----- -- , --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑
11-10 Sat , 2007
本当は帰りたくない!!
明日の早朝、シドニーを発つ。
でも本当は戻りたくなんかない。
せっかく、ここでの生活に慣れ始めたのに。
楽しいことが垣間見えていたのに。
やりたいことがたくさんあるのに。

1ヶ月後、必ずここに帰ってくる。
スポンサーサイト

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

20:15 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-20 Sat , 2007
引っ越しました
今日、シェアハウスに引っ越してきた。
ここを見つけたのはネット(日本語のサイト)なんだけど、実は引っ越したいって相談したのは、台湾から来た女性にだった。わたし、それまでずっと引っ越すつもりがなかったから、全くこっちの事情に詳しくなくて、それでいろいろ教えてもらったんだよねー。家を借りるのに保証人がいらないなんて初めて知った(笑)

もちろん、シェアハウスのことは以前から知ってた。けど、自分には必要ないと思ってたから、事前知識なんもなしでこっちに来た。日本語のサイト自体は日本人の友達から教えてもらったんだけどね、こっちの。でも一言「○○で検索すれば分かる」しか言ってくれなくて、冷たい~みたいな(笑)

まぁそれでもそのサイトで何カ所かめぼしいところに電話して、それで2件の部屋を見に行った。1件は同じ日本人が暮らしているところだったけど、なんか人がたくさん来てるみたいだったし、それに「2日後に結果がどうであろうと電話します」って言ったのに、未だに連絡が来ず、おめー、どうなってるんだよ!!(怒)

もう一つはここ。場所がね、Durlinghurstってところなんだけど、ここ、実はOxford.St.にめちゃくちゃ近い。しかも、学校まで歩いても通える。そしてなんと言っても週170ドル。ホームステイは230ドルだった。しかも、バス代に週30ドル近く払っていて、それだけでも260ドルになる。これで交通費がかからなくなったら、たとえ食事を毎食買ってきたとしても、ちょっとは節約できる。

募集広告を見たときは、英語で書いてあってしかも、連絡先が外国人の名前(当たり前だけど)だったので、ちょっと躊躇したが、ステイ先を出たい一心で電話した(笑)わたしが探してたのは、自分の部屋+専有のバス+トイレ付きのところだったんだけど、電話して聞いてみたらバスとトイレは共有だと言われた。そして部屋の広さも聞いたんだけど「小さい」って言われた。でも住むのは自分とあともう一人だけと言うし(実は、前に電話したもう一つのDurlinghurstは、計5人になると言われたので電話のみだった)、一度見に行くかなと思って見に行ったのだ。

わたしが部屋を見に行ったときは、まだ前の人が住んでいる状態だったんだけど、確かに部屋は小さかった。けど、ステイ先に比べると広い机だったし、ベッドは二段ベッドじゃなかったし、まぁまぁだったのでここに決めた。部屋の中はほとんど日が差さない感じだけど、ここってHyde Parkのすぐ近くで、日に当たろうと思ったら外に出ればいいし。Hyde Parkが自分の庭みたいに使える(笑)

広告には「日本人が好ましい」って書いてあった。どうやら歴代、この家に住んでいるシェアメイトは日本人らしい。オーナーに「なんで日本が好きなんですか?」って聞いてみたら、大学時代、日本語を勉強していたそうだ。あとはいろいろ言われたけど、わたしにしてみれば「ふーん」って感じだった。だいたい、わたし、日本のファッションデザイナーとか全く興味ないしね。そこを評価されても「ふーん」って感じでしょ(笑)あ、オーナーはオーストラリア人女性です。家を見に行ったとき「どうしてシドニーに来たのか」って言われたから、英語を勉強しに来たのと、自分はゲイだからって言ったら「ここはOxford St.に近いし、ゲイが周りにいっぱい住んでいる」って言ってた。あ、彼女はゲイじゃないらしいけど(笑)

今日、こっちに着いたあと、オーナーから「日本にはゲイは多いの?」って聞かれたけど、多いかどうかなんか分からないって(笑)だから取り敢えず「ゲイの友達はたくさんいるけど」って答えた。どうも以前住んでいた日本人はゲイっぽかったんだけど、周囲には言っていなかったようだ。「Oxford St.にも行っていたようだけど、聞いてみても絶対にそうだって言わなかった」と言ってた。

というわけで、今日からこの家に引っ越してきたけど。。まぁ今度は何事もなければいいな。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:18 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-19 Fri , 2007
さぼり
結局、今日は学校をさぼっちゃった(笑)

昨日は夜遅くまでSkypeで彼女と話してたし、なんか今日、学校行くのがめんどくさくなった(笑)一日中、ホテルでゴロゴロしていたいと思ったんだけど、まぁ銀行開設とか前から食べたいなと思ってたケーキを買ってきてホテルで食べたりとか、観光客なんだか、そうじゃないんだかよく分からないことをしていた(笑)

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

18:20 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-18 Thu , 2007
のんびり
今日、ホームステイ先を出て、実は今、ホテルにいる(笑)
新しいシェアハウスが土曜日からなので、今日と明日はホテル暮らしなのだ。って言うか、まぁステイ先とはいろいろあって、、もうこれ以上いたくはなかったのよね(苦笑)

で、ここは結構いいホテル。なんとなく観光客気分を味わっているが、よく考えてみれば、外国のホテルに一人でチェックインしたのって初めてじゃないかな??今までは彼女と一緒だったから、全部彼女に任せきりで、わたしはなーんもしなかった。それで済まされてたから、特に問題はなかったけど。今は何か問題があるかと言えば、別にそんなこともないし。ホテルなんて、もともと外国のものだから、日本で泊まっていればそれなりにシステムも分かっているし。といっても、日本ではほとんどビジネスホテル止まりだけどね、わたしが泊まるところって。いいところに泊まるんだったら、ホテルより温泉がいいし(笑)そういえばホテルに一人で泊まるのって、いつ以来なんだろう?おそらく、2003年の社会人野球日本選手権大会以来??かなり昔です(笑)そーいや、日本では日本選手権の代表が決まったらしいですね。。なんか遠い世界の話みたいって、遠い世界なんだけどさ、実際。。orz中国地区の代表、どこになったのか、全く知らない。。

こっちに来てから今日まで、かなり窮屈な思いをして暮らしてきたので、たまには、と思ってさっき、ホテルのレストランで食事してきたんだけど、うまかった~!!肉を食べたんだけど、レアにしてもらって、ワイン飲んで。肉がすごく軟らかくて、めちゃくちゃおいしかったー!やっぱり肉の国だけのことはあると思った。思わずレストランの人に「この肉はうまかった!」って言っちゃいましたよ。。こっちに来て初めて「うまい!」と思った肉だったけど、こういう肉ってスーパーとかで適当に買えるのかしら。。これからは自炊なので、自分が食べたいときに肉が食える(笑)ここは飯を買おうと思ったらいくらでも買えるし、作ろうと思ったら結構作れるのよね。これから日本に帰るまでの11ヶ月間くらいはまぁなんとかなるかな、と思って(笑)ここに来てつくづく思ったのは、わたしって、母親が作った料理と彼女が作った料理と自分が作った料理以外は継続的には食えないってことで(^^;わたし、一人暮らしを10年くらいしてたから、それなり~に飯は作れます。が、もともと嫌いなのね、料理。うつになりかけの頃からだんだんご飯を作るのがめんどくさくなってきてしまって、病気がひどくなると、もう全然作れなくなってしまった。なので、毎日のようにデパ地下で夕ご飯を買ってたりしたんだけど、最終的には決断力がなくなって、一体、自分が何を食べたいのかもよく分からない状態になってしまった。デパ地下の同じところをグルグル何回も回ってた。それ以来、自分では食事はほとんど一切作っていない。あ、朝、パンを食べたりするのは自分でやってるけど、あれは作ったうちには入らないし。って話が逸れた(汗)

あー、でも、ここですぐに風呂に入って寝たらとても幸せなんだろうけど、実は宿題がある(汗)何が楽しくて、ホテルで学校の宿題なんかやらなきゃいけないのかと思うけどさー。これって「もし、学校の宿題がなかったら、わたしはホテルでゆっくりできただろうに」って仮定法で英文書けるよね(笑)っていうか、クラスが上がったからかどうかは知らないけど、最近、宿題が多い。。このクソ忙しいのに、めんどくさいんだよー、みたいな。しかも今日の宿題は、文法問題じゃなくてライティングなので余計にめんどくさい。しかも、セミフォーマルな言い方で書きなさいって言う。なんだか自分の意見を言うときには「I think」を使うのは幼稚なんだってさ。どうも形式主語を使えと言うらしい。ふーん、形式主語ってそのためにあったのね。全然知らなかった(笑)ま、使えと言われれば使えないことはないので、仕方なくそれで書こう。けど一体、何について書くんだっけ?あれ??

「一般英語コース」のくせに、上から半分以上(上級者コース2つ、中級者コース4つ、初級者コース2つで、わたしは中級者の上から2番目だから、ちょうど半分よりちょっと上くらいのところ)になると、ほとんど大学進学を目指しているからか、今までよりはちょっとやってることが違ってくるのかな?よく分かんないけど。。まだ始まったばかりだし。

明日、学校に行かずにホテルでのんびりしたいー、と思いつつ、そういうわけにもいかないんだろうな。。明日の夜はのんびりするぞ(笑)

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:39 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-16 Tue , 2007
クラスが、、
確かに昨日「明日、教室が変わるから、朝来たらチェックするように」と先生から言われていた。が、先生は変わらない、とのことだった。なので朝、チェックしたら、名前がなかった。。そう、先生は変わらなかったが、わたしのクラスが変わった。。orz

今まで、Int.IA だったのが、Int.IIBに。前にクラスわけについて説明したけど、今、中級者コースは4段階に分かれていて、わたしは下から2番目のクラスだった。それが、上から2番目のクラスになった。教室に入ってみると、前中級者クラスの時と同じ先生、、つーか、わたし、この先生の最後の授業で思いっきり無視されまくっていたので、あまり好きじゃない先生なんですけど。。。。がーん、みたいな。

しかも初日は突然、よくわけ分からない授業から始まるからいつも途惑う。確かに前のクラスでもちょこっと1st condisionalや2nd conditionalのことをやった。けど、はっきり言って、1st condisionalは、日本の文法用語で言うと「名詞を導く副詞節」になってるし、2nd conditionalに至っては、授業を休んでいたときにやったみたいなので、よく分からない。。今日やってみたけど、どうやら「仮定法」??しかもそれに加えてwishだのhopeだのって出てきてよー分からん。。この辺になると完全に忘れている。。

しかし、前の先生、2人いたけど、両方とも好きな先生だったのにー。大学進学コースのテストの結果発表があった日、クラスの中には落ちた人も受かった人も両方いて、クラスの雰囲気がドヨーンとしていたら、いきなり「これから外に出て授業をしよう!」って言われて、学校の前の公園にみんなで行って、芝生に座りながら授業を受けたんだよね。ちょうど、そのときに物の数え方(数えられる物と数えられない物、等)をやってて、芝生の数え方だの、葉っぱの数え方だの習ったのよね。あれはとても楽しかった。

しかもつい最近は「オージースラング」についての授業をやって、イギリス人の先生はうまく発音できないからといって、オーストラリア人の先生を連れてきて、教えてもらったり、あれも面白かったー。せっかく学校が楽しい場所だったのにな。。

最近のわたしは、結構ハードで、実は木曜日にホームステイからシェアハウスに移ることになった。ちょっとねー、ステイ先でいろいろあったのよね。あんまり詳しくは書かないけど。だから、今、勉強どころではないのよね~、、はっきり言うと。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

20:24 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-07 Sun , 2007
わたしは何に護られているのか
あれはAPECのデモ行進が終了したあとだから、9月8日のことだ。デモ行進が終わったあと、わたしはホストの人たちと別れて、以前、現地のエージェントに教えてもらった日本の食料品店に初めて行った。そこで発見したのは、現地で出している日本語で書かれている無料の新聞だった。「へえ、こういうものがあるのか」と思って何気なしにもらって帰って家で読んだ。そうしたら、なんとそこにはこのようなことが書かれていた。

日本総領事館告知







「在シドニー日本総領事館からのお知らせ」
「APEC期間中に予想される混乱についての注意喚起」
「 9月初旬にシドニーで開催されるAPEC期間中には、当治安機関により、シドニー市内は広範囲に立入規制区域を設けるなど大規模な交通規制が敷かれることはご承知と思います。
 更に、APEC期間中には、豪州各地より各種の主義主張を持った抗議活動家達が集結し、シドニー市内で大規模な抗議活動を展開する計画をたてています。中でも最大規模の抗議活動は、9月8日に抗議活動を予定している団体で、推定1万人以上によるデモ行進を計画しています。同デモ行進は、9月8日午前10時、タウンホールを出発し、ジョージストリート・マーティンプレース・マッコーリーストリートを行進して、ハイドパークに至るというルートを警察に申請していますが、今のところ警察はそのデモ行進を許可していません。
 抗議活動団体は、デモ行進を取り下げる姿勢を見せていないことから、9月8日当日はシドニー市内において、警察当局と抗議団体との間に過激な衝突が発生する恐れが十分にあります。当地における邦人の皆様におかれては、デモ行進の混乱に巻き込まれて被害を受けることの無いように、デモ行進を見かけたらその場から速やかに立ち去るようお願いします。」

これを読んで唖然とした。だって、この文章、あまりにもおどろおどろしいじゃん!この文章を読む限りにおいては、デモ行進がとても過激で一般人に受け入れられていなくて、危害が及ぶようなことが起きて、とんでもないものに思える。でも、わたしが参加したデモ行進ってこんな風に書かれていたものとは全く違っていたのだ。中にはシュプレヒコールをあげていた団体もいたし、整然と歩いていた団体もいるけど、太鼓を叩いて、踊りながら楽しそうに行進していた人たちもいたのだ!

確かに中には数人の逮捕者や警察と衝突していたらしい。それはわたしはテレビのニュースで初めて「そんなこともあったんだ」と分かるくらいで、少なくともわたしがいたところは全く危険ではなかった。どういう話をしていたかは知らないが、中には穏やかに警察官と話している人さえ見かけたのだ。そしてわたしは包囲している警察官の表情からなんとなく「彼らもこういう仕事はもしかしたらしたくないのかな」と思われるほど、みな、軟らかな表情だった。東京プライドパレードでも何人か誘導している警察官をパレードしながら見たが、表情が軟らかかったのは、わたしが気がついたのはたった一人だけ、他の人は「職務上仕方がない」というような顔をしていた人たちばかりだった。ま、一般に人の表情というものは国によって変わるものなのかも知れない。こちらの人たちは、顔を合わせると必ず笑顔を見せるから。

しかし、在シドニー日本総領事館は一体、なんの権限があってこのような「注意喚起」をしたのだろう?あれからいくつもの現地で出している日本の情報誌を探してみたが(こっちにはたくさんあるのだ、そういう情報誌が)、少なくともこれに関してこのように書かれていたものはこれ一つだけ。この新聞は週1回、発行しているが、この前の週にはこのような注意喚起の文章は載っていなかった。そして、偶然にもその前の日にわたしは在留届を出そうと、在シドニー日本総領事館に行ってきたが、このようなことを書いてある張り紙は見なかった。そう、もし張り紙がしてあるならば、この「注意喚起」は単なる「注意喚起」ではなく、日本国(この場合は外務省になるのか)の権限でそう言っていることになる。が、それを見なかった以上、この文章はまったく「非公式」の見解、と言うことになる。また、ネットの「海外安全情報」も確認したが、このことに関してはなんにも触れていなかった。これはどういう整理をすればいいのか、わたしには全く分からない。

これを読んで敢えてデモ行進に参加しようと思う人は、まずいないだろう。わたしもこれを事前に読んでいて、しかもその上でホストの人に誘われたらとても躊躇していたと思う。ということは、この文章は少なくとも「デモ行進に参加する権利」をわたしに認めないと感じさせるような文章ではないのか?在シドニー日本総領事館はそのような権限を持っているのか?今、日本以外にいるわたしの権利は何があって何がないのか?

