ」ビデオだからこういう処分をされたのなら、それは問題だと思うが、まぁそれは当時どうだったかは忘れた。

わたしはヘテロの「アダルトビデオ」には全く興味ないから、そこにどういう事情の人が出ているのかは知らない。もちろんゲイの「ホモビデオ」にも全く興味ないから、そういうものは見たことがない。けど、取り敢えずBAdi(ゲイ雑誌)なんか読んでると、そういった情報を手に入れることは出来る。今回も多田野が指名されたって聞いて「そういや確か、BAdiでノンケ食いのビデオの裏情報が載ってたよね」と思って、いろいろバックナンバーを調べてたら、案の定、今年の9月号に載ってた。あとはビデオやDVDの広告を見ると「ノンケの体育会系」とかいっぱい出ている。

そのー、わたしなんか「ノンケだったら誘われてもやんないだろ」とか思うんだけど(わたしだったら懇願されても男とはやんない(爆))、結構、ノンケ男って誘われると出ちゃう人がいるみたいなんだよねー。BAdi自体にもノンケ食いのグラビアが出ててびっくりした(笑)ゲイはノンケ食いものが好きな人がいて、ノンケ男自身も食われる人がいるってことよね、これって。。需要と供給があるってことかしら??ビアン雑誌で「ノンケ女食い」グラビアって見たことないから(ただし、ノンケ食いが好きって人はいるよね(笑))、ゲイとビアンってそういうところにも差があるのかも。あ、でもビアンのエロ雑誌だった「カーミラ」は1号しか読んでないので、何とも言えないや、やっぱり。エロいのが好きな割には「カーミラ」は、わたしも彼女も合わなくて、触手が動かなかったのよね(爆)

で、Wikipediaを読むと、多田野は大リーグにいたときに日本でホモビデオに出たことが暴露されて、釈明会見したらしいのね。これはわたし、初めて知った。そこで「ゲイではありません」と言ったらしいんだけど、野球選手やるのにゲイかゲイじゃないかなんて関係なかろうに、と思う。とともに「ゲイであることを否定」することによって受け入れられるような社会はいやだ。これは野球界のことだけじゃなくて、一般社会のこと。それはわたし自身の存在が否定された気分になるからだ。いるのにいないものにされるのがわたしには一番つらい。

多田野がゲイかどうかは別にわたしには関係がない。
が、明日からマスコミや世間がどうやってこのことについて扱うんだろうなと思うとちょっと気が重かったりする。。だって絶対に「ゲイであること」は否定されるに決まってるんだから。

今日は早く寝よ。
22:23 | 一時帰国中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11-12 Mon , 2007
近くて遠い国、韓国
昨日、無事に日本に戻ってきた。

大韓航空だったので仁川(インチョン)経由で戻ってきたのだが、実は韓国の地を踏むのってこれが初めてだった。というか、わたしは恥ずかしながら、これまで日本以外のアジアには行ったことがない(オーストラリアも近年、アジアの一部に組み込まれたいようだが)。

シドニーから仁川までのフライト時間は10時間。
しかしわたしは朝から腕が痛くて、2時間経ったところでどうもしようがなくなった。それまで痛み止めの薬を飲んでいたのだが、全く効かず。狭い飛行機の席では身体をどうもしようがなく、彼女に「薬を5錠くらいくれ」と言って懇願したが「医者から1日に6錠までしか飲んじゃダメと言われているでしょ。もう2錠飲んだんだから、そんなに飲ませられない」と言って2錠しか飲ませてくれなかった。腕の血管が切れたんじゃないだろうかと思うほどちくちく痛く、腕の付け根から腕をぶった切ってしまいたいと思えるほど、痛くて痛くて苦痛だった。もちろん、まともに座ってはいられない。

見かねた彼女が、フライトアテンダントの人に交渉して、わたしは自分の座っている席を含め3席を使って寝ていけることになった。これがとても助かった。フライトの大半を横になって過ごした。満席でなくて本当に良かった。隣に座っていたおじさんも快く席を替わってくれた。そのおかげでわたしは10時間のフライトに耐えられることができた。

ところで、うちの学校には韓国から来た学生が多くて、彼らと前に「韓国の海水浴場について」話したことがある。そのときに何気なく「それはどこの海?」と聞いたら「トンへ」と言われて「ああ、そうか。彼らにとって、日本海はトンへ(東海)なのだ」と思ったことがある。

今、日本海の呼称は、韓国側が「日本海ではなく東海と表記すべきだ」という主張をしているところである。日本側も「これまで国際的に『日本海』と表記されてきた」ということで、この呼称問題については、国際機関に猛烈に抗議して一時は日本海と東海を併記されていたのを撤回させたりと、いろいろな経緯があり、まだまだ解決の道にはほど遠い。

韓国の言い分は「なぜ自分の国に面する海が他の国の名称が付いているのだ」ということだし、逆に日本側としては「なぜ今まで国際的に日本海としていたものをわざわざ東海に変えなければならないのだ」ということと、あとは「東海」というものは韓国から見た「東にある海」であり、決して日本から見て「東にある海」ではない、ということから到底受け入れられないのだろう。わたし自身も「東海」表記は疑問が残るところだ。

ところが昨日乗った大韓航空の日本海表記は、当然のことながら英語では「East Sea」。わたしはハングルが読めないので、ハングルではなんと書いてあるのかは分からなかったが、トンへであることは間違いないだろう。