実はこの文章を読んでから、わたしはそのことが気になってしかたがない。わたしはこの国にいて、一体、何に護られているのか?何を護られているのか?わたしは法律の専門家ではないので、詳しいことは分からない。が、わたしの権利は一体、この国にどの程度護られていて、どの部分が護られないのか、それを知らないと怖くて生きてはいけない。

まず、日本での最高法規と言えば「日本国憲法」だ。ここでは日本国民の「権利」について記載されている。わたしたちはこれによって「法の下に平等」であり「思想の自由」や「良心の自由」、「信仰の自由」「集会、結社の自由」「職業選択の自由」「学問の自由」「婚姻の自由(ただし、同性結婚は今のところ認められていない。でもこれって、この憲法が作られたときに、同性愛者のことが全く考えられていなかった結果だという考え方も出来る。なぜならこの条項ができたのは、明治憲法では、個人の自由で結婚が出来なかったからだ。そのことを防止するためにこの条項が作られた)」、「言論の自由」「出版の自由」「国籍離脱の自由」などが保障されている。

調べていくうちに、日本国憲法というものは「基本的人権の原則規定」があり、それを元にして「自由権」「参政権」「受益権」「社会権」「国民の義務」に分かれていることを知った。しかし、基本的人権というものは憲法97条で「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである」と書かれているので、在外邦人が不当に殺されたとしても、殺される直前までは「基本的人権は尊重されている」と書いてある文章に出会って「え!@@;」という感じがした。確かに基本的人権は空気のようなものだが。。これじゃ怖くて他の国では生きていけないじゃん。憲法97条って、そういうもんなの??そのためにあるもんなの?

また、法律には属地的なものと属人的なものに分かれることを、文部科学省のサイトで知った。

これを元に、一体、憲法何条が属地的なものであり、属人的なものであるのか調べたかったが、ネットでは限界だった。これはあくまでも「解釈」の問題であるらしい。今のところ分かったのは、憲法15条の参政権は属人的なものであると解釈されているということだ。だって、在留届を出してきたときに「在外選挙登録」も一緒にしてきたから。その権利は認められていると言うことは分かる。

逆にこの権利を認められていると言うことは、基本的人権の原則規定も属人的なものなんじゃないかなあ、と思うが、そこのところはよく分からない。そしてデモをする権利(おそらく「集会、結社の自由」だと思われる)は、今のわたしは憲法によって保障されているのだろうか?あのデモは、オーストラリア国内のデモ、というよりも戦争反対のデモ(ブッシュに反対という意味合いも含まれていたけれども)だったし、そうでなければわたしは参加していない。もし「オーストラリアの労働者の賃金値上げ要求のデモ」だったら、わたしは参加していない。

以前、イラクに行って人質になった人がいて、その頃は「自己責任」という言葉が盛んに使われて、人質になった人は非難された。しかし「自己責任」という言葉の本来持つ意味というのは「他の人に意見を強要されない自由」ということであり、自分の行動は自分で決定できることである、と書いてあった。もちろん、自分の責任においてもし何かあったら自分で責任を取ってね、という意味もある法律も存在する。が、人権においての「自己責任」と言うのは、個人で自由に行動する権利であるのだ。あのときに「木偏にホワイト」という某参議院議員(もう辞めた)が「反日的分子」などという言葉を用いて、彼らを国会で非難し、その言葉が議事録から削除されたということがあったが、このような国会議員が日本に存在するというだけで、外国に暮らす人間にとって空恐ろしいと感じざるを得ない。

逆に今の首相は奇しくも「人命は地球より重い」と言って「超法規的措置」をハイジャック犯に施した元首相の子供だが(ただ、わたしはこの考えは非常に素晴らしいとは思うが、施した相手が悪かったと思う。彼らによって日本国民の「権利獲得運動」に対するイメージが非常に悪くなった)、まぁ、父と子供の人格は違うとはいえ、少しホッとしている部分はある。というか、そう言うことに振り回さざるを得ない、ちっぽけな自分なのだ、ここでは。そのことは本当に痛感させられる。

そして、在外邦人は「外務省設置法第四条九」の「海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全に関すること」によって、基本的には日本国から護られている存在だ。が、一体、何が護られて何が護られていないのか、これだけではよく分からない。日本国民の持つパスポートは

パスポート







と言うもので、これによって日本の外務大臣から、渡航先の当該機関に保護扶助を要請されている。しかしわたしはこれを読んでも、一体何を保護されて扶助されるのか、さっぱり分からない。在シドニー日本総領事館でわたしは「海外で困ったら(大使館・総領事館のできること)」というパンフレットをもらってきた。しかし、これを読むと「大規模な自然災害や騒乱・戦争などの緊急事態が起きたとき」に「退避を支援します。」と書いてある。APECのデモ行進が騒乱に当たるのかはよく分からないが、、やはり逃げなければならないのか?(支援だから、強制的ではないにしろ)わたしの「集会、結社の自由」よりもこちらの方が優先されるのか?

もちろん、ある一定のこちらの法律は従わなければなるまい。日本の交通法規がオーストラリアで通用したら大変な混乱が起きる。が、わたしの「基本的人権」は今、日本国憲法で保障されているのか、もしそうでないとしたら「オーストラリア憲法」で保障されているのか(まさか)、その区別がはっきりしなくて、このことに気がついてからのわたしは、恐怖を感じ続けている。

しかし一方、憲法12条により「この憲法が国民の保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」と決められている(ただし、濫用してはならないけれども)。この権利がある限り、今、外国にいるわたしもそれを努力して保持し続けていかねばならないかなとも思う。

【付記】在シドニー日本総領事館の注意喚起の中で「推定1万人以上のデモ行進を計画している」とあるが、これは当初からオーストラリア政府はこのデモに「1万人参加する」と事前から見ていたことを推測できる文章である(それとも事前にデモ行進団体が申請していた人数なのか?ただそれをそのまま鵜呑みにして、在シドニー日本総領事館の「見解」にしてしまってもいいものなのか?)。しかし、デモ行進後の警察発表は5千人であり、新聞に至ってはたったの3千人だった。デモ行進主催者側の発表だけが1万人だった。わたしは一体、何を信じていいのかよく分からない。もしかしたら、この国の怖い一面を見てしまったのかも知れない。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

13:18 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-06 Sat , 2007
EMPEREOR HIROHITO
昨日の夜、夕ご飯を食べていたらホストの人がいきなり「日本の首相が教科書を書き換えると言った」と言った。わたしはネットでイラクの海上自衛隊に対して給油をどうするかということが話題になっているのは知っていたが、このことに関しては恥ずかしながら、全く知らなかった。ホストの人は中国がなんたら、と言っていたが、あとで調べてみると沖縄の記述について、軍の関与があったかどうかを再検討するって話らしいですね。ホストの人の話によると、この話はラジオで聴いたそうだ。

ホストの人は、もちろん政治に関心(国内、国外問わず)があるし、わたしも彼らに「政治について関心がある」と言っているので(毎晩、わけ分からないなりにニュース見てる。けど、ニュースしか見ない(^^;)、そういう点ではとても協力的だ。

ただし、彼らは時に非常に厳しく日本を見ている。以前、同居人に「小泉元首相は、アメリカに行ってブッシュの前で『ラブミー・テンダー』を歌っていた。プレスリーなんてもうとっくの昔に死んでいるのに」なんてことを言われて、わたしは非常に恥ずかしかった。。安倍前首相の名前はこちらではほとんど知られていないみたいだが、小泉元首相はとても有名で、未だに彼らの記憶の中に残っているようだ。しかも、当然のことながらあまり好意的に見ていなくて、わたし自身も彼のことは嫌いだったので恥ずかしいとしか言いようがなく。。「日本の首相がそういう態度を取ったからと言ってすべての日本国民がそれに同意しているわけではない」と言いたい。

というか、わたし自身、今学校に通っていて、いろんな国の人と知り合いになっているところだが、わたしは個人の人間を見て「○○人ってこういう人」とは断定したくない。それはわたしだけを見て「日本人ってこういう人」と判断されたくないのと同じだ。わたしは日本の代表ではない。だから、なるべく「この人はこういう人なんだ」って思うことにしている。

しかし、首相ともなれば話は別だ。彼らはある意味「日本の顔」である。日本は今、一応先進国のうちの一つだから、それなりに影響力を持っている。こちらのニュースになったりするのはその証拠だろう。そして彼らの行動によって、それが「日本の考え」になるのだ。これはまあ、当然のことと言えば当然のことだが。

が、果たして日本の首相のやっていることと、わたしの意見が異なっていた場合は、わたしはここでどういう風に伝えればいいのか。わたしはまだ「I think so.」と「I don't think so.」としか言えない。自分の意見を英語ではまだ言えない。それがとてももどかしい。

そして昨日の晩、ホストの人に「8時半から『EMPEREOR HIROHITO』という番組があるから見てみたら。外国から日本のことを知るのもとてもいいと思う」と言ってくれた。これは本当に同感で、そういう情報を提供してくれるホストの人にはとても感謝している。

で、番組を見てみたんだけど、これはどうやらオーストラリアで作られた番組ではなく、イギリスのBBCが作った番組らしい。見て驚いた。あ、もちろん英語主体の番組ではあったが、日本人のインタビューはそのまま日本語で流されていて、その言葉は十分に理解できるから。

まず一番驚いたのが、当時の再現として、昭和天皇を初め、当時の首相や大臣が「日本人によって」演じられていたことだ。わたしの記憶だと、まず、昭和天皇を演じる、と言うこと自体、日本ではタブー視されている。以前、大河ドラマでどの天皇だったか忘れたが、天皇を演じるということだけで非常に話題になったことがあった(確か、歌舞伎出身の役者さんが演じたよね)。そしてその「昭和天皇」を演じた人は、明らかに昭和天皇とは似ても似つかない人で。。日本人の感覚として、とても違和感があったことは確かだ。その当時の再現では、本当に「再現」として、今の日本語ではない言葉、なんというのか正式にはよく知らないが、漢文の書き下し文みたいな言葉遣いをしていた(○○するに能わず、とか)。ので、実はわたしにもよく分からなかった部分がある(苦笑)

その再現シーンは、昭和天皇の生い立ちだった。当時の皇室の育て方は母親が育てるのではないので、彼は誰からも孤立していた、というようなことを言っていた。そして明治天皇という祖父を持っていたために、その影響を強く受けたみたいなことを言ってたかな~、、とにかく大正天皇には全く触れられてなかった(苦笑)そして、戦争突入時の御前会議のシーンや、太平洋戦争突入時のこと、原爆が落とされる前のこと、そういう場面をやっていた。

そして、次に驚いたのが、日本人の証言内容。出てきたうちで覚えているのは、例の東条首相の孫、東条由布子(この7月の参院選に出馬した)、本島等(元長崎市長)、それから名前は覚えていないが、日本軍の元兵士、神風特攻隊の生き残り、沖縄にいた人、そして太平洋戦争に関する本だったか、昭和天皇に関する本を書いた人だったか、忘れたけど、そういう人たちだった。東条由布子は、自分の祖父がどんなに昭和天皇を敬愛していたか、そして昭和天皇をかばうために自分の身を捨てて自分がすべての責任を取るために死んでいったか、当時の日本人はみんな喜んで進んで天皇陛下のために戦争に行っていたことや、そういうことのオンパレードだった。でも、彼女の言った「『東条の身内』ということで、自分の母親がどんなに苦労したか。疎開先はほとんど受け入れてくれなかった。1週間で追い出されることもあったし、たったの3日で追い出されることもあった」と聞いたとき「ああ、この人も自分を正当化して生きていかなければ生きていけないのだな」と感じた。彼女は彼女なりに自分の祖父を大事に思い、そしてある程度辛酸をなめて生きてきたところがあるのだろう。が、悪いけどわたしには同情はできても、彼女の言うことは共感はできない。

一方、元日本人兵士は自分たちが中国人に対してどのようなひどい目に遭わせていたかを語っていた。これは、、わたし自身も初めて聞く生の証言だった。当時、中国人のことを「チャンクロ」と呼び、銃で殺すなどもったいない、石を使って殺せと言われていたらしい。そして、実際に中国人を平気で殺す映像が次々と流され、、結構ショックだった。というか、このようなものが外国では流されていて、外国人はそのことを知っているのに、日本では流されずに日本人は何も知らない。これって考えてみるととても怖いことだ。表面ではニコニコと日本人と付き合っているかも知れないが、彼らは過去に日本人がどのようなことをしたのか知っているかも知れないのだ。

しかも沖縄にいた人は、自分の母親と妹や弟をこの手で殺したことを淡々と述べていた。ひもを使って首を絞めたらしい。自分の母親を手に掛けた後、号泣したと言っていた。まだ十代という多感な時期にこのようなことをしてしまって、これは自分の人生で最も忘れることができないことだと述べていた。

そして、神風特攻隊の生き残りの人は「自分の知る限り、喜んで死んでいったものなどは一人もいない」と言っていた。そして本島元長崎市長は「てんのうにせきにんがある」という12文字(13文字って記憶しているんだけど(^^;)を言っただけで、右翼に撃たれた、と言っていた。

本を書いた人は戦争が終わったときに「天皇は切腹すべきだった」と言った。こんな意見もまずもって日本では聞いたことがない。

東京裁判の絞首刑のフィルムも流された。これもわたし自身、初めて見る映像だった。というか、こんなものが記録されていることすらわたしは知らなかった。

話は戦後、アメリカに7年間占領され、マッカーサーが日本の天皇を日本人の国民感情に照らし合わせて利用したことなどを言ったところで終わった。現日本国憲法では天皇は「国民の象徴」になった、と言っていた。ただし、日本国憲法はアメリカによって原案ができて、みたいなことを言っていたので「それは違う」と言いたかったが。あれは当時「憲法研究会」の原案を占領軍が元にして、それに手を加えて提出したもので、全くのアメリカからのお仕着せ憲法ではないとわたしは判断している。

見終わってから、ホストの人に「どう思ったか」と言われたんだけど。。わたしは何ともいえなかった。意見がないからじゃなく、英語でまだこのようなことに対する自分の意見が話せない。だって用語を知らないんだから。それと、わたしが今の日本の皇室に対してどう感じているかを英語で表現することはとても難しい。日本語でも難しいんだから。

わたしは決して天皇制反対ではない。皇室典範で男性だけが天皇になれるというところは変えて欲しいけど。彼らはある意味、本当に「日本の象徴」だとわたしは考えている。もちろん「万世一系」とは考えてないけど。古代の天皇は全くの架空人物だと思っているし(あんな時代に100歳以上長生きするわけはあるまい)、南北朝時代に一回、家系が替わっている。けど、それが記録されていると言うことは、ある意味それはやはり「日本の歴史」であり「文化」であり「伝統」であるのだ。「伝統がある」ということは、他の国に誇るべきところだとわたしは思っている。そして伝統がある国だから、というので日本が他国から尊敬されている部分もあるということもある程度知っている。そしてその「象徴」はやはり天皇であるのではないかとわたしは思う。「伝統」は目に見えないものだ。だからこそ目に見える「象徴」が必要なのではないのか。

まぁ、この考えには異論のある人ももちろんいるだろう。だって、天皇制こそが日本の「格差社会」を生み出している元凶と捉える人も中にはもちろんいるだろうからね。それはそれでわたしにもよく分かる。そして一方、彼らは「日本国民」ではない。基本的人権も選挙権も彼らには何もない。日本国憲法では彼らは護られない。皇室になんか生まれてきたら、さぞや大変なことだと思う。しかも彼らがもし性的少数者だとしたら。。それがもしわたしだったら、わたしはもう既にとっくにこの世にはいない(爆)男に生まれたら、皇室に残らなければならないし、女に生まれたら、結婚する以外、皇室から離れることはできないのだから。。なので、彼らも本当は「なんで自分がこんなことやってんだろう。自分は不幸な星の下に生まれてきた」ってもしかしたら思ってるのかも知れないなと思う(笑)

最後に、日本人兵士だった人が言っていた。「日本でこんなことを言えば、日本人は過去に恥ずかしいことをやってきたと思われるので誰も何も言わない」と。確かに本島元市長の件を見れば、そんなことを言ったら身の危険を感じて何も言えないのかも知れない。が、だったらなぜ、そんなことを外国に向けて言うのか?日本に住む人はそんなことは誰も知らない。別にこの人を責めるわけではないが、日本に住む人はもっと過去に自分たちが何をやって来たかを知る必要がある。過去に何があったかを知らないと、絶対に同じ道を繰り返す。そういうことを話すと「自虐的史観」と言われるが、なぜ本当にあったことに対して口を噤まねばならないのか。そういう歴史的な「負の遺産」があってからこそ、それを今後の道に役立てていかなければならないのではないか。少なくとも、わたしはそう思っている。「長い伝統」がある中では「正の遺産」も「負の遺産」も当然あるのだ。両方を知らずして、今後、どうわたしは生きていけようか。

わたしは昨日ショックでねー、全く眠れなかったのよね、睡眠剤飲んでも(苦笑)

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

12:26 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10-05 Fri , 2007
落ちた♪
大学進学コース(EAP)の試験結果が今日出たんだけど、やっぱり予想通り落ちていた(笑)
同じクラスで受かった人が何人もいたんで、悔しいことは悔しかったが、昨日も書いたとおり、わたしはまだまだ文法を思い出さないといけない段階だと自分で思っているんで、まあ、よかった(笑)でも今後のことも考えて、結果を聞きに行った。「試験の結果を知りたかったら○○まで」って合格発表の紙に書いてあったからね。どのくらいできていたのか、全く見当も付かなかったし(笑)

で、聞いてみたらリスニングとリーディングは問題ないって言われた。あれま。あの程度で大丈夫だったのか(苦笑)リスニングは思ったほど難しくはない(そんなに早口ではなかった)と思ったけど、でも今のわたしの状態って言っていることが「まだら」に聞こえて、あるときは全部理解できるんだけど、他の話題になったら途端に「??」ってなる状態。。で、やっぱり落ちた要因はライティングだったらしいが、どうやら聞くと「もう少しで受かっていた」ところだったらしい。「次はきっと大丈夫だろう」と言われた。要は書き方が「論文調」でなかったのと、あとは若干の文法とそれからスペリングミスが多かったと言われた(笑)そうそう、指摘されました。「lights」の件(爆)恥ずかしかった。。書いてある内容については、これでいいのであとは書き方だと言われた。

っていうかね、書き方を知らなかったってのがまずあるけど、実はテストの終了間際になって、表紙を見たら「まず、序文を書いて、最後に結論を書くこと」って書いてあったのよね(爆)んで、わたし、それを全く読んでなかったもんだから、それを全く無視してて。最後にあわてて結論を取って付けたように書いた、という感じだったのだ(苦笑)ついでに「今、午後の選択授業は何を取っているのか?」って聞かれたので「スピーキングとリスニングだ」と言ったら「ライティングに変えた方がいいよ」と言われた。うーん。。わたしのスピーキング力はまだまだなんだけど。。やっぱり一番の問題って話せないような気がわたしにはする。どうしようかな~、、っていうか、次の試験の日にち、聞いてくるの忘れた(苦笑)

今日の放課後は、学校の友達と一緒に日本食のレストランでラーメン食べてきた。日本人がわたしを含めて2人、韓国から来た人が4人、台湾から来た人(ニセ香月くん(違))、あとはわたしの知らない人。。計8人。不思議なもんだよね~、って思う。だって、わたしは学校での友達は作る気はなかったからさ。でも知らず知らずのうちにこうやって友達ができるのかも知れない、と思う。

ただ、わたしの体調の方はあまり芳しくなくて。。身体が疲れ切っていて四六時中眠いのと、あとは、全身の筋肉が凝り固まっている。足は張っているし、しょっちゅうつる。そして特に右腕。なんというか、だるくて重くて痺れている。医者には行ってきた、今週の火曜日に。そうしたら、特に骨には異常はないから、1週間ほど様子を見て(と言っても、鎮痛剤は処方された。けどこれが全然効かない(苦笑))よくならないようだったら理学療法士を紹介すると言われているんだけど。。よくなるどころか肩や首の筋肉までこわばってきて、あらら、どうしましょうって感じ。。あと、眠いのに眠れないんだよな、これが。。取り敢えず今は持ってきた睡眠剤を飲んでるけど。。

だから、今、大学進学コースに受からなくて本当によかったのだ。聞くところによると、毎日宿題が出て大変らしい。わたし、今のままの生活をもうちょっと続けたい(苦笑)なんてったって、他にやりたいことがたくさんあるんだから。

筋肉と腕の問題さえ解消されれば、ここでの生活はもっと快適になるのに。。このままだと楽器が吹けないよー。今週末はちょっとのんびりしようと思う。と言っても、結局なんだかんだやってしまうのよね。ちょっとはセーブしないと、本当に倒れてしまう。。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

21:13 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-30 Sun , 2007
夏が来る?
今日のシドニーの最高気温は27度だったらしい。そして明日は29度。なんと来週中は32度の日が2日あると今日の天気予報で言っていた。

ただし、最低気温が16度くらいで日較差がある。今日は午後、ちょっと外でひなたぼっこ(英語ではなんて言うんだろう?(笑))してたんだけど、27度あるとは到底思えないほど暑いとは感じなかった。

いよいよ夏、到来かな?

明日はLabor's Dayで学校は休み。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:04 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-27 Thu , 2007
数が分からない(汗)
わたしは割と耳がいいのか、習ったことは聴き取れるようにはなっている。現在完了を習えば「あ、今、現在完了を使った」って分かるようになってるし。。ただし、問題は「使っているのは分かる」けれども「話の内容は分からない」ってことで。。これって理解できるようになっているとは言えないよね(苦笑)

で、こないだ学校で「大きな数字」についてやったんだけど、それを習って以来、会話の中にやけに大きな数字が使われていることを発見(?)した。買い物ではせいぜい二桁の数字しか出てこないから、それまでは不便は感じなかったんだけど(ただ、ここに来た当初は数字が聞き取りにくかったので、適当に大きな額の金を出していた(苦笑)のと、小銭の使い方が慣れなくてモタモタしていたが、最近はそれにも慣れてきた)、いきなり「10million」だの「1billion」だのと言われても「すごく大きな数字」としか理解できなくて、具体的な数字が浮かんでこない。

数字を区切るとき、三桁区切りと四桁区切りがあるというのは小学校の時に習って知っていた。で、今は国際表記をすることが当たり前になってきているから、わたしも数字を書くときには、三桁区切りで書くようにしている。例えば1,000とかね。けど、実際にわたしたちが使っているのって四桁区切りなんだよね、大きな数字って。万の次は億、その上は兆だ。その上は、京とか無量大数とか不可思議とかあったように記憶してるけど(京の次が無量大数ではないです)。で、これらの数字って、普段は0の数がいくつかってほとんど意識せずにだいたい「100億円」って聞くと「このくらいかな」という感じはつかめるし、書こうと思ったら書ける。だって、普段、大きな数を数える時って「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん、ひゃくまん、せんまん、いちおく、じゅうおく」って無意識に四桁区切りで考えてるから。わたしは意識しなくても、四桁区切りで数を数えていたのだ。

けど、英語で1millionはともかく(ミリオンセラーと言えば、100万部だから)、それに10とか100が付くと途端に分からなくなる(苦笑)これは多分、慣れの問題なんだろうけど、今のところは完璧に日本語に訳してじゃないと数がはっきり認識できない。これってちょっと不便だったりするんだよな(苦笑)

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:35 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-26 Wed , 2007
学校行ってて思うこと
基本的に、学校での友達はいないんだけど(苦笑)
だって、みんな若すぎて、話しについていけない。今日なんか「いくつ?」って聞かれたから「39歳」って答えたら「わたしのお母さん、40歳」って言われた。。orz

それでも授業や休み時間の間にちょこちょこっと話すことがあって、それで毎回わたしは驚いているわけだけど。今、わたしのクラスの人で最も多いのは、韓国から来た人。次に台湾、タイ、ヨルダンだったっけ。あ、日本人はわたし一人になってしまった。ま、それはいいんだけど、韓国の人も台湾の人もタイの人もみんなわたしが舌を巻くほど日本のことについてよく知っている。わたしは日本の芸能界のことは全くと言っていいほど知らないのだが、彼らはわたし以上に知っている。いや、わたしも名前くらいは知ってるけど、それが何をした人なのかは具体的には知らないのだ。なので「藤原紀香を知っているか?」と聞かれても「名前だけは知っている」としか答えようがない。。

そして彼らは日本の文化についても詳しい。日本のマンガはどこでも読まれているらしい。台湾では日本のプロ野球の中継もやっているらしいし、日本のヤクザ(山口組って書かれた日にゃあ。。(汗)で、ついでに日本の三大暴力団として住吉会と稲川会も教えてあげました(笑)あら、いらない知識だったかしら。。?)も知ってるし、今日なんかタイの人に「小さい頃、お父さんはパチンコをしなかったか」って言われてびっくり、みたいな。。いや、うちの父親はパチンコはしない人なので「しない」って答えたけど。それからみんな「日本に行ったことがある」って言うんだよね。。わたしゃ、残念なことに、アジアの国と言ったら返還前の香港に飛行機を乗り換えるために上陸したくらいだ。。ああ、こんなことだったら焼き肉を食べに韓国に行っておくんだった。。韓国は前々から彼女と「焼き肉を食べにいこう」って言ってたんだけど、実現できなかったのよね。

一つだけわたしが知っている、トヨタの大好きな応援曲「オジャパメン」のことを、韓国から来た人に聞いたが「知らない」と答えられてしまったし。。orz若いから仕方ないのかしら。

しかしこれだけ日本の文化が他の国や地域に浸透しているとは全く思わなかったので、ちょっと驚いている。

あとそれから、台湾の人とは漢字で繋がっている。授業中に「temple」という単語が出てきたのだが、分からなかったらしかったのでわたしが「寺」って書いたら、それを見たヨルダンの人が「同じ文字を使っているのか!」とたいそう驚いていた。そりゃそう思えるだろうな。。まぁ、細かいことを言うと使っている字自体は違うものだが、ある程度こっちは向こうの使っている漢字は理解できるし、向こうの使っている漢字もこちらで理解できる。でも、たったこれだけのことでもすごく彼らを身近に感じることができる。だって、お互いの使っている辞書をそのまま見せ合ってある程度理解し合えるのだから。

逆にお隣の国の韓国だが、彼らはハングル文字を使っているので、漢字は全く使えない。お互いしゃべっている言葉が全く違うから、言葉も分からないし、お隣の国といえどもすごく遠く感じてしまう。これってすごく不思議な感覚だ。

午後のスピーキングの授業では手っ取り早く「自分のこと」について話させられるので苦手。「家族」の話も苦手。今日なんか「自分の今までの人生の中で、予期しなかったことを話しなさい」っつーから「自分がゲイだとは思わなかった」って言った(あ、クラス中でなく、4人+先生だった)。だって、それ以外考えられないんだもの。。そしたらそれの一言で終わってしまった(汗)誰も何も突っ込まなかった。。もっと他のことを考えられる柔軟性のある頭があればいいんだろうけど、でも今までの人生において、やっぱりこれなしでは考えられない。。わたしがレズビアンじゃなかったら、もっと今までの人生変わってたと思うし。

これから週末や何かに性的少数者の人たちと会うようになったら、ますます話しにくくなるだろうなー。だいたい月曜日は必ず「週末はどこに行きましたか?」って聞かれるからさ。ウソを話せるような余裕はわたしにはない。。ホンマ、これだけは勘弁して欲しいです。。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

16:14 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-25 Tue , 2007
VIVA! 日本製品
中国製魔法瓶日本製魔法瓶







「ビバ」って書くと、やはりわたしが一番に思いつくのは「ビバそごう」と「ビバサンワード」ですね(謎)っていうか、最近やたらJTの応援曲を思い出す。。なぜだろう?ちなみにわたしはそごうの応援は観たことがないです。なので、実は「ビバそごう」も聞いたことはありません(^^;

こっちに来たら寒いので、昼食時に温かい飲み物が飲みたいと思って、最初のうちは適当なところで買ってたんだけど、これが実に高い。2(オーストラリア)ドルはする。今、1ドルは105円くらいだから、210円。これは異様に高い。

実は、初めてオーストラリアに来たのは、2003年の年末に彼女と二人でケアンズに行ったときだった。このときは確か、1ドルが85円くらいだった。それから考えると、20円も円安だ。今、オーストラリアは好景気らしいので、その影響もあるのかな。ともかくちっとも安いという感じがしない。なので、これだったら魔法瓶をどこかで買おうと思って、チャイナタウンで買ってきた(画像左)。最初、ウールワースというスーパーマーケットで探したのだが、なんと1リットル入りのしか売ってなかったし、本当は登山用品の店なんかがあればいいと思ったんだけど、探し出せなかったから。。

で、これを選ぶのも一苦労で。なんせ、品数が少なくて選べない。。orz
しかもいいヤツそうなのは高い。。仕方ないなーと思って、安い部類に入る、それでも19ドルはする魔法瓶を買った。まぁ、見た目悪そうじゃないし、と思って。

次の日の朝、お湯を入れてみた。なんか外側がやけに熱くなるんですけど。。これって熱が外に出ている証拠ではないのかと思いつつ、昼間に飲んでみたら、見事にぬるくなってました(汗)ええと、確かにわたしが小学校の時に使ってた水筒なんかこんな感じ?と思ったが、あのときは完全にプラスチックの水筒だったぞ。。

何日かそれで飲んでみたんだけど、やっぱ熱いお茶が飲みたいのだ。。ってことで、彼女に送ってもらいました、どうせ冬物衣料を追加で送ってもらう予定だったので、それにまぎれて。。

画像右は、送ってもらった魔法瓶だけど、これはいつも野球を観に行くときに持って行っているもの。朝、コーヒーを入れていくんだけど、ドームで3試合見終わって家に帰ってきてからも、中のコーヒーは湯気が出るほど熱いのだ。

こちらに荷物が来た翌日、紅茶を入れて学校に持っていった。昼間、飲んでみる。やはりというか当然、熱い。うん、これこれ。と思うが、これって、そんなに高級品ではなく、多分、日本では普通に売っている魔法瓶。。(わたしが選んだ訳じゃないから、いくらかは知らない)

日本製品ってやっぱりいいのかな、と思った。
けど、日本で売っているものの中には、結構中国製もあるけど「なにこれー!」ってひどかったものは、今は思い浮かばないんだよね。。日本で売っている中国製品も質がいいということなのか?不思議だ。。

しかし、一旦、便利なものに慣れたら、不便なものは使えないということがよーーーく分かった(笑)普段はそんなに贅沢はしていないつもりだったんだけど。

ここに来ると、日本がどんなに電化製品であふれかえっているかもよく分かる。だから、日本に来た外国人が秋葉原に行く理由がよく分かる。あの電化製品の品揃えの豊富さって、本当にすごいことなんだなって思う。

確かにここでは日本製品をよく見る。車はトヨタを筆頭に、三菱、ダイハツ、スバル、ホンダ、日産がたくさん走っているし(三菱だのダイハツだのスバルだのって、日本ではあまり見かけないのに、ここではすごい多い)、パソコンも東芝製をよく見る。家で使っている電子レンジは松下製品(ただし表記はPanasonic)だ。テレビはなぜかAKAIだし、ステレオはSONYとPIONEERだし、ビデオデッキもSONYだ。そして暖炉がRINNAI。ビデオカセットはTDK。家にいるだけでもこれだけ日本の会社の製品(ただし、どこで作っているかは謎)のものがある。これってすごいことなんじゃないだろうか。。それだけ日本の製品(ただし、どこで作っているかは謎)が信頼されている証拠なんだよね、これは。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

17:45 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-24 Mon , 2007
仲間に感謝!
いや、ここ数日体調を崩してたんだけど、こーんなに弱っちいわたしのダメダメな日記に対して、本当にたくさんの人からいっぱいコメントもらって、こんなに幸せなことはないなと実感してます。

わたしの精神的な支えの最も重要な部分は、やっぱり彼女だけど、それ以外に本当にわたしにはたくさんの仲間がいるなって、そしてそれは決して性的少数者に限らずにね、地域も問わずね、本当に感謝しています。わたしという人間は、本当にたくさんの人に支えられて生きてるんだと思う。

みんな、どうもありがとねー!
大好きです。

明日からまた頑張ろうっと♪

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:56 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-23 Sun , 2007
彼女が来る♪
これは別に体調が悪くなったから決めたってわけじゃなく、体調が悪くなる少し前から決まってたんだけど。11月2日から約1週間、彼女がこっちに来ることになった♪

今は何をしようか、あれこれ考え中~!