これは仁川から成田への飛行機の中ではもっと顕著だった。

仁川から成田への飛行機は、各座席にモニターが付いていて、わたしはずっと地図を見ていた。そのモニターは、韓国語、日本語、英語、中国語(中文)の4種類があり、当然のことながらわたしは最初、日本語バージョンの地図を見ていた。そこで日本海表記が書いていないことに気が付いた。もちろん東海、とも書かれていなかった。そこの海は空白地域だった。

「他の言語はどうなっているんだろう」と思って、他の3つを見てみた。驚いた。ハングルは読めないから分からないが、少なくとも英語では「East Sea」、中文では「東海」(東はこの「東」ではなかったのだが、東京の「東」と同じ表記だったので、東だと思われる)と書いてあるではないか!日本語で見ているものは、そのことについては気が付かない仕組みになっているのだ。しかも、東海だけでなく、韓国と対馬の海峡のところは、日本語以外はすべて「韓国海峡」(ハングルでは良く分からないけど、中文で解読した。英語では「Koria Strait」だった)となっている。日本では、、確かここは「対馬海峡」と呼んでいるところだ。しかも、しばしば領土問題で争いが起こる「竹島」に対しては当然のことながら「独島」と表記されている。もちろん、日本語には「竹島」とも「独島」とも表記はされていなかったし、国境の表記はなかったが。

もう一つ、気になっていたことがあったので調べてみた。それは「東シナ海」表記。普通日本では「シナ」という表記をされるときは必ず「」(カッコ)が付くことが出版界の規則になっている。これは「著者がそういう表記を使ったので、出版する側には責任は取りませんよ」という意思の表れである。ただ、わたし自身「東シナ海」自体に対して中国が抗議しているという話は聞いたことはない。

ところが中文でそこのところを見るとなんと「東海」と書かれていた。そう、中文には日本海であるところも「東海」で「東シナ海」にあたるところも「東海」。2つの東海があったのだ。しかし、英語表記では「East China Sea」となっていたし、読めないハングルでも明らかに「トンへ」とは表記が違っていた(4文字のハングルだった)。ということは、大韓航空は中文に対して「東シナ海」に対して誤った表記をしていたか、なんらかの中国への敬意を表していることになる。誤った表記をしていたのならともかく、もしも中国に敬意を表してこのような表記をしていたならば、日本海表記問題は、韓国にとってはもちろん「譲れない問題だ」ということを明確に表していることになる(まぁ、国と国が争ってるんだから、当たり前だけど)。

しかし、その南にある「南シナ海」、これは中文でも「南中国海」になっていたので、はっきりいってわけが分からない。これが「もしかして表記を間違えていたのか?」と考えられる所以である。もしかしたら、わたしの知らないいろいろな複雑な経緯があるのかも知れない。

わたしは仁川から成田に着くまでの間、この4つの言語の地図を交互に見ながら、なんとも複雑な気分だった。

シドニーで学校に通い始めて、わたしはオーストラリアだけではなく、日本を含むアジア近隣のことについてもっと知らなければならないことがあると感じ始めている。シドニーの学校に通う人たちは若いせいか、非常に日本に対して好意的で、しかも日本文化についてはわたし以上に詳しい(わたしは彼らから「アンタは日本人じゃないだろう」と言われているほどだ(笑))。しかし、彼らと話していると例えばわたしと親しく、わたしが学校を休み続けていることに心配して「どうしたの?何か手伝えることがあることがあったら言って」と言ってくれた台湾の女性と以前、休み時間に「自分の夫の親は日本のIDをもっているし、日本語もしゃべれる」と言ったことがあり、いやあな気がしたが「日本のIDって何?」と聞いたら、いきなり紙に「統治」と書かれて「うわあ。。」と思って何と言っていいのか分からなくなったことがある。「そのIDは、何か今、効力を持っているのか」と聞いたら「何もない」と言うので「ではなんでそんなものをもっているのか?」と聞いたら「分からない」とのことだったが。。「その『統治』は、あなたの国にとって悪いことではなかったのか?」と聞いたところで休み時間が終わったので、それ以上のことは聞くことができなかった。

それと、台湾を初め、アジアの国では兵役を課しているところがある。今のわたしの感覚からすると、それはとても驚くべきことで。。「ああ、そうか。この世界はわたしが思っているほど平和ではないのだ」とそのたびに思わされる。

わたしは決して、ジョン・レノンの作った「イマジン」のように「国が存在しなかったら」とは思わない。国家というものは必要なものだと思うから。ただし国家というアイデンティティを失わずに国と国とが緩い連帯を取ることはできないのかな、とは漠然と思っている。

昨日、大韓航空で仁川から日本に戻る最中、痛む腕を抱えながらそんなことを思った。

英語がある程度分かるようになったら、今度は韓国語を勉強してみようかな。

ああ、それより早く検査する医者を捜さなきゃ。。やだなー、精密検査。また身体に針刺されたりとかいろいろされるんだろうなー。心電図測るだけでも気持ちが悪くなるのに、それ以上のことをされたらどうしよう。。。ってそれ以上のことをされるんだろうな、多分。ああ、やだなー。行きたくないなー。。
14:35 | 一時帰国中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。