一日中、部屋でゴロゴロ。。とか(爆)
一日中、部屋でゴロゴロ。。とか(爆)
一日中、部屋でゴロゴロ。。とか(爆)
一日中、部屋でゴロゴロ。。とか(爆)

こんなことがないようにちゃんと計画たてます(爆)

そうそう、今日はマルディグラのメンバーの申し込みをした。
どうも来年の3月1日にパレードが行われるらしい。そしてなんと30回目なんだそうだ。今や「公然の仲」(謎)となったakaboshiさんも誘っているところ(プレッシャーかけちゃる~!!)。果たして彼は来てくれるでしょうか??

あとはAPECで見かけたゲイ団体と連絡を取ってみるつもりでいる。

なんか少しずつ動き出した感じがする。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

21:02 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-21 Fri , 2007
今日も休み
やっぱり昨日も眠れなかった。。
で、寝る前には頭が痛くなったので、頭痛薬を飲んで横になった。
朝、起きてみると今度は吐き気が。どうもならないので、学校を今日も休んでしまった。。ホストの人に「学校に行かないのか?外に出た方がいい」と言われるが、こんな状態では外には出られない。

彼女は決してわたしを叱咤激励しようと思ったわけではないらしい。そのことはよく分かった。だけど距離が離れているとどうしてもこういうことは起こるんだろうな、と思う。それまではずっと一緒にいてなんでも話してたからね。。彼女もつらいんだと思う。ごめんね。

今は眠くて眠くて、だけど全く寝た気がしなくて困っている。
英語の勉強もここに来てほとんどしてないしなー。。なんのためにここにいるんだろ?と思う。

ただ一つ言えるのは、東京の家に戻りたいとかそういうことは全く思わないこと。だって、今戻っても他にやることがない。わたしの人生、もう道が一つしかない(これって考えてみたら、学生辞めた時点からそうだったんだけど(^^;)。崖っぷちなのだ。なので、そこのところは腹をくくれているんだろうなと思う。

それがいいことなのか悪いことなのかはよく分からないけど。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

12:31 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-20 Thu , 2007
あーあ
今日は学校を休んだ。
っていうか、昨日寝る前になんか寒気がしてきたから。
昨日心配したとおり、夜は一睡もできなかったけど。

だいたいこういう気持ちになったら、病気の証拠ってのは自分でもある程度分かるんだけど、だからといってどうしようもない。体調が悪いときに眠れないのはつらい。全身の筋肉が緊張してこわばっているのが分かる。足や腕の筋肉はガチガチに固まっているし、腹筋も張っている。腰も痛い。

頑張れって言われると、自分は頑張ってないのかなとも思えるし、逆にこれ以上どうやって頑張るんだと思えてくる。

今日は大事を取って学校を休んだけど、そうすると自己嫌悪の塊になる。時間がないのになぜ休むのかなあ~。悲しくて涙が出てくる。こんな自分が情けなくっていやだ。

彼女からはなんか突き放されたようなことを言われるし、世の中で本当にひとりぼっちになった感じがする。

わたしは一体、どうすればいいのかなあ。。うつ病、再発しなきゃいいけど。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

07:54 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-19 Wed , 2007
4週間経った
今日でここに来て丸4週間経った。

最近、ようやく落ち着いてきたと思ったら、今度は落ち込んできた。4週間経つのに、全く英語が上達した気がしない。。彼女に言ったら「1ヶ月じゃ、まだまだだよ」って言われたんだけど、なんだかこのまま上達しないような気がしてならない。

しかも、今日なんてわたしがブロークンで単語だけ並べて話してたもんだから「文章で話せ」とホストの人に言われて、その後「学校でなにやってんだ。先生は何も言わないのか」みたいなことを言われて、おまけに「中級者クラスはあなたにとって難しすぎる」とか言われて、相当落ち込んでいる。。授業は十分ついていけてるし、学校での会話もほとんどみんなブロークンというか、疑問文なのになぜか平叙文を使って話してるのが分かるけど(取り敢えず、わたしは疑問文を使ってますけど)、まぁそれでも意味分かるしなと思ってそのまま答えたりしてるけどねー。。だって他の人がせっかく話しかけてくれるのに「あなたの英語は間違っている。ちゃんとした疑問文を使って話せ」とは言えないじゃん。。(あ、授業中に「あなたの書いた文章は間違っている」と言ったら嫌われました(爆)っていうか、他の人の文法力って本当にめちゃくちゃなんだもの。。明らかに副詞なのを動詞として使ってたり)ただでさえ、わたしはクラスで浮いた存在なのに(苦笑)

っていうか、家では話せない自分にへこむから、話さないようにすればいいんだろうけど、やっぱこうした方がいいっていう意見はあるので、言わざるを得ない。で、すぐに「なぜ?」って聞かれるから、それに対する答えも用意しておかなければならない。

ホストの人は英語の先生だから、学校に対しても厳しくて、んなことわたしに言われたって困る、というようなことを言う。なんかわたしを通して学校を見ているので、わたしの評価がよければ学校の評価も上がって、そうでなければ下がるみたいじゃん。。なので、ホストの人と話すときはとても緊張する。緊張すると頭の中が混乱して、余計に何を話していいのか分からなくなる。緊張すると、向こうが話していることもよく分からなくなる。。悪循環だ。

まぁ、なんというか、学校より家の方が勉強になるとでも言うのか。しかし、落ち込んでいるときにこういうことを言われるとさらに落ち込むよなあ。ただ、わたしがちゃんとした文章で話そうとしているのが分かると誉めてはくれたんだけどね。で、わたしの言った言葉を正しい言葉に直してくれたりする。それはとても嬉しいし、ラッキーなことなんだろうけど、今は落ち込んでいるので、なかなか頭に入ってこないんだよな。。。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、だけど全部覚えきれるわけないじゃんと思うと、やる気がなくなってしまう。彼女から「それでもコツコツやらなきゃ」って言われるんだけど、先が見えないのでやる気になれない。英語なんかもうたくさんだ、とつい思ってしまう。

ってわけで、ここにきてからしばらく、睡眠剤なしでも眠れてたんだけど、昨日からまた眠れなくなっている。で、さらに追い打ちをかけることを今日言われたので、今夜も眠れるかなあ。。眠いんだけど眠れないのよね。参ったなあ。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:48 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-16 Sun , 2007
海を見に行った
今日もいい天気だった。

昨日は一日家にいたので、今日は出かけることにした。行き先は、、とあるところだったが、道を歩いていたら左手に海が見えたので、海を見に行くことにした。

'070916海







そこはどうも砂浜があるビーチで、しかも公園らしきところもあり、たくさんの人が家族を連れて、または恋人同士で来ていた。海はマリーナのようで、何隻かのヨットやプレジャーボートが係船してあった。なんとなく見たことのある風景だと思って、少しの間、懐かしく思った。

砂浜で人々が座っていたので、わたしもハンカチをお尻に敷いて座る。砂浜の砂がとてもきめが細かく美しい。砂を手で触っていたら、知らないうちに小山ができてなんか胸を触っている感じがしてきた(^^;あわてて砂を平に戻す。

'070916砂浜







この砂浜を見ているうちに「もしかしたら、この浜は人工砂浜かも知れない」と思われてきた。どうも周囲が不自然なのだ。

'070916作られた海?







周囲が断崖絶壁なのに、ここだけ砂浜があるというのはどう考えても不自然だ。それに砂浜が波で削られて急に深くなっているのも気になった。

わたしは少し歩き出して、奥の方にいった。そうしたら、何やら文章が書いてある説明台があった。読んでみると、ここは'26年まで潜水艦の基地だったらしい。その後も'96年まで、海軍の訓練所があったらしい。やはり、あの砂浜は人工砂浜である可能性が高いと思った。

歩いていたら、なんと「NAVY OFFICE」と書いてあり「関係者以外立ち入り禁止」と書いてあった。皆が楽しんでいる砂浜のすぐ横に軍事施設があるとは思いも寄らなかった。そうか、わたしは軍隊の存在する国に来ているのだと改めて思った。そしてこの国の人間でないわたしは、わたしを守ってくれるはずのないこの軍隊がとても恐怖に感じられた。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

21:44 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-15 Sat , 2007
明日、天気になあれ!
241eb266.JPG













今日のシドニーはめっちゃ晴れてた。ただ、最高気温は21度だったそうだ。明日は23度らしい。mixiの天気予報によると、東京は今日の最高気温が32度だそうだから、まだまだ暑いらしい。

こっちの天気のことはほとんど何も知らなくて、今後、どうなるのかは全く知らない。ただ、以前同居人に「夏はどのくらい気温が上がるのか」と聞いたら「40度くらいまで上がるときがある」って言ってたから、ひょえーと思ってるけど、本当にそんなに気温が上がるのだろうか(1年住もうって言うのに、事前になんの勉強もしてこなかったわたし。結構脳天気(^^;)。取り敢えずは日本の季節の逆と思ってるから、今は冬の終わりか春の初めってことになるんだろうか?しかし、寒いのが嫌いなわたしにとっては、今よりももっと暖かくなって欲しいのは事実で。

なんてったって、ここの天気って、すげー変わりやすくてびっくりしている。昨日は割と暖かかった日なんだけど、学校が終わって帰ろうとしたら、いきなり一天にわかにかき曇り、って感じですごい雷雨に遭遇した。ちょうどバス停でバスを待ってる途中だったんだけど、ホント、土砂降りで。風も強くて傘なんか差しても絶対に無駄って感じの雨だった。ただ、そういうのに遭遇したのは初めてだった。いつもは通り雨みたいな感じで、降っても一時的でそれもすぐに止んでしまう。わたしはいつも傘を持ち歩くのを習慣にしているから、雨が降ったら傘を差すんだけど、こっちは傘がいるほどの雨ってほんの一瞬で、それだったらどこかで雨宿りしても全然構わない感じがする。

ああ、夏になったらどんな天気なのかなー?今後の天気の展開が予想できないなんて、初めての経験でドキドキしている(笑)いつ頃から暑くなるのか、何度くらいまで上がるのか。今までずっと北半球にいたから、これからの季節は寒くなるのが当たり前で、これから暑くなるなんて信じられない。

そうそう、明日は札幌でパレードが行われるそうだ。我がBrass MIX!も札幌でパレードに参加することになっていて、もう現地入りした人もいるだろう。わたしも去年は参加したけど、札幌は本当に楽しかったなー。打ち上げのジンギスカン食い放題が楽しかった(爆)札幌遠征で初めてBrass MIX!のメンバーと親しくなった気もする(笑)ほれ、わたしって人見知りするからさ(爆)

その札幌の天気、明日の早朝までは雨が降るという。それから徐々に雨は止んでくるんだけど、やっぱりパレードは晴れる方がいい。ってことで、今日は持っているものを取り敢えず使って、てるてる坊主を作った。こんなの作るのはいつ以来だろうって思うけど、今のわたしにはそんなことしかできないから。

今日のシドニーの晴れが札幌の明日の天気になればいいな。札幌パレードに参加される人たちみなさんが楽しめるようなパレードになりますように!そしてBrass MIX!のみんな、楽しんで吹いてきてね!遠いシドニーの空からみんなのこと思ってます。

【画像】窓から見るシドニーの青空とてるてる坊主

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

20:47 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-14 Fri , 2007
実は
ここに来てから、4週間目に突入したけど、実はまだ腕時計の時刻は日本時間のままだ(シドニー時間=日本時間+1時間;今は。ここにはあとサマータイムがあるらしい)。っていうか、以前、イギリスに1ヶ月いたときも腕時計の時刻はずっと日本時間のままだった。これは別にわざとそうしたんじゃなくて、時報を知らないからだったんだよな~。。

わたしは昔から秒単位まで時刻を合わせないと気が済まないタチなので(これって社会人野球観戦の時の試合開始/終了時刻を知るためにはとても都合がよいのだ(^^;)、日本にいるときはいつも117に電話をかけて時刻を合わせていた。ところが日本以外の国の時報の電話番号って知らないんだよな(当たり前)。だから、ここに来た当初、時報の電話番号をいろいろな人に聞いてみたんだけど、なんと「昔はあったけど今はない」とか「知らない」って人ばかりで、もしかしたらここには時報を知る電話番号ってないのだろうか??聞くところによると、みな駅の時計やテレビの時報で合わせているという。うひょー、そうなのか。。

そういえば、サマータイムと言えば、わたしがイギリスにいたとき、突然ホストの人から「わたしたちは時間を失いました」と言われてびっくりしたことがある。「これがサマータイムかぁ」と思った。わたしは初めてのことだったので混乱したが、現地の人は当たり前に1時間、時刻を早めていた。日本に帰る直前だったので「飛行機の時刻を間違えないように」と言われた記憶もある。ここでも来月中にサマータイムになるらしいが、めんどくさいなあ(^^;日本との時差が+2時間になる。

で、PCの時刻とiPodの時刻はタイムゾーンを変えるだけなので、こちらに着いた直後に変えたが、腕時計だけは変えられず。今、ようやくPCがネットに繋がったので、変えようと思っている。そう、わたしのPCは起動するたびにタイムサーバと同期をとるので、時間はほとんど正しいんだな。ただ、目覚まし時計を一つ持ってきたのだが、これは電波時計なので、はっきりいって時刻の変え方を知らない(汗)しかも、どこかから電波を拾ってきているらしく、時刻は日本時間のままで動かない。というわけで、目覚まし時計だけはずっと日本時間のままである。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:13 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-13 Thu , 2007
日本の英語教育について思うこと
って、いきなりこんな大それたことを書いても大丈夫なのかと思うけど(爆)しかもここに来てからまだ1ヶ月も経ってないし。まだ、聞けもしないし話も全くできないんだけど、取り敢えず思ったことがあるのでそれを。でもこれはわたしの全く個人的な意見だし、自分の体験の中で考えたことなので、一般論ではないことをあらかじめ言っておく。

何かと批判が多い日本の英語教育だけど、わたしは案外今のままでも大丈夫なんじゃないかなあと思っている。すなわち、英語教育は中学以降からで十分なんじゃないかと。

わたしは学生の頃から英語は大っ嫌いだったし、今でも英語は大っ嫌いだし、将来にわたっても好きとか嫌いという類のものではないと思っている。だって、わたしは日本語を話せるけど、別にだからといって日本語が好きで話している訳じゃないから。もちろん中には英語などの語学が好きって人もいるだろう。けど、わたしにとっては学生時代、英語は全く興味の持てない科目だった。ま、先生の当たりが悪かったってのもあると思うけど。現に中学時代、全く好きじゃなかった数学は高校の先生によって大好きな科目に変わったし(^^;(不純な動機です)

で、日本に住んでいる限り、英語を話す必要性なんかほとんどないから、それはそれで構わないと思う。わたしも彼女と出会わない限り、英語なんかやる必要はないと思ってたし。日本に来たんだったら、日本語話せ、と思っている。第一、日本に来た外国人がすべて英語を話せる訳じゃないのだ。ドイツ語しか話せない人だっているだろうし、フランス語しか話せない人だっているだろう。そういう人のためにわたしはドイツ語やフランス語を学ばなければならないのか??

日本の英語教育は読むことが中心で、だから話せないことになっている。けど、話したいことがないのに何を話せと言うのだ?話したいことがなかったら話すことはできない。話したいことというのは、実は英語じゃなくて日本語をもっと話すことだと思う。それに伴って必要なことは、自分の意見を持つこと。そして自分の意見を持つということは、英語以外の国語や数学、物理、化学、生物、地理、歴史(日本史、世界史)、要するにありとあらゆる科目を勉強することだと思う。よく「数学や物理なんか自分の人生には関係ない」と言う人がいるが、それは間違っている。数学は単に数字の計算だけではない。数学や物理というのは物の考え方なのだ。

例えば、風呂にお湯を入れるとする。最初、少し経ってからお湯の量を見る。それで「あと何分くらいでこの辺までいくだろう」と推測する。それは、立派な一次関数の概念である。わたしたちは知らず知らずのうちに数学の概念を生活の中で使っている。だから数学を勉強することは決して無駄なことではない。あ、話が逸れた(^^;

話したいことがあって、初めて人は話すことができる。だから何も話すことがないのに言語の教育をしたって無駄だと思う。あ、母国語は別ね。だから、まず第一に必要なのは、国語、算数、理科、社会。英語はその次でいいと思う。で、日本の英語教育は文法に重きが置かれている。でも文法ってとても大事なものだとここに来てよく分かった。やはり文法は大切だ。文法を知らないと細かいことが伝わらない。といっても今のわたしは徐々に文法を思い出している最中で、しかもすべての文法を理解している訳じゃないので(例外が多すぎる!!)、こんなえらそうなことは言えないんだけどね(^^;でもここで習う文法って例外をやらないから(今のところは)、実はわたしにとってはとても簡単な問題だったりする。

わたしは受けたくもないのに大学院試験を3回も受けていて、その受験勉強のために、取り敢えずたくさんの英語の文章は読んだ。試験というのは何か書かないと点にはならないので、とにかく英語の文章がすべて理解できなくても、構文さえきっちり抑えておけば、あとは英語混じりで訳そうがそれは構わない、とにかく白紙で出すより何か書かなければと思って、その訓練を行った。分からない単語は推測した。その推測は時によって全然異なっていることもあったが(汗)その経験が実は今、すごく生きているなあと感じている。受験のテクニックってとかく批判されがちだが、何が何でもどうにかしようという精神はここに来てとても役立っている。人生、何事も無駄じゃないんだなって気がする。

英語の授業を小学校から取り入れるんだったら、もっと他の科目に力を入れた方がいいとわたしは思う。中途半端に英語をやるんだったら、自分で考える能力を身につけた方がいいと思う。物事を考えるためには、基礎的な知識がなければならない。基礎的な知識こそもっと教えられるべきだとわたしは思う。それは何も英語のためじゃなくて、その人の人生にかかわることだから。そして試験や受験も仕方がなくやってたけど、知識を定着させるという意味では悪いことではないのではないかと思う。だって試験がなければわたしなんか絶対に勉強しなかったと思うもんね(^^;

ってわけで、学生時代に習う英語をちゃんとやっておけば、あとはなんとかなるもんじゃないかなって思ってたりする。今のわたしに足りないのは語彙力。とにかく単語を知らないと何も話せないことを痛感する。そして、その単語の持っているニュアンス。これだけはどうもパッとは分からないので、これからだろうな~、、英語の持つ単語の意味とその日本語訳って1対1じゃないことを今、とても痛感している。そしてそのニュアンスの違いって、やはりその国に行ってみないと分からないんじゃないかなと思う。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:08 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-12 Wed , 2007
なんと
さっき、テレビを見ていたら「日本の首相が辞めた」と言っていたのでびっくりした。なんだー、ついに辞めたのか、安倍首相。っていうか、実はこういってはなんだけど、今、衆院は解散しないでねという気持ちがわたしには強い。だって、ここに住んで3ヶ月経たないとわたしには選挙権がないから。しかも、3ヶ月経っても選挙権がない恐れが120%くらいある。

というのは、ついこの間、在シドニー日本国総領事館に行って在留届と在外選挙の選挙登録をしてきたところなのだが、選挙登録は住んでから3ヶ月未満でも選挙登録の受け付けはしてくれるらしい。が、わたしが3ヶ月住んでいることを確認してから、日本のわたしが最後に住んでいた市区町村の選挙管理委員会に大使館が届けるらしい。で、選挙管理委員会がわたしのところに在外選挙人証というのを送ってくるらしいが、これが送ってくるのにはさらに4~5週間かかるらしい。窓口で「では、3ヶ月経ったあとで、まだ在外選挙人証が送ってこなくても、選挙はできるんですか?」と聞いたら「できません」と言われた。。orz

しかし、3ヶ月経たないとってのは、まぁ決定事項だから仕方がないにしろ、なんでそれから4~5週間もかかるのかしらん?というか、その間、選挙ができないってなんだかおかしいような気がするんだけど。。ただ4~5週間ってのは、多分、最大限待って4~5週間なんだろう。今後の動向が非常に気になるところではある。

そういえば、今日の授業はもう一人の先生(どうやら2人の先生で受け持たれているようだ)だったんだけど、今日は圧倒的に授業が分かりやすかった。。うーむ。イギリス人だからか?(苦笑)あ、だけど今までのクラスの先生2人はオーストラリア人みたいだけど。んで、今日は「付加疑問」をやったんだけど、付加疑問って中学の最初の頃にやらなかったっけ。現在完了の方がもっとあとにやった記憶があるんだけど、一体、どんな順番でやってるんだろう?って感じがする。まぁ、英語で何をいつやったかなんかはホント、よくは覚えてないんだけどね。

で、なんだかどさくさにまぎれて(苦笑)、先生と香月くん(違)とフランスから来た17歳にカミングアウトした(爆)ただ、17歳は、ワーキングホリデーで来ているらしく、1ヶ月しか学校には来ないそうだ。残念~(←オイ)先生は、中野に1年ほど住んでいたらしい。どうもわたしの名前を外国の人にしては珍しくすらっと言えたと思ったよ。というのは、わたしの名前ってどうも発音しにくいみたいなのよね。おまけに日本人の名字って彼らにとっては非常に長く感じられるらしい。そんだったら「武者小路実篤」なんかは絶対に覚えられない名前だろうな、なんて思ったりする(爆)ただ、、わたしとしては、名字で呼ばれることに慣れているので、名前で呼ばれることに非常に抵抗感がある。多分、これは1年ここにいても同じだろうな。

まぁ、カミングアウトしたのは、おそらくこのクラスには何週間もいると思ったから。何週間も隠し通せる自信が今の自分にはない。香月くん(違)はその後「誰と一緒に暮らしているのか」とか「結婚してるのか」とか聞いてきたから「パートナーと一緒に住んでいるけど、わたしたちは結婚できない」と言ったら納得していたようだったか、本当に納得してくれたのかな(苦笑)

今週から、午後は選択授業で、わたしは「スピーキングとリスニング」を選択した。って言うか、今のわたしに不十分なのは、スピーキングだからね。だけど、蓋を開けてみれば、日本から来た人と韓国から来た人が圧倒的に多かった。。まあ、この2つの国は言うなれば、英語とは語順が違うので、やはり話せないんだろうなと思う。しかし、あまり日本から来た学生とは話したくなかったんだけど(苦笑)仕方ないかな~、、

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:04 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-11 Tue , 2007
クラスが上がってしまった(汗)
実は昨日までで一旦、クラスが終了だったのよね。テストをやったのもそのせいだろう。何週間に一度やるのかは知らないけど。で、今日からまた新しいクラスが始まったんだけど、その前にテスト結果でクラスが変わった。前々からホストの人に「まだ始まって2週間しか経っていないから、クラスは変わらないだろう」って言われてたのね。で、わたしもそのつもりでいた。

前にも書いたけど、わたしはpre-intermediate、いわゆる「前中級者クラス」にいて、これは多分、elementaryの次に下のクラス。その上の中級者クラスは2つに分かれているみたいで、おそらくintermideate 1とintermideate 2というクラス分けになっていたはず。

朝、わたしは学校に行ってクラス分けの紙を見てみたんだけど、どうやら今週から20人くらい増えるらしく、中級者クラスがさらに2分割づつされて、intermideate 1B、1A、intermideate 2B、2Aって順番に難しくなっていくようだった。っていうか、もちろん最初に、今までいた「前中級者クラス」を見てみたんだけど、名前がなくて。さらに次にもなくて。まさか下に落ちたんじゃないだろうなと思って下を見てみたけどなかったので、すげー焦ってしまった。んで、まさかと思ってその上を見たら、なんとintermideate 1Aになっていた(汗)確かに早く上のクラスに行きたいと思ったが、まだまだほとんど1週間しか授業を受けていなくて、ほとんどしゃべれないというのに、中級者クラスになってしまった(汗)

んで、今日は早速、授業を受けてきたんだけど、、む、難しい(汗)なんというか、今までは授業で「今日は現在完了」「今日は最上級」っていう文法を主にした授業だったのに、そうじゃなくなっている(汗)えー、わたし、まだまだ文法は全部思い出してないのに。。最後は英語の歌の歌詞の聴き取りとか。いや、これは昨日も最後の授業でやったんだけど、レベルが全然違う。フツーの英語の歌じゃん。ただし、オーストラリアの歌手らしいが。あ、ただ、全部聞き取りさせるんじゃなく、時折歌詞に空白があって、そこを埋めるだけなんだけどね。あとはグループに分かれて自分の意見を英語で言う、なんてこともさせられたんだけど「自分の人生は映画みたいに激動の人生かと思うか」って聞かれて、確かに振り返ってみたら結構激動の人生だと思うけど、それを言えば、即カミングアウトに繋がるので、他にどうやって答えようかと思っているうちに、何も答えられなかった。。こういうときに「二重の人生」を考えないといけないなんて、おかしいと思うが、こればっかりはどうもならんしねえ。だから、自分のことについて答える質問はとても負担がかかる。

で、教科書も今までのとは違う教科書らしかったんだけど、なんと、新しく入ってきた人は、木曜日まで教科書がないので、プリントしたもので我慢してくれって言われて、そこでもいきなり第4課から始まった。前もいきなり第4課から始まって、そして第4課で終わってしまったのに。んでもって、まだ第1~3課も終わらせてないんですけど。しかも、何をやっているのか分からないので、教科書の前後を見たいんだけど、木曜日までそれはままならないらしい。なんか、自分が何やってんだか分からないので、地図をなくしてさまよっている人のようだ。明日、何をやるのかさえ分からない。うーん。。こんなんで付いていけるのかなとちょっと心配。っていうか、やっとネットにも繋がって、しばらくは生活を落ち着かせようと思っていたのに、これじゃ全然落ち着かないじゃん。

新しいクラスは、日本から来た人はわたしともう一人だけ。あとは、韓国から来た人、ヨルダンから来た人、台湾から来た人、タイから来た人、フランスから来た人、そのくらいかな。フランスから来た人は、今日が初日だと言う。歳を聞いたら、なんと17歳だそうで、わたしの年齢の半分以下じゃん。。orzでも、とても人なつっこい顔をして、こっちを向いて笑うので、ちょっとドギマギしてしまった(爆)あ、もちろん、女の子です(←オイ)そうそう、それから、誰かにすげー似てる、誰だろ、誰だろ、と思ったら、香月良太(柳川高→東芝→近鉄(その後、オリックス)だった(爆)ホント、そっくりなんだもん。昼休みにその香月くん(違)から話しかけられて、またドギマギしてしまった(爆)ほれ、やっぱり香月と言えば、柳川高時代に夏の甲子園で智辯和歌山相手に延長で負けた試合は忘れられないからさ。それから社会人野球に来たし。香月の気の強そうな顔も結構好きだったり(って気が多いな(爆))あ、でもプロ入りしてからはどうなっているのかは全然知らなかったり。

しかも、遅刻してきた人がなんと、わたしの友だちのtさんをちょっと背を高くしたような人だったので、これまたびっくり。tさんと香月良太が同じクラスにいるなんてと思ったら、笑えて仕方がない(なぜ笑えるかは、わたしとtさんくらいしか分からんだろう。もしかしたらMちゃんも分かるかな?(爆))。tさんはとてもいい人で、自分の観た野球について、途中経過なんかを未だにメールでくれたりする。なので、なぜかシドニーにいつつ、東都の試合結果なんかを知ってたりする。いつもありがとうね。ここ読んでるかどうか分からないんだけど(笑)>tさん<私信

ってわけで、明日からの授業が楽しみなんだかそうでないんだか。

そうそう、ようやく念願のIBMがネットに繋がりました。っつーか、昨日、NETGEARの設定をやってたんだけど、変に中途半端に繋がって、セキュリティーなしでNETGEARに繋がってしまう(ただし、その先のネットには繋がらず)だったので、とても危険な状態だったのよね。しかも、どーしてもネットには繋がらなかったので、また仕方がなく、技術サポートの人に電話した。電話って苦手。すごい聞き取りにくいんだもん。だけど、技術サポートの人はとても丁寧に教えてくれた。最後の方は自分が知っているであろうと思われる日本語(忘れちまったけど、なんかの挨拶)を言ったりして、こっちが笑ってしまった。本当に感謝。ただ、1時間も話してたので、電話代が気になるところ。。

そうそう、そういえば昨日判明したんだけど、masouの方のメアド(知っている人は知ってるよね)は、受信サーバがいっぱいになってしまって、9月6日以降、11日までのメールは一切届いてません。もし、6日から10日までに個人宛のメールを送って下さった場合、読んでいませんので、再度お願いします。ちなみにもう一個(こちらも知っている人は知っている)の方は大丈夫です。っていうか、最早2つのメアドを使い分けているメリット(?)がなくなってしまって、どうしようかな~、みたいな。ただ、どちらも10年近く使い続けてきたもんだから、愛着はあるしねえ。。ってなわけで、ネットも繋がったことだし、これからはちょっと落ち着いて英語の勉強をしようっと。

あー、それから、タウンホールの近くにある建物って、市庁舎でした。。orz考えてみれば、タウンホールってそういう意味なのよね。市役所=シティーホールだと思いこんでたから、まったく気がつきませんでした(苦笑)ただ、市庁舎の横に教会(寺院)があるのも確かなことで。全部同じものだと思ってました。知らないってことは怖いもんだ。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

19:51 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-10 Mon , 2007
やっとネットに繋がった
と言っても、わたしのPCが直ったわけじゃないんだけどね(^^;

あれからいろいろあって、結局、チャイナタウンに預けたPCは修理しないまま、取り返してきたのだ。というのは、預けたときの対応に気になる点があったので、どうも信用できないと思ってしまったことと、見積額を請求される日にちを過ぎてからも店から全く連絡が来なくて、やはりその点でも心配になったからだった。あのときはちょうど体調もよくなくて、細かいことを話すことができないと思ったので、ホストの人に「電話して欲しい。そして修理はしなくていいから、すぐに返して欲しいと言ってくれ」と頼んで、電話してもらったのだ。

ホストの人はすごく親切で、朝、授業が始まる前に(ホレ、ホストの人は英語の先生だから)電話してくれて、店がまだ開いていないしこれから自分は授業があるからと言うことをわざわざわたしにまで電話してくれたし、授業が終わってからも「今、電話したが、LANボードがなくて取り寄せている最中だそうだが、それを進めて欲しいか、それとも返して欲しいか」とわざわざ連絡をくれ、わたしが「もう返して欲しい」と言ったら、またわざわざ返事を店にしてくれて、本当に助かった。

で、次の日、店に取りに行ったんだけど、なんかもう、PCグチャグチャな設定になっていて、、店頭で動作確認を求められたんだけど、言わないとアダプターやPCカードは付け忘れてるわ、ハードディスクは抜き取られているわ(これは、わたしがPCを預ける際に「ハードディスクが壊れたら、補償してくれるか」と言ったせいだと思われるが)、PCの中にCDは入ってるわ、もうめちゃくちゃで。やはり日本語システムが読めないからグチャグチャに扱うのかなあと思ったんだけど、それにしてもひどすぎたので、やっぱり直してもらわなくてよかったと思って帰ってきたのだった。

帰ったらホストの人に「金は請求されなかったか?」と聞かれたので「いいえ。請求されませんでした」と言ったら、その点だけはうるさく店の人に言ったようだった。その点でも非常に感謝している。

その前に「もう修理を頼めない」と思った時点で実は、二代目Let's noteくんをここに送ってくれるように彼女に頼んでおいたんだな。。二代目Let's noteくんは、LANケーブルが正常に動くことは分かっていたので。。もう、PCのことではホストの人にも彼女にもずいぶん迷惑をかけてしまった。で、二代目Let's noteくんは、航空便で送ってもらったんだけど、それが木曜日に着いてね。わたしは学校に行ってたもんだから、その日は取りに行けなくて、金曜日はAPECで休日扱いになってしまったもんで、郵便局が休みで取りに行けなかったのだ。

なので、今日、学校帰りにまた再びUnwiredを買い、そして郵便局に寄って帰ってきた。Unwiredは軽く繋がりました、ハイ。今までの苦労が何だってほど。だけど、二代目Let's noteくんは小さすぎて使いにくいので、これを使って前に買ったNETGEARのワイヤレスを使おうといろいろ設定してみたんだけど、どうやら設定の仕方を間違えたようで、ちょっとヤバイことになってる(汗)なんで、これはまた明日にやるつもり。

一応、家でネットに繋げることができたので、ホッとしている。

そうそう、デモ行進について、一昨日の新聞だったかな、載っていた。その前に翌日のテレビで「参加者3千人」と言っていたので「3千人??1万人じゃないんですか?」と聞いたら「3千人と報道されているが、警察発表は5千人だった」と言われ「これは『プロパガンダ』だ。新聞社は政府から金をもらっているのだ」と言われた。その後で新聞を読んでみたんだけど、やっぱり「主催者側は1万人と発表したが、警察は3千人に近い数字と発表した」と書いてある。うーん。わたしには警察の発表が5千人とは確認できなかったので、5千人かどうかはよく分からないが、、しかし、5千人ってのは、結構妥当な数字で。。前の日記に主催者側の発表についての数字を「厳しく見ても5千人から1万人」と書いたが、当局(警察)側は厳しく見た上で5千人、主催者側は少し多めに1万人と発表したと考えると、やはり5千人から1万人の間だと見るのが妥当だろう。

しかし、テレビ報道も主に警察に刃向かって逮捕された模様しか写してなくて(ただこれも、全部ニュースを見たわけではない)、なんだかちょっと「違うじゃん」と思った。なんてったって、わたしがデモ行進をしたときは逮捕者なんていたのかと思うほど平穏だったのだ。テレビを見て「あれ、逮捕者がいたの?」って思うほどだったんだけど。。これに関連して、いろいろ考えたことがあるのだが、まぁそれはまたの機会にしておこう。多分、ここではそのことについて、何回も考えさせられることになると思うから。。

あとはシドニー市民の数を一桁間違えておりました(汗)何十万じゃなく、約400万人いるのだそうです。考えてみたら、随分多いのね。日本で言うと横浜市以上いるのか。失礼しました(汗)

ということで、取り敢えずはホッとはしてるんだけど、やっぱりIBMが繋がらないことにはね。。ってことで、明日また頑張ろう。。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

21:07 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-08 Sat , 2007
デモ行進に参加した
UNFUCK







昨日の昼に家でカップ麺(以前、スーパーで買った)を食べたいたら、ホストの人に「今日のシドニー市内はまるでホロコーストのようで誰もいなかった」「車を運転していたら、検問にたくさん引っかかった」「明日、デモ行進があるんだけど来ないか」と言われた。「何のデモ行進?」と聞くと「APECとブッシュにNOというデモ行進だ」と言われたので、ふうんと思ったが、そのときはデモ行進はどこからどこまで歩くのかとか、何時から何時までやるのかとか、家を出るのは何時かとか、そういう基本的なことを聞いておいて、返事は明確にはしなかった。が、その後、彼女に「デモ行進やるんだってさ」と言ったら「ろんたこは、APECの事情はよく分からないかもしれないけど、ブッシュは嫌いでしょ。行ってきたら」と言われて、一体どういう組織がやってるのかとか、どういう人たちが集まっているのかとか、そこら辺のことも知りたいなと思って、夕食前だったかな「明日、デモ行進に参加したい」とホストの人に言った。そうしたら、すごく喜んでくれた(苦笑)

夜、ホストの人が「今日はインターネットにつながらない。これもAPECのせいだ」と怒っていたけど、以前、ニュースを見ていて「ガソリンの値段が上がっている」と言っていたから「なんで値段が上がっているのか」と聞いたら「APECのせいだ」と言うから「なんでAPEC?」と聞いたら「それは自分の方が知りたい」と言われてしまって。。なんだか全部APECのせいなのね、と思っていた。

今朝起きて、車でシドニー市内へ。ホストの人と同居人、そして行きがけに友達をピックアップして行った。途中、壊されている信号機などを見かけた。それを見たホストの人は「ウェルダン、ウェルダン」と喜んでいて。。正直怖いと思った(苦笑)デモ行進をするのはタウンホールからと言うことだったけど、途中で既にデモ行進をしている人たちがいたので、そこに紛れ込む。というか、まずびっくりしたのは、そこにいた人たちが、どう見ても高校生にしか見えないほど若かったこと。彼らはラップ調のリズムでいろいろ叫びながら(残念ながら、少ししか聞き取れなかった)歩いているんだけど、なんと言うか、、慣れてるのよね。で、どうもAPECについてというよりは「戦争反対」を叫んでいた。「誰が戦争を止められるか?」(Who can stop the war?)「私たちが止められる」(We can stop the war.)と言うのが印象的だった。あとは仕切りに「ブッシュとジョン・ハワードはテロリストだ」と叫んでいたな。

どうやらこれがデモ行進なのかと思ったら、違ったみたいで。彼らと共にタウンホールの駅まで行った。そこには人が集まっている。また、たくさんの人が集まってくる。わたしたちの後から次々と旗やプラカードを持った人たちのデモ行進の列が来るんだけど、一体、何の組織なのかさっぱり分からない。わたしたちは歩道を歩いていたんだけど、そのデモ行進は人がいっぱいいて、どうやら道路を歩いてきたようだ。

タウンホールの前の教会(←多分。まだ何の建物なのかよく分からない)の前でボーっとしていたら突然「Homophobia」という文字が見えたので「あれっ?」と思ったら横断幕にピンクトライアングルの上から「Homophobia aids war」って書いてあった。なんとゲイ団体も参加していたのね。これにはびっくりした。一見、なんも関係ないと思っていたものって繋がってるものなのね。取り敢えず配っていたチラシをもらって、あとは署名を募っていたので、署名した。わたしが日本から来たと言ったら、えらく喜ばれた(笑)やはり彼らも何らかのレインボーカラーを身に着けていた。例えば、ジーンズのベルトとかね。ただ、レインボーカラーって、平和の象徴でもあるから、ここかしこでレインボーカラーを見かけた。なんかね、これを見ると正直ホッとする自分がいた(笑)ホストの人に「ここにいるか、それともわたしたちに付いて来るか?」と言われたので「付いて行く」と答え(だって、いきなり怖いじゃん(笑))、少し離れたところに移動した。そうしたら、集会が始まった。

うーん。。いろいろな人が話したんだろうけど、今のわたしの言語理解能力を超えていた。。ただ分かったのはここの人たちは「APEC=ブッシュ」「ブッシュが来なければこんなに市内が閉鎖されることはなかった」「ブッシュ=イラク戦争=戦争反対」ということで集まっているらしかった。

話がよく分からなかったので、参加している人たちを観察していた。本当に老若男女を問わず、だった。中には子供を抱いたお母さんらしき人もいたし、お父さんらしき人もいた(ただし、お父さんとお母さんと子供、という組み合わせはわたしは見なかった)。小学生か中学生かよく分からないけど、そういう子供も親と一緒に来ていた。それから、若い人たち、お年寄り。彼らは本当にいろいろなプラカードを作って持ってきていた。やはり「戦争反対」系が多かったかな。ただ、少し気になったのは白人系が圧倒的に多いことね。シドニー市内を歩いていると、ホント、様々な人たちがいる。まぁ、中には観光客も多いんだろうけど。これは一体どういうことなんだろうなあと思って考えていた。

集会では怒っている人が多いと思った。なんせ、何を言っているのかほとんど分からないので、どういう口調で話しているかで推測するしかない。演説の切れ目ではほとんど参加者からの拍手が聞こえる。うー、、何を言っているのかよく分からない自分がすごく悔しかった。

あと、取材陣がものすごく多かった。取材かどうかは分からなかったが、上空にはヘリコプターが飛び交っていた。そうそう、行く先々で警官もビデオカメラでデモ行進の模様を撮っていた。あれで誰が参加したかを解析するんじゃないだろうな。。

最後に主催者側でデモ行進参加者の人数が発表された。なんと1万人(10千人と言っていたので、そうよね)だと言う。ホストの人は「警察は当初、1千人しか参加しないだろうと言っていた」と言っていた。

その後、タウンホールからPark st.に沿って、ハイド・パークまで参加者がデモ行進をした。これが本当の公式(?)なデモ行進なんだろうと思った。しかしね、なんというか、かなりゆる~いデモ行進なのよね。整然と列を作って歩くんじゃなくて、適当なのよ。道の左側で太鼓や空き缶などの「鳴り物」を叩いて、その周りに踊りながら行進していたり、そのすぐ右側では赤い旗を持った人たちがシュプレヒコールをあげながら行進していたり、なんかまとまっているのかまとまっていないのかよく分からない感じ。踊っている人や太鼓を叩いている人たちは、本当に楽しそうでちょっと不思議だった。アフリカに住んでいる人たちなんかは、楽しいときも悲しいときも音楽を使って表現すると聞いたことがあるが。なんかそれに似たようなものなのかな。

最後は公園に着いて、そこで流れ解散。なんだかあっ気なかった。そこでホストの人は仕事があるからと言うので別れて、わたしは一人で昼ごはんを食べた。確かに今日のシドニーは警官がたくさんいて、道がところどころ封鎖されている。向こうに渡りたいと思っても渡れない状況にある。これは、市民だったら怒るだろうなと感じた。

だけど例えば日本でサミットが行われた場合って、たとえ東京で行われようが東京都全体の道が封鎖されるわけではなく、テレビで見て初めて「ああ、こんなこともやってんのか」程度の感覚しかないので、実に不思議なのよね。多分、永田町辺りはすごいんだろうけど、本当に規制されるのはごく一部なわけで。一般市民が生活を阻害されたと感じることはほとんどない、日本(いや、東京?)の場合は。なんでこんなに物々しく警備をしているのかと言う印象は否めない。まぁ、そのどれもこれもブッシュのせいとシドニーの人たちは言うんだろうけどね(苦笑)

しかし、参加者1万人かーと思い返してみたら、、今年の東京プライドパレード(これはパレードと称しているが、多分、警察ではデモ行進扱い)でさえ参加者2,800人(沿道参加者1,500人を含め4,300人と東京プライド側は発表)ではないか。この差は何なんだろうと思って唖然とした。東京都民だけでも1,000万人はいるのだ。かたやシドニー市民は何十万人しかいないだろう、多分。なんという差なのか。主催者側の発表は多めに発表するだろうから、1万人というのはすごくきつく見て5,000人~10,000人の間。にしても、東京プライドパレードの全参加者よりも2倍は多い。しかも、東京プライドパレードでもそうだったが、今年のIDAHOのイベントの参加者はやけに外国人が多いなあと感じていて。。そうそう、こういうイベントの参加者って外国人が多いなあと思っていたのよね。これって基本的な人権意識の違いなんだろうかと少し考えてしまった。

確かに日本のデモ行進(東京プライドパレードはデモ行進って感じはしないけど)とはぜんぜん違って、なんかゆる~い連帯感があること、さまざまな団体が参加している(と思われる)こと、親が子供を連れていて、そういう場で人権感覚を養っているのだろうと思われること、ああ、あとは演説の場所で平気で「resist」「protest」「resistance」「right」って言葉が使われるのだ。彼らにとってはこのようなことは当たり前の感覚で、当たり前の要求をしているに過ぎないのだろうと強く感じた。まず日本では「抵抗」とか「反対」って言ったら、いい意味には取られない。小泉反対派が「抵抗勢力」と呼ばれてどんどん印象を悪くしていったのがいい例だ。そして、日本の場合、デモ行進をするのはごく一部の人たちで、しかもそういう人たちはとても特殊だと思っているし、実際にもそうなんだろう(と思う)。そしてそういうデモ行進に参加している人たちは一様に顔が固く、怒りに満ちた顔で歩いているという印象がわたしの中にはある。だから、そんなところには参加したくないと思うのは、ある意味当然のことじゃないかと思ったりする。それよりもこんな風に平和団体だけではない人たちが、ごく当たり前な顔をして楽しみながら参加するようなデモ行進が日本にも存在すれば(東京プライドパレードなんかはこれに近いものを感じるが、しかし既にマルディグラは完全なお祭りだからなあ)、一般市民の人たちの中でも割と人権意識や自分たちの権利意識が身近なものに感じられるのではないかと思った。まぁ、ちょっとしたカルチャー・ショックではあった。もしかしたらここに来て初めて感じた大きなカルチャー・ショックだったかも知れない。

今日見たプラカードの中で一番印象的だったもの。

「This is my democratic right」

【画像】デモ行進で買ったバッヂ。「UNFUCK」とは「解決する」みたいな意味らしい(?)

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

13:53 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-06 Thu , 2007
便りのないのは
便りのないのは元気じゃない証拠です、ここではまだ。

っていうか、あの日記を書いた日に風邪でぶっ倒れました。日曜日は家でおとなしく寝てたんだけど、前に風邪を引いたときに買った体温計がどうも調子がおかしくて、熱が出てるような気がして測ってみても36.6度しかなかったし、まぁ平気なのかなと思って、月曜日はテストを受けに学校に行ったのよね。

そうしたら、テストを受けている最中に、どうも頭がクラクラして、、テストが終わってからクラスでビデオを見ましょうってことになってたんだけど、どうも耐えられそうにないので、学校は早引けして、医者に行くことに決めた。あ、そこは日本語で通訳してくれる病院だったんだけど。「熱があるみたいだけど、ここに来て買った体温計で測ってみても36.6度だった」と言ったら熱を測ってくれて、見たら37.7度だった。わたしにしては、すごい熱が出てるようで(だいたい、こないだ東京で熱を出したときでも37.5度だったし)、その数字を見ただけでぶっ倒れそうだった。。でもどうやら二次感染はしていないようで、ウイルス感染だったら抗生物質は効かないから薬は出しませんとのことで、一切薬は出なかった。その代わり、よく休んでよく水分を取るようにという至極当たり前なことを言われて帰ってきた。っていうか、帰りに一度も間違えたことのない家までの道を間違えたり、かなり頭がモーローとしてたのは事実。

そのまま月曜日は寝て過ごしたんだけど、実は翌日もテストがあって、、どうしようかなと思ったんだけど、まぁ翌日もテストを受けるだけと思って、かなり無理して行ってきた。月曜日の夜から食欲が全くなくなって、ほとんど何も食べられない状態になった。火曜日の朝は食べたけど、やっぱり火曜日の夜も何も食べられなかった。ただ、火曜日の夜は少し状態がよくなってきたかな。それまではほとんど何も考えられない状態で。少しよくなってきたときに初めて「彼女に会いたい」って強く思った。そうしたら彼女の夢を見たんだよね。「ああ、夢で彼女に会えた」と思って最初はすごく嬉しかった。けど、今は悲しい。っていうか、内容がちょっと今の自分の気持ちが強く打ち出されたものだったんで、それに対してね。わたしはここに来てから特に自分の住んでいたところに帰りたいとは一度も思ったことがなくて、そういう点では「ホームシック」ではないんだけど、それ以来、すっかり「彼女シック」になってしまった。

何を見ても彼女を思い出してしまって仕方がない。ただ彼女に会いたいとは思うけど、わたしは自分の住んでいたところには帰りたくないし、実は彼女もここには来てほしくないと思っている(飛行機事故が怖いから、飛行機には乗ってほしくない)。この気持ちをどうやって言い表せばいいのかよく分からないのだ。寂しいといえば寂しいのかもしれない。けど、寂しくはないような気はするし、心細いわけでもない。でも彼女の声は絶えず聞いていたい。彼女が今、何を考えているのか知りたい。何をしているのか知りたい。わたしのことも聞いてもらいたい。うーん。。気持ちがうまく言葉にできない。が、彼女のことを思い出すと涙が出てきて困る。

本当は彼女は9月にこっちに来るかもって話もしてたんだけど、彼女は今のわたしの状態を見て「行かないほうがいい」と思ったみたいだし、わたしもそう何回もこっちには来てほしくない。ただ彼女は年内か年末年始にこっちに来ようかなって言ってる。

そういえば、もうすぐ彼女と付き合い始めて6年半になる。付き合い始めて半年になったとき、わたしは東京に行って彼女と一緒にフランス料理を食べに行った。つい、こないだのような気もするんだけど、もうあれから6年経つんだな。。去年は札幌パレードに行ったよね。来年は札幌パレードに行けるんだろうか。

そう、こっちにいるのも多分、来年の今頃までだと思う。それを思うとすごく焦りを感じる。いったい、この1年でわたしはちゃんと英語が理解できて話せるようになっているのだろうか?話せるとすれば、どのくらいまで自分の言いたいことが言えるようになっているのだろうか?人の言っていることは、全く分からないこともあるけど、それなりに分かる。が、自分の言いたいことが言えなくて、もどかしさと悔しさを感じる。で、今の自分の状態が休むしかなくて、それに対しても腹が立つ。

最近、あまり食べてないので、ジーンズのベルトの穴が1つ小さくなった。今、何キロだろう?実は、ステイ先に体重計が見当たらないので、測りようがないんだけど、でもかなりの確率で大台は割ったと思われる。。

それから、ベッドがどうも自分に合わないというか、小さすぎる。横じゃなくて縦ね。寝ていると腰が痛くなって、3時間で起きてしまう。どうして3時間で起きてしまうのか不思議だったが、どうやらベッドが小さくて足を縮ませて寝ているらしい。この一週間は気がつかなかった。枕が合わないんだったら自分で買ってきたりできるが、ベッドはいくら自分の体を合わせようと思ってもできる代物じゃないし、仕方ないので彼女の勧めもあり、マットを床に敷いて寝ることにした。

ネットが繋がれば、精神的に楽になるとは思うんだけど、今のところまだ見通しが立っていない。

明日はAPECで学校は休みだそうだ。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

13:56 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09-01 Sat , 2007
楽しくなってきた?
PCのことはさておき(って、ホントは早く連絡が欲しいところなんだけど、未だにない。あれから2日経とうとしているのに)、こちらでの生活だが、同居人が帰ってきて結構楽しくなってきた。

一昨日の夜か、同居人が帰ってきたときに、夕食は一人だけ別のものを食べていたので「これが食べたかったのかな?」と思っていたが、昨日の夜も一緒に食べながら、一人別のものを食べていたので、もしかするとこれが普通なのかもしれない。。なんというか、やはり「友だち」だからか、関係がドライなのよね。今日も同居人は掃除をしたらサッサと外に出かけてしまった。

ただ、夕食時にはわたしによく話しかけてくれる。わたしが「日本に帰ったら、大学院で国際人権法について学びたいのだ」と答えたら、なんと彼女は国際人権法の弁護士なんだそうで、、これは早く英語を話せるようになって、彼女からもいろいろなことを教わりたいとか思ってるんだけど、どうかな。そうそう、昨日の夜、同居人にもカミングアウトをした。ただもう既に知っているようだったけど。で「日本にもゲイパレードはあるのか」と聞くから「まぁ、大きなのが3つある。東京と札幌と大阪だ。8月11日に東京でパレードをやったので参加した」と言った。「こちらではマルディグラに参加したいのだ」と言ったら「そうね」って顔をしていた。が、どうもこちらではそれと同時期に女性に関する何かがあるらしいのね(残念ながら「women」としか聞き取れなくて、何について言っているのかは詳しくは分からなかった)。それについてはホストの人が「毎年絶対にマルディグラの2週間前後にやるんだから」とゲイを非難しているのか、そうでないのかはよく分からなかったが、とにかく何かを言っていた。

あと、夕飯時にニュースを見ていたのだが、昨日はイギリスのダイアナ妃が亡くなった日だったのよね。そのことはわたしもよく覚えている。おそらくABCでやったと思うのだが、女性キャスターがイギリスにいるキャスター(よく分からない。わたしは彼女が誰だか知らないから)にいろいろと質問をしているようだった。しかし内容はほとんど分からなかった。が、それを見ていたホストの人と同居人は、それについてあれこれ言っていて、それが面白かった。ただ、テレビの内容について分からなかったので、その会話についてもほとんどよく分からなかったんだけど(苦笑)

でも後で聞くとホストの人はダイアナ妃にはまったく興味がないらしいんだけど(どうやら彼女が嫌いだったらしい)、同居人は興味があったらしく、結構気が合わない二人らしい(爆)そういえば、ホストの人は肉が嫌いだそうで、肉は食べない(ベジタリアンになったわけではなく、単に幼いころから肉は嫌いらしい)。けどわたしは食べるし、どうやら同居人も食べるらしい。ホストの人が「ハンバーガーは好きか」と聞いたので「便利だから好き」って答えたら、同居人の人が同意してくれた(爆)ホストの人はかなーり「健康」にこだわっている人だ。だいたい1日5種類の野菜を食べなければいけないと言って、毎日野菜を食べている。あ、もちろん、わたしも食べているけど。

ただ、わたしは魚より肉のほうが好きなのよね。で、それを言ったら(だって、比較級を使う機会でもあるし)「今までうちに来た日本人はみんな肉より魚のほうが好きだった」って言ってたけど、、ホントかな??それはかなり疑問だ。ビールは確かに好きな日本人は多いだろうけどね。わたしは炭酸が苦手なのでビールは嫌いだ。

ハンバーガーは特に好きってわけじゃなく、これは単なる考えるのがめんどくさいから。だけど、ここのハンバーガーってやっぱり日本とは少し違う。日本のハンバーガーのほうが日本人の口に会っているようだ。あとは昨日、マクドナルドでアイスコーヒーを頼んだら、自動的に甘いコーヒーが出てきてびっくりした。。そういえば、日本でもずーーっと前は甘いアイスコーヒーしかなかったよな、なんて思った。だから、わたしはしばらくマクドナルドのコーヒーは飲まなくて、確か、ロッテリアのアイスコーヒーしか飲まなかったもの。ちなみにロッテリアはここでは見かけない(苦笑)そうそう、あとは日本では3号店が出ることになったんだっけ、クリスピードーナツが普通にあるんだけど、もちろん誰も並んでない(爆)でもあんまり食指は動かないので、食べには行かない。これも日本で売られているのと味は違うのかな。

今日は朝起きて、朝食を食べたあと「シドニーモーニングヘラルド」って新聞を読んだ。って読んだといっても、ほとんどわけが分からなかったんだけど。ただ印象としては、そんなに難しい単語を使っているわけではなく、慣れたら読めるようになるかなという感じだった。しかし、新聞を読んで理解できなかったときのことが思い出されて懐かしかった。あれはわたしが多分、中1か2のときだろう。大阪時代だったから。ちょうどポーランドのワレサ議長がなんとか、という事件がおきて、新聞で大きく取り上げられたことがあった。それがちょうどわたしの休み期間中で、国語の自由課題にわたしは「新聞を読んでみる」ということを取り上げた。が、社会面は理解できるが、国際面はほとんど意味が分からず。。辞書を引いたのにもかかわらず、内容がさっぱり分からなかった、ということがある。一生理解できないもんだとそのときは思ったが、知らないうちに新聞の内容は理解できるようになっていた。言葉って不思議なものだね。

もちろん、今は日本語では新聞が読めるから、英語を読めるようになり次第、新聞は読めるようにはなるだろうが、なんか久しぶりにそんな気持ちを思い出した。

ただ、今は不思議なことに、知らない単語に当たることがすごく楽しい。もちろん、それはすぐに忘れてしまうんだけど。あとは単語のみが楽しく感じられて、文章を読むのは疲れる(苦笑)

会話の中で単語を学ぶこともあって、これも結構楽しい。こちらの方は発音と使い方を一緒に勉強できるので、割と忘れない(と思う)。ただ、やはり英語の会話を聞くときは注意を傾けているので、かなり疲れる。途中から集中力がなくなってきて、そうすると途端に分からなくなる。

朝食を食べた後、部屋で勉強していたら、ホストの人に「これから外で友達と会うんだけど、一緒に行かないか」と言われて行ってきた。本来ならば、出かけるのは嫌いな人間なのだが、まぁ、こういう機会は逃したくないからね。待ち合わせ場所は家の近く(といっても歩いて10分くらい?)のところで開かれているマーケット会場で。でも、その間もいろんな店に出入りした(笑)

しかし、ホストの人は積極的にいろんな人に話しかける人で。。以前「いろんな人と話をする」って言ってたけど、こういうことだったのかと思う。あと結構金遣いが荒い(爆)なんか今週の金曜日はこちらでAPEC(アジア・太平洋経済会議だっけ?)が開催されるということで、金曜日はビデオを見まくると言っていた。わたしが「APECには興味がないのか」と聞いたら「全く興味がない。むしろシドニーで開催されることは迷惑だ。なぜシドニーでやらないといけないんだ。シドニーは首都ではない」と怒っていた(苦笑)あとは「人権には関係ない」らしいので興味がないらしい。でも、経済も結構大切なことだとわたしは思うけど。。

ホストの人の友だちは、やはり同じく外国人留学生を受け入れている家庭らしく、今度韓国人の留学生が来ると言っていた。あと、わたしはマーケットで植木を売っている人に「この人は男か女か?」と聞かれた。向こうはわたしが何を言っているのか分からないと思ったらしく、不躾に聞いてきたんだけど、わたしが苦笑しているのを見て、ホストの人が「話は完璧に分かるんだから」と言っていたが、完璧に分かるわけないじゃん。。というか、そんなこと言ったら友だちに誤解されてしまうじゃないか。。(困)ただ、植木を売っている人のダンナは何回も日本に行ったことがあると言っていた。そして日本で売っているものは高いと言われた。ただ、、最近は円安でこっちのものもあまり安いとはわたしは思わないんだけどね。

3人で一緒に昼ごはんを食べて、それからカフェに入ってコーヒーを飲んだ。その頃には既に集中力が切れていたので、英語は聞き取りにくくて、おまけに周りがガサゴソしてたものだから、話はほとんど分からなかった。

で、ホストの人は帰ったら、そのまま「ガーデニングをやるんだけど、どうするか」と言ったので「わたしはネットをしに行くから」と言って断った。

というわけで2回目の週末になるんだけど、日本にはない雰囲気だったので結構楽しかった。ただ、ホストの人によると、今週はずっと雨続きらしい。そうそう、冬というのに気温は室温でも20度以上あって。。ちょっとびっくり。今日はシーツを代えてもらったんだけど、上に布団(毛布も含む)を何枚も重ねて寝るところを見られて「こんなに掛けて寝ている!」と言われてしまった。っていうか、わたし、寒がりだし。。(苦笑)あとは、なぜか二段ベッドなので、少しわたしにとっては小さいのよね。足が出てしまう。。なので、足元を何重にもしてたんだけどね(笑)

今日は夜、彼女が出かけてしまうようなので、寝る前に話せない。今日は日本語をひとつも話さない日になりそうだ。でも、よく考えたら彼女だって、家で一人でいたらそれこそ一言も話さないわけで。。それを考えると、彼女はもうちょっと家から出て人と会う方がいいのかなと思ったりもする。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

16:07 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08-31 Fri , 2007
ここに来て何日目だ?
そうそう、昨日「日本語で話をしているのは彼女とだけ」と書いたけど、思い返してみれば、こちらに来て現地のエージェントさんと携帯電話の契約は日本語を使ったことを思い出した。でも、まぁほとんど事務的な話だったからねえ。。と言い訳。

なんかあっという間に金曜日になってしまっていたので、今朝はびっくりした。というか、日本を出発してまだ10日は経ってないのよね。でも、すごい濃い毎日を過ごしているので、いつこっちに来たのか分からないほど頭が混乱している。。

あとはなんと言うのか、なんか今まで考えていなかったあらゆることを考えているような気がする。英語のことだけじゃなくて、日本語のこととか。大きな問題も細かい問題もすべて。例えば街中で「Benz」って文字を見るじゃない?(これは店の名前だった)そうすると日本語で「ベン図」(集合体を表すわっかみたいなアレね)ってのが思い浮かんで「なんでそういえば、あのことを『ベン図』って言うのかなあ?」とか。

根本的なことは、わたしが普段、日本語で何気なく使っている表現を英語でどのように言うか、ってことかな。例えばこないだ、PCを預けてきたときにお店の人に「では、よろしくお願いします」って言いたかったんだけど、英語ではなんと言うのかぜんぜん思い浮かばなかったし、わたしの持っている辞書を探しても「よろしくお願いします」にあたる英語がどうも見当たらないのだ。あとは昨日、洗濯を始めてしたんだけど、なんか家の中に洗濯機がなくって(家というか、共同住宅なのだ)、共同の洗濯機が置いてある場所で洗濯するんだけど、ホストの人がどうやら洗濯途中だったようで、わたしが洗濯機に洗濯物を入れていたら、乾燥機にホストの人の洗濯物を入れていたので、わたしの洗濯物を乾燥機に入れるついでに乾燥機のものを持って家に帰ったら、すごく有難がられたんだけど、わたしとしてはついでにしただけで、そんなに感謝される覚えもないので「ついでにしただけです」って言いたかったんだけど、やっぱりなんと言っていいのかよく分からないので、黙っていた。確かに「どういたしまして」にあたる「You are welcome.」という言葉は知っているが、わたしは別に「どういたしまして」とは言いたくなかったのだ。

これに伴って、日本語のニュアンスと英語のニュアンスってのが、どうもよく分からなくて、一体、日本で習って覚えた言葉をそのまま使っていいのかよく分からない。んで、そのニュアンスの違いはどうやって取得すればいいのか、実は方法がよく分からなくていろいろ考えているが、具体的な方法がよく分からない。同じような意味の単語を比較して聞くのは聞けるんだけど、英語でどうやって表現していいのかよく分からないものを英語では表現しようがないんだから。。これってここにいる間に自然に分かってくるもんなんだろうかとか、でも本当に分かってくるのだろうかとか、思い悩んでいる。

そうそう、昨日ついに、ホストの人の同居人が帰ってきた。わたしが部屋で勉強していたら、2人で帰ってきて。。わたしは「こ、この人がアクティビストの同居人か」と思ってすげードキドキした。ホストの人は英語の先生で、しかも以前に「自分はイギリス英語が好きだ」と言っていたので、割とわたしにとって分かりやすい英語をしゃべってくれる。が、同居人の人はそれとはちょっと違うような感じがする。少し聞き取りにくい。でも結構親切に「今までどういう勉強をしてきたのか」とかいろいろ聞かれた。

それに比べると、ホストの人の方が、結構厳しくて激しい性格みたいだ。だいたい毎日毎日、夕食時に「今日は何を習ったのか」と絶えず聞いてくる。あと学校のテキストを見てわたしが第4課から始めたのを知って「第1課から第3課は自習しなさい。わたしが見てあげるから。それに質問はわたし以外にはしないように。混乱するから。それと巻末にある動詞の変化については今週中にすべて覚えるように」とか、ホント、学校よりきついことを言われる。そうそう、こないだは「テストはいつあるのか」って聞かれたな。なんかすごい教育熱心なんですけど。。

それとわたしが昨日「日本で習う英語はアメリカの発音で、わたしが始めてイギリスに行ったとき『can』のことをみんな『カン、カン』と発音しているので、最初のうちはなんだかよく分からなかった」と言ったら「日本で教えているのはアメリカ人だけではない。わたしが知っているオーストラリア人は世界各国で教えている。日本でもそうだ。彼らは決してアメリカの発音では教えていない」とか言い出して、わたしは返す言葉もなかった。。っていうかよく分かんないけど、少なくとも中学や高校ではアメリカの発音で習っているよねえ?ただ、わたしの中学や高校時代はもう遠い昔なので、一概には言えないんだけど。

それに関して「これは実は大きな問題なのだ」と言い出した(この言葉を3回は言ってたね)。で、同居人の人に早口でベラベラしゃべってるんだけど(でも、わたしには意味は結構聞き取れた)、同居人の人が全然聞いている感じがしなくてご飯を熱心に食べているのが気に入らなかったのか「ちょっと!聞いてるの!!」って感じで話し始めて。。ひょえー、みたいな。どうやらアメリカ人の発音は「t」を明確に発音しないと言っていた。で、いくら彼らに「カント(can't)」と発音しろと言っても、彼らは言っているつもりで全然そういう発音ができないと言っていた。いや、これはわたしの意見じゃなくて、ホストの人の意見だから、間違いのないように(爆)わたしはこのことについては、明確な意見を持ってないからね。でもわたしに対しては「『カント』と言え」って言われたよ。。orz

で、どうも女二人の同居人ってのが、わたしにとっては恋人関係以外思い浮かばないので、違和感ありあり。。(苦笑)っていうか、セックスしたいときは誰とどうするんだろうとか、相手がいなくても性的欲望が出てきたらどうするんだろうとか、結構下世話なことを考えていたり。。(爆)ただ、そんなことは聞くわけにはいかないから、聞かないけどさ。

ってわけで、頭の中は英語のことを考えていたり、日本語のことを考えていたり、性的なことを考えていたり、なんかすんげーめちゃくちゃだったりするのよね(^^;

あ、でも昨日、彼女と電話しているときに「違う」って言おうとしたらとっさに「No」って言葉が出てきたり、電話を切る直前に彼女から「大好きだよ」って言われて(これはいつも言われてるからさー(笑))、いつもならこちらも同じ言葉を言い返すんだけど、つい「有難う」って言っちゃって、彼女から「えー、なんでお礼なんて言うの?」って言われた。考えてみると、そういえばこっちに来てから「Thank you.」ばっか言ってるなあと思い「いや、英語で有難うとばかり言ってるからさぁ」と答えたんだけど。。ホント、頭がすごく混乱しているのだ。。この混乱は一体、今後、どのようになっていくのだろうか。

混乱しているからか、あとはネットカフェからで落ち着かないからか、心なしか自分の日本語で書く文章がぐちゃぐちゃになってきているような感じがする。。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

14:03 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08-30 Thu , 2007
もうしばらくかかりそう。。
ってことで、今日、学校が終わった後に電器屋さんに行ってきた。昨日とは違う人で、どうやら昨日とは違うことを言う。昨日は直すのに1日しかかからないと言ったのに、今日は、これからPCを直してくれる人にいくらかかるか聞くと言う。確かにLAN接続部分は壊れているらしい。んで、いくらかかるかは2日くらいかかると言う。それから修理に出してまた2日かかるらしい。結局直って戻るのは、来週の月曜日か火曜日だと言われた。

まー、もうしょうがないけどね。ここまで来たらじっくり待つしかないだろう。日本だと自分でなんとかするけど、今の自分はこれをするだけで精一杯だし、時間がかかるのはこちらの文化だと思って待つしかない。そんな心境かな。その間は、まぁこうやってネットカフェに来るしかないと思っている。本当は学校でもネットが繋がるらしいんだけど、学校ではネットには接続しないと決めているので、ちょっとは金がかかっても仕方がないだろう。学校では英語の勉強をしに行っているわけで、遊ぼうとは思ってないからね。

そうそう、Unwiredについてちょっと説明しておくと、繋げる方法は3つあって、1つがLANケーブルと使った接続、もう一つがUSB接続、そしてワイヤレス。USB接続なら簡単に繋がるだろうと思うのだが、実はUSBポートは既にマウス(ワイヤレス)とSkypeのカメラに使ってしまっているので、これ以上増やせない。ワイヤレスにするとモノが高くて、しかも通信速度が遅くなる。なので、わたしはLAN接続にこだわっているのだ。

学校は、昨日、前中級者クラスって書いたけど、始まった途端、現在完了をやった。翌日は比較級で、今日は最上級。どういう順番でやってるんだろう??ただ、今日で3日通ったわけだけど、来る人と来ない人がいるらしく、真面目なんだか不真面目なんだかよく分からない。あ、日本人は結構いる。けど、彼らとの付き合いはない。学校では日本語は話さないと決めているので(今のところ、日本語で話しているのは彼女のみだ)、なんか日本人と話すと日本語で話してしまいそうだからだ。

というわけで、多分、とても不気味で真面目な日本人と思われているかも知れない(苦笑)だけど実際、わたしがここに来ているのは、今まで自分が稼いだ金を使っていて、それを考えると無駄にはしたくないのよね。時間を金で買っているのは明らかだからさ。できる限り貪欲に学びたいと思っている。

他の国の人で一番多いのは、タイから来た人たちかな。日本人はどのくらいいるのかよく分からないが、その他に韓国、エジプトから来た人たちがいるのは確認している。年齢はみんなに聞いたわけじゃないけど、だいたい20代が多いという印象。逆にこっちの歳を聞かれて、わたしが「39歳だ」と言うとびっくりしていた。韓国人の留学生に27歳くらいに見えると言われた(苦笑)。喜んでいいのか悲しんでいいのか。。まぁ、未成年に間違われないんだからまだマシか。

授業は仕方がないんだけど、ゲームなんかやったりしてめんどくさい。昨日なんか椅子取りゲームをやらされた。何年ぶりだろう?実は椅子取りゲーム、大嫌いだったりするんだけど(苦笑)他人を押しのけて椅子を取るなんてことは、わたしはあまり好きじゃない。

あとは自分のことや家族のことについて話せというのが多くて、家族ともう十数年(四捨五入すると20年になる)離れて暮らしているわたしは、はっきりいってその時代のことはもう忘れた(苦笑)思い出すのに非常に苦労している。

この歳になると、というかわたしが偏った人間だからか、最近思っている範囲が非常に狭くなっているのがよく分かる。要するに「狭く、深く」なんだけど。。こうなってしまうのはある程度仕方がないと思うのよね。それにある意味わたしが自分のことを話そうとすると、即カミングアウトに繋がりかねないので、それについてもいろいろ考えるところがある。一人の日本人には既にカミングアウトしてしまったんだけどね。どうして仕事を辞めたのかと言われて。でも、今日話してみたらあんまりよく分かってないみたいだった(苦笑)

そうそう、結構教室がヘテヘテ(ヘテロへテロしているという意味)ムードで、正直うんざりすることもあるんだけど。。これは今後どうやっていいのかはよく分からない。

というわけで、一刻も早く上のクラスに行きたいと思っているわたし(^^;

ただ文法は一通りやってるので(今はすべて忘れてるけど)、文法問題をやれと言われたらできないこともない。が、文法と日常で話している言葉がえらく違ってるので、戸惑いはある。だいたい「現在完了ってどの場面で使うんだよ?」と思ってしまう。比較級だってあんまり使わないし。けどこれは家に帰って「現在完了はどうやって使うかよく分からない」と話したら「今は現在形と過去形だけを使って話せばいい」と言われたので、あまり気にしないようにはしている。でも2、3の場面で「ああ、こういうときに使うんだな」と思ったことがあって、そのときは現在完了形を使ってるけど。

そういえば、彼女と電話で話していて、どうにも理解しがたいことがある。これは以前からの問題なんだけど、彼女はとても客観的に話すので、わたしにはわけが分からない。もっと具体的に話して欲しいんだけど、それはできないらしい。でも、問題を解決するためには、具体的なことを言っていかないと分からないじゃないかとわたしは思う。けど、彼女によれば、時間が解決してくれるかもしれないという。けど、何も意識をしない限りは時間が無駄に経つばかりで解決しないじゃないかとわたしは思う。だから、わたしが彼女が一体、将来的にどういう風になりたいのかあまりよく分からない。。わたしが「こうすればいいんでしょ」と言うと「違う」って言うんだから。。これはわたしの性格がイラチだからなのか??どうもよく分からない。

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

14:00 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08-29 Wed , 2007
なかなかネットに繋げない
学校が始まったんだけど、、ええ、下から2番目のクラスでした。でもレベルはこの程度だと自分では思う。。取り敢えず「前中級者クラス」ってところかな。だいたい、文法等、ほとんどすべて忘れているので、最初から勉強するしかないですと言いつつ、昨日、授業が始まったらいきなり現在完了をやってたので、びっくりした。

ま、英語の授業についてはまたおいおい書くとして。

なかなかネットにつながらないので困っているというか、困ってるとは言わないな。トラブル続きなのだ。ホスト先では、ネット環境が整ってなくて(というか、一台、繋いでるPCはあるんだけど、ここってADSLで単体でつなげているんで、拡張できない)仕方なく「Unwired」っていう、なんというか、モバイルとはちょっと違うんだけど、まぁ無線からネットに繋ぐ方法を取ろうと思ってたのね。で、ホストの人に「Unwiredを使いたい」と言ったら「それには契約が必要だから、誰か、英語と日本語がわかる人に付いていってもらいなさい」と言われ、現地のエージェントさんに頼んで一緒に付いていってもらったんだけど。はっきり言って、PCのこと、全然分からない人みたいで、ほとんどこっちが聞き取ってお終いって感じだった。しかも、契約はPCからするのだと言う。だから、それを買って、家に帰ってきた。

家に帰ってみて繋げようとしたら繋がらない。どうもわたしのPC、LANの接続のところがぶっ壊れているみたいだ。というか、その後、彼女に電話したら「そういえば、一緒に住みだした当初、LANケーブルで接続しようとしてもうまくいかなくて、結局は無線にしたんじゃん」って言われたんだけど、あのときはうつ病がひどくてほとんど何も覚えてなくて。。「あ、そうだっけ」と思っただけだった。っていうか、言われても今でも思い出せないし。んで仕方がないから、彼女の提案で、日本と同じく無線LANで飛ばそうと思って、次の日、ワイヤレスのルーターを買ってきた。っていうか、この時点でわたしはネットに繋がらないイライラで、何も考えられない状態だったからさ。

というか、これを購入するのも大変で。1件目は話は通じてわたしが何を欲しがっているか分かっているみたいだったけど「うちには置いていない」と言われた。「多分、そこら辺の店では売っていると思う」と言われたので、その近くにある店に入ったら、今度はすげー早口でしかもなんだか訛りがあるような感じで話されたので、正直言って何を話してるのか分からなかったし、それにあまりPCのことについては詳しく知らない人みたいだった。なので仕方なく、次の店に向かった。っていうか、実は「ルーター」って言葉をすっかり忘れていたのよね。1件目で「アダプターだ」と言われたので、2件目で「アダプター下さい」と言ったら、受信機のほうを出してきて、それは違うって言ったんだけど、既にその人の頭の中では「アダプター」ってことしかないみたいで、その他わたしがいくら言っても、無駄だった。。orz

3件目では、話ができて、モデムなしのルーターが買えたんだけど、家に帰って繋げようとしても繋がらない。。どうすべ、と思った挙句、仕方ないので(仕方ないばっかりだ(^^:)そのルーターのカスタマーセンターに電話をした。ただ、電話で英語を聞き取るのはとても苦手なので、最初に「英語が少ししか話せません。ゆっくり話してください」と言った。そうしたら、向こうは丁寧に話してくれたんだけど、結局は「翌日買った店に行け」とのことだった。あ、でもケースナンバーはこれですって言われて、それをメモして行ったんだけど。で、これは昨日までの話ね。

今日、そのルーターを持って、買った店に行ってみた。そうしたら販売員じゃなく、サービスのコーナーに行けと言う。そこに行ったら、どうも中国系のおじさんらしき人がいたんだけど、その人に「昨日、これを買ったが、カスタマーセンターに電話したら、店に持って行けと言われた」と言うと、ケースナンバーを控えて、ほとんど何も言わずに新しいものと交換してくれた。が、これじゃ絶対に繋がらないことは分かっていて、、そのルーターは、まず、インターネットに接続していないといけないのと、ネットに接続するためには、ルーターがわたしの持っているPCと接続されていないと根本的に無理だからだ。それにそのルーターのウィザードに「ワイヤレスはできません」と書いてあるのが気になった。だけど、まぁカスタマーセンターが店に行けと言ったのは初期不良なのかなあと思って、それで一旦家に戻った。

しかし、やっぱり繋がらなかった。仕方なく彼女に泣きついたら(いつもこれです(苦笑))「それはエージェントさんに頼むしかないよ」と言われた。でも、、言われても多分、向こうも困ると思うのね。だって、少し話したけど、ホントにPCのこと、詳しくない人みたいで。だから、カスタマーセンターに電話したんだもん。でもそう言われたので取り敢えず電話してみた。ら、案の定、役に立たなかった。。仕方がないので、PC他、一式を持って、またシティーに戻った。んで、ルーターを買った店に入って、例のサービスの人に事情を話してみたが、向こうはわたしが英語が理解できないと思って、何も聞こうとしてくれないと言うか、いろいろ言ったんだけど、どうやら向こうがPCの知識がない(ワイヤレスのことは分からないと言われた)みたいで、お手上げだったというか、何のためのサービスなんだか!って感じで、ホント、怒りで体が震えましたよ、ええ。

仕方がないので、Unwiredを買った店に行った。というか、すぐ隣だし(^^:

しかし、話したんだけど、やはり繋ぎ方が分からないらしい。「Unwiredに電話するか、直接会社に行け」と言われた。で、会社の住所を教えてもらったんだけど、これがはっきり言ってめちゃくちゃな住所で。。行こうとしたらその住所がないでやんの。だから教えてもらった電話番号に電話したら、これまた「現在使われておりません」で、はっきり言って、あのにーちゃんは一体、何を考えているのだろう??結局、Unwiredの箱にあるカスタマーセンターに電話して、おたくの会社はどこにあるんですか?と聞いて行ってきた。はい。すげーところにありました。マーケットストリート1番。そこの22階。まさにオフィスビル~ってところで、大丈夫かなと思ったんだけど、まぁ、直接聞かなければ分からないなと思って。

で、22階まで上がりましたよ。そうしたら、中に入れないでやんの。ただ、運がいいことに、一緒に中に入りたい人がいて、その人が呼び鈴を押したら中の人が出てきたので、そこで用件を言う。そうしたら中に入れてくれて、技術スタッフの人を連れてきてくれた。

そこでいろいろ話したんだけど、やっぱりPCに詳しい人の話だったら、割とすんなり話が分かるのよね。何がしたいかとか、何が問題なのかとかちゃんと話してくれた。が、そこで分かったのは、そのルーターは最初、LANケーブルで接続しなければいけないらしい。なんだかセキュリティーの関係だとか言ってたけど、はっきりいってわたしは日本ではLANケーブルを使ったことがなく(だって壊れてるんだもん)そのまま無線LANに繋げていたので、まったく持って「はぁ???」って感じだった(ちゃんと日本では無線LANを使ってたのは言いましたよ。それに、近くのネットワークを受信できているのが確認できたし)。

結局「LAN接続部分を直さないといけない」って言われ、、んじゃあ、LAN接続部分を直したら、ルーターはいらないんですよねと言ったら「そうですね」って言われた。。orzああ、ルーターは将来、ネットオークションかなんかで売るか。買って損した。で、わたしはここら辺の電器屋事情に詳しくないので「Unwiredを買った店でこのPCが直せるか」と聞いたら「そこは売るだけで直せない」と言われ、、そうか、ここはもしかして、売るだけの店が存在するのかと思った。てーか、わたしはだいたい、新宿の電器屋でこういったものを買うんだけど、そこの人たちはみな、詳しくて何でも答えてくれて、おまけに修理コーナーもあるからね。。で「じゃあ、どこに行ったら直せるか」と言ったら「チャイナタウンの中にたくさん電器屋があって、そこで直してもらえる」と言うから「分かった、そこに行ってみる」と言った。でついでに「直るのにどのくらいの期間がかかるか?」と聞いたら「分からない」と言われた。というか、まぁこれは当たり前か。「どこか、いい店知らないか?」と聞いたのだがこれも「知らない」と言われた。ただ「Unwiredは、購入後、1週間は無料で返せるから、返したほうがいい」と言われて、はい、買った店に行って返してきました。

その後、チャイナタウンまで行って、適当な店に入って「LAN接続部分が壊れているが直せるか」と聞いたら直せると言うので、頼んできた。まぁ、本当に壊れているかどうかをチェックして、そのあとに直したらいくらかかるかを言われた後、修理を頼むという手順になってるんだけど。「もし直すのだったら、どのくらいの期間かかるか?」と聞いたら「1日」と言うから、まぁいいかと思って。ちなみに明日の朝電話くれると言うので、わたしは学校があるといったら、学校が終わってから電話をくれると言われた。

というわけで、その帰りにネットカフェに寄ってこれ、書いてるんだけどさ。
まぁ、どうなることやら、って感じで、しばらくネットカフェ通いが続きそうです。。つーか、早くネット開通させて、Skype使って彼女と話ができなければ、莫大に金がかかりそう。。いつ、ネットが開通するんでしょうかねえ。。

ホント、学校に行くよりもこっちの方に英語力を使ってると言う感じがしてならないんですが(汗)
そうそう今日は「fix」っつー言葉を覚えました。どうやら「修理する」って意味があるのか?リペアーよりよく使うのかしらん?

テーマ:留学日記 - ジャンル:日記

17:54 | 留学中のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